(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: l, Page 3)

Lowell Fulson - LONESOME CHRISTMAS PART 1 cw PART 2

  • ブルース45rpm
 Lowell Fulson- ローウェル・フルソン - "LONESOME CHRISTMAS PART 1 cw PART 2"
USA / 45rpm / Mono / Hollywood 1022 / Rec early50s / Pub
レーベル擦れ少々、Bに書き込み、盤浅い擦れ多め、チリ音
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3~3.5  1980 yen
■ウエストコーストのブルースマン、ローウェル・フルソンのクリスマスR&Bクラシック。
40年代の"Three O'Clock Blues"、50年代の"Reconsider Baby"、60年代の"Tramp"などのヒットを放った、Tボーン・ウォーカー以降最も影響力があったウエストコーストのブルースマン、ローウェル・フルソン。彼の代表作の一つ、「Lonesome Christmas」。さびしいタイトルですがこれが大ヒット、R&B界のクリスマス・クラシックとなりました。ちょい擦れ多めですがいい音のオリジナル盤。※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lenox Quartet, Contemporary Chamber Ensemble, etc. - ROBERT MOEVS / EZRA SIMS

  • クラシックLP
 Lenox Quartet, Contemporary Chamber Ensemble, etc.- レノックス・カルテット、コンテンポラリー・チェンバー・アンサンブル、etc. - "ROBERT MOEVS / EZRA SIMS"
USA / LP / Stereo / CRI 233 / Rec 1968 / Pub 1968
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■A面にエズラ・シムズ、B面にロバート・ムーヴスの室内楽を収録した現代音楽盤。
A面は微分音のパイオニア、エズラ・シムズの弦楽四重奏『Third Quartet(試聴)』で、四分音(半音の半分)を使った彼の最後の作品。B面もアメリカの作曲家ロバート・ムーヴスで、小編成の木管室内楽に打楽器を入れた「Musica Da Camera」、ビオラとチェロの二重奏「Variazioni Sopra Una Melodia(試聴)」の2作を収録。始まって終わるということしか見えないルールの中ギタギタにされるような弓使いが延々と続く一枚。音もメチャメチャいいです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Les Peuls - PREMIERE ANTHOLOGIE DE LA MUSIQUE MALIENNE : LE MALI DU FLEUVE

  • 民俗音楽/マリLP
 Les Peuls- プル族 - "PREMIERE ANTHOLOGIE DE LA MUSIQUE MALIENNE : LE MALI DU FLEUVE"
Germany / LP / Mono / Musicaphon - Mali Music BM30L2502 / Rec 1960s / Pub 1970
コーティングの見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、内側ブックレット部しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■西アフリカ・マリのプル族の音楽を収録したアルバム。
クラシックと民俗音楽をリリースしたドイツ・ムジカフォン、特に民俗音楽は他のレーベルが追い付けない迫真性と頑ななスピリットで素晴らしいレコードをリリース。これは、マリ音楽専門のマリ・ミュージックとムジカフォン共同で製作されたマリの民"俗"音楽集の二作目。数種の民族弦楽器の弾き語りを中心に、打楽器伴奏の曲、擦弦楽器の演奏曲など収録。例によって非常にいいモノラル録音。【曲】「Sauvetage - Rescue - Rettung」「Sore」「N'Nyaro」「Tioubou」「Ewli Jambe(試聴)」「Segintere(試聴)」「Tungere(試聴)」「Segalare」「Demobe」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Le Quatuor De Saxophones Contemporain - AUBERT LEMELAND : CONCERTINO / EPILOGUE NOCTURNE / VARIATIONS / NOCTUOR

  • クラシックLP
 Le Quatuor De Saxophones Contemporain- ル・クワテュオール・デ・サクソフォン・コンテンポラン - "AUBERT LEMELAND : CONCERTINO / EPILOGUE NOCTURNE / VARIATIONS / NOCTUOR"
France / LP / Stereo / Cybelia CY654 / Rec 1980s / Pub 1980s
見開きコーティング・ジャケット擦れわずか、内側擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■仏の作曲家オベール・ルムランのサックス四重奏曲集。
仏シベリアの"20世紀のフランス音楽"シリーズの中でもかなり珍しい一枚。32年生まれ、長らく健康に問題をかかえ、ようやく60年代中期から作曲活動を始めたオベール・ルムラン。セリエル音楽には近づかず、アーロン・コープランドやアイヴズ、ジャズからも多くの影響を受け、新古典主義の路線で作曲を続けた人。これは彼が71年から80年に作曲したサックス4重奏を収録したアルバムで、全てここで初めて録音された4作。全て試聴のような隣接した音が密集した淡いアンサンブル曲。試聴は「Concertino」「Epilogue Nocturne」。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lennie Kesl - WALKIN ON AIR

  • ジャズLP
 Lennie Kesl- レニー・ケスル - "WALKIN' ON AIR"
USA / LP / Stereo / Revelation 29 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■画家レニー・ケスルがオールド・ジャズを歌ったレコード。
メジャー・レーベルであれば完成未満かもしれない、しかしミュージシャンの赤裸々で等身大の姿をとらえたほかにないレコードを作ったリベレイション・レコードから、またまた風変りな一枚。高名な画家で、長い間趣味で古いジャズを演奏していたレニー・ケスルが一枚まるまるオールド・ジャズを歌ったレコード。名チューバ奏者ハワード・スミス、トランペットにジョン・トーマス、バンジョーにエディ・デイヴィスという極シンプルな伴奏。しなびた、しわがれたいい声で、メロディの良さが再確認できるような歌を延々聞かせます。サッチモをすっきりコンパクトにしたようなトランペットも絶品。【曲】「Please Be Kind(試聴)」「100 Years From Today」「Crazy 'Bout My Baby」「Darn That Dream」「All My Life」「You Leave Me Breathless」「Slow Boat To China」「How Long Has This Been Going On」「My Baby Just Cares For Me」「How Deep Is The Ocean(試聴)」「Fools Rush In」「My Fate Is In Your Hands」「More Than You Know」「Home」「Pennies From Heaven」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Armstrong And His Orchestra - LOUIS AND THE BIG BANDS 1928 1930

  • ジャズLP
Louis Armstrong And His Orchestra- ルイ・アームストロング・アンド・ヒズ・オーケストラ - "LOUIS AND THE BIG BANDS 1928 1930"
U.K. / LP / Mono / EMI Parlophone PMC7074 / Rec late1920s / Pub 1968
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ホット5、7を経て、サッチモが次にやったハーレムタイプのジャズ・バンドを収録。
十人ほどの編成の曲で、よどんだ頭も一発で覚醒してしまうようなものばかり。アルゼンチン盤のみで英はこのLPが初出になったキャロル・ディッカーソン名義の2曲でまずノックアウト。ユルメながら全員まったく乱れないクリーンな演奏にサッチモの閃光のようなコルネット。フィラデルフィア・メロディアンズというグループで出した「When Youre Smiling」や歌抜きの「Some Of These Days」, ウォーラーの「Sweet Savannah Sue」,等レアな音源もたっぷり。ライナーはブライアン・ラスト。【曲】「Symphonic Raps(試聴)」「Savoyager's Stomp」「So Black And Blue?」「That Rhythm Man」「Sweet Savannah Sue」「Some Of These Days」「Some Of These Days(試聴)」「When You're Smiling」「When You're Smiling」「After You've Gone」「My Sweet」「I Can't Believe That You're In Love With Me」「Indian Cradle Song」「Exactly Like You」「Dinah」「Tiger Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Latvian SSR State Academic Choir - AR DZIESMU DZIVIBA

  • ラトビアの音楽LP
 Latvian SSR State Academic Choir- ラトビアンSSRステイト・アカデミック・クワイアー - "AR DZIESMU DZIVIBA"
USSR / LP / Stereo / Melodiya C10-15555-6 / Rec 1982 / Pub 1982
ジャケット円状の擦れ、背部中央、下部中央に縁裂け、裏面に小剥落、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、もとからの小チリ音
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ラトビアの恐らくは大学のコーラス・グループ。静謐なコーラス曲集。
すみません、結局は詳しくはわかりませんでした。恐らくはソビエト時代のラトビアの大学?のコーラス・グループ。アルフレッド・カルニンス?という作曲家の曲や、ラトビアの民謡をアレンジしたものを全12曲収録。ジャケットはモーセが紅海を割った出エジプト記と思われるので、クリスチャン系の歌詞でしょうか。アルバム・タイトルは"With Song In Life"。静謐なコーラス曲を12曲収録。【曲】「Singing Born, I Grew Up Singing」「Why Do Harps Resound So Bitter」「Me To Mother Mine」「How High The Mountains」「Ancient Lullaby(試聴)」「Spring Time Morn」「Salute To The Sun」「Madrigal For Double Choir」「Gastronomy」「Silvery Rain Was Falling(試聴)」「Thr Fir Tree's Lullabye」「With Song In Life」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Las Hermanas Mendoza (Mendoza Sisters) - JUANITA Y MARIA

  • テハノ/テックス・メックスLP
 Las Hermanas Mendoza (Mendoza Sisters)- ラス・ヘルマナス・メンドーサ(メンドーサ・シスターズ) - "JUANITA Y MARIA"
USA / LP / Mono / Arhoolie 3017 / Rec 1946 to 1952 / Pub 1984
見開きジャケット擦れわずか、内側小しみ、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■テハノ名姉妹グループ、メンドーサ・シスターズの音源集。
テキサスに住むメキシコ人たちが、メキシコの民謡などをもとに始めた、テキサスの民俗音楽テハノ、テックス・メックス。その初期の女性シンガーで、40年代から大変人気となったリディア・メンドーサ。リディアは良く知られていますが、これは彼女の二人の姉妹、ファニタとマリアのデュエット・ヴォーカルに、リディアが卓抜した12弦ギターを弾くトリオ、メンドーサ・シスターズの音源を集めた一枚。【曲】「Mi Pensamiento(試聴)」「Sone Que Me Jurabas」「Algun Dia」「Cada Vez Que Me Acuerdo」「Dos Seres Que Se Aman」「Que Chula Prieta」「Linda Morenita」「Los Picones」「Manuelita」「Yo Vivo En La Parranda」「Pero Lupita」「Tu Sentencia(試聴)」「El Resbaloso(試聴)」「El Desouite」「Por Ahi Se Dice」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Luis Russell And His Orchestra - THE LUIS RUSSELL STORY 1929-30

  • ジャズLP
Luis Russell And His Orchestra- ルイ・ラッセル&ヒズ・オーケストラ - "THE LUIS RUSSELL STORY 1929-30"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7025 / Rec 1929, 30 / Pub 1965
コーティングの3辺折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイ・ラッセル楽団の全盛期の音源集。
サッチモがこのバンドを数年にわたって自分のバンドのように使っていたことで有名なルイ・ラッセルの楽団。この29、30年録音の数曲を聴いただけで戦前ジャズ・ファンのハートはたやすく盗まれること間違いありません。パナマ出身、宝くじで当たったお金で家族ごとニューオリンズに移住、そこでストライドをマスターしNYに。その後キング・オリヴァーのバンドのメンツをほとんど流用したバンドを結成、名実ともにNYのトップ・バンドへ。かのブライアン・ラストがこれ以上芸術的な曲はないという「New Call Of Freaks」、タンパ・レッドのホーカム・ブルース「Tight Like That」のカバー、そしてカンザスの肉体派ジャズとサッチモ風の輝く個人技が合わさった感のナンバーの数々、全16曲収録。【曲】「Savoy Shout(試聴)」「Call Of The Freaks(試聴)」「It's Tight Like That」「The New Call Of The Freaks」「Feeling The Spirit」「Jersey Lightning」「Doctor Blues」「Saratoga Shout」「Song Of Swanee」「Louisiana Swing (Take A)」「Louisiana Swing (Take C)」「Poor Li'l Me」「On Revival Day」「Muggin' Lightly」「Panama」「High Tension」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lord Caresser, Lord Invader, Jazz Majestic Orchestra, etc. - CALYPSO AND MERINGUES

  • カリブの音楽10LP
Lord Caresser, Lord Invader, Jazz Majestic Orchestra, etc.- ロード・カレッセ、ロード・インベーダー、ジャズ・マジェスティック・オーケストラ、etc. - "CALYPSO AND MERINGUES"
USA / 10LP / Mono / Folkways FP8 / Rec 1940s? / Pub 1953
ジャケット擦れ、汚れ少々、レーベルひげ少々、Bに小はがれ、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、Aラストに小プツ音でるプレスミス、インサートやぶれあり
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3  3480 yen
■オールド・カリプソ/メレンゲ集。
はっきりしたことはわかりませんが恐らくA面はオールド・カリプソのSP盤音源集。ロード・インベーダー、デューク・オブ・アイアンなど4組5曲で、どれもこれぞという5曲。B面はハイチ現地録音のメレンゲで、写真のジャズ・マジェスティック・オーケストラというグループの4曲。マラカスのような役目も果たすバンジョーが入ったたてのりのビートにチンドン風味のあるサックスがなんともいい味。【曲】「Lord Caresser / Carnival Is Bacchanal」「Lord Invader & Felix And His Internationals / Mary Anne」「Duke Of Iron / Druscilla(試聴)」「Lord Invader & Felix And His Internationals / Cousin Family」「Macbeth / Dorothy, One Morning」「Jazz Majestic Orchestra / Nous Allons Dodo (We Are Going To Sleep)」「Trois Fois Trois (Three Times Three)」「Angelique, Oh(試聴)」「Menage Qui Belle (Beautiful Sweetheart)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Les Paul Trio - Les Paul Trio

  • ジャズ/ギターLP
 Les Paul Trio- レス・ポール・トリオ - "THE LES PAUL TRIO"
USA / LP / Mono / Glendale GL6014 / Rec early1940s / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■初期のトリオ音源を収録した一枚。
メアリー・フォードとコンビを組む前やっていた、ギター、ピアノ、ベースのトリオ編成の貴重なトランスクリプション音源集。つまり録音のギミックが無い、まったくそのままのレス・ポールの演奏。驚嘆してしまうのは、50年代の彼のトリッキーでユニークな演奏がすでに完成していること。あの細かいフレーズなど全て人力だった…。恐ろしい。「Dark Eyes」のイントロなんてエディ・ラングの再来!という感じですし、「All Of Me」のこのバップ風のメロディーの噛みくだきなど、ギターの歴史は全て知ってるし出来るよ、と言いたげな身のこなし。レス・ポールのやんちゃな天才ぶりが溢れています。【曲】「Stompin' At The Savoy」「Dark Eyes」「I Surrender Dear」「The Sheik Of Araby(試聴)」「All Of Me」「I Can't Believe You're In Love With Me」「Danger Man At Work」「Coquette」「Ain't Misbehavin'」「Cherokee」「Rose Room」「Lime House Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lucky Millinders Orch. With Sister Rosetta Tharpe - LUCKY DAYS 1941-1945

  • ジャズLP
Lucky Millinder's Orch. With Sister Rosetta Tharpe- ラッキー・ミリンダーズ・オーケストラ・ウィズ・シスター・ロゼッタ・サープ - "LUCKY DAYS 1941-1945"
USA / LP / Mono /  MCA 1319 / Rec 1941 to 1945 / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ラッキー・ミリンダー楽団の最高の音源集。
20年代からのホット・ジャズ、30年代のスウィングを吸収、そしてロックンロール第一号ワイノニー・ハリスを世に送り出したこのラッキー・ミリンダー楽団は、ジャズ、ジャンプ、R&Bが混然一体となった時代から次へと歩ませる原動力となった超重要ブラック・ジャズ・バンド。ワイノニーだけでなく、タブ・スミス(50年代でもR&Bヒットあり)、ディジー・ガレスピー、50年代にR&Bインストの大潮流を作ったビル・ドゲットetc..が在籍していたというモンスター・バンド。これは↑に上げた全員が参加、ソロもとり、さらにバンドの看板女性ブルース&ゴスペル・シンガー、シスター・ロゼッタ・サープをフィーチュアしたナンバーも美味しく収録した一枚。曲が終わるごとに拍手しそうな曲ばかり。※こちらもどうぞ、試聴は違う曲です【曲】「Trouble In Mind」「Ride, Red, Ride」「Rock Daniel」「Shout, Sister, Shout!」「Apollo Jump」「That's All(試聴)」「I Want A Tall Skinny Papa」「Savoy」「Mason Flyer(試聴)」「Little John Special」「Shipyard Social Function」「Hurry, Hurry!」「Who Threw The Whiskey In The Well?」「All The Time」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.