(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: jj, Page 3)

Billy Moore Quartet - Billy Moore Quartet

  • リズム&ブルース/ロックンロール78rpm
 Billy Moore Quartet- ビリー・ムーア・カルテット - "THAT DON'T DO ME NO GOOD cw OUT OF THE BUSHES"
USA / 78rpm / Mono / MGM 11777 / Rec 1954 / Pub 1954
レーベル、盤ともに新品のようなコンディション
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■R&Bボーカル・グループ、ビリー・ムーア・カルテットのファースト。
全くどういう人たちなのか、黒人か白人かも不明(演奏は黒人ミュージシャンでしょう)、MGMドゥワップというコンピレーションに収録されていたので、当時はその路線で売り出されたのかもしれませんが、唄もバッキングも一般的なレベルをはるかに超えた全くグレイトな一枚。ルイ・ジョーダンなんかの流れを汲んだロッキン・ジャイヴのA面、急速R&R調の裏面もカッコイイ。彼らもう一枚MGMであるそうです。54年、新品のようなコンディション。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympany Five - CHOO CHOO CHBOOGIE cw THAT CHICKS TOO YOUNG TO FRY

  • リズム&ブルース/ジャンプ78rpm
 Louis Jordan And His Tympany Five- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイヴ - "CHOO CHOO CH'BOOGIE cw THAT CHICK'S TOO YOUNG TO FRY"
Canada / 78rpm / Mono / Decca 23610 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少し
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3.5
■カナダ盤。ルイ・ジョーダンの代表作。
白人スウィング全盛の影に隠れていたジャンプをモダン化、さらにジャズ化したR&Bというところまで持って行き、加えて黒人のエンターテイナー性をベッタリとしみこませた男、ルイ・ジョーダン。チャック・ベリーもリトル・リチャードもお世話になっていて、ブラック・ロックンロールの元ネタを探すと大体この人にきてしまいます。さて本作は何も言う必要もない代表作「Choo Choo Ch'Boogie」。そして裏、こっちの方がいいという声もあがりそうな、やはり同46年のヒット。米盤同様に「Choo Choo...」がB面のカナダ盤。音いいです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway And His Orch. cw Teddy Wilson And His Orch. - WHEN YOURE SMILING cw TOO GOOD TO BE TRUE

  • ジャズ78rpm
 Cab Calloway And His Orch. cw Teddy Wilson And His Orch.- キャブ・キャロウェイ&ヒズ・オーケストラ、テディ・ウィルソン&ヒズ・オーケストラ - "WHEN YOU'RE SMILING cw TOO GOOD TO BE TRUE"
Japan / 78rpm / Mono / Lucky S7 / Rec 1936 / Pub mid1930s
レーベル擦れ少々、盤美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■日本の誇るラッキーから、キャブ・キャロウェイとテディ・ウィルソンのカップリングの一枚。
アメリカやヨーロッパのマニアにも名が知られたこの日本のラッキー・レコードは、日本コロンビアの傘下のレーベルで、ブランズウィックやオーケエ等のジャズやカントリー・ブルースまでリリースしていたレーベル。Aはキャブ・キャロウェイの「When You Are Smiling」、Bはテディ・ウィルソンの「Too Good To Be True」というスウィートなカップリング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway And His Orchestra - ST. LOUIS BLUES cw GOTTA DARN GOOD REASON NOW

  • ジャズ78rpm
 Cab Calloway And His Orchestra- キャブ・キャロウェイ&ヒズ・オーケストラ - "ST. LOUIS BLUES cw GOTTA DARN GOOD REASON NOW"
Japan / 78rpm / Mono / Lucky 60049 / Rec 1930 / Pub mid1930s
レーベルきれい、盤極浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 4
■日本の誇るラッキーから、キャブ・キャロウェイのデビュー盤。
アメリカやヨーロッパのマニアにも名が知られたこの日本のラッキー・レコードは、日本コロンビアの傘下のレーベルで、ブランズウィックやオーケエ等のジャズやカントリー・ブルースまでリリースしていたレーベル。これは30年、記念すべきキャブのデビュー作の二曲。これを両面ともにきっちり出したのは、オリジナルとこのラッキー盤だけ。悪ふざけが最高なA、歌もメンバーの演奏も冴えるB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Nellie Lutcher And Her Rhythm - FINE BROWN FRAME cw THE PIG-LATIN SONG

  • リズム&ブルース/ジャイヴ78rpm
 Nellie Lutcher And Her Rhythm- ネリー・ラッチャー&ハー・リズム - "FINE BROWN FRAME cw THE PIG-LATIN SONG"
USA / 78rpm / Mono / Capitol 15032 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■ネリー・ラッチャーの47年作。
40年代後半に「Hurry On Down」「He's A Real Gone Guy」と立て続けにヒットを連発したピアニスト/ジャイヴ・ガール、ネリー・ラッチャー。お茶目で飄々とした、可愛らしいくも味わい深い歌がトレードマーク。ニーナ・シモンも影響を受けたといいますが、ルース・ブラウンやハワイのヒロ・ハッティも影響を受けたのでは?というトータルの表現力も最高。細野さんも最新作でカバーしていますね。これは47年の一枚で、両面ともにばねはあるもミッドテンポの落ち着いたナンバーのカップリング。全体の雰囲気も、細かいところまで耳を澄ましても最高な二曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympany Five - TEARDROPS FROM MY EYES cw ITS A GREAT GREAT PLEASURE

  • リズム&ブルース/ジャンプ78rpm
 Louis Jordan And His Tympany Five- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイヴ - "TEARDROPS FROM MY EYES cw IT'S A GREAT GREAT PLEASURE"
USA / 78rpm / Mono / Decca 9-27424 / Rec 1950 / Pub 1950
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 
■ルイ・ジョーダンの50年のシングル。
白人スウィング全盛の影に隠れていたジャンプをモダン化、さらにジャズ化したR&Bというところまで持って行き、加えて黒人のエンターテイナー性をベッタリとしみこませた男、ルイ・ジョーダン。チャック・ベリーもリトル・リチャードもお世話になっていて、ブラック・ロックンロールの元ネタを探すと大体この人にきてしまいます。これは50年の一枚で、オリジナル盤。AはR&Bの女王ルース・ブラウンの初No1ヒットをすぐさまカバーした一曲。裏面も手抜かり無しのジャンプ・ブルースのダブルサイダー。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Gaillard Trio - MEAN MAMA BLUES cw RIFF CITY

  • ジャズ78rpm
 Slim Gaillard Trio- スリム・ゲイラード・トリオ - "MEAN MAMA BLUES cw RIFF CITY"
USA / 78rpm / Mono / Majestic 9006 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルきれい、盤極浅い擦れのみ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 
■スリム・ゲイラードの46年作。
雑食性の高い、ヒップを絵に描いたような音楽性で、当時のリアル・ビート族やバップで踊っていたような先端な人達をとりこにしたジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。これは45年の一枚で、スリム(G)、タイニー・ブラウン(B)、ズティ・シングルトン(D)のトリオに、シンガーとしていいレコードを残した白人女性ウィニ・ビーティがピアノで参加。彼のレコードでこんなにけだるい歌聞いたことない、あきらめたような歌のスロー・ブルースのA、スリムがヴァイブを演奏、得意のスキャットをちりばめるダンサブルなB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympany Five - WHISKEY DO YOUR STUFF cw DAD GUM YA HIDE, BOY

  • リズム&ブルース/ジャンプ78rpm
 Louis Jordan And His Tympany Five- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイヴ - "WHISKEY DO YOUR STUFF cw DAD GUM YA HIDE, BOY"
USA / 78rpm / Mono / Aladdin 3223 / Rec 1954 / Pub 1954
レーベル擦れ少々、盤擦れ、プツ音でる小スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 2.5 / Sound 
■ルイ・ジョーダンのアラジン盤。
白人スウィング全盛の影に隠れていたジャンプをモダン化、さらにジャズ化したR&Bというところまで持って行き、加えて黒人のエンターテイナー性をベッタリとしみこませた男、ルイ・ジョーダン。チャック・ベリーもリトル・リチャードもお世話になっていて、ブラック・ロックンロールの元ネタを探すと大体この人にきてしまいます。これは54年の一時だけいたアラジンからの一枚で、ここでの一発目のリリース。同じアラジンのエイモス・ミルバーンを思わせるアルコールネタのグッドR&Bナンバー。全くおんなじノリでアップテンポの裏面もしゃべくりスタイルの歌が楽しいナンバー。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway And His Orchestra - BLUES IN THE NIGHT cw SAYS WHO? SAYS YOU, SAYS I!

  • ジャズ/ジャイヴ78rpm
 Cab Calloway And His Orchestra- キャブ・キャロウェイ&ヒズ・オーケストラ - "BLUES IN THE NIGHT cw SAYS WHO? SAYS YOU, SAYS I!"
USA / 78rpm / Mono / Okeh 6422 / Rec 1941 / Pub 1941
レーベルきれい、盤浅い擦れ、小プツ音でる浅いスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■キャブの"Blues In The Night"。
エンターテイメントとしても、ジャズとしても一級なところを追求したら誰もついて来れないレベルまで行ってしまったキャブ・キャロウェイ。ジャイヴの一つの大きな世界を一人で作り出したと言っても言いすぎでないところも怖い。さて本作は、40年代キャブの名盤"Blues In The Night"。この名スタンダードの最も初期の演奏で、作曲された41年の録音。ヴォーカル・グループ、パーマー・ブラザーズとともに、楽器ソロなどは入れずたっぷりねっとりキャブが唄う最高のVer.。裏もキャブの歌が楽しめるいいスウィングで、こちらは演奏もクローズアップ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympany Five - OOO WEE cw ILL DIE HAPPY

  • リズム&ブルース/ジャンプ78rpm
 Louis Jordan And His Tympany Five- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイヴ - "OOO WEE cw I'LL DIE HAPPY"
USA / 78rpm / Mono / Aladdin 3227 / Rec 1954 / Pub 1954
レーベル擦れ少々、盤全体的に擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 2.5 / Sound 3~3.5 
■ルイ・ジョーダンのアラジン盤。
白人スウィング全盛の影に隠れていたジャンプをモダン化、さらにジャズ化したR&Bというところまで持って行き、加えて黒人のエンターテイナー性をベッタリとしみこませた男、ルイ・ジョーダン。チャック・ベリーもリトル・リチャードもお世話になっていて、ブラック・ロックンロールの元ネタを探すと大体この人にきてしまいます。これは54年の一時だけいたアラジンからの一枚。余計なものを削いだ男気溢れるジャンプのA、一転騒々しい歌で楽しませるB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lem Fowlers Washboard Wonders - THE FLORIDA BLUES cw SALTY DOG

  • ジャズ/ウォッシュボード・バンド78rpm
 Lem Fowler's Washboard Wonders- レム・フォウラーズ・ウォッシュボード・ワンダラーズ - "THE FLORIDA BLUES cw SALTY DOG"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 14111D / Rec 1925 / Pub 1925
レーベル擦れ、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3
■レミュエル・フォウラーのウォッシュボード・バンド、25年作。
クララ・スミス、サラ・マーティンetc.のブルース・シンガーのバックで知られるピアニスト、レミュエル・フォーラー。25~26年の間にコロンビアにウォッシュボード・バンドものを録音。田舎の素朴なジャグ・バンドとは一味違う都会の空気をたっぷり吸いこんだジャズ×ブルース・バンドといった趣のこの洗濯板バンド、ロックンロールやイギリスのスキッフルへも影響を与え続けたストリート感まみれるDIY音楽。このグループはその先駆。Aは後にディキシーランド・ジャグ・ブロワーズも取り上げる「Frolida Blues」、Bはボー・カーター、ミシシッピ・ジョン・ハートetc...も録音したブルース・クラシック「Salty Dog」。このジャズ・マインド爆発の演奏をお聞きください。25年、初期の電気録音盤で、音も迫力あり。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry The Hipster Gibson - GET YOUR JUICES AND THE DEUCES cw THE HIPSTERS BLUES OPUS 7 1/2

  • ジャズ78rpm
 Harry The Hipster Gibson- ハリー・ザ・ヒップスター・ギブソン - "GET YOUR JUICES AND THE DEUCES cw THE HIPSTER'S BLUES OPUS 7 1/2"
USA / 78rpm / Mono / Musicraft 292 / Rec 1944 / Pub 1944
レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■ピアノ・ジャイヴの非合法、ハリー・ザ・ヒップスター・ギブソン。
ブロンクスで育ったバリバリのホワイトニグロで、52番街の絶頂期にそこら中のクラブを荒らしまくった伝説の男ハリー・ザ・ヒップスター・ギブソン。マイルスと同じようにジュリアード音楽院と52番街の2足の草鞋をはいていたのですが、ジャズの刺激に到底クラシックは追いつけずジュリアードを中退(マイルスと同じ)。元祖ロックンローラーの候補に挙がるのも充分納得。これは44年、まさにヒップスター・ギブソン流の痛快なピアノ弾き語りジャイヴァー。はき捨てるような歌、ノリまくるピアノもいいナンバー。テンポを落としたブルースのBも◎。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.