(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: pre20s, Page 2)

Hokaibushi Renchu - BAKAN BUSHI

  • 日本の音楽78rpm
 Hokaibushi Renchu- 法界節連中 - "BAKAN BUSHI"
Japan / 78rpm / Mono / American 2250 / Rec pre1920s / Pub pre1920s
レーベルきれい、盤擦れ少々、きれい
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3~3.5  4500 yen
■明治の法界節を収録した貴重な一枚。
明治期、法界屋という、門付けして騒がしい音楽を演奏した盲人や書生崩れ、部落民たちの集団がいて、彼らが歌う歌を法界節というのだそう。これはそれを収めた貴重な一枚。乱雑で太い演奏、歌もまるで古さを感じさせない最高の一曲。アメリカのレコード会社の技師が日本に来て録音した1910年頃の出張録音盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frank Wilson cw George P. Watson - THE GERMANS ARRIVAL cw HI-LE-HI-LO

  • ヨーデル/パーソナリティ78rpm
 Frank Wilson cw George P. Watson- フランク・ウィルソン、ジョージPワトソン - "THE GERMAN'S ARRIVAL cw HI-LE-HI-LO"
USA / 78rpm / Mono / Victor 17257 / Rec 1906 / Pub 1910s
レーベルAに小書き込み、盤擦れ無し、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■20世紀初頭のヨーデル・シンガーを両面にカップリングした一枚。
ジミー・ロジャースやエメット・ミラーが現れる30年前、19世紀末から録音していた数少ないヨーデル歌手、ジョージPワトソンをB面に、やはり同じ頃に活躍したフランク・ウィルソンをA面に収録した一枚。両面1906年録音、この盤が出たのは恐らく1910年代。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Enrico Caruso - THE YOUNG CARUSO

  • クラシックLP
 Enrico Caruso- エンリコ・カルーソー - "THE YOUNG CARUSO"
USA / LP / Mono / Angel COLH119 / Rec 1902 to 1904 / Pub 1904
ジャケット擦れわずか、色あせ、右下取り出し口に縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットしみ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■エンリコ・カルーソーの最初期の音源を収録した一枚。
レコード録音黎明期の大オペラ歌手、エンリコ・カルーソー。これは、1902年から04年にかけて地元イタリアのレコード会社に録音した貴重なSP盤音源を収録したLP。ピアノ伴奏の全19曲。解説、歌詞、詳細データ掲載の23ページブックレット。【曲】「Questa O Quella (Rigoletto)」「Una Furtiva Lagrima (L'elisir D'amore)」「Dai Campi, Dai Prati (Mefistofele)」「Giunto Sol Passo Estremo (Mefistofele)(試聴)」「Apri La Tua Finestra (Iris)」「Celeste Aida (Aida)」「E Lucevan Le Stelle (Tosca)」「O Dolce Incanto (Manon)」「Un Bacio Ancora」「Cielo E Mar! (La Gioconda)」「O Lola (Cavalleria Rusticana)」「Recitar!...Venti La Giubba (Pagliacci)」「La Mia Canzone(試聴)」「Luna Fedel」「Non T'amo Piu」「Amor Ti Vieta (Fedora)」「No, Piu Nobile (Adriana Lecouvreur)」「Mi Par D'udir Ancor (I Pescatori Di Perle)」「Mattinata」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Vess L. Ossmans Banjo Orchestra - UNCLE TOM cw BENEATH THE BALCONY

  • バンジョー/ラグタイム78rpm
 Vess Ossman's Banjo Orchestra- ヴェス・オスマンズ・バンジョー・オーケストラ - "UNCLE TOM cw BENEATH THE BALCONY"
USA / 78rpm / Mono / Columbia A2113 / Rec 1916 / Pub 1916
レーベルBに小はがれ、盤擦れ極わずか、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ラグタイム・バンジョーの第一人者、ヴェスLオスマンのバンド編成の一枚。
20世紀初頭のバンジョーのキングにして第一号のスター、ヴェスLオスマン。これはバンジョー・オーケストラとなっているバンド形式の一枚で、両面ともに口笛?打楽器などを効果音のように使った2曲。美品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Len Spencer And Gilbert Girard cw Frank C. Stanley - OLD DOG SPORT cw AULD LANG SYNE

  • ボーカルLP
 Len Spencer And Gilbert Girard cw Frank C. Stanley- レン・スペンサー&ギルバード・ジラード、フランクCスタンレー - "OLD DOG SPORT cw AULD LANG SYNE"
USA / LP / Mono / Harmony Disc A436 / Rec pre1920s / Pub pre1920s
レーベルきれい、盤擦れほぼ無し
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■1900年代の珍盤。
1900年代にシカゴにあった、センターホールの大きなSP盤を作っていた(真ん中に置いて普通のプレイヤーで問題なく聞けます)ハーモニー・ディスクというレーベルからの一枚。A面は1800年代から録音のあるこの時代に大活躍したシンガー&コメディアン、レン・スペンサーと、スペンサーとよく共演したギルバート・ジラードという人のデュオで、動物の鳴き声を入れたコミック・スケッチ。裏面もやはり19世紀から録音を始め、1910年に亡くなってしまったというバリトン・シンガー、フランクCスタンレーが歌う「蛍の光」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Unknown Artist cw Vess L. Ossman - KISS ME, HONEY DO cw SUNFLOWER DANCE

  • ラグタイム/木琴/バンジョーLP
Unknown Artist cw Vess L. Ossman- 演奏者不明、ヴェスLオスマン - "KISS ME, HONEY DO cw SUNFLOWER DANCE"
USA / LP / Mono / Harmony Disc A223 / Rec pre1920s / Pub pre1920s
レーベル擦れ少々、盤表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3  2980 yen
■A面は演奏者不明の木琴ソロ、B面はバンジョー・ソロ。
1900年代にシカゴにあった、センターホールの大きなSP盤を作っていた(真ん中に置いて普通のプレイヤーで問題なく聞けます)ハーモニー・ディスクというレーベルからの一枚。A面は演奏者不明、B面はラグタイム・バンジョーのパイオニア、ヴェスLオスマン。恐らく1910年頃の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Akiyama Fuya, Akiyama Shizuko - SHU SHU BUSHI cw TONDE MITAI

  • 日本の音楽78rpm
 Akiyama Fuya, Akiyama Shizuko- 秋山楓谷、秋山静子 - "SHU SHU BUSHI cw TONDE MITAI"
Japan / 78rpm / Mono / Orient A1198 / Rec 1910s / Pub 1910s
レーベルきれい、盤浅いすれ、表層スクラッチ少々、B面サーフェイスノイズ多め
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3  2680 yen
■初期オリエントの珍しいバイオリン演歌盤。
京都のオリエント・レコード初期の珍しい一枚(このレーベルも珍)。演歌師、秋山楓谷と妻の静子によるバイオリン演歌「シュッシュッ節」「飛んで見たい」。B面サーフェイスノイズ多め。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kineya Sakichi Renchu - SUMIDAGAWA NO SHIKI (AKI) cw (FUYU)

  • 日本の音楽78rpm
 Kineya Sakichi Renchu- 杵屋佐吉連中 - "SUMIDAGAWA NO SHIKI (AKI) cw (FUYU)"
Japan / 78rpm / Mono / Nipponophone 15326 / Rec 1919 / Pub 1919
レーベルきれい、盤擦れ少し、かなりきれい
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■三味線の改革者、4代目杵屋佐吉の、三味線演奏曲「隅田川の四季」。
初代は徳川家治の時代で、今は7代目という、長唄三味線の杵屋佐吉。これは明治から昭和初期に活躍した4代目。この人がスゴイ。豪絃という三味線版コントラバスを作ったり、31年には電気三味線を演奏していたという、レス・ポール級にイノヴェイティヴな人。いや伝統が重んじられる長唄の世界のことを考えるともっとすごいかも。これも、歌が無い三味線の演奏曲を発表した相当にセンセーショナルな盤だったのだそう。恐らく春と夏のカップリングのものもあると思います。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Unknown Japanese Female Musicians - BON ODORI

  • 日本の音楽78rpm
 Unknown Japanese Female Musicians- 演奏者不明 - "BON ODORI"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 47700 / Rec pre1920s / Pub pre1920s
レーベル擦れわずか、盤擦れ少々、プツ音出るスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3  2680 yen
■米コロンビアの出張録音盤。「盆踊り」。
アメリカのレコード会社の技師が日本に来て録音した出張録音盤。恐らく1910年前後で、片面盤。歌が二人、三絃(三味線)が二人、太鼓が一人、全員女性だと思うのですが、あとは読めません。歌も演奏も乱雑、やみくもに進んでいく「盆踊り」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hokaibushi Renchu - SHIKI NO UTA

  • 日本の音楽78rpm
 Hokaibushi Renchu- 法界節連中 - "SHIKI NO UTA"
Japan / 78rpm / Mono / American 2259 / Rec pre1920s / Pub pre1920s
レーベル小はがれ、盤浅い擦れ、もとからのサーフェイスノイズ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■明治の法界節を収録した貴重な一枚。
アメリカのレコード会社の技師が日本に来て録音した出張録音盤。1910年前後の片面盤で、内容最高。明治期、法界屋という、門付けして騒がしい音楽を演奏した盲人や書生崩れ、部落民たちの集団がいて、彼らが歌う歌を法界節というのだそう。これはそれを収めた貴重な一枚。こんな古く粗いプレスなのに突き破るような歌、楽器の音と違い脆弱な録音でも失われない演奏のノリ、しびれっぱなしの一枚。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mischa Elman - SAINT-SAENS : RONDO CAPRICCIOSO

  • クラシック78rpm
 Mischa Elman- ミッシャ・エルマン - "SAINT-SAENS : RONDO CAPRICCIOSO"
USA / 78rpm / Mono / Victor 74165 / Rec 1910 / Pub 1915
レーベル小書き込み、盤浅い擦れ、極小スクラッチわずか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 4  2680 yen
■名ヴァイオリニスト、ミッシャ・エルマンの、1915年の12インチ片面SP盤。
ウクライナに生まれ、世紀の変わり目にはヨーロッパ各国でセンセーションを巻き起こし、1911年にアメリカに移住、エルマン・トーンと呼ばれる美しい音で世界的なヴァイオリニストとなったミッシャ・エルマン(1891-1967)。1915年で(1910年の可能性あり)、サン・サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」。伴奏は数々の歴史的録音の歌伴でも知られるイギリス人ピアニスト/作曲家パーシー・カーン。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Elman String Quartet - HAYDN : THE EMPEROR QUARTET

  • クラシック78rpm
Elman String Quartet- エルマン・ストリング・カルテット - "HAYDN : THE EMPEROR QUARTET"
USA / 78rpm / Mono / Victor 74516 / Rec 1917 / Pub 1917
レーベル書き込み、擦れ、縁にはがれ、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 4  2480 yen
■ミッシャ・エルマンが結成した弦楽四重奏団の、1917年の12インチ片面SP盤。
ミッシャ・エルマン(VLN)、アドルフ・バック(VLN)、カール・リスランド(Viola)、ルドルフ・ナーゲル(Cello)というメンバーのエルマン・ストリング・カルテット。1917年で、ハイドンの弦楽四重奏「皇帝」を演奏した一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.