(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: lp, Page 2)

Aunt Molly Jackson - LIBRARY OF CONGRESS RECORDINGS

  • フォークLP
Aunt Molly Jackson- アント・モリー・ジャクソン - "LIBRARY OF CONGRESS RECORDINGS"
USA / LP / Mono / Rounder 1002 / Rec 1939 / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フォーク・シンガー、アント・モリー・ジャクソンの39年録音。
アメリカで最も尊敬される女性フォーク・シンガーの一人、アンと・モリー・ジャクソン。ケンタッキー州の炭坑夫向けの雑貨屋に生まれ、6歳で母を結核で亡くし、夫、父、兄を炭鉱事故で失ったという彼女の歌は、炭鉱に関するプロテスト・ソングが多く(つまり自作)、録音したアラン・ロマックスも、ウディ・ガスリーよりも熱く深くえぐる歌を歌うアメリカで最も素晴らしいシンガー、というほど。そのウディやピート・シーガーetc.に影響を与えた彼女の39年録音集。まさにジャケット写真のように芯の強いむき出しの歌を14曲収録(一曲モノローグあり)。【曲】「Hard Times In Coleman's Mines(試聴)」「Lonesome Jailhouse Blues(試聴)」「I Love Coal Miners, I Do」「Let Me Be Your Teddy」「Christmas Eve In The East Side」「Witch Stories」「Hungry Disgusted Blues」「Crossbones Skully」「Fare Thee Well Old Ely Branch」「Join The C.I.O.」「Prisoner's Call」「The Lone Pilgrim」「Holiness Church Monologue」「Just A Little Talk With Jesus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc. - MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936

  • ブルースLP
 Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc.- ウィル・バッツ、メンフィス・ミニー、ハッティ・ハート、etc. - "MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1021 / Rec 1926 to 1936 / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■2・30年代メンフィスのカントリー・ブルース集。
どういうわけか、付近の大都市にくらべて個々のキャラクターが際立った奇抜で天才・天然型のブルースマンが歴然と多いメンフィス。これはヤズーのメンフィス・ブルース集三枚目で、弾き語り系のハードなブルースよりも比較的バンド形式のにぎやかで踊れるナンバーを集めた一枚。メンフィス・ミニー、カンザス・ジョー・マッコイ、ヤンク・レイチェル等おなじみの面々から知られざる人まで14曲。必ずキラーをオープナーにするヤズー、今回はサウス・メンフィス・ジャグ・バンドのバイオリニスト、ウィル・バッツがギターを弾く"Highway No.61"。【曲】「Will Batts / Highway No. 61 Blues」「Memphis Minnie / Ain't No Use You Tryin' To Tell On Me(試聴)」「Hattie Hart / Coldest Stuff In Town(試聴)」「Yank Rachel / Squeaky Work Bench Blues」「Memphis Minnie / Soo Cow Soo」「Two Charlies / I Couldn't Stay Here」「Kansas Joe McCoy / Joliet Bound」「Furry Lewis / Dry Land Blues」「Memphis Minnie / That'll Be Alright」「Kansas Joe McCoy / Something Gonna Happen To You」「Gus Cannon / Can You Blame The Colored Man(試聴)」「Jim Jackson / Jim Jackson's Jamboree」「Sam Townsend / Lily Kimball Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Farr Brothers - SOUTH IN MY SOUL

  • カントリー/ウェスタン・スウィングLP
 Farr Brothers- ファーブラザーズ - "SOUTH IN MY SOUL"
Germany / LP / Mono / Cattle LP1 / Rec 1934, 1935, 1940 / Pub late1970s
ジャケット擦れほぼ無し、折れ目、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウエスタン・スウィングの名デュオ、ファー・ブラザーズの珍しい編集盤。
カール(ギター)とヒュー(フィドル)の、ウエスタン・スウィングの別格的デュオ、ファー・ブラザーズ。「Tumbling Tumbleweeds」のヒットで知られるサンズ・オブ・ザ・パイオニアーズのオリジナル・メンバーでもあり。これは、そのSOTPのデビュー当初の34~5年に、ロスのラジオ局KFWBの勧めでトランスクリプション盤として録音された、一般発売されなかったスタジオ録音ナンバーと、やはりラジオ局用に40年に録音されたものを収録。40年ではは、カール・ファーがエレキを弾く曲もあり。もうほとんどエディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティが好きな人のためのレコード。全21曲収録、ドイツのキャトル・レーベルからで、このレーベルの第一号リリース。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Hall, Ramblin Tommy Scott, Pete Pyle, etc. - NASHVILLE COUNTRY ROCK : BOOGIE WITH A BULLET

  • カントリーLP
 Roy Hall, Ramblin Tommy Scott, Pete Pyle, etc.- ロイ・ホール、ランブリン・トミー・スコット、ピート・パイル、etc. - "NASHVILLE COUNTRY ROCK : BOOGIE WITH A BULLET"
Holland / LP / Mono / Redita 109 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1979
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ナッシュビルのレーベル、バレットのロッキン・カントリー、ヒルビリー・ブギを収録した一枚。
後にサン・レーベルをサム・フィリップスと興すジム・ブレイトが、46年にナッシュビルで始めたレーベル、バレット。そのバレットの40年代後半~50年代初頭のロッキン・カントリー、プリ・ロカビリーを収録したアルバム。チェット・アトキンスのデビューSP盤"Guitar Blues"、カントリー・シンガー、レイ・プライスの初期曲、ジェリー・リー・ルイスの先輩格のヒルビリー・ブギ・ピアニスト、ロイ・ホールなどなど14組18曲収録。【曲】「Roy Hall And His Cohutta Mountain Boys / Mule Boogie」「Old Folks Jamboree」「Ramblin Tommy Scott / Sweet Woman Blues」「Pete Pyle / Talking The Blues」「Butterball Paige / I'm Old To Boogie」「Leon Huff With Johnnie Lee Wills / I Like You The Best(試聴)」「Ray Price / Jelous Lies」「Shorty Ashburn / More And More」「Chester Atkins / Guitar Blues(試聴)」「Bill Nettles / High Faluting Mama」「Tany Allen / Rockin' Chair Boogie」「Johnnie Lee Wills / Tom Cat Boogie」「Johnnie Lee Wills / Boogie Woogie Highball」「York Brothers / Hamtrack Mama」「Autry Inman / You Gotta Leave Those Guys Alone(試聴)」「Leon Payne / Don't Try It」「Lost High Way」「They Never Take Her Love Love」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Camp Creek Boys - OLD-TIME STRING BAND

  • オールドタイム/ヒルビリーLP
 Camp Creek Boys- キャンプ・クリーク・ボーイズ - "OLD-TIME STRING BAND"
USA / LP / Stereo / County 709 / Rec 1967 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■30年代からのストリング・バンド、キャンプ・クリーク・ボーイズのファースト・アルバム。
まさにブルー・リッジ・マウンテンのただ中ノース・カロライナ・サリー郡のストリング・バンドで、1930年ごろにバンジョーのカイル・クリードを中心に結成、主に地元コミュニティのイベントで演奏、その後ラジオにも出演するように。50年代に入ると、地方のラジオ局は生演奏の替わりに録音物を放送するようになり彼らの出番は少なくなりましたが、フィドル・コンテストなどローカルなイベントに定期的に出演し続け、彼らの音楽は生き永らえました。これはそんな彼らの生きた化石のようなオーセンティックな演奏を12曲収録した67年のアルバム。野性味、ドライブ感満点の鋭い演奏が延々。【曲】「Fortune」「Let Me Fall」「Old Joe Clark(試聴)」「Fall To My Knees」「Honeysuckle」「Suzanna Gal」「June Apple」「Cider Mill」「Fire On The Mountain」「Soldier's Joy」「Lonesome Road Blues」「Cotton Eyed Joe(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Groovey Joe Poovey - YESTERDAY AND TODAY

  • ロカビリー/オールディーズLP
 Groovey Joe Poovey- グルーヴィー・ジョー・プーヴィー - "YESTERDAY AND TODAY"
Germany / LP / Stereo / Dee Jay Jamboree DJLP2054 / Rec 1950s to 1980s / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■テキサスのロカビリアン、ジョー・プーヴィーの86年作。
ジェリー・リー・ルイスへのトリビュート・ナンバー"Ten Little Fingers"が58年にヒットしたテキサスのロカビリアン。60年代後半から70年代前半にかけては活動を休止していたものの76年に再デビュー、97年まで録音。これは、初期50・60年代のナンバーと、その頃録音していたデモ風音源にベース&ドラムをオーバーダビングしたもの、80年代に入ってから録りためていたものを収録したアルバム。【曲】「Ten Long Fingers(試聴)」「Sweet Louella」「Careful Baby」「Move Around [alt.]」「Part Time Hero」「My Life's Ambition」「Silence Baby」「Nursery Rock(試聴)」「Don't Blame It On Me」「The Last Stroke Of Midnight(試聴)」「Dream, Dream Baby」「To Get From There To Here」「Lost In The Shuffle」「All Dressed Up For The Blues」「Boogie Woogie Weekend」「Baby Let's Rock」「Little Miss Linda」「A Cold Margarita」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sauceman Brothers - THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7

  • ブルーグラスLP
 Sauceman Brothers- ソースマン・ブラザーズ - "THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7"
USA / LP / Mono / Rounder 1019 / Rec 1948 to 1953 / Pub 1976
見開きジャケット色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ラウンダーの初期ブルーグラス編集盤シリーズの7枚目、ソースマン・ブラザーズの音源集。
ブルーグラス初期の、入手困難な名グループの音源を集めたラウンダーの名物シリーズ、"Early Days Of Blue Grass"。全10枚出たこのシリーズの7枚目で、ジョン・ポールとジェームス・カールのソースマン兄弟のグループの編集盤。オールドタイム、ブルーグラスのマニア垂涎のリッチRトーン・レーベルやマーキュリーの音源(未発表含む)など、48年から53年の16曲を収録。ディック・スポッツウッド監修で、マスタリングはスポッツウッドとバックワーズ・サム・ファーク。【曲】「Handy Man(試聴)」「A White Cross Marks The Grave(試聴)」「Your Trouble Ways Keep Us Apart(試聴)」「Pretty Polly」「I'll Be No Stranger There」「Wrap My Body In Old Glory」「The Pale Horse And His Rider」「Someone's Last Day;. Down The Road To Love」「Goodbye My Love」「I'm Not Worth Your Tears」「Little Birdie」「I'll Be An Angel Too」「Please Don't Make Me Cry」「God's Secret Weapon」「Hallelujah We Shall Rise」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitch Greenhill - PICKIN THE CITY BLUES

  • ブルースLP
Mitch Greenhill- ミッチ・グリーンヒル - "PICKIN' THE CITY BLUES"
USA / LP / Mono / Prestige Folklore FL14026 / Rec 1964 / Pub 1964
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、もとからのサーフェイスノイズ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■フォーク・ブルース・シンガー、ミッチ・グリーンヒルのファースト・アルバム。
ピート・シーガーやボブ・ディラン、ジョーン・バエズのマネージャーだったマニー・グリーンヒルの息子で、若い時からゲイリー・デイビスやライトニン・ホプキンスなど実家に泊まりに来たミュージシャンの演奏に触れ歌うようになったミッチ・グリーンヒル。これは64年のファースト・アルバムで、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIやスキップ・ジェイムス、ウォッシュボード・サムなどのブルース・クラシックに自作を混ぜたブルース・アルバム。オリジナル盤。【曲】「Monongahela Sal」「Ragged But Right」「Mitch's Waltz」「Won't You Tell Me(試聴)」「Highway 301」「Raggedy Betsy」「Built For Comfort」「Good Morning School Girl(試聴)」「Jubilee」「If You Haven't Any Hay」「Louise's Tune」「Minding My Own Business」「Mobile & Tennessee Line」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris - BULLFROG BLUES

  • ブルースLP
 Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris- ボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)、ウォルター・バディ・ボーイ・ホーキンス、ウィリアム・ハリス - "BULLFROG BLUES"
USA / LP / Mono / Mamlish S3809 / Rec 1926, 1927 / Pub 1977
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■この三人の音源集。ボー・ウィーヴィル・ジャクソンは二曲未発表あり。
研究家のドン・ケントが興し、バックワーズ・サム・ファークやスティーヴ・カルトらがリイシュー盤を製作していた、米でも最もコアなブルース・レーベル、マムリシュから、本当にコアな一枚。目玉はアラバマ・バーミンガムのボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)。26年という最初期に二回だけ録音し消息不明となった人。彼のギターがまず圧巻で、殺伐とした切迫感にみち、しかも流しをしていたらしい芸能テイストも盛り込まれた分裂的な演奏。続いてやはり謎に満ちたブルースマンで、スロウで優しい、悲惨さ漂うギターと歌のバディ・ボーイ・ホーキンス。最後はミシシッピ出身と考えられるもやはり録音をしたこと以外不明なウィリアム・ハリス。打楽器的演奏から細かなピッキングも達者、そして歌がとにかくうまい。【曲】「Sam Butler / Devil And My Brown Blues(試聴)」「Heaven Is My View」「You Can't Keep No Brown」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Working On The Railroad」「Shaggy Dog Blues(試聴)」「William Harris / Hot Time Blues」「Early Morning Blues」「Bullfrog Blues(試聴)」「Range In My Kitchen」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Yellow Woman Blues」「Jailhouse Fire Blues」「Bo Weavil Jackson / When The Saints Go Marching In」「Why Do You Moan?」「Sam Butler / Christians Fight On, Your Time Ain't Long」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jack McVea - OPEN THE DOOR RICHARD

  • リズム&ブルースLP
 Jack McVea- ジャック・マクヴィー - "OPEN THE DOOR RICHARD"
Sweden / LP / Mono / Juke Box Lil JB607 / Rec mid1940s / Pub 1984
見開きジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■R&Bサックスマン、ジャック・マクヴィーの編集盤。
パーカーとガレスピーを含んだスリム・ゲイラード楽団での録音や、映画系だとMGMでフィル・ムーアの録音、アポロではワイノニー・ハリスの録音をしたりとこれだけでも充分すぎる人。そんな彼の楽団はメキシカン・ハットやらをズート・スーツに合わせて元祖ラップなような事も披露するエンターテイナー集団。パーカーやゲイラード、ワイノニーにない飽きのこない良さもあり。これは40年代中期ブラック&ホワイト・レーベルの音源をまとめた編集盤。本人のインタビューに基づいたライナーも素晴しい完璧な一枚。【曲】「Bartender Boogie (B.B. Boogie)(試聴)」「Tarrant Blues」「O-Kay For Baby」「We're Together Again」「Ooh Mop」「Don't Blame Me」「Frisco Blues」「Don't Let The Sun Catch You Crying」「Open The Door Richard!」「Wine-O(試聴)」「Inflation Blues」「Groovin' Boogie」「No, No, You Can't Do Dot Mon」「Jack Frost」「Mumblin' Blues」「The Key's In The Mailbox」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - THE YOUNG BIG BILL BROONZY 1928-1935

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "THE YOUNG BIG BILL BROONZY 1928-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1011 / Rec 1928 to 1935 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビッグ・ビルの初期マスターピースが詰まったヤズー盤。
活動歴はかなり長く、おそらく引退していた時期は無い人で、20年代にシカゴで本格的に活動、フォークウエイズの録音などもはさみながら50年代の末に亡くなるまで、ほとんど現役。その卓越したギター・テクニックはもうこの編集盤でも既に完成されています。シカゴに来る前はフィドルをやってギタリストの脇役に回っていましたが、ギターをマスターした後はシカゴ・ブルースの発展にも寄与し精力的に活動、録音を開始。この一枚はその録音を始めた最初の7年の中から選ばれた編集盤。その当時のシカゴのブルース界を全部体験できるような内容。【曲】「Brownskin Shuffle」「Eagle Ridin' Papa(試聴)」「Starvation Blues」「Long Tall Mama」「Good Liquor Gonna Carry Me Down」「Skoodle Do Do」「Banker's Blues」「Saturday Night Rub(試聴)」「I Can't Be Satisfied」「Mississippi River Blues」「Hip Shakin' Strut」「How You Want It Done?(試聴)」「Hokum Stomp」「Stove Pipe Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dad Blackards Moonshiners, Byrd Moore And His Hot Shots, etc. - A COLLECTION OF MOUNTAIN SONGS

  • ヒルビリー/オールドタイムLP
 Dad Blackard's Moonshiners, Byrd Moore And His Hot Shots, etc.- ダッド・ブラッカーズ・ムーンシャイナーズ、バード・ムーア&ヒズ・ホット・ショッツ、etc. - "A COLLECTION OF MOUNTAIN SONGS"
USA / LP / Mono / County 504 / Rec 1927 to 1930 / Pub 1965
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■カウンティ・レーベルから、ストリング・バンドのパイオニアたちの音源を集めた一枚。
ブルーグラスの開祖の一人と言われるバージニアのダッド・ブラッカード、クラレンス・アシュレイがメンバーだったバード・ムーア&ヒズ・ホット・ショッツ、10年以上後のブルーグラス・バンジョーを既にやっていたイノベーター、ジャック・リーディ、カントリーの町ナッシュヴィルで初めてレコーディングをしたビンクリー・ブラザーズなどなど....まだA面半分。スゴイ内容濃い、初期カウンティの名盤。 【曲】「Dad Blackard's Moonshiners / Sandy River Belle」「Byrd Moore & His Hot Shots / Careless Love」「Jack Reedy & His Walker Mountain String Band / Groundhog(試聴)」「Binkley Brothers' Dixie Clodhoppers / I'll Rise When The Rooster Crows」「R.D. Burnett & Leonard Rutherford / All Night Long Blues(試聴)」「Pope's Arkansas Mountaineers / George Washingon」「Carolina Tar Heels / Your Low Down Dirty Ways(試聴)」「North Carolina Ramblers / Milwaukee Blues」「Georgia Yellow Hammers / Big Ball In Memphis」「Kelly Harrell, The Virginia String Band / In The Shadow Of The Pine」「Lowe Stokes & His North Georgians / Wish I Had Stayed In The Wagon Yard」「Tennessee Ramblers / The Preacher Got Drunk And Laid His Bible Down(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.