(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: j)

Jose Luis Padula Y Su Conjunto - ALEGRIAS DE MI PAGO

  • アルゼンチンの音楽LP
 Jose Luis Padula Y Su Conjunto- ホセ・ルイス・パドゥラ・イ・ス・コンフント - "ALEGRIAS DE MI PAGO"
Argentina / LP / Mono / Odeon 4061 / Rec 4061 / Pub 1968
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■アルゼンチン・タンゴのギタリスト&ピアニスト、ホセ・ルイス・パドゥラの音源集。
フランシスコ・カナロ楽団等と並び称されるアルゼンチン・タンゴのパイオニアの一人、ホセ・ルイス・パドゥラ。代表作「7月9日」は1908年作曲、45年に亡くなるまで多くの名曲を残した作曲家でもあり。これはアルゼンチン・オデオンがまとめた彼の晩年の名演集。かなりフォルクローレ色濃い、力強い14曲を収録。【曲】「Viene Clareando」「La Enganera」「De Pago En Pago」「Linda Mi Negra」「Hasta Cuando(試聴)」「El Mandinga」「Alegrias De Mi Pago(試聴)」「Piedra Y Camino」「Soy De Los Llanos」「La Huanchaquena」「El Perezoso」「Quisiera」「La Raquena」「El Criollo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton - BLUES AND STOMPS FROM RARE PIANO ROLLS 1924-26

  • ジャズLP
 Jelly Roll Morton- ジェリー・ロール・モートン - "BLUES AND STOMPS FROM RARE PIANO ROLLS 1924-26"
USA / LP / Mono / Biograph BLP1004Q / Rec 1924-26 / Pub 1970
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジェリー・ロール・モートンのピアノを高純度で楽しめる一枚。
初のレコードを出したのは1924年、これはその頃に録音していたピアノ・ロールを収録した一枚。亡くなる少し前の有名なアラン・ロマックス録音の枯れまくった演奏とは正反対の輝くような演奏。モートンらしい、スパニッシュ・チンジーなプレイもそこかしこにあります。ライナーによるとジェームスPジョンソンは1911年に既に一曲目の「Jelly Roll Blues」を弾いているのを見たらしい。「The Dream」と言われてピンとくる方はぜひに。【曲】「Jelly Roll Blues(試聴)」「Mr. Jelly Lord」「London Blues」「Sweet Man」「Grandpa's Spells」「Stratford Huntch」「Shreveport Stomp」「Tom Cat Blues」「King Portor - A Stomp」「Midnight Mama」「Tin Roof Blues」「Dead Man Blues(試聴)」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jacques Fevrier, Georges Auric - ERIK SATIE : LOEUVRE POUR PIANO

  • クラシックLP
Jacques Fevrier, Georges Auric- ジャック・フェヴリエ、ジョルジュ・オーリック - "ERIK SATIE : L'OEUVRE POUR PIANO"
Japan / LP / Stereo / Columbia OW7608EV / Rec ? / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■仏のピアニスト、ジャック・フェヴリエによるサティ集。
日本コロンビアが、同じデザインのジャケットで出した"現代音楽の古典"シリーズの一枚。親友でもあるラヴェルの演奏で知られるピアニスト、ジャック・フェヴリエがサティの代表的なナンバーを弾いた、他のサティが聞けなくなるほど心に迫る一枚。どんな演奏が好きかというのは人により違うと思いますが、これほどサティの音楽像にフィットする、"素敵"じゃない冷静で覚醒的な演奏もないと思います。ラストの『梨の形...』は、六人組の一人ジョルジュ・オーリックとの四手演奏。【曲】「1ere Gnossienne(試聴)」「Avant - Dernieres Pensees」「1ere Sarabande」「Piece Froides」「Croquis Et Agaceries D'un Gros Bonhomme En Bois」「1ere Gymnopedie(試聴)」「Embryons Desseches」「Trois Morceaux En Forme De Poire」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jan Kubelik, Jacques Thibaud, Marie Hall, etc. - GREAT VIRTUOSI OF THE GOLDEN AGE VOL.2 - VIOLIN

  • クラシックLP
 Jan Kubelik, Jacques Thibaud, Marie Hall, etc.- ヤン・クベリーク、ジャック・チボー、マリー・ホール、etc. - "GREAT VIRTUOSI OF THE GOLDEN AGE VOL.2 - VIOLIN"
U.K. / LP / Mono / Pearl GEMM102 / Rec 1903 to 1912 / Pub 1982
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■1900年代のバイオリンの名演を集めた一枚。
正確無比で完璧な演奏が有名なチェコのヤン・クベリーク、イギリスの女性バイオリニスト、マリー・ホール、「思い出」など作曲家としても活躍したドイツのフランツ・ドルドラ、ハンガリーのバイオリニストで、バルトークを伴奏者として演奏旅行をしていたフランツ・フォン・ヴェチェイ、そしてチボーとクライスラーの6人。ほとんどが1900年代の古い音源。SP盤を何もせずそのまま録音したような音です。【曲】「Jan Kubelik / Moto Perpetuo(Paganini)(試聴)」「Zigeunerweisen(Sarasate)」「Scherzo-tarantella(Wieniawski)」「Poeme(Fibich)」「Jacques Thibaud / Serenite(Vieuxtemps)」「Gavotte(Bach)」「Marie Hall / Finale From E Minor Concerto(Mendelssohn)」「Bourree(Handel)」「Cavatina(Raff)(試聴)」「Fritz Kreisler / Hungarian Dance(Brahms)」「Air On The G String(Bach/wilhelm)」「Franz Drdla / Nocturne In E Flat(Chopin)」「Franz Von Vecsey / Ronde Des Lutins(Bazzini)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jorge Fontes - FADOS AND VARIATIONS

  • ポルトガルの音楽LP
 Jorge Fontes- ホルヘ・フォンテス - "FADOS AND VARIATIONS"
USA / LP / Mono / RCA Victor FPM172 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ポルトガル・ギターの名手、ホルヘ・フォンテスのソロ・アルバム。
ファドの伴奏に無くてはならないポルトガル・ギター。6コース12弦で洋梨のようなボディをした楽器で、12弦ギターやマンドリンにも似た光沢おある音色が独特。このホルヘ・フォンテスは、アマリア・ロドリゲスの伴奏等で知られる名手。ポルトガルではヴィオラと言われる通常のギターと、ギターと同じ形をしたベースのバイショ等の小編成でファドのスタンダード、彼の自作曲等を12曲演奏。テクニック抜群のアップテンポの2ビートものからロス・インディオス・タバハラス風のエキゾチックなもの、アントン・カラスを思わせるゆったりしたナンバーまで多彩。モノラル。【曲】「Lisboa A Noite」「Guitarra Espectacular」「O Fado Mora Em Lisboa」「Coimbra 」「Escadinhas De Alfama(試聴)」「A Rua Dos Meus Ciumes」「Madragoa(試聴)」「Comboio Do Norte」「Lisboa, Nao Sejas Francesa」「Al Mouraria」「Ferias No Algarve」「Chegaste Em Dia De Sol」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.B. Lenoir - MOJO BOOGIE

  • ブルースLP
J.B. Lenoir- J.B.ルノア - "MOJO BOOGIE"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY564 / Rec early1950s / Pub 1980
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・シンガー、JBルノアのパロット以前、50年代初期音源集。
29年ミシシッピ生まれ、ブラインド・レモン・ジェファーソンに影響を受け、40年代のニューオーリンズでエルモア・ジェイムス等と共演、その後シカゴへ流れつき、持ち前のハイトーン・ボイスと最高のサポートでキラーを連発したJBルノア。彼と言えば、の50年代パロット・レコードでの録音の少し前、同じシカゴの黒人音楽殿堂レーベル、JOBに残した音源をいい音で収録した一枚。全14曲中7曲が未発表。ピアノは全曲サニーランド・スリム、サックスは全て下のJTブラウン。【曲】「Let's Roll (Take 2)」「People Are Meddling (In Our Affairs)」「I Have Married」「I'll Die Tryin'」「The Mountain」「How Much More」「Let's Roll (Take 1)」「The Mojo (Take 1)(試聴)」「Slow Down Woman(試聴)」「I Want My Baby」「How Can I Leave」「Play A Little While」「Louise」「The Mojo (Take 4)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.T. Brown And His Boogie Boys - ROCKIN WITH J.T.

  • リズム&ブルースLP
 J.T. Brown And His Boogie Boys- J.T.ブラウン&ヒズ・ブギ・ボーイズ - "ROCKIN' WITH J.T."
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4712 / Rec 1945 to 1952 / Pub 1975
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■R&Bテナー奏者&シンガー、J.T.ブラウンの音源集。
ミシシッピ生まれでシカゴに渡り、エルモア・ジェイムス、ランサム・ノーリング、ウォッシュボード・サム、ルーズベルト・サイクス、ビッグ・ビル・ブルーンジーらとウルトラヘビーなブギ、R&B、ジャンプを録音したJTブラウン。これは45年から52年までのナンバーを収録した音源集。上の5人との音源も収録。ブギウギ等早いナンバーの多彩なプレイからドロっとしたスロウの空しいブロウまで楽しめる全16曲。後にクレイジーキャット・レーベルからリイシュー(試聴違うのでぜひこちらも)されますが、これはフライライトのオリジナル盤。 【曲】「This Tavern Boogie」「Blackjack Blues」「Sax-ony Boogie」「Kilroy Won't Be Back(試聴)」「Kicking The Blues Around」「I May Be Wrong」「Windy City Boogie(試聴)」「I Just Couldn't Help It」「Baby What's Wrong」「Dumb Woman Blues」「Jimmy's Jump」「When I Was A Lad」「Date Bait」「Dirty By The Dozen」「Black Jack Blues」「Round House Boogie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jackson Gospel Singers, Famous Soul Comforters, etc. - NEW ORLEANS GOSPEL QUARTETS 1947-1956

  • ゴスペルLP
 Jackson Gospel Singers, Famous Soul Comforters, etc.- ジャクソン・ゴスペル・シンガーズ、フェイマス・ソウル・コンフォーターズ、etc. - "NEW ORLEANS GOSPEL QUARTETS 1947-1956"
U.K. / LP / Mono / Heritage HT306 / Rec 1947 to 1956 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、小折れ目、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ニューオーリンズのゴスペル・グループを収録した編集盤。
あまりにも多くの個性的なものを生み出してきたニューオーリンズ、しかしゴスペルのことはさほど話に上らない事実。当然のように有名無名のゴスペル・グループがいて、豊かで熱気にあふれたシーンがあったことを感じる一枚。女性五人組ジャクソン・ゴスペル・シンガーズ、後にソロに転向するR&Bシンガー、チャック・カーボが在籍していたデルタ・サザネアーズなどなど8グループ16曲収録。【曲】「Jackson Gospel Singers / Heaven Bound Train(試聴)」「Famous Soul Comforters / Watching And Waiting」「Famous Soul Comforters / Eye On The Sparrow」「Southern Harps / What A Friend We Have In Jesus」「Southern Harps / Standing In The Safety Zone」「Famous Four / Mother's Love(試聴)」「New Orleans Harmonizing Four / Twelve Gates To The City」「New Orleans Harmonizing Four / I'm Satisfied」「Jackson Gospel Singers / Count Your Blessings」「Jackson Gospel Singers / Come Unto Me」「Delta Southernaires / Bye And Bye」「New Orleans Chosen Five / I'm Going To Let It Shine」「New Orleans Chosen Five / I Shall Not Be Moved」「Zion Harmonizers / Lord I'll Go」「Jackson Gospel Singers / Can't Walk This Highway」「Crescent City Gospel Singers / Heavenly Father」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Brim / Little Hudson - CLASSIC EARLY 1950S CHICAGO BLUES

  • ブルースLP
 John Brim / Little Hudson- ジョン・ブリム、リトル・ハドソン - "CLASSIC EARLY 1950'S CHICAGO BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright fly568 / Rec early50s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■50年代シカゴのブルースマン二人をカップリングした一枚。未発表多数。
どちらもビッグ・ビル・ブルーンジーやビッグ・メイシオにあこがれてシカゴに移り住み、50年代初頭からデトロイトのフォーチュンやシカゴのJOBで録音を開始したゲキシブで極太のブルースマン。後に出した"Ice Cream Man"がクラシックになったジョン・ブリムは、鈍く歪んだ音色がいいギターに語るような静か目の歌がいい11曲を収録。奥さんのグレースの歌ものもあり。ピアノのサニーランド・スリムとのハミングが延々続く「Humming Blues」はかなり異様な雰囲気の珍曲。かなり近いスタイルのエレキ・ブルースで、いくぶん高い声のリトル・ハドソンはスローからアップのブギまで6曲収録。51~53年録音、全てJOBの音源で、半分以上が未発表。【曲】「John Brim / Young And Wild(試聴)」「I Love My Baby Tk. 1」「I Love My Baby Tk. 2」「Trouble In The Morning」「Humming Blues」「Man Around My Door」「Hospitality Blues」「Hard Pill To Swallow」「Drinking Woman」「Don't Leave Me」「Moonlight Blues」「Little Hudson / Rough Treatment」「I'm Looking For A Woman」「Things Going So Tough With Me Tk. 1(試聴)」「Things Going So Tough With Me Tk. 4」「Don't Hang Around」「Shake It Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Junior Wells - UNIVERSAL ROCK

  • ブルースLP
 Junior Wells- ジュニア・ウエルズ - "UNIVERSAL ROCK"
U.K. / LP / Mono / Flylight FLY588 / Rec 1957 to 1963 / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■シカゴ・ブルース・マン、ジュニア・ウエルズの音源集。
マディ・ウォーターズ・バンドのハープ奏者として活躍したのちさらに頭角を現し、ファンキーでロキンなブルースを連発、シカゴのブルース・シーンの代表格となったウエルズの、50年代から63年までのナンバーを収録した一枚。タイトル曲はアール・フッカーもギターで参加したウルトラ・ホットなブルース・インスト。これだけでいいという人もいると思うカッコよさ。他は全て歌入り、evilでワイルドなナンバーでぎっしり。信頼のフライライトからで、しっかりしたモノラル盤。【曲】「Come On In This House」「Little By Little」「So Tired」「She's A Sweet One」「It Hurts Me Too」「Universal Rock(試聴)」「Messin' With The Kid(試聴)」「Prison Bars All Around Me」「You Don't Care」「I Could Cry(試聴)」「You Sure Look Good To Me」「When The Cat's Gone The Mice Play」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Acey, Sticks McGhee, Louisiana Red, etc. - NEW YORK CITY BLUES

  • ブルースLP
 Johnny Acey, Sticks McGhee, Louisiana Red, etc.- ジョニー・エイシー、スティックス・マッギー、ルイジアナ・レッド、etc. - "NEW YORK CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4706 / Rec 1950s, 60s / Pub 1973
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フライライトのニューヨーク・ブルース集。
地域別の編集盤も熱量大のいいものばかりのフライライト。キラーたんまりありつつそれだけに終わらない滋味満点の内容。全3枚あるニューヨーク・シリーズのブルース編。ジョニー・エイスとは全く関係の無いロッキン・ブルース・シンガー、ジョニー・エイシー、R&r第一号候補の一つ「Drinkin' Wine...」で知られるスティックス・マッギー、ジョン・リー・フッカーらとデトロイトで慣らした後Nyで活躍したルイジアナ・レッドのヘイゼル・アドキンスも顔負けなナンバー、ミッキー・ベイカー、ジャック・デュプリーらNyの黄金チームがバックを付けたラリー・デイル等々。インサート付き【曲】「Johnny Acey / I Go Into Orbit」「Bob Gaddy / Paper Lady」「Stick Mcghee / Money Fever」「Louisiana Red / Tell Me」「Cousin Leroy / Will A Matchbox Hold My Clothes」「Charles Walker / Charles Walker Slop」「Tarheel Slim / Wild Cat Tamer」「Guitar Crusher / I've Got To Know」「Buster Brown / Broadway On Fire」「Cousin Leroy / Highway 41」「Louisiana Red / Louisiana Red」「Bob Gaddy / Out Of My Name」「Larry Dale / Heed My Warning」「Stick Mcghee / Sleep In Job」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Copeland - SINGS THE BLUES

  • ブルースLP
 Johnny Copeland- ジョニー・コープランド - "SINGS THE BLUES"
USA / LP / Mono / Crazy Cajun SSLP1047 / Rec 1960s / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■テキサスのブルースマン、ジョニー・コープランドのファースト・アルバム。
喉が破れそうな噛みつき声に、アンプ直結の生々しいギターで強烈なブルースを聞かせるテキサスのブルースマン、ジョニー・コープランド。録音デビューは56年と古いもののこの60年代音源集が初アルバム。試聴のようなナンバーに加え、同じテキサスのジョニー・エイスのようなドリーミーなR&B、ソウル・バラード風、ニューオーリンズR&B風なものまで多彩。ヒューイPモーのクレイジー・ケイジャン・レコードからの一枚。【曲】「Gonna Make My Home Where I Hang My Hat(試聴)」「The Hip Hop(試聴)」「Tribute To Sam Cook」「Four Dried Beans」「Stealing」「Hurt Hurt Hurt」「Johnny Ace Medley」「Nobody's Business」「Working Mans Blues」「I've Gotta Go Home」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.