(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: v)

Vincent Maloy, Jim Bullington, Buddy Barnette, etc. - GRAND DADDYS ROCKIN VOL.6

  • カントリー/ロカビリーLP
 Vincent Maloy, Jim Bullington, Buddy Barnette, etc.- ヴィンセント・マロイ、ジム・バーリントン、バディ・バーネット、etc. - "GRAND DADDY'S ROCKIN' VOL.6"
France / LP / Mono / Lenox LP102 / Rec 1950s / Pub 1990s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■"Grand Daddy's Rockin'"のラスト作。
レジェンド・レーベルが出していた"Grand Daddy's Rockin'"シリーズのラスト作で、レノックスというレーベルになってからの一枚。ニューヨークのロカビリアン、ヴィンセント・マロイ、ライナーでも"我々が再発した中でも最もプリミティブなナンバーの一つ"と解説されているバディ・バーネット、ハンク・クロウやバック・ウィートといったクールなホンキー・トンク勢など全14曲。【曲】「Vince Maloy / Indeed I Do」「Jim Bullington / Love Bug Crawl」「Buddy Barnett / Bunny-Bop(試聴)」「Tornadoes / Tornado Twist」「Hank Crow / Crazy 'Bout You」「Buck Wheat And The Wheatbinders / Texas Woman」「Hank Crow / Baby Me, Baby(試聴)」「Hoyt Stevens & The Tennessee Ramblers / 55 Chevy」「Ben Hall / Be Bop Ball」「Joey Rand / The Long Blond Curls」「Jack King And The Cats / Dance Everybody」「Danny Keebler / Matchbox」「Larry Wheeler / Be My Baby, Baby」「Rand Parker / Down At Big Mary's House」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Virginia Lopez - YO CANTO SOLO PARA TI

  • プエルト・リコの音楽LP
Virginia Lopez- ビルヒニア・ロペス - "YO CANTO SOLO PARA TI"
USA / LP / Mono / Tropical TRLP5102 / Rec 1950s, 1960s / Pub late60s?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■女性ボレーロ歌手ビルヒニア・ロペスのアルバム。
ニューヨーク生まれのプエルト・リコ人で、メキシコで活躍した女性シンガー、ビルヒニア・ロペス。ほっそりした声で何を歌っても涼しげなムードを出すシンガー。力の抜けたシンプルな伴奏もすごくいい一枚。コーラス曲数曲あり。50年代から60年代後半あたりまでの曲をまとめたものと思われます。【曲】「Por Equivocacion」「Carinito Azucarado(試聴)」「Dicelo A Ella」「Extrano Sentir」「Torturas De Amor」「Ya Tu Veras」「Tus Promesas De Amor」「Tan Lejos」「Siempre Feliz」「Mienteme Mas(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vince Maloy, Jimmie And The Gems, Bink Burns, etc. - GRAND DADDYS ROCKIN VOL.5

  • カントリー/ロカビリーLP
 Vince Maloy, Jimmie And The Gems, Bink Burns, etc.- ヴィンス・マロイ、ジミー&ザ・ジェムズ、ビンク・バーンズ、etc. - "GRAND DADDY'S ROCKIN' VOL.5"
France / LP / Mono / Lenox 101 / Rec 1950s / Pub 1990s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"Grand Daddy's Rockin"シリーズ5枚目。
90年代に何枚か編集盤をリリースしたフランスのレジェンドが始めた"Grand Daddy's Rockin'"シリーズの5枚目で、この盤からはレノックス・レーベルが引き継ぎリリース。ニューヨークのヴィンス・マロイ、インディアナのブランケンシップ・ブラザーズ、デトロイトのショーティ・フロッグなどなど例によって生々しいレアロカでぎっしり。音も全体的に試聴のようなローファイ以前のただれたような音で(試聴一曲目はもとがこんな音らしい)異様な迫力。【曲】「Vince Maloy / Flying Love(試聴)」「Jimmy And The Gems / Twisting Sadie」「Bink Burns / Muddy River」「Uncle Alvis And The Corncobs / Hey, Hey Pussycat」「Blankenship Brothers / That's Why I Am Blue」「Tennessee Drifters / Boogie Woogie Baby」「Mickey Evans / You're No Good!!」「Ben Hall And The Country Drifters / Moo Mama」「Bill Swing / Messed Up」「Beecher Hickman / Hey Blues」「Shorty Frog And His Space Cats / Sheddin' Tears Over You(試聴)」「Gene Taft / Make These Blues Go Away」「Bob Garmon And His Studio Combo / I'm A-Ready, Baby」「Denver Bill (Clarke) And His Ranch Hands / My Bird Dog」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vances Tennessee Breakdowners, Clarence Tom Ashley, etc. - A FIDDLERS CONVENTION IN MOUNTAIN CITY, TENNESSEE

  • ヒルビリー/マウンテン・ミュージックLP
 Vance's Tennessee Breakdowners, Clarence Tom Ashley, etc.- ヴァンスズ・テネシー・ブレイクダウナーズ、クラレンス・トム・アシュレイ、etc. - "A FIDDLERS' CONVENTION IN MOUNTAIN CITY, TENNESSEE"
USA / LP / Mono / County 525 / Rec 1924 to 1930 / Pub 1972
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■テネシー州マウンテン・シティでの伝説的なフィドラーズ・コンベンションを回顧する一枚。
1925年の6月、アパラチア山脈のど真ん中の町テネシー州マウンテン・シティで伝説的なフィドラーズ・コンベンションが開催されました。ヒルビリーの分水嶺とも言われるこのイベントは、会の盛り上がり(すさまじかったそうです)だけでなく、ラジオ放送もされ、新しいメディア、ラジオの力も誇示することとなりました。ジャケット写真はそのイベントの時のもので、クラレンス・アシュレイ、フィドリン・パワーズ一家、フィドリン・ジョン・カーソン、グレイソン&ウィッターなどなど当時の一級ミュージシャンたちが参加。このアルバムは、参加ミュージシャンたちの当時の音源を収録したオムニバス盤。【曲】「Vance's Tennesee Breakdowners / Tennessee Breakdown」「Clarence "Tom" Ashley / Old John Hardy(試聴)」「Fiddlin' John Carson / Don't Let Your Deal Go Down(試聴)」「Hill-Billies / Boatin' Up Sandy」「Charlie Bowman & His Brothers / Roll On Buddy」「Fiddlin' Powers & Family / Patty On The Turnpike」「Fiddlin' John Carson & His Virginia Reelers / Hell Bound For Alabama」「Hill-Billies / Blue-Eyed Girl」「G.B. Grayson, Henry Whitter / Never Be As Fast As I Have Been(試聴)」「Hill-Billies / Buck Eyed Rabbits」「Clarence Ashley / Dark Holler Blues」「Vance's Tennesee Breakdowners / Tennessee Mountain Fox Chase」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Victoria Spivey, Memphis Jug Band, Marshall Owens, etc. - CLASSIC BLUES ARTWORK FROM THE 1920S : VOL.4 - 2007

  • ブルースCDetc
Victoria Spivey, Memphis Jug Band, Marshall Owens, etc.- ヴィクトリア・スパイヴィー、メンフィス・ジャグ・バンド、マーシャル・オーウェンス、etc. - "CLASSIC BLUES ARTWORK FROM THE 1920'S : VOL.4 - 2007"
USA / CDetc / Mono / Blues Image BIM104 / Rec 1920s / Pub 2006
カレンダー表紙中身ともにきれい、ケース擦れわずか、盤面擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■当時のブルースの広告イラスト・カレンダー+カントリー・ブルース編集盤CD。
2007年エディション(カレンダーもその年のものです)。当時のレコード会社が製作したブルース・マンのレコード広告イラスト付きのカレンダー。有名ブルースマンの生没年月日入り。LPサイズ、30ページ。CDはカレンダーのイラストの12曲+ボーナス4曲の全16曲。【曲】「Victoria Spivey / Dope Head Blues(試聴)」「Memphis Jug Band / Cocaine Habit Blues」「Charley Patton / Gonna Move To Alabama」「Marshall Owens / Texas Blues」「Ida Cox / 'Fore Day Creep」「Blind Lemon Jefferson / Black Snake Moan No. 2」「Beale Street Sheiks / Jazzin' The Blues」「Charlie Spand / Back To The Woods Blues」「Bumble Bee Slim / Chain Gang Bound」「Mississippi Sheiks / Don't Wake It Up」「Ma Rainey / Blues The World Forgot ? Part I, II」「Blind Blake / Lonesome Christmas Blues」「Marshall Owens / Try Me One More Time(試聴)」「Chocolate Brown / Stingaree Man Blues」「Son House / Mississippi County Farm Blues」「Son House / Clarksdale Moan」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vess L. Ossman, Victor Minstrels, Sousas Band, etc. - RAGTIME

  • ラグタイムLP
 Vess L. Ossman, Victor Minstrels, Sousa's Band, etc.- ヴェスLオスマン、ビクター・ミンストレルズ、スーザズ・バンド、etc. - "RAGTIME"
France / LP / Mono / RCA PM45687 / Rec 1900 to 1930 / Pub 1983
見開きジャケット表裏内側しみ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■あらゆる編成のラグタイム名演を選りすぐった2LP。
フランスRCAのジャズ編集盤シリーズ"ジャズ・トリビューン"から、恐らく唯一のオムニバス盤。ラグタイムの歴史的名演を収録した2LP。これがスゴイ内容。バンジョー・キング、ヴェス・オスマン、マーチ王スーザのラグ曲、ガラスのチャイムを演奏するクリス・チャップマン、初めてジャズを録音したODJB、また初めてブルースを録音したビクター・ミリタリー・バンド、アコーディオン奏者ピエトロ・デイロ、ツィンバロンでラグるジョセフ・モスコヴィッツ、のこぎり奏者サム・ムーアのハワイアン・ギター・ソロetc.etc.、1900年から1930年までの38曲を収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Videls - A LETTER FROM THE VIDELS

  • ドゥワップLP
Videls- ヴァイデルズ - "A LETTER FROM THE VIDELS"
USA / LP / Mono / Magic Carpet 1005 / Rec early60s / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■アンダース&ポンシアがやっていたドゥワップ・グループ、ヴァイデルズの音源集。
トレイド・ウィンズ、イノセンスなど後の自分たちのグループや、ロネッツ等への曲を提供していたアンダース&ポンシアが、それよりも前にやっていたホワイト・ドゥワップ・グループ、ヴァイデルズ。未発表も入れた16曲収録。ディオンが広めたイタロ・ドゥワップの王道の味を残しつつ、60年代の新しいサウンドに踏み込んだナンバーがずらり。【曲】「A Letter From Ann(試聴)」「This Years Mr. New」「Mr. Lonely」「I'll Forget You」「The Party Starts At Nine」「We Belong Together」「It's All Over」「Save A Dream」「Be My Girl」「Place In My Heart」「Hold Me Tight」「Now That Summer Is Here」「She's Not Coming Home(試聴)」「Streets Of Love」「I'll Keep On Waiting」「Unlucky Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Various Artists - HARUICHIBAN

  • 日本の音楽LP
 Various Artists- 春一番 - "HARUICHIBAN"
Japan / LP / Stereo / Kazetoshi Jishuseisaku UGD3001-3010 / Rec 1972 / Pub 1972
ボックス表面はがれ、端々縁裂け、各盤のコンディション詳細は下記
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5~4 / Sound 4  69800 yen
■『春一番』のオリジナル。
風都市自主制作の10枚組、シリアル105番、曲目表無し。72年に開催された『春一番』コンサートを吉野金次が録音、そしてはっぴいえんど、はちみつぱいなどをマネージメントしていた風都市が非売品として200セットほど自主製作したもの。ボックスはがれ等あるものの盤質総じていいコンディション。 ※本日のアップはこのセットのみです

【その1-A】
「西岡恭蔵 / 春一番」
「グループありちゃん / かわいいあの子に」
「ブードゥチャイル / 分かっとくれ」
「ブードゥチャイル / ももんが」
【その1-B】
「田中ケンジ / 食卓」
「田中ケンジ / パーセント」
「田中ケンジ / 僕が行ってしまったら」
「田中ケンジ / その指どけてよ」
「田中ケンジ / 作詩術」
「田中ケンジ / インスタントコーヒーラグ」
レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか Disc 4 / Sound 4

【その2-A】
「ダッチャ / あたいの話」
「ダッチャ / 微笑を浮かべて」
「貧°苦 / さびしき東通り」
「貧°苦 / ミネルヴァのふくろう」
「貧°苦 / 1970年12月某日某喫茶店にて」
【その2-B】
「いとうたかお / 位置をかえて座ってみても」
「いとうたかお / あしたはきっと」
「いとうたかお / かたつむり」
「いとうたかお / 19才」
「いとうたかお / 雨やどり」
レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、A面冒頭に比較的はっきりした擦れ、音に出ません Disc 3.5~4 / Sound 4

【その3-A】
「ザ・ディランII / 君はきっと」
「ザ・ディランII / 僕の街」
「ザ・ディランII / ガムをかんで」
「ザ・ディランII / その時」
「ザ・ディランII / プカプカ」
【その3-B】
「金延幸子 / 空はふきげん」
「はっぴいえんど / 貧乏」
「はっぴいえんど / はいからはくち」
「吉田美奈子 / とびらの冬」
レーベルひげわずか、盤A面にかすかにプツ音でる擦れ、ほか極浅い擦れ Disc 3.5~4 / Sound 4 

【その4-A】
「律とイサト / ひまつぶし」
「律とイサト / 朝帰り」
「律とイサト / ひがみ」
「律とイサト / のんだくれ女」
「律とイサト / かなしいね」
「律とイサト / あの娘にあいに」
【その4-B】
「中川五郎 / 系図」
「中川五郎 / 今はこんなに元気でも」
「中川五郎 / ミスター・ボージャングル」
「中川五郎 / 俺とボギー・マギー」
レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか  Disc 4 / Sound 4

【その5-A】
「ごまのはえ / お早う眠り猫君」
「ごまのはえ / まにあってます」
「ごまのはえ / 語呂合わせ」
「ごまのはえ / しゃべりたいなあ」
「ごまのはえ / 留子ちゃんたら」
【その5-B 】
「乱魔堂 / 前へ上へ」
「乱魔堂 / 出発」
「乱魔堂 / 何のために」
「乱魔堂 / チェッ」
レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか  Disc 4 / Sound 4

【その6-A】
「シバ / 青い空の日」
「シバ / 夜汽車にのって」
「シバ / もぐらの唄」
「シバ / 不眠症」
「シバ / 交叉点」
「シバ / ミッドナイト・スペシャル」
【その6-B】
「小坂忠 と フォージョーハーフ / カラス」
「小坂忠 と フォージョーハーフ / どろんこまつり」
「小坂忠 と フォージョーハーフ / 機関車」
「小坂忠 と フォージョーハーフ / 庭はポカポカ」
「小坂忠 と フォージョーハーフ / ありがとう」
レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し  Disc 4 / Sound 4

【その7-A】
「友部正人 / 追伸」
「友部正人 / 君がほしい」
「友部正人 / 乾杯」
【その7-B】
「友部正人 / もう春だね」
「友部正人 / 一本道」
「友部正人 / まちは裸ですわりこんでいる」
レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し  Disc 4 / Sound 4

【その8-A】
「あがた森魚 / 冬のサナトリウム」
「あがた森魚 / 赤色エレジー」
「あがた森魚 / 君はハートのクイーンだよ」
「あがた森魚 / 大道芸人」
【その8-B】
「はちみつぱい / こうもりが飛ぶよ」
「はちみつぱい / 土手の向うに」
「はちみつぱい / 塀の上で」
「はちみつぱい / たばこ路地」
レーベルひげわずか、盤A面に小プツ音でる小スクラッチ、他擦れわずか Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4

【その9-A】
「高田渡 / 自転車に乗って」
「加川良 / 白い家」
「岩井宏 / かみしばい」
「高田渡, 加川良, 岩井宏 / あしたはきっと」
「高田渡 / 系図」
【その9-B】
「遠藤賢司 / 図美よこれが太平洋だ」
「遠藤賢司 / 結婚しようよ」
「遠藤賢司 / カレーライス」
「遠藤賢司 / 満足できるかな」
レーベルひげわずか、盤極浅いすれわずか Disc 4 / Sound 4

【その10-A】
「武蔵野たんぽぽ団 / 吉祥寺ブルース」
「武蔵野たんぽぽ団 / 長屋の路地に」
「武蔵野たんぽぽ団 / もしも」
「武蔵野たんぽぽ団 / ミッドナイト・スペシャル」
【その10-B】
「武蔵野たんぽぽ団 / 淋しい気持で」
「若林純夫 / 朝」
「武蔵野たんぽぽ団 / あしたはきっと」
「武蔵野たんぽぽ団 / Car Car」
レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか Disc 4 / Sound 4


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Valerio Longoria Sr. Y Jr. - VALERIO LONGORIA SR. Y JR.

  • テックス・メックスLP
Valerio Longoria Sr. Y Jr.- ヴァレリオ・ロンゴリア・シニア&ジュニア - "VALERIO LONGORIA SR. Y JR."
USA / LP / Stereo / Dina 1052LP / Rec 1984 / Pub 1984
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、しみ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■テックス・メックス・アコーディオンのパイオニア、ヴァレリオ・ロンゴリア。
ミシシッピの綿花畑といえばカントリー・ブルースのメッカ、しかしそこに端を発しつつテキサスへ移りテックスメックスの世界で一時代を築いた音楽一家ロンゴリア・ファミリー。ヴァレリオSrは、バンドに初めてドラムを入れた編成を作り、またステージで立って演奏した第一号と言われ、アコーディオン奏法ではスティーブ・ジョーダンに大きく影響を与えたそう。このアルバムは彼と彼の息子のデュオ・アルバム。歯切れのいい2ビート曲を中心にした全10曲。名門ジョーイのサブ・レーベル、ディーナからの一枚。【曲】「La Higuera(試聴)」「Poquita Fe」「El Garavato」「Alza La Cara」「Una Cita(試聴)」「Una Cruz En El Cielo」「Camino A Mexico(試聴)」「Gregorio Cortez」「Flor De Dalia」「El Matamoros」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vladimir De Pachmann - PLAYS CHOPIN, MENDELSSOHN, SCHUMANN

  • クラシックLP
 Vladimir De Pachmann- ヴラディーミル・ド・パハマン - "PLAYS CHOPIN, MENDELSSOHN, SCHUMANN"
U.K. / LP / Mono / Pearl GEM103 / Rec 1907 to 1917 / Pub 1970s
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、裏面テープ跡、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウクライナのピアニスト、パハマンの音源集。
1869年にデビュー、ヨーロッパやアメリカでも活躍したピアニスト、ヴラディーミル・ド・パハマン。実際に演奏を聞いたリストは、"ショパンはこんな演奏だった"と評したという話。最も早くからレコード録音を始めた人でもあり、これは、アコースティック録音の彼の演奏を収録したLP。少し前にオリジナルが入荷して、弱々しくも繊細な独特の再生音にカンゲキしたのですが、このLP、クラシックのSP編集LPにありがちな音質の調整が無く、まるでSPをそのまま鳴らしているような音。A面からB面の3曲目までショパン、あとはメンデルスゾーン4曲、シューマン1曲。1907年から1912年までの録音。こちらもどうぞ。全て収録されていて、試聴は違う曲です。【曲】「CHOPIN: Ballade, Op. 47」「Etude in E Minor, Op. 25, No. 5」「Nocturne in G Major, Op. 37, No. 2」「Nocturne in F Major, Op. 15, No. 1(試聴)」「'Octave' Etude & Wlatz No. 6(試聴)」「Waltz No. 7 in C Sharp Minor, Op. 64, No. 2」「Prelude in D Mnor, Op. 28, No. 24」「Etude in G Flat Major, Op. 10, No. 5」「Funeral March from Sonata Op. 35」「MENDELSSOHN: Rondo Capricciosos in E Major, Op. 14」「Venetian Gondola Song, Op. 30, No. 6(試聴)」「Spinning Song, Op. 67, No. 4」「Spring Song, Op. 62」「SCHUMANN: The Prophet Bird, Op. 82, No. 7」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Valeree Ramolee(Sop), New England Contemporary Ensemble, etc. - BARBARA KOLB / RICHARD MORYL

  • クラシックLP
 Valeree Ramolee(Sop), New England Contemporary Ensemble, etc.- ヴァレリー・ラモリー(ソプラノ)、ニュー・イングランド・コンテンポラリー・アンサンブル、etc. - "BARBARA KOLB / RICHARD MORYL"
USA / LP / Stereo / Desto DC7143 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アメリカの二人の現代音楽作曲家の作品集。
A面は、CRIでのアルバムも素晴らしかった女性作曲家バーバラ・コルブ(1929-)。フルートとピアノの「Figments」(1967)、マラルメの詩を歌うソプラノ・ボーカルと室内楽団による「Chansons Bas(試聴)」、男性のナレーターと室内楽団による、食べ物を題材にした『Three Place Settings』の三作。B面はリチャード・モリル(1929-)という作曲家で、時空のシステムを描いたという室内アンサンブル作「Chroma(試聴)」、ソプラノ・ボーカルと8本ものウッドベース、室内楽団による「Illuminations」。両面ともに指揮は作曲家自身。アメリカの現代音楽を主にリリースしたデストからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vess L. Ossmans Banjo Orchestra - UNCLE TOM cw BENEATH THE BALCONY

  • バンジョー/ラグタイム78rpm
 Vess Ossman's Banjo Orchestra- ヴェス・オスマンズ・バンジョー・オーケストラ - "UNCLE TOM cw BENEATH THE BALCONY"
USA / 78rpm / Mono / Columbia A2113 / Rec 1916 / Pub 1916
レーベルBに小はがれ、盤擦れ極わずか、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ラグタイム・バンジョーの第一人者、ヴェスLオスマンのバンド編成の一枚。
20世紀初頭のバンジョーのキングにして第一号のスター、ヴェスLオスマン。これはバンジョー・オーケストラとなっているバンド形式の一枚で、両面ともに口笛?打楽器などを効果音のように使った2曲。美品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.