(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: o)

Original Chuck Wagon Boys, Kuroda Biji, Willy Okiyama, etc. - NIHON NO WESTERN KASHU TACHI - SHINCHUGUN HANAYAKANARISHI KORO

  • 日本の音楽/カントリーLP
 Original Chuck Wagon Boys, Kuroda Biji, Willy Okiyama, etc.- オリジナル・チャック・ワゴン・ボーイズ、黒田美治、ウィリー沖山、etc. - "NIHON NO WESTERN KASHU TACHI - SHINCHUGUN HANAYAKANARISHI KORO"
Japan / LP / Stereo / Victor SPX1034 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、インサート小折れ目
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■日本のカントリーのパイオニアたちが一同に会し、往年のレパートリーを再録音した一枚。
まさにこのジャンルの草分けのバンド、チャック・ワゴン・ボーイズ、小坂一也、いかりや長介や寺内タケシも在籍したマウンテン・ランブラーズを率いたジミー時田、チャック・ワゴン・ボーイズやワゴン・マスターズにも在籍した寺本圭一、ヨーデルを得意にしたウィリー沖山、ホリプロを興した堀威夫らのカントリー・オールド・スターズなどなど収録。帯無し、インサート付き。【曲】「オリジナル・チャック・ワゴン・ボーイズ / Chuck Wagon Boys' Theme」「黒田美治 / I'm Moving On(試聴)」「ウィリー沖山 / The Cattle Call」「ジミー時田 / I Love You Because」「寺本圭一 / Hey Joe」「斉藤任弘 / I Walk The Line」「井上高 / Old Country Church(試聴)」「清水和夫 / Slowly」「大野義夫 / Columbus Stockade Blues」「小坂一也 / Kaw-liga」「ポップ上野 / Tennessee Waltz」「カントリー・オールド・スターズ / San Antonio Rose(試聴)」「山室信一郎 / Release Me」「オリジナル・チャック・ワゴン・ボーイズ / Chuck Wagon Boys' Theme」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Papa Celestin And New Orleans Band - PAPA CELESTINS GOLDEN WEDDING

  • ジャズ10LP
Oscar Papa Celestin And New Orleans Band- オスカー・パパ・セレスティン&ニューオーリンズ・バンド - "PAPA CELESTIN'S GOLDEN WEDDING"
USA / 10LP / Mono / Southland SLP206 / Rec 1954 / Pub 1955
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、色あせ、レーベルひげあり、盤チリ音でるスクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 3  4800 yen
■オスカー・セレスティンのラスト・アルバム。
ニューオーリンズのコルネット奏者オスカー“パパ”セレスティン。ブードゥーの女魔術師のことを唄ったクラシック「マリー・ラヴォー」の生みの親で、キング・オリバー、サッチモ、ジミー・ヌーンetc..が育ったグループを率い、ニューオーリンズの観光音楽のようなバンドとは違う、汚く淀んだ裏通りのムードまで漂わせるジャズを演奏した人。これは54年の彼の最後のレコーディングを収録したニューオーリンズのマイナー、サウスランドからの10インチLP。出たのは亡くなった後55年。その「マリー・ラヴォー」も素晴らしいのですが、冒頭の、よくセカンド・ラインでハッピーに演奏される「Down By The Riverside」の感動的なバージョン他、最高の内容。※オリジナル・ジャケット。【曲】「Down By The Riverside(試聴)」「Saints Come Machin' In」「Marie La Veau(試聴)」「Oh Didn't He Ramble」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oswaldinho - CEU E CHAO

  • ブラジルの音楽LP
 Oswaldinho- オズワルディーニョ - "CEU E CHAO"
Brazil / LP / Stereo / SDG SDG01683 / Rec / Pub 1983
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブラジルのアコーディオン奏者、オズワルディーニョの83年のアルバム。
ブラジルの名アコーディオン奏者、オズワルディーニョの83年のソロ・アルバム。アープ、ムーグ、プロフェットなどシンセも大胆に使った爽快な一枚。インスト中心ですが、何曲かある軽い歌ものが気持ちよくて◎。【曲】「Boicote」「Terra Da Ilusao(試聴)」「Hora Celestial」「Toccata」「Alta Tensao」「Ingazeira Do Norte(試聴)」「Anunciacao」「Reflorescer」「Buscas」「Cuba Na Cuca」「Sorriso de Samanta」「Festa」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orange Kellin - IN NEW ORLEANS FEATURING KID THOMAS AND JIM ROBINSON

  • ジャズLP
 Orange Kellin- オレンジ・ケリン - "IN NEW ORLEANS FEATURING KID THOMAS AND JIM ROBINSON"
USA / LP / Stereo / Biograph CEN7 / Rec 1967 / Pub 1976
ジャケット表面擦れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スウェーデンの若きジャズ・クラ奏者がニューオーリンズで録音したアルバム。
20年だ年代初頭のニューオーリンズで頭角を表し、ルイ・アームストロングがジャズの世界を席巻した後もそれ以前のスタイルで演奏したキッド・トーマス、ニューオーリンズ・ジャズ特有のグリッサンドのオブリガート・トロンボーンを広めた一人ジム・ロビンソンなど、錚々たるメンバーとのセッション。バラける寸前のようでいてバラけるはずないと思わせる生命力に溢れるアンサンブル。ブルースやジャズのSP盤をリイシューしていたバイオグラフから。【曲】「June Night」「Glory Of Love」「Down By The Old Mill Stream」「I Love You」「I'm Glad For Your Sake」「Where You Wore A Tulip(試聴)」「Drinking Rum And Coca Cola」「Because Of You(試聴)」「Heart Of My Heart」「Ida」「"Celito" Lindo」「Piggly Wiggly Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Original Dixieland Jazz Band - THE ORIGINAL DIXIELAND JAZZ BAND

  • ジャズLP
Original Dixieland Jazz Band- オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド - "THE ORIGINAL DIXIELAND JAZZ BAND"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPV547 / Rec 1917 to 1936 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、裏ジャケットしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズを初めて録音したグループ。自社RCAのしっかりした編集盤。
1917年、ジャズのレコードを初めて録音したバンドとして名高いニューオーリンズの白人バンド。その2曲入りのレコードは相当なヒットとなり、多くのミュージシャンがこのグループに狂い、新しい音楽"ジャズ"が衝撃を持って迎えられます。これは自社RCAのしっかりとした編集盤。初録音のその2曲から、36年の再結成音源も3曲収録した満足の内容。彼らの当時の盤の宣伝文句は"音感の無い人間が演奏する怒ったメロディ"だそう。このグループのリーダーは"ジャズはメロディを殺す音楽"とも言ってます。オリジナルは紫レーベル、これはセカンド。【曲】「Livery Stable Blues(試聴)」「Dixie Jazz Band One-Step」「Tiger Rag」「Sensation Rag」「Clarinet Marmalade Blues」「Lazy Daddy」「Home Again Blues(試聴)」「Margie」「Palesteena」「Broadway Rose」「Barnyard Blues」「Original Dixieland One Step」「Tiger Rag」「Skeleton Jangle(試聴)」「Clarinet Marmalade」「Bluin' The Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ozawa Shoichi (Rec., Dir.) - MATAMATA NIHON NO HOROGEI : FUSHIDAN SEKKYO

  • 民俗音楽/日本LP
 Ozawa Shoichi (Rec., Dir.)- 小沢昭一(録音・監修) - "MATAMATA NIHON NO HOROGEI : FUSHIDAN SEKKYO"
Japan / LP / Stereo / Victor SJX2063-8 / Rec 1970s / Pub 1974
段ボール外箱きれい、ボックス色あせ少々、ブックレット全ページきれい、レーベル6枚ともにひげほんのわずか、盤6枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  7980 yen
■小沢昭一"日本の放浪芸"第三弾。節談説教を紹介したLP6枚組ボックス・セット。
日本の民俗芸能レコードの歴史に大きな足跡を残し、いくつもの模倣盤をも生んだ小沢昭一監修・録音の"日本の放浪芸"シリーズ。これは第三弾で、浪花節や落語など日本の話芸のルーツとも言われる、旅の僧たちのフシのある歌のような説教『節談説教』を収録したLP6枚組。まず一枚目A面は、森進一「港町ブルース」や広沢虎造「石松と三十石船」など実際のレコードを通して小沢がフシの魅力をさぐる面。裏面も小沢のナレーションで、節談説教の録音とともに紹介する『説教と私』。そして2枚目から5枚目までは、祖父江省念、川岸不退など真打登場、およそ片面一人という割合で節談説教を収録。6枚目のA面は、小沢、永六輔らによる座談会『説教あれこれ』。B面は小沢と、ある老婆etc..による放送劇『夢の.......』を収録。例によってブックレットがすごい。林光、関山和夫、郡司正勝らの寄稿、貴重な写真も満載。オリジナルの段ボール外箱付。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orkestar Pri Mladezki Tancor Ansambl Varna - MUSIC AND DANCE FROM BULGARIA

  • 民俗音楽/ブルガリアLP
 Orkestar Pri Mladezki Tancor Ansambl Varna- ブルガリアのミュージシャン - "MUSIC AND DANCE FROM BULGARIA"
Holland / LP / Stereo / Negram NL521S / Rec 1970s / Pub 1970s
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れ少々、裏ジャケットにプロモスタンプ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■ブルガリアの民俗音楽、民族舞踊曲を収録したアルバム。
オランダのネグラム・レーベルが、70年代に東欧4か国の民俗音楽を4枚のLPで出したシリーズのブルガリア編。黒海に面したバルナという町のグループが、ブルガリアのフォーク・ソング、民族舞踊曲を演奏したアルバム。シンプルな民俗楽器アンサンブル曲、それに歌が入るものを収録。東と西の接点というよりむしろ、中央アジアや極東の香り漂うものもある無国籍な一枚。【曲】「Liefdesduet (Kales Kirco)」「Pravo Trakiisko Horo」「Ik Ben De Goede Stojne Tegengekomen (Snosjti Si Go Vidoch, Mamo, Ubavato Stojne)」「Bruiloftsmelodie En Ratsjenitsa (Svatbarska Melodia I Ratschenitsa)」「Tropanka Uit De Dobroedzja (Dobrudjanska Tropanka)(試聴)」「Liefdesliedje (Deno Mari Krotko Tropaj)」「Ratsjenitsa」「Bruiloftsmelodieen (Svarbarska Melodia)(試聴)」「Ken Je Lieve Moeder (Dali Znaes Mila Majko)(試聴)」「itdagingslied (Sinke Le)」「Ratsjenitsa Van De Shops (Shopska Ratschenitsa)」「Alle Meisjes Hebben Een Goede Man Getroffen, Maar Ik Een Dronkaard (Site Devojcina)」「Dans Uit Varna (Tanz Iz Varnensko)」「Marice, Een Bijzonder Meisje (Marice Le, Licno Devojce)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orquesta Tipica Victor - HISTORIA DE LA ORQUESTA TIPICA VICTOR

  • タンゴLP
Orquesta Tipica Victor- オルケスタ・ティピカ・ビクトル - "HISTORIA DE LA ORQUESTA TIPICA VICTOR"
Argentina / LP / Mono / RCA Victor TA4801 / Rec 1925 - 1930 / Pub 1980
ジャケット上部に小ダメージ、レーベルひげ無し、盤擦れほんのわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アルゼンチン・タンゴ史上に残る名グループ、オルケスタ・ティピカ・ビクトルの黄金期をまとめた一枚。
アルゼンチン・ビクターが全10枚でまとめたアルゼンチン・タンゴのアンソロジー"SERIE TANGO DE AYER"の一枚目。現地ビクター専属の、タンゴ史上に残る名グループ、オルケスタ・ティピカ・ビクトルの、最も良かった時代と言われる26~29年の音源を中心に収録された全14曲。【曲】「La Pueblera」「Tesorito」「Retintin」「Negro」「Pato」「Solterona」「Lazos De Seda」「La Payanca」「Malquerida」「El Portenito」「El Choclo」「Bronca Rea」「Chorra」「Recuerdo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

O.E. Risher - A MEMORY SONG(FOR J. F. KENNEDY)

  • n/a 45rpm
 O.E. Risher- O.E.ライシャー - "A MEMORY SONG(FOR J. F. KENNEDY)"
USA / 45rpm / Mono / Risher RR001 / Rec 1964 / Pub 1964
レーベル擦れ、B面に書き込み(本人のサイン)、盤表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3~3.5  1980 yen
■ジョンFケネディのことを歌った自主制作盤。
無名のO.E.ライシャーという人が、ケネディが亡くなった翌年に彼の歌を作り録音した自主制作シングル。B面は無音溝。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Olympics - THE BEST OF THE OLYMPICS

  • ドゥワップLP
 Olympics- オリンピックス - "THE BEST OF THE OLYMPICS"
USA / LP / Mono / Vee Jay VJS1205 / Rec 1950s, 1960s / Pub 1977
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ドゥワップ・グループ、オリンピックスのベスト。
東海岸のコースターズの対抗馬、オリンピックス。ロッキン・ビートに乗せた踊れるドゥワップをやっていた彼らのベストで、50年代後半から60年代のノーザンなナンバーまでを網羅したヴィージェイ・オフィシャルのベスト・アルバム。【曲】「Western Movies」「Hully Gully」「Big Boy Pete(試聴)」「The Duck」「Dance By The Light Of The Moon」「The Bounce」「Shimmy Like Kate」「Mine Exclusively(試聴)」「Baby, Do The Philly Dog(試聴)」「Same Old Thing」「I'll Do A Little Bit More」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestra Of Alexander Stellio - AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE

  • 民俗音楽/ビギンLP
Orchestra Of Alexander Stellio- オーケストラ・オブ・アレクサンドル・ステリオ - "AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE"
USA / / Mono / Folklyric 9050 / Rec 1929-1932 / Pub late1970s?
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏領マルティニークの戦前ストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオの音源集。
カリブの島々の一つ、仏領マルティニークのストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオ楽団の音源を集めた米フォークリリック編集盤。これ、スゴイ。17世紀頃から形になっていたというビギンですが、コール・ポーターの有名な「Begin The Beguine」はルンバ調で、この盤の編者ディック・スポッツウッドはポーターは本当のビギンを聴いたかどうか怪しいとライナーで言っている通り、あのイメージは皆無。むしろニューオーリンズとトリニダットの音楽が混ざったような濃い複雑なダンス音楽。このバンドは主役のクラリネット、ヴァイオリン、ドラム、トロンボーンの編成で、時にはバンジョーなども編成に加わっています。馬鹿テクのトロンボーンがリフのような演奏でメロディーの下線を引き、クラリネットとヴァイオリンは自由闊達に動き回り、そこにさらに細かいストロークにたまげるティプレ?バンジョー?が乱入したりします。しかも混乱じゃなくてきちんと収拾されてるのが恐ろしい。29~32年の14曲で、全てフランスで録音されたもの。【曲】「Ah! Gade Chabine La」「En Sens Unique S.V.P(試聴)」「Rialto! Sens Unique」「Mettez I Dero」「Mussieu Dollar(試聴)」「Mussieu Satan Fache」「Balcon Fleuri」「Ba Mouin En Ti Bo Dou Dou」「Belle Madame」「Asi Pare」「Paris」「Pani Ti Moun」「Maladie D'Amour」「Cherie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ocie Stockard And The Wanderers - 1937 THE FAMOUS FOURTEEN

  • ウエスタン・スウィングLP
 Ocie Stockard And The Wanderers- オシー・ストッカード&ザ・ワンダラーズ - "1937 THE FAMOUS FOURTEEN"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8103 / Rec 1937 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウエスタン・スウィング・バンド、オシー・ストッカードの編集盤。
ブルース、ジャズのSP盤リイシュー・レーベルのパイオニア、オリジン・ジャズ・ライブラリーが、カントリーをリリースしていたとはオドロキ。でもやっぱり、オリジンが出すだけあって内容は抜群。ミルトン・ブラウンと一緒にやっていたバンジョー奏者オシー・ストッカードが始めたグループで、40年代初頭に特に活躍するのですが、これは初録音を収録した一枚。なんと収録の全14曲、37年のある日たった一日で全て録音されたそうで、ジャズ・トランぺッターのハリー・パーマーが全編に参加。カントリー色は薄めで、南部の田舎のジャズという感じ。全てこの盤で初めてLP化されたものだそう。【曲】「There'll Be Some Changes Made(試聴)」「Just Blues」「Same Thing All The Time」「Wabash Blues」「Please Sing For Me(試聴)」「To My House」「Black And Blues」「Ain't Nobody Truck Like You」「One Of Us Was Wong」「Turn Your Lights Down Low」「How Come?」「Why Shouldn't I」「Long Ago」「What's The Matter」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.