(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: ww)

Louis Armstrong And His Orchestra - LOUIS AND THE BIG BANDS 1928 1930

  • ジャズLP
 Louis Armstrong And His Orchestra- ルイ・アームストロング・アンド・ヒズ・オーケストラ - "LOUIS AND THE BIG BANDS 1928 1930"
U.K. / LP / Mono / EMI Parlophone PMC7074 / Rec late1920s / Pub 1968
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ホット5、7を経て、サッチモが次にやったハーレムタイプのジャズ・バンドを収録。
十人ほどの編成の曲で、よどんだ頭も一発で覚醒してしまうようなものばかり。アルゼンチン盤のみで英はこのLPが初出になったキャロル・ディッカーソン名義の2曲でまずノックアウト。ユルメながら全員まったく乱れないクリーンな演奏にサッチモの閃光のようなコルネット。フィラデルフィア・メロディアンズというグループで出した「When Youre Smiling」や歌抜きの「Some Of These Days」, ウォーラーの「Sweet Savannah Sue」,等レアな音源もたっぷり。ライナーはブライアン・ラスト。【曲】「Symphonic Raps(試聴)」「Savoyager's Stomp」「So Black And Blue?」「That Rhythm Man」「Sweet Savannah Sue」「Some Of These Days」「Some Of These Days(試聴)」「When You're Smiling」「When You're Smiling」「After You've Gone」「My Sweet」「I Can't Believe That You're In Love With Me」「Indian Cradle Song」「Exactly Like You」「Dinah」「Tiger Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ralph Burns - FREE FORMS

  • ジャズ10LP
 Ralph Burns- ラルフ・バーンズ - "FREE FORMS"
USA / 10LP / Mono / Clef C115 / Rec 1952 / Pub 1152
コーティング・ジャケット擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチあり
Jacket 3 / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3  2680 yen
■アレンジャー、ラルフ・バーンズの1stアルバム。室内楽ジャズの名盤。
モダン・ジャズ・アレンジャー、ラルフ・バーンズの52年の室内楽ジャズ作。ライナーによれば、バッハ、ヴェルディー、エリントン、パーカー等に影響された曲を軽い感覚で書き出したということですが、ほんとでしょうか。話半分で読んでしまいます。弦楽、木管の小編成の室内楽団にフレンチ・ホルン、リズム隊を加えた編成で、聴感は極めて洗練され優雅ながら、巧妙に野心的なフレーズを繰り出してくる手腕に惚れ惚れ。ストリングスがこれほど雄弁なジャズ作もそうないのでは。全曲バーンズの自作で、各々の見せ場はありつつも基本全てアンサンブル。アルトのソロはリー・コニッツ。【曲】「Terrisita(試聴)」「Lileth(試聴)」「Vignette At Verney's」「Cameo」「Places Please」「Tantallon」「Spring Is」「Someday, Somewhere」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Noone And Earl Hines - AT THE APEX CLUB VOLUME 1

  • ジャズLP
 Jimmie Noone And Earl Hines- ジミー・ヌーン&アール・ハインズ - "AT THE APEX CLUB VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Decca DL9235 / Rec 1928 / Pub 1967
ジャケット円状の擦れ少々、裏面しみ、プロモホワイトレーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・クラ奏者ジミー・ヌーンの最初期の音源を集めた一枚。
ニューオリンズ→シカゴと移ったクラ奏者にはジョニー・ドッズ、シドニー・べシェ等いますが、中でもバンドとして半端無い高い音楽性を持ち、なおかつブラック・ホット・ジャズの旨味も濃密にたもっていたのが、クラシックも学んだジミー・ヌーン率いるエイペックス・クラブ・オーケストラ。アール・ハインズが入ったリズム隊にクラとサックスの木管二本だけという革新的な編成でシカゴのトップ・バンドに。これは黄金期28年のナンバーを収録したデッカ・オリジナルの編集盤。ベニー・グッドマンもアレンジを戴いた「I Know That You Know」始めきら星のごとくの名演を14曲収録。【曲】「I Know That You Know(試聴)」「Sweet Sue Just You」「Four Or Five Times」「Every Evening」「Every Evening(Alt. Take)」「Ready For The River」「Forevermore」「Apex Blues」「My Monday Date」「Blues My Naughty Sweety Gives To Me(試聴)」「Oh Sister Ain't That Hot」「King Joe」「Sweet Lorraine」「Sweet Lorraine(Alt Take)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maryse Ancelin(FL), Catherine Brilli(P), Roger Boutry(Dir.), etc. - PIERRE ANCELIN

  • クラシックLP
 Maryse Ancelin(FL), Catherine Brilli(P), Roger Boutry(Dir.), etc.- マリーズ・アンスラン(フルート)、カトリーヌ・ブリリ(ピアノ)、ロジェ・ブトリ(指揮)、etc. - "PIERRE ANCELIN"
France / LP / Stereo / Cybelia CY706 / Rec 1980s / Pub 1980s
コーティングの見開きジャケット擦れわずか、内側擦れわずか、コート材の小はがれ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3680 yen
■フランスの作曲家ピエール・アンスランの三作を収録した一枚。
エルネスト・アンセルメやフランク・マルタンのアドバイスは聞いたといいますが、作曲とオーケストレーションはほとんど独学でマスターし、器楽、室内楽から6つの交響曲、オペラまで多数の作品を残したピエール・アンスラン。これは、木管楽器とピアノ、それに弦楽の協奏曲を3作収録したアルバム。さてこれがほんとに素晴らしい一枚。まず『Lou Riou』は、30秒から3分超の短い7曲の、ムード音楽としても聞けてしまうような軽音楽的な協奏曲。5部からなる『オーボエ、ピアノ、弦楽の協奏曲』は、バルトークのようなスリルのある聞きごたえ満点の作。ラストは3部からなる『フルート、ピアノ、弦楽の協奏曲』で、希望と不安入り混じる響きにどこか東洋的な懐かしさも感じる作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - AT STORYVILLE

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "AT STORYVILLE"
Germany / LP / Mono / Black Lion BLP60902 / Rec 1953 / Pub 1988
コーティング・ジャケット擦れわずか、左上小折れ目、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■R&Rが霞んでしまうような凄まじいライブ。
ニューオーリンズ・ジャズの草創期から活躍した偉大なクラリネット、ソプラノ・サックス奏者シドニー・ベシェ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多い人。これは53年、ヴィック・ディッケンソンを始めとするボストンの一派とのライブを収録した一枚。ベシェ、ディッケンソンとリズム隊のまさにミラクルな噛み合いっぷり、とにかくみなぎる、鬼気迫る演奏。特にラストの「Lady Be Good」はもう怖いぐらい。【曲】「C Jam Blues」「Crazy Rhythm」「Jazz Me Blues」「Basin Street Blues」「Indiana(試聴)」「Bugle Blues」「Honeysuckle Rose」「On The Sunny Side Of The Street」「Oh! Lady Be Good(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlos Poyares - REVENDO COM A FLAUTA OS BONS TEMPOS DO CHORINHO

  • ブラジルの音楽LP
 Carlos Poyares- カルロス・ポヤーリス - "REVENDO COM A FLAUTA OS BONS TEMPOS DO CHORINHO"
Brazil / LP / Stereo / Estudio Eldorado 01770321 / Rec 1977 / Pub 1977
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブラジルのフルート奏者カルロス・ポヤーリスの77年のアルバム。
キューバの人にも感じるのですが、息をするように音楽をすらすら生むこの演奏、まるで違う世界のものに聞こえます。シルヴィオ・カルダスなど伝説的なサンバ・シンガー等の伴奏で活躍したのちソロ演奏家として多くのアルバムを出したフルート奏者カルロス・ポヤーリス。これは77年のアルバム。シブーカ、ピシンギーニャ、エルネスト・ナザレス等のナンバーを12曲収録。瑞々しいアップの曲も落ち着いたいい演奏。本当に素晴らしいレコード。【曲】「Choro Serenata(試聴)」「Variacoes Sobre O Urubu Malandro(試聴)」「Um Chorinho Para Elizeth」「Gingando」「Cinco Companheiros」「Encabulado」「Ingenuo」「Flor Amorosa」「Entardecendo」「Brejeiro」「Um Chorinho Diferente」「Estrelinhas」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - HAITIAN MOODS

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "HAITIAN MOODS"
USA / LP / Stereo / Stinson SLPS-46 / Rec 1938 / Pub 1962
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、音量レベル高いところで若干びりつきあり
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3~3.5  2680 yen
■39年のセッションを収録したスティンソン盤。早すぎたカリブ・ジャズ。
稀にこういうのが生まれるオールド・ジャズの面白さ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多いシドニー・ベシェ。本作は39年のカリブ・ジャズ・セッションを収録した一枚で、ルンバとメレンゲのナンバーのみで固められた作品。メンバーは、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、ケネス・ローン(TP)、オリン・アルダーホルド(B)、ズティ・シングルトン(D)。シングルトンの強力無比なドラミングも度肝抜かれますが、ドラム・スティックで叩いて音を出しているというベースやら、まるでモード抜きのハービー・ハンコックのような覚醒的にリズミックなピアノもすごい。シングルトンは後にスリム・ゲイラードのバンドでこの手のルンバなどプレイすることになります。赤盤。【曲】「Tropical Mood Rhumba(試聴)」「Original #1」「Sous Les Palmiers(試聴)」「Ti Palph」「Baba Rhumba」「Magic Island Meringue」「Meyette Meringue」「Rosa Rhumba」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arcadian Serenaders - 1924-25

  • ジャズLP
 Arcadian Serenaders- アルカディアン・セレネーダーズ - "1924-25"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7085 / Rec 1924, 25 / Pub 1969
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れ少々、コート材はがれわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■初期ニューオーリンズ・ジャズの名グループ、アルカディアン・セレネーダーズの編集盤。
下のルイ・ラッセルと同じ英パーロフォンのジャズ・シリーズ。24年にウィンギー・マノンがこのグループでデビューを果たし、また名TPスターリング・ボーズも在籍したことで知られるニューオリンズのパイオニア的ジャズ・グループ、アルカディアン・セレネーダーズ。ニューオーリンズがベースだった頃はオリジナル・クレセント・シティー・ジャザーズといい、その後セントルイスのアルカディアン・ボールルームという小屋のハコバンになるに従い名前を変更。ニック・ラロッカのプレイを吸収したボーズのコルネットを中心にまさにODJBやNORKの本格派ホワイト・ジャズ・サウンドを披露。時代的なこともあって特にNORKに近い音で、ニューオーリンズだけでなくビックスのルーツに興味があるような人にも大推薦。【曲】「Sensation Rag(試聴)」「Christine」「San Sue Strut」「Who Can Your Regular Be Blues」「Bobbed Haired Bobbie (Bobbie Be Mine)」「Fidgety Feet」「The Co-Ed」「Back Home In Illinois(試聴)」「You Gotta Know How」「Carry It On Down」「Yes Sir, Boss」「Original Dixieland One Step」「Just A Little Bit Bad」「Angry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Luis Russell And His Orchestra - THE LUIS RUSSELL STORY 1929-30

  • ジャズLP
Luis Russell And His Orchestra- ルイ・ラッセル&ヒズ・オーケストラ - "THE LUIS RUSSELL STORY 1929-30"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7025 / Rec 1929, 30 / Pub 1965
コーティングの3辺折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイ・ラッセル楽団の全盛期の音源集。
サッチモがこのバンドを数年にわたって自分のバンドのように使っていたことで有名なルイ・ラッセルの楽団。この29、30年録音の数曲を聴いただけで戦前ジャズ・ファンのハートはたやすく盗まれること間違いありません。パナマ出身、宝くじで当たったお金で家族ごとニューオリンズに移住、そこでストライドをマスターしNYに。その後キング・オリヴァーのバンドのメンツをほとんど流用したバンドを結成、名実ともにNYのトップ・バンドへ。かのブライアン・ラストがこれ以上芸術的な曲はないという「New Call Of Freaks」、タンパ・レッドのホーカム・ブルース「Tight Like That」のカバー、そしてカンザスの肉体派ジャズとサッチモ風の輝く個人技が合わさった感のナンバーの数々、全16曲収録。【曲】「Savoy Shout(試聴)」「Call Of The Freaks(試聴)」「It's Tight Like That」「The New Call Of The Freaks」「Feeling The Spirit」「Jersey Lightning」「Doctor Blues」「Saratoga Shout」「Song Of Swanee」「Louisiana Swing (Take A)」「Louisiana Swing (Take C)」「Poor Li'l Me」「On Revival Day」「Muggin' Lightly」「Panama」「High Tension」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Clouds Of Joy - THE LADY WHO SWINGS THE BAND

  • ジャズLP
 Andy Kirk And His Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・クラウズ・オブ・ジョイ - "THE LADY WHO SWINGS THE BAND"
USA / LP / Mono / MCA 1343 / Rec 1936 to 1938 / Pub 1982
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■アンディ・カーク楽団の音源集。レディはメアリー・ルウ・ウィリアムス。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇ったていて、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、モンクを教えたバップの母にして天才ピアニスト、メアリー・ルー・ウィリアムズ。これはメアリー・ルーをフィーチュアした音源を収録したMCAの名シリーズの一枚。ピアノ・ソロは全曲彼女で、7割ほどアレンジも手掛けています。プリ・バップというか、未来のストライドのようなプレイや、レイスコ風の幾何学模様のスウィングもあり。MCAのこのシリーズは本当いいものばかり。【曲】「Walkin' And Swingin' (Alternate Take)」「All The Jive Is Gone」「Bearcat Shuffle」「Christopher Columbus」「Corky」「I'se A Muggin'」「Until The Real Thing Comes Along」「Puddin' Head Serenade(試聴)」「Fifty-Second Street」「The Lady Who Swings The Band」「A Mellow Bit Of Rhythm」「The Big Dipper」「Bear Down」「Twinklin'(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lucky Millinders Orch. With Sister Rosetta Tharpe - LUCKY DAYS 1941-1945

  • ジャズLP
Lucky Millinder's Orch. With Sister Rosetta Tharpe- ラッキー・ミリンダーズ・オーケストラ・ウィズ・シスター・ロゼッタ・サープ - "LUCKY DAYS 1941-1945"
USA / LP / Mono /  MCA 1319 / Rec 1941 to 1945 / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ラッキー・ミリンダー楽団の最高の音源集。
20年代からのホット・ジャズ、30年代のスウィングを吸収、そしてロックンロール第一号ワイノニー・ハリスを世に送り出したこのラッキー・ミリンダー楽団は、ジャズ、ジャンプ、R&Bが混然一体となった時代から次へと歩ませる原動力となった超重要ブラック・ジャズ・バンド。ワイノニーだけでなく、タブ・スミス(50年代でもR&Bヒットあり)、ディジー・ガレスピー、50年代にR&Bインストの大潮流を作ったビル・ドゲットetc..が在籍していたというモンスター・バンド。これは↑に上げた全員が参加、ソロもとり、さらにバンドの看板女性ブルース&ゴスペル・シンガー、シスター・ロゼッタ・サープをフィーチュアしたナンバーも美味しく収録した一枚。曲が終わるごとに拍手しそうな曲ばかり。※こちらもどうぞ、試聴は違う曲です【曲】「Trouble In Mind」「Ride, Red, Ride」「Rock Daniel」「Shout, Sister, Shout!」「Apollo Jump」「That's All(試聴)」「I Want A Tall Skinny Papa」「Savoy」「Mason Flyer(試聴)」「Little John Special」「Shipyard Social Function」「Hurry, Hurry!」「Who Threw The Whiskey In The Well?」「All The Time」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Abel Ferreira E Filhos - ABEL FERREIRA E FILHOS

  • ブラジルの音楽LP
 Abel Ferreira E Filhos- アベル・フェレイラ&フィーリョス - "ABEL FERREIRA E FILHOS"
Brazil / LP / Stereo / Discos Marcus Pereira MPL9371 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、B面にはがれ、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■ショーロ・クラリネットの第一人者アベル・フェレイラの77年のアルバム。
40年代から70年代まで活躍した、ショーロ・クラリネットの伝説的名手アベル・フェレイラ。これは晩年、77年のアルバム。サックス、フルート等少しの木管に曲によりストリングスを入れた、ジャジーで民族的、非常に洗練された内容。力が抜けてしまうような惚れ惚れの流れるショーロ・インスト、エキゾチックで懐古的なワルツ、アメリカのストリング・バンドのようなボーカル・バラードなどなど、ちょっとロバート・クラムのバンドやオランダのバスタ・レコードのサウンドに近いものあり。フィーリョスとは子供たちという意味で、数曲あるボーカルのシンガー(ジャケットの二人)は彼の実の子供です。【曲】「Ingenuo」「Branca」「Nuna Seresta(試聴)」「Luar De Coromandel」「Saudades De Ouro Preto(試聴)」「Levanta Poeira」「Acariciando(試聴)」「Rio, Meu Choro」「Tania」「Flor Amorosa」「A Casa Da Serra」「Chorinho Do Sovaco De Cobra」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.