(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: ww)

Gary Foster - SUBCONSCIOUSLY

  • ジャズLP
 Gary Foster- ゲイリー・フォスター - "SUBCONSCIOUSLY"
USA / LP / Stereo / Revelation REV-5 / Rec 1968 / Pub 1968
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、もとからのチリ音少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■西のマルチ木管奏者、ゲイリー・フォスターのファースト・アルバム。
進歩的なのか退化なのかわからなくなる未完成の面白さを前面に打ち出したレーベル、リヴェレイション。本作にも参加しているギタリスト、デニス・バディマーや、クレア・フィッシャーなど、西海岸のジャズ・マンの、まるでデモ・セッションのような肌触りの極私的なモダン・ジャズ・アルバムをリリース。これまた大大推薦の一枚。トリスターノ一派に影響を受けたマルチ木管奏者ゲイリー・フォスターの68年のアルバム。バディマーのギター、フィッシャーのピアノ等最小限のバッキングにわびしく吹くナンバーの数々。【曲】「Ornithardy(試聴)」「All Of Me」「Pensativa(試聴)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Alto Version)」「What Is This Thing Called Love (Unaccompanied Dual Tracked Alto Version)」「I'll Close My Eyes」「Liz Anne」「In Memorium: J.R.K. And R.F.K.」「Elegy」「Wistful Samba」「Peri's Scope」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan Garber And His Orchestra - SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930

  • ジャズ78rpm
 Jan Garber And His Orchestra- ジャン・ガーバー&ヒズ・オーケストラ - "SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930"
USA / 78rpm / Mono / Old Masters TOM54 / Rec 1928 - 1930 / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■名ジャズ・バンド、ジャン・ガーバーのオールド・マスターズ編集盤。
話はつきないオールド・マスターズ・レーベル。なんとパソコン開発のパイオニアだという、数学者でレコード・マニアのジョージ・モロウがやっていたレーベルで、ジェリー・ガルシアが聞いて感銘を受けたというオスカル・アレマンの編集盤や、ライ・クーダーがカバーした「Big Bad Bill」のエメット・ミラーなど、特にジャズの面白い盤を多くリリースしたレーベル。これはこの時代から戦後まで活躍、ポール・ホワイトマン等と並ぶ人気を博したジャン・ガーバー楽団の名演集。整然としたアレンジにホットなジャズの味も加えられたいいナンバーをぎっしり。【曲】「Since My Best Girl Turned Me Down」「Sister Kate」「Back In Your Own Backyard(試聴)」「Tin Ear(試聴)」「She's Great Great Girl」「Louisiana」「Way Down In Yonder In New Orleans」「'Round Evening」「Sonny Boy」「Outside」「Weary River」「That's Why I'm Happy」「Caressing You」「Guess Who」「Puttin' On The Ritz(試聴)」「When A Woman Loves A Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Combo Ninguno - TUMBA VERDE

  • メキシコの音楽LP
 Combo Ninguno- コンボ・ニングノ - "TUMBA VERDE"
Mexico / LP / Stereo / Discos Pentagrama LPP070 / Rec 1987 / Pub 1987
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■爽やかで落ち着いた演奏が気持ちいいメキシコのグループ、コンボ・ニングノ。
独特の軽やかさのある演奏に爽やかなメロディがいいメキシコのグループ、コンボ・ニングノ。フルート、ヴァイオリンを入れた編成で、洗練されすぎない自然体のハーモニー。全曲、全て試聴のようなナンバーのアルバム。【曲】「Tumba Verde」「Son De La Madrugada」「El Jarocho」「Marina(試聴)」「Ven Mi Mora」「El Presupuesto(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zoot Sims - NEW BEAT BOSSA NOVA VOL.2

  • ジャズLP
 Zoot Sims- ズート・シムズ - "NEW BEAT BOSSA NOVA VOL.2"
USA / LP / Mono / Colpix CP437 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット円状の擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげあり、盤プツ音でる小スクラッチ少し、ほとんど気になりません
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■モダン・ジャズ・テナー奏者ズート・シムズのボサノバ・アルバム。
軽妙洒脱が大前提、しかしその守られるべき形式とミュージシャンそれぞれのエッセンスの拮抗で恐ろしくディープな表現ができるボサノバ。ウッディ・ハーマン楽団の同窓生スタン・ゲッツとほぼ同時期にボサノバをプレイしたモダン・テナー奏者、ズート・シムズの62年のアルバム。全編一曲の例外も無く試聴のような心地よく流れる演奏。ゲッツに比べてボサノバ界での評価は高くないかもしれませんが、このポップな味はゲッツには無いものでしょう。【曲】「Cancion De Bernardito (Bernie's Tune)」「Poquito Cantando(試聴)」「Pies Danzantes (Tickle Toe)」「Camino Solitario (Lonesome Road)」「Samba Instantanea (Instant Samba)」「Llamaron El Viento Maria (They Call The Wind Maria)」「Querido Retorna A Mi (Lover Come Back To Me)(試聴)」「Hijo De La Naturaleza (Nature Boy)」「Buscanda La Luna (Reaching For The Moon)」「No Juegues Con El Amor (Don't Fool With Love)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke, McKenzie-Condons Chicagoans, etc. - JAZZ 6 : CHICAGO NO.2

  • ジャズLP
 Bix Beiderbecke, McKenzie-Condon's Chicagoans, etc.- ビックス・バイダーベック、マッケンジー&コンドンズ・シカゴアンズ、etc. - "JAZZ 6 : CHICAGO NO.2"
USA / LP / Mono / Folkways / Rec late1920s / Pub 1958
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■戦前ジャズの歴史的名演を網羅したフォークウェイズ"JAZZ"シリーズから、シカゴ・ジャズ集。
シカゴは計二枚あり、一巻目はジョニー・ドッズやジミー・ヌーン、サッチモなど黒人ジャズ集で、この二巻目は、オースティン高校出身者で構成された、シカゴアンズと呼ばれた連中によるホワイト・ジャズ発祥の名演を中心に収録。ビックス・バイダーベックを中心にチャールズ・ピアース楽団、シカゴ・リズム・キングス、ビックスの憧れだったニューオーリンズ・リズム・キングス、エディ・コンドン、フランク・テシュメーカー等収録。オリジナルは52年、これは58年盤。【曲】「Sweet Lovin' Man / King Oliver Creole Jazz Band」「Sweet Lovin' Man / New Orleans Rhythm Kings」「Jazz Me Blues / Wolverine Orchestra」「Sister Kate / Charles Pierce and His Orchestra」「Everybody Loves My Baby / The Stomp Six」「Tennessee Twilight / Chicago Rhythm Kings(試聴)」「Maple Leaf Rag / Paul Mares and His Friar's Society Orchestra」「Somebody Stole My Gal / Bix Beiderbecke and His Gang」「Margie / Bix Beiderbecke and His Gang」「Jazz Me Blues / Frank Teschemacher's Chicagoans」「Sugar / McKenzie-Condon's Chicagoans(試聴)」「China Boy / McKenzie-Condon's Chicagoans」「Nobody's Sweetheart / McKenzie-Condon's Chicagoans」「There'll Be Some Changes Made / McKenzie-Condon's Chicagoans」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harlem Hamfats - HOT CHICAGO JAZZ, BLUES AND JIVE 1936-1937

  • ジャズ/ブルースLP
 Harlem Hamfats- ハーレム・ハムファッツ - "HOT CHICAGO JAZZ, BLUES AND JIVE 1936-1937"
USA / LP / Mono / Folklyric 9029 / Rec 1936, 1937 / Pub 1981
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼなし
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■デルタ、ニューオリンズ、シカゴのブルース&ジャズが混ざったワン&オンリーのスタジオ・バンド、ハーレム・ハムファッツ。
シンガー等の伴奏を務めるため30年代にシカゴに結集したミュージシャンによるバンド、ハーレム・ハムファッツ。といいつつハーレム出身は1人もおらず、ミシシッピからチャーリーとジョーのマッコイ兄弟、ニューオリンズからハーブ・モランド(TP)、オデル・ランド(CL)、シカゴからホレス・マルコム(P)、ランサム・ノーリング(B)等ら。つまりデルタ、ニューオリンズ、シカゴなどのブルースとジャズが混ざったということがこのバンドを数倍面白いものに。このバンドがロックンロールの原型を既に作り上げているという人もいます。本作にも収録されているヒット「OH Red」はハウリン・ウルフもカバー。【曲】「Tempo De Bucket」「The Garbage Man(試聴)」「Southern Blues」「My Daddy Was A Lovin' Man」「What You Gonna Do?」「Growling Dog」Oh, Red「」「Rampart And Gravier Blue」「We Gonna Pitch A Boogie」「Black Gal, You Better Use Your Head(試聴)」「Root Hog Or Die」「Hallelujah Joe Ain't Preachin No More」「Jam Jamboree(試聴)」「Let's Get Drunk And Truck」「Lake Providence Blues」「Hamfat Swing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alabama Washboard Stompers - 1930-1932

  • ジャズ/ウォッシュボード・バンドLP
 Alabama Washboard Stompers- アラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ - "1930-1932"
Italy / LP / Mono / Gardenia AWS4013 / Rec 1930 to 1932 / Pub ?
ジャケット表裏擦れほとんど無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■テディ・バンらが始めたアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズの編集盤。
洗濯板をドラム替わりにした、言ってみればジャズ・マンがやるロックンロールのようなウォッシュボード・バンド。これは、ジャズ&ブルース・ギタリスト、テディ・バンらが始めたアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズの編集盤で、ウォッシュボード・バンドをかなり積極的にリリースしたイタリアのガーデニア・レーベルからの一枚。メンバーは流動的で、後にバンが始めるジャイヴ・バンド、スピリッツ・オブ・リズムのメンバーが入ってる曲もあり。小編成ならではの、おのおののワザをズバッと見せるナンバーがぎっしり。多分、彼らの単独LP編集盤はこれだけ。裏ジャケットは当時の名ウォッシュボード・バンドのディスコグラフィになってます。【曲】「If I Could Be With You」「The Porter's Love Song(試聴)」「Pig Meat Stomp(試聴)」「Rockin' Chair」「I Want A Little Girl」「You're Lucky To Me」「Who Stole The Lock」「Treat Me Like A Baby」「I Need Lovin'」「I Surrender, Dear」「You Can't Stop Me From Lovin' You」「Corrine, Corrina」「Was That The Human Thing To Do」「Can't We Talk It Over」「Pepper Steak」「If You Don't Love Me」「You Can Depend On Me」「If All The World Was Made Of Glass」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Hodes - THE TRIOS

  • ジャズLP
Art Hodes- アート・ホーディス - "THE TRIOS"
USA / LP / Mono / Jazzology J113 / Rec 1953 / Pub 1985
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ジャズ・ピアニスト、アート・ホーディスの53年のトリオ録音を11曲収録した一枚。
このアルバムに、違うメンツのトリオ三曲を加えリイシューした一枚。ダーネル・ハワード(cl)、アート・ホーディス(p)、ベイビー・ドッズ(d)のトリオが4曲、ヴォリー・デフォート(cl)、ホーディス(p)、ジャスパー・テイラー(d、Washoard)のやはりトリオが4曲、ジョージ・ルイス(cl)、ホーディス(p)、ローレンス・マレロ(bj)のトリオが3曲。どれもそうなのですが、新たに加えられたダランとした三曲が特に自然発生的で、彼らの魅力が良く出ています。手でつかめそうなほど生々しい音もいい一枚。全て53年の録音。【曲】「Slow And Easy Mama Every Night(試聴)」「I Know That You Know」「Baby Food」「Sweet Georgia Brown(試聴)」「Tishomingo」「Washboard Stomp」「Loveless Love(試聴)」「Sheik Of Araby」「Lingering Blues」「Copenhagen」「Someday Sweetheart」


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mamie Smith With Perry Bradfords Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc. - A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE

  • ジャズLP
 Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc.- メイミー・スミス&ペリー・ブラッドフォード、コールマン・ホーキンス&セロニアス・モンク、etc. - "A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE"
USA / LP / Mono / RBF RF3 / Rec 1914 to 1945 / Pub 1961
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ニューヨークのジャズ名演をまとめたRBFの編集盤。
フォークウェイズの有名な"JAZZ"シリーズとは関係なく、フォークウェイズの親戚レーベル、RBFが独自に作ったニューヨーク・ジャズ集。"何年代のジャズ"という内容ではなく、ジャズ以前のバンドから黎明期、そして華やかな20年代、キャブ・キャロウェイ等の30年代、セロニアス・モンク、ディジー・ガレスピー等40年代ビバップまでを14曲のマスターピースで聞く一枚。【曲】「Europe's Society Orchestra / Too Much Mustard」「Original Dixieland Jazz Band / Sensation Rag」「Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds / Crazy Blues」「Fletcher Henderson And His Orchestra / Sugar Foot Stomp(試聴)」「Clarence Williams' Washboard Five / Log Cabin Blues」「Charlie Johnson's Paradise Orchestra / Boy In The Boat」「Miff Mole's Little Molers / Shim-Me-Sha-Wabble」「Louisiana Sugar Babes / Thou Swell(試聴)」「Duke Ellington And His Orchestra / Harlem River Quiver」「Missourians / Ozark Mountain Blues」「Cab Calloway And His Orchestra / Keep That Hi-De-Hi In Your Soul」「Jimmy Lunceford And His Orchestra / Jazznochracy」「Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk / Flyin' Hawk(試聴)」「Dizzy Gillespie And His Sextet / Groovin' High」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Naftule Brandwein - KING OF THE KLEZMER CLARINET

  • 民俗音楽/クレズマーCDetc
 Naftule Brandwein- ナフチュール・ブランドワイン - "KING OF THE KLEZMER CLARINET"
USA / CDetc / Mono / Rounder CD1127 / Rec 1922 to 1941 / Pub 1997
ケース擦れ極わずか、盤面擦れ無し、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■不世出のクレズマー・クラリネット奏者、ナフチュール・ブランドワインの編集盤。
1884年ウクライナのクレズマー・ミュージシャン一家に生まれ、1908年にアメリカに移住、クレズマーの神様エイブ・シュウォルツのバンドに在籍したのち自身の楽団を結成、"King Of Jewish Music"と謳われたナフチュール・ブランドワイン。これは、彼の全盛期1922年~26年のナンバーに加え、長いブランクの後の41年のラスト・レコーディングも収録した米ラウンダーの編集盤CD。恐らくこれが彼の唯一の単独盤(アナログは無し)。全25曲収録。曲目省略します。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Georgie Auld And His Orchestra - JUMP GEORGIE JUMP

  • ジャズLP
 Georgie Auld And His Orchestra- ジョージー・オールド&ヒズ・オーケストラ - "JUMP GEORGIE JUMP"
U.K. / LP / Mono / Hep 27 / Rec mid1940s / Pub 1982
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■テナー奏者ジョージー・オールドの、自身の楽団の音源を集めた一枚。
ゆるく太いビブラートをかけたいやらしい音から、ワイルドなホンカータイプの音まで表現豊かな音色をもち、スウィングを基礎にしながらバップも吹けるテナー・マン、ジョージー・オールド。アーティー・ショウとベニー・グッドマンの黄金期を出入りした後に結成した自身の楽団のラジオ音源。ハワード・マッギー(TP)、アル・コーン(TS)、オールドの妻となるパティ・パワーズ(Vo.)etc他参加。【曲】「Short Circuit」「Mandrake Root」「Poinciana」「Jivin' With Te Jug(試聴)」「Yesterdays」「I'll Always Be In Love With You」「Stomping At The Savoy(試聴)」「Sentimental Journey(試聴)」「Jump, Georgie, Jump」「I'm Always Chasing Rainbows」「Stomping At The Savoy」「I Can't Get Started」「Taps Miller」「Concerto For Tenor」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harlem Hamfats - IM SO GLAD

  • ジャズ/ブルースLP
 Harlem Hamfats- ハーレム・ハムファッツ - "I'M SO GLAD"
Italy / LP / Mono / Queen Disc Q-062 / Rec 1936, 1937 / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、左下小折れ目、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■デルタ、ニューオリンズ、シカゴのブルース&ジャズが混ざったワン&オンリーのハーレム・ハムファッツ。
シンガー等の伴奏を務めるために35年頃シカゴに結集したミュージシャンによるバンド、ハーレム・ハムファッツ。といいつつハーレム出身は1人もおらず、ミシシッピからチャーリーとジョーのマッコイ兄弟(G、Mandolin)、ニューオリンズからハーブ・モランド(TP)、オデル・ランド(CL)、シカゴからホレス・マルコム(P)ら。つまりデルタ、ニューオリンズ、シカゴなどのブルースとジャズが混ざったということがこのバンドを数倍面白いものに。このバンドがロックンロールの原型を既に作り上げているという人もいます。これは伊クィーン・ディスクから出た36/37年の音源集。ドキュメントのアルバムとは曲の重なり無し。【曲】「Live And Die For You(試聴)」「New Oh Red!」「She's Gone Again」「Move Your Hand(試聴)」「Sales Tax On It (But It's The Same Thing)」「You Done Tore Your Playhouse Down」「Weed Smoker's Dream (Why Don't You Do Now)(試聴)」「It Was Red」「I Feel Like Going To Town」「I'm So Glad」「Down In Shady Lane」「I'm Cuttin' Out」「Hoodooin' Woman」「I Love That」「Baby Don't You Tear My Clothes」「You Drink Too Much」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.