(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: ww)

Lee Konitz, George Russell, Charles Mingus, etc. - NICAS DREAM : SMALL JAZZ GROUPS OF THE 50S AND EARLY 60S

  • ジャズLP
 Lee Konitz, George Russell, Charles Mingus, etc.- リー・コニッツ、ジョージ・ラッセル、チャールズ・ミンガスetc. - "NICA'S DREAM : SMALL JAZZ GROUPS OF THE 50S AND EARLY 60S"
USA / LP / Stereo / New World NW242 / Rec mid50s to mid60s / Pub 1977
見開きジャケット擦れわずか、内側しみわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
ニューワールドが選んだモダン・ジャズ集。
チャーリー・パーカーの死からビートルズの出現まで、55年から64年の9年間は、長いジャズの歴史において最も豊かな創造性があったエキサイティングな時代だ、という書き出しでライナーは始まります。サッチモ、コールマン・ホーキンス、マイルス、オーネット・コールマンみんな現役で演奏していた、よくよく考えればスゴイ時代。これはその時代に、理論・スタイルに関して影響力の大きかったグループの名演集で、判で押したようなジャズ・ベストとは到底違う、本物のモダン・ジャズ・クラシックを収めた一枚。すべての曲が独自の世界を持ち輝きの薄れない、削って削って選ばれた全7曲。【曲】「Woody'n You (Dizzy Gillespie) / Modern Jazz Quartet」「Donna Lee (Charlie Parker) / Lee Konitz With Warne Marsh」「Nica's Dream (Horace Silver) / Jazz Messengers(試聴)」「Blues March (Benny Golson) / Art Farmer-Benny Golson Jazztet」「Now's The Time (Charlie Parker) / Sonny Rollins & Co.」「War Gewessen (David Baker) / George Russell Sextet」「Original Faubus Fables (Charles Mingus) / Charles Mingus Jazz Workshop(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Klezmorim - JAZZ BABIES OF THE UKRAINE

  • クレズマーLP
 Klezmorim- クレツモリム - "JAZZ BABIES OF THE UKRAINE"
USA / LP / Stereo / Flying Fish FF465 / Rec 1987 / Pub 1987
ジャケットシュリンク入り、右下カット、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カリフォルニアのクレズマー・ジャズ・バンド、クレツモリムのライブ盤。
東ヨーロッパで生まれたユダヤの民俗音楽、クレズマーを70年代に甦らせたカリフォルニアのグループ、クレツモリム。これは86年、オランダ・アムステルダムでのライブを収録した一枚。B面のラスト一曲だけ、フランスでのスタジオ録音の「Minnie The Moocher」(試聴一曲目)で、これが特に◎。【曲】「The Supremene Jazz Baby Speaks / Intro」「Kishinever」「Digga Digga Doo(試聴)」「Circus Sirba」「Firen」「Oy Tate(試聴)」「Moldovanke」「Kramtweiss Two」「Disfigured」「Segment X Intro」「Duelling Shers」「Chase / Minsk Metropolitan Opera」「The Opera Bit (Featuring Placebo Flamingo)」「Chase 2 / Train Theme / King Boris」「Bilgarian Boogie」「Train Theme 2 / Orient Express To Harlem」「Minnie The Moocher(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Allyn Ferguson - PICTURES AT AN EXHIBITION FRAMED IN JAZZ

  • ジャズLP
 Allyn Ferguson- アリン・ファーガソン - "PICTURES AT AN EXHIBITION FRAMED IN JAZZ"
USA / LP / Stereo / Discovery DS810 / Rec 1963 / Pub 1980
ジャケット円状の擦れ、下部左下に剥落、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ジャズ・アレンジャー、アリン・ファーガソンが、「展覧会の絵」をジャズ化した一枚。
オリジナルは63年、これは80年のリイシュー。ケネス・パッチェンのビート・ジャズなど非メインストリーム・ジャズ好きな人には知られたアレンジャー、アリン・ファーガソンが、ムソルグスキーの「展覧会の絵」をジャズ化した一枚。ポール・ホーン、バド・シャンク、ビル・パーキンス等の管、ジョン・パイザノ、トミー・テデスコらのギター、ドラムにフランク・キャップ等々の編成。ジャズはこういう風にメロディを変えていくのかと関心する「Promenade」、西海岸のまぶしいハーモニーが炸裂する「The Gnome」、ユセフ・ラティーフ風エキゾ・ジャズ「The Old Castle」、マイルス的なモード・ジャズ「The Oxcart」等々収録。ファーガソンがスコア完成に一年費やしたという力作。【曲】「Promendae(試聴)」「The Gnome」「The Old Castle(試聴)」「The Tuileries」「The Oxcart (Bydlo)」「Ballet Of The Unhatched Chicks」「The Rich And The Poor (Goldenburg And Schmuyle)」「The Market Place」「The Catacombs」「The Old Witch (The Hut Of Baba-Yaga)」「The Great Gate Of Kiev」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ivo Papasov And His Bulgarian Wedding Band - ORPHEUS ASCENDING

  • ブルガリアの音楽LP
 Ivo Papasov And His Bulgarian Wedding Band- イヴォ・パパゾフ&ヒズ・ブルガリアン・ウエディング・バンド - "ORPHEUS ASCENDING"
U.K. / LP / Stereo / Hannibal HNBL1346 / Rec 1989 / Pub 1989
ジャケット擦れわずか、折れ目少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ブルガリアのジプシーのクラリネット奏者イヴォ・パパゾフのアルバム。
ロマの血を引くクラリネット奏者イヴォ・パパゾフの89年のアルバム。これがファースト?彼が結成したブルガリアン・ウエディング・バンドの一枚で、ブルガリアを代表するサックス奏者ユーリ・ユナコフが在籍していることも知られるグループ。ジャズ・ロックと豪快に融合したファンキーな変拍子ビートにニョロニョロうごめくクラリネット、アコーディオン、サックスの熱いアンサンブル。イヴォの妻マリアが歌う曲2曲あり。推薦ライナーはジョー・ボイド。【曲】「Bulchenska Ratchenitsa (Bride's Ratchenitsa)(試聴)」「Mamo Marie Mamo」「Marika Duma Pro Duma(試聴)」「Byala Staia」「Kopanitsa」「Na Trapesa」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gray Rains Orchestra - A SHOWER OF MOODS

  • ジャズ/イージー・リスニングLP
Gray Rains Orchestra- グレイ・レインズ・オーケストラ - "A SHOWER OF MOODS"
USA / LP / Mono / Jubilee 1075 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジャズ・アレンジャー、グレイ・レインズのリーダー・アルバム。
ハリー・ジェイムスのアレンジを手掛けた、スウィング時代のアレンジャー、グレイ・レインズが相当に気合を入れて作り上げたムード・ジャズ作(と言っていいのか自信なし)。スウィング、ジャズ・コーラス、キャバレー・バンド、ジャズ・ボーカル、イージーリスニング、ボイド・レイバーン風のスリリングなバンドものなどなど、タイトル通りに沢山のムードが降り注がれ、そして一曲一曲非常にきめの細かい上質なアレンジが施されている一枚。【曲】「Matador」「We Laughed At Love(試聴)」「The Border Bounce」「Among My Souvenirs」「Lonesome Road」「Catalina Eddy」「Yazoo」「Pink Lady」「It Happened One Night(試聴)」「Whistler's Father」「Blackbird In Flight」「Bye Bye Blackbird(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chico Cristobal And His Boogie Woogie Boys - COW COW BOOGIE cw TEA FOR TWO

  • ジャズ78rpm
 Chico Cristobal And His Boogie Woogie Boys- チコ・クリストバル&ヒズ・ブギウギ・ボーイズ - "COW COW BOOGIE cw TEA FOR TWO"
France / 78rpm / Mono / Blue Star 6 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルBに貼り物、剥がした跡、盤極浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■フランスのアルト・サックス奏者チコ・クリストバルの一枚。
ジャンゴ・ラインハルトとも共演した仏のアルトサックス奏者チコ・クリストバルの46年の一枚。A面はエラ・メイ・モースが歌った「Cow Cow Boogie」のカバー、B面は「二人でお茶を」。フランス盤オリジナル。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Lewis, Turk Murphy, Kid Ory, Pete Daily - JAZZ BAND BALL

  • ジャズLP
George Lewis, Turk Murphy, Kid Ory, Pete Daily- ジョージ・ルイス、ターク・マーフィ、キッド・オリー、ピート・デイリー - "JAZZ BAND BALL"
USA / LP / Mono / Good Time Jazz L12005 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1950s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ディキシー・ジャズ名グループ4組のオムニバス盤。
モダン・ジャズ名門コンテンポラリー・レーベルの前身、グッド・タイム・ジャズから、ディキシーランドの名グループを収録したオムニバス。説明不要の名クラ奏者ジョージ・ルイス、西海岸リバイバル世代の代表ターク・マーフィ、ジョージ・ルイスと同じくジャズが生まれた頃からニューオーリンズで演奏していたキッド・オリー、シカゴから西海岸に移ってきたコルネット奏者ピート・デイリーの4グループ収録。オリジナルは55年、これは50年代後半?【曲】「George Lewis & His New Orleans Music / Yaaka Hula Hickey Dula」「Burgundy Street Blues(試聴)」「Willie The Weeper」「Mama Don't Allow」「Turk Murphy's Jazz Band / Shake That Thing」「Brother Lowdown」「Kansas City Man Blues」「Yellow Dog Blues」「Kid Ory's Creole Jazz Band / St. Louis Blues」「Blues For Jimmie Noone」「Ory's Boogie(試聴)」「Pete Daily's Rhythm Kings / Clarinet Marmalade(試聴)」「Yelping Hound Blues」「Sobbin' Blues」「Jazz Man Strut」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Whiteman And His Orchestra - IM A DREAMER, ARENT WE ALL? cw IF I HAD A TALKING PICTURE OF YOU

  • ジャズ78rpm
 Paul Whiteman And His Orchestra- ポール・ホワイトマン&ヒズ・オーケストラ - "I'M A DREAMER, AREN'T WE ALL? cw IF I HAD A TALKING PICTURE OF YOU"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia J806 / Rec 1929 / Pub 1929?
レーベルきれい、盤浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■29年の一枚。
日本盤。サンフランシスコのローカル・バンドだったホワイトマン、NYに移りビクターと契約、そして1920年に出した1stがいきなり特大のヒット。それから37年までビクターで時代の先を行く超高品質なレコードを連発。その間の28年から31年の3年間のみコロンビアの専属バンドに。これは29年、看板だったビックス・バイダーベックが抜けた直後の一枚で、A面はビング・クロスビーらのトリオの歌と凝ったアレンジのナンバーで、ジャズともダンス・バンドとも言えないホワイトマン・サウンドとしか言えないナンバー。B面はビングの歌にエディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティの見せ場もあるナンバー。試聴はB→A。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Whiteman And His Orchestra - WAITING AT THE END OF THE ROAD cw LOVE ME

  • ジャズ78rpm
 Paul Whiteman And His Orchestra- ポール・ホワイトマン&ヒズ・オーケストラ - "WAITING AT THE END OF THE ROAD cw LOVE ME"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia J796 / Rec 1929 / Pub ?
レーベルきれい、盤浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ホワイトマン楽団での、ビックス・バイダーベックのラスト録音。
日本盤。サンフランシスコのローカル・バンドだったホワイトマン、NYに移りビクターと契約、そして1920年に出した1stがいきなり特大のヒット。それから37年までビクターで時代の先を行く超高品質なレコードを連発。その間の28年から31年の3年間のみコロンビアの専属バンドに。これは29年、ホワイトマン楽団でのビックス・バイダーベックのラスト録音のナンバー。歌はビング・クロスビーで、名アレンジャー&作曲家ファーディ・グローフェがダンス・バンドを超えたアレンジを提供。裏面はしんみりとしたワルツ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Whiteman And His Orchestra - HAPPY FEET cw A BENCH IN THE PARK

  • ジャズ78rpm
Paul Whiteman And His Orchestra- ポール・ホワイトマン&ヒズ・オーケストラ - "HAPPY FEET cw A BENCH IN THE PARK"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia J918 / Rec 1930 / Pub 1930s
レーベル擦れわずか、盤新品のようなコンディション、チリ音少々
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■日本盤。映画『King Of Jazz』の二曲。
サンフランシスコのローカル・バンドだったホワイトマン、NYに移りビクターと契約、そして1920年に出した1stがいきなり特大のヒット。それから37年までビクターで時代の先を行く超高品質なレコードを連発。その間の28年から31年の3年間のみコロンビアの専属バンドに。これはその一枚で、ホワイトマンの映画『King Of Jazz』の2曲をカップリングした一枚。ビックスが抜けた直後の30年で、フランキー・トランバウアー、ジョー・ヴェヌーティ&エディ・ラング、ビング・クロスビー、ブロックス・シスターズ(B面のみ)らによる演奏。歌詞カード付き。※本日のアップはこれで終了です
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marty Paich - PAICH IS THE PICASSO OF BIG-BAND JAZZ, SAYS ARCHIE

  • ジャズLP
Marty Paich- マーティ・ペイチ - "PAICH IS THE PICASSO OF BIG-BAND JAZZ, SAYS ARCHIE"
USA / LP / Mono / Cadence CLP3010 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケット書き込み、しみ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  5980 yen
■マーティ・ペイチの57年作。
主に西海岸のジャズ・シーンに新風を吹き込んでいた50年代、ジャズのみならずポップ・シーンでも活躍した60年代と、当時のアメリカで最も忙しかったアレンジャーの一人、マーティ・ペイチのリーダー作。ジャック・シェルダン(TP)、ボブ・エネヴォルゼン(TB)、ハーブ・ゲラー(AS)、ビル・パーキンス(TS)、ペイチ(P)らで、アレンジは全てペイチ。サウンドは地味と言っていいほどのもので、NY風のどことなく沈んだ黒さと西海岸らしい明快明瞭なアレンジの、酸いも甘いも噛み分けて行き着いたシンプルなバンド・サウンドで、メンバーたちのソロの旨味も満点。両面RVG刻印、オリジナル盤。【曲】「From Now On」「Walkin' On Home」「Black Rose」「Tommy's Toon(試聴)」「New Soft Shoe」「What's New」「Easy Listenin'」「Martyni Time」「Nice And Easy」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moes Tropical Stars,etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945

  • ジャズ/ハワイアンLP
 Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moe's Tropical Stars,etc.- アンディ・アイオナ、ブラウン・キャッツ・オブ・リズム、タウ・モエズ・トロピカル・スターズ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2070 / Rec 1929 to 1945 / Pub 1989
ジャケット表裏擦れ擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、しみ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの、世界の戦前ジャズ・シリーズから、ハワイ編。
バップ以降のジャズがほぼ定着しなかったハワイにとって、スウィングまでの時代は全てが斬新。仏のサックス奏者のようなビブラートのかかったメロウなアルト、メロディアスなバリトン、コルネット、それにジャズ・ギターという編成のアンディ・アイオナ、ソル・ホオピイに並ぶギタリスト、キング・ベニ-・ナワヒのハワイアン・ブルース、スティール・ギターとバンジョーというデュオのマスターズ・ハワイアンズ、本土のR&Bジャズ・バンド顔負けのブラウン・キャッツ・オブ・リズム、何十年も後にボブ・ブロズマンとも共演するタウ・モエらのハワイアン・ジャズ・コーラスなどなど収録。【曲】「Andrew Aiona Novelty Four / Paahana」「Four Hawaiian Guitars / Black Boy Blues(試聴)」「King Nawahi's Hawaiians / Tickling The Strings」「Black Devils / Tiger Rag(試聴)」「Georgia Jumpers / The Big Feet Rag」「Master's Hawaiians / Lion Rag」「Kanui & Lula / Tomi Tomi」「Andy Iona And His Islanders / Minnehaha Hawaiian Stomp(試聴)」「Wailana Grass Shack Boys / St. Louis Blues」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 1)(試聴)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 1)」「Brown Cats Of Rhythm / Body And Soul」「Brown Cats Of Rhythm / I Got Rhythm」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 2)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 2)」「Tau Moe's Tropical Stars With Dr. Jazz / Paducah」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.