(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: orch)

Josef Suk(VLN), Zdenek Kozina(P), Chamber Harmony, Prague, etc. - ALBAN BERG : CONCERTO FOR VIOLIN / CHAMBER CONCERTO FOR PIANO, VIOLIN AND 13 WIND

  • クラシックLP
Josef Suk(VLN), Zdenek Kozina(P), Chamber Harmony, Prague, etc.- ヨセフ・スーク(ヴァイオリン)、ズデニェック・コジナ(ピアノ)、プラハ室内アンサンブル、etc. - "ALBAN BERG : CONCERTO FOR VIOLIN / CHAMBER CONCERTO FOR PIANO, VIOLIN AND 13 WIND"
Japan / LP / Stereo / Columbia OW7610S / Rec 1970s / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ベルクの協奏曲二作を収録した一枚。
パズルのように音を組み合わせることで、音楽のルールを大きく広げ新しい響きを生んだウィーンの三人組の一人、ベルク(1885-1935)。日本コロンビアが現代音楽の歴史的名盤をシリーズで出したものの中の一枚で、ベルクの協奏曲二作を収録。A面は、彼が可愛がっていた少女の死へのレクイエムとして作られた作で、ベルクの遺作ともなった2楽章の『ヴァイオリン協奏曲』(1935)。B面は師匠のシェーンベルクの誕生日プレゼントとして作られた、2楽章からなる『ピアノ、ヴァイオリン、13管楽器のための室内協奏曲』。師匠、ベルク、そして三人組のウェーベルンの名前の文字を音符にあてはめて作られた曲だそう。演奏はヨセフ・スーク(VLN)などチェコのミュージシャン。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zadel Skolovsky(P), Darius Milhaud(Cond.) - MILHAUD : SAUDADES DO BRAZIL / CONCERTO NO.4 FOR PIANO AND ORCHESTRA

  • クラシックLP
 Zadel Skolovsky(P), Darius Milhaud(Cond.)- ザベル・スコロフスキー(P)、ダリウス・ミヨー(指揮) - "MILHAUD : SAUDADES DO BRAZIL / CONCERTO NO.4 FOR PIANO AND ORCHESTRA"
USA / LP / Mono / Columbia ML4523 / Rec 1951 / Pub 1951
ジャケット擦れ、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3480 yen
■A面は12曲からなるピアノ曲『ブラジルの郷愁』、B面はピアノ協奏曲第4番。51年。
ドビュッシーの弦楽四重奏の楽譜を見ただけで音楽を志し、サティやコクトーとの出会いからフランス6人組として活躍、第一次世界大戦後のフランス音楽界で最重要作曲家の一人となったダリウス・ミヨー(1892-1974)。アメリカでバート・バカラック、デイヴ・ブルーベックetcを教え、ジャズ、ポップス界にも影響を持った音楽家。ミヨーはブラジルに住んでいたことがあり、現地の音楽の恩恵を受けた作を残しましたが、A面はブラジルからの帰国後に書かれたピアノ曲集『ブラジルの郷愁』(1920-1921年)。熱に浮かされた体験だったのか、真偽があやふやになってしまったような思い出を、南米由来のリズムとともにおぼろげながら構築していったような素晴らしい12曲。試聴は7曲目「コルコヴァード」。裏面は不協和音交じりのオーケストラが疾走する爽快な『ピアノ協奏曲第4番』(試聴は第一楽章)。ヴァン・ダイク・パークスみたい。ピアノはザベル・スコロフスキー、B面はフランス国立放送管弦楽団で指揮はミヨー自身。51年のオリジナル盤、フラットエッジ。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rochester Chamber Orchestra, John Kirkpatrick(P) - HONEGGER - SYMPHONY FOR STRINGS / JOHNSON - CONCERTO FOR PIANO AND CHAMBER ORCHESTRA

  • クラシックLP
 Rochester Chamber Orchestra, John Kirkpatrick(P)- ロチェスター・チェンバー・オーケストラ、ジョン・カークパトリック(ピアノ) - "HONEGGER - SYMPHONY FOR STRINGS / JOHNSON - CONCERTO FOR PIANO AND CHAMBER ORCHESTRA"
USA / LP / Mono / Concert Hall Society CHS1189 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケット擦れ少々、上部縁裂け、背部ほころび少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■A面にアルチュール・オネゲルの弦楽オーケストラ、B面にハンタ―・ジョンソンのピアノ協奏曲を収録した一枚。
A面は、サティを心の師と仰ぎ20世紀前半に活躍したフランスの作曲家集団6人組の一人で、『Pacific 231』をはじめ、機械の躍動を埋め込んだ管弦楽を作ったオネゲルの『Symphony For Strings』。延々同じ重苦しいトーンのストリングスが、機械の運動を思わせる何千もの繰り返しのパターンでつなぎ目なくひたすら続き、ラスト数十秒で一本トロンボーンが現れ、えーー!という強引なフィナーレを迎える全三楽章。終わった後、血の気が戻るような感動があります。B面はオネゲルより一世代若いアメリカの新古典主義作曲家ハンター・ジョンソンの『Concerto For Piano And Chamber Orchestra』。オネゲルと似た響きながら、はるかに雑然とした、激しく動くストリングスにゴングのようなピアノがバンバン入る全二楽章。ピアノはチャールズ・アイヴズのコンコード・ソナタを初めて録音したことも有名なジョン・カークパトリック、オーケストラはマーキュリーの看板楽団として多くの名演を録音したニューヨークのロチェスター管弦楽団。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Villa Lobos(Cond.), Victoria De Los Angeles(Sop), etc. - VILLA LOBOS : BACHIANAS BRASILEIRAS

  • クラシックLP
 Villa Lobos(Cond.), Victoria De Los Angeles(Sop), etc.- ヴィラ・ロボス(指揮)、ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス(ソプラノ)、etc. - "VILLA LOBOS : BACHIANAS BRASILEIRAS 2, 5, 6, 9"
U.K. / LP / Mono / Angel 35547 / Rec 1958 / Pub ?
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、試聴のような小ノイズあり
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5  2680 yen
■ブラジルの作曲家ヴィラ・ロボスが、自身の代表作バキアーナス・ブラジレイラスを指揮した一枚。
ブラジルのみならず、近代クラシックを代表する作曲家と言えるヴィラ・ロボス(1887-1959)。これは、32年から45年にかけて、ピアノ・ソロから管弦楽編成まで様々な編成で9作品作られたヴィラ・ロボスの代表作『バキアーナス・ブラジレイラス(ブラジル風バッハ)』を、ヴィラ・ロボスが指揮し録音した一枚。収録されたのは4作品。サックスを入れた、ジャズ色のある分厚い室内オーケストラのNo.2、八本のチェロと女性ボーカルのNo.5(試聴)、フルートとファゴットのさみしげな小曲のNo.6、ストリングス・オーケストラのNo.9(試聴)。No.5の歌はスペインのソプラノ歌手ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、演奏はフランス国立放送管弦楽団。※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Karel Husa(Cond.), University Of Michigan Symphony Band - KAREL HUSA - APOTHEOSIS OF THIS EARTH / MUSIC FOR PRAGUE 1968

  • クラシックLP
 Karel Husa(Cond.), University Of Michigan Symphony Band- カレル・フサ(指揮)、ミシガン大学交響楽団 - "KAREL HUSA - APOTHEOSIS OF THIS EARTH / MUSIC FOR PRAGUE 1968"
USA / LP / Stereo / Golden Crest CRS4134 / Rec 1971,74 / Pub 1974
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チェコ生まれで米に渡った作曲家カレル・フサの代表作二作を収録。指揮はフサ自身。
はじめパッパッと聴診器のように聞きこれはただ事ではないと思いながら、盤面の溝の異様さに要所と思われるところを試聴、するとアイヴズのユニバース・シンフォニーやリゲティのアトモスフェールと比べて何か吹っ切れてないなあ、と思ってしまいました。でも、最初からじっくり聞いてみて、それでも完全に聞いてはいないのですが、まるで印象が変わりました。これは、地殻のそのまた表層しか地球のことを知らない人間による、地球の解剖手術のような作ではないか。そう聞くとものすごく、このグロく騒然とした壮大なシンフォニーがリアルに感じられます。必ず無音みぞのところまで聞いてください。裏面は、作曲、指揮のカレル・フサの故郷プラハの改革運動、プラハの春を題材にした作。A面と同じジャンルのアヴァンギャルドな管弦楽。こちらはもうはっきりとした印象を持てないような、長大で複雑な作。騒音のような鋭利なラッパが噴出するところなどはボリュームを絞ってしまいました。土臭く、人間くさくもあり、それが重量級の塊で迫ってきて、聞いた後へとへとになります。今ではあまり聞かれてないかもしれない、ある時代の熱狂的な前衛的オーケストラに俄然興味を沸かせるような一枚。デトロイトから結構離れた町アン・アーバーにあるミシガン大学のオーケストラで、大学の構内にあるホールでの録音。試聴は一分過ぎまでA面、それからB面です。※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch. - CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / THREE PLACE IN NEW ENGLAND / CENTRAL PARK IN THE DARK

  • クラシックLP
 Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch.- 小澤征爾、マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)、ボストン交響楽団 - "CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / CENTRAL PARK IN THE DARK / THREE PLACE IN NEW ENGLAND"
Germany / LP / Stereo / Deutsche Grammophon 410933-1 / Rec 1970s / Pub 1984?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャールズ・アイヴズの交響曲、管弦楽を3作収録したアルバム。
新天地アメリカに音楽の新天地を作ったチャールズ・アイヴズ(1874-1954)の三作。A面は最後の交響曲第四番(試聴)。未完の遺作をのぞいて、平たく言えば最もぶっ飛んだ交響曲。コーラスが入る短い前奏曲から、二人の指揮者が同時に指揮する混沌とした世界へ流れ、郷愁感あふれる美しい楽章を経て、恐怖とかすかな希望が入り混じる驚きで終わる全4楽章。やはり多層の管弦楽で、「答えの無い質問」の裏側の傑作「Central Park In The Dark(試聴)」、同じくアイヴズらしい手法が多く散りばめられ、今では最も多く演奏される作品だという管弦楽の代表作「Three Place In New England」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

RIAS Symphony Orchestra, Ferenc Fricsay(Cond.) - WERNER EGK : FRENCH SUITE AFTER RAMEAU / K.A. HARTMANN : SYMPHONY NO.6

  • クラシックLP
 RIAS Symphony Orchestra, Ferenc Fricsay(Cond.)- RIASシンフォニー・オーケストラ、フェレンツ・フリッチャイ(指揮) - "WERNER EGK : FRENCH SUITE AFTER RAMEAU / K.A. HARTMANN : SYMPHONY NO.6"
USA / LP / Mono / Decca DL9861 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■現代ドイツの作曲家二人の管弦楽二作を収録した一枚。
50年代デッカ・レコードの現代音楽シリーズの二枚目で、ドイツの音楽を収録した一枚。A面は、ナチスに音楽を使われたことで協力者という汚名を着せられながらも、戦後も旺盛に創作したヴェルナー・エック(1901-1983)の、5楽章からなる『French Suite After Rameau』。現代音楽と軽音楽の中間的な親しみやすい作で、最も盛り上がる最後の楽章などはもうリロイ・アンダーソンのような楽しさ。裏面は、初期はダダイズム、ジャズから、その後ストラヴィンスキー、ベルクなどの作曲家に影響を受け創作を続け、20世紀ドイツ交響曲最高の作曲家と言われるようになったカール・アマデウス・アルトマンの『交響曲第6番』。はげしくゆらぐ部分はあるものの一方向に力強い前進力を持った機知に富んだ作で、『パシフィック231』が好きな方にぜひ聞いてもらいたい、新・新古典主義とでも言うような熱狂的な作。ハンガリー生まれでおもにドイツで活躍した指揮者フェレンツ・フリッチャイとベルリン・ドイツ交響楽団の演奏。試聴はそれぞれ最終楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Felia Litvinne(Sop), Camille Saint-Saens(P), etc. - A RECORD OF SINGERS : SUPPLEMENT RECORDINGS FROM 1902-1912

  • クラシックLP
Felia Litvinne(Sop), Camille Saint-Saens(P), etc.- フェリア・リトヴィンヌ(ソプラノ)、カミユ・サン=サーンス(ピアノ)、etc. - "A RECORD OF SINGERS : SUPPLEMENT RECORDINGS FROM 1902-1912"
U.K. / LP / Mono / His Masters Voice HLM7264 / Rec 1902 to 1912 / Pub 1982
見開きジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラッパ録音時代の声楽SP盤のマスターピースを収録した一枚。
方々手を尽くして製作したものかと思いきや、ライナーノーツ、原盤起こし他すべてをキース・ハードウィックというたった一人の人がやったということも驚きの一枚。EMI/HMVが80年代に製作した、ラッパ録音時代の声楽のSP盤をまとめたシリーズ、A Record Of Singers。まずLP6枚組で2セットリリース。1セット目は近代以前のスタイルから20世紀初頭の新しいイタリア・オペラの流行までの歌手を収録。2セット目は、そこからワグナー等のドイツ系のスタイル、帝政ロシア時代の歌手を収録。これは第三集で、その2セットからもれた名演を、スタイル関係なく20曲収録した一枚。女性/男性の割合は半々、ピアノ/楽団伴奏の割合も半々。無理な音質操作などないいい音です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Thor Johnson, Peninsula Festival Orchestra - IRWIN FISCHER / ROBERT NAGEL / CHOU WEN-CHUNG / JOHN LESSARD

  • クラシックLP
 Thor Johnson, Peninsula Festival Orchestra- ソー・ジョンソン(指揮)、ペニンシュラ・フェスティバル・オーケストラ - "IRWIN FISCHER / ROBERT NAGEL / CHOU WEN-CHUNG / JOHN LESSARD"
USA / LP / Mono / CRI 122 / Rec 1957 / Pub 1958
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ミシガン湖畔の音楽祭オーケストラによる、アメリカ人現代音楽作曲家の4作。
五大湖のミシガン湖に突き出た半島の先端の町フィッシュ・クリークで53年に始まったペニンシュラ音楽祭の主催者で、そのフェスティバル専門の楽団ペニンシュラ・フェスティバル・オーケストラを結成し、指揮者となったソー・ジョンソン。これは、57年のフェスティバルの際に演奏されたアメリカの現代音楽作曲家四人の4作を、ジョンソン指揮のその楽団が音楽祭の期間中に録音したという一枚。アーウィン・フィッシャーの『Hungarian Set For Strings And Celeste(試聴)』は、ストリングスとチェレスタでムード音楽か映画音楽のように演奏される、ハンガリー民謡をもとにした全7曲。めくるめくストリングスと勇猛なトランペットが疾走する、トランペット奏者でもあるロバート・ナーゲルの全3曲の『Concerto For Trumpet And Strings No8(試聴)』。中国生まれでアメリカに渡ったチョウ・ウェン・チャンは、古代中国のメロディをもとにした神秘的オリエンタルな管弦楽『Landscape』。アメリカ新古典主義の代表的作曲家ジョン・レッサードは、木管楽器とストリング・カルテット、ストリングスの協奏曲『Concerto For Flute, Clarinet....』。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sylvan Levin And Ralph Norman - A DREAM OF LOVE

  • ムード・ミュージックLP
 Sylvan Levin And Ralph Norman- シルヴァン・レヴィン&ラルフ・ノーマン - "A DREAM OF LOVE"
USA / LP / Mono / Hollywood LPH111 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れわずか、左上シール、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し、廉価レーベル特有のサーノイズあり
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 1980 yen
■ストリングス、ピアノ、ハープが織りなす甘美なムード・オーケストラ。
30年代から40年代にかけて、レオポルド・ストコフスキー楽団等で名をはせた名クラシック・ピアニスト、シルヴァン・レヴィンと、50年代に活躍したセミ・クラシック系のバンド・リーダー、ラルフ・ノーマンによる、まさしく夢のようなとろけるムード・ミュージック盤。なだらかなストリングスのオーケストラを中心に、ピアノやハープがアクセントをつけるナンバーが並びます。ハリウッド・レコードとなっていますが、ニューヨークのレコード会社で、50年代後半の数年間、ムード・ミュージック、カリプソ等のラテン、ジャズ・ボーカルもの、ロックンロール等の盤を数十枚出しました。【曲】「Liebestraum (Love Dream)」「The Old Refrain」「Caprice Viennois」「Melody In F」「Moment Musical」「Narcissus」「La Golondrina」「Country Garden」「Valse Triste」「Consolation」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sir Adrian Boult(Cond.), London Philharmonic Orchestra - VAUGHAN WILLIAMS : A PASTORAL SYMPHONY

  • クラシックLP
 Sir Adrian Boult(Cond.), London Philharmonic Orchestra- サー・エイドリアン・ボールト(指揮)、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 - "VAUGHAN WILLIAMS : A PASTORAL SYMPHONY"
USA / LP / Mono / London CM9063 / Rec 1953 / Pub mid60s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■英の作曲家ヴォーン・ウィリアムスの『田園交響曲』を収録した一枚。
イギリスの作曲家ヴォーン・ウィリアムス(1872-1958)。親友のホルストやディーリアスと並んで、近代イギリスを代表する作曲家として知られ、9作の交響曲、管弦楽、歌曲、40年代からは映画音楽も手掛けました。これはエイドリアン・ボールトの指揮で、彼の交響曲を録音した英デッカのアルバムの米盤。21年、49歳の時に完成した、三作目の『田園交響曲』。一時期師事していたラヴェルを思わせる幻想的な第一楽章(試聴)から、沈み込むような神秘的な第二楽章、明快なリズムが生まれ生命感みなぎる第三楽章、歌詞の無いかすかなソプラノに導かれ終わる、優しく厳しい自然のいとなみを大きく描いたような第四楽章(試聴)。オリジナルは53年、これは60年代中期盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sir Adrian Boult(Cond.), London Philharmonic Orchestra, Margaret Ritchie(Sop.) - VAUGHAN WILLIAMS : SINFONIA ANTARTICA

  • クラシックLP
 Sir Adrian Boult(Cond.), London Philharmonic Orchestra, Margaret Ritchie(Sop.)- サー・エイドリアン・ボールト(指揮)、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、マーガレット・リッチー(ソプラノ) - "VAUGHAN WILLIAMS : SINFONIA ANTARTICA"
USA / LP / Mono / London CM9097 / Rec 1954 / Pub mid60s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■英の作曲家ヴォーン・ウィリアムスの『南極交響曲』を収録した一枚。
47年、75歳の時、イギリスの探検家ロバート・スコットを題材にした映画『南極のスコット』の音楽を手掛けた彼が、それをもとに作った全五楽章からなる『南極交響曲』。彼の七番目の交響曲で、普通のオーケストラでは使われないチェレスタやウインドマシーン、パイプ・オルガン等を使い、海や氷山、オーロラなどの自然、ペンギンなどの動物たち、ロバート・スコットの遭難と死、そして誰もいなくなった後の荒廃などなど、交響曲の形式に縛られることなく作られた壮大な物語的作品。試聴は第一、第五楽章。各楽章の頭に、短い詩やスコットの日記の朗読があります。オリジナルは54年、これは60年代中期盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.