(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: j)

J.B. Lenoir - THE PARROT SESSIONS 1954-5

  • ブルースLP
 J.B. Lenoir- J.B.ルノア - "THE PARROT SESSIONS 1954-5"
USA / LP / Mono / Relic 8017 / Rec 1954, 1955 / Pub 1988
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ブルース・シンガー、JBルノアの50年代中期音源集。
29年ミシシッピ生まれ、ブラインド・レモン・ジェファーソンに影響を受け、40年代のニューオーリンズでエルモア・ジェイムス等と共演、その後シカゴへ流れつき、持ち前のハイトーン・ボイスと最高のサポートでキラーを連発したJBルノア。これはその頃54~55年にシカゴのマイナー、パロットに残した音源を未発表も含め収めたレリックからのオフィシャル編集盤。ドゥワップでおなじみのレリック、ブルースはもしかするとこの一枚だけ?【曲】「Mama, Talk To Your Daughter(試聴)」「Eisenhower Blues」「I Lost My Baby(試聴)」「Give Me One More Shot」「Man, Watch Your Women」「I'm In Korea」「I'm Gonna Die Someday」「What Have I Done」「Fine Girls」「We've Both Got To Realize」「Eisenhower Blues」「Sittin' Down Thinkin'(試聴)」「Mama, Your Daughter's Gonna Miss Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Josef Marais And Miranda - SOUTH AFRICAN FOLK SONGS

  • フォーク/南アフリカの音楽LP
 Josef Marais And Miranda- ジョセフ・マライス&ミランダ - "SOUTH AFRICAN FOLK SONGS"
USA / LP / Mono / Harmony HL7043 / Rec 1950s / Pub 1950s
ジャケット擦れ少々、右上取り出し口と背部中央に縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、表層スクラッチ少し、時折サッとノイズ入る箇所あり
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3~3.5  2480 yen
■南アフリカ出身の夫婦フォーク・デュオ、マライス&ミランダのアルバム。
南アフリカのフォーク・シンガー、ジョセフ・マライス。20年代にはヨーロッパ、30年代にアメリカへわたり、アフリカーンス語のフォーク・ソングを英語にして歌い人気となった人。妻のミランダとともに面白いレコードを残しました。甲高いトランペット・ヴォイスのミランダとクルーナー系のジョセフの二重唱、ギター、エレキ、少々のパーカッションなどでアレンジされています。アフリカ風でもプリミティヴでもなくかなり洗練されたアフロ・フォーク。半音が多い怪しいメロディーに、最初から最後までが全サビみたいな面白い電車ソング「Train To Kinmberly」、5音階でオリエンタルでアフリカンなジョナサン・リッマンみたいな「When It Rains」などなど、例えが思い浮かばない南ア民謡のアレンジ曲を10曲収録。オリジナルは10インチで、これは50年代中~後期のコロンビア・ハーモニー盤。【曲】「Sarie Marais」「Train To Kimberley(試聴)」「When It Rains(試聴)」「Ma Says, Pa Says」「Pity The Poor Patat」「Sugarbush」「Oh Brandy Leave Me Alone」「Animal Cries」「Johnathan」「Umbira Melody」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Greene - FIDDLE ALBUM

  • カントリー/ブルーグラスLP
 Joe Greene- ジョー・グリーン - "FIDDLE ALBUM"
USA / LP / Stereo / County 722 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、小貼り物、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■名フィドラー、ジョー・グリーンのファースト・ソロ・アルバム。
このカウンティから二枚のアルバムを出しただけながら、マウンテン、ブルーグラス界でトップクラスの名手とされるフィドラー、ジョー・グリーン。このアルバムに収録されている「Dusty Miller」は、アパラチアと西部のフィドリングをミックスした名演として特に有名なのだそう。じっくり聞いているとどこか異国の香りさえしてきます。彼のセカンド・アルバム(1stはデュオ)で、ビル・モンローのブルーグラス・ボーイズのギタリスト、チャビー・ワイズ、クラレンス・ホワイトとケンタッキー・カーネルズをやっていた兄弟のローランド・ホワイト等錚々たるメンツをバックに鮮やかに弾ききった一枚。【曲】「Daley's Reel(試聴)」「Cattle In The Corn」「Katy Hill」「Big Joe」「Paddy On The Turnpike」「Money Musk」「Dusty Miller(試聴)」「Kingsport」「Grey Eagle」「Turkey Buzzard」「Salt River」「Road To Jenkins」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton - THE COMPLETE JELLY ROLL MORTON VOLUME 1/2

  • ジャズLP
Jelly Roll Morton- ジェリー・ロール・モートン - "THE COMPLETE JELLY ROLL MORTON VOLUME 1/2"
France / LP / Mono / RCA PM42405 / Rec 1926, 27 / Pub 1979
見開きジャケット擦れ少々、しみ少々、内側しみ少々、レーベルひげほんのわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■26年から27年の音源を収録した2LP。
フランスRCAのジャズ編集盤シリーズ"ジャズ・トリビューン"から、ジェリー・ロール・モートンの全音源集。この前に米MCAで最初期のものを集めた2LPがあり、それから続く形で26年~のものがまとめられています。この時期活動の中心にしていたバンド、レッド・ホット・ペッパーズのもの多し。ジョニー・ドッズ、オマー・シメオン、キッド・オリー等が参加した、ルイ・アームストロングのバンドに並ぶスーパー・グループ。ニューオーリンズ土着のスタイルと、シカゴやNYのホット・ジャズとの興奮のミックス。ヒットし多くのカバーも生んだ「Doctor Jazz Stomp」、モートンの文句なしの代表作「Pearls」のバンド・バージョン、ベイビー・ドッズとのトリオなどなど全32曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Andrews Tartaglia - TARTAGLIAN THEOREM

  • ロック/イージー・リスニングLP
 John Andrews Tartaglia- ジョン・アンドリュース・タータグリア - "TARTAGLIAN THEOREM"
USA / LP / Stereo / Capitol ST166 / Rec 1968 / Pub 1968
ジャケット擦れ少々、左下カットアウト・ホール、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■60年代ポップスの名アレンジャー、タータグリアのソロ・アルバム。
あまりにも多くのポップス、ロックの名作をアレンジしたタータグリア。ロジャー・ニコルズのアルバムも手掛けましたが、これはそのロジャー・ニコルズ書下ろしのナンバー(試聴一曲目)が特に知られるファースト・アルバムで、ハル・ブレインらの名うてミュージシャンの演奏に流麗なストリングスを振りかけた、ソフト・ロックとイージー・リスニングをミックスしたムードの一枚。【曲】「Poto Flavus(試聴)」「Wichita Lineman(試聴)」「I Am The Walrus」「I'm Gonna Make You Love Me」「Light My Fire」「Abraham, Martin And John」「America」「Collage: Like To Get To Know You / Give A Damn」「Goodnight」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jackie Gleason - MUSIC FOR LOVERS ONLY / MUSIC TO MAKE YOU MISTY

  • ムード・ミュージックLP
 Jackie Gleason- ジャッキー・グリースン - "MUSIC FOR LOVERS ONLY / MUSIC TO MAKE YOU MISTY"
USA / LP / Mono / Capitol W475 / Rec early50s / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、下部取り出し口小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ムード音楽"の発明者、ジャッキー・グリースンの代表作をカップリングした一枚。
アメリカ50年代の“ムード”を音楽に映し出した男、ジャッキー・グリースン。俳優としてキャリアをスタートした彼、映画人としての経験でどれだけ音楽が効果的かということを知らされ、自分の楽団を結成、打ち出したのは所謂ムード・ミュージック。3年にもわたりロング・セラーを記録した処女作『Music For Lovers Only』(52年)でその名を広め、ムード音楽を定着させませた。本作はその処女作と2枚目の10インチ『Music To Make You Misty』をカップリング、それに数曲足して作られたLP。表ではボビー・ハケットのTPを、裏ではトゥーツ・モンデロのサックスを麗しいストリングズ・アレンジの中ででフィーチャー、アメリカン50sの洒落たリヴィングにいるような気分になります。【曲】「Alone Together」「My Funny Valentine」「But Not For Me」「Love (Your Spell Is Everywhere)」「I'm In The Mood For Love」「Love Is Here To Stay」「I Only Have Eyes For You」「Body And Soul」「Say It Isn't So」「I Guess I'll Have To Change My Plan」「It Happened In Monterey」「It All Depends On You」「The Man I Love」「Mickey」「I Hadn't Anyone Till You」「You Were Meant For Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jazz Gillum, Memphis Minnie, Walter Davis, etc. - BLUES FROM WINDY CITY : CHICAGO IN TRANSITION

  • ブルースLP
 Jazz Gillum, Memphis Minnie, Walter Davis, etc.- ジャズ・ジラム、ジョン・セラーズ、ウォルター・デイヴィス、etc. - "BLUES FROM WINDY CITY : CHICAGO IN TRANSITION"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLYLP4713 / Rec 1946-1952 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴ・ブルースの移り変わりをとらえた編集盤。
多くの才能が集まり圧縮されそしてニューヨークを始め他の街へと拡散していった、起爆剤のような役割を果たしたシカゴ。これはおもに、初期のシカゴのブルースが戦争を挟んでどう変わったのかを、戦前からやっていた人たちの音源も豊富にいれ特集した一枚。弾き語りやデュオものからバンド形式になったり、タンパ・レッドやヘンリー・タウンゼントがエレキを持ち始めたり、後のロックンロールの屋台骨ウィリー・ディクソンが現れたりと、それからのシカゴの展望も実感させる内容。「タイト・ライク・ザット」をエレキ・ブギに改変したタンパ・レッドが特に象徴的で感慨深いです。【曲】「Jazz Gillum / Country Woman Blues」「John Sellers / Let Me Be Your Sidetrack」「Sonny Boy Williamson / Bring Another Half Pint」「Willie (Long Time) Smith / Due Respects To You」「(Little) Eddie Boyd / I Had To Let Her Go」「Jazz Gillum / Take One More Chance With Me」「Tampa Red / Maybe Some Day」「Pete Franklin / Casey Brown Blues」「Tampa Red / It's Good Like That(試聴)」「Memphis Minnie / Tears On My Pillow」「Jazz Gillum / Look What You Are Today」「Walter Davis / What May Your Troubles Be(試聴)」「Pete Franklin / Down Behind The Rise」「Willie (Long Time) Smith / Flying Cloud Boogie」「Washboard Sam / You Can't Make The Grade」「Walter Davis / Tears Came Rollin' Down」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnnie Allan - SOUTH TO LOUISIANA

  • ロックンロール/スワンプ・ポップLP
 Johnnie Allan- ジョニー・アラン - "SOUTH TO LOUISIANA"
U.K. / LP / Mono / Ace CH145 / Rec 1960s / Pub 1985
ジャケット擦れ少々、背部小ほころび、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■永遠にカッコイイJohnnie Allan。米ジン盤とは違う選曲がなされた英エイス盤。
脈々と続くケイジャンを心に持ったルイジアナの若者が、R&B、R&R時代の到来とともにアコーディオンとフィドルの替わりにエレキを手にして始めたスワンプ・ポップ。これはそのスワンプ・ポップ界のヒーロー、ジョニー・アランの英エイスからの編集盤。アランのホーム・レーベル、ジンから、同じジャケット、同じタイトルのものが出ているのですが、これは全く違う選曲がなされていて、それがもう最高、完璧な内容(ジン盤も最高ですが)。英オヴァル・スティッフから7インチ再発もされたチャック・ベリー・カバー"Promised Land"、個人的にシングルを何年も探しているのですが一度も見たことない爽快な"Cajun Man"、スワンプ・ポップ・バラードの一線を越えた名曲"Love Me All The Way"などなど収録。【曲】「Promised Land(試聴)」「Cajun Man(試聴)」「I'll Never Love Again」「Let's Do It」「Talk To Me」「The Convict And The Rose」「South To Louisiana」「Just A Little Bit」「This Life I Lead」「What'cha Do」「Nights Of Misery」「Love Me All The Way(試聴)」「Do You Love Me So」「Your Picture」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James Taylor And The Flying Machine - 1967

  • ロックLP
 James Taylor And The Flying Machine- ジェームス・テイラー&ザ・フライング・マシーン - "1967"
USA / LP / Stereo / Euphoria EST2 / Rec 1967 / Pub 1971
ジャケット擦れ少々、右上取り出し口小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■JTのソロ以前の音源集。
フライング・マシーンというバンドをやっていた頃の音源を集めた、JTマニアならずとも知られた一枚。こんなに良かったっけ、と久々聞いて驚きました....60年代当時マイナー・レーベルから出ていたシングル音源も含まれているのですが、スタジオの雰囲気が伝わる、シングルでは当然はしょられたちょっとした会話なんかも入っていて、アーリーJTの周りがどんなだったかがも感じられます。JTらしいらしいまさしく名曲の「Brighten...」(これはソロ1stに入ってます)や、ダランとしたファンキーなR&Bナンバーなど美味しい曲ズラリ。そしてBラストの長いインスト「Something...」がもう最高。JTの一番コアな魅力が歌無しで叫ばれてます。【曲】「Night Owl」「Brighten Your Night With My Day(試聴)」「Kootch's Song」「Knocking 'Round The Zoo」「Rainy Day Man」「Knocking 'Round The Zoo」「Something's Wrong(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Reed - ROCKIN WITH REED

  • ブルースLP
Jimmy Reed- ジミー・リード - "ROCKIN' WITH REED"
U.K. / LP / Stereo / Joy JOYS141 / Rec 1959 / Pub 1969
コーティングの折り返しジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、B1にほぼ音に出ない小スクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ジミー・リードの59年のアルバム。英盤。
ストーンズに"どんなヘロヘロな演奏でも大丈夫だ"という勇気を与えたシカゴのヘベレケ・ブルース・マン、ジミー・リード。56年からコンスタントにヒット曲を出すという、ブルースではありえない事を成し遂げました。これは59年に出たアルバムの英初出盤、69年。リードも絶好調、しかしそれよりもシカゴの生き血のようなものが曲間から噴出するこのムードがもう圧倒的。全員いいがドラマーが特に最高。一度でいいからこんな演奏生で見たいもんです。【曲】「Going To New York」「A String To Your Heart(試聴)」「Ends & Odds(試聴)」「Caress Me Baby」「Take Out Some Insurance」「The Moon Is Rising」「Down In Virginia」「I Know It's A Sin」「Wanna Be Loved」「Baby, What's On Your Mind」「My Bitter Seed」「Rockin' With Reed」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Rodgers - FIRST SESSIONS

  • ヒルビリーLP
 Jimmie Rodgers- ジミー・ロジャース - "FIRST SESSIONS"
USA / LP / Mono / Rounder 1056 / Rec 1927, 28 / Pub 1990
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ラウンダーからの初期音源集第一集。
アメリカ国内でも独立国状態となったアパラチア山脈の古いフォーク・ソングと、生活の中で触れ合った黒人達のブルースやゴスペル、ハワイアンなどが自分の中で無理なくミックスされ出てくるジミー・ロジャース。短い活動期間で残されたレコードは、後の、いや同時代のアーティスト達にも大きな影響を与えました。これはラウンダーがまとめた初期音源集の一枚目。彼が発見されたオーディションでの録音、通称ブリストル・セッションズからその翌年までのナンバーを14曲収録。【曲】「Blue Yodel(試聴)」「The Soldier's Sweetheart」「Ben Dewberry's Final Run」「Sleep, Baby, Sleep」「Mother Was A Lady」「Dear Old Sunny South By The Sea」「Away Out On The Mountain」「Trausures Untold(試聴)」「Blue Yodel - No. II」「The Sailor's Plea」「In The Jailhouse Now」「Memphis Yodel」「The Brakerman's Blues」「Blue Yodel No. 3」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Rodgers - EARLY YEARS

  • ヒルビリーLP
 Jimmie Rodgers- ジミー・ロジャース - "EARLY YEARS"
USA / LP / Mono / Rounder 1057 / Rec 1928, 29 / Pub 1990
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2480 yen
■ラウンダーからの初期音源集第二集。
アメリカ国内でも独立国状態となったアパラチア山脈の古いフォーク・ソングと、生活の中で触れ合った黒人達のブルースやゴスペル、ハワイアンなどが自分の中で無理なくミックスされ出てくるジミー・ロジャース。短い活動期間で残されたレコードは、後の、いや同時代のアーティスト達にも大きな影響を与えました。これはラウンダーがまとめた初期音源集の二枚目。クラ、バイオリン、チューバなどバンド編成のものを多く収録。良く聞くと実はかなり奇妙なメロディだったりするのですが、それを万人に難なく聞かせるジミー・ロジャース。スゴイし、ほんとにいい。【曲】「My Little Lady」「Blue Yodel No. 4(試聴)」「Daddy And Home」「Lullaby Yodel」「You And My Old Guitar」「Desert Blues」「Never No Mo' Blues」「Mississippi Moon」「My Caroline Sunshine Girl」「I'm Lonely And Blue(Unissued)」「I'm Lonely And Blue」「Waiting For A Train」「My Old Pal」「My Little Old Home In New Orleans」「Blue Yodel No. 5」「Any Old Time(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.