(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: vocal)

Mary Rhoads - LE DULCIMER

  • 民俗音楽/フォークLP
 Mary Rhoads- メアリー・ローズ - "LE DULCIMER"
France / LP / Stereo / Le Chant Du Monde LDX74485 / Rec 1973 / Pub 1973
三面見開きジャケット擦れ少々、表面小シール、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■女性ダルシマー奏者、メアリー・ローズの73年のアルバム。
ル・シャン・ドゥ・モンドの、民族楽器を特集する名物"Special Instrumental"シリーズの名盤。ペンシルバニア州出身でフランスに渡った女性ダルシマー&オートハープ奏者、メアリー・ローズのファースト・アルバムで、73年の一枚。ダルシマーの独奏、バンジョーやフィドル等を入れたナンバー、そして数曲彼女の歌が入るあり、それがまた素晴らしい。三面見開きジャケット。【曲】「Golden Slippers(試聴)」「Vendome」「Will The Circle Be Unbroken」「Old Joe Black」「Mary's Medley」「Herod And The Cock」「Over The Waterfall」「The Water Is Wide」「Simple Gifts(試聴)」「Nonesuch」「Where The Flowers(試聴)」「Shady Grove」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake - REAL BLUES SFROM NEW ORLEANS

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake- エドガー・ブランチャード、ポルカ・ドット・スリム、ブギー・ジェイク - "REAL BLUES FROM NEW ORLEANS"
USA / LP / Mono / Bandy 70009 / Rec mid60s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バンディ・レコードのニューオーリンズ・ブルース集。
男性的なものを他の街に比べてあまり感じないニューオーリンズ、しかしこれはも雄々しさ満点の超絶濃い一枚。プロフェッサー・ロングヘア、アール・キング等のバックから自作までニューオリンズR&Bの黄金時代を弾きまくったギタリスト、エドガー・ブランチャードの60年代中期のブルース作品と、ライトニン・スリムとともにバトン・ルージュ付近で活動、エクセロ等でいくつかの芸名を用いて活動していたブルース・マン、ブギー・ジェイク、同様に西海岸とバトン・ルージュを行き来したポルカ・ドット・スリムの3人の音源を収録。こんなあっさりしたジャケからは想像もつかないまさにリアルなブルース集。50年代なのか60年代なのかさっぱり分からない時代錯誤感バリバリのPDスリムのワイルド・ロキン・ブルースがハイライトでしょうか。噛み付くような歌にワイルドなドラム、ギターがガシャガシャとかき鳴らさせるスマッシャー。ブギー・ジェイクの行儀の悪いスワンプ・ポップ路線のロウ・ブルースも最高。個人的に大推薦なのはブランチャードのざっくり演り捨てるようなA面(A面全てブランチャードです)。【曲】「Edgar Blanchard / Tight Like That」「Edgar Blanchard / Won't Be Long(試聴)」「Edgar Blanchard / Somebody's Doin' Me Wrong」「Edgar Blanchard / Keep My Pocket's Clean」「Edgar Blanchard / I'm Gone And That's All」「Edgar Blanchard / Don't Need No Company」「Boogie Jake / If I Only Had A Chance(試聴)」「Boogie Jake / Loaded Down」「Polka Dot Slim / Ain't Broke Ain't Hungry」「Polka Dot Slim / A Thing You Gotta Face(試聴)」「Boogie Jake / Bad Luck And Trouble」「Boogie Jake / Early Morning Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleveland Crochet And The Sugar Bees - CLEVELAND CROCHET AND THE SUGAR BEES

  • ケイジャン/ロックンロールLP
 Cleveland Crochet And The Sugar Bees- クリーヴランド・クロシェ&ザ・シュガー・ビーズ - "CLEVELAND CROCHET AND THE SUGAR BEES"
USA / LP / Mono / Goldband GRLP7749 / Rec early60s / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  4500 yen
■ケイジャン・ロックンローラー、クリーヴランド・クロシェのアルバム。
ルイジアナ最高のローカル・レーベル、ゴールドバンド。ここのオーナー、エディー・シュラーが長年捜し求めていた、ロックンロールができるケイジャン・ミュージシャンを念願かなって発見したというのが、ゴールド・バンド的にも、全米的にみても前例が無かった(あるはず無いか)ケイジャン・ロッカー、クリーヴランド・クロシェ。60年当時ゴールドバンドからシングルしか出ていなかった彼の初アルバム。70年代と思われます。代表作「Sugar Bee」はケイジャンというよりザディコ~R&B調のワイルドなアコーディオン、悲痛なシャウト、一回も聴いた事無いようなぶっといエレキ・ギター・ソロ(ボトル・ネックかスチール・ギターなんですが、ほんとうに奇跡的に太い)も飛び出すロッキン・ケイジャンのキラー。他のもみな小さいほったて小屋かなんかで全員がセーノで録音したような、こまかい事なんてまったくお構いましなナンバーがズラリ。【曲】「Sugar Bee(試聴)」「Drunkard's Dream」「La Valse De Chagrin」「Midnight Blues」「Telephone Port Arthur」「Good Morning Blues」「Wedding Day(試聴)」「Hound Dog Baby」「Waltz Of A Broken Heart」「Sweet Thing」「La Branche De Muriee」「Kaw-Liga (Boogie)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ritchie Family Of Kentucky - THE RITCHIE FAMILY OF KENTUCKY

  • フォーク/マウンテン・ミュージックLP
 Ritchie Family Of Kentucky- リッチー・ファミリー・オブ・ケンタッキー - "THE RITCHIE FAMILY OF KENTUCKY"
USA / LP / Mono / Folkways FA2316 / Rec 1940s, 50s / Pub 1963
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットしみわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ジーン・リッチーの一族、リッチー・ファミリーのドキュメント盤。
アパラチア山脈中、ケンタッキーの山奥に生まれた女性フォーク・シンガー、ジーン・リッチー。彼女の一族は、この地の伝承歌を受け継ぐ貴重なファミリーとして研究家たちには特に有名なのだそう。これは、彼女と彼女の姉エドナ・リッチーの歌を中心に、一族に伝わった歌を、ジーンのナレーション、一族へのインタビュー等を交えて紹介するドキュメント・レコード。オリジナルは58年(これは63年)ですが、録音年代はバラバラ。話の部分に比べてかなり歌多めなので、フォーク~民俗音楽のレコードとして楽しめます。ジーンの紹介も含めて全文文字起こしのブックレット付き。20曲収録。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Richard Dyer-Bennet - 2

  • フォークLP
 Richard Dyer-Bennet- リチャード・ダイアー・ベネット - "2"
USA / LP / Mono / Dyer Bennet DYB2000 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れほんのわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■英米に古くから伝わるメロディを静かに弾き語る孤高のシンガー、リチャード・ダイアー・ベネット。
古いものでは17世紀バロックの頃から歌い継がれているメロディを、中性的で気品に溢れたヴォーカル、柔らかく澄んだ音色のギターで、40年代から一人でプレイした孤高の吟遊楽人リチャード・ダイアー・ベネット。本当の意味での"フォーク"と言え、弾き語りというジャンルがもしあればクラシックとも言えます。イギリスに生まれアメリカに渡り、このワン&オンリーのスタイルでレコードをリリースしました。これは、彼が自ら興した自主レーべル、ダイアー・ベネットからの二枚目。繊細なコードワークをはさみつつぽろぽろと奏でられるギターと親密な歌で聞くおとぎ話のような13曲。歌詞カード無し(インサートはレーベルのカタログ)。オリジナルは56年で、これは恐らく60年代のプレス。【曲】「When Cockleshells Turn Silverbells(試聴)」「Corn Rigs Are Bonnie」「The Garden Where The Praties Grow」「The Bailiff's Daughter Of Islington」「Two Maidens Went Milking」「Who Killed Cock Robin(試聴)」「Veillee De Noel」「Jan Hinnerk」「Woman! Go Home!」「Blow The Candles Out」「Eggs And Marrowbone」「The Beggar Man」「The Turkish Revery」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Uncle Dave Macon With The Fruit Jar Drinkers - GO LONG MULE

  • ヒルビリーLP
 Uncle Dave Macon With The Fruit Jar Drinkers- アンクル・デイヴ・メイコン・ウィズ・ザ・フルーツ・ジャー・ドリンカーズ - "GO LONG MULE"
USA / LP / Mono / County 545 / Rec 1920s, 30s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アンクル・デイヴ・メイコンの20年代後半の音源集。
"ジミー・ロジャースをカントリーの父というならばアンクル・デイヴ・メイコンは祖父だ"とも言われる、20世紀の最初の50年間に活躍したメイコン。シルク・ハットに総金歯、ギラギラした眼の強烈なキャラクターで、20年代のヴォードヴィル時代から40年代まで活躍。ハリー・スミスもインタビューでメイコンを初めて聞いたときの衝撃を熱く語っています。カウンティから、このアルバムに続く第二集で、20年代後半、フルーツ・ジャー・ドリンカーズ(サム・マッギーがギター)というバンド名でやっていた頃の音源を中心に14曲収録。【曲】「She's Got The Money, Too」「Death Of John Henry」「Go Long Mule(試聴)」「I'll Never Go There Anymore」「Carve That Possum」「When Reuben Comes To Town」「Oh Baby, You Done Me Wrong」「Hold The Woodpile Down」「Susie Lee」「Buddy Won't You Roll Down The Line」「Tom & Jerry」「Late Last Night When Willie Come Home(試聴)」「Johnny Grey」「When The Train Comes Along」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cankton Express - LIVE CHEZ MULATES

  • ケイジャンLP
 Cankton Express- カンクトン・エクスプレス - "LIVE CHEZ MULATES"
USA / LP / Stereo / Swallow LP6073 / Rec 1980s? / Pub 1988
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound   2980 yen
■ケイジャン・バンド、カンクトン・エクスプレスのライブ・アルバム。
かのザカリー・リチャードに、演奏だけでなくケイジャンの歴史やら精神を叩きこんだ伝説のアコーディオン奏者フェリックス・リチャード(写真左から二番目)が率いたバンド、カンクトン・エクスプレス。ケイジャンの聖地ラファイエットのすぐ北の町カンクトンで結成されたこのグループの、多分唯一のアルバム。地元の、ムレイツというレストランでのライブを収録。オーセンティックでパワフルな伴奏に、ジョナサン・リッチマンそっくりのルックスのスターリング(フェリックスの息子)が歌う全10曲。このスターリング、クレオマ・ファルコンなんかのオールド・ケイジャンの歌が好きな人はほんとたまらないと思います。【曲】「Flames D'Enfer (The Flames Of Hell)」「Valse De Bayou Chien(試聴)」「Evangeline Special」「Vien Me Chercher」「Eunice Two-Step」「Grand Chemin」「Bosco Stomp(試聴)」「Cajun Waltz」「C'est Le Zydeco」「'Tee Monde & Ending Theme」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

New York String Quartet, Patrick Mason(Bar.), etc. - GEORGE PERLE : STRING QUARTET NO. 7 / HAROLD BLUMENFELD : VOYAGES AFTER HART CRANE

  • クラシックLP
 New York String Quartet, Patrick Mason(Bar.), etc.- ニューヨーク・ストリング・カルテット、パトリック・メイソン(バリトン)、etc. - "GEORGE PERLE : STRING QUARTET NO. 7 / HAROLD BLUMENFELD : VOYAGES AFTER HART CRANE"
USA / LP / Stereo / CRI SD387 / Rec 1977 / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、B1冒頭にプツ音出る極小スクラッチ、インサート色あせ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5  2680 yen
■A面にジョージ・パール、B面にハロルド・ブルメンフェルドの室内楽を収録したアルバム。
ベルクやシェーンベルクに傾倒し、それらを引き継ぎつつ独自の新理論を打ち立て、アメリカ現代音楽を代表する作曲家になったジョージ・パール。73年に作曲した5部からなる弦楽四重奏『String Quartet No.7』で、数十年遡ったような、古風にも聞こえるずっしりした作。裏面は、バーンスタインと同窓だった、指揮者としても活躍したハロルド・ブルーメンフェルドの、ギター、ヴィオラ、打楽器、バリトンVoによる『Voyages After Hart Crane』パート1&2。歌と演奏がつかずはなれず絡みつく緊迫感あふれた歌曲。モダニスト詩人ハート・クレインの難解な詩をもとにした作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Nolan Strong And The Diablos - FORTUNE OF HITS

  • ドゥワップLP
 Nolan Strong With The Diablos- ノーラン・ストロング・ウィズ・ザ・ディアブロス - "FORTUNE OF HITS"
USA / LP / Mono / Fortune LP8010 / Rec early60s / Pub ?
シールドを開けただけのコンディション、ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■フォーチュンの看板ドゥワップ・グループ、ディアブロスの正規盤。
デトロイト5~60年代で最も影響があったレーベルの一つ、フォーチュン。ここの看板アーティストがこのドゥワップ・グループ、ディアブロス。リードのノーラン・ストロングのハイトーン・ヴォーカルを中心にした、到底聞き流すことは出来ないざらついたハーモニーで人気となりヒットも生みました。これはローラ・ニーロもカバーした、あまりにも幽玄なあの世のドゥワップ「The Wind」から、超一級の美メロー(「Wind」はメローではありません)、ばさばさした演奏も本当最高なロッキン・ドゥワップまで、彼ら、そしてフォーチュン・レコードの魅力(バックはフォーチュンのハウス・バンド)が詰まった彼らのファースト・アルバム。オリジナルは61年、これは後年のプレス。【曲】「The Wind(試聴)」「Route 16(試聴)」「Someday You'll Want Me To Want You」「Goodbye, Matilda」「You're The Only Girl, Dolores」「The Way You Dog Me Around」「If I」「Since You're Gone」「Do You Remember What You Did」「A Teardrop From Heaven」「Ooh! Ooh! Those Eyes」「(I Want) An Old Fashioned Girl」※今晩のアップはこの二枚です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Les Peuls - PREMIERE ANTHOLOGIE DE LA MUSIQUE MALIENNE : LE MALI DU FLEUVE

  • 民俗音楽/マリLP
 Les Peuls- プル族 - "PREMIERE ANTHOLOGIE DE LA MUSIQUE MALIENNE : LE MALI DU FLEUVE"
Germany / LP / Mono / Musicaphon - Mali Music BM30L2502 / Rec 1960s / Pub 1970
コーティングの見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、内側ブックレット部しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■西アフリカ・マリのプル族の音楽を収録したアルバム。
クラシックと民俗音楽をリリースしたドイツ・ムジカフォン、特に民俗音楽は他のレーベルが追い付けない迫真性と頑ななスピリットで素晴らしいレコードをリリース。これは、マリ音楽専門のマリ・ミュージックとムジカフォン共同で製作されたマリの民"俗"音楽集の二作目。数種の民族弦楽器の弾き語りを中心に、打楽器伴奏の曲、擦弦楽器の演奏曲など収録。例によって非常にいいモノラル録音。【曲】「Sauvetage - Rescue - Rettung」「Sore」「N'Nyaro」「Tioubou」「Ewli Jambe(試聴)」「Segintere(試聴)」「Tungere(試聴)」「Segalare」「Demobe」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

M.S. Subbulakshmi(Vocal) cw K.S. Narayanaswami(Veena) - CLASSICAL INDIAN MUSIC

  • インド古典音楽LP
 M.S. Subbulakshmi(Vocal) cw K.S. Narayanaswami(Veena)- MSスッブラクシュミ(歌)、KSナラヤナズワーミー(ヴィーナ) - "CLASSICAL INDIAN MUSIC"
India / LP / Mono / Parlophone PMAE501 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット円状の擦れ少々、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3480 yen
■女性シンガー、MSスッブラクシュミをA面に、ヴィーナ奏者KSナラヤナズワーミーの演奏をB面に収録した一枚。
連綿と続く南インド伝統音楽の深い理解と経験、"完全"と言われた歌の技術で、名だたる名歌手たちも尊敬の念をもって振り返るというMSスッブラクシュミをA面に、そして彼女と同様に現地のミュージシャンズ・ミュージシャンであり、技巧ではなく、微妙なニュアンスや繊細さが重視されるという南インド・タンジャーブール地方のヴィーナ奏者SNナラヤナズワーミーの演奏をB面に収録した一枚。A面は、南インド音楽三聖人の中で最も古いという18世紀の作曲家シャーマ・シャストリーの「Saroja Dala Netri」。B面もその聖人の一人、シャガラジャによる曲「Emi Jesite」。インドパーロフォン盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Nolan Strong With The Diablos - MIND OVER MATTER

  • ドゥワップLP
 Nolan Strong With The Diablos- ノーラン・ストロング・ウィズ・ザ・ディアブロス - "MIND OVER MATTER"
USA / LP / Mono / Fortune LP8015 / Rec early60s / Pub 1970s
シールドを開けただけのコンディション、ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■フォーチュンの看板ドゥワップ・グループ、ディアブロスの正規盤。
デトロイト5~60年代で最も影響があったレーベルの一つ、フォーチュン。ここの看板アーティストがこのドゥワップ・グループ、ディアブロス。リードのノーラン・ストロングのハイトーン・ヴォーカルを中心にした、到底聞き流すことは出来ないざらついたハーモニーで人気となりヒットも生みました。これは、代表作「MIND OVER MATTER」(キース・リチャードがギターをパクッタた)を収録した正規盤。バンドをはじめてまだ3ヶ月という感じのヘロヘロな伴奏も本当に腰し抜かしますが、とにかくスモーキー・ロビンソンがあこがれた続けたストロングのすばらしいナチュラル・テナーの声といい、シンプルなのに本当に感動的な楽曲の数々。フォーチュンの録音現場では奇跡が毎日起こっているとしか思えない音源。オリジナルは63年、これは恐らく70年代盤。【曲】「Mind Over Matter(試聴)」「The Masquerade Is Over」「Welcome」「Ali Coochie」「Everything They Said Came True」「Harriette, It's You」「You Are Love, (The Song Lovers Sing.)」「Are You Sincere(試聴)」「Can't We Talk It Over」「I Really Love You」「Village Of Love」「(You're Not Goodlooking) You're Presentable」 ※本日のアップはこれで終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.