(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: misc)

Musicians Of New Orleans - THE MUSIC OF NEW ORLEANS : THE MUSIC OF STREETS / THE MUSIC OF MARDI GRAS

  • ニューオーリンズLP
 Musicians Of New Orleans- ニューオーリンズのミュージシャン - "THE MUSIC OF NEW ORLEANS : THE MUSIC OF STREETS / THE MUSIC OF MARDI GRAS"
USA / LP / Mono / Folkways FA2461 / Rec 1954 to 1958 / Pub 1959
ジャケット擦れわずか、裏面鉛筆小書き込み、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  5980 yen
■ニューオーリンズのストリートの音楽、マルディ・グラの音楽を収録した一枚。
様々なアメリカ音楽の発祥のるつぼ、ニューオーリンズ。これは全5枚でニューオーリンズの音楽の秘密を解き明かすフォークウェイズのシリーズの一枚目で、ストリートの音楽、そしてマルディ・グラの音楽をサミュエル・チャーターズがフィールド録音した、正直卒倒するような内容の一枚。ボディドリー・ビートのもとになったととうようさんも分析している靴磨きの少年が唄うナンバー、盲目のミュージカル・ソウ奏者サム・ミッチェルの民謡、スピリチュアルの3曲、リストの「愛の夢」を弾くギタリスト、フランク・アミカ、さらにニューオーリンズのカントリー・ブルースマン、スヌークス・イーグリンの弾き語りなどなど...裏面はマルディ・グラの音楽を時系列に沿って収録。夜明け前から朝方にかけてのインディアンたちの歌から夜のブラス・バンドまで長い長い熱狂の一日をリアルに録音。54年から58年までの録音で、59年のリリース。インサート付き。【曲】「Street Calls: Watermelons, Bananas」「Sister Dora Alexander / Let God's Moon Alone」「Sister Dora Alexander / Times Done Changed」「Percy Randolph / Street Calls: Watermelons, Black Berries, Peaches」「James Mitchell / Musical Saw: What A Friend We Have In Jesus, My Old Kentucky Home, When The Saints Go Marching Home(試聴)」「Percy Randolph / Shoe Shine - Shine(試聴)」「Frank Amica / Guitar Solo - Liebestraum(試聴)」「Unknown Artist / Shoe Shine - Hambone」「Blind Snooks Eaglin / Mean Old Frisco」「The Indians / Dawn: To-Wa-Bac-A-Way, The Indian Race」「The Indians / Early Morning: Red, White, And Blue Got The Golden Band」「Hank / Noon: On Mardi Gras Day(試聴)」「Late Afternoon: The Uptown Dances, Bourbon Street Parade」「UnNight: The Parade Of The Krewe Of Momus, When The Saints Go Marching In, Margie, And South Rampart Street Parade」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sara Martins Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc. - GIVE ME ANOTHER JUG

  • ブルースLP
Sara Martin's Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc.- サラ・マーティンズ・ジャグ・バンド、ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、etc. - "GIVE ME ANOTHER JUG"
Switzerland / LP / Mono / Whoopee 102 / Rec 1924 - 31 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウーピーというスイスのレーベルから出た戦前ジャグ・バンドの編集盤。
タイトルに端的に表れているのですが、ジャグ・バンドの名演集になかなか入りそうもない珍しいナンバーを集めた、スイスのウーピーというレーベルの一枚。70年代に五枚だけ?出したレーベルのようです。まずA面はアール・マクドナルド特集。このジャンルの録音第一号のレコードでウッドベースやチューバよりはるかな巨大な音でジャグを吹き、この音楽を広めた歴史上最も偉大なプレイヤー。在籍したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズは二曲のみで、ジャズ、ブルース・シンガーのバックを努めた貴重な音源多し。初めて聞くものばかりです。裏面は、メンフィス・ジャズ・バンドの編集盤に漏れていそうな彼らの別働隊や、ハーモニカ奏者のジェド・ダヴェンポートのバンド、もう一つのジャグ・バンド第一号グループ、ウィッスラー・ジャグ・バンド等を収録。試聴のように結構高音削られた音質ではありますが、ジャグそのものの演奏を聞きたいというかたには特にお薦め。【曲】「Sara Martin's Jug Band / Blue Devil Blues」「」「Jug Band Blues」「Dixieland Jug Blowers / If You Can't Make It Easy」「When I Stopped Running」「Ben Ferguson / Please Don't Holler Mama」「Try And Treat Her Right」「John Harris / Glad And Sorry Blues(試聴)」「Madelyn James / Stinging Snake Blues」「Jed Davenport And His Beale Street Jug Band / Jug Blues」「Piccolo Blues」「King David's Jug Band / Georgia Bo-Bo」「Tear It Down」「Kaiser Clifton / Cash Money Blues」「Fort Worth And Denver Blues」「Whistler's Jug Band / Foldin' Bed(試聴)」「Hold That Tiger」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Esso Steelband With Lloyd Simmons, Hubert Smith Jr. - BERMUDA HONEYMOON

  • バミューダの音楽LP
 Esso Steelband With Lloyd Simmons, Hubert Smith Jr.- エッソ・スティール・バンド、ロイド・シモンズ、ヒューバート・スミスJr. - "BERMUDA HONEYMOON"
USA / LP / Mono / Cook Laboratories 904 / Rec 1958 / Pub 1960s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■エッソ・スティール・バンドのクック・レコードからの一枚。
スティール・バンド界の文句なしのトップ・グループ、エッソ・スティール・バンドのクック・レコードからの一枚。大勢でバラバラバラ~とやるタイプとは違い、数人のパン奏者が簡素なリズムでポンポンと優しいメロディを奏でる、ほんとに気分のいいサウンド。そして、スティール・パンの演奏と交互に、ロイド・シモンズ、ヒューバート・スミスJrのカリプソ・ソングが入っていてこれまた気持ちよく聞けるいい歌ぞろい。マーティン・デニー等も取り上げた40年代エキゾ・ソング「シミロー」の改題カバー「Seminole」も入っていてこれはかなりヤバイ。【曲】「Water」「Carioca」「Bachanal Carnival」「Frenesi(試聴)」「Weed(試聴)」「Country Girl」「Yellow Bird」「Cumana」「Seminole」「Peanut Vendor」「Balencia」「Like My Heart」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Junior Wells - CHIEFLY WELLS - CHICAGO BLUES WITH MAGIC SAM AND SHAKEY JAKE

  • ブルースLP
 Junior Wells- ジュニア・ウエルズ - "CHIEFLY WELLS - CHICAGO BLUES WITH MAGIC SAM AND SHAKEY JAKE"
U.K. / LP / Mono / Flylight FLY605 / Rec 1957 to 1966 / Pub 1985
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■シカゴ・ブルース・マン、ジュニア・ウエルズの音源集。
マディ・ウォーターズ・バンドのハープ奏者として活躍したのちさらに頭角を現し、ファンキーでロキンなブルースを連発、シカゴのブルース・シーンの代表格となったウエルズの、57年から66年までの音源集。初期の骨組みだけのスカスカのロッキン・ブルースから、ジュニア・ウエルズの真骨頂の、ファンク手前のクールなリズム&ブルース・タイプのナンバーを中心に、アップタイトなハイテンションのインストものまで、オーティス・スパン、ルイス・マイヤーズはじめ錚々たるメンツの演奏もたっぷり楽しめる一枚。チーフ・レコード同門のマジック・サム、シェイキー・ジェイクのファンキー・ブルースも数曲づつ収録。【曲】「Junior Wells / Two-Headed Woman(試聴)」「Cha Cha Cha In Blues」「Lovey Dovey Lovey One」「I'm A Stranger」「The Things I'd Do For You」「I Need Me A Car」「I'll Get You Too」「One Day (Every Goodbye Ain't Gone)」「Calling All Blues」「Love Me」「Galloping Horses A Lazy Mule」「Magic Sam / You Don't Have To Work」「Mr. Charlie」「My Love Is Your Love」「She Belongs To Me(試聴)」「Shakey Jake / Respect Me Baby」「A Hard Road」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lazy Lester - POOR BOY BLUES

  • ブルースLP
 Lazy Lester- レイジー・レスター - "POOR BOY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP544 / Rec 1950s / Pub 1978
ジャケット円状の擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ルイジアナのブルース・ハープ奏者/シンガー、レイジー・レスターの未発表集。
ルイジアナの伝説的プロデューサー、ジェイ・ミラーの仕事をまとめる英フライライトのシリーズから、ブルース・ハープ奏者/スワンプ・ブルース・シンガーのレイジー・レスターの音源集。現地ブルースマンからケイジャンのネイサン・アブシャイアなどなど、ジェイ・ミラーが仕切ったセッションで非常に多くのレコーディングを支えた、50年代ルイジアナのほんとの屋台骨的ミュージシャン。全て未発表、もしくは未発テイクの12曲で、全てナッシュビルのエクセロ・レコードのために録音されたナンバー。ジョニー・アランが好きな人にぜひ聞いてほしい絶品のスワンプ・ナンバー、豪快にエコーをかませた強烈なブギ・ブルース、ロックンロールをブラック・ルイジアナに染め上げたナンバーなどなどほんとにいい全12曲。【曲】「Poor Boy Blues」「A Woman」「The Same Thing Could Happen To You(試聴)」「I'm So Glad」「Sugar-Coated Love(試聴)」「Patrol Wagon」「Sad Sad City」「I Hear You Knockin'」「Now It's Time」「Ain't Nothin' In This World」「You Got Me Where You Want Me」「You Gonna Lose Your Head」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Junior Wells - UNIVERSAL ROCK

  • ブルースLP
 Junior Wells- ジュニア・ウエルズ - "UNIVERSAL ROCK"
U.K. / LP / Mono / Flylight FLY588 / Rec 1957 to 1963 / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴ・ブルース・マン、ジュニア・ウエルズの音源集。
マディ・ウォーターズ・バンドのハープ奏者として活躍したのちさらに頭角を現し、ファンキーでロキンなブルースを連発、シカゴのブルース・シーンの代表格となったウエルズの、50年代から63年までのナンバーを収録した一枚。タイトル曲はアール・フッカーもギターで参加したウルトラ・ホットなブルース・インスト。これだけでいいという人もいると思うカッコよさ。他は全て歌入り、evilでワイルドなナンバーでぎっしり。信頼のフライライトからで、しっかりしたモノラル盤。【曲】「Come On In This House」「Little By Little」「So Tired」「She's A Sweet One」「It Hurts Me Too」「Universal Rock(試聴)」「Messin' With The Kid(試聴)」「Prison Bars All Around Me」「You Don't Care」「I Could Cry(試聴)」「You Sure Look Good To Me」「When The Cat's Gone The Mice Play」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Snooky Pryor - SNOOKY PRYOR

  • ブルースLP
 Snooky Pryor- スヌーキー・プライアー - "SNOOKY PRYOR"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP100 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1969
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■シカゴのブルース・ハープ奏者、スヌーキー・プライアーの編集盤。
ミシシッピ生まれでシカゴに渡り、40年代から活躍したブルース・ハープ奏者&シンガー、スヌーキー・プライアー。ワイルドで悲痛なハープ、ムーディ・ジョーンズ(G)らバックのメンバーにも恵まれ、ダーティで強烈なナンバーを残しました。さらに、今では当たり前な、マイクとハープを一緒に持って吹くあの奏法は彼が始めたとも言われています。このアルバムに先立つ彼の編集盤一枚目で、48年からのナンバーを14曲収録。【曲】「Telephone Blues」「Boogie(試聴)」「Raisin' Sand」「Boogy Fool(試聴)」「I'm Getting Tired」「Going Back On The Road」「I Want You For Myself 」「Crosstown Blues」「Cryin' Shame」「Eighty Nine Ten」「Someone To Love Me」「Judgement Day」「Uncle Sam Don't Take My Man(試聴)」「Boogie Twist」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Snooky Pryor And Moody Jones - SNOOKY AND MOODY : REAL FINE BOOGIE

  • ブルースLP
Snooky Pryor And Moody Jones- スヌーキー・プライアー&ムーディ・ジョーンズ - "SNOOKY AND MOODY : REAL FINE BOOGIE"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY565 / Rec 1950s / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■スヌーキー・プライアーとムーディ・ジョーンズ(G)の名演集。
ミシシッピ生まれでシカゴに渡り、40年代から活躍したブルース・ハープ奏者&シンガー、スヌーキー・プライアー。ワイルドで悲痛なハープ、ムーディ・ジョーンズ(G)らバックのメンバーにも恵まれ、ダーティで強烈なナンバーを残しました。さらに、今では当たり前な、マイクとハープを一緒に持って吹くあの奏法は彼が始めたとも言われています。これはスヌーキーとムーディ・ジョーンズのギター・ワークもたっぷり楽しめる音源を選りすぐった英フライライト編集盤。 【曲】「Fine Boogie(試聴)」「I'm Getting Tired」「Rough Treatment」「Why Should I Worry」「Going Back On The Road」「Please Somebody」「Real Fine Boogie」「Hold Me In Your Arms」「Rough Treatment」「Why Should I Worry(試聴)」「Boogie Twist(試聴)」「Big Guns」「Uncle Sam Don't Take My Man」「Can't We Get This Straight」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

//////////ビクター・ラテン音楽名盤シリーズ多数入荷しました

60~70年代にかけて、日本ビクターが南米のグループ、シンガー達のレコードを選りすぐりリリースした日本独自規格の編集盤"ビクター・ラテン音楽名盤シリーズ"が多数入荷しました。中村とうよう、浜田滋郎、永田文夫らが選曲、丁寧な解説を付けた盤で、メキシコ、プエルト・リコ、キューバ、ブラジル、チリ、アルゼンチン等でリリースされた30~50年代の音源を中心に、後々多くカバーされたラテン・スタンダードのオリジナル・バージョン、知られざるグループの珍録音を多数収録。帯無しですがコンディションひどいもの無し、一枚980円です。

1. Trio Calaveras / Trio Tariacuri (メキシコ)
■A面はメキシコのボーカル・トリオを代表するグループの一つトリオ・カラヴェラス。B面はアクの強い歌を聞かせるトリオ・タリアクリ。※試聴

2. Los Chalchaleros (アルゼンチン)
■アタウアルパ・ユパンキの曲をとりあげモダンに聞かせ世界に名をひろめた名グループ。※試聴

3. Trio Matamoros (キューバ)
■キューバのソンを代表するグループで、ラテン・アメリカ圏の"トリオ"のルーツともなった。※試聴

4. Carmen Miranda / Bando Da Lua (ブラジル)
■A面はハリウッドでも活躍した歌姫ミランダのブラジル時代の音源。B面は彼女のバック・バンドとしても有名になったバンド・ダ・ルアの珍しい30年代音源。※試聴

5. Daniel Santos (プエルト・リコ)
■戦後すぐあたりから50年代にかけてのラテン・アメリカ圏の五指に入ると言われる、プエルト・リコの名シンガー、ダニエル・サントスのベスト・オブ・ベスト。※試聴

6. Jorge Ngrete / Lucha Reyes (メキシコ)
■メキシコのカンシオン・ランチェレ(俗謡)の二大スターを両面に収録。Aはホルヘ・ネグレテ、Bはルチャ・レジェス。※試聴

7. Hermanos Abalos (アルゼンチン)
■古くからの郷土民謡をまとめあげ、オーソドックスなスタイルを確立したアルゼンチン・フォルクローレの先駆的兄弟グループ。※試聴

8. Hermanos Martinez Gil (メキシコ)
■このグループを起点に、トリオ・ロス・パンチョスやロス・トレス・ディアマンテス等メキシコのボレロが発展していった。※試聴

9. LA MUSICA CUBANA EN ETERNIDAD(キューバ )
■オムニバス。「Guantanamera」のオリジナル・バージョン等を含む8グループ14曲。選曲は中村とうよう。※試聴

10. Antonio Machin / Quarteto Mayari (キューバ/プエルト・リコ)
■A面はドン・アスピアス楽団で「Peanuts Vendor」のオリジナル・バージョンを歌ったキューバのシンガー、アントニオ・マチンのソロ音源集。B面はプエルト・リコ最高のコンフント(小編成バンド)と言われたクアルテート・マジャリ。※試聴

11. Andres Chazarreta / Martha De Los Rios (アルゼンチン)
■アンドレス・チャサレータ、マルタ・デ・ロス・リオスという、アルゼンチン・フォルクローレの先駆者的シンガーを収録。※試聴

12. Luiz Gonzaga / Inezita Barroso (ブラジル)
■A面は、ブラジルのバイヨンといえばこの人というルイス・ゴンザーガ。B面は、ゴンザーガ同様ノルデスチ(東北部)の民謡を発掘し歌った歌手で女優のイネジータ・バローゾ。※試聴

13. LA EPOCA DE ORO DE LA MUSICA PARAGUAYA (パラグアイ)
■A面は、パラグアイのアルパの現代的演奏を開拓した名手フェリックス・ペレス・カルドーゾ。B面は、洗練されたソフトな声で人気となった歌手兼バンドリーダー、サムエル・アグアージョ。※試聴

14. LA MUSICA TROPICAL EN LA ETERNIDAD (キューバ/プエルト・リコ/メキシコ/ブラジル )
■レクオナ・キューバン・ボーイズやティト・プエンテ等有名どころから、シリーズ初お目見えの珍しいグループも収録したトロピカルなオムニバス。※試聴

15. AUTENTICOS INTERPRETACIONES DE LOS CANCIONES DE SEMPRE (メキシコ)
■ペドロ・バルガス等3~40年代メキシコの三人のシンガーが歌った、「Siboney」「Maria Elena」といったラテン・スタンダード名唱集。※試聴

16. IMMORTALES DE LA MUSICA LATINOAMERICANA (メキシコ/キューバ/プエルト・リコ/ブラジル)
■シリーズ全体を俯瞰するようなオムニバスで、全曲これが初LP化。プエルト・リコのラファエル・エルナンデス、バイヨンの王様ルイス・ゴンサーガ、レクオナ・キューバン・ボーイズのレア曲など全14曲。中村とうよう選曲・解説。※試聴

17. IMMORTALES DE LA MUSICA LATINOAMERICANA VOL.3 (キューバ/チリ/ベネズエラ/ブラジル)
■オムニバス第三集。キューバの作曲家ゴンサロ・ロイグの楽団、ブラジルの混声グループ、トリオ・デ・オロ、世界的ケーナ奏者アントニオ・パントーハの初期録音など全12曲収録。※試聴

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

African Animals - ANIMALS OF AFRICA : SOUNDS OF THE JUNGLE, PLAIN AND BUSH

  • 自然音LP
 African Animals- アフリカの動物 - "ANIMALS OF AFRICA : SOUNDS OF THE JUNGLE, PLAIN AND BUSH"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H72056 / Rec ? / Pub 1973
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■アフリカの動物の鳴き声をフィールド録音した一枚。
ノンサッチの民俗音楽シリーズから、アフリカにすむ動物の鳴き声を収録した一枚。作曲家ウィリアム・ボルコムが、動物と人間の音楽を比較して、動物にやや軍配をあげつつそれを熱く立証していくライナーが面白い。 【曲】「ヒョウ」「サバンナモンキー」「ハイラックス」「サイ(試聴)」「シマウマ」「オグロヌー(試聴)」「ライオン」「ブチハイエナ」「リカオン」「セグロジャッカル」「アフリカゾウ(試聴)」「カバ(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alabama Jug Band, Georgia Washboard Stompers - JUG AND WASHBOARDS

  • ジャズ/ジャグ・バンドLP
Alabama Jug Band, Georgia Washboard Stompers- アラバマ・ジャグ・バンド、ジョージア・ウォッシュボード・ストンパーズ - "JUG AND WASHBOARDS"
U.K. / LP / Mono / Ace Of Hearts AH163 / Rec 1934 / Pub 1967
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■ジャズマン達によるジャグ・バンドを収録した一枚。
A面はアラバマ・ジャグ・バンド。と言ってもアラバマのグループではなく、クラレンス・ウィリアムス(ジャグ)、エド・アレン(Cor)、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、アイキー・ロビンソン(G)という、まさしくニューヨークのトップ・ジャズ・マンたち。隙間を縫うようなアイキー・ロビンソンの長尺ソロが入った一曲目から、アップ中心の6曲。裏面のジョージア・ウォッシュボード・ストンパーズも、クラレンス・プロフィット(P)などジャズマン達による6曲。スピリッツ・オブ・リズムなんかのジャイヴの辺りまで行ってるナンバーもあり。両面ともに34年録音。67年エイス・オブ・ハーツオリジナル盤。【曲】「Alabama Jug Band / My Gal Sal」「Gulf Coast Blues」「Sister Kate」「Jazz Me Blues」「Somebody Stole My Gal(試聴)」「Crazy Blues」「Georgia Washboard Stompers / Everybody Loves My Baby」「Farewell Blues(試聴)」「I Can't Dance (I Got Ants In My Pants)」「Who Stole The Lock (On The Henhouse Door)」「After You've Gone」「Chinatown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band - MEMPHIS JUG BAND

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "MEMPHIS JUG BAND"
USA / LP / Mono / Yazoo 1067 / Rec late1920s / Pub early1980s
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■決定盤といえるヤズーの2LP。
ウィル・シェイドが中心となり、チャーリー・バース(G)、ケイシー・ビル・ウエルダン(G)、チャーリー・ポーク(Jug)、女性ボーカルのハッティ・ハート、メンフィス・ミニーなど、のべ20人ぐらいが20~30年代中期までにこのバンドに関わり、ビクター、オーケエ等のレーベルに録音を残しました。このヤズー盤は、二枚組で彼らの最も美味しいナンバーを選りすぐった決定盤と言える内容。メンフィスがいかにアメリカの重要な音楽地帯であり、また独特のカラーを持ったミュージシャンたちがいたのか伝わってきます。CDもリリースされていますが、アナログは5曲多いです。ジャケット・アートワークはロバート・クラム。※おととしアナログでリイシューされました【曲】「I'll See You In The Spring, When The Birds Begin To Sing」「Memphis Jug Blues(試聴)」「Cave Man Blues」「Gator Wobble」「Beale Street Mess Around」「Memphis Yo Yo Blues」「Stealin' Stealin'」「Lindberg Hop」「Fourth St. Mess Around(試聴)」「Memphis Boy Blues」「Taking Your Place」「On The Road Again」「Tired Of You Driving Me」「Cocaine Habit Blues」「Oh Ambulance Man」「K..C. Moan」「You May Leave But This Will Bring You Back」「The Old Folks Started It」「Newport News Blues-Take 1」「Everybody's Talking About Sadie Green」「Little Green Slippers(試聴)」「Spider's Nest Blues」「Sometimes I Think I Love You」「She Stays Out All Night Long」「Insane Crazy Blues」「Aunt Caroline Dyer Blues」「What's The Matter?」「Whitewash Station Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.