(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: ww)

Fendermen - POISON IVY

  • ロックンロールLP
 Fendermen- フェンダーメン - "POISON IVY"
USA / LP / Stereo / Koala KOA14565 / Rec 1970s? / Pub 1980
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3480 yen
■あのフェンダーメンの70年代?録音盤。
60年に「Muleskinner Blues」のヒットを飛ばしたミネソタのモンド・ギター・ガレージ・デュオ、フェンダーメン。これは70年代に再結成して録音されたと思われる内容最高のアルバム。【曲】「Heartbreak」「Can I Get A Witness」「Casey Jones」「Poison Ivy(試聴)」「Greensleeves(試聴)」「Ratrace」「Bo Diddley」「Think」「Never Like This」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Houston - ROCKIN N BOPPIN

  • リズム&ブルースLP
 Joe Houston- ジョー・ヒューストン - "ROCKIN' 'N' BOPPIN'"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BM1302 / Rec 1950s / Pub 1988
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■R&Bサックス奏者ジョー・ヒューストンの編集盤。
馬鹿馬鹿しいほどの単純なフレーズの連発と、バンド一丸になって突進するシンプルなビートで演奏されたホンカーという人達の音楽。テキサス出身、40年代末期に西海岸に渡ったジョー・ヒューストンこそ、ホンカー・ムーヴメントの原動力となったプレイヤー。全編闇雲なパワーに満ちたワイルド・サックス大会が繰り広げられる一枚。R&Bサックス専門にリリースしたスウェーデンのレーベル、サクソフォノグラフからの一枚。【曲】「Rockin' 'N' Boppin'」「Flying Home」「Walking Home」「Earthquake」「Waycross Mama Blues」「Moody」「Hurricane」「Go Joe Go(試聴)」「Cornbread & Cabbage」「Jay's Boogie」「Doin' The Lindy Hop」「Boogie Woogie Woman」「Hog Maws, Pt. 2」「Dig It」「Shtiggy Boom」「Joe's Gone」「The Hully(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Morris, Tiny Grimes, Frank Culley, etc. - ATLANTIC HONKERS

  • リズム&ブルースLP
 Joe Morris, Tiny Grimes, Frank Culley, etc.- ジョー・モリス、タイニー・グライムズ、フランク・カリー、etc. - "ATLANTIC HONKERS"
Japan / LP / Mono / Atlantic P5221-2 / Rec 1950s, 1960s / Pub 1986
見開きジャケット擦れほぼ無し、内側きれい、レーベル二枚ともひげわずか、盤二枚とも極浅い擦れわずか、帯・インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■アトランティックのサックスR&B集。日本盤2LP。
R&Bの殿堂アトランティック、創業当時はR&Rも誕生しておらず、バンドの主役はギターではなくてサックスという時代で、アトランティックもホンカー・タイプのサックスR&Bを数多く録音、R&Rへの道を開拓。これはそんな音源を、アトランティックの代表的なサックス奏者等7人にスポットを当てて編集した2枚組。バップ・スキャット名曲ジョー・モリス「Wow」、テナー奏者レッド・プライソックが参加した4弦ギタリスト、タイニー・グライムス、レーベルの看板シンガー、ルース・ブラウンの恋人だったウィリス・ゲイター・ジャクソンの「ハーレム・ノクターン」他のクラシックetc...全28曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Claude Thornhill And His Orchestra- 1947

  • ジャズLP
 Claude Thornhill And His Orchestra- クロード・ソーンヒル&ヒズ・オーケストラ - "1947"
USA / LP / Mono / Hindsight HSR108 / Rec 1947 / Pub 1977
ジャケット擦れほぼ無し、しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ソーンヒル47年の未発音源集。新生「Snowfall」はじめ素晴らしい内容。
大音量でひたすらスウィングする楽団が隆盛を極めた白人スウィング・バンド全盛期に、あまりにも音楽的過ぎた、静寂のビッグ・バンド・ジャズを演奏した、クールの元祖クロード・ソーンヒル楽団。本作は、レコードとして発売されず、ラジオ放送用に47年に録音していたものを収録した一枚。リー・コニッツやバリー・ガルブレイス、レッド・ロドニーらが参加、ソーンヒルをはじめもちろんギル・エヴァンス、マリガン、ラスティ・デドリックらのアレンジによる16曲。あのアルペジオをガルブレイスがギターで演奏する新生「Snowfall」はじめ、パーカー・ナンバー2曲、シンガー入り3曲、ラテンもありと多彩でいて質は最高。音質もいいです。【曲】「Snowfall (Theme)」「Robbins' Nest」「Cabin In The Sky」「'Deed I Do」「Happy Stranger」「Medley: Jealous/Swinging Down The Lane/Breezing Along With The Breeze」「Jealous」「Swinging Down The Lane」「Breezing Along With The Breeze」「Just About This Time Last Night」「Donna Lee」「Poor Little Rich Girl」「Polka Dots And Moonbeams」「I May Be Wrong」「Adios」「Sometimes I'm Happy」「Puttin' And Takin'」「Sunday Drivin'」「Anthropology」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erskine Tates Vendome Orchestra, Alphonso Trent And His Orchestra, etc. - SWEET AND LOW BLUES : BIG BANDS AND TERRITORY BANDS OF THE 20S

  • ジャズLP
 Erskine Tate's Vendome Orchestra, Alphonso Trent And His Orchestra, etc.- アースキン・テイツ・ヴェンドーム・オーケストラ、アルフォンソ・トレント&ヒズ・オーケストラ、etc. - "SWEET AND LOW BLUES : BIG BANDS AND TERRITORY BANDS OF THE 20'S"
USA / LP / Mono / New World NW256 / Rec late1920s / Pub 1977
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ニューワールド・レーベルのレア・ジャズ編集盤。
20年代のテリトリー・バンド、つまりニューヨーク、シカゴ、ニューオーリンズ等の音楽の大都市以外の、地方限定のバンドの音源を中心に編集された、一言、20年代キラー・ジャズ集。ルイ・アームストロングが参加した、アルゼンチンのみでリリースされたキャロル・ディッカーソン・バンド、ジェイムスPジョンソン(P)とファッツ・ウォーラー(Organ)が二人ともいたスモール・コンボ、ルイジアナ・シュガー・ベイブス、チャーリー・パーカーにアルトを教えたバスター・スミス、カウント・ベイシー等が在籍していたウォルター・ページズ・ブルー・デヴィルズ等々収録。【曲】「Erskine Tate's Vendome Orchestra / Static Strut(試聴)」「Carroll Dickerson And His Orchestra / Symphonic Raps」「Charlie Johnson And His Paradise Orchestra / The Boy In The Boat」「Chocolate Dandies / That's How I Feel Today」「Jabbo Smith And His Rhythm Aces/ Sweet And Low Blues」「Jabbo Smith And His Rhythm Aces/ Till Times Get Better」「Louisiana Sugar Babies / Willow Tree」「Leo Reisman And His Orchestra / What Is This Thing Called Love?」「Jesse Stone's Blues Serenaders / Starvation Blues」「Walter Page's Blue Devils / Blue Devil Blues(試聴)」「Walter Page's Blue Devils / There's A Squabblin'」「Troy Floyd And His Plaza Hotel Orchestra / Dreamland Blues I」「Troy Floyd And His Plaza Hotel Orchestra / Dreamland Blues II」「George E. Lee And His Kansas City Orchestra / Ruff Scuffling」「Alphonso Trent And His Orchestra / Black And Blue Rhapsody」「Alphonso Trent And His Orchestra / After You've Gone」「Alphonso Trent's Orchestra / I've Found A New Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Claude Thornhill - SNOWFALL : A MEMORY OF CLAUDE

  • ジャズLP
 Claude Thornhill- クロード・ソーンヒル - "SNOWFALL : A MEMORY OF CLAUDE"
USA / LP / Mono / Monmouth Evergreen MR6606 / Rec 4,60s / Pub mid60s
コーティングジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■Aに40年代の音源を、Bに63年のスモール・コンボ・セッションを収録した一枚。
大音量でひたすらスウィングする楽団が隆盛を極めた白人スウィング・バンド全盛期に、あまりにも音楽的過ぎた、静寂のビッグ・バンド・ジャズを演奏した、クールの元祖クロード・ソーンヒル楽団。本作は後期のアレンジャー、ビル・ボーデンらが企画したメモリアルLP。Aに全盛期である40年代のビッグ・バンド音源、Bは1963年の非公式のセッションのプライベート・テープからのスモール・コンボものを収録。「SNOWFALL」は都合4バージョンも楽しめるという、マニア向けの一枚にして裏ソーンヒル・バイブル。【曲】「Snowfall」「Love Tales」「Traumerei」「Sleepy Serenade」「Where Oh Where Has My Little Dog Gone?」「Where Or When(試聴)」「Snowfall」「Snowfall」「South」「Josephine」「Alley Cat」「Canadian Sunset」「Never On Sunday」「Green Eyes(試聴)」「Brazil」「Royal Garden Blues」「Snowfall(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Williams - THE HUCKLEBUCK

  • リズム&ブルースLP
 Paul Williams- ポール・ウィリアムス - "THE HUCKLEBUCK"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BP500 / Rec 1948 to 1956 / Pub 1981
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■バリトン&アルト奏者ポール・ウィリアムスの音源集。
後のロックンロールへと流れていくホンカーの初のナンバーとも言われる"Hucklebuck"をヒットさせたポール・ウィリアムス。これはその"Hucklebuck"始め、熱狂のアップから踊れるミッド、歌入りのヘヴィー&スロー・ブルースまで強力なナンバーを16曲収録した一枚。後にR&Rシーンで大活躍したテナーマン、ノーブル・ワッツもこの時代はここで修行、収録の半分ほど参加しています。【曲】「Young Man Blues」「Miami Drag」「Easy Walking」「Hard Working Woman」「The Thin Man(試聴)」「Shame Shame Shame」「Shuck-Foot」「The Woman I Love Is Dying」「Give It Up」「Pass The Buck」「South Shore Drive」「Big Two Four」「Huckle-Boogie」「Alcohol」「It's A Sin The Way You've Treated Me」「The Hucklebuck(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Vinson - MR CLEANHEAD STEPS OUT

  • ジャズ/リズム&ブルースLP
 Eddie Vinson- エディ・ヴィンソン - "MR CLEANHEAD STEPS OUT"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BP507 / Rec 1945 to 1951 / Pub 1985
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■サックス奏者&シンガー、エディ"クリーンヘッド"ヴィンソンの音源集。
ジャズとジャンプの橋渡しをしたテナー・サックス奏者&シンガー、エディ"クリーンヘッド"ヴィンソン。45年から51年までの16曲を収録。7割ほどヴィンソンの歌入り。【曲】「Mr. Cleanhead Steps Out(試聴)」「When My Baby Left Me」「Juice Head Baby」「Kidney Stew Blues」「I've Been So Good」「It's A Groovy Affair」「Old Maid Boogie」「Shavetail」「Gonna Send You Back Where I Got You From」「Luxury Tax Blues」「Wrong Girl Blues」「Friday Fish Fry」「I Took The Front Door In」「Home Boy(試聴)」「Eddie's Bounce」「Time After Time」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Robichaux And His Hot New Orleans Rhythm Boys - 1933

  • ジャズLP
 Joe Robichaux And His Hot New Orleans Rhythm Boys- ジョー・ロビショー&ヒズ・ホット・ニューオーリンズ・リズム・ボーイズ - "1933"
USA / LP / Mono / Folklyric 9032 / Rec 1933 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ニューオーリンズ・ジャズのキラー中のキラー、ジョー・ロビショーの編集盤。
ジャズの録音が本格化した20年代中~後期から30年代にかけて、ニューオーリンズのジャズは、生まれた場所なのに他の街に比べて録音が少ない、才能あるソロ・プレイヤーはみんな北に出てしまった、などいろんなことで現地がどうなっていたのか実は良くわからない。その辺りが好きな人でも曲単位、という感じでは。このジョー・ロビショーは、その時代のNYホット・ジャズのスタイルを組み込んだジャズ・バンドで、当時のニューオーリンズがどんなレベルだったのかがひしひし伝わるまさに現地最強のグループ。これは33年録音の16曲を収録したアーフーリー・フォークリリックのベスト・オブ・ベスト。試聴のようなキラー・ジャズのオンパレード。【曲】「Forty Second Street(試聴)」「Ring Dem Bells(試聴)」「King Kong Stomp」「I Would Do Anything For You」「Every Tub」「She Don't Love Me」「Stormy Weather」「Shake It And Break It ? Part 1」「Jig Music」「Shake It And Break It ? Part 2」「You Keep Me Always Living In Sin」「Sleep, Come And Take Me」「Just Like A Falling Star」「Foot Scuffle」「Saturday Night Fish Fry Drag」「The Riff」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Temperance Seven - FAMILY ALBUM

  • ジャズLP
 Temperance Seven- テンペランス・セブン - "FAMILY ALBUM"
U.K. / LP / Stereo / World Record Club STP727 / Rec 1964 / Pub 1960s
コーティングの三辺折り返しジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■リバイバル・ホット・ジャズの文句無しの最高峰、テンペランス・セブン。
ボンゾ・ドッグ・バンド、ラトルズ等で知られるニール・イネスの父ブライアン・イネスと、20年代の編集盤を買い漁っている人にはお馴染みのジョンRTデイヴィス等が50年代に始めた、20年代ホット・ジャズ/ダンス・バンドのリバイバル・グループ、テンペランス・セブン。これは64年のサード?アルバム。モンティ・パイソンに流れ込んでいくユーモア、多分かなり影響を受けているジミー・ヌーンにだって負けてないテク、それに音もいい、やはり超高品質な一枚。【曲】「Pasadena」「China Boy(試聴)」「Brown Eyes Why Are You Blue?(試聴)」「I Want To Be Happy 」「Deep Henderson」「Grace And Beauty」「Sugar」「Clap Hands Here Comes Charlie」「Alexander's Record Breaking Band」「My Sweetie Went Away」「Pleasant Moments」「Sugar」「Ukelele Lady」「You Took Advantage Of Me」「My Sweet Tooth Says I Wanna」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Griffin With Joe Morris Orchestra - FLY MISTER FLY

  • リズム&ブルース/ジャズLP
 Johnny Griffin With Joe Morris Orchestra- ジョニー・グリフィン・ウィズ・ジョー・モリス・オーケストラ - "FLY MISTER FLY"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BP504 / Rec late1940s / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■テナー・サックス奏者ジョニー・グリフィンの音源集。
ブルーノートやプレスティッジ、リバーサイドからのアルバムがモダン・ジャズ・ファンから人気があるジャズ・テナー・マン、ジョニー・グリフィン。これはそれ以前40年代後半に、アトランティックのジョー・モリス楽団に在籍していた頃の音源を集めた一枚。ビバップとR&Bの中間の熱気あふれるサウンドで、グリフィンだけでなくジョー・モリス(TP)も他の人もみんなここぞとばかりほとばしるいい演奏。【曲】「Fly Mister Fly(試聴)」「Wilma's Idea」「Joe's Boogie」「Out Of The Night」「Lowe Groovin'」「Jump With Me」「Mad Moon」「The Spider」「Bottletop」「Wow!(試聴)」「Weasel Walk」「Boogie-Woogie March」「Chuck-A-Boogie」「Beans And Corn Bread」「Portia's Boogie」「Broken Hearted Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lucky Millinder - SHORTYS GOT TO GO

  • ジャズLP
 Lucky Millinder- ラッキー・ミリンダー - "SHORTY'S GOT TO GO"
Sweden / LP / Mono / Jukebox Lil JB609 / Rec 1942 to 1952 / Pub 1985
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ラッキー・ミリンダー楽団の40年代音源集。
20年代からのホット・ジャズ、30年代のスウィングを吸収、そしてロックンロール第一号ワイノニー・ハリスを世に送り出したこのラッキー・ミリンダー楽団は(この盤にはワイノニー参加曲なし)、ジャズ、ジャンプ、R&Bが混然一体となった時代から次へと歩ませる原動力となった超重要ブラック・ジャズ・バンド。これはまさしくその時代42年からの10年を追った編集盤。【曲】「Are Your Ready」「Darlin'(試聴)」「Shorty's Got To Go」「Baby, You've Been Wrong(試聴)」「More, More, More」「Fare-Thee-Well Deacon Jones」「I Know How To Do It」「Someday」「Chew Tobacco Rag」「The Jumpin'Jack」「I Love You, I Love You, I Do」「The Grape Vine(試聴)」「Lord Knows I Tried」「Clap Your Hands」「Backslider's Ball」「Who Said Shorty Wasn't Coming Back」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.