(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: piano)

Maurice Ravel - MAURICE RAVEL PLAYS RAVEL

  • クラシックLP
 Maurice Ravel- モーリス・ラヴェル - "MAURICE RAVEL PLAYS RAVEL"
USA / LP / Mono / Klavier KD137 / Rec 1910s, 20s / Pub 1984
ジャケット擦れわずか、裏ジャケット極小書き込み、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラヴェルが自作を弾いたピアノ・ロールを収録した一枚。
説明不要の作曲家モーリス・ラヴェルが、1910~20年代に記録していたピアノ・ロールを収録したという一枚。この他にあと数テイクあるようですが、これがほぼすべてと思われます。驚くのは、これはリクエストを受けたからなのか自分の選曲かわからないのですが、ラヴェルの曲の中でも特に暗く、重い曲が選ばれています。まあ最高ですが。そして、これはピアノ・ロールの再現性の問題もあるかもしれませんが、ドロッとした足を引きずるようなタッチがスゴミ満点。2曲、ラヴェルの友人のウォルター・ダムロシュ(指揮者として有名)、Eロバート・シュミッツが弾いたものあり。【曲】「Toccata From Le Tombeau De Couperin」「Pavane Pour Une Infante Defunte」「La Vallee Des Cloches From Miroirs(試聴)」「Le Gibet From Gaspard De La Nuit(試聴)」「Oiseaux Tristes From Miroirs」「Jeux d'Eau」「Pavane De La Belle Au Bois Dormant」「Laideronette Imperatrice Des Pagodes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ivan Davis - GREAT GALLOPING GOTTSCHALK

  • クラシックLP
 Ivan Davis- イヴァン・デイヴィス - "GREAT GALLOPING GOTTSCHALK"
U.K. / LP / Stereo / Decca SXL6725 / Rec 1976 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ルイス・モロー・ゴットシャルクのピアノ曲集。
ニューオーリンズ生まれ、キューバやブラジルに渡り、アメリカ音楽だけでなく南米の民俗音楽を題材に創作を続けた作曲家ルイス・モロー・ゴットシャルク(1829-1869)のピアノ曲集。プエルト・リコのミュージシャンがクリスマスに街を練り歩き演奏する曲をもとにしたリズミックな「Suvenir De Port Rico」、軽快な2ビートのアメリカ民謡オマージュ「The Banjo」、スパニッシュ・チンジ―を振りまくラテン風「Suis Moi」、ドビュッシーの子供の領分にも似たムードの「Pasquinade」、黒人の歌とサブ・タイトルが付けられた重く沈痛な「Le Bananier」、対照的に天国的な優しさの「Dying Poet」などなど全12曲収録。アメリカ人ピアニスト、イヴァン・デイヴィスの演奏。英デッカ盤。【曲】「Souvenirs D'Andalousie」「Le Mancenillier」「Manchega」「Souvenir De Porto Rico」「O, Ma Charmante, Epargnez-Moi!」「Suis-Moi!」「The Banjo」「Pasquinade(試聴)」「Grand Scherzo」「Le Bananier」「The Dying Poet(試聴)」「Tournament Galop」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Artur Schnabel - BACH RECITAL

  • クラシックLP
 Artur Schnabel- アルトゥル・シュナーベル - "BACH RECITAL"
USA / LP / Mono / Perennial 2001 / Rec 1937 to 1950 / Pub 1970
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、インサートしみ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■20世紀前半の名ピアニスト、シュナーベルのバッハ集。
オーストリア生まれでアメリカに渡り、20世紀前半を代表するクラシック・ピアニストとなったアルトゥル・シュナーベル。ベートーベンの演奏で特に知られる彼のバッハ集。37年から50年にかけて録音された全4作。抑えた感じのタッチ、SP盤の曇った音質、しんとした冬のムードが広がる一枚。SP盤時代のクラシックをリイシューしたペレンニアル・レコードから。【曲】「Italian Concerto(試聴)」「Chromatic Fantasy And Fugue In D-minor」「Toccata In C-minor(試聴)」「Toccata In D-major」「Prelude And Fugue In D」※夜もアップする予定です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wanda Landowska - J.S. BACH : ITALIAN CONCERTO, CHROMATIC FANTASIA AND FUGUE...

  • クラシックLP
 Wanda Landowska- ワンダ・ランドフスカ - "J.S. BACH : ITALIAN CONCERTO, CHROMATIC FANTASIA AND FUGUE..."
USA / LP / Mono / Angel COLH71 / Rec 1934 / Pub 1960s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ワンダ・ランドフスカのバッハ集。
ポーランド・ワルシャワ生まれでアメリカに渡った女性チェンバロ(ハープシコード)奏者、ワンダ・ランドフスカ(1879-1959)。バッハの時代まではチェンバロやクラヴィコードが主流で、少し後のモーツァルトの時代からピアノが弾かれるようになり、徐々にチェンバロは忘れ去られた楽器に。彼女は20世紀にチェンバロを蘇らせ、誰もが知る楽器にした立役者。これは、彼女の歴史的名演と言われる35、6年のバッハ録音を収録した米エンジェル盤。【曲】『Italian Concerto In F Major(試聴)』「Chromatic Fantasia And Fugue In D Minor」『Partita No. 1 In B Flat Major(試聴)』「Toccata In D Major」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Benny Goodman - TRIO ET QUARTET VOLUME 2

  • ジャズLP
Benny Goodman- ベニー・グッドマン - "TRIO ET QUARTET VOLUME 2"
France / LP / Mono / RCA Victor 730707 / Rec 1930s / Pub 1970s
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■これこそが小編成のジャズの本格的な始まり。最初にして最高の永遠の名演。
ミルドレッド・ベイリーのパーティーで会ったテディ・ウィルソン、そしてベイリーの従兄弟のドラマーと3人で演奏したのがトリオの起源…。白人と黒人が商業ベースで初めて一緒に演奏したなどなどこのスモール・コンボの重要性はジャズ史的にも色々説かれていますが、歴史的なことよりもこれは演奏の中味がとてつもなく濃い。多くのジャズ・メンは一言一句この演奏をコピーしたにちがいありません。フランスRCAがまとめた小編成グッドマンの第二集。本当に聞きやすいのに何度聞いてもドッキリするこれぞまさに永遠の名演。【曲】「Sweet Sue, Just You」「My Melancholy Baby(試聴)」「China Boy」「Someday Sweetheart」「Vibraphone Blues」「Tea For Two」「More Than You Know」「Running Wild」「Stompin' At The Savoy」「Liza」「Where Or When(試聴)」「Handful Of Keys」「Vieni, Vieni」「Nobody's Sweetheart」「Sweet Lorraine」「Dizzy Spells」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Netherlands Wind Ensemble, Edo De Waart(Cond.) - STRAVINSKY : WORKS FOR WIND INSTRUMENTS

  • クラシックLP
 Netherlands Wind Ensemble, Edo De Waart(Cond.)- ネザーランズ・ウィンド・アンサンブル、エド・デ・ワールト(指揮) - "STRAVINSKY : WORKS FOR WIND INSTRUMENTS"
Holland / LP / Stereo / Phillips 6500841 / Rec 1975 / Pub 1975
コーティング・ジャケット表裏きれい、ステッカー、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■蘭のエド・デ・ワールトがストラヴィンスキーの木管作を演奏した一枚。『Ebony Concerto』収録。
スティーヴ・ライヒやポスト・ミニマルのジョン・アダムズの作品で知られるオランダの指揮者エド・デ・ワールトが、ストラヴィンスキーの木管系のナンバーを4作演奏した一枚。やはり目を引くのは40年代にウッディ・ハーマン楽団のために書いた鬼傑作『Ebony Concerto(試聴)』。ジャズから影響を受け、ジャズに未知の世界があることをしめした作。ジャズのエッセンスだけでなく、ブルース、ラテン、オリエンタリズムが交差する全3楽章。"ドビュッシーの思い出に捧げる"と副題が付けられた『Symphonies Of Wind Instruments(試聴)』、細切れのリフレインが可愛らしく構成された『Octet For Woodwind』、ストラヴィンスキーらしいきらめきに満ちた『Concerto For Piano And Wind Instruments(試聴)』。オランダ・フィリップス、75年。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amati String Quartet, Andre Previn, William O Smith - WILLIAM O. SMITH

  • クラシックLP
 Amati String Quartet, Andre Previn, William O Smith- アマティ・ストリング・カルテット、アンドレ・プレヴィン、ウィリアムOスミス、etc. - "WILLIAM O. SMITH"
USA / LP / Mono / Contemporary C6001 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット擦れ極わずか、しみわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■デイヴ・ブルーベック・グループのクラリネット奏者ビル・スミスの室内楽集。
トラッド・ジャズからフリージャズの最前線までを行くラインナップ、録音技師ロイ・デュナンの頑なな音のこだわりで西海岸ジャズの牙城となったコンテンポラリー・レーベル。しかしクラシックもわずかながら出していて、それは近代と現代の狭間の音楽の素晴らしいものばかり。これはその一枚目、デイヴ・ブルーベック・グループのクラリネット奏者ビル・スミス(ウィリアムOスミス)の室内楽集。A面は、スミスとブルーベックの師匠ダリウス・ミヨーに捧げられた弦楽四重奏曲(試聴)。B面は「Capriccio For Violin And Piano(試聴)」、ベニー・グッドマンに捧げられた「Suite For Violin And Clarinet」の三作収録。ピアノはアンドレ・プレヴィン、クラリネットはスミス自身。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Butch Thompson - JELLY ROLL MORTON PIANO SOLOS

  • ジャズLP
 Butch Thompson- ブッチ・トンプソン - "JELLY ROLL MORTON PIANO SOLOS"
USA / LP / Mono / Center CLP4 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケット擦れ少々、しみ少々、レーベルしみ少々、ひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ミネソタのピアニスト、ブッチ・トンプソンの1stアルバム。
43年生まれ、3歳の頃からピアノを弾き始め、大学ではモダン・ジャズにも興味を持ちながらもやはりトラディショナルに転向、そして今でも地元ミネソタでそのスタイルで活動するピアニスト、ブッチ・トンプソン。これは彼のファースト・ソロ・アルバムで、ジェリー・ロール・モートンのナンバーを演奏した一枚。老人と子供が一緒になったようなほほえましい演奏、小さなテレコで録音した感の私的な雰囲気。しかし曲がほんとにいいですね.....ノース・キャロライナのセンターというマイナー・レーベルから。【曲】「Perfect Rag」「Tom Cat」「Shreveport Stomp」「New Orleans Joys」「Big Fat Mam」「Bucktown Stomp」「Mamamita(試聴)」「Deep Creek(試聴)」「Stratford Hunch(試聴)」「Naked Dance」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James Sykes - CHARLES IVES : SHORT PIANO PIECES

  • クラシックLP
 James Sykes- ジェームス・サイクス - "CHARLES IVES : SHORT PIANO PIECES"
USA / LP / Mono / Folkways FM3348 / Rec 1964 / Pub 1965
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■チャールズ・アイヴズのピアノ曲を6曲収録した一枚。
エマーソンやソローらの19世紀アメリカの個人主義的思想家、作家に影響を受け、新天地アメリカに音楽の新天地を作ったチャールズ・アイヴズ(1874-1954)。これは彼のピアノ曲を6曲収録した一枚。演奏はアメリカ人ピアニスト、ジェームス・サイクス。監修のサミュエル・チャーターズによる概論、バイオグラフィ、サイクスによる曲の解説のブックレット。【曲】「The Anti-Abolitionist Riots(試聴)」「In The Inn」「The Varied Air With Protests」「Three Page Sonata(試聴)」「22」「Some Southpaw Pitching」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc. - WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION

  • ブルースLP
 Pinetop, State Street Boys, Washboard Sam, etc.- パイントップ、ステイト・ストリート・ボーイズ、ウォッシュボード・サム、etc. - "WINDY CITY BLUES : THE TRANSITION"
USA / LP / Mono / Nighthawk 101 / Rec 1935 to 1953 / Pub 1980s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A1にわずかプツ音でる小スクラッチ(試聴部)
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■30~50年代シカゴ・ブルースの移り変わりを追った編集盤。
五大湖からの風が強い通称ウィンディ・シティことシカゴのブルースの移り変わりを、30年代から50年代初期の音源でまとめたナイトホーク・レコードの編集盤。同名異人数名いながら、全て個性派ぞろいのブルースマンのパイントップ・スパークス(ヘンリー・タウンゼントG)の35年からロバート・ロックウッドの41年までがA面。裏返すと戦後になり、エレキを持ったタンパ・レッドやホーンが入ったR&B風のジョニー・シャインズを収録。シカゴというと席巻した一部のスターがブルースを変えたように思えますが、変わらない太い根があるのを感じられる一枚。【曲】「Pinetop / Every Day I Have The Blues(試聴)」「State Street Boys / Sweet To Mama」「Washboard Sam / Easy Ridin' Mama」「Robert Lee McCoy / Prowlin' Nighthawk」「Sonny Boy Williamson / Sunnyland」「My Little Cornelius」「Robert Lockwood / Black Spider Blues」「I'm Gonna Train My Baby」「Guitar Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Casey Brown Blues」「Tampa Red / Green And Lucky Blues(試聴)」「Robert Lockwood / Gonna Dig Myself A Hole」「Dust My Broom」「Tony Hollins / Fishin' Blues」「Wino Woman」「Johnny Shines / Please Don't」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pete Johnson - BOOGIE WOOGIE MOOD

  • ブギウギ/ブルースLP
 Pete Johnson- ピート・ジョンソン - "BOOGIE WOOGIE MOOD"
USA / LP / Mono / MCA MCA1333 / Rec 1940 to 44 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ブギウギ・ピアニスト、ピート・ジョンソンの編集盤。
シカゴのアパートのパーティで生まれたというブギウギ・ピアノを30年代から広め、ブルーノート・レコード設立のきっかけにもなったまさにブギウギのキングの一人ピート・ジョンソン。アルバート・アモンズ、ミード・ルクス・ルイスとの共演ものが有名ですが、これはピートの純粋なリーダー録音のみを収録した嬉しい一枚。一曲バンドものあり、あとは全てソロもしくはドラム&ベースのトリオでのナンバーを収録。試聴のような曲が延々続く純度高い一枚。【曲】「627 Stomp」「Basement Boogie」「Death Ray Boogie(試聴)」「Just For You」「Pete's Mixture」「Kaycee Feeling(試聴)」「Lights Out Mood」「Dive Bomber」「Answer To The Boogie」「Mr. Freddie Blues」「Zero Hour」「Bottomland Boogie」「Rock It Boogie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Victor Merzhanov - BEETHOVEN : PIANO SONATA NO.10 / NO.14

  • クラシック10LP
 Victor Merzhanov- ヴィクトル・メルジャーノフ - "BEETHOVEN : PIANO SONATA NO.10 / NO.14"
Russia / 10LP / Mono / Dolgoigraushaya 2376-2377 / Rec 1950s / Pub 1950s
レーベルきれい、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■ロシアの世界的ピアニスト、ヴィクトル・メルジャーノフのベートーベン。
ロシアではスクリャービンやラフマニノフと並び尊敬されたピアニストで、教育者としても多くの音楽家を育てたヴィクトル・メルジャーノフ。これは彼が弾いたベートーベンのピアノ・ソナタ10番(A面)と14番(月光の曲・B面)を収録した10インチLP。メロディアの前身、ドルゴイグラウシャからの10インチLPで、50年代初~中期?の一枚。※かなり古い盤で、試聴のようにモノラル針でもノイズあり。コロンビアGPや針圧調整できるプレイヤーでSP用針を使うといい音で鳴ります。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.