(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: r)

Rochester Chamber Orchestra, John Kirkpatrick(P) - HONEGGER - SYMPHONY FOR STRINGS / JOHNSON - CONCERTO FOR PIANO AND CHAMBER ORCHESTRA

  • クラシックLP
 Rochester Chamber Orchestra, John Kirkpatrick(P)- ロチェスター・チェンバー・オーケストラ、ジョン・カークパトリック(ピアノ) - "HONEGGER - SYMPHONY FOR STRINGS / JOHNSON - CONCERTO FOR PIANO AND CHAMBER ORCHESTRA"
USA / LP / Mono / Concert Hall Society CHS1189 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケット擦れ少々、上部縁裂け、背部ほころび少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■A面にアルチュール・オネゲルの弦楽オーケストラ、B面にハンタ―・ジョンソンのピアノ協奏曲を収録した一枚。
A面は、サティを心の師と仰ぎ20世紀前半に活躍したフランスの作曲家集団6人組の一人で、『Pacific 231』をはじめ、機械の躍動を埋め込んだ管弦楽を作ったオネゲルの『Symphony For Strings』。延々同じ重苦しいトーンのストリングスが、機械の運動を思わせる何千もの繰り返しのパターンでつなぎ目なくひたすら続き、ラスト数十秒で一本トロンボーンが現れ、えーー!という強引なフィナーレを迎える全三楽章。終わった後、血の気が戻るような感動があります。B面はオネゲルより一世代若いアメリカの新古典主義作曲家ハンター・ジョンソンの『Concerto For Piano And Chamber Orchestra』。オネゲルと似た響きながら、はるかに雑然とした、激しく動くストリングスにゴングのようなピアノがバンバン入る全二楽章。ピアノはチャールズ・アイヴズのコンコード・ソナタを初めて録音したことも有名なジョン・カークパトリック、オーケストラはマーキュリーの看板楽団として多くの名演を録音したニューヨークのロチェスター管弦楽団。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Bargy - PIANO SYNCOPATORS

  • ラグタイム・ピアノLP
 Roy Bargy- ロイ・バージー - "PIANO SYNCOPATORS"
USA / LP / Mono / Folkways RBF RBF35 / Rec early1920s / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■20年代のピアノ総合職人、ロイ・バージー。SP盤だけでなくピアノ・ロールも収めたフォークウェイズの編集盤。
ジャズ映画『King Of Jazz』にも出演したラグタイムPの作曲家でプレイヤーのロイ・バージー。最初は無声映画の伴奏からはじめ、後にシカゴのピアノ・ロールの会社で働いたという根っからのピアノ演奏プログラマー(クラシックの演奏家ではなく、いまでいえば色んな人のオリジナルの曲をデータ化するような作業をしていたのでこういう言い方が一番いいかと)。その腕を買われ、最初のダンス・バンド、アイシャム・ジョーンズやホワイトマンの元でも演奏。20年代にヴィクターから数枚のラグタイム・ナンバーを発表、どれもラグ研究家に賞賛されている名作ばかり。本作は22年の代表曲「ピアノフラージュ」を皮切りに、AにはSP盤の音源を中心に、Bはピアノ・ロールを収録した全17曲のフォークウェイズ盤。監修はこのジャンルNo1の研究家で、ピアニストでもあるデイヴ・ジェイセン。ラグタイムですから決まったフォームはもちろんあり、ですがそれをキープしつつも無限のひろがりを感じさせる曲ばかり。【曲】「Pianoflage(Piano Roll)」「Pianoflage」「Knice and Knifty」「Justin-Tyme」「Sunshine Capers(試聴)」「Rufenreddy」「Jim Jams」「Jim Jams(Piano Roll)」「(Piano Roll)」「(Piano Roll)」「(Piano Roll)」「Omeomy(Piano Roll)」「Sweet and Tender(Piano Roll)(試聴)」「A Blue Streak(Piano Roll)」「Slipova(Piano Roll)」「Ditto(Piano Roll)」「Knice and Knifty(Piano Roll)」「Sunshine Capers(Piano Roll)」「Knice and Knifty(Piano Roll)」「Behave Yourself(Piano Roll)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ross Pratt - PIANO WORKS OF NICOLAS MEDTNER

  • クラシックLP
 Ross Pratt- ロス・プラット - "PIANO WORKS OF NICOLAS MEDTNER"
USA / LP / Stereo / Yorshire 27001 / Rec 1966 / Pub late60s
ジャケット擦れわずか、背部ほころび少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ロシアの作曲家メトネルのピアノ作を収録した一枚。
ロシアの作曲家ニコライ・カルロヴィチ・メトネル(1880-1951)。ロシア以外では録音されることも少なく知名度もさほどだったものの、最近になり再評価の機運が高まり演奏されるようになったといいます。6人組やストラヴィンスキーが活躍していた頃のパリにいたそうですが、ブラームスやドイツロマン派の路線で生涯ピアノ曲を作曲した彼はパリになじめずイギリスへと渡り、その地であのソラブジ等の支援を受け音楽を続けたのだそう。穏やかで慎ましい曲もあるのですが、ソラブジが支援したというのがわかるような超絶技巧を要するエネルギー溢れる曲が特にスゴイ。20年以上作曲を続けた代表作『Fairy Tale』から6曲、『Forgotten Melodies』から2曲、3曲からなる『Three Hymns In Praise Of Toil』を収録。カナダ人ピアニスト、ロス・プラットの情熱的な演奏で、モントリオールでの録音。【曲】「Fairy Tale In Bb Minor, Op. 20 No. 1」「Danza Grazioso, Op. 38 No. 2 (From "Forgotten Melodies")」「Fairy Tale In F Sharp Minor, Op. 51 No. 5(試聴)」「Three Hymns In Praise Of Toil, Op. 49(「Before Work」「At The Anvil」「After Work」)「Canzona Serenata, Op. 38 No. 6 (From "Forgotten Melodies")」「Fairy Tale In E Minor, Op. 14 No. 2 ("March Of The Knights")(試聴)」「Fairy Tale In A Major, Op. 51 No. 3 ("Cinderella And Ivan The Fool")」「Fairy Tale In F Minor, Op. 26 No. 3」「Fairy Tale In B Minor, Op. 20 No. 2」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

RIAS Symphony Orchestra, Ferenc Fricsay(Cond.) - WERNER EGK : FRENCH SUITE AFTER RAMEAU / K.A. HARTMANN : SYMPHONY NO.6

  • クラシックLP
 RIAS Symphony Orchestra, Ferenc Fricsay(Cond.)- RIASシンフォニー・オーケストラ、フェレンツ・フリッチャイ(指揮) - "WERNER EGK : FRENCH SUITE AFTER RAMEAU / K.A. HARTMANN : SYMPHONY NO.6"
USA / LP / Mono / Decca DL9861 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■現代ドイツの作曲家二人の管弦楽二作を収録した一枚。
50年代デッカ・レコードの現代音楽シリーズの二枚目で、ドイツの音楽を収録した一枚。A面は、ナチスに音楽を使われたことで協力者という汚名を着せられながらも、戦後も旺盛に創作したヴェルナー・エック(1901-1983)の、5楽章からなる『French Suite After Rameau』。現代音楽と軽音楽の中間的な親しみやすい作で、最も盛り上がる最後の楽章などはもうリロイ・アンダーソンのような楽しさ。裏面は、初期はダダイズム、ジャズから、その後ストラヴィンスキー、ベルクなどの作曲家に影響を受け創作を続け、20世紀ドイツ交響曲最高の作曲家と言われるようになったカール・アマデウス・アルトマンの『交響曲第6番』。はげしくゆらぐ部分はあるものの一方向に力強い前進力を持った機知に富んだ作で、『パシフィック231』が好きな方にぜひ聞いてもらいたい、新・新古典主義とでも言うような熱狂的な作。ハンガリー生まれでおもにドイツで活躍した指揮者フェレンツ・フリッチャイとベルリン・ドイツ交響楽団の演奏。試聴はそれぞれ最終楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ray And Ina Patterson - OLD TIME SONGS VOLUME 2

  • カントリー/ヒルビリーLP
 Ray And Ina Patterson- レイ&アイナ・パターソン - "OLD TIME SONGS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / County 715 / Rec 1969 / Pub 1969
未開封シールド
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■力の抜けたいい演奏を聞かせる夫婦のデュオ、レイ&アイナ・パターソン。カウンティでのセカンド・アルバム。シールドです。
コレクターで研究家のデヴィッド・フリーマンが興した、カントリー、ヒルビリー界のヤズーとも言えるSP盤リイシュー・レーベル、カウンティ。ですがヤズーにブルーグースがあるようにカウンティにも新緑アルバムがあり。これはSP盤の時代から活動している夫婦のデュオ、レイ&アイナ・パターソンの69年のアルバムで、カウンティでのセカンド。ファーストはこちら、サードはこちらで、恐らくは何も変わらないいい歌、演奏を聞かせているはず。※未開封シールド。【曲】「Whisper Your Mother's Name」「Dixie Darling」「Who Wouldn't Be Lonely」「Lonesome Dove」「I'll Come Back To You」「Can't You Hear Those Nightbirds Calling」「Gold Watch And Chain」「Maple On The Hill - Part 3」「Down Among The Budded Roses」「Anchored In Love」「Sinful To Flirt」「Lamp Lighting Time In The Valley」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Maxwell - LETS GET AWAY FROM IT ALL

  • イージー・リスニングLP
 Robert Maxwell- ロバート・マックスウエル - "LET'S GET AWAY FROM IT ALL"
USA / LP / Stereo / Decca DL74723 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケット擦れ少々、裏面書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、小チリ音
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ハープ奏者ロバート・マックスウエルの66年のアルバム。
あの20世紀の名曲「Ebb Tide(引き潮)」の作者としても有名なハープ奏者、ロバート・マックスウエル。50年代から60年代にかけて夢のようなイージー・リスニング・アルバムを発表した彼がハープで諸国漫遊した一枚。女性のワードレス・ボーカルを入れた「Canadian Sunset」や「Moonlight In Vermont」、マリンバや木管楽器が面白い、気の利いたコマーシャル・ソングのような「Song Of Nairobi Trio」、ブットイ8ビート・ドラムにのっかったハープ、アコーディオンで演奏される「Carioca」、そして「Ebb Tide」の再演も収録されています。極め付けは驚きのラストのタイトル曲。これは聞いてのお楽しみとしましょう。【曲】「Canadian Sunset」「Yellow Bird」「Lisbon Antigua」「Clair De Lune」「Moonlight In Vermont(試聴)」「Song Of The Nairobi Trio(試聴)」「Sequoia」「Carioca」「Fly Me To The Moon (In Other Words)」「Malaguena」「Ebb Tide」「Let's Get Away From It All」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ray Agee - IM NOT LOOKING BACK

  • ブルースLP
 Ray Agee- レイ・エイジー - "I'M NOT LOOKING BACK"
Sweden / LP / Mono / Mr RB RB1003 / Rec 1955-71 / Pub 1984
ジャケット円状の擦れ少々、裏面極小はがれ、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ウエストコーストのブルースマン、レイ・エイジ―の音源集。
52年デビュー、特大のヒットはないものの、ブルースとリズム&ブルースの中間的なサウンドで70年代まで活躍したレイ・エイジ―。スウェーデンのMR.R&Bからの編集盤第二集で、55年から71年までの音源を17曲収録。ミッキー&シルヴィア路線のポップな「True Lips」、ロックンロールな「Lookit Them Eyes」、ラッパ入りのディープなブルース・ナンバー「Tijuana」 、シングルであったら人気ありそうなポップコーンR&B「Monkey On My Back」、デヴィッドTウォーカーがバックを付けた71年のニューソウル風「It's Hard To Explain」などなど。【曲】「True Lips」「Rock Head」「Lookit Them Eyes」「Tijuana」「The Monkey On My Back」「Tragedy」「I'm Not Looking Back」「Baby's Coming Home」「I'm Out To Get You Baby(試聴)」「Count The Days I'm Gone」「Keep Smiling」「Doing It Good For You」「Love Is A Gamble(試聴)」「Somebody Messed Up (Part 1)」「Somebody Messed Up (Part 2)」「Soul Of A Man」「It's Hard To Explain」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ray Charles - AT NEWPORT

  • リズム&ブルースLP
 Ray Charles- レイ・チャールズ - "AT NEWPORT"
USA / LP / Mono / Atlantic 1289 / Rec 1958 / Pub early60s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少々、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  3680 yen
■58年のライブ盤。
50年代のR&Bから60年代のソウルへと橋渡しをした最重要アーティスト、レイ・チャールズ。R&Bにゴスペルを融合させ、さらにモダン・ジャズやカントリーまで取り込んだ独自のサウンドは発明と言っていいほど。そしてやはり歌から感じられる、ソウルとしか言いようの無い感覚。これは58年、ニューポート・ジャズ・フェスティバルでのライブを収録したアルバム。半分が歌入りのR&B、半分がアルト・サックスのバップ・ジャズ。シングルであったらほしくなる、全員みなぎる最高の一曲目からラストの泣き叫ぶバラードまで、レイのやるせないパワーが炸裂してます。オリジナルは58年、これは60年代初頭のプレス。【曲】「The Right Time(試聴)」「In A Little Spanish Town(試聴)」「I Got A Woman」「Blues Waltz」「Hot Rod」「Talkin' About You」「Sherry」「A Fool For You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Red Fox Chasers - Red Fox Chasers

  • ヒルビリー/オールドタイムLP
 Red Fox Chasers- レッド・フォックス・チェイサーズ - "RED FOX CHASERS"
USA / LP / Mono / County 510 / Rec late1920s / Pub 1967
ジャケット擦れわずか、折れ目少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■彼らの初編集盤。
アパラチアン・ミュージックの祭典、ユニオン・グローヴ・フィドラーズ・コンベンションで結成されたという、レッド・フォックス・チェイサーズ。チャーリー・プールのノース・キャロライナ・ランブラーズや、ギッド・タナーのスキレット・リッカーズに並ぶオールドタイム・ストリング・バンドの草分けにして名グループ。これはLPで初めて作られた彼らの編集盤で、"Did You Ever See a Devil Uncle Joe?"や "Stolen Love"、"Pretty Polly"など代表作を網羅した全12曲。【曲】「Pretty Polly」「Mississippi Sawyer(試聴)」「Stolen Love」「Naomi Wise」「The Blind Man & His Child」「Katy Cline(試聴)」「Goodbye Little Bonnie」「Little Darling Pal Of Mine」「Did You Ever See The Devil, Uncle Joe」「Devilish Mary」「Honeysuckle Time」「Sweet Fern」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ralph Burns And His Ensemble - SPRING SEQUENCE

  • ジャズ10LP
 Ralph Burns And His Ensemble- ラルフ・バーンズ&ヒズ・アンサンブル - "SPRING SEQUENCE"
USA / 10LP / Mono / Period SPL1105 / Rec 1955 / Pub 1955
ジャケット下部にはがれ、縁にほころび、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ
Jacket 2 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ジャズ・アレンジャー、ラルフ・バーンズが、春にちなんだ曲をピアノで弾いた一枚。
ラルフ・バーンズというと縦横にビッグ・バンドに駆使して室内楽ジャズの新たな領域に突入した天才アレンジャーというイメージがありますが、これはバーンズのピアノを聞く一枚。トリオ、もしくはそれにギターが入った編成で、春の名が付く曲を穏やかに演奏したアルバム。ウィリー・ザ・ライオン・スミスの「Echoes Of Spring」のカバーもあり。55年の10インチ・アルバム。すぐ直後にジャズトーンというレーベルでリイシューされますが、これはピリオドのオリジナル。【曲】「Spring Sequence(試聴)」「It Might As Well Be Spring(試聴)」「Spring Is Here」「Sprang」「Echo Of Spring」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ralph Burns - FREE FORMS

  • ジャズ10LP
 Ralph Burns- ラルフ・バーンズ - "FREE FORMS"
USA / 10LP / Mono / Mercury MGC115 / Rec 1952 / Pub 1952
コーティング・ジャケット擦れ少々、色あせ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、曲により時々サーノイズ入る曲あり
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3  2980 yen
■アレンジャー、ラルフ・バーンズの1stアルバム。室内楽ジャズの名盤。
モダン・ジャズ・アレンジャー、ラルフ・バーンズの52年の室内楽ジャズ作。ライナーによれば、バッハ、ヴェルディー、エリントン、パーカー等に影響された曲を軽い感覚で書き出したということですが、ほんとでしょうか。話半分で読んでしまいます。弦楽、木管の小編成の室内楽団にフレンチ・ホルン、リズム隊を加えた編成で、聴感は極めて洗練され優雅ながら、巧妙に野心的なフレーズを繰り出してくる手腕に惚れ惚れ。ストリングスがこれほど雄弁なジャズ作もそうないのでは。全曲バーンズの自作で、各々の見せ場はありつつも基本全てアンサンブル。アルトのソロはリー・コニッツ。【曲】「Terrisita(試聴)」「Lileth」「Vignette At Verney's」「Cameo」「Places Please」「Tantallon(試聴)」「Spring Is」「Someday, Somewhere」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Martin Singers, Soul Stirrers, etc. - BRIGHTEN THE CORNER WHERE YOU ARE : BLACK AND WHITE URBAN HYMNODY

  • ゴスペルLP
 Robert Martin Singers, Soul Stirrers, etc.- ロバート・マーティン・シンガーズ、ソウル・スターラーズ、etc - "BRIGHTEN THE CORNER WHERE YOU ARE : BLACK AND WHITE URBAN HYMNODY"
USA / LP / Mono / New World NW224 / Rec 1909 to 1974 / Pub 1978
見開きジャケット擦れ極わずか、内側ブックレット部小しみ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■20世紀のゴスペル、賛美歌の名演を一枚のアルバムにまとめたニューワールドの一枚。
他のレーベルが思っても見なかった切り口で編集しアメリカ音楽の本当の姿をとらえようとしたニュー・ワールド・レコードから、これまた斬新なコンピレーション。1909年から70年代までに録音された、都市部の賛美歌、ゴスペルの名唱を、様々なスタイルを紹介しながらまとめあげた一枚。サイドAは黒人による8グループ8曲を収録。ソウル・スターラーズ44年作、悪魔の音楽をバックに神の歌を唄うシスター・ロゼッタ、うなぎのぼりに熱が高まるハーモニーのフェイマス・ブルージェイ・シンガーズなどなど。Bは白人の8グループ9曲で、白人ゴスペルの草分けジョージ・ビヴァリー・シェー、アメリカで最も名の知られた牧師ビリー・グラハムのクワイアなど収録です。【曲】「God Shall Wipe All Tears Away / The Kings Of Harmony」「Canaan Land / The Famous Blue Jay Singers(試聴)」「Walk Around / The Soul Stirrers」「Tree Of Level / The Fairfield Four」「Yield Not To Temptation / The Roberta Martin Singers」「Daniel In The Lion's Den / He Locked The Lion's Jaw) / Rosetta Tharpe」「Give Me Wings / Willie Mae Ford Smith(試聴)」「They Led My Lord Away / Marion Williams」「We're Marching To Zion / Congregation Of The Ridgecrest / N.c. Baptist Conference Center」「Jesus Is All The World To Me / Congregation Of The Ridgecrest / N.c. Baptist Conference Center」「The Ninety And Nine / George Beverly Shea」「To God Be The Glory / Billy Graham London Crusade Choir」「Brighten The Corner Where You Are / Homer Rodeheaver」「In The Garden / Mrs. William Asher And Homer Rodeheaver」「Nearer, My God, To Thee / Oscar Seagle」「Saved By Grace / Gipsy Smith(試聴)」「Just As I Am, Without One Plea / Billy Graham Austrlian Crusade Choir」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.