(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: records)

Musicians Of China - MUSIQUE INSTRUMENTALE CLASSIQUE CHINE

  • 中国の音楽LP
 Musicians Of China- 中国のミュージシャン - "MUSIQUE INSTRUMENTALE CLASSIQUE CHINE"
France / LP / Stereo / PLaya Sound PS33158 / Rec ? / Pub 1982
見開きコーティング・ジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■中国古来の弦楽器演奏を収録した一枚。
オコラと同じく世界中の民俗音楽を紹介したプラヤ・サウンドから、中国の伝統音楽を、弦楽器中心に紹介した一枚。A面は、ピパ(琵琶)のソロ、それとチツェ?というフルートとリコーダーのあいの子のような管楽器のソロ、この二つの合奏を5曲収録。裏面は古琴チェンの独奏を中心とした広がりのある4曲。【曲】「Ti-tse - Solo」「Ti-tse Et P'i-P'a」「P'i-P'a - Solo」「P'i-P'a - Solo」「Ti-ts - Solo(試聴)」「Corbeauy De L'Hiver Glissant Sur L'Eau Gelee(試聴)」「Plainte De La Blanchisseuse」「En Soulageant Mon Cur」「Clair De Lune Sur Une Riviere Au Printemps」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Greene - FIDDLE ALBUM

  • カントリー/ブルーグラスLP
 Joe Greene- ジョー・グリーン - "FIDDLE ALBUM"
USA / LP / Stereo / County 722 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、小貼り物、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■名フィドラー、ジョー・グリーンのファースト・ソロ・アルバム。
このカウンティから二枚のアルバムを出しただけながら、マウンテン、ブルーグラス界でトップクラスの名手とされるフィドラー、ジョー・グリーン。このアルバムに収録されている「Dusty Miller」は、アパラチアと西部のフィドリングをミックスした名演として特に有名なのだそう。じっくり聞いているとどこか異国の香りさえしてきます。彼のセカンド・アルバム(1stはデュオ)で、ビル・モンローのブルーグラス・ボーイズのギタリスト、チャビー・ワイズ、クラレンス・ホワイトとケンタッキー・カーネルズをやっていた兄弟のローランド・ホワイト等錚々たるメンツをバックに鮮やかに弾ききった一枚。【曲】「Daley's Reel(試聴)」「Cattle In The Corn」「Katy Hill」「Big Joe」「Paddy On The Turnpike」「Money Musk」「Dusty Miller(試聴)」「Kingsport」「Grey Eagle」「Turkey Buzzard」「Salt River」「Road To Jenkins」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kenny Baker - PORTRAIT OF A BLUEGRASS FIDDLER

  • ブルーグラスLP
 Kenny Baker- ケニー・ベイカー - "PORTRAIT OF A BLUEGRASS FIDDLER"
USA / LP / Mono / County 719 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■伝説的なブルーグラス・フィドラー、ケニー・ベイカーのソロ・アルバム。
ブルーグラスを広めたビル・モンローの片腕的な伝説のフィドラーで、モンローのグループ、ブルーグラス・ボーイズのメンバーだったケニー・ベイカー。69年、ヒルビリーの名門カウンティ・レーベルからのソロ・アルバム。全曲、試聴のような高純度ブルーグラス・インスト集。バックは、まずデル・マコーリー(G)、ヴィック・ジョーダン(Banjo)、ダグ・グリーン(B)の三人がブルーグラス・ボーイズのメンバーで、マンドリンはレスター・フラットのバックで知られるローランド・ホワイトなどこの世界のエリートが集合。【曲】「First Day In Town(試聴)」「Walking In My Sleep(試聴)」「Indian Ridge」「Washington County(試聴)」「Lost John」「Bill Cheathem」「This & That」「Laughing Boy」「Johnny June Reel」「Over The Waves」「High Dad In The Morning」「Cricket On The Hearth」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Moore And Napier - 1968

  • ブルーグラスLP
 Moore And Napier- ムーア&ネイピア - "1968"
USA / LP / Stereo / King 1021 / Rec 1968 / Pub 1968
ジャケット円状の擦れ少々、裏側取り出し口に細長い剥落、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、試聴二曲目のようなプツ音でるスクラッチ2~3か所
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■キングの看板ブルーグラス・デュオ、ムーア&ネイピアの68年のアルバム。
サウス・キャロライナ出身、50年代にデビューしたチャーリー・ムーア。張り上げるような歌が主流だったブルーグラスに優しい歌声を持ち込み人気となった、このジャンルのレジェンド的存在。対してビル・ネイピアはスタンリー・ブラザーズのマンドリン奏者で、キングの看板デュオの一組となりました。これは68年のアルバムで、トラディショナル、自作バランスよくプレイした全12曲。目の覚めるようなアップとじっくり歌が聞けるスローが交互に出てきます。オリジナル盤。【曲】「There Ain't Nobody Gonna Miss Me」「Girl Of The Night」「Pretty Polly」「You Make A Fool Of Me」「Slick Possum」「Shenandoah Waltz」「Darby's Ram」「That Wasn't In The Deal」「John Henry」「Tragic Romance」「Howlin' Moon Dog」「Walking On The Mountain」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Don Burrows Quartet - AT THE SYDNEY OPERA HOUSE

  • ジャズLP
 Don Burrows Quartet- ドン・バローズ・カルテット - "AT THE SYDNEY OPERA HOUSE"
Australia / LP / Stereo / Cherry Pie CPS1017-2 / Rec 1974 / Pub 1974
見開きジャケット円状の擦れ、内側イラストブックレット部しみ少々、レーベル二枚ともひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、第三面目立ちますが音は気になりません
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5~4  2980 yen
■オーストラリアの名ジャズ・グループ、ドン・バローズ・カルテットのライブ。
40年代に活動を始めたマルチ木管奏者で、戦後~70年代のオーストラリア・ジャズ・シーンの牽引者となったドン・バローズ。彼が結成した名カルテットの74年のライブ・アルバムで、一番最初ではありませんが、73年に完成したシドニー・オペラ・ハウスのこけら落とし的イベントでもあったようです。モダンなエレキ・バップ、レア・グルーヴ的なナンバー、イージー・リスニング風のスムースなもの(デヴィッド・ゲイツの「If」のカバーいい)など全14曲、ホールのキャパシティから想像できない親密なサウンドもいい二枚組。【曲】「Maybe Today」「When Joanna Loved Me」「Yesterdays」「If(試聴)」「Crystal」「Things Ain't What They Used To Be」「The Gentle Rain」「Tin Roof Blues」「Shiny Stockings」「For A Friend」「Sweet Emma(試聴)」「Recuerdos」「DIALOGUE」「Velhos Tempos」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Minnie And Kansas Joe - MEMPHIS MINNIE VOL.2

  • ブルースLP
 Memphis Minnie And Kansas Joe- メンフィス・ミニー&カンザス・ジョー - "MEMPHIS MINNIE VOL.2"
Austria / LP / Mono / Document BD617 / Rec 1929-41 / Pub 1989
ジャケット擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 2680 yen
■メンフィス・ミニーのドキュメント音源集二枚目。
カントリー・ブルースの中では別格といえる女性ブルースマン、メンフィス・ミニー。腹の据わった歌、旋律をぶつけあう劇的な響きのギターの絡みで人気を博し、エレキ時代になっても活躍しました。オーストリア・ドキュメント・レーベルの編集盤の二巻目で、夫のカンザス・ジョー・マッコイとの29~41年の音源集。力強いピッキングと濁った響きが同時進行する彼女ならではのカントリー・ブルースが延々楽しめる一枚。【曲】「Goin' Back To Texas(試聴)」「I'm Going Back Home」「Don't Want No Woman(試聴)」「Georgia Skin」「I Don't Want No Woman I Have To Give My Money To」「I'm Wild About My Stuff」「My Mary Blues」「Cherry Ball Blues」「Botherin' That Thing」「Beat It Right」「Stinging Snake Blues」「He's In The Ring (Doing That Same Old Thing)」「Black Cat Blues」「Black Cat Blues(Test)」「You Can't Rule Me」「I've Been Treated Wrong」「Call The Fire Wagon」「It Was You Baby」「I Am Sailin'」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andre Williams - THE BLACK GODFATHER

  • リズム&ブルース/ロックLP
 Andre Williams- アンドレ・ウィリアムス - "THE BLACK GODFATHER"
USA / LP / Stereo / In The Red MR065 / Rec 2000 / Pub 2000
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■アンドレの2000年のフル・アルバム。
大ヒット「Bacon Fat(56年)」の時代からエグ味満点のR&Bを作ってきたこの世界の裏ゴッドファーザー、アンドレ・ウィリアムス。60年代は主にソングライターとしてシカゴ&デトロイトのヒットを生み、70年代のPファンク勢にも影響を与えた人。これは2000年に出された新緑フル・アルバムで、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンはじめアンドレを支持するバンドたちがバックを付けた一枚。全曲一発録りではと思わせるライブ感丸出しの音で、ベーコン・ファットとまるで同じ、歌とベシャリが混ざったアンドレ節を聞かせる全13曲。【曲】「Intro」「The Black Godfather(試聴)」「Whip The Booty(試聴)」「Whatcha Gonna Do」「Sling That Thing」「The Dealer, The Peeler And The Stealer」「Freak Blues」「You Got It And I Want It」「Nasty Women」「I Hate Cha」「Montana Slim」「I Wanna Go Back To Mexico」「Can't Find My Mind」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boyd Raeburn And His Orchestra - RARE 1944-46 BROADCAST PERFORMANCES

  • ジャズLP
 Boyd Raeburn And His Orchestra- ボイド・レイバーン&ヒズ・オーケストラ - "RARE 1944-46 BROADCAST PERFORMANCES"
USA / LP / Mono / IAJRC 28 / Rec mid1940s / Pub 1980s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、B面に音にほぼ出ない長めのスクラッチ
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 2480 yen
■40年代中期のレア・ラジオ音源集。
40年代、アレンジもテクニックも飽和状態となっていたジャズの世界で新しい突破口となるビバップのムーヴメントがあり、多くのミュージシャン達はそこに活路を見出しました。が、このボイド・レイバーンは、アレンジの世界にとどまりそれを発展(なのか破壊なのかわかりませんが)させ、驚くべき異形のジャズを作り上げた稀代のバンド・リーダー。本作は絶頂期の40年代ラジオ音源集。細切れのリフレインで未知のスタンダードとなった幕開けの「Speak Low」から、看板女性シンガー、ジニー・パウエルが霊感たっぷりに歌うラストの「I Cover The Waterfront」まで、ドド・マーマローサはじめ各々のプレイも聞き逃せない充実の18曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fats Domino - SINGS MILLION RECORD HITS

  • リズム&ブルースLP
 Fats Domino- ファッツ・ドミノ - "SINGS MILLION RECORD HITS"
USA / LP / Stereo / Imperial LP12103 / Rec 1950s / Pub 1964?
ジャケット擦れ少々、右下小カット、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■60年のアルバム。
40年代~50年代ニューオーリンズの音の要デイヴ・バーソロミューとタッグを組み、ニューオーリンズのローカルの音と滋味満点の自分の魅力でスターとなったR&Bシンガー、ファッツ・ドミノ。黒人シンガーとして50年代にもっとも多くのヒット曲をもつ男となりました。60年のフル・アルバム(これは60年代中期レーベル)。ドミノらしいミッド・スロウとアップのニューオーリンズR&Bをバランスよく(アップ多め)収録した50年代のヒット集。【曲】「You Said You Love Me」「I Still Love You」「Be My Guest」「Country Boy」「If You Need Me」「I Want To Walk You Home」「It's You I Love」「I've Been Around」「I'm Gonna Be A Wheel Some Day」「I'm Ready」「Margie」「I Want You To Know」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra - STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA

  • ジャズLP
 Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra- スタッフ・スミス&ヒズ・オニクス・クラブ・オーケストラ - "STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA"
Switzerland / LP / Mono / Collectors 12-12 / Rec 1936 / Pub 1970s
コーティング・ジャケット擦れ少々、小汚れ、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズ・ヴァイオリニスト、スタッフ・スミスの音源集。
ジョー・ヴェヌーティ、ステファン・グラッペリ、エディ・サウス等と並ぶジャズ・バイオリンの先駆、スタッフ・スミス。20年代はテキサスのジャズ・バンドで修行、その後NYのオニクス・クラブの常連になり頭角を現し、後には後輩の若きチャーリー・パーカーやサン・ラとも活動。これは最初期、そのオニクス・クラブ時代のホットな音源を収録した一枚で、初録音盤から順に14曲収録した一枚。全曲36年。【曲】「I Hope Gabriel Likes My Music(試聴)」「I'm Putting All My Eggs In One Basket」「I Don't Want To Make History」「Tain't No Use」「You'se A Viper」「After You've Gone(試聴)」「Robins And Roses」「I've Got A Heavy Date」「It Ain't Right」「Old Joe's Hittin' The Jug」「Serenade For A Wealthy Widow」「Knock, Knock, Who's There?」「Bye, Bye Baby」「Here Comes The Man With The Jive」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cliff Edwards(Ukulele Ike) - SHAKIN THE BLUES AWAY

  • パーソナリティLP
 Cliff Edwards(Ukulele Ike)- クリフ・エドワーズ(ウクレレ・アイク) - "SHAKIN' THE BLUES AWAY"
USA / LP / Mono / Totem LP1005 / Rec LP1005 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■ハリウッド時代のアイクの音源集。
ウクレレ・アイクと言えばやはりウクレレの弾き語りでコミカルに歌う姿が思い浮かぶ人ですが、これは一味違う一枚。NYから西海岸に移った後、ハリウッド時代にやっていたラジオ番組の音源からまとめたもので、ほとんどがスモール・コンボのタイトでスウィンギーなジャズ・アレンジのナンバー。得意のウクレレ+スキャットももちろん披露。エイドリアン・ロリーニ風のスウインギン・ビブラフォンにギター+ピアノで高速にはじまる、彼のトレードマークの「雨に歌えば」、ブットイ・ベースに、エレキ、ピアノによるまるで黒人ジャイブ・バンド(スリム+スラムみたい)のようなネバリある演奏できかせる「Shakin' The Blues Away」などなど全18曲、全編試聴のようなフル・アルバムとして楽しめ、音もいい一枚。【曲】「Singing In The Rain」「Shakin' The Blues Away(試聴)」「Shine(試聴)」「Alabamy Bound」「I Feel Like A Feather In The Breeze」「Everybody Step」「Indiana」「I Found A New Baby」「I'm Gonna Sit Right Down & Write Myself A Letter」「Yes Sir! That's My Baby」「Way Down Yonder In New Orleans」「There'll Be Some Changes Made」「The Blues My Sweetie Gives To Me」「Darktown Strutter's Ball」「My Baby Don't Mean Maybe」「Hang On To Me」「When You Wore A Tulip」「Singing In The Rain (Reprise)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Boyd And His Cowboy Ramblers, Bob Wills And His Texas Playboys, Harry Choates, etc. - WESTERN SWING

  • ウェスタン・スウィングLP
 Bill Boyd And His Cowboy Ramblers, Bob Wills And His Texas Playboys, Harry Choates, etc.- ビル・ボイド&ヒズ・カウボーイ・ランブラーズ、ボブ・ウィルス&ヒズ・テキサス・プレイボーイズ、ハリー・コーツ、etc. - "WESTERN SWING"
USA / LP / Mono / Old Timey LP105 / Rec 1930s / Pub 1930s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■アーフーリーのウェスタン・スウィング集。
テキサス・ブルース、メキシコとの混血音楽テックス・メックスなど独特な音楽を生んだテキサス。中でも、カントリーとジャズがミックスされ、ロカビリー、R&Rの祖の一つともなったウェスタン・スウィングは一際影響大。これはアーフーリー(オールドタイミー)編集によるウェスタン・スウィング集の第1集。ケイジャン勢からはハックベリー・ランブラーズ、ハリー・コーツの2グループを収録。【曲】「Bill Boyd And His Cowboy Ramblers / Barn Dance Rag」「Bob Wills And His Texas Playboys / Never No More Blues」「Bill Boyd's Cowboy Ramblers / Spanish Fandango」「The Eyes Of Texas」「Under The Double Eagle」「Bob Wills And His Texas Playboys / Never No More Hard Time Blues」「Light Crust Doughboys / Knocky Knocky」「Bob Wills And His Texas Playboys / Little Girl Go And Ask Your Mama」「Swing Blues No. 1」「Steel Guitar Rag」「Milton Brown And His Brownies / Where You Been So Long, Corrine」「Brownie Stomp(試聴)」「Hackberry Ramblers / You've Got To Hi De Hi(試聴)」「French Two Step」「Harry Choates / Rubber Dolly」「Bob Wills And His Texas Playboys / Steel Guitar Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.