(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: other)

Andy Kirk - CLOUDS OF JOY

  • ジャズLP
 Andy Kirk- アンディ・カーク - "CLOUDS OF JOY"
U.K. / LP / Mono / Ace Of Hearts AH105 / Rec 1929, 1930 / Pub 1966
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れわずか、裏ジャケット小書き込み、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■カンザス・シティのジャズ・バンド、アンディ・カーク楽団の英盤音源集。内容最高。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇った名バンドで、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、バップの母メアリー・ルゥ・ウィリアムズで、ピアノも彼女。チャーリー・パーカーも一時在籍。これは英エイス・オブ・ハーツが作った、ちょっと信じられないほどいい内容で、29年~30年の音源集。試聴は冒頭二曲、それからも全部このレベル。裏ジャケによれば全曲彼女のアレンジの13曲、音もギョッとするほどいい!66年オリジナル。【曲】「Messa Stomp(試聴)」「Blue Clarinet Stomp(試聴)」「Corky Stomp」「Froggy Bottom」「I Lost My Girl From Memphis」「Loose Ankles」「Snag It」「Sweet And Hot」「Mary's Idea」「Once Or Twice」「Dallas Blues」「Travelin' That Rocky Road」「Honey Just For You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of Mexico - NO TITLE

  • キューバの音楽LP
 Coro I.C.R., Orquesta Egrem, Trio Cuba, etc.- コロI.C.R.、オルケスタ・エグレム、トリオ・ - "CUBA QUE LINDA ES CUBA"
Cuba / LP / Stereo / Areito LDA3313 / Rec 1960s / Pub 1970s
ジャケット表裏円状の擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■キューバの国営レーベル、アレイトが出した、キューバの音楽のコンピレーション。
どういう趣旨で作られたのものなのかわからないのですが、メキシコ観光局のレコードに近い感じあると思います。ソン、ルンバ、イージー・リスニング風なもの、クラシックなどなどジャンルばらばらで12曲。Banda Nacional De Conciertosというゆるーいブラス・バンドがムチャクチャいい!【曲】「Coro I.C.R. / Cuba, Que Linda Es Cuba」「Banda Nacional De Conciertos / La Comparsa(試聴)」「Orfeon Santiago / Son De La Loma」「Orquesta Egrem / Siboney」「Conjunto Palmas Y Canas / Ay! Mama Ines」「Armando Pico / Lamento Esclavo」「Orquestra Sinfonica Nacional / Quiereme Mucho」「Barbarito Diez - Orq. A. M. Romeu / Linda Cubana」「Orquesta Egrem / El Manisero」「Esther Borja / Despertar」「Trio Cuba / Lagrimas Negras(試聴)」「Joseito Fernandez / Guajira Guantanamera」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Boyds Cowboy Ramblers - BILL BOYDS COWBOY RAMBLERS

  • カントリー/ウエスタン・スウィングLP
 Bill Boyd's Cowboy Ramblers- ビル・ボイズ・カウボーイ・ランブラーズ - "BILL BOYD'S COWBOY RAMBLERS"
USA / LP / Mono / Bluebird AXM2-5503 / Rec 1930s, 1940s / Pub 1975
ジャケット擦れわずか、内側も含めて色あせ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ウエスタン・スウィングのパイオニア、ビル・ボイドの音源集。
32年、まだ存命のジミー・ロジャースと録音、既にその年にウエスタン・スウィング・バンド、カウボーイ・ランブラーズを結成したという、このジャンルの真のパイオニア、ビル・ボイド。これはそのグループがブルーバード・レーベルに残した音源を2LPでまとめたRCAの名物シリーズの名盤。味のある歌もの、高い音楽性、熱のこもった演奏、全くグレイトな32曲。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orquesta Tipica Victor - HISTORIA DE LA ORQUESTA TIPICA VICTOR

  • タンゴLP
Orquesta Tipica Victor- オルケスタ・ティピカ・ビクトル - "HISTORIA DE LA ORQUESTA TIPICA VICTOR"
Argentina / LP / Mono / RCA Victor TA4801 / Rec 1925 - 1930 / Pub 1980
ジャケット上部に小ダメージ、レーベルひげ無し、盤擦れほんのわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アルゼンチン・タンゴ史上に残る名グループ、オルケスタ・ティピカ・ビクトルの黄金期をまとめた一枚。
アルゼンチン・ビクターが全10枚でまとめたアルゼンチン・タンゴのアンソロジー"SERIE TANGO DE AYER"の一枚目。現地ビクター専属の、タンゴ史上に残る名グループ、オルケスタ・ティピカ・ビクトルの、最も良かった時代と言われる26~29年の音源を中心に収録された全14曲。【曲】「La Pueblera」「Tesorito」「Retintin」「Negro」「Pato」「Solterona」「Lazos De Seda」「La Payanca」「Malquerida」「El Portenito」「El Choclo」「Bronca Rea」「Chorra」「Recuerdo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fletcher Henderson And His Orchestra, Bennie Motens Kansas City Orchestra, etc. - JAZZ 8 : BIG BANDS 1924-1934

  • ジャズLP
 Fletcher Henderson And His Orchestra, Bennie Moten's Kansas City Orchestra, etc.- フレッチャー・ヘンダーソン、ベニー・モーテン、etc. - "JAZZ 8 : BIG BANDS 1924-1934"
USA / LP / Mono / Folkways FP69 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1953
ジャケット表裏擦れ少々、端々折れ目少々、左上に貼り物、レーベルひげ無し、盤表層スクラッチ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズの歴史的名演集"JAZZ"シリーズから、フル・バンドの黒人ジャズ編。
フォークウェイズが10数巻でまとめた、戦前のジャズのエポックメイキングな名演を豪華に集めた気合のシリーズ、その名も『Jazz』。これは8枚目で、一言で言えばフル・バンドの黒人ジャズのキラーを容赦なく集めたという一枚。プレイヤーにもしっかり目を配り、名手が豪勢に集合。試聴二曲目はエリントン、こんな曲が選ばれるという...ライナー無し、53年ファースト・プレスで、後のものとはジャケット違い、盤フラットエッジ。【曲】「Fletcher Henderson / Copenhagen(試聴)」「Money Blues」「Jackass Blues」「Bennie Moten / Kansas City Breakdown」「Charlie Johnson / The Boy In The Boat」「Duke Ellington / Hot And Bothered(試聴)」「Luis Russell / Saratoga Shout」「McKinney's Cotton Pickers / Four Or Five Times」「Little Chocolate Dandies / Six Or Seven Times」「Ben Pollack / Buy, Buy For Baby」「Charleston Chasers / Beale Street Blues」「Jimmie Lunceford / In Dat Mornin'」「Bennie Moten / Moten's Swing」「Fletcher Henderson / Down South Camp Meetin'」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Barron And His Orchestra - A STRAWBERRY MOON cw CRUISING DOWN THE RIVER

  • ダンス・バンド78rpm
 Blue Barron And His Orchestra- ブルー・バロン&ヒズ・オーケストラ - "A STRAWBERRY MOON cw CRUISING DOWN THE RIVER"
Denmark / 78rpm / Mono / MGM 195 / Rec 1950 / Pub 1950
レーベルBにシール、盤極浅い擦れ少し
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 4  2480 yen
■スウィート・ダンス・バンド、ブルー・バロン楽団のいい一枚。
ポスト・ハル・ケンプという趣もある、SP盤時代のドリーミーで機知にとんだ音が好きな方に大推薦なブルー・バロン楽団。口笛やチェレスタで味付けした可愛らしいA面に、同様にワルツでやはり口笛をアクセントにしたヨーロッパのムード漂うB面、両面夢のような一枚。50年、デンマーク盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sadistic Mika Band - KUROFUNE

  • 日本の音楽LP
 Sadistic Mika Band- サディスティック・ミカ・バンド - "KUROFUNE"
Japan / LP / Stereo / Doughnut DTP-72003 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケットシュリンク半分あり、擦れほぼ無し、レーベルひげあり、盤小プツ音でる小スクラッチ少々、縁しなりわずか、インサート小よれ、スリーブ下部縁裂け
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5~4  1980 yen
■説明不要の一枚。
何も説明いらない名盤中の名盤。全員のとびぬけた才能全開でいてぎっしり塊でまとまった凄まじいナンバーの数々。ほんとスゴイグループだったんですね。インサート、スリーブ、帯付きのオリジナル。【曲】「墨絵の国へ(試聴)」「何かが海をやってくる」「タイムマシンにおねがい(試聴)」「黒船(嘉永六年六月二日)」「黒船(嘉永六年六月三日)」「黒船(嘉永六年六月四日)」「よろしく どうぞ」「どんたく(試聴)」「四季頌歌」「塀までひとっとび」「颱風歌」「さようなら」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Spike Jones And His City Slickers - HOTCHA CORNIA (BLACK EYES) cw CLINK, CLINK, ANOTHER DRINK

  • コメディ78rpm
 Spike Jones And His City Slickers- スパイク・ジョーンズ&ヒズ・シティ・スリッカーズ - "HOTCHA CORNIA (BLACK EYES) cw CLINK, CLINK, ANOTHER DRINK"
Denmark / 78rpm / Mono / His Masters Voice BD1059 / Rec 1944 / Pub 1944
レーベル擦れわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■スパイク・ジョーンズのデンマーク盤。
目に見えるアニメーションのような、現実世界ではあり得ないことが音になった感の奇跡のバンド、スパイク・ジョーンズ楽団。何を聞いても毎度毎度驚かされる彼らの大名演「Black Eyes」。裏面も同様の路線でいて楽しい歌入りのナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carl Orff And Gunild Keetman - MUSICA POETICA : ORFF-SCHULWERK 10

  • クラシックLP
 Carl Orff And Gunild Keetman- カール・オルフ&グニルト・ケートマン - "MUSICA POETICA : ORFF-SCHULWERK 10"
Germany / LP / Stereo / Harmonia Mundi HM30659 / Rec 1964 / Pub 1964
ジャケット表裏円状の擦れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々、ブックレット上部端にインクのしみのような小よごれ
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■カール・オルフ(1895-1982)の『Musica Poetica』の64年エディション、第10集。
正直どういうものなのか、わからなくなりました....ドイツの現代音楽作曲家カール・オルフ。ドビュッシーやシェーンベルクを学んだオルフ、36年に作曲したオペラ『カルミナ・ブラーナ』が良く知られる人。さてオルフはまじめなクラシック・ファンには全く聞かれていない、しかし言葉もなくなる素晴らしい作品集をライフワークとして創作。それがこの『Musica Poetica - Schulwerk』。教え子の作曲家グニルト・ケートマンとともに30年代に作り上げた、現代音楽や民俗音楽、ヨーロッパ民謡等のエッセンスを噛み砕き、知育音楽として結晶させた、一分から三分程度の短い曲からなる膨大な作品集。これは64年、全10枚リリースされたこのシリーズのラストの10枚目。この10作目、初めて聞いたのですが、それ以前のものとは全くムードの違う、暗く物悲しい響きの曲が延々と並ぶ内容。いつものキラキラした原始的な室内楽ものもありつつ、全体的に試聴のような雰囲気の神秘的なナンバーが並びます。以前入荷したボックスセットでもこんな曲はなかったと思います。なんとも味のある版画満載の20ページ独仏英三か国語ブックレット。ステレオ。※本日のアップはこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Meters - LOOK-KA PY PY / TIPPI-TOES / CISSY STRUT

  • ファンク45rpm EP
Meters- ミーターズ - "LOOK-KA PY PY / TIPPI-TOES / CISSY STRUT"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Charly CTD113 / Rec late60s / Pub 1980
スリーブ擦れ少々、レーベル盤ともにほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■初期ミーターズの3曲を収録したEP。
カラッと乾いた音、ニューオーリンズのオールド・ジャズ、セカンド・ラインの演奏を一人でやっているようなジョー・モデリステのドラム、それに呼応する三人のブットイ演奏がミラクルをおこしている、ミーターズ最初の三枚のLPから一曲づつ選ばれた3曲。彼らの凄みがギンギンに出た名曲。最高。音もいいきちんとしたモノラル・ミックス。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monks Of Eiheiji - ZENMON

  • ドキュメンタリーLP
 Monks Of Eiheiji- 永平寺の僧侶 - "ZENMON"
Japan / LP / Stereo / Teichiku NT1423 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、折れ目少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、インサートしみ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■永平寺の一日の様子を録音したというアルバム"禅門"。
このアルバムのように、永平寺の音楽、読経を収録したものはありますが、これは、永平寺の一日の様子を録音したもの。朝三時半の起床の鈴の音から、三度鳴らされる内に洗面を済まさなければならないという洗面版の音、そして座禅が始まり....という流れで、A面も終わりごろにようやく読経開始。無音やパントマイムのレコードよりも静寂を感じさせるレコードも無し。B面は夕方からのお勤めの様子で、いくつかの読経に続き、禅問答の様子、自然の音も盛り込みながら夜9時の就寝の鈴へ、という内容。帯無し、解説付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Futamura Teiichi, Helen Sumida, Victor Salon Orchestra, etc. - ORIGINAL GENBAN NI YORU NIHON NO JAZZ POPULAR SHI - SENZEN HEN

  • 日本の音楽LP
 Futamura Teiichi, Helen Sumida, Victor Salon Orchestra, etc.- 二村定一、ヘレン隅田、ビクター・サロン・オーケストラ、etc. - "ORIGINAL GENBAN NI YORU NIHON NO JAZZ POPULAR SHI - SENZEN HEN"
Japan / LP / Mono / Victor SJ8003-1-10 / Rec 1920s - 1940s / Pub 1970s
コーティングのボックス表裏擦れ少々、内側きれい、レーベル10枚ともひげ極わずか、盤10枚とも擦れほとんどなし、黒スリーブ一枚やぶれあり
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■SP盤時代の日本のジャズをまとめたLP10枚組ボックス・セット。"オリジナル原盤による 日本のジャズ・ポピュラー史 戦前編"。
並のセットではないです。LP10枚、150曲以上で、SP盤時代の日本のジャズをまとめたという空前のボックス・セット。1枚目2枚目は"第一部:創成期のジャズ"として、二村定一、アーネスト・カアイ・ジャズ・バンド、河合サキソフォン・バンドなど収録。3、4、5枚目は"第二部:ダンスホール華やかりし頃"として、徳山漣などフロリダ・ダンス・ホールの常連や田中力三など浅草オペラのシンガー、二世歌手ヘレン隅田(大量)、小林千代子、灰田勝彦などなど。6、7、8、9枚目は、"第三部:日本のスウィング・エラ"で、日本のスウィング・バンドの大特集。ビクター・リズム・ジョーカーズ、ビクター・サロン・オーケストラ、岸井明や藤原義江が歌うジャズ、また江戸川蘭子等女性歌手ものも豊富、ラテン・ジャズもかなりあり。10枚目は"第四部:ステージ・ショウの人気バンド"で、灰田勝彦のモアナ・グリー・クラブ、桜井潔とその楽団などなど。ブックレット欠品。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.