(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: rb)

James Sugar Boy Crawford / Shaweez - NEW ORLEANS CLASSICS

  • リズム&ブルース/ドゥワップLP
 James Sugar Boy Crawford / Shaweez- ジェームス・シュガー・ボーイ・クロフォード / シャウィーズ - "NEW ORLEANS CLASSICS"
France / LP / Mono / Imperial 1561351 / Rec 1950s / Pub 1985
ジャケット擦れ・しみわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シュガー・ボーイのインペリアル時代をまとめた一枚。ソロ・デビュー前にやっていたドゥワップ・グループ、シャウィーズも収録。
54年のマルディ・グラの真っ最中にリリースされた「Iko Iko(Jockamo)」でブレイクしたシュガーボーイ・クロフォード。その後インペリアルのA&Rでもあったデイブ・バーソロミューに当然目を付けられチェッカーからインペリアルに移籍、シュガーボーイ&バーソロミューで50年代中期にいくつかのシングルをリリース。これはそれをまとめた一枚。アール・パーマー、リー・アレンらお決まりの連中の、何度聞いても聞き飽きないお決まりの演奏に、ほんとにいい堂々ととしたメロディと歌の「Morning Star」「You Gave Me Love」、アラン・トゥーサンのファーストに激似のお祭りもの「She's Gotta Wobble」、もろアップセッターズ系ブラックR&Rにホンキートンク・ピアノという痛快な「The Facts」などなど収録。さらに、ソロデビュー前のシュガーボーイがやっていた幻のドゥワップ・グループ、シャウィーズ(と言ってもほとんど彼のソロ)が残したナンバー全て収録。チューニングさえ合ってないようなオンボロな演奏に熱く唄う最高の4曲!【曲】「James "Sugar Boy" Crawford / Morning Star」「You Gave Me Love(試聴)」「She's Gotta Wobble (When She Walks)」「I Don't Need You」「The Facts」「It's Over」「I Need Your Love」「I Have A Feeling」「No One But You Dear」「She's The One」「Shaweez / You Made Me Love You」「No One To Love Me」「Feeling Sad(試聴)」「Early Sunday Morning」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Huey Smith And His Crowns - THE IMPERIAL SIDES

  • リズム&ブルースLP
 Huey Smith And His Crowns- ヒューイ・スミス&ヒズ・クラウンズ - "THE IMPERIAL SIDES"
France / LP / Mono / Imperial 1546731 / Rec 1960, 61 / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、裏面小シール、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■インペリアル時代のナンバーを収録した一枚。半分以上未発表。
ヒューイ・スミス&クラウンズと言えばなんと言ってもエイス・レコード期、一時代を築いたニューオーリンズ最強のR&Bコンボ。これはその直後のインペリアル時代をまとめたオフィシャル盤で、なんと半分以上が未発表、これだけでもクラクラ来ますが、中身がまた素晴らしいのなんの。エイス期ではあまり無かった女性ボーカルのナンバーも多く、楽しい仕掛けがたっぷり入ったR&Bで埋め尽くされています。ヒップさはこちらの方が上では?「Iko Iko」を少しいただいて面白く仕上げた「Psycho」、ダラシナイ8ビートと男女デュエットVo+ドゥワップ・コーラスの「Heart Trouble」、地元愛も忘れないスワンピ―なR&B「I Didn't Do It」などなど。クラウンズのさらなる魅力を味わいたい人にぜひお薦め。【曲】「Sassy Sara(試聴)」「Why Did I Do (Wa-Do-Do)(試聴)」「Somebody Told It」「More Girls」「Psycho」「The Little Moron」「I Didn't Do It」「Behind The Wheel (Part I)」「Behind The Wheel (Part II)」「Heart Trouble (Part I)」「Snag A Tooth Jeanie」「The Hill Ain't Far」「Able Mabel」「I Don't Play Like That」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Smiley Lewis - OOH LA LA

  • リズム&ブルースLP
Smiley Lewis- スマイリー・ルイス - "OOH LA LA"
France / LP / Mono / Imperial 1561391 / Rec 50s / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、しみわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■デイヴ・バーソロミューが見出したR&Bシャウター。ニューオリンズの心といえるシンガー。
ファッツ・ドミノの先輩といっていいスマイリー・ルイスのインペリアル音源から選曲された未発曲6曲を含む全14曲の仏盤。ドップリ、ニューオリ!!ロングヘアに並ぶピアノの名手Tuts WashingtonやEarl Palmer(dr)迎えたバーソロミュー・オールスターに、後半ではLee Allen、 Charles Williams等も参加という過不足ない面子に、そして最高の楽曲。49~60年録音。心地よいジャンプ乗りの「Ooh La La」ロングヘアみたいな「Tee-nah-nah」、ロックンロールのノリになった57年の「Going To Jump~」や「Mama Don't Like」等14曲収録。【曲】「How Long」「Ooh La La」「Goin' To Jump And Shout」「Schooldays Are Back Again」「Ain't Goin' There No More」「Last Night」「I Want To Be With Her」「Tee-Nah-Nah」「You're Gonna Miss Me」「Lonesome Highway」「I Love You For Sentimental Reasons」「Lying Woman」「No Letter Today」「Mama Don't Like」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lloyd Glenn - AFTER HOURS

  • リズム&ブルースLP
Lloyd Glenn- ロイド・グレン - "AFTER HOURS"
France / LP / Mono / Aladdin 1546641 / Rec 1950s / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■R&Bピアニスト、ロイド・グレンの粋が詰まった一枚。
テキサス生まれ、40年代後半からピアニスト、アレンジャー活躍したロイド・グレン。47年にはTボーン・ウォーカーからセッションに誘われ、そこからTボーン最大のヒット「Stormy Monday」も誕生。その後も初期ロウウェル・フルソン等を手がけながら自身の作も発表。自身の作品はピアノ・トリオにボンゴやギター等を加えた、地味ながら病みつきになるということの典型のような洒脱なクラブ・ブルースともカクテルR&Bともいえそうなスタイルで「Chica Boom」のヒットを出しました。これはその「Chica Boom」を筆頭に、全盛期の彼のナンバーをまとめた編集盤。タイトル曲「AFTER HOURS, PART ONE & TWO」は、大地のようなスロー・ブギのベース・ラインに低い位置でリフをふく淫靡なテナー、それにブルース・ギターのようなピアノのフレーズ、これを心地よいミドル・テンポでジャム・セッションのようなゆるさで奏でます。特に主張も無し、心地よいブルーズにヒタッてくれといわんばかりの演奏。こんな極渋のナンバーで占められた14曲。同じジャケットのインペリアル盤とは内容収録曲かなり違います。【曲】「Chick-A-Boo」「Tiddly-Winks」「Sunrise」「Still Waters」「Nite Flite」「Old Time Shuffle」「Southbound Special」「After Hours Part I(試聴)」「After Hours Part II」「Rompin Rhumba(試聴)」「Strollin'」「Blue Ivories」「Love For Sale」「Petite Fleur」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Ridgley - THE NEW KING OF THE STROLL

  • リズム&ブルースLP
Tommy Ridgley- トミー・リッジー - "THE NEW KING OF THE STROLL"
U.K. / LP / Mono / Flyright -519 / Rec late50s to 1960s / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、しみわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ニューオリンズのR&Bシンガー、トミー・リッジリーの音源集。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)伝説のデュー・ドロップス・インで歌い始め、まもなデイヴ・くバーソロミューに発掘されインペリアルから「SHEWESBURY BLUES」で49年にデビュー。その後デッカ、アトランティック、ヘラルドetc.を渡り歩いたトミー・リッジリー。これは50年代後半~60年代のシングルを集めた英フライライトの編集盤。50sニューオーリンズど真ん中のナンバーから、インスタント・レーベル風のクールなR&B、時代が少したってからの、ジョニー・エイスが生き返ったような洗練されたバラードまで幅広く、かつ濃い内容。だいぶ後に似たタイトルでラウンダーから編集盤が出ていますが内容は全く別。【曲】「When I Meet My Girl」「Should I Ever Love Again」「Double Eye Whammy」「The Girl From Ku-Ka-Monga」「She's Got What It Takes(試聴)」「I've Heard That Story Before」「Honest I Do」「Is It True」「Let's Try And Talk It Over」「In The Same Old Way(試聴)」「Please Hurry Home」「Do You Remember」「I Love You Yes I Do」「My Ordinary Girl」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie King, Screaming Joe Neal, Little Aaron, etc. - DOWN ON BROADWAY AND MAIN - A DECADE OF BLUES AND RNB IN ST LOUIS

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Willie King, Screaming Joe Neal, Little Aaron, etc.- ウィリー・キング、スクリーミング・ジョー・ニール、リトル・アーロン - "DOWN ON BROADWAY AND MAIN - A DECADE OF BLUES AND RNB IN ST LOUIS"
U.K. / LP / Mono / Red Lightnin RL0064 / Rec 1950s, 60s / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■セント・ルイスのロッキン・ブルース、R&Bを収録した編集盤。
表ジャケットの写真が演奏に負けずカッコイイ、セント・ルイスと言えばのアイク・ターナー&キングス・オブ・リズム(試聴一曲目・写真見ながら聞いてください)がサポートしたウィリー・キング、バンカー・ヒル系の金切り声シャウトもスゴイがバックの演奏もほんと最高な、ブラック・ロッカー、スクリーミング・ジョー・ニール、マーキーズやロバート・パーカーなど南部系の太いR&Bインストを聞かせるアースワームズ、ズキズキする鋭いブルース・ギターと8ビートのロックンロールが組み合わさったベニー・シャープなどなど14曲。数曲あるR&Bバラードもいい。【曲】「Willie King / Peg Leg Woman(試聴)」「Mistreating Woman」「Screamin' Joe Neal / Rock And Roll Deacon」「Tell Me Pretty Baby」「Little Aaron / East St. Louis」「My Baby」「Johnny (The Twist) Williams / Teach Me How」「Benny Sharp / St. Louis Sunset Twist」「Little Miss Jessie / My Baby Has Gone」「Screamin' Joe Neal / She's My Baby」「Don't Quit Me Baby」「Johnny Lee Williams / Nona Baby」「Look Out Pretty Baby」「Earthworms / Fishtail(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marie Knight, Ann Cole, Big Mike Gordon, etc. - THE BEST OF BATON RNB

  • リズム&ブルースLP
 Marie Knight, Ann Cole, Big Mike Gordon, etc.- メアリー・ナイト、アン・コール、ビッグ・マイク・ゴードン、etc. - "THE BEST OF BATON RNB"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY552 / Rec 1950s, 60s / Pub 1980
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ニューヨークのR&Bレーベル、バトン・レコードの編集盤。
フィデリティズ、リヴィリアーズといったマイナーながらかなりいいドゥワップ・グループ、ガール・ドゥワップのハーツ、ぶっとびのブラック・ロックンロールを聞かせる女性シンガー、メアリー・ナイト、看板女性R&Bシンガー、アン・コールによるマディ・ウォーターズ"Got My Mojo Workin"のカバー、ニューオーリンズ風味炸裂のクリス・ケナーなどなど全14曲収録。フライライトにしては珍しい、オールディーズともいえるポップさが充満しています。【曲】「Marie Knight / I Thought I Told You Not To Tell Them」「Ann Cole / Easy Easy Baby」「Big Mike Gordon / Walkin' Slippin' & Slidin'」「You Don't Want Me No More」「Chris Kenner / Grandma's House(試聴)」「Don't Let Her Pin That Charge On Me」「Frankie Tucker / Hey Hester」「Ann Cole / Got My Mojo Working」「Hearts / Lonely Nights」「Frankie Tucker / Nobody Told Me」「Rivileers / A Thousand Stars」「Ann Cole / Each Day」「Fidelitys / Walk With The Wind(試聴)」「Kings / Let Me Know」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prisonaires - FIVE BEATS BEHIND BARS

  • ドゥワップLP
 Prisonaires- プリズネアーズ - "FIVE BEATS BEHIND BARS"
U.K. / LP / Mono / Charly CR30176 / Rec early50s / Pub 1979
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サン最高のドゥワップ・グループ、プリズネアーズの編集盤。
テネシー州立刑務所でなんと1940年に結成されたという(ドゥワップ第一号のオリオールズより6年も前)プリズネアーズ。刑務所で歌っていたところそれを聞いた地元のラジオDJが番組にスカウト、さらにそれを聞いたサム・フィリップスが惚れ込み、サン・レーベルでは唯一継続してレコードを出すことになったドゥワップ・グループ。収録された代表作「Just Walking In Rain」は、エルヴィス以前のホワイト・ソウル・シンガー、ジョニー・レイの代表作でもありますが、これがオリジナル・バージョン!ドゥワップ黄金時代のしたたるような極甘メロウから、ジャイヴ華やかりし時代を思わせるナンバー、ゴスペル・ハーモニーもの、さらにサン名物のワンマンバンド・ブルースマン、ジョー・ヒル・ルイスのエレキを入れたナンバー等々。まるで30年代ウォッシュボード・バンドのような、トランペットを入れたジャジーなバンドものもあり。【曲】「Baby Please」「Just Walking In The Rain」「My God Is Real」「Softly And Tenderly」「I Know」「No More Tears」「Don't Say Tomorrow」「What Do You Do Next?」「That Chick's Too Young To Fry」「Lucille, I Want You」「If I Were King」「Surleen」「All Alone And Lonely」「Rockin' Horse」「Two Strangers」「Frank Clement (What About)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie Egans - ROCKS, BOOGIES AND ROLLS

  • リズム&ブルースLP
 Willie Egans- ウィリー・イーガンズ - "ROCKS, BOOGIES AND ROLLS"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP514 / Rec mid50s / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナ生まれで西海岸で活躍したR&Bピアニスト、ウィリー・イーガンズ。
ウエストコーストに移ってもモロにルイジアナ~ニューオーリンズなR&Bを聞かせたピアニスト&シンガー、ウィリー・イーガンズの全盛期を凝縮した一枚。当時ヒットはなかったようですがやはりこの音ですので割と最近7インチでリイシューされるようになった人。これはそのリイシュー盤も含めて、55・56年の音源を全て収録。シュガーボーイ・クロフォードなんかにも通じる「You Must Be Foolin'」、ドンピシャなメロディがポンポン湧き出るルイジアナ丸出しの「Sometimes I Wonder」などなど、ルイジアナ、ニューオーリンズ・ファンに特にお薦め。全曲SP盤とシングルからの盤おこしで試聴のようなノイズありますが魅力は全く弱まっていません。【曲】「Wow Wow(試聴)」「What A Shame」「You Must Be Foolin'」「Sometimes I Wonder(試聴)」「Sad Sad Feeling」「Treat Me Right」「Wear Your Black Dress」「I Can't Understand It」「Come On」「Oh Baby」「She's Gone Away But」「Willie's Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc. - GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959

  • リズム&ブルースLP
 Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc.- レスター・ロバートソン、ビリー・テイト、リトル・ビクター、etc. - "GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY601 / Rec 1950s / Pub 1984
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フライライト・レコードのニューオーリンズR&B集。
全曲お蔵入りとなっていた音源集。同じイギリスのエイス・レコードの襟を正した編集盤とはまるで違う、ラテン・リズムのジャングルR&B、悲痛なスワンプ・ブルース、40年代ジャンプ・ブルース路線のホットなナンバーなどなどまさしくごった煮状態の濃すぎる一枚。アップセッターズがバックを付けた盤が特に人気のレスター・ロバートソンの「Iko Iko」系のナンバー、調子っぱずれなエレキが泣けるザディコ・シンガー&アコーディオン奏者ロッキン・シドニーのユルイナンバー、この盤のハイライトと思わせる、ヒューイ・スミスやエディ・ボーと活躍したシンガー、ビリー・テイトのシャウト炸裂の泣きのナンバーなどなど、もうニューオーリンズ全く関係なく楽しめる一枚。【曲】「Lester Robertson / Hoo Wee Pretty Baby」「Baby Give Me A Chance」「Billy Tate / Teasin' Around With Me」「Little Victor / Loc-A-Li」「Eddie Hudson / That Long Lost Baby」「Skinny Dynamo / So Long, So Long」「Tabby Thomas / Hmmm I Don't Care」「Ernie Holland / Gimme My Money Back」「Vince Monro / If I Had My Life To Live Over」「Billy Tate / Right Or Wrong」「Lester Robertson / Please Don't Go」「Little Victor / Theresa」「Rockin' Sidney / Augustine」「Tabby Thomas / Tomorrow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harold Burrage - SHE KNOCKS ME OUT

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Harold Burrage- ハロルド・バラージュ - "SHE KNOCKS ME OUT"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY579 / Rec 1950s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、小折れ目、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴのブルース/R&Bシンガー、ハロルド・バラージュのコブラ・レコード音源集。
全国ヒットが出る前、50年代コブラに残されたレコード、未発音源を網羅した一枚。ウィリー・ディクソンやマジック・サム、サニー・ボーイ・ウィリアムソンらのサポートながら、ここに入っているのはブルースというよりは完全リズム&ブルース、しかもリチャード・ベリーやヤング・ジェシーのような西海岸ぽいエグ味満点のナンバー多し。【曲】「Betty Jean」「You Eat Too Much」「One More Dance」「I'm Satisfied」「Satisfied」「Hot Dog And A Bottle Of Pop」「I Cry For You」「She Knocks Me Out」「Row Your Boat」「Hidden Charms」「I Love My Baby -2」「I Love My Baby -3」「Messed Up」「Stop For The Red Light」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lazy Lester - POOR BOY BLUES

  • ブルースLP
 Lazy Lester- レイジー・レスター - "POOR BOY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP544 / Rec 1950s / Pub 1978
ジャケット円状の擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ルイジアナのブルース・ハープ奏者/シンガー、レイジー・レスターの未発表集。
ルイジアナの伝説的プロデューサー、ジェイ・ミラーの仕事をまとめる英フライライトのシリーズから、ブルース・ハープ奏者/スワンプ・ブルース・シンガーのレイジー・レスターの音源集。現地ブルースマンからケイジャンのネイサン・アブシャイアなどなど、ジェイ・ミラーが仕切ったセッションで非常に多くのレコーディングを支えた、50年代ルイジアナのほんとの屋台骨的ミュージシャン。全て未発表、もしくは未発テイクの12曲で、全てナッシュビルのエクセロ・レコードのために録音されたナンバー。ジョニー・アランが好きな人にぜひ聞いてほしい絶品のスワンプ・ナンバー、豪快にエコーをかませた強烈なブギ・ブルース、ロックンロールをブラック・ルイジアナに染め上げたナンバーなどなどほんとにいい全12曲。【曲】「Poor Boy Blues」「A Woman」「The Same Thing Could Happen To You(試聴)」「I'm So Glad」「Sugar-Coated Love(試聴)」「Patrol Wagon」「Sad Sad City」「I Hear You Knockin'」「Now It's Time」「Ain't Nothin' In This World」「You Got Me Where You Want Me」「You Gonna Lose Your Head」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.