(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: ww)

Boulevard Of Broken Dreams - ITS THE TALK OF THE TOWN AND OTHER SAD SONGS

  • ブルースCDetc
 Backwards Sam Firk And Delta X- バックワーズ・サム・ファーク&デルタX - "WHAT YOU THINK THIS IS"
USA / CDetc / Stereo / Physical World PWCDP102 / Rec 2001 / Pub 2001
ケース擦れほんのわずか、ブックレットきれい、盤面擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■バックワーズ・サム・ファークのサードにしてラスト・アルバム。
こんなアルバムがCD時代に出ていたということ、知らない方も多いと思います。50年代、ジョン・フェイヒーらと活動を始め、フェイヒーが新しいギター音楽を始めたのとは対照的に、ブルースの深部へと迫っていった稀代のギタリスト、バックワーズ・サム・ファーク。生前、三枚のアルバムを出したファークのラスト作。奥深さと凄み溢れるファースト、テンションの高いセカンド、いくぶんリラックスした中にも、ピッキング、音色に悪魔的な表情が潜みゾクッとすること多々のこのサード。相棒のギタリスト、デルタXも参加。この頃ファークは日本の音楽のSP盤を聞いていたそうで、モロな曲もあり(試聴三曲目)。2001年、CDのみのリリース。【曲】「Sugar Lou Stomp」「Pat That Thing」「Success Blues」「Be Da De Dum」「Umis Majola」「Maybe I Have The Blues」「Son Of A Gun」「What You Think This Is?」「Don't Want That Junk(試聴)」「Hoodai(試聴)」「You Can't Buy It」「That's Why I Live Alone(試聴)」「Dazed & Confused」「Hawaiian Hotel」「Naggy Sakki」「House Rent Stomp」「Right String, wrong Yo Yo」「St. Louis Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boulevard Of Broken Dreams - ITS THE TALK OF THE TOWN AND OTHER SAD SONGS

  • ジャズLP
 Boulevard Of Broken Dreams- ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームズ - "IT'S THE TALK OF THE TOWN AND OTHER SAD SONGS"
Germany / LP / Stereo / Another EFA5230 / Rec 1985 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームズのセカンド・アルバム。
呆けてしまうような甘く儚い戦前ワールドを80年代に甦らせた、オランダの耽美的ジャズ・バンド、BOBD。バスタ・レーベルの看板ジャズ・バンド、ボウ・ハンクスの前身 で、レイモンド・スコット再評価の流れを作ったヘルト・ヤン・ブロムらのグループ。4枚全て最高、これはジャケットのアート・ワーク(50年代ペーパーバックの表紙イラストで知られる画家ジェームス・アヴァティ)も素晴らしいセカンド。4人の個性的なボーカリスト、4人の管楽器、4人のヴァイオリン、ピアノ、ギター、ドラム、ベースのメンバーで、アメリカの戦前ジャズの、特に無常を感じさせるような甘く儚い悲しい曲を演奏(全曲カバー)、80年代らしいキラキラした音も絶妙にマッチしています。ドイツ・アナザー・オリジナル、インサート無し。【曲】「Boulevard Of Broken Dreams (Gigolo And Gigolette)(試聴)」「Hummin' To Myself」「Detour Ahead」「In Other Words, We're Through」「Clouds」「I Cover The Waterfront」「I Get Along Without You Very Well」「A Cottage For Sale」「It's The Talk Of The Town(試聴)」「Chloe (The Song Of The Swamp)」「You Broke The Only Heart That Ever Loved You」「Travelin' Light」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Victor Latin Rhythm Serenaders, Bluesky Dance Orchestra, etc. - KACHUSHA NO UTA

  • 日本の音楽10LP
 Victor Latin Rhythm Serenaders, Bluesky Dance Orchestra, etc.- ビクター・ラテン・リズム・セレネーダーズ、ブルースカイ・ダンス・オーケストラ、etc. - "KACHUSHA NO UTA"
Japan / 10LP / Mono / Victor LV29 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット表裏擦れ少々、ひげあり、盤擦れ、表層スクラッチ、チリ音あり、ひどいプツ音はありません
Jacket 3.5 / Disc 2.5 / Sound 2.5~3  2480 yen
■SP盤時代の流行歌を、ラテン・アレンジで演奏した珍しい10インチLP。
上の2グループの他、オルケスタ・ティピカ・ビクトール、ビクター・ムード・アンサンブルの全4グループ。中山晋平曲や有名な唱歌を、ビギン、マンボ、ルンバ等のアレンジで演奏したかなりいい一枚。厚手ビニールがぴったりとかぶさっているジャケット。58年。【曲】「カチューシャの歌(試聴)」「ゴンドラの唄」「篭の鳥(試聴)」「ペラゴロ・メドレー」「船頭小唄」「さすらいの歌」「真白き富士の嶺」「メドレー」「メドレー」「我は海の子(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Brown - LAUGHING BUT CRYING

  • リズム&ブルースLP
 Roy Brown- ロイ・ブラウン - "LAUGHING BUT CRYING"
Sweden / LP / Mono / Route 66 KIX2 / Rec 1947 to 1959 / Pub 1977
ジャケット擦れ少々、裏ジャケットしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、歌詞カードになったオリジナル・スリーブきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■47年から59年のナンバーを収録した編集盤。
ワイノニー・ハリスに憧れ、ワイノニーのライバルになり、ついにワイノニーを抜いてしまったといえる、ジャンプ・ブルースからロックンロール、50SR&Bへの橋渡しをしたニューオーリンズのR&Bシンガー、ロイ・ブラウン。これは47年から59年のナンバーを収録したスウェーデンMr.R&Bの編集盤。人間が出せる肉感的なビートの極地と思わせるこの演奏、凄まじいの一言。このアルバムに先立つ第一集です。【曲】「Roy Brown Boogie」「Special Lesson No. 1」「Rainy Weather Blues」「End Of My Journey」「New Rebecca」「Double Crossing Woman」「A Fool In Love」「Butcher Pete, Pt 1(試聴)」「Letter From Home」「Laughing But Crying(試聴)」「Hurry Hurry Baby(試聴)」「Money Can't Buy Love」「Lonesome Lover」「Everything's Alright」「Up Jumped The Devil」「School Bell Rock」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erskine Hawkins And His Orchestra - SNEAKIN OUT

  • ジャズLP
 Erskine Hawkins And His Orchestra- アースキン・ホーキンス&ヒズ・オーケストラ - "SNEAKIN' OUT"
U.K. / LP / Mono / First Heard FH30 / Rec 1940s / Pub 1979
コーティング・wジャケット擦れ少々、裏ジャケットしみ、レーベルひげ極わずか、B面に剥落、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■R&Bへと繋がる名グループ、アースキン・ホーキンスのライブ音源集。
スウィング時代のハーレムを沸かせたバンド・リーダー&トランペッター、アースキン・ホーキンス。ラッキー・ミリンダーやジミー・ランスフォード等と同じくリズム&ブルースに繋がるブラック・スウィングの名バンド。「Tuxedo Junction」を作った人でもあり。これは40年代のライブ音源を収録した一枚で、ほんとにライブ?と思わせるいい音質のもの多数。人間離れしたテクニック、ほとんどホンカーの熱量でびっしりアレンジされた凄まじいナンバーの数々。ファースト・ハードというイギリスのレーベルから79年の一枚。【曲】「Tuxedo Junction」「Jubilee Hop(試聴)」「I'm Just A Lucky So And So」「Let's Go Home」「Victory Bells」「Sneakin' Out」「Uncle Bud」「What You Say?」「Limehouse Blues(試聴)」「Don't Cry, Baby」「Holiday For Swing - Theme」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke, McKenzie-Condons Chicagoans, etc. - JAZZ 6 : CHICAGO NO.2

  • ジャズLP
 Bix Beiderbecke, McKenzie-Condon's Chicagoans, etc.- ビックス・バイダーベック、マッケンジー&コンドンズ・シカゴアンズ、etc. - "JAZZ 6 : CHICAGO NO.2"
USA / LP / Mono / Folkways FP-65 / Rec 1920s / Pub 1952
ジャケット表裏擦れ少々、左上に貼り物、レーベルひげわずか、盤表層スクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ジャズの歴史的名演集"JAZZ"シリーズから、シカゴ・ジャズ集。
シカゴは計二枚あり、一巻目はジョニー・ドッズやジミー・ヌーン、サッチモなど黒人ジャズ集で、この二巻目は、オースティン高校出身者で構成された、シカゴアンズと呼ばれた連中によるホワイト・ジャズ発祥の名演を中心に収録。ビックス・バイダーベックを中心にチャールズ・ピアース楽団、シカゴ・リズム・キングス、ビックスの憧れだったニューオーリンズ・リズム・キングス、エディ・コンドン、フランク・テシュメーカー等収録。ライナー無し、52年ファースト・プレスで、後のものとはジャケット違い、盤フラットエッジ。こちらもぜひ。試聴は違う曲です。【曲】「Sweet Lovin' Man / King Oliver Creole Jazz Band」「Sweet Lovin' Man / New Orleans Rhythm Kings」「Jazz Me Blues / Wolverine Orchestra」「Sister Kate / Charles Pierce and His Orchestra」「Everybody Loves My Baby / The Stomp Six(試聴)」「Tennessee Twilight / Chicago Rhythm Kings」「Maple Leaf Rag / Paul Mares and His Friar's Society Orchestra」「Somebody Stole My Gal / Bix Beiderbecke and His Gang(試聴)」「Margie / Bix Beiderbecke and His Gang」「Jazz Me Blues / Frank Teschemacher's Chicagoans」「Sugar / McKenzie-Condon's Chicagoans」「China Boy / McKenzie-Condon's Chicagoans」「Nobody's Sweetheart / McKenzie-Condon's Chicagoans」「There'll Be Some Changes Made / McKenzie-Condon's Chicagoans」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kai Mortensens Danseorkester - MARIA FRA BAHIA cw LAUGHING SAMBA

  • ラテン78rpm
 Kai Mortensens Danseorkester- カイ・モルテンセンス・ダンスオーケスター - "MARIA FRA BAHIA cw LAUGHING SAMBA"
Denmark / 78rpm / Mono / Tono SP4605 / Rec 1940s / Pub 1940s
レーベル擦れ少々、盤擦れ極わずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 1680 yen
■デンマークのダンス・バンドによるサンバ2曲。
オケのみ歌無しの二曲で、両面ともに楽しくキャッチーないいラテンのカップリング。デンマークのグループ、カイ・モルテンセンス楽団の40年代中後期?と思われる一枚。いろいろと今回入荷した北欧SP盤聞いているのですが、米盤はまあ置いておいて、英盤などに比べても遜色のない音です。ちなみにプリントしてあるスリーブはレコード会社のものではなく、現地のレコード店が自分の店の宣伝のために作ったものです。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gary Foster - SUBCONSCIOUSLY

  • ジャズLP
 Gary Foster- ゲイリー・フォスター - "SUBCONSCIOUSLY"
USA / LP / Stereo / Revelation REV-5 / Rec 1968 / Pub 1968
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、もとからのチリ音少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■西のマルチ木管奏者、ゲイリー・フォスターのファースト・アルバム。
進歩的なのか退化なのかわからなくなる未完成の面白さを前面に打ち出したレーベル、リヴェレイション。本作にも参加しているギタリスト、デニス・バディマーや、クレア・フィッシャーなど、西海岸のジャズ・マンの、まるでデモ・セッションのような肌触りの極私的なモダン・ジャズ・アルバムをリリース。これまた大大推薦の一枚。トリスターノ一派に影響を受けたマルチ木管奏者ゲイリー・フォスターの68年のアルバム。バディマーのギター、フィッシャーのピアノ等最小限のバッキングにわびしく吹くナンバーの数々。【曲】「Ornithardy(試聴)」「All Of Me」「Pensativa(試聴)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Alto Version)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Dual Tracked Alto Version)」「I'll Close My Eyes」「Liz Anne」「In Memorium: J.R.K. And R.F.K.」「Elegy」「Wistful Samba」「Peri's Scope」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan Garber And His Orchestra - SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930

  • ジャズ78rpm
 Jan Garber And His Orchestra- ジャン・ガーバー&ヒズ・オーケストラ - "SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930"
USA / 78rpm / Mono / Old Masters TOM54 / Rec 1928 - 1930 / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■名ジャズ・バンド、ジャン・ガーバーのオールド・マスターズ編集盤。
話はつきないオールド・マスターズ・レーベル。なんとパソコン開発のパイオニアだという、数学者でレコード・マニアのジョージ・モロウがやっていたレーベルで、ジェリー・ガルシアが聞いて感銘を受けたというオスカル・アレマンの編集盤や、ライ・クーダーがカバーした「Big Bad Bill」のエメット・ミラーなど、特にジャズの面白い盤を多くリリースしたレーベル。これはこの時代から戦後まで活躍、ポール・ホワイトマン等と並ぶ人気を博したジャン・ガーバー楽団の名演集。整然としたアレンジにホットなジャズの味も加えられたいいナンバーをぎっしり。【曲】「Since My Best Girl Turned Me Down」「Sister Kate」「Back In Your Own Backyard(試聴)」「Tin Ear(試聴)」「She's Great Great Girl」「Louisiana」「Way Down In Yonder In New Orleans」「'Round Evening」「Sonny Boy」「Outside」「Weary River」「That's Why I'm Happy」「Caressing You」「Guess Who」「Puttin' On The Ritz(試聴)」「When A Woman Loves A Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Combo Ninguno - TUMBA VERDE

  • メキシコの音楽LP
Combo Ninguno- コンボ・ニングノ - "TUMBA VERDE"
Mexico / LP / Stereo / Discos Pentagrama LPP070 / Rec 1987 / Pub 1987
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■爽やかで落ち着いた演奏が気持ちいいメキシコのグループ、コンボ・ニングノ。
独特の軽やかさのある演奏に爽やかなメロディがいいメキシコのグループ、コンボ・ニングノ。フルート、ヴァイオリンを入れた編成で、洗練されすぎない自然体のハーモニー。全曲、全て試聴のようなナンバーのアルバム。【曲】「Tumba Verde」「Son De La Madrugada」「El Jarocho」「Marina(試聴)」「Ven Mi Mora」「El Presupuesto(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zoot Sims - NEW BEAT BOSSA NOVA VOL.2

  • ジャズLP
 Zoot Sims- ズート・シムズ - "NEW BEAT BOSSA NOVA VOL.2"
USA / LP / Mono / Colpix CP437 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット円状の擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげあり、盤プツ音でる小スクラッチ少し、ほとんど気になりません
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■モダン・ジャズ・テナー奏者ズート・シムズのボサノバ・アルバム。
軽妙洒脱が大前提、しかしその守られるべき形式とミュージシャンそれぞれのエッセンスの拮抗で恐ろしくディープな表現ができるボサノバ。ウッディ・ハーマン楽団の同窓生スタン・ゲッツとほぼ同時期にボサノバをプレイしたモダン・テナー奏者、ズート・シムズの62年のアルバム。全編一曲の例外も無く試聴のような心地よく流れる演奏。ゲッツに比べてボサノバ界での評価は高くないかもしれませんが、このポップな味はゲッツには無いものでしょう。【曲】「Cancion De Bernardito (Bernie's Tune)」「Poquito Cantando(試聴)」「Pies Danzantes (Tickle Toe)」「Camino Solitario (Lonesome Road)」「Samba Instantanea (Instant Samba)」「Llamaron El Viento Maria (They Call The Wind Maria)」「Querido Retorna A Mi (Lover Come Back To Me)(試聴)」「Hijo De La Naturaleza (Nature Boy)」「Buscanda La Luna (Reaching For The Moon)」「No Juegues Con El Amor (Don't Fool With Love)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke, McKenzie-Condons Chicagoans, etc. - JAZZ 6 : CHICAGO NO.2

  • ジャズLP
Bix Beiderbecke, McKenzie-Condon's Chicagoans, etc.- ビックス・バイダーベック、マッケンジー&コンドンズ・シカゴアンズ、etc. - "JAZZ 6 : CHICAGO NO.2"
USA / LP / Mono / Folkways / Rec late1920s / Pub 1958
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前ジャズの歴史的名演を網羅したフォークウェイズ"JAZZ"シリーズから、シカゴ・ジャズ集。
シカゴは計二枚あり、一巻目はジョニー・ドッズやジミー・ヌーン、サッチモなど黒人ジャズ集で、この二巻目は、オースティン高校出身者で構成された、シカゴアンズと呼ばれた連中によるホワイト・ジャズ発祥の名演を中心に収録。ビックス・バイダーベックを中心にチャールズ・ピアース楽団、シカゴ・リズム・キングス、ビックスの憧れだったニューオーリンズ・リズム・キングス、エディ・コンドン、フランク・テシュメーカー等収録。オリジナルは52年、これは58年盤。【曲】「Sweet Lovin' Man / King Oliver Creole Jazz Band」「Sweet Lovin' Man / New Orleans Rhythm Kings」「Jazz Me Blues / Wolverine Orchestra」「Sister Kate / Charles Pierce and His Orchestra」「Everybody Loves My Baby / The Stomp Six」「Tennessee Twilight / Chicago Rhythm Kings(試聴)」「Maple Leaf Rag / Paul Mares and His Friar's Society Orchestra」「Somebody Stole My Gal / Bix Beiderbecke and His Gang」「Margie / Bix Beiderbecke and His Gang」「Jazz Me Blues / Frank Teschemacher's Chicagoans」「Sugar / McKenzie-Condon's Chicagoans(試聴)」「China Boy / McKenzie-Condon's Chicagoans」「Nobody's Sweetheart / McKenzie-Condon's Chicagoans」「There'll Be Some Changes Made / McKenzie-Condon's Chicagoans」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.