(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: misc)

African Animals - ANIMALS OF AFRICA : SOUNDS OF THE JUNGLE, PLAIN AND BUSH

  • 自然音LP
 African Animals- アフリカの動物 - "ANIMALS OF AFRICA : SOUNDS OF THE JUNGLE, PLAIN AND BUSH"
USA / LP / Stereo / Nonesuch H72056 / Rec ? / Pub 1973
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■アフリカの動物の鳴き声をフィールド録音した一枚。
ノンサッチの民俗音楽シリーズから、アフリカにすむ動物の鳴き声を収録した一枚。作曲家ウィリアム・ボルコムが、動物と人間の音楽を比較して、動物にやや軍配をあげつつそれを熱く立証していくライナーが面白い。 【曲】「ヒョウ」「サバンナモンキー」「ハイラックス」「サイ(試聴)」「シマウマ」「オグロヌー(試聴)」「ライオン」「ブチハイエナ」「リカオン」「セグロジャッカル」「アフリカゾウ(試聴)」「カバ(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alabama Jug Band, Georgia Washboard Stompers - JUG AND WASHBOARDS

  • ジャズ/ジャグ・バンドLP
Alabama Jug Band, Georgia Washboard Stompers- アラバマ・ジャグ・バンド、ジョージア・ウォッシュボード・ストンパーズ - "JUG AND WASHBOARDS"
U.K. / LP / Mono / Ace Of Hearts AH163 / Rec 1934 / Pub 1967
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■ジャズマン達によるジャグ・バンドを収録した一枚。
A面はアラバマ・ジャグ・バンド。と言ってもアラバマのグループではなく、クラレンス・ウィリアムス(ジャグ)、エド・アレン(Cor)、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、アイキー・ロビンソン(G)という、まさしくニューヨークのトップ・ジャズ・マンたち。隙間を縫うようなアイキー・ロビンソンの長尺ソロが入った一曲目から、アップ中心の6曲。裏面のジョージア・ウォッシュボード・ストンパーズも、クラレンス・プロフィット(P)などジャズマン達による6曲。スピリッツ・オブ・リズムなんかのジャイヴの辺りまで行ってるナンバーもあり。両面ともに34年録音。67年エイス・オブ・ハーツオリジナル盤。【曲】「Alabama Jug Band / My Gal Sal」「Gulf Coast Blues」「Sister Kate」「Jazz Me Blues」「Somebody Stole My Gal(試聴)」「Crazy Blues」「Georgia Washboard Stompers / Everybody Loves My Baby」「Farewell Blues(試聴)」「I Can't Dance (I Got Ants In My Pants)」「Who Stole The Lock (On The Henhouse Door)」「After You've Gone」「Chinatown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band - MEMPHIS JUG BAND

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "MEMPHIS JUG BAND"
USA / LP / Mono / Yazoo 1067 / Rec late1920s / Pub early1980s
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■決定盤といえるヤズーの2LP。
ウィル・シェイドが中心となり、チャーリー・バース(G)、ケイシー・ビル・ウエルダン(G)、チャーリー・ポーク(Jug)、女性ボーカルのハッティ・ハート、メンフィス・ミニーなど、のべ20人ぐらいが20~30年代中期までにこのバンドに関わり、ビクター、オーケエ等のレーベルに録音を残しました。このヤズー盤は、二枚組で彼らの最も美味しいナンバーを選りすぐった決定盤と言える内容。メンフィスがいかにアメリカの重要な音楽地帯であり、また独特のカラーを持ったミュージシャンたちがいたのか伝わってきます。CDもリリースされていますが、アナログは5曲多いです。ジャケット・アートワークはロバート・クラム。※おととしアナログでリイシューされました【曲】「I'll See You In The Spring, When The Birds Begin To Sing」「Memphis Jug Blues(試聴)」「Cave Man Blues」「Gator Wobble」「Beale Street Mess Around」「Memphis Yo Yo Blues」「Stealin' Stealin'」「Lindberg Hop」「Fourth St. Mess Around(試聴)」「Memphis Boy Blues」「Taking Your Place」「On The Road Again」「Tired Of You Driving Me」「Cocaine Habit Blues」「Oh Ambulance Man」「K..C. Moan」「You May Leave But This Will Bring You Back」「The Old Folks Started It」「Newport News Blues-Take 1」「Everybody's Talking About Sadie Green」「Little Green Slippers(試聴)」「Spider's Nest Blues」「Sometimes I Think I Love You」「She Stays Out All Night Long」「Insane Crazy Blues」「Aunt Caroline Dyer Blues」「What's The Matter?」「Whitewash Station Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ferrante And Teicher - HEAVENLY SOUNDS IN HI-FI

  • イージー・リスニングLP
 Ferrante And Teicher- フェランテ&タイシャ - "HEAVENLY SOUNDS IN HI-FI"
USA / LP / Mono / Mono ABC221 / Rec 1957 / Pub 1957
コーティング・ジャケット擦れわずか、しみわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■ピアノ・デュオ、フェランテ&タイシャのプリペアド・ピアノ作。
ピアニストしても神童クラスの2人がプリペアド・ピアノの洗礼を受け生みだした数枚のアルバムは、耳に新鮮なだけでなく構築度も最高な、紛れもなくピアノ音楽の一つの奇跡。ピアノでやっているとは到底思えないパーカッションのような音まで、全てピアノで出しているということにまず驚くのですが、反面やはりピアノという楽器の懐の深さを感じられたりします。ピアノという、古く完成された楽器をいかに歴史の呪縛から解き放つか。彼らは軽々とやってのけています。そして決して陳腐にならないこの格調の高さ。月や星にちなんだスタンダードをとりあげた彼らのまぎれもない名盤。【曲】「The Moon Was Yellow(試聴)」「Stella By Starlight」「Stardust」「Stars In My Eyes」「The Moon Is Low」「Over The Rainbow」「Out Of This World」「Out Of Nowhere(試聴)」「Beyond The Moon」「I've Told Every Little Star」「East Of The Sun」「Serenade To A Star」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Mexico - MUSIQUE MEXICAINES

  • 民俗音楽/メキシコLP
People Of Mexico- メキシコの人々 - "MUSIQUE MEXICAINES"
France / LP / Stereo / Ocora OCR73 / Rec 1978 / Pub 1970s
見開きコーティング・ジャケット擦れわずか、内側ブックレット部しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■メキシコの先住民10部族の、生活に根差した音楽、音を収録した一枚。
仏オコラ・レコードから、メキシコ先住民10部族の民俗音楽を現地録音した一枚。笛と太鼓が付かず離れず絶妙な会話を続ける、どこか懐かしいサポテコ族の雨季のための音楽、セリ族の一弦バイオリンの素朴な独奏、壊れたチャルメラのような音がする、貝殻を使ったナワ族の聖人の日のための音楽、銅を鍛えるタラスコ族の職人が生むリズムを聞く曲、魚釣りやアルマジロのことを歌ったマヤ族の伝承歌などなど、それぞれの地域で限定的に育まれた生活のための音楽を16曲収録。オリジナル・ジャケット、セカンド・レーベル、仏英二か国語解説。【曲】「Musique Pour La Saison Des Pluies」「Chant De Guerison」「Arc Musical」「Viele Monocorde」「Appel De Tochocate, Pour La Fete De La Toussaint」「Danse Des "Saint-Jacques"」「Totonac」「Rythmes De Travail Du Cuivre」「Musique Pour La Ceremonie Du Peyotl」「Chant Rituel De La Pluie」「"Tue Le Tigre" Danse」「Chant De La Bonne Peche」「Chanson De Tatou」「Danse Du Tigre」「Chanson D'Amour」「Danse Bailaviejo」「Chant Pour Apaiser Le Tigre」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Birds Of Soviet - BIRDS OF SOVIET

  • 非音楽10LP
 Birds Of Soviet- ソビエトの鳥 - "BIRDS OF SOVIET"
USSR / 10LP / Mono / Melodiya 14867-8 / Rec early60s / Pub early60s?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、表層スクラッチ少し、インサート小折れ目
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■ソビエトに棲む鳥の鳴き声を収録した10インチLP。
何枚出ているかわかりませんが、ソビエトに棲む鳥の鳴き声を収録した10インチLPのシリーズの一枚で、この第四集はシベリアの鳥の特集。61~62年に録音された21種類(鹿もあり)の鳴き声を収録、途中に短くロシア語のナレーション入ります。試聴は各面冒頭。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Bley - IMPROVISIE

  • ジャズ/インプロヴィゼーションLP
 Paul Bley- ポール・ブレイ - "IMPROVISIE"
France / LP / Stereo / America 30AM6121 / Rec 1971 / Pub 1971
コーティングジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ極わずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4800 yen
■71年のライブ・アルバム。
ポスト・バップ~フリーへとジャズが移り変わっていく時代を代表するピアニスト、ポール・ブレイ。54年にデビュー・レーベルから初ソロ作を発表、その後オーネット・コールマンと接触、そしてサヴォイから『FOOTLOOSE』やESP『CLOSER』等をリリース。フリーからアヴァン、そしてシンセを大胆に使うシンセサイザー・ショウへと活動の幅を拡張。これはその頃リリースされた、オランダ・ロッテルダムでのライブを収録したアルバム。ブレイとアネット・ピーコック、そして現地のドラマー、ハン・ベニンクの三人が、動物的な勘をたよりに音を発し続ける一枚。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Freeman Stowers, State Street Boys, Carver Boys, etc. - HARMONICA BLUES : GREAT HARMONICA PERFORMANCES OF THE 1920S AND 30S

  • ブルースLP
Freeman Stowers, State Street Boys, Carver Boys, etc.- フリーマン・ストーワーズ、ステイト・ストリート・ボーイズ、カーヴァー・ボーイズ、etc. - "HARMONICA BLUES : GREAT HARMONICA PERFORMANCES OF THE 1920'S AND 30'S"
USA / LP / Mono / Yazoo -1053 / Rec late1920s / Pub 1991
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ヤズー選曲のハーモニカ・ブルース集。
ロバート・クラムの愉快なジャケットからもイメージできるように、ブルース本来の意味を忘れても思いっきり楽しめる最高のコンピレーション。技巧派からホーカムなものまで幅ひろく楽しめる戦前ハーモニカ・ブルース集です。もろにブルースな曲もどこか陽気さを湛えているのが独特。一曲目に必ず必殺のナンバーを持ってくるヤズーですが、これももちろんそう。歌というか声と、超絶のハーモニカ・テクニックで、伴奏なしでプレイされるFreeman Stowersという人の「RAILROAD BLUES」にはじまり、Bラストまで、純粋に音の楽しさ面白さで一杯の14曲。カラー孔雀レーベル。 【曲】「Freeman Stowers / Railroad Blues(試聴)」「State Street Boys / Crazy About You」「Carver Boys / Wang Wang Harmonica Blues」「Lee Brown / My Driving Wheel」「Ashley & Foster / Bay Rum Blues」「Robert Hill / I'm Going To Write And Tell Mother」「Chuck Darling / Blowin' The Blues(試聴)」「Chuck Darling / Harmonica Rag」「Jaybird Coleman / Man Trouble Blues」「Jazz Gillum / I Want You By My Side」「Alfred Lewis / Friday Moan Blues」「Chicken Wilson & Skeeter Hinton / House Snake Blues」「Bobby Leecan & Robert Cooksey / Need More Blues」「DeFord Bailey / Davidson County Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of New Orleans - THE MUSIC OF NEW ORLEANS : THE MUSIC OF STREETS / THE MUSIC OF MARDI GRAS

  • ニューオーリンズLP
 Musicians Of New Orleans- ニューオーリンズのミュージシャン - "THE MUSIC OF NEW ORLEANS : THE MUSIC OF STREETS / THE MUSIC OF MARDI GRAS"
USA / LP / Mono / Folkways FA2461 / Rec 1954 to 1958 / Pub 1959
ジャケット擦れ少々、下部取り出し口小縁裂け、裏面小書き込み、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ、気になりません、ブックレットきれい
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3.5~4  5680 yen
■ニューオーリンズのストリートの音楽、マルディ・グラの音楽を収録した一枚。
様々なアメリカ音楽の発祥のるつぼ、ニューオーリンズ。これは全5枚でニューオーリンズの音楽の秘密を解き明かすフォークウェイズのシリーズの一枚目で、ストリートの音楽、そしてマルディ・グラの音楽をサミュエル・チャーターズがフィールド録音した、正直卒倒するような内容の一枚。ボディドリー・ビートのもとになったととうようさんも分析している靴磨きの少年が唄うナンバー、盲目のミュージカル・ソウ奏者サム・ミッチェルの民謡、スピリチュアルの3曲、リストの「愛の夢」を弾くギタリスト、フランク・アミカ、さらにニューオーリンズのカントリー・ブルースマン、スヌークス・イーグリンの弾き語りなどなど...裏面はマルディ・グラの音楽を時系列に沿って収録。夜明け前から朝方にかけてのインディアンたちの歌から夜のブラス・バンドまで長い長い熱狂の一日をリアルに録音。54年から58年までの録音で、59年のリリース。インサート付き。【曲】「Street Calls: Watermelons, Bananas」「Sister Dora Alexander / Let God's Moon Alone」「Sister Dora Alexander / Times Done Changed」「Percy Randolph / Street Calls: Watermelons, Black Berries, Peaches」「James Mitchell / Musical Saw: What A Friend We Have In Jesus, My Old Kentucky Home, When The Saints Go Marching Home(試聴)」「Percy Randolph / Shoe Shine - Shine(試聴)」「Frank Amica / Guitar Solo - Liebestraum(試聴)」「Unknown Artist / Shoe Shine - Hambone」「Blind Snooks Eaglin / Mean Old Frisco」「The Indians / Dawn: To-Wa-Bac-A-Way, The Indian Race」「The Indians / Early Morning: Red, White, And Blue Got The Golden Band」「Hank / Noon: On Mardi Gras Day(試聴)」「Late Afternoon: The Uptown Dances, Bourbon Street Parade」「UnNight: The Parade Of The Krewe Of Momus, When The Saints Go Marching In, Margie, And South Rampart Street Parade」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rostov Chimes - ROSTOV CHIMES

  • 自然音/非音楽10LP
 Rostov Chimes- ロストフ市の鐘 - "ROSTOV CHIMES"
USSR / 10LP / Mono / Melodiya 15835-6 / Rec 1960s / Pub ?
ジャケット円状の擦れ、端々小やぶれ、くたびれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ロシアの古都ロストフ市の城の鐘の音を録音した10インチLP。
モスクワの200キロ北東にある古都、ロストフの有名なお城にある鐘の音を収録した一枚。様々な都市にある鐘の音を観光的に録音したレコードは数あれど、この一枚は、ロシアの象徴とも言われるこの鐘の音のみを様々に録音、結果他に無い感触のレコードになりました。途中途中でロシア語のナレーションが入ります。AB面ノンストップ。※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monks Of Eiheiji - SANZEN NYUMON

  • ドキュメンタリーLP
 Monks Of Eiheiji- 永平寺の僧侶 - "SANZEN NYUMON"
Japan / LP / Stereo / Philips PH8535 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげほんのわずか、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■朝晩の座禅の様子を収録したアルバム。
実際インサートには座禅の仕方など入門的なところもありますが、はっきり言って全然関係なしに楽しめる、レコードとしてもスゴイとしか言いようのない一枚。A面、まず音溝を見てほしい...曉天座禅という、朝の座禅の様子を収録。少しの導入と結びはありますが、雨音の中、およそ二分に一度の鐘が鳴り、試聴だと聞こえないと思いますが、超低音の残響がその間延々と響く、これが繰り返されるという面。B面は普観座禅儀という夜の座禅で、何十もの僧侶の読経を収録。こちらもスゴイ。ハーモニーの響きが最初からラストにかけてわずかづつ表情が変化、現生的なものから永遠不変なムードになっているようにも感じます。帯、解説付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Diamond - OFF SHORE

  • イージー・リスニングLP
Leo Diamond- レオ・ダイアモンド - "OFF SHORE"
USA / LP / Mono / Reprise R6024 / Rec 1961 / Pub 1961
ジャケット擦れわずか、下部中央縁裂け、上部テープ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、チリ音少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■大推薦。ハーモニカ奏者レオ・ダイアモンドのこれが名盤。
名ハーモニカ・バンド、ハーモニカ・ラスカルズ出身で、ソロとなった後は、ハーモニカ界のレス・ポールかフェランテ&タイシャか、どうやって出しているのか想像もつかない抜群のテクニック、そして多重録音を駆使してこの世にありえない音を作った音楽家レオ・ダイアモンド。さて、このアルバムは、そういう奇抜なサウンドに飽き飽きした、いいメロディと絶妙な伴奏が聞きたいという方に何がなんでもお薦めしたい、ホントの名盤。50年代初頭に作曲した代表作「Off Shore」はじめ、海や夜をテーマにした曲が選ばれひたすらいい演奏が続く12曲。【曲】「Off Shore(試聴)」「Harbor Lights」「Canadian Sunset(試聴)」「Beyond The Sea」「Misty Night」「In The Still Of The Night」「On Treasure Island」「My Romantic Love」「Ebb Tide」「Dreamy Melody」「By The Waters Of The Minnetonka」「Moon River」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.