(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: lp, Page 2)

Thomas Talbert - BIX, FATS, DUKE

  • ジャズLP
Thomas Talbert- トーマス・タルバート - "BIX, FATS, DUKE"
USA / LP / Stereo / Atlantic SD1250 / Rec 1956 / Pub 1950s
コーティング・ジャケット擦れ少々、左上カットアウトホール、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3680 yen
■アトランティック室内楽ジャズの大大傑作。
モダン・ジャズ全盛の40年代後半から50年代にかけてわずかなSP盤とLP2枚(内一枚は女性ヴォーカルのこれまた隠れた名作)しか残さず、早々にレコード業界から身をひいてしまったため、わずかなジャズ・ファンにしか知られず、つまり過小評価につながってしまったモダン・バンド系のアレンジャー、トーマス・タルバート。しかしこの一枚を聞くと、ここでもうやりたいことをやりつくしてしまったのかな?と思わざるを得ない、超傑作。ビックス・バイダーベック、ファッツ・ウォーラー、デューク・エリントンの作品をアレンジしたという単純なコンセプトながら、その内容は他のアレンジャーとは到底比べられない仕上がり。クロード・ソーンヒルにアレンジを書いていたタルバートらしく、ホルンやバスーンの限りなく印象派的なムードはまるでドビュッシーがアレンジしたようなオーケストレーション。一曲目の「In A Mist」(ビックスが作り録音を残さなかった他2曲のピアノ曲まで取り上げる徹底ぶり)から最後のエリントンまで全くペースを乱さず淡くスリリングな世界が広がる文句なしの一枚。ステレオ緑レーベルのオリジナル盤。【曲】「Candlelights(試聴)」「Black And Blue」「Prelude To A Kiss」「Bond Street」「Green Light & Orange Bright」「Clothes Line Ballet」「In A Mist」「Keepin' Out Of Mischief Now」「In The Dark」「Do Nothin' Till You Hear From Me & Koko(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

New Hampshire Symphony Orchestra, etc. - VIRGIL THOMSON / ROBERT HELPS

  • クラシックLP
 New Hampshire Symphony Orchestra, etc.- ニュー・ハンプシャー・シンフォニー・オーケストラ、etc. - "VIRGIL THOMSON / ROBERT HELPS"
USA / LP / Stereo / CRI 411 / Rec 1970s / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■20世紀アメリカ二人の交響曲二作を収録した一枚。
A面は、20世紀のアメリカを代表する作曲家の一人で、30年代からは映画音楽も手掛けたヴァージル・トムソンの交響曲第三番。かけて一瞬中身違いかとびっくりする内容。様々な現代音楽の技法を忍び込ませた、一見最も保守的に聞こえるオーケストラ、なのだそうです。正直どの辺がそうなのかわかりませんが、聞くと確かにどこか未解決な部分を引きずって延々続いているように思えます。それからすると裏面は音も作りも真逆な正統派といった感の現代オーケストラ作。ヴァージル・トムソンより一世代若いロバート・ヘルプスの交響曲第一番。爆発するような第一楽章が快感。日の出と落日を一緒に見ているようなジャケットもぴったりな気がします。※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Divinity School Choir, Yale University - SELECTIONS FROM THE REPERTORY 1951-1952

  • クラシックLP
 Divinity School Choir, Yale University- ディヴィニティ・スクール・クワイアー - "SELECTIONS FROM THE REPERTORY 1951-1952"
USA / LP / Mono / Overtone 2 / Rec 1953 / Pub mid50s
ジャケット擦れ少々、しみ少々、右上縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■イエール大学のコーラス・グループによるしんとした聖歌集。
50年代中期に、王道からは外れた、しかし自分たちが価値ありと認めたクラシックのレコードを17枚出したコネチカットのオーバートーン・レコード。チャールズ・アイヴズの初の歌曲集もここから出ていました。これはイエール大学のコーラス隊がメンバーとその知人たちに配布するために自主制作した非売品のレコードを、このレーベルが一般発売したという一枚。15世紀の讃美歌を後にバッハがアレンジした曲、17世紀にアメリカで初めて出版された英語の本に載っていたという讃美歌、米の現代音楽作曲家ヴァージル・トムソンが作ったコーラス曲などなど、5つのスタイルに分けられた17曲を収録。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alan Hovhaness - SYMPHONY ETCHMIADZIN / ARMENIAN RHAPSODY NO.3 / MOUNTAINS AND RIVERS WITHOUT END

  • クラシックLP
 Alan Hovhaness- アラン・ホヴァネス - "SYMPHONY ETCHMIADZIN / ARMENIAN RHAPSODY NO.3 / MOUNTAINS AND RIVERS WITHOUT END"
USA / LP / Stereo / Poseidon Society 1004 / Rec early1970s / Pub early1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■アラン・ホヴァネスの三作を収録した一枚。
アルメニア系移民で、自国アルメニア、インド、韓国、ハワイの音楽、日本の雅楽etc..に影響を受けた作風で知られるアメリカの作曲家、アラン・ホヴァネス。これは彼が自作を発表するためにおこした自主レーベルからの一枚。一つ芽は、世界で初めてキリスト教を国教としたアルメニアのキリスト教総本山エチミアジンをテーマにした三楽章からなる交響曲。エキゾチックな短調音階で奏でられる荘厳な作。続くアルメニアン・ラプソディ第三番(試聴)は、アルメニア人の魂の泣き声を表す厚めのストリングス、遠く離れた異国に移った人々の囁きを表現した静かなピチカット、それらが束の間の夢の噴水のように現れ無になるという作。控え目な響きでとてもいいです。B面は韓国の長い絵巻物に触発されて作られたという、神秘的で長大な室内楽シンフォニー"終わりの無い山と川"(試聴)。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alan Hovhaness - SAINT VARTAN SYMPHONY

  • クラシックLP
 Alan Hovhaness- アラン・ホヴァネス - "SAINT VARTAN SYMPHONY"
USA / LP / Stereo / Poseidon Society 1013 / Rec early1970s / Pub early1970s
ジャケット擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アラン・ホヴァネスの交響曲『聖ヴァルタン』を収録した一枚。
アルメニア系移民で、自国アルメニア、インド、韓国、ハワイの音楽、日本の雅楽etc..に影響を受けた作風で知られるアメリカの作曲家、アラン・ホヴァネス。これは彼が自作を発表するためにおこした自主レーベルからの一枚。"聖ヴァルタン"とは、5世紀のアルメニアの聖人で軍人、今でも大変に尊敬されているという指導者のヴァルダン・マミコニアン。ペルシャからの宗教の強要を覆し国教としてキリスト教を迎えることができた戦争で亡くなったそうで、この作はその闘いや勝利の喜びを描いているという、ホヴァネスのアルメニア傾倒期の最高傑作と言われる作。オーケストラを小さ目にしたかなり変わった楽器編成で、24の、楽章ではなく"ステップ"からなる交響曲。全員の合奏ではなく、ステップによって使われる楽器が変わっていく仕組みになっていて、アルメニアの民謡とヨーロッパ中世の音楽etcのメロディがミックスされたエキゾチックで悲壮な響きが続きます。指揮とピアノ独奏はホヴァネス自身。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alan Hovhaness - MAJNUN SYMPHONY

  • クラシックLP
 Alan Hovhaness- アラン・ホヴァネス - "MAJNUN SYMPHONY"
USA / LP / Stereo / Poseidon Society 1016 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アラン・ホヴァネスの交響曲『マジュヌーン・シンフォニー』を収録した一枚。
アルメニア系移民で、自国アルメニア、インド、韓国、ハワイの音楽、日本の雅楽etc..に影響を受けた、アメリカ現代音楽を代表する作曲家、アラン・ホヴァネス。これは、ホヴァネスが自作を発表するために興した自主レーベル、ポセイドンからの一枚。ライラとマジュヌーンという、イスラムのロミオとジュリエットのような悲哀の物語を題材にした、9曲からなる交響曲『マジュヌーン・シンフォニー』。全編を通してリズムが希薄で、神秘的、物悲しいストリングスが、時折コーラスを伴い延々と流れるという73年作曲の大作。指揮はホヴァネス自身。試聴は冒頭です。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Igor Zhukov - A. SCRIABIN : SONATAS NOS 3, 4, 7, 9

  • クラシックLP
 Igor Zhukov- イーゴリ・ジューコフ - "A. SCRIABIN : SONATAS NOS 3, 4, 7, 9"
USSR / LP / Stereo / Melodiya CM030756 / Rec 1980s? / Pub 1980s?
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スクリャービンの4つのピアノ・ソナタを収録した一枚。
ニーチェやブラヴァツキー夫人の神智学への傾倒から独自の響きを持った“神秘和音”を生み、その名のとおり神秘的な作品を残したアレクサンドル・スクリャービン(1872-1915)。43歳の若さで亡くなりつつも、ロシアではかなり早くから無調の扉を開き、ストラヴィンスキーやロシア・アヴァンギャルドのシーンにも大きな影響を与えました。自身がピアニストとして天才的な腕前を持っていたため、特にピアノ曲の評価が高い作曲家でもあり。これはピアノ・ソナタの3番、4番をA面に、7番と9番をB面に収録した一枚。初期の創作の総まとめとされる野心的な3番、ピアノ・ソナタで純粋に長調の唯一の作だという4番、それぞれ"白ミサ""黒ミサ"とサブタイトルが付いた、長くコワイ講談を聞いているような無調の7番と9番。演奏は、このスクリャービンを最も得意とし、レコーディング・エンジニアとしても知られる名手イーゴリ・ジューコフ。試聴は4番と9番の冒頭。※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra - STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA

  • ジャズLP
 Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra- スタッフ・スミス&ヒズ・オニクス・クラブ・オーケストラ - "STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA"
Switzerland / LP / Mono / Collectors 12-12 / Rec 1936 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズ・ヴァイオリニスト、スタッフ・スミスの音源集。
ジョー・ヴェヌーティ、ステファン・グラッペリ、エディ・サウス等と並ぶジャズ・バイオリンの先駆、スタッフ・スミス。20年代はテキサスのジャズ・バンドで修行、その後NYのオニクス・クラブの常連になり頭角を現し、後には後輩の若きチャーリー・パーカーやサン・ラとも活動。これは最初期、そのオニクス・クラブ時代のホットな音源を収録した一枚で、初録音盤から順に16曲収録した一枚。ヴェヌーティ&ラングのソリッドなスウィングにハーレム・サウンドをミックス、そしてルイ・ジョーダンが上品に思えてしまうエグ味も注入、もうブラックR&Rが見えてくるようなナンバーの数々。スイス・コレクターズ・レーベルからで、この盤は二曲追加されたセカンド・エディション。【曲】「I'se A Muggin' 1」「I'se A Muggin' 2」「I Hope Gabriel Likes My Music(試聴)」「I'm Putting All My Eggs In One Basket」「I Don't Want To Make History」「Tain't No Use」「You'se A Viper(試聴)」「After You've Gone」「Robins And Roses」「I've Got A Heavy Date」「It Ain't Right」「Old Joe's Hittin' The Jug」「Serenade For A Wealthy Widow」「Knock, Knock, Who's There?」「Bye, Bye Baby」「Here Comes The Man With The Jive」※本日のアップはこの一枚です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rodrigo Riera - A RECITAL OF 16TH AND 17TH CENTURY GUITAR MUSIC

  • クラシックLP
 Rodrigo Riera- ロドリーゴ・リエラ - "A RECITAL OF 16TH AND 17TH CENTURY GUITAR MUSIC"
USA / LP / Stereo / MHS 565 / Rec 1960s / Pub 1960s
ジャケット円状の擦れ、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ヴェネズエラのクラシック・ギタリスト、ロドリーゴ・リエラが、古典ギター曲+αを弾いた一枚。
ヴェネズエラ随一のクラシック・ギタリストで、出身の西部の民謡をもとにした作曲を続けたロドリーゴ・リエラが、16、17世紀のギター曲を中心に、ヴィラ・ロボスの"ショーロス"の一曲、そして自作二曲を弾いた一枚。これほんとに、モンポウと同じくどっぷりひたれるクラシック・ギター。でもモンポウとは逆にギターの先生が親切に教えてくれているような雰囲気もあります。あと、恐らくこのアルバム、60年代のオリジナルのライセンス盤だと思いますが、音がほんとにいいです。MHS最高。試聴は16世紀スペインのルイス・デ・ミランの曲と自作曲。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Federico Mompou - MOMPOU INTERPRETA MOMPOU DISCO 4 - CONCONS I DANSES

  • クラシックLP
 Federico Mompou- フェデリコ・モンポウ - "MOMPOU INTERPRETA MOMPOU DISCO 4 - CONCONS I DANSES"
Spain / LP / Stereo / Ensayo ENY704 / Rec 1974 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、試聴のような小チリ音
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5~4  3680 yen
■五枚あるモンポウの自作自演集の四枚目。
スペインの作曲家フェデリコ・モンポウ(1893-1987)。内気だったという性格から演奏家ではなく作曲家としての道を選び、ドビュッシー、サティ等に深く影響を受け、スペインの印象派を代表する作曲家となった人。作品は静かなピアノ小品が多く、印象派と言われる人たちに通じる音の最も内側の根元をポツポツと弾くような響きの作品を多く残しました。これは74年にモンポウ自身が自作のピアノ曲を弾きアルバム5枚で出た決定盤の中の四枚目で、ピアノ曲集"歌と踊り"。1918年から55年かけて完成にたどり着いたという15曲で、ここでは12曲を収録。一曲目だけかなりサティ風、そこからソウルな印象派というようなナンバーが続きます。一曲聞いて好きになったら他のどんな作も全て好きになるようなタイプの人です。試聴は一、二曲目。.

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympani Five, Lowmell Morgan Trio, etc. - CELEBRI COMPLESSI VOL.2

  • ジャズLP
 Louis Jordan And His Tympani Five, Lowmell Morgan Trio, etc.- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイヴ、ローメル・モーガン・トリオ、etc. - "CELEBRI COMPLESSI VOL.2"
Italy / LP / Mono / Fonit Cetra VDL1010 / Rec 1940s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ表層スクラッチ少々、ほとんど音気になりません
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5~4  2480 yen
■伊のレーベルがまとめたVディスク音源集。
イタリアのフォニット・セトラというレーベルから、何枚でているかわかりませんが、戦中のレーベルVディスクの編集盤。表ジャケの看板三組、もちろんいいのですが、他の収録曲がすごすぎて霞みます。ルイ・ジョーダンは、わりと平常運転の二曲。初めて聞いたローメル・モーガン・トリオという人たちがスゴイ。キング・コール・トリオとタメを張るジャイヴ二曲でコーラスのタイトさといい演奏の見事さといい脱帽。この辺のジャンルでは外せないジャイヴ・ピアノの悪童ハリー・ザ・ヒップスター・ギブソン熱い二曲、親密でチャーミングな歌をきかせる女声シンガー、マリー・グリーン、グッドマンの人の声より繊細なブロウ、レイスコ・ファンに大推薦のオルガン奏者ミルト・ハースの2曲....シブメのスウィングが入ってそうなイメージですがまるで違います。グレイト!【曲】「Louis Jordan And His Tympany Five / Deacon Jones」「I Like'em Fat Like That」「Loumell Morgan Trio / Take Me Out To The Ball Game(試聴)」「Good Enough To Keep」「Harry "The Hipster" Gibson / You Can Say The Again」「Zoot Gibson Strides Again」「Marie Greene And Her Merry V Disc Men / I Know That You Know(試聴)」「Benny Goodman Trio / I Want To Be Loved」「Milt Herth Trio / Whistler And His Dog」「Mama Inez」「Page Cavanaugh Trio / When The Gooses Come Back To Massachussetts」「Shivers」「Marie Greene And Her Merry V Disc Men / Solitude」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Hardin, Joe Rickman, Tony Snider, etc. - ROCKABILLY FROM TENNESSEE VOL.1

  • ロカビリーLP
 Bobby Hardin, Joe Rickman, Tony Snider, etc.- ボビー・ハーディン、ジョー・リックマン、トニー・スナイダー、etc. - "ROCKABILLY FROM TENNESSEE VOL.1"
Holland / LP / Mono / White Label LP8806 / Rec 1950s / Pub 1979
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■オランダ・ホワイト・レーベルからのテネシー・ロカビリー集。
オランダ・ホワイト・レーベルからのテネシー・ロカビリー集。テネシー州ジャクソンにあったヒルクレストとウエストウッドというレーベルのものを集めた内容で、ウルトラ当店ごのみな一枚。まずA面、多分全部同じスタジオの同じ楽器で録音されたと思われる三人。安普請なロカから夢に見そうな変わったロカバラードまで歌うボビー・ハーディン、すっとぼけたような歌い口がたまらなくいいジョー・リックマン、似たタイプのライトなロカを聞かせるトニー・スナイダー。裏面、こっちも同じスタジオでしょうか?まずは中でも一番正統派ロカなラリー・ブリンクリー。はっきり言ってサンの一流どころも青くなるかなりウマイ、そしてカッコイイ歌。ガッツのある演奏とかなりフレッド・ニール似のボーカルがいいNAスティーヴンソンの二組の7曲収録。【曲】「Bobby Hardin / Dreamer Boy」「I'm Loving You Baby」「Sweet Sweet Dreams」「Getting Better」「Joe Rickman / My Old Lonesome Love」「Lonely Heart(試聴)」「Tony Snider And The Teen Kings / Puppy Love」「Larry Brinkley / Jackson Dog」「Move Over Rover」「I Hate To Leave You」「All Night Long」「Tornado」「N.A. Stephenson / Pins And Needles(試聴)」「Boogie Woogie Country Girl」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.