(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: rb)

Lionel Hampton, Joe Turner, Golden Gate Quartet, etc. - STRAIGHTEN UP AND FLY RIGHT : RHYTHM AND BLUES

  • リズム&ブルースLP
 Lionel Hampton, Joe Turner, Golden Gate Quartet, etc.- ライオネル・ハンプトン、ジョー・ターナー、ゴールデン・ゲイト・カルテット、etc. - "STRAIGHTEN UP AND FLY RIGHT : RHYTHM AND BLUES"
USA / LP / Mono / New World NW261 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1977
見開きジャケット擦れわずか、内側しみ少々、右上取り出し口縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スウィングの終焉からロックンロールの夜明けの時代までのR&B名曲を収録した一枚。
R&Bに成りかけた黒人スウィング、キング・コール・トリオやルイ・ジョーダン等のジャイヴ、ジョー・ターナーやワイノニー・ハリスのジャンプもの、マディ・ウォーターズ、ライトニン・ホプキンス等のブルース、レイヴンズ、オリオールズ等のドゥワップの誕生、そしてビッグ・ママ・ソーントン、ルース・ブラウン等のアーリー・リズム&ブルースの16曲。曲目リスト見て下さい。全曲そのジャンルのスタイリスト、第一号ナンバーと言われるウルトラ名曲揃い。ラストはマディの"Hoochie Coochie Man"。ミシシッピのカントリー・ブルースからこんなにまでなったのか、といつもは考えないことを感じてジーンときます。音もなかなかいいです。【曲】「Lionel Hampton And His Orchestra / Flying Home」「Joe Turner & Pete Johnson / Roll 'Em, Pete」「Golden Gate Quartet / The Sun Didn't Shine」「King Cole Trio / Straighten Up And Fly Right(試聴)」「Cecil Gant / I Wonder」「Louis Jordan / Choo Choo Ch'Boogie」「T-Bone Walker / Call It Stormy Monday」「Wynonie Harris / Good Rockin' Tonight」「Ravens / Give Me A Simple Prayer」「Tiny Bradshaw And His Orchestra / Well, Oh Well」「Lightnin' Hopkins / Hello, Central」「Clovers / One Mint Julep」「Big Mama Thornton / Hound Dog」「Ruth Brown / Mama, He Treats Your Daughter Mean(試聴)」「Orioles / Crying In The Chapel」「Muddy Waters / Hoochie Coochie Man」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Brown - GOOD ROCKING TONIGHT

  • リズム&ブルースLP
 Roy Brown- ロイ・ブラウン - "GOOD ROCKING TONIGHT"
Sweden / LP / Mono / Route 66 KIX6 / Rec 1947 to 1954 / Pub 1978
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2480 yen
■ニューオーリンズR&Bの草分け的存在、ロイ・ブラウンの初期音源集。
ワイノニー・ハリスに憧れ、ワイノニーのライバルになり、ついにワイノニーを抜いてしまったといえる、ジャンプ・ブルースからロックンロール、50SR&Bへの橋渡しをしたニューオーリンズのR&Bシンガー、ロイ・ブラウン。これは47年から54年のナンバーを収録したスウェーデンMr.R&Bの編集盤。ワイノニーの代名詞でロックンロール第一号ナンバーの誉たかい"Good Rocking Tonight"はこのブラウン作でこれがオリジナル・バージョン。異様なバカでかさで迫るブラウンのボーカルに、エドガー・ブランチャード(G)らが既に顔を見せているバックも熱い15曲。ホーンの繊細なアレンジもグッとくるバラードもグレイト。特にラスト一曲前の、静かなファルセットで歌う「This Is My Last Goodbye」は絶品。【曲】「Good Rocking Tonight(試聴)」「Long About Midnight」「Whose Hat Is That(試聴)」「Fore Day In The Morning」「Butcher Pete, Pt 2」「Dreaming Blues」「Old Age Boogie, Pt 1 & 2」「Good Man Blues」「Miss Fanny Brown Returns」「Brown Angel」「Grandpa Stole My Baby」「Teenage Jamboree」「Black Diamond」「This Is My Last Goodbye」「Mighty, Mighty Man」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Griffin With Joe Morris Orchestra - FLY MISTER FLY

  • リズム&ブルース/ジャズLP
 Johnny Griffin With Joe Morris Orchestra- ジョニー・グリフィン・ウィズ・ジョー・モリス・オーケストラ - "FLY MISTER FLY"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BP504 / Rec late1940s / Pub 1985
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■テナー・サックス奏者ジョニー・グリフィンの音源集。
ブルーノートやプレスティッジ、リバーサイドからのアルバムがモダン・ジャズ・ファンから人気があるジャズ・テナー・マン、ジョニー・グリフィン。これはそれ以前40年代後半に、アトランティックのジョー・モリス楽団に在籍していた頃の音源を集めた一枚。ジョー・モリス(TP)、エルモ・ホープ(P)、パーシー・ヒース(B)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(D)ら名うてのジャズメンたちが熱気に満ちたR&Bプレイを聞かせています。バップ・ジャズとR&Bの境目的なホットなナンバー、キャブ路線のコール&レスポンスをカッコよく決めたジャイヴ調のナンバー、スカタライツが参考にしてそうなホーン・ブギものなんかもムチャクチャカッコいい。【曲】「Fly Mister Fly(試聴)」「Wilma's Idea」「Joe's Boogie」「Out Of The Night」「Lowe Groovin'」「Jump With Me」「Mad Moon」「The Spider」「Bottletop」「Wow!(試聴)」「Weasel Walk」「Boogie-Woogie March」「Chuck-A-Boogie」「Beans And Corn Bread」「Portia's Boogie」「Broken Hearted Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Delta Rhythm Boys - THE DELTA RHYTHM BOYS

  • ボーカル・グループLP
 Delta Rhythm Boys- デルタ・リズム・ボーイズ - "THE DELTA RHYTHM BOYS"
Japan / LP / Mono / RCA PG47M / Rec 1940s / Pub 1977
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ワン&オンリーのブラック・ハーモニー・グループ、デルタ・リズム・ボーイズの代表作。
ゴスペル、ジャズ、ブルースが一つのグループの中で結晶した彼らのハーモニーは、他に似ているものが思い浮かばない個性あり。ジャンルの垣根を越えてハーモニーしていたのは、もともと音楽が混合するメッカのニューオーリンズ出身ということが理由なのかも知れません。エラ・フィッツジェラルド等との共演などが有名で、SPの時代で既に超一流のジャズ・コーラスを聞かせてきた彼らが、ゴスペル・クラシック「Dry Bones」を誰も考えなかった異色のアレンジでカバー、彼らといえば、の曲になりました。これはそのドライボーンズを筆頭に、色気と洒落たユーモア満載のジャズ・コーラスを聞かせる、彼らの味を楽しむのに最高の一枚。オリジナルは56年で、これは77年の日本盤リイシュー。ジャケットもしっかりしていて音もいいです。帯、解説付き。【曲】「Dry Bones(試聴)」「September Song」「East Of The Sun And West Of The Moon」「Take The ''A'' Train(試聴)」「St. Louis Blues」「Ev'ry Time We Say Goodbye」「If You Are But A Dream」「One O'Clock Jump」「My Blue Heaven」「You're Mine, You!」「Little Small Town Girl (With The Big Town Dreams)」「Jenny Kissed Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Huey Piano Smith And His Crowns - ROCKIN PNEUMONIA AND BOOGIE WOOGIE FLU

  • リズム&ブルースLP
 Huey Piano Smith And His Crowns- ヒューイ・ピアノ・スミス&ヒズ・クラウンズ - "ROCKIN' PNEUMONIA AND BOOGIE WOOGIE FLU"
U.K. / LP / Mono / Ace CH9 / Rec late50s / Pub 1978
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ヒューイ・ピアノ・スミスの決定盤コンピレーション。英エイスから。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)プロフェッサー・ロングヘア等のニューオリンズR&Bピアノの伝統を引き継ぎ、リトル・リチャードやロイド・プライス等のニューオリンズR&Rを影から支えつつ、50年代後半には自身のバンドで大ブレイクしたヒューイ・スミス。これは59年リリースのエイスからの1stLPを軸に、そのアルバムから漏れていたヒット曲等を収録した英エイスからの濃縮編集盤。タイトル曲を初め「Don't You Just Know It」「High Blood Pressure」などなど代表曲はもちろん、ニューオリンズのスラングを連発する「Don't You Know Yockomo」などなど、体の休まるヒマの無いニューオーリンズR&Bダンス大会。アルヴィン・タイラー、リー・アレン、ロバート・パーカー(SAX)、Drジョン、ロイ・モントレル(G)、そしてやっぱりあの半熟な8ビートを叩くドラマー、チャールズ・ハングリー・ウィリアムスの存在がデカイ。ほんと何番煎じでも聞きたくなるようなグレイトなビート感。【曲】「Rockin' Pneumonia And The Boogie Woogie Flu (Pt.1)」「Rockin' Pneumonia And The Boogie Woogie Flu (Pt. 2)」「Little Chicken Wah Wah」「Little Liza Jane」「Just A Lonely Clown」「Hush Your Mouth」「Don't You Know Yockomo」「High Blood Pressure(試聴)」「Don't You Just Know It(試聴)」「Well I'll Be John Brown」「Tu-Ber-Cu-Lucas And Sinus Blues」「Dearest Darling」「She Got Low Down」「Second Line」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Varetta Dillard - DOUBLE CROSSING DADDY

  • リズム&ブルースLP
Varetta Dillard- ヴァレッタ・ディラード - "DOUBLE CROSSING DADDY"
Sweden / LP / Mono / Mr RAndB RANDB106 / Rec 1950s / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A1のに極表層のスクラッチ、試聴部です、音にでません
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ガールR&Bシャウター、ヴァレッタ・ディラードの初期編集盤。
ハーレム生まれのR&Bシャウター、ヴァレッタ・ディラード。52年にサヴォイからデビュー、その後グルーヴへ、というブラック・ミュージックの殿堂を渡り、バッキング・バンドにも恵まれ(ミッキー・ベイカーの録音のデビューも彼女の盤)50年代のR&B界で一際グレイトなナンバーを連発。これは彼女の初期をまとめた一枚。ジャケットの雰囲気そのままの歌心満点で初々しい声、メロディも豊かなナンバー勢ぞろい。そのミッキー・ベイカーを始めとするNYのR&B界の腕っこきに加えマル・ウォルドロン等バップ勢も参加した伴奏にシャウトするほんとたまらない全16曲。【曲】「Them There Eye(試聴)」「Please Come Back To Me」「Love And Wine」「Double Crossing Daddy(試聴)」「I Love You Just The Same」「Getting Ready For My Daddy」「Love」「(That's The Way) My Mind Is Working」「Send Me Some Money」「You're The Answer To My Prayer」「I Can't Stop Now」「Got You On My Mind」「Skinny Jimmy」「One More Time」「I Don't Know What It Is But I Like It」「Scorched」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Native Boys - THE BEST OF NATIVE BOYS

  • ドゥワップLP
 Native Boys- ネイティヴ・ボーイズ - "THE BEST OF NATIVE BOYS"
USA / LP / Mono / Combo LP1000 / Rec mid50s / Pub ?
ジャケット擦れ、汚れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、B4~5にかけて円周状の浅い表層スクラッチ、音にはほぼ影響無し
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3.5  3480 yen
■西海岸の幻のドゥワップ・グループ、ネイティヴ・ボーイズの珍しい編集盤。
50年代西海岸のアングラR&Bの空気を伝える最高のレーベル、コンボのドゥワップ・グループ、ネイティヴ・ボーイズの、初めて見た珍しいオフィシャルLP。A1の代表作「Strange Love」がわずかに知られたグループで、あとは鳴かず飛ばず、ですが50年代後半から中心メンバーはいくつかのグループで活躍しヒットも出しました("Foot Stomping"のフレアーズなど)。東、シカゴ、西の黄金期のドゥワップのいいところをコンパクトに即席でまとめたような初々しいスタイルがとてもいいです。"現地のヤツラ"というグループ名もジャケットもカッコイイ。【曲】「Strange Love」「Cherrlyn」「Tears」「When I Met You(試聴)」「I've Got A Feeling(試聴)」「Dannys Blues」「Laughing Love」「Valley Of Lovers」「Oh Let Me Dream」「I've Got A Feeling」「Native Girl」「It Won't Take Long」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Turner, Ivie Anderson, Johnny Otis, etc. - START TO JUMP BECAUSE ITS JUBILEE

  • ジャズ/リズム&ブルースLP
 Joe Turner, Ivie Anderson, Johnny Otis, etc.- ジョー・ターナー、アイヴィー・アンダーソン、ジョニー・オーティス、etc. - "START TO JUMP BECAUSE IT'S JUBILEE"
Italy / LP / Mono / Swingtime ST1009 / Rec 1940s / Pub 1986
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■あまりに聞きどころ多い、戦中ラジオ番組のブラック・ミュージック特集。
42年に始まり50年頃まで続いた、ジャンプ・ブルース、ビバップ、リズム&ブルースのラジオ番組"Jubilee"を収録した一枚。ある一日がそのまま入っているのかも知れません。ホスト・バンドは、ポール・クイニシェット、カーティス・カウンスなどバップ勢も含むジョニー・オーティス楽団で、それをバックに、R&Rの生みの親ジョー・ターナー、スウィングとともに生まれそして死んだアイヴィー・アンダーソンが歌うA面。さらにバンドが変わり、ウィリー・スミス、カルヴィン・ジャクソン、オスカー・ペティフォードらのラテン・ジャズ・バンドがスタート。これがめちゃくちゃいい演奏。B面では、オーティス楽団とそのラテン・ジャズ・バンドがミックスされた編成で、"Jam Session Blues"と題してターナー、アンダーソンが歌います。ラストにはボーナストラックとして、ジョー・ターナーの40年録音のスロー・ブルースを二曲収録。ほんとにいいレコードばかりのイタリア・スウィングタイムからの一枚。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene And Eunice - THIS IS MY STORY

  • リズム&ブルースLP
 Gene And Eunice- ジーン&ユーニス - "THIS IS MY STORY"
France / LP / Mono / Aladdin 1561361 / Rec mid50s / Pub 1985
ジャケット擦れ極わずか、しみ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■西の50SR&Bデュオ、ジーン&ユーニスの編集盤。
ニューオーリンズのシャーリー&リーのライバルと言われた、テキサス出身、ロサンゼルスで活躍したR&B男女デュオ、ジーン&ユーニス。アラジンに移籍する前に在籍していたコンボ・レーベルからのデビュー・シングル「Kokomo / You And Me」がヒット、その後アラジンに移籍、いいシングルを連発。シャーリー&リーやミッキー&シルヴィアとは違い、西海岸らしいスカッとしたクールなR&Bを聞かせました。これは、そのデビュー・シングルから57年までの音源を選りすぐった編集盤。楽しいルンバR&Bも多くニューオーリンズものが好きな人には特にお薦めの一枚。【曲】「Bom Bom Lulu」「Doodle Doodle Doo」「Hootchy Kootchy(試聴)」「I'm So In Love With You」「I Mean Love(試聴)」「Let's Get Together」「Ko Ko Mo」「This Is My Story」「The Angels Gave You To Me」「The Vow」「You And Me」「Strange World」「Flim Flam」「Move It Over Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Ridgley - THE EARLY 50S IN NEW ORLEANS

  • リズム&ブルースLP
 Tommy Ridgley- トミー・リッジー - "THE EARLY 50S IN NEW ORLEANS"
France / LP / Mono / Pathe Marconi 1566371 / Rec early50s / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■デイヴ・バーソロミュー楽団のボーカリスト、トミー・リッジリーの初期音源集。
伝説のデュー・ドロップ・インで歌い始め、まもなくバーソロミューに発掘されインペリアルから「Shewesbury Blues / Early Dawn Boogie(両面収録)」でファッツ・ドミノより前にデビュー。その後アトランティックなどレーベルを渡り歩き密度の濃いシンガー・ライフを送り1999年に亡くなるまでその名声は衰えず。この一枚は彼のそのレアなデビュー盤と50年のセッションをコンプリート収録したもの。ワイノニー・ハリス系のシャウター・ボーカルに天下のバーソロミュー楽団の伴奏で言う事無し。ノリのいい曲のカッコ良さはもちろん最高レベル、ドミノに受け継がれるスワンピ―なスウィートR&B、さらにバラードともブルースとも言えないワン&オンリーのスローがまた絶品。【曲】「Looped」「Junie Mae」「Monkey Man」「Nobody Cares」「Lavinia」「Shrewsbury Blues」「Early Dawn Boogie(試聴)」「I Live My Life(試聴)」「Good Times」「A Day Is Coming」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jesse Allen - ROCKIN AND ROLLIN

  • リズム&ブルースLP
 Jesse Allen- ジェシ・アレン - "ROCKIN AND ROLLIN"
France / LP / Mono / Pathe Marconi 1566351 / Rec early50s / Pub 1986
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ニューオリンズR&Bシンガー、ジェシ・アレンの編集盤。
あのデュー・ドロップ・インを中心に活動、多くのレーベルにシングルを残したわりに素性が知られていないジェシ・アレン。デイヴ・バーソロミューが関わったナンバーも含む50年代初期のアラジン、インペリアルの音源を編集。52年のアラディンからのデビュー7’からジェームス・ギルクライストとのデュエット、オードリー・ウォーカーとのデュエットまで、バーソロミューの黄金期に気合の入った皮肉屋シャウターがはいったムード。沁みるスロウも◎。アナログの編集盤は恐らくこれのみ。【曲】「What A Party(試聴)」「Rockin' And Rollin'」「I Love You So」「I Wonder What's The Matter」「The Things I Gonna Do」「Sittin' And Wonderin'」「Boogie Woogie Mama」「Shake 'Em Up, Baby」「Rock This Morning(試聴)」「Gonna Move Away From Town」「Gotta Call That Number」「Gonna Tell My Mama」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James Sugar Boy Crawford / Shaweez - NEW ORLEANS CLASSICS

  • リズム&ブルース/ドゥワップLP
 James Sugar Boy Crawford / Shaweez- ジェームス・シュガー・ボーイ・クロフォード / シャウィーズ - "NEW ORLEANS CLASSICS"
France / LP / Mono / Imperial 1561351 / Rec 1950s / Pub 1985
ジャケット擦れ・しみわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シュガー・ボーイのインペリアル時代をまとめた一枚。ソロ・デビュー前にやっていたドゥワップ・グループ、シャウィーズも収録。
54年のマルディ・グラの真っ最中にリリースされた「Iko Iko(Jockamo)」でブレイクしたシュガーボーイ・クロフォード。その後インペリアルのA&Rでもあったデイブ・バーソロミューに当然目を付けられチェッカーからインペリアルに移籍、シュガーボーイ&バーソロミューで50年代中期にいくつかのシングルをリリース。これはそれをまとめた一枚。アール・パーマー、リー・アレンらお決まりの連中の、何度聞いても聞き飽きないお決まりの演奏に、ほんとにいい堂々ととしたメロディと歌の「Morning Star」「You Gave Me Love」、アラン・トゥーサンのファーストに激似のお祭りもの「She's Gotta Wobble」、もろアップセッターズ系ブラックR&Rにホンキートンク・ピアノという痛快な「The Facts」などなど収録。さらに、ソロデビュー前のシュガーボーイがやっていた幻のドゥワップ・グループ、シャウィーズ(と言ってもほとんど彼のソロ)が残したナンバー全て収録。チューニングさえ合ってないようなオンボロな演奏に熱く唄う最高の4曲!【曲】「James "Sugar Boy" Crawford / Morning Star」「You Gave Me Love(試聴)」「She's Gotta Wobble (When She Walks)」「I Don't Need You」「The Facts」「It's Over」「I Need Your Love」「I Have A Feeling」「No One But You Dear」「She's The One」「Shaweez / You Made Me Love You」「No One To Love Me」「Feeling Sad(試聴)」「Early Sunday Morning」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.