(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: piano, Page 2)

Cripple Clarence Lofton And Walter Davis - CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS

  • ブルースLP
 Cripple Clarence Lofton And Walter Davis- クリップル・クラレンス・ロフトン、ウォールター・デイビス - "CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS"
USA / LP / Stereo / Stereo L1025 / Rec 1935 to 1940 / Pub 1970
ジャケット擦れわずか、下部中央に縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■二人の個性的なブルース・ピアニストを両面に収録したヤズー盤。
A面はシカゴで活躍したブギウギ第一世代のクリップル・クラレンス・ロフトン。一曲除きすべて未発表、ロフトンの代表曲の「I Don't Know」もテイク違い。指が沢山動く人とは違うゴロゴロしたピアノで、細かいプレイも相当にうまいもののテクは後回しという感じが最高。そしてブギウギ・ピアニストには珍しく歌がとにかくカッコいい。モンク×デルタという感の「Change My Mind Blues」、南部のブルース・ギターをピアノに置き換えたような「State Street Blues」等全7曲。B面はウォルター・デイビスの35から40年のものを収録。単なるブルース・ピアニストの域を脱却したモード的なブルースで、ギターなど伴奏がはいると一層の面白さあり。こちらも7曲。【曲】「Cripple Clarence Lofton / Juke Joint Stomp」「I Don't Know(試聴)」「State Street Blues」「Change My Mind Blues」「Streamline Train」「South Side Mess Around」「Brown Skin Girls」「Walter Davis / Why Should I Be Blue」「Santa Claus(試聴)」「Jacksonville Part 2(試聴)」「Call Your Name」「Please Don't Mistreat Me」「I Can Tell By The Way You Smell」「Can't See Your Face」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Claude Thornhill And His Orchestra- 1947

  • ジャズLP
 Claude Thornhill And His Orchestra- クロード・ソーンヒル&ヒズ・オーケストラ - "1947"
USA / LP / Mono / Hindsight HSR108 / Rec 1947 / Pub 1977
ジャケット擦れほぼ無し、しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ソーンヒル47年の未発音源集。新生「Snowfall」はじめ素晴らしい内容。
大音量でひたすらスウィングする楽団が隆盛を極めた白人スウィング・バンド全盛期に、あまりにも音楽的過ぎた、静寂のビッグ・バンド・ジャズを演奏した、クールの元祖クロード・ソーンヒル楽団。本作は、レコードとして発売されず、ラジオ放送用に47年に録音していたものを収録した一枚。リー・コニッツやバリー・ガルブレイス、レッド・ロドニーらが参加、ソーンヒルをはじめもちろんギル・エヴァンス、マリガン、ラスティ・デドリックらのアレンジによる16曲。あのアルペジオをガルブレイスがギターで演奏する新生「Snowfall」はじめ、パーカー・ナンバー2曲、シンガー入り3曲、ラテンもありと多彩でいて質は最高。音質もいいです。【曲】「Snowfall (Theme)」「Robbins' Nest」「Cabin In The Sky」「'Deed I Do」「Happy Stranger」「Medley: Jealous/Swinging Down The Lane/Breezing Along With The Breeze」「Jealous」「Swinging Down The Lane」「Breezing Along With The Breeze」「Just About This Time Last Night」「Donna Lee」「Poor Little Rich Girl」「Polka Dots And Moonbeams」「I May Be Wrong」「Adios」「Sometimes I'm Happy」「Puttin' And Takin'」「Sunday Drivin'」「Anthropology」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Smith Quartet - APART cw TOGETHER

  • ジャズ78rpm
 Paul Smith Quartet- ポール・スミス・カルテット - "APART cw TOGETHER"
USA / 78rpm / Mono / Discovery 120 / Rec 1949 / Pub 1949
レーベルきれい、盤浅い擦れ、プツ音出るスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3~3.5  2680 yen
■西のジャズ・ピアニスト、ポール・スミスの49年の一枚。
ジョージ・シアリングを参考に、リキッド・サウンド(液体サウンド)と言われるクールで洗練されたジャズを演奏した西のピアニスト、ポール・スミス。これはその前49年の一枚で、スミスのピアノと、マルチ・ミュージシャン、ビル・ベイカーが弾く初期の珍しいシンセ、ノヴァコードをメインにした軽やかな二曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Percy Grainger - PLAYS GRAINGER

  • クラシックLP
 Percy Grainger- パーシー・グレインジャー - "PLAYS GRAINGER"
USA / LP / Stereo / Everest X913 / Rec pre1920s / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、Aに小書き込み、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■パーシー・グレインジャーが生前録音していた自作のピアノ・ロールを9曲収録した一枚。
オーストラリアに生まれイギリスへ移住しキャリアを歩み始めたパーシー・グレインジャー(1882-1961)、アイルランド、スコットランド、そしてイギリスの民謡を採譜し、直接間接問わずその影響の色濃い作品を残しました。これはグレインジャーが生前自ら弾いたピアノ・ロールを9曲収録した65年の一枚。ほとんどがイギリス圏(一曲アメリカ由来)の民謡のメロディをもとにグレインジャーが創作したナンバー。【曲】「Country Gardens (British Folk Music Settings, No. 22)」「Shepherd's Hey (British Folk Music Settings, No. 4)」「Reel (from Four Irish Dances)」「Colonial Song(試聴)」「Leprechaun's Dance (from Four Irish Dances・試聴)」「Molly On The Shore (British Folk Music Settings, No. 19)」「Sussex Mummers Christmas Carol (British Folk Music Settings, No. 2)」「Spoon River (American Folk Music Settings, No. 1・試聴)」「Irish Tune From County Derry (Londonderry Air)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ferruccio Busoni, Michael Von Zadra, Egon Petri, Edward Weiss - HIS COMPLETE DISC RECORDINGS AND BUSONI PUPILS PLAY BUSONI

  • クラシックLP
 Ferruccio Busoni, Michael Von Zadra, Egon Petri, Edward Weiss- フェルッチョ・ブゾーニ、マイケル・ザドラ、エゴン・ペトリ、エドワード・ワイス - "HIS COMPLETE DISC RECORDINGS AND BUSONI PUPILS PLAY BUSONI"
USA / LP / Mono / International Piano Archives IPA104 / Rec 1922 to 1952 / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブゾーニ自身の演奏のSP盤音源全てと、彼の弟子のピアニストがブゾーニ作品を弾いた音源を収録。
現代音楽の扉を開いたイタリアの作曲家ブゾーニ(1866-1924)。シベリウス、シェーンベルク、クルト・ワイル、ヴァレーズetc.を教え、また世に出した人でもあり。これは一般的なものとは違うブゾーニ作品集。A面はピアニストとして自ら演奏・録音したものを収録。バッハ、ショパン、リストなど22年に7曲録音、それが生涯に残したSP盤音源全てで、完全収録。試聴はバッハ平均律クラヴィア曲集とショパン「ノクターン第五番」。B面は弟子たちがブゾーニ作品を演奏した音源を三作。まずは愛弟子と言っていいアメリカのピアニスト、マイケル・ザドラによる、ビゼーの「カルメンに基づく室内的幻想曲」(29年)。続いてやはりブゾーニ一派の代表格エゴン・ペトリによるバッハ「シャコンヌ」のブゾーニ編曲バージョン(45年)。ラストは最後の弟子エドワード・ワイスがサークル・レーベルに録音した、4曲からなる『インディアン日誌第一集(試聴)』(52年)。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy, Rufus And Ben Quillian, etc - UPTOWN BLUES : A DECADE OF GUITAR-PIANO DUETS 1927-1937

  • ブルースLP
Big Bill Broonzy, Rufus And Ben Quillian, etc-ビッグ・ビル・ブルーンジー、ルーファス・アンド・ベン・キリアン、ホカ - "UPTOWN BLUES : A DECADE OF GUITAR-PIANO DUETS 1927-1937"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1042 / Rec late1920s / Pub late60s
ジャケット擦れほぼ無し、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ピアニストと共存しはじめた都会のブルース・マンによる街のカントリー・ブルース。
ピアノ+ギターの編成では、パイオニアのリロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル、さらにシティ・ブルースと進化させたウォルター・デイヴィスとヘンリー・タウンゼント等がいますが、これはその狭間のアーティストの美味しい所を選りすぐったヤズー盤。スライドとピアノの二人、ルーファス&ベン・キリアン、中では最もカントリー・ブルース色の濃いテディ・ダービー、しゃっきりとしたホーカム・コーラスのダウン・ホーム・ボーイズ、ダブル・スライドにピアノ、チェレスタ、ヴァイオリンの編成のキラー・インストのワトソンズ・プルマン・ポーターズなどなど、音楽的幅もあってこれも当然ヤズー名盤。 【曲】「Big Bill Broonzy / Mountain Blues」「Rufus & Ben Quillian / Sweet Miss Stella Blues(試聴)」「Bo Carter / When You Left」「Charlie Campbell / Goin' Away Blues」「Teddy Darby / My Laona Blues」「Down Home Boys / You Do It(試聴)」「Leola Manning / He Fans Me(試聴)」「Rufus & Ben Quillian / Good Feeling Blues」「Watson's Pullman Porters / Barbecue Blues」「Cripple Clarence Lofton / Policy Blues」「Willie Harris / What Makes A Tom Cat Blue?」「Mack Rhinehart & Brownie Stubblefield / Uptown Blues」「Leroy Carr & Scrapper Blackwell / Papa's On The Housetop」「Charley Spand / Ain't Gonna Stand For That」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Armand Hug - PLAYS THE COMPOSITIONS OF ARMAND PIRON

  • ジャズ10LP
 Armand Hug- アーマンド・ハグ - "PLAYS THE COMPOSITIONS OF ARMAND PIRON"
USA / 10LP / Mono / Paramount 114 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  6800 yen
■ニューオーリンズのピアニスト、アーマンド・ハグのソロ・アルバム。
黒人音楽の歴史を切り開いたパラマウント・レーベル。30年代前半に閉鎖された後、コレクターでもあったプロデューサー、ジョン・スタイナーが40年代にカタログを買い取りリイシューを始めたのがこの第二期パラマウント。そして新緑も始めることに。これは20年代のニューオーリンズ・オウルズのピアニスト、アーマンド・ハグが、同じニューオーリンズの伝説的作曲家でジャズ・バイオリニストのアーマンドJパイロンの曲をピアノ一台で弾いた、非常に珍しい54年のアルバム。クリア赤盤、封筒型のジャケットで、ライナーは6 & 7, 8sのエドモンド・スーション。【曲】「Bouncin' Around」「Day By Day」「Kiss Me Sweet」「Mama Goes Where Papa Goes」「Sister Kate」「Pretty Purple Rose Of Cairo(試聴)」「I Can Beat You Doing What You're Doing To Me(試聴)」「Mama's Gone-Goodbye」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cecil Gant - ROCK THE BOOGIE

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Cecil Gant- セシル・ギャント - "ROCK THE BOOGIE"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK7413 / Rec 1944 to 1947 / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■R&Bピアニスト、セシル・ギャントの音源集。
ハウリン・ウルフばりの強烈なダミ声を持ち、真っ黒なブギウギ~ジャイヴ、ブルースを濃く煮詰めた強烈な音楽をやっていたピアニスト&シンガー、セシル・ギャント。テネシー生まれで、30年代中期にはクラブでプレイ、その後徴兵され音楽活動をストップさせますが、終戦も近くなった頃、ようやくレコーディング・デビュー。これは44年から47年までのナンバーを16曲収録した一枚。※このアルバムと半分ほど曲重なっています【曲】「Cecil Boogie」「Hit That Jive Jack」「Hogan's Alley(試聴)」「I Gotta Gal」「Boogie Blues」「Little Baby Your Running Wild」「Long Distance」「Am I To Blame(試聴)」「Rock The Boogie」「Blues In L.A.」「Cecil Boogie No. 2(試聴)」「What's On Your Worried Mind」「Stuff You Gotta Watch」「Syncopated Boogie」「Time Will Tell」「Cecil's Mop Mop」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Moon Mullican - SINGS HIS ALL TIME HITS

  • カントリーLP
 Moon Mullican- ムーン・マリカン - "SINGS HIS ALL TIME HITS"
Denmark / LP / Mono / SIng 555 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■テキサスのカントリー・シンガー、ムーン・マリカンのファースト・アルバム。リイシュー。
キング・レコードを専門にリイシューしていたデンマークのシングからの一枚。40年代には既にロックンロール~ロカビリーと呼ばれるものを形作り、なんと言って売ったらいいのかわからずレコード会社を困らせていたというテキサスのカントリー・シンガー&ピアニスト、ムーン・マリカン。56年のファースト・アルバムで、それまで出ていた46年から56年のナンバーからの選曲。ホンキートンク、ブギ、ケイジャン・クラシックまで収録した12曲。【曲】「I'll Sail My Ship Alone」「Honolulu Rock-A Roll-A」「The Leaves Mustn't Fall」「Mona Lisa」「Sugar Beet」「New Jole Blon」「Sweeter Than The Flowers」「Pipeliner's Blues(試聴)」「I Was Sorta Wonderin'(試聴)」「Cherokee Boogie(試聴)」「You Don't Have To Be A Baby To Cry」「Foggy River」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roosevelt Sykes - THE COUNRTY BLUES PIANO ACE 1929-1932

  • ブルースLP
 Roosevelt Sykes- ルーズベルト・サイクス - "THE COUNRTY BLUES PIANO ACE 1929-1932"
USA / LP / Stereo / Yazoo L-1033 / Rec 1929 to 1932 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、小鉛筆書き込み、レーベルひげわずか(A面が黒、B面が赤レーベル)、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■セント・ルイス~シカゴで活躍したブルース・ピアニスト、ルーズベルト・サイクスのヤズー盤。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)ゴロゴロ転がる重たい左手に絡む複雑な右手の、ピアノ的な洗練よりも最もディープで真似できないミシシッピのギターを思わせる演奏に、トレード・マークだった、リズムに食い気味ではいるボーカル。キーが高めでヌケのいい声も悲痛なブルースにはぴったりで、多くのブルース・ピアニストが彼のスタイルをフォローしたというミュージシャンズ・ミュージシャン。長い活動歴の彼の初期名演を集めた決定盤。ピアノ・ブルースの文句なしの最高峰。 【曲】「You So Dumb」「No Good Woman Blues」「Hard Luck Man Blues(試聴)」「Don't Put The Lights Out」「All My Money Gone Blues(試聴)」「Mr. Sykes Blues」「James "Stump" Johnson / Barrel Of Whiskey Blues」「Highway 61 Blues」「Kelly's Special」「As True As I've Been To You」「Kelly's 44 Blues」「The Way I Feel Blues」「Skeet And Garret」「Poor Boy Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Columbia Swing Trio - FUKAGAWA cw OEDO NIPPON BASHI

  • 日本の音楽/ジャズ78rpm
 Columbia Swing Trio- コロムビア・スウィング・トリオ - "FUKAGAWA cw OEDO NIPPON BASHI"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia JL18 / Rec 1950s / Pub 1950s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■日本コロンビアのジャズ・トリオが日本のメロディをジャズ化した一枚。
日本コロムビアの専属楽団で、歌手の伴奏や軽音楽の録音など幅広く活躍したコロムビア・オーケストラのリーダー兼ピアニスト、岩田喜代造のジャズ・トリオが「深川」と「お江戸日本橋」を演奏した一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amos Milburn - CHICKEN SHACK BOOGIE

  • リズム&ブルースLP
 Amos Milburn- エイモス・ミルバーン - "CHICKEN SHACK BOOGIE"
France / LP / Mono / Aladdin 1561411 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ロッキン・ブギ三昧の仏編集盤。
テキサス出身、40年代から50年代にかけて「One Scotch, One Bourbon....」、「Rum And Coca Cola」等をヒットさせ、西のR&Bレーベル、アラディンの看板アーティストとして君臨したエイモス・ミルバーン。これは彼のハイ・エナジーなブギR&B満載の編集盤。パーティーR&B傑作「チキン・シャック・ブギー」の47年Orig.Ver.を中心に、彼のバックバンド、チキン・シャッカーズがサポートしたロウでゴツいほとんどロックンロールといえる作品をナンバーを収録。【曲】「My Baby's Boogying(試聴)」「Amos Boogie」「Bye Bye Boogie」「It Took A Long Long Time」「Chicken Shack Boogie」「Pot Luck Boogie(試聴)」「Jitterbug Fashion Parade」「Roomin' House Boogie」「Johnson Rag」「Boogie Woogie」「Sax Shack Boogie」「Roll Mr. Jelly」「Grey Hound」「House Party」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.