(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: records)

Orchestre Creoles Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc, - JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950

  • マルティニークの音楽LP
 Orchestre Creole's Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc,- オーケストラ・クレオールズ・バンド、ジャズ・サム・カスタンデ、ノッテ&ヒズ・クレオール・バンド、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2018 / Rec 1929 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、音に出ない表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2980 yen
■世界中の戦前ジャズ、ダンス音楽のSP盤を編集、再発していた英のハーレクイン・レーベルから、仏領マルティニーク編。
ジャズやダンス・バンドではなく、マルティニークでしか生まれ得なかったビギンの貴重なヴィンテージ録音が多く収録された一枚。人口構成がニューオーリンズとそっくりなこの島で、しかもジャズの誕生とほぼ平行して姿を現したというビギンはニューオリンズのジャズと似てはいますが、リズムの感じは全く違いむしろキューバ等に近い土台に自由に吹きまくるトロンボーンやクラ、スウィングするヴァイオリン、超絶バンジョーなどがアレンジされたまさに混血ミュージック。30年代にはようやくビギンとブレンドされたジャズが出始め、40年代にはエリントンの直訳的なサウンドも生まれます。非常に面白い。この島には50年代まで録音スタジオが無かったようで、収録曲の録音は全てパリやNY。【曲】「L'Orchestre Antillais / Serpent Maigre(試聴)」「Mussieu Dollar」「Orchestre E. Leardee Du Celebre Bal Colonial De La Rue Blomet / La Belle Amelie」「Orchestre Creol's Band / Ninon(試聴)」「Taint No Sin」「Notte And His Creol Band De La Coupole Montparnasse / En Bas Caille La」「I've Found A Wonderful Girl」「Salnave And His Band / Brown Love」「Jazz Sam Castandet / Sweet Georgia Brown」「Haitian Orchestra / Sous Les Palmiers」「Fredy Jumbo Et Son Orchestre / Swing 42」「Jean Ferret Et Son Orchestre / Swing Guitars(試聴)」「Harry Cooper Et Son Orchestre / Nuages」「Ensemble Swing Du Hot Club / Georgina」「Jam Session No.6 / China Boy」「Orchestre Del's Jazz Biguine / La Figuie(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mary Rhoads - LE DULCIMER

  • 民俗音楽/フォークLP
 Mary Rhoads- メアリー・ローズ - "LE DULCIMER"
France / LP / Stereo / Le Chant Du Monde LDX74485 / Rec 1973 / Pub 1973
三面見開きジャケット擦れ少々、表面小シール、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■女性ダルシマー奏者、メアリー・ローズの73年のアルバム。
ル・シャン・ドゥ・モンドの、民族楽器を特集する名物"Special Instrumental"シリーズの名盤。ペンシルバニア州出身でフランスに渡った女性ダルシマー&オートハープ奏者、メアリー・ローズのファースト・アルバムで、73年の一枚。ダルシマーの独奏、バンジョーやフィドル等を入れたナンバー、そして数曲彼女の歌が入るあり、それがまた素晴らしい。三面見開きジャケット。【曲】「Golden Slippers(試聴)」「Vendome」「Will The Circle Be Unbroken」「Old Joe Black」「Mary's Medley」「Herod And The Cock」「Over The Waterfall」「The Water Is Wide」「Simple Gifts(試聴)」「Nonesuch」「Where The Flowers(試聴)」「Shady Grove」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake - REAL BLUES SFROM NEW ORLEANS

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake- エドガー・ブランチャード、ポルカ・ドット・スリム、ブギー・ジェイク - "REAL BLUES FROM NEW ORLEANS"
USA / LP / Mono / Bandy 70009 / Rec mid60s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バンディ・レコードのニューオーリンズ・ブルース集。
男性的なものを他の街に比べてあまり感じないニューオーリンズ、しかしこれはも雄々しさ満点の超絶濃い一枚。プロフェッサー・ロングヘア、アール・キング等のバックから自作までニューオリンズR&Bの黄金時代を弾きまくったギタリスト、エドガー・ブランチャードの60年代中期のブルース作品と、ライトニン・スリムとともにバトン・ルージュ付近で活動、エクセロ等でいくつかの芸名を用いて活動していたブルース・マン、ブギー・ジェイク、同様に西海岸とバトン・ルージュを行き来したポルカ・ドット・スリムの3人の音源を収録。こんなあっさりしたジャケからは想像もつかないまさにリアルなブルース集。50年代なのか60年代なのかさっぱり分からない時代錯誤感バリバリのPDスリムのワイルド・ロキン・ブルースがハイライトでしょうか。噛み付くような歌にワイルドなドラム、ギターがガシャガシャとかき鳴らさせるスマッシャー。ブギー・ジェイクの行儀の悪いスワンプ・ポップ路線のロウ・ブルースも最高。個人的に大推薦なのはブランチャードのざっくり演り捨てるようなA面(A面全てブランチャードです)。【曲】「Edgar Blanchard / Tight Like That」「Edgar Blanchard / Won't Be Long(試聴)」「Edgar Blanchard / Somebody's Doin' Me Wrong」「Edgar Blanchard / Keep My Pocket's Clean」「Edgar Blanchard / I'm Gone And That's All」「Edgar Blanchard / Don't Need No Company」「Boogie Jake / If I Only Had A Chance(試聴)」「Boogie Jake / Loaded Down」「Polka Dot Slim / Ain't Broke Ain't Hungry」「Polka Dot Slim / A Thing You Gotta Face(試聴)」「Boogie Jake / Bad Luck And Trouble」「Boogie Jake / Early Morning Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Emersons - THE EMERSONS

  • ハワイアンLP
 Emersons- エマーソンズ - "THE EMERSONS"
USA / LP / Stereo / Mountain Apple Company MAC1008 / Rec 1980 / Pub 1980
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、解説オリジナル内袋きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ソル・ホオピイなどオールド・ハワイアンの伝統を受け継ぐハワイのグループ、Emersonsのファースト・アルバム。
優美な響きを生む無二のギター奏法スティール・ギターは、19世紀末にハワイでハプニング的に誕生。その後20年ほどでそれ専用のギターが米本土で生まれるぐらいにポピュラーになりました。そして20年代中~後期にかけてソル・ホオピイを始めとするギタリストが極めつくし一つの花形楽器に。その後エレキ化が進み奏法もサウンドもかなり変化しましたが、このエマーソン兄弟は、黄金の20年代ハワイアン・ギターを70年代に甦らせたデュオ。彼らのファースト・アルバムで、オールド・ハワイアンを中心に、ラテンぽさを振りまいたナンバー、もろレオ・コッケ風な強靭なギター・ナンバーなどなど収録。ハワイ盤。【曲】「(Was I To Blame For) Falling In Love With You」「Kaala(試聴)」「Patches」「Kuewa Waltz」「I'm Getting Sentimental Over You」「Honolulu March(試聴)」「Kuuipo Ma Ke Kai」「Aloha Oe Blues」「Climbing Up」「Kamuela Bluegrass」「Paradise Isle」「Honolulu Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dickie Goodman - JUST RELEASED

  • オールディーズ/ブレイク・インLP
 Dickie Goodman- ディッキー・グッドマン - "JUST RELEASED"
USA / LP / Stereo / Tsuris LP101 / Rec 1970s, 80s / Pub 1980s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■ディッキー・グッドマンのラスト・アルバム。Very Rare。
R&R、R&Bなどのヒット曲を切り貼りし、新しい音楽ストーリーを作るブレイク・インという手法の代名詞ディッキー・グッドマン。火星人が舞い降りた話やジョーズのパロディなど誰もが楽しめるものだったということが本当刺激的。SP盤の時代から80年代までレコードを作り続けました。さてこれは本当にみない、ビル・ラマルという映画音楽プロデューサー?とグッドマンがほぼ自主制作で作ったと思われる80年代のアルバム。試聴して、曲目リストを見てください。奥さんのスーザンが参加した曲もあり。【曲】「Dallas(試聴)」「Muhamad Ali」「Mr. Rocky」「Charlie's Devils」「Star Warz」「Super Superman(試聴)」「Mr. Jaws」「Mrs. Jaws」「Deep Roots」「Lavern, The Fonz & Shirley」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Astor Piazzolla And Roberto Goyeneche - BALADA PARA UN LOCO

  • アルゼンチンの音楽LP
 Astor Piazzolla And Roberto Goyeneche- アストル・ピアソラ&ロベルト・ゴジェネチェ - "BALADA PARA UN LOCO"
Chile / LP / Mono / RCA AVLP3899X / Rec 1969 / Pub 1970
ビニールカバー・ジャケット汚れ少々、右上下部中央に縁裂け、レーベルひげ少々、盤擦れ、チリ音出るスクラッチ、全体的に試聴のようにチリ音入ります
Jacket 2.5 / Disc 2.5 / Sound 2680 yen
■ピアソラと楽団のシンガー、ロベルト・ゴジェネチェの双頭アルバム。ピアソラ最大のヒットの一つ"ロコへのバラード"収録。
アルゼンチン・タンゴのデューク・エリントン、もしくはそれ以上の存在の音楽家アストル・ピアソラと、黄金期のピアソラ楽団のシンガー、ロベルト・ゴジェネチェの双頭アルバム。ピアソラ最大のヒット"Balada Para Un Loco"を筆頭に、ゴジェネチェの歌もの半分、楽団の演奏もの半分、プラスアルファの全12曲。男臭く枯れた彼の歌と情感をあおるようなメロディが組み合わさった歌ものはいやがおうにもドキドキさせられます。悲哀に満ちた、緻密で奔放な演奏曲、もうほとんど全部同じに聞こえるのにもっと聞きたくなる。チリ盤。【曲】「Balada Para Un Loco」「Chique(試聴)」「El Ultimo Cafe(試聴)」「Romance De Barrio」「Redencion」「Preparence」「Chiquilin De Bachin」「Nonino」「Dice Una Guitarra」「Bando」「Desencuentro」「El Cantor De Buenos Aires」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Reed - ROCKIN WITH REED

  • ブルースLP
 Jimmy Reed- ジミー・リード - "ROCKIN' WITH REED"
U.K. / LP / Stereo / Joy JOYS141 / Rec 1959 / Pub 1969
コーティングの折り返しジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、B1にほぼ音に出ない小スクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■ジミー・リードの59年のアルバム。英盤。
ストーンズに"どんなヘロヘロな演奏でも大丈夫だ"という勇気を与えたシカゴのヘベレケ・ブルース・マン、ジミー・リード。56年からコンスタントにヒット曲を出すという、ブルースではありえない事を成し遂げました。これは59年に出たアルバムの英初出盤、69年。リードも絶好調、しかしそれよりもシカゴの生き血のようなものが曲間から噴出するこのムードがもう圧倒的。全員いいがドラマーが特に最高。一度でいいからこんな演奏生で見たいもんです。【曲】「Going To New York」「A String To Your Heart(試聴)」「Ends & Odds(試聴)」「Caress Me Baby」「Take Out Some Insurance」「The Moon Is Rising」「Down In Virginia」「I Know It's A Sin」「Wanna Be Loved」「Baby, What's On Your Mind」「My Bitter Seed」「Rockin' With Reed」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ritchie Family Of Kentucky - THE RITCHIE FAMILY OF KENTUCKY

  • フォーク/マウンテン・ミュージックLP
 Ritchie Family Of Kentucky- リッチー・ファミリー・オブ・ケンタッキー - "THE RITCHIE FAMILY OF KENTUCKY"
USA / LP / Mono / Folkways FA2316 / Rec 1940s, 50s / Pub 1963
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットしみわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ジーン・リッチーの一族、リッチー・ファミリーのドキュメント盤。
アパラチア山脈中、ケンタッキーの山奥に生まれた女性フォーク・シンガー、ジーン・リッチー。彼女の一族は、この地の伝承歌を受け継ぐ貴重なファミリーとして研究家たちには特に有名なのだそう。これは、彼女と彼女の姉エドナ・リッチーの歌を中心に、一族に伝わった歌を、ジーンのナレーション、一族へのインタビュー等を交えて紹介するドキュメント・レコード。オリジナルは58年(これは63年)ですが、録音年代はバラバラ。話の部分に比べてかなり歌多めなので、フォーク~民俗音楽のレコードとして楽しめます。ジーンの紹介も含めて全文文字起こしのブックレット付き。20曲収録。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Richard Dyer-Bennet - 2

  • フォークLP
 Richard Dyer-Bennet- リチャード・ダイアー・ベネット - "2"
USA / LP / Mono / Dyer Bennet DYB2000 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れほんのわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■英米に古くから伝わるメロディを静かに弾き語る孤高のシンガー、リチャード・ダイアー・ベネット。
古いものでは17世紀バロックの頃から歌い継がれているメロディを、中性的で気品に溢れたヴォーカル、柔らかく澄んだ音色のギターで、40年代から一人でプレイした孤高の吟遊楽人リチャード・ダイアー・ベネット。本当の意味での"フォーク"と言え、弾き語りというジャンルがもしあればクラシックとも言えます。イギリスに生まれアメリカに渡り、このワン&オンリーのスタイルでレコードをリリースしました。これは、彼が自ら興した自主レーべル、ダイアー・ベネットからの二枚目。繊細なコードワークをはさみつつぽろぽろと奏でられるギターと親密な歌で聞くおとぎ話のような13曲。歌詞カード無し(インサートはレーベルのカタログ)。オリジナルは56年で、これは恐らく60年代のプレス。【曲】「When Cockleshells Turn Silverbells(試聴)」「Corn Rigs Are Bonnie」「The Garden Where The Praties Grow」「The Bailiff's Daughter Of Islington」「Two Maidens Went Milking」「Who Killed Cock Robin(試聴)」「Veillee De Noel」「Jan Hinnerk」「Woman! Go Home!」「Blow The Candles Out」「Eggs And Marrowbone」「The Beggar Man」「The Turkish Revery」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

New York String Quartet, Patrick Mason(Bar.), etc. - GEORGE PERLE : STRING QUARTET NO. 7 / HAROLD BLUMENFELD : VOYAGES AFTER HART CRANE

  • クラシックLP
 New York String Quartet, Patrick Mason(Bar.), etc.- ニューヨーク・ストリング・カルテット、パトリック・メイソン(バリトン)、etc. - "GEORGE PERLE : STRING QUARTET NO. 7 / HAROLD BLUMENFELD : VOYAGES AFTER HART CRANE"
USA / LP / Stereo / CRI SD387 / Rec 1977 / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、B1冒頭にプツ音出る極小スクラッチ、インサート色あせ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5  2680 yen
■A面にジョージ・パール、B面にハロルド・ブルメンフェルドの室内楽を収録したアルバム。
ベルクやシェーンベルクに傾倒し、それらを引き継ぎつつ独自の新理論を打ち立て、アメリカ現代音楽を代表する作曲家になったジョージ・パール。73年に作曲した5部からなる弦楽四重奏『String Quartet No.7』で、数十年遡ったような、古風にも聞こえるずっしりした作。裏面は、バーンスタインと同窓だった、指揮者としても活躍したハロルド・ブルーメンフェルドの、ギター、ヴィオラ、打楽器、バリトンVoによる『Voyages After Hart Crane』パート1&2。歌と演奏がつかずはなれず絡みつく緊迫感あふれた歌曲。モダニスト詩人ハート・クレインの難解な詩をもとにした作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Artur Schnabel - BACH RECITAL

  • クラシックLP
 Artur Schnabel- アルトゥル・シュナーベル - "BACH RECITAL"
USA / LP / Mono / Perennial 2001 / Rec 1937 to 1950 / Pub 1970
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、インサートしみ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■20世紀前半の名ピアニスト、シュナーベルのバッハ集。
オーストリア生まれでアメリカに渡り、20世紀前半を代表するクラシック・ピアニストとなったアルトゥル・シュナーベル。ベートーベンの演奏で特に知られる彼のバッハ集。37年から50年にかけて録音された全4作。抑えた感じのタッチ、SP盤の曇った音質、しんとした冬のムードが広がる一枚。SP盤時代のクラシックをリイシューしたペレンニアル・レコードから。【曲】「Italian Concerto(試聴)」「Chromatic Fantasy And Fugue In D-minor」「Toccata In C-minor(試聴)」「Toccata In D-major」「Prelude And Fugue In D」※夜もアップする予定です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

M.S. Subbulakshmi(Vocal) cw K.S. Narayanaswami(Veena) - CLASSICAL INDIAN MUSIC

  • インド古典音楽LP
 M.S. Subbulakshmi(Vocal) cw K.S. Narayanaswami(Veena)- MSスッブラクシュミ(歌)、KSナラヤナズワーミー(ヴィーナ) - "CLASSICAL INDIAN MUSIC"
India / LP / Mono / Parlophone PMAE501 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット円状の擦れ少々、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3480 yen
■女性シンガー、MSスッブラクシュミをA面に、ヴィーナ奏者KSナラヤナズワーミーの演奏をB面に収録した一枚。
連綿と続く南インド伝統音楽の深い理解と経験、"完全"と言われた歌の技術で、名だたる名歌手たちも尊敬の念をもって振り返るというMSスッブラクシュミをA面に、そして彼女と同様に現地のミュージシャンズ・ミュージシャンであり、技巧ではなく、微妙なニュアンスや繊細さが重視されるという南インド・タンジャーブール地方のヴィーナ奏者SNナラヤナズワーミーの演奏をB面に収録した一枚。A面は、南インド音楽三聖人の中で最も古いという18世紀の作曲家シャーマ・シャストリーの「Saroja Dala Netri」。B面もその聖人の一人、シャガラジャによる曲「Emi Jesite」。インドパーロフォン盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.