(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: lp)

Orchestre Creoles Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc, - JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950

  • マルティニークの音楽LP
 Orchestre Creole's Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc,- オーケストラ・クレオールズ・バンド、ジャズ・サム・カスタンデ、ノッテ&ヒズ・クレオール・バンド、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2018 / Rec 1929 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、音に出ない表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2980 yen
■世界中の戦前ジャズ、ダンス音楽のSP盤を編集、再発していた英のハーレクイン・レーベルから、仏領マルティニーク編。
ジャズやダンス・バンドではなく、マルティニークでしか生まれ得なかったビギンの貴重なヴィンテージ録音が多く収録された一枚。人口構成がニューオーリンズとそっくりなこの島で、しかもジャズの誕生とほぼ平行して姿を現したというビギンはニューオリンズのジャズと似てはいますが、リズムの感じは全く違いむしろキューバ等に近い土台に自由に吹きまくるトロンボーンやクラ、スウィングするヴァイオリン、超絶バンジョーなどがアレンジされたまさに混血ミュージック。30年代にはようやくビギンとブレンドされたジャズが出始め、40年代にはエリントンの直訳的なサウンドも生まれます。非常に面白い。この島には50年代まで録音スタジオが無かったようで、収録曲の録音は全てパリやNY。【曲】「L'Orchestre Antillais / Serpent Maigre(試聴)」「Mussieu Dollar」「Orchestre E. Leardee Du Celebre Bal Colonial De La Rue Blomet / La Belle Amelie」「Orchestre Creol's Band / Ninon(試聴)」「Taint No Sin」「Notte And His Creol Band De La Coupole Montparnasse / En Bas Caille La」「I've Found A Wonderful Girl」「Salnave And His Band / Brown Love」「Jazz Sam Castandet / Sweet Georgia Brown」「Haitian Orchestra / Sous Les Palmiers」「Fredy Jumbo Et Son Orchestre / Swing 42」「Jean Ferret Et Son Orchestre / Swing Guitars(試聴)」「Harry Cooper Et Son Orchestre / Nuages」「Ensemble Swing Du Hot Club / Georgina」「Jam Session No.6 / China Boy」「Orchestre Del's Jazz Biguine / La Figuie(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mary Rhoads - LE DULCIMER

  • 民俗音楽/フォークLP
 Mary Rhoads- メアリー・ローズ - "LE DULCIMER"
France / LP / Stereo / Le Chant Du Monde LDX74485 / Rec 1973 / Pub 1973
三面見開きジャケット擦れ少々、表面小シール、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■女性ダルシマー奏者、メアリー・ローズの73年のアルバム。
ル・シャン・ドゥ・モンドの、民族楽器を特集する名物"Special Instrumental"シリーズの名盤。ペンシルバニア州出身でフランスに渡った女性ダルシマー&オートハープ奏者、メアリー・ローズのファースト・アルバムで、73年の一枚。ダルシマーの独奏、バンジョーやフィドル等を入れたナンバー、そして数曲彼女の歌が入るあり、それがまた素晴らしい。三面見開きジャケット。【曲】「Golden Slippers(試聴)」「Vendome」「Will The Circle Be Unbroken」「Old Joe Black」「Mary's Medley」「Herod And The Cock」「Over The Waterfall」「The Water Is Wide」「Simple Gifts(試聴)」「Nonesuch」「Where The Flowers(試聴)」「Shady Grove」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake - REAL BLUES SFROM NEW ORLEANS

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake- エドガー・ブランチャード、ポルカ・ドット・スリム、ブギー・ジェイク - "REAL BLUES FROM NEW ORLEANS"
USA / LP / Mono / Bandy 70009 / Rec mid60s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バンディ・レコードのニューオーリンズ・ブルース集。
男性的なものを他の街に比べてあまり感じないニューオーリンズ、しかしこれはも雄々しさ満点の超絶濃い一枚。プロフェッサー・ロングヘア、アール・キング等のバックから自作までニューオリンズR&Bの黄金時代を弾きまくったギタリスト、エドガー・ブランチャードの60年代中期のブルース作品と、ライトニン・スリムとともにバトン・ルージュ付近で活動、エクセロ等でいくつかの芸名を用いて活動していたブルース・マン、ブギー・ジェイク、同様に西海岸とバトン・ルージュを行き来したポルカ・ドット・スリムの3人の音源を収録。こんなあっさりしたジャケからは想像もつかないまさにリアルなブルース集。50年代なのか60年代なのかさっぱり分からない時代錯誤感バリバリのPDスリムのワイルド・ロキン・ブルースがハイライトでしょうか。噛み付くような歌にワイルドなドラム、ギターがガシャガシャとかき鳴らさせるスマッシャー。ブギー・ジェイクの行儀の悪いスワンプ・ポップ路線のロウ・ブルースも最高。個人的に大推薦なのはブランチャードのざっくり演り捨てるようなA面(A面全てブランチャードです)。【曲】「Edgar Blanchard / Tight Like That」「Edgar Blanchard / Won't Be Long(試聴)」「Edgar Blanchard / Somebody's Doin' Me Wrong」「Edgar Blanchard / Keep My Pocket's Clean」「Edgar Blanchard / I'm Gone And That's All」「Edgar Blanchard / Don't Need No Company」「Boogie Jake / If I Only Had A Chance(試聴)」「Boogie Jake / Loaded Down」「Polka Dot Slim / Ain't Broke Ain't Hungry」「Polka Dot Slim / A Thing You Gotta Face(試聴)」「Boogie Jake / Bad Luck And Trouble」「Boogie Jake / Early Morning Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Emersons - THE EMERSONS

  • ハワイアンLP
 Emersons- エマーソンズ - "THE EMERSONS"
USA / LP / Stereo / Mountain Apple Company MAC1008 / Rec 1980 / Pub 1980
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、解説オリジナル内袋きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ソル・ホオピイなどオールド・ハワイアンの伝統を受け継ぐハワイのグループ、Emersonsのファースト・アルバム。
優美な響きを生む無二のギター奏法スティール・ギターは、19世紀末にハワイでハプニング的に誕生。その後20年ほどでそれ専用のギターが米本土で生まれるぐらいにポピュラーになりました。そして20年代中~後期にかけてソル・ホオピイを始めとするギタリストが極めつくし一つの花形楽器に。その後エレキ化が進み奏法もサウンドもかなり変化しましたが、このエマーソン兄弟は、黄金の20年代ハワイアン・ギターを70年代に甦らせたデュオ。彼らのファースト・アルバムで、オールド・ハワイアンを中心に、ラテンぽさを振りまいたナンバー、もろレオ・コッケ風な強靭なギター・ナンバーなどなど収録。ハワイ盤。【曲】「(Was I To Blame For) Falling In Love With You」「Kaala(試聴)」「Patches」「Kuewa Waltz」「I'm Getting Sentimental Over You」「Honolulu March(試聴)」「Kuuipo Ma Ke Kai」「Aloha Oe Blues」「Climbing Up」「Kamuela Bluegrass」「Paradise Isle」「Honolulu Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dickie Goodman - JUST RELEASED

  • オールディーズ/ブレイク・インLP
 Dickie Goodman- ディッキー・グッドマン - "JUST RELEASED"
USA / LP / Stereo / Tsuris LP101 / Rec 1970s, 80s / Pub 1980s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■ディッキー・グッドマンのラスト・アルバム。Very Rare。
R&R、R&Bなどのヒット曲を切り貼りし、新しい音楽ストーリーを作るブレイク・インという手法の代名詞ディッキー・グッドマン。火星人が舞い降りた話やジョーズのパロディなど誰もが楽しめるものだったということが本当刺激的。SP盤の時代から80年代までレコードを作り続けました。さてこれは本当にみない、ビル・ラマルという映画音楽プロデューサー?とグッドマンがほぼ自主制作で作ったと思われる80年代のアルバム。試聴して、曲目リストを見てください。奥さんのスーザンが参加した曲もあり。【曲】「Dallas(試聴)」「Muhamad Ali」「Mr. Rocky」「Charlie's Devils」「Star Warz」「Super Superman(試聴)」「Mr. Jaws」「Mrs. Jaws」「Deep Roots」「Lavern, The Fonz & Shirley」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Astor Piazzolla And Roberto Goyeneche - BALADA PARA UN LOCO

  • アルゼンチンの音楽LP
 Astor Piazzolla And Roberto Goyeneche- アストル・ピアソラ&ロベルト・ゴジェネチェ - "BALADA PARA UN LOCO"
Chile / LP / Mono / RCA AVLP3899X / Rec 1969 / Pub 1970
ビニールカバー・ジャケット汚れ少々、右上下部中央に縁裂け、レーベルひげ少々、盤擦れ、チリ音出るスクラッチ、全体的に試聴のようにチリ音入ります
Jacket 2.5 / Disc 2.5 / Sound 2680 yen
■ピアソラと楽団のシンガー、ロベルト・ゴジェネチェの双頭アルバム。ピアソラ最大のヒットの一つ"ロコへのバラード"収録。
アルゼンチン・タンゴのデューク・エリントン、もしくはそれ以上の存在の音楽家アストル・ピアソラと、黄金期のピアソラ楽団のシンガー、ロベルト・ゴジェネチェの双頭アルバム。ピアソラ最大のヒット"Balada Para Un Loco"を筆頭に、ゴジェネチェの歌もの半分、楽団の演奏もの半分、プラスアルファの全12曲。男臭く枯れた彼の歌と情感をあおるようなメロディが組み合わさった歌ものはいやがおうにもドキドキさせられます。悲哀に満ちた、緻密で奔放な演奏曲、もうほとんど全部同じに聞こえるのにもっと聞きたくなる。チリ盤。【曲】「Balada Para Un Loco」「Chique(試聴)」「El Ultimo Cafe(試聴)」「Romance De Barrio」「Redencion」「Preparence」「Chiquilin De Bachin」「Nonino」「Dice Una Guitarra」「Bando」「Desencuentro」「El Cantor De Buenos Aires」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleveland Crochet And The Sugar Bees - CLEVELAND CROCHET AND THE SUGAR BEES

  • ケイジャン/ロックンロールLP
 Cleveland Crochet And The Sugar Bees- クリーヴランド・クロシェ&ザ・シュガー・ビーズ - "CLEVELAND CROCHET AND THE SUGAR BEES"
USA / LP / Mono / Goldband GRLP7749 / Rec early60s / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  4500 yen
■ケイジャン・ロックンローラー、クリーヴランド・クロシェのアルバム。
ルイジアナ最高のローカル・レーベル、ゴールドバンド。ここのオーナー、エディー・シュラーが長年捜し求めていた、ロックンロールができるケイジャン・ミュージシャンを念願かなって発見したというのが、ゴールド・バンド的にも、全米的にみても前例が無かった(あるはず無いか)ケイジャン・ロッカー、クリーヴランド・クロシェ。60年当時ゴールドバンドからシングルしか出ていなかった彼の初アルバム。70年代と思われます。代表作「Sugar Bee」はケイジャンというよりザディコ~R&B調のワイルドなアコーディオン、悲痛なシャウト、一回も聴いた事無いようなぶっといエレキ・ギター・ソロ(ボトル・ネックかスチール・ギターなんですが、ほんとうに奇跡的に太い)も飛び出すロッキン・ケイジャンのキラー。他のもみな小さいほったて小屋かなんかで全員がセーノで録音したような、こまかい事なんてまったくお構いましなナンバーがズラリ。【曲】「Sugar Bee(試聴)」「Drunkard's Dream」「La Valse De Chagrin」「Midnight Blues」「Telephone Port Arthur」「Good Morning Blues」「Wedding Day(試聴)」「Hound Dog Baby」「Waltz Of A Broken Heart」「Sweet Thing」「La Branche De Muriee」「Kaw-Liga (Boogie)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of China - MUSICAL ATLAS - HONG KONG

  • 中国の音楽LP
 Musicians Of China- 中国のミュージシャン - "MUSICAL ATLAS - HONG KONG"
Italy / LP / Stereo / EMI Odeon 3C07417968 / Rec 1974 / Pub 1974
見開きコーティング・ジャケット擦れ少々、内側とインサートしみ、レーベルひげ無し、しみ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■中国古来の楽器演奏を収録した一枚。
イタリアのEMIとユネスコが組み、"ミュージカル・アトラス"と銘打って出した民俗音楽シリーズの香港編で、中国古来の楽器を紹介した一枚。弦楽器中心。さて、中国の弦楽器演奏というと聞く前からスゴイのはわかりますが、やはり何度聞いてもビックリします。ピパ(琵琶)独奏、チン(古琴)独奏、シェン(笙)独奏から、ヤンチン(揚琴)と竹笛シャオ(簫)の合奏などの超絶の演奏が、ユネスコ盤らしいきれいな音で丁寧に録音されています。【曲】「Pa Wang Shih Chia」「Shu Mu Mu Yang」「Chiang Ho Shui」「Ko Tzu Fei」「I Ku Jen(試聴)」「Pu Pu Chiao」「Huan Lo Ts'ao Yuan」「Kao Shan Liu Shui」「Kao Shan Liu Shui」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Reed - ROCKIN WITH REED

  • ブルースLP
 Jimmy Reed- ジミー・リード - "ROCKIN' WITH REED"
U.K. / LP / Stereo / Joy JOYS141 / Rec 1959 / Pub 1969
コーティングの折り返しジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、B1にほぼ音に出ない小スクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■ジミー・リードの59年のアルバム。英盤。
ストーンズに"どんなヘロヘロな演奏でも大丈夫だ"という勇気を与えたシカゴのヘベレケ・ブルース・マン、ジミー・リード。56年からコンスタントにヒット曲を出すという、ブルースではありえない事を成し遂げました。これは59年に出たアルバムの英初出盤、69年。リードも絶好調、しかしそれよりもシカゴの生き血のようなものが曲間から噴出するこのムードがもう圧倒的。全員いいがドラマーが特に最高。一度でいいからこんな演奏生で見たいもんです。【曲】「Going To New York」「A String To Your Heart(試聴)」「Ends & Odds(試聴)」「Caress Me Baby」「Take Out Some Insurance」「The Moon Is Rising」「Down In Virginia」「I Know It's A Sin」「Wanna Be Loved」「Baby, What's On Your Mind」「My Bitter Seed」「Rockin' With Reed」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Maurice Ravel - MAURICE RAVEL PLAYS RAVEL

  • クラシックLP
 Maurice Ravel- モーリス・ラヴェル - "MAURICE RAVEL PLAYS RAVEL"
USA / LP / Mono / Klavier KD137 / Rec 1910s, 20s / Pub 1984
ジャケット擦れわずか、裏ジャケット極小書き込み、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラヴェルが自作を弾いたピアノ・ロールを収録した一枚。
説明不要の作曲家モーリス・ラヴェルが、1910~20年代に記録していたピアノ・ロールを収録したという一枚。この他にあと数テイクあるようですが、これがほぼすべてと思われます。驚くのは、これはリクエストを受けたからなのか自分の選曲かわからないのですが、ラヴェルの曲の中でも特に暗く、重い曲が選ばれています。まあ最高ですが。そして、これはピアノ・ロールの再現性の問題もあるかもしれませんが、ドロッとした足を引きずるようなタッチがスゴミ満点。2曲、ラヴェルの友人のウォルター・ダムロシュ(指揮者として有名)、Eロバート・シュミッツが弾いたものあり。【曲】「Toccata From Le Tombeau De Couperin」「Pavane Pour Une Infante Defunte」「La Vallee Des Cloches From Miroirs(試聴)」「Le Gibet From Gaspard De La Nuit(試聴)」「Oiseaux Tristes From Miroirs」「Jeux d'Eau」「Pavane De La Belle Au Bois Dormant」「Laideronette Imperatrice Des Pagodes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ivan Davis - GREAT GALLOPING GOTTSCHALK

  • クラシックLP
 Ivan Davis- イヴァン・デイヴィス - "GREAT GALLOPING GOTTSCHALK"
U.K. / LP / Stereo / Decca SXL6725 / Rec 1976 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ルイス・モロー・ゴットシャルクのピアノ曲集。
ニューオーリンズ生まれ、キューバやブラジルに渡り、アメリカ音楽だけでなく南米の民俗音楽を題材に創作を続けた作曲家ルイス・モロー・ゴットシャルク(1829-1869)のピアノ曲集。プエルト・リコのミュージシャンがクリスマスに街を練り歩き演奏する曲をもとにしたリズミックな「Suvenir De Port Rico」、軽快な2ビートのアメリカ民謡オマージュ「The Banjo」、スパニッシュ・チンジ―を振りまくラテン風「Suis Moi」、ドビュッシーの子供の領分にも似たムードの「Pasquinade」、黒人の歌とサブ・タイトルが付けられた重く沈痛な「Le Bananier」、対照的に天国的な優しさの「Dying Poet」などなど全12曲収録。アメリカ人ピアニスト、イヴァン・デイヴィスの演奏。英デッカ盤。【曲】「Souvenirs D'Andalousie」「Le Mancenillier」「Manchega」「Souvenir De Porto Rico」「O, Ma Charmante, Epargnez-Moi!」「Suis-Moi!」「The Banjo」「Pasquinade(試聴)」「Grand Scherzo」「Le Bananier」「The Dying Poet(試聴)」「Tournament Galop」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ritchie Family Of Kentucky - THE RITCHIE FAMILY OF KENTUCKY

  • フォーク/マウンテン・ミュージックLP
 Ritchie Family Of Kentucky- リッチー・ファミリー・オブ・ケンタッキー - "THE RITCHIE FAMILY OF KENTUCKY"
USA / LP / Mono / Folkways FA2316 / Rec 1940s, 50s / Pub 1963
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットしみわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ジーン・リッチーの一族、リッチー・ファミリーのドキュメント盤。
アパラチア山脈中、ケンタッキーの山奥に生まれた女性フォーク・シンガー、ジーン・リッチー。彼女の一族は、この地の伝承歌を受け継ぐ貴重なファミリーとして研究家たちには特に有名なのだそう。これは、彼女と彼女の姉エドナ・リッチーの歌を中心に、一族に伝わった歌を、ジーンのナレーション、一族へのインタビュー等を交えて紹介するドキュメント・レコード。オリジナルは58年(これは63年)ですが、録音年代はバラバラ。話の部分に比べてかなり歌多めなので、フォーク~民俗音楽のレコードとして楽しめます。ジーンの紹介も含めて全文文字起こしのブックレット付き。20曲収録。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.