(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: orch, Page 3)

Spike Hughes - VOLUME 4 : HIS DANCE ORCHESTRA AND HIS THREE BLIND MICE 1931

  • ジャズLP
Spike Hughes- スパイク・ヒューズ - "VOLUME 4 : HIS DANCE ORCHESTRA AND HIS THREE BLIND MICE 1931"
U.K. / LP / Mono / Retrieval FG413 / Rec 1931 / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■大衆音楽からオペラまで万能の才能をもったジャズ・マン、ヒューズ。イギリスのボリス・ヴィアンみたいな人でもあり。
ジャズ・マンで本場アメリカと渡りあえた最も初期の人物スパイク・ヒューズの楽団収録した英レトリーバル盤。ブラック・ジャズ、ホワイト・ダンス・バンドの要素が融合され、甘美でしかもパンチも充分。ポール・ホワイトマンのような高品質のアレンジ、英国人らしいボーカルもまた一興。キャブに影響を受けた曲や「Minnie The Moocher」「St. James Infirmary」、エリントンに捧げられた「Harlem Symphony」、ジャグ・バンドのような狂ったテンポの「Joshua Fit De Battle Jericho」などなど収録。【曲】「Moanin' Low」「Moon Love」「Some Of These Days」「Button Up Your Overcoat」「Tap Your Feet」「Roll Jordon(試聴)」「Joshua Fit De Battle Of Jericho(試聴)」「High Life」「To Whom It May Concern」「Minnie The Moocher」「Is There A Place Up There For Me?」「The Devil Is Afraid Of Music」「St. James Infirmary」「Blues In My Heart」「Darktown Strutter's Ball」「Witness」「(Continued) A Harlem Symphony」「A Harlem Symphony」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Warsaw National Philharmonic Chorus And Orchestra - KRZYSZTOF PENDERECKI : KOSMOGONIA / DIMENSIONS OF TIME AND SILENCE / DE NATURA SONORIS II

  • クラシックLP
Warsaw National Philharmonic Chorus And Orchestra- ワルシャワ・ナショナル・フィルハーモニック・コーラス&オーケストラ - "KRZYSZTOF PENDERECKI : KOSMOGONIA / DIMENSIONS OF TIME AND SILENCE / DE NATURA SONORIS II"
Poland / LP / Stereo / Muza SXL0781 / Rec 1971 / Pub 1971
ジャケット表裏擦れわずか、端々折れ目擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ポーランドの作曲家ペンデレツキの管弦楽三作を収録した一枚。
戦後50年代以降ポーランドで花開いた前衛音楽の流れの中の中心的存在と言える作曲家ペンデレツキ(1933-)。これは彼のアヴァンギャルドな管弦楽を三作収録した一枚。宇宙や神、人間の起源をテーマにした超絶ノイジーで展開の落差も凄まじい大作『コスモゴニア』、暴力的な打楽器と神秘的なコーラスが組み合わされた『時間と沈黙の次元』、何が鳴っているのかさえ判別のつかない、盤溝の悲鳴を聞いているような雑音管弦楽『デ・ナチューラ・ソノリス(自然の音から?)2』の三作。ポーランド・ミュザからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Columbia Orchestra - HARUSAME cw ECHIGOJISHI

  • 日本の音楽78rpm
 Columbia Orchestra- コロムビア・オーケストラ - "HARUSAME cw ECHIGOJISHI"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia 100438 / Rec early1940s / Pub early1940s
レーベル、盤ともに擦れ極わずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■服部良一の和の軽音楽盤。
戦中コロンビアからリリースされた、服部良一編曲の和の軽音楽盤。モートン・グールドのような、ムード・ミュージックとクラシックの中間のアレンジで日本の曲を演奏。美品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Columbia Orchestra - ROKUDAN cw CHIDORI

  • 日本の音楽78rpm
 Columbia Orchestra- コロムビア・オーケストラ - "ROKUDAN cw CHIDORI"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia 100437 / Rec early1940s / Pub early1940s
レーベル、盤ともに擦れ極わずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■服部良一の和の軽音楽盤。
戦中コロンビアからリリースされた、服部良一編曲の和の軽音楽盤。モートン・グールドのような、ムード・ミュージックとクラシックの中間のアレンジで日本の曲を演奏。美品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

City Of Salford Youth Orchestra - TAKE TWO

  • クラシック/軽音楽LP
City Of Salford Youth Orchestra- シティ・オブ・サルフォード・ユース・オーケストラ - "TAKE TWO"
U.K. / LP / Stereo / No Label DER1068 / Rec late60s to early70s / Pub late60s to early70s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■マンチェスター近郊の都市サルフォードの若者たちのオーケストラ。
恐らくは中高生なんでは。ギャヴィン・ブライアーズのポーツマス・シンフォニアと一般的なプロのオーケストラの中間ぐらいの演奏技術で、セミ・クラシックからショスタコーヴィチの『バレエ組曲第一番』、「Londonderry Air」等を披露。60年代後半~70年代前半の自主制作盤。ベッタリとしたシルク・スクリーンのプリントも独特の味わいあり。【曲】「Overture To Iolanthe / Sullivan」「Ballet Suite No.1 / Shostakovitch(試聴)」「Wind Orchestra - Blue Tail Fly / Grundman」「String Orchestra - Irish Tunes From County Derry / Grainger(試聴)」「Orchestra And Narrator - Tom Sawyer's Saturday / Dankworth」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Russ Case And His Orchestra - RUSS CASE PLAYS

  • ジャズ10LP
 Russ Case And His Orchestra- ラス・ケイス&ヒズ・オーケストラ - "RUSS CASE PLAYS"
USA / 10LP / Mono / MGM E547 / Rec 1940s? / Pub 1951
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少し、プツ音でる極小スクラッチ一か所
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■シンガーたちの歌もいい、ラス・ケイス楽団のアルバム。
期間は一時ですがレイモンド・スコット・クインテットに在籍、その後数多くの名バンドのアレンジを手掛け、自身のバンドを持ってからは一級のスウィング、ムード・ジャズを演奏したラス・ケイス楽団。これは51年の10インチLPで、恐らくは40年代のものをまとめたと思われる一枚。入れ替わり現れるシンガーたちの歌も素晴らしい全8曲。【曲】「Me And My Shadow(試聴)」「The House Is Haunted」「Too Many Parties And Too Many Pals」「When A Wioman Loves A Man(試聴)」「I Found A Million Dollar Baby」「More Than You Know(試聴)」「Little By Little」「It's Only A Paper Moon」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Felia Litvinne(Sop), Camille Saint-Saens(P), etc. - A RECORD OF SINGERS : SUPPLEMENT RECORDINGS FROM 1902-1912

  • クラシックLP
 Felia Litvinne(Sop), Camille Saint-Saens(P), etc.- フェリア・リトヴィンヌ(ソプラノ)、カミユ・サン=サーンス(ピアノ)、etc. - "A RECORD OF SINGERS : SUPPLEMENT RECORDINGS FROM 1902-1912"
U.K. / LP / Mono / His Masters Voice HLM7264 / Rec 1902 to 1912 / Pub 1982
ジャケット表裏擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラッパ録音時代の声楽SP盤のマスターピースを収録した一枚。
方々手を尽くして製作したものかと思いきや、ライナーノーツ、原盤起こし他すべてをキース・ハードウィックというたった一人の人がやったということも驚きの一枚。EMI/HMVが80年代に製作した、ラッパ録音時代の声楽のSP盤をまとめたシリーズ、A Record Of Singers。まずLP6枚組で2セットリリース。1セット目は近代以前のスタイルから20世紀初頭の新しいイタリア・オペラの流行までの歌手を収録。2セット目は、そこからワグナー等のドイツ系のスタイル、帝政ロシア時代の歌手を収録。これは第三集で、その2セットからもれた名演を、スタイル関係なく20曲収録した一枚。女性/男性の割合は半々、ピアノ/楽団伴奏の割合も半々。無理な音質調整のないいい音です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mecklenburgische Staatskapelle Schwerin - PAUL HEINZ DITTRICH : CANTUS I / SIEGFRIED MATTHUS : RESPONSO

  • クラシックLP
Mecklenburgische Staatskapelle Schwerin- メクレンブルク・シュターツカペレ・シュヴェーリン - "PAUL HEINZ DITTRICH : CANTUS I / SIEGFRIED MATTHUS : RESPONSO"
Germany / LP / Stereo / Nova 885194 / Rec 1980 / Pub 1980
ジャケット表裏擦れ少し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■東独の現代音楽作曲家2人の前衛的な管弦楽を収録した一枚。
A面は、現代音楽の世界では、あまりに独特、演奏が困難で、演奏する人も少なく異端児とされているパウル=ハインツ・ディートリヒ(1930-)の三楽章からなる管弦楽作『Cantus 1』。詳しいことは全くわからないですが、古典的な調性のある音楽をもとに、限りなく雑音的な響きを目指した、というような凄まじくドラマチックな作。B面は、ジークフリート・マットゥス(1934-)の『Responso』。これも『Cantus 1』と似ていながらも、入念に用意されたディティールが折り重なりさらなる混沌を見せるというような作。メクレンブルク州立オーケストラの演奏。旧東ドイツのレーベル、ノヴァからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ernest Ansermet(Cond.), Orchestre De La Suisse Romande - RAVEL : MA MERE LOYE / LE TOMBEAU DE COUPERIN / VALSE NOBLES ET SENTIMENTALS

  • クラシックLP
 Ernest Ansermet(Cond.), Orchestre De La Suisse Romande- エルネスト・アンセルメ(指揮)、スイス・ロマンド管弦楽団 - "RAVEL : MA MERE L'OYE / LE TOMBEAU DE COUPERIN / VALSE NOBLES ET SENTIMENTALS"
U.K. / LP / Stereo / Decca SDD374 / Rec mid50s? / Pub 1961
コーティング・ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■エルネスト・アンセルメによるラヴェル管弦楽曲集。
特にフランス近代の演奏では牽引的役割を果たした20世紀最高の名楽団の一つ、エルネスト・アンセルメ率いるスイス・ロマンド管弦楽団が、ラヴェルの三作を演奏した一枚。恐らくは50年代初~中期に録音したもので、それを61年にデッカのクラシック・アーカイヴ・シリーズ、エイス・オブ・ダイアモンズがリリースしたアルバム。『マ・メール・ロワ(マザーグース組曲)(試聴第三楽章)』『クープランの墓(試聴第二楽章)』『高雅で感傷的なワルツ』の三作で、全てピアノ曲として作曲されたものを後にラヴェルが管弦楽にアレンジしたもの。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Acquaviva And His Orchestra - A MAN AND HIS DREAM

  • ムード・ミュージックLP
 Acquaviva And His Orchestra- アクアヴィヴァ&ヒズ・オーケストラ - "A MAN AND HIS DREAM"
USA / LP / Mono / MGM E3696 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケットシュリンク入り、擦れ少々、下部に小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アクアヴィヴァの58年のアルバム。ドリーミーなムード・ミュージック・アルバム。
作曲家&ピアニスト&バンドリーダー、アクアヴィヴァの58年のアルバム。厚めのストリングスが中心のムード・オーケストラで、昔のスタンダードはほとんどなく、彼の相棒ボブ・ヘイムス作のナンバーや自作曲を演奏。いろんなアイディアが詰め込まれたアップから、ドリーミーなメロウまでクオリティ高い12曲。オリジナル盤。【曲】「Curtain Time(試聴)」「Always The Sea」「This Might Be Love(試聴)」「Every Day」「One Moment More」「NY In A Nutshell(試聴)」「A Man With A Dream」「Road Show」「Alone With You」「Am I In Love」「Joni」「Prayer For Peace」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eastman Rochester Sym. Orch., Howard Hanson(Cond.) - WALTER PISTON : SYMPHONY NO.3

  • クラシックLP
Eastman Rochester Sym. Orch., Howard Hanson(Cond.)- イーストマン・ロチェスター・オーケストラ、ハワード・ハンソン(指揮) - "WALTER PISTON : SYMPHONY NO.3"
USA / LP / Mono / Mercury MG40010 / Rec 1954 / Pub late50s
コーティング・ジャケット擦れわずか、裏ジャケットに極小書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アメリカの作曲家ウォルター・ピストンの代表作『交響曲第三番』。
アメリカ現代音楽勃興期の重要な作曲家ウォルター・ピストン。若い頃はダンス・バンドのミュージシャンで、その後欧でエネスコ、ブーランジェに習った人。教育者としても有名で、バーンスタインやエリオット・カーター、リロイ・アンダーソンetc...を教えました。これは48年作で、彼の代表作の一つ。調がぼやかされた息をのむような静けさが広がり、ハープがアクセントとなる第一楽章(試聴)、反対に短いながらもリズミックで輝かしい第二楽章、第一楽章にはっきり色が付いたような第三楽章、エネルギッシュな大団円のラスト(試聴)。オリジナルは54年、これは恐らく50年代後半。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Schoenberg Ensemble, Reinbert De Leeuw - ARNOLD SCHOENBERG : WIEN, WIEN, NUR DU ALLEIN...

  • クラシックLP
Schoenberg Ensemble, Reinbert De Leeuw- シェーンベルク・アンサンブル、ラインベルト・デ・レーウ指揮 - "ARNOLD SCHOENBERG : WIEN, WIEN, NUR DU ALLEIN..."
Holland / LP / Stereo / Philips 6570 811 / Rec 1981 / Pub 1981
コーティングの見開きジャケット表裏擦れほぼ無し、内側ブックレット部きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シェーンベルクの魅力をかってなかった企画で浮かび上がらせた一枚。
シェーンベルクと言えば『月に憑かれたピエロ』などその後の音楽のあり方を変えてしまった有名な諸作が多く録音されているわけですが、これはかなり趣が違い、かつシェーンベルクや現代音楽に興味の無い人も楽しめ、そして素晴らしい内容の一枚。サティ等で知られるピアニスト/指揮者デ・レーウの企画で、時代を問わずシェーンベルクが作曲、編曲した作品を演奏し、彼の音楽的な背景、ウィーンという街の音を浮かび上がらせようという内容。マーラーが指揮者として生涯最後の演奏に選んだという、固まって聞いてしまう真夜中の管弦楽「悲歌的子守唄」で始まり、なんとシェーンベルクがアレンジした「フニクリ・フニクラ」などもあり。【曲・最初に作曲家名があるものは編曲がシェーンベルク】「ブゾーニ/悲歌的子守唄(試聴)」「弦楽四重奏のためのスケルツォ」「ヨハン・シュトラウス/南国のバラ」「逢い引き(試聴)」「シューベルト/セレナード」「シオリー/だから俺は古い遊び人」「デンツァ/フニクリ・フニクラ」「鉄の旅団」「ヨハン・シュトラウス/皇帝円舞曲」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.