(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: hd)

Slim And Slam - MATZOH BALLS

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Slim And Slam- スリム&スラム - "MATZOH BALLS"
Denmark / LP / Mono / Caete LP4 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュアートの無二のジャイヴ・デュオ。
デンマークのCaeteという、多分4枚だけを70年代に出したジャズ編集盤レーベルから、スリム・ゲイラード&スラム・ステュアートの音源集。ピアノもギターもメインストリームでも超一級を行けるはずなのに裏街道を突き進んだスリム・ゲイラードと、ビバップ時代でも最高のベーシストになったスラム・ステュワートのスキャット・シンギン、他メンバーにも恵まれてまるで聞いたことの無い発明品のような奇天烈ジャイヴを連発。フォロワーらしいフォロワーがいないのも彼らのスゴさを物語っています。二人組の活動期間は短いので全部が黄金期。この編集盤のシリーズと収録曲結構重なっています。試聴一曲目は多分これでしか聞けないはず。【曲】「Sweet Safronia(試聴)」「Matzoh Balls(試聴)」「It's Gettin' Kinda Chilly」「It's You, Only You」「Chitlin' Switch Blues」「Huh! Oh Huh!」「Slim Slam Boogie」「Look Out!」「Swingin' In The Key Of C」「A-Well-A-Take-'Em-A-Joe」「That's A Bringer, That's A Hanger, That's A Drag」「Humpty Dumpty」「Bassology」「Laughin' In Rhythm」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zack Whyte And His Chocolate Beau Brummels, etc. - TERRITORY BANDS 1929-1933

  • ジャズLP
Zack Whyte And His Chocolate Beau Brummels, etc.- ザック・ホワイト&ヒズ・チョコレート・ボー・ブランメルズ、etc. - "TERRITORY BANDS 1929-1933"
USA / LP / Mono / Historical HLP24 / Rec 1920s, 30s / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ヒストリカル・レコードがまとめたテリトリー・バンド集の一枚目。
テリトリー・バンド、つまりその地限定の活動をしたローカル・マイナー・バンドのことで、だいたいが無名。ほとんどが名も知れぬミュージシャン、また有名ミュージシャンがいてもメインのバンドとは違う別働隊。メジャーのちゃんと編曲されたジャズ・バンドとは違い意外性に富んだ興奮のナンバーが多くコレクターの憧れとなっています。これはそんなバンドの貴重音源を収録した一枚。奇想天外な編曲とおのおのの力量もすさまじいザック・ホワイト楽団、同じカンザス・シティエリアのグループで、同様の華々しい演奏を聞かせるアルフォンス・トレント楽団、洗濯板をドラムがわりにしたウォッシュボード・リズム・ボーイズの3グループ、ウルトラ・ホットな一枚。レア・ジャズ、特にコレクター向けのコアな盤を出していたヒストリカル・レコードから。【曲】「Zack Whyte & His Chocolate Beau Brummels / Mandy」「Hum All Your Troubles Away」「It's Tight Like That」「West End Blues」「Good Feelin' Blues」「Walkin' Blues」「Alphonse Trent And His Orchestra / Black And Blue Rhapsody」「After You've Gone(試聴)」「St. James Infirmary」「Clementine」「I've Found A New Baby」「Washboard Rhythm Boys / Dog And Cat(試聴)」「Old Man Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra - STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA

  • ジャズLP
 Stuff Smith And His Onyx Club Orchestra- スタッフ・スミス&ヒズ・オニクス・クラブ・オーケストラ - "STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB ORCHESTRA"
Switzerland / LP / Mono / Collectors 12-12 / Rec 1936 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズ・ヴァイオリニスト、スタッフ・スミスの音源集。
ジョー・ヴェヌーティ、ステファン・グラッペリ、エディ・サウス等と並ぶジャズ・バイオリンの先駆、スタッフ・スミス。20年代はテキサスのジャズ・バンドで修行、その後NYのオニクス・クラブの常連になり頭角を現し、後には後輩の若きチャーリー・パーカーやサン・ラとも活動。これは最初期、そのオニクス・クラブ時代のホットな音源を収録した一枚で、初録音盤から順に16曲収録した一枚。ヴェヌーティ&ラングのソリッドなスウィングにハーレム・サウンドをミックス、そしてルイ・ジョーダンが上品に思えてしまうエグ味も注入、もうブラックR&Rが見えてくるようなナンバーの数々。スイス・コレクターズ・レーベルからで、この盤は二曲追加されたセカンド・エディション。【曲】「I'se A Muggin' 1」「I'se A Muggin' 2」「I Hope Gabriel Likes My Music(試聴)」「I'm Putting All My Eggs In One Basket」「I Don't Want To Make History」「Tain't No Use」「You'se A Viper(試聴)」「After You've Gone」「Robins And Roses」「I've Got A Heavy Date」「It Ain't Right」「Old Joe's Hittin' The Jug」「Serenade For A Wealthy Widow」「Knock, Knock, Who's There?」「Bye, Bye Baby」「Here Comes The Man With The Jive」※本日のアップはこの一枚です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympani Five, Lowmell Morgan Trio, etc. - CELEBRI COMPLESSI VOL.2

  • ジャズLP
 Louis Jordan And His Tympani Five, Lowmell Morgan Trio, etc.- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイヴ、ローメル・モーガン・トリオ、etc. - "CELEBRI COMPLESSI VOL.2"
Italy / LP / Mono / Fonit Cetra VDL1010 / Rec 1940s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ表層スクラッチ少々、ほとんど音気になりません
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5~4  2480 yen
■伊のレーベルがまとめたVディスク音源集。
イタリアのフォニット・セトラというレーベルから、何枚でているかわかりませんが、戦中のレーベルVディスクの編集盤。表ジャケの看板三組、もちろんいいのですが、他の収録曲がすごすぎて霞みます。ルイ・ジョーダンは、わりと平常運転の二曲。初めて聞いたローメル・モーガン・トリオという人たちがスゴイ。キング・コール・トリオとタメを張るジャイヴ二曲でコーラスのタイトさといい演奏の見事さといい脱帽。この辺のジャンルでは外せないジャイヴ・ピアノの悪童ハリー・ザ・ヒップスター・ギブソン熱い二曲、親密でチャーミングな歌をきかせる女声シンガー、マリー・グリーン、グッドマンの人の声より繊細なブロウ、レイスコ・ファンに大推薦のオルガン奏者ミルト・ハースの2曲....シブメのスウィングが入ってそうなイメージですがまるで違います。グレイト!【曲】「Louis Jordan And His Tympany Five / Deacon Jones」「I Like'em Fat Like That」「Loumell Morgan Trio / Take Me Out To The Ball Game(試聴)」「Good Enough To Keep」「Harry "The Hipster" Gibson / You Can Say The Again」「Zoot Gibson Strides Again」「Marie Greene And Her Merry V Disc Men / I Know That You Know(試聴)」「Benny Goodman Trio / I Want To Be Loved」「Milt Herth Trio / Whistler And His Dog」「Mama Inez」「Page Cavanaugh Trio / When The Gooses Come Back To Massachussetts」「Shivers」「Marie Greene And Her Merry V Disc Men / Solitude」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moes Tropical Stars,etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945

  • ジャズ/ハワイの音楽LP
Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moe's Tropical Stars,etc.- アンディ・アイオナ、ブラウン・キャッツ・オブ・リズム、タウ・モエズ・トロピカル・スターズ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2070 / Rec 1929 to 1945 / Pub 1989
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、A2に表層スクラッチの箇所あり、音にほぼ出ません
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの、世界の戦前ジャズ・シリーズから、ハワイ編。
バップ以降のジャズがほぼ定着しなかったハワイにとって、スウィングまでの時代は全てが斬新。仏のサックス奏者のようなビブラートのかかったメロウなアルト、メロディアスなバリトン、コルネット、それにジャズ・ギターという編成のアンディ・アイオナ、ソル・ホオピイに並ぶギタリスト、キング・ベニ-・ナワヒのハワイアン・ブルース、スティール・ギターとバンジョーというデュオのマスターズ・ハワイアンズ、本土のR&Bジャズ・バンド顔負けのブラウン・キャッツ・オブ・リズム、何十年も後にボブ・ブロズマンとも共演するタウ・モエらのハワイアン・ジャズ・コーラスなどなど収録。 【曲】「Andrew Aiona Novelty Four / Paahana」「Four Hawaiian Guitars / Black Boy Blues(試聴)」「King Nawahi's Hawaiians / Tickling The Strings」「Black Devils / Tiger Rag(試聴)」「Georgia Jumpers / The Big Feet Rag」「Master's Hawaiians / Lion Rag」「Kanui & Lula / Tomi Tomi」「Andy Iona And His Islanders / Minnehaha Hawaiian Stomp(試聴)」「Wailana Grass Shack Boys / St. Louis Blues」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 1)(試聴)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 1)」「Brown Cats Of Rhythm / Body And Soul」「Brown Cats Of Rhythm / I Got Rhythm」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 2)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 2)」「Tau Moe's Tropical Stars With Dr. Jazz / Paducah」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Tatum - SOLOS 1937

  • ジャズLP
Art Tatum- アート・テイタム - "SOLOS 1937"
USA / LP / Mono / Alamac QSR2428 / Rec 1937 / Pub early1970s
ジャケット擦れ極わずか、下部中央小縁裂け、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■アート・テイタムの初期ソロ演奏を収録した一枚。
本当に並ぶ人がいない、神がかったピアノを弾いた盲目のジャズ・ピアニスト、アート・テイタム。テクニックのみならず、無尽蔵のヴァリエーション、ピカ一のメロディ・センスで、チャーリー・パーカーを始めビバップ以降のジャズ・マンたちに与えた影響は絶大。技術、メロディだけでなく編曲も魔法のよう。これは彼の初期37年に録音された(正式に出なかったテスト盤音源が多そう)ピアノ・ソロ集。何も言うことございません。影響を与えたファッツ・ウォーラーでさえ神と崇拝する演奏を是非聞いてください。【曲】「Fine And Dandy(試聴)」「Emaline」「I Guess I'll Have To Change My Plans」「Limehouse Blues(試聴)」「I Gotta Right To Sing The Blues」「Indiana」「I've Got The World On A String」「What Is This Thing Called Love」「I'm Comin' Virginia」「Can't We Be Friends」「You Took Advantage Of Me」「All God's Chillun Got Rhythm」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway, Ella Fitzgerald, Chik Webb - CAB - ELLA AND CHICK

  • ジャズLP
Cab Calloway, Ella Fitzgerald, Chik Webb- キャブ・キャロウェイ、エラ・フィッツジェラルド、チック・ウエッブ - "CAB - ELLA AND CHICK"
USA / LP / Mono / Bandstand 7125 / Rec 1936-40 / Pub 1975
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■キャブの珍しい30年代後半音源と、デビューしたてのエラ・フィッツジェラルドを収録した一枚。
A面はキャブ・キャロウェイの30年代後半の音源で、これまでLP化されていなかったレア曲中心の7曲。スウィング・ジャズといい塩梅でミックスされたキャブ劇場満開の7曲。裏面はチック・ウェッブ楽団のシンガーとしてデビューしたばかりのエラ・フィッツジェラルドと、ウェッブ亡き後その楽団を引き継いだ彼女のリーダー作を収録。その後のジャズ・ボーカルのお手本になった彼女の初々しくもすでに貫禄のある歌、バンドメンバーだったルイ・ジョーダン等の演奏もしっかり楽しめるインストも収録。30年代のスウィングの始まりから戦中ぐらいまでのジャズ名演の編集盤を出したバンドスタンド・レコードからの一枚。【曲】「Swing, Swing, Swing」「That Man Is Here Again(試聴)」「The Ghost Of Smoky Joe」「Azure 」「Shout, Shout, Shout」「She's Tall, She's Tan, She's Terrific」「Floogie Walk」「Lindy Hoppers Delight」「Sing Me A Swing Song (And Let Me Dance)(試聴)」「When I Get Low, I Get High」「Cryin' Mood」「Everybody's Step」「Jubilee Swing」「You'll Have To Swing It」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Rhythm Kings, Walter Barnes Royal Creolians - 1928-1932

  • ジャズLP
 Washboard Rhythm Kings, Walter Barnes' Royal Creolians- ウォッシュボード・リズム・キングス、ウォルター・バーンズ・ロイヤル・クレオーリアンズ - "1928-1932"
USA / LP / Mono / Harrison LPS / Rec 1928-1932 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前No1ウォッシュボード・バンドとシカゴ・ローカルのホット・ジャズ・バンドのカップリング編集盤。
A面はジャズとロックンロールの早すぎた混合音楽ウォッシュボード・バンドのNo1バンド、ウォッシュボード・リズム・キングス。いままでいろいろ編集盤入りましたが曲の重なりなさそうです。これがスゴイ。かなりエリントンに影響を受けたハーレム系のマイナー・ナンバーが多く(スウィングしなけりゃ意味がないのカバーもあり)、とにかくカッコイイ。女性トランぺッターのヴァライダ・スノウをフィーチュアしたナンバー中心で、テクニックなどは超一級と言えないかもですが、ときおり見せる瞬発力満点の演奏がグレイト。B面はミシシッピ生まれでシカゴの音大でクラシックを収めジャズの道に入り、20年代初頭にはこのバンド、ロイヤル・クレオーリアンズを結成したジャズクラ奏者ウォルター・バーンズのホット・ジャズ集。ジャック・ティーガーデンの名演で有名な"My Kinda Love"の淡々としたいい演奏、タンパ・レッドのカントリー・ブルース・クラシック"Tight Like That"のホット・ジャズ・カバーなど、アップ、ミッド、メロウ系スロウとバランスよくやっています。いなたいインディー感がまたいい。【曲】「Washboard Rhythm Kings / Blues In My Heart」「Georgia On My Mind」「Sentimental Gentleman From Georgia(試聴)」「It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing」「I Would Do Anything For You」「Someone Stole Gabriel's Horn」「Spider Crawl」「The Scat Song」「Walter Barnes And His Royal Creolians / How Long How Long Blues」「My Kinda Love」「It's Tight Like That」「If You're Thinking Of Me」「Birmingham Bertha」「Third Rail(試聴)」「Buffalo Rhythm」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blyths Sinful Five, Viola Bartlette, Hottentots, etc. - PARAMOUNT HOT JAZZ RARITIES 1926-1928

  • ジャズ/ブルースLP
Blyth's Sinful Five, Viola Bartlette, Hottentots, etc.- ブライスズ・シンフル・ファイヴ、ヴィオラ・バートレット、ホッテントッツ、etc. - "PARAMOUNT HOT JAZZ RARITIES 1926-1928"
USA / LP / Mono / Herwin 110 / Rec 1926 to 28 / Pub 1977
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■黒人音楽の殿堂レーベル、パラマウントのレア・ジャズ集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、こだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これは黒人音楽の殿堂レーベル、パラマウントに残されたレア・ジャズ集。シカゴのNo1ピアニスト、ジミー・ブライスの幻のバンド、シンフル・ファイヴ、やはりブライスのWBバンドがサポートした、せわしないビブラート声にゾクゾクする女性ブルース・シンガー、ヴィオラ・バートレット、このジャンルの憧れの一曲"VooDoo"で知られるタイニー・パーハムらのメガレアバンド、ニューオーリンズ・ジャズマンのレコード録音第一号フレディ・ケパードのウルトラ・ホットなホッテントッツ、僕は勝手に20年代の女モンクと思っているブルース・シンガー、エルザディー・ロビンソンのバンドもの....まだA面。超々濃い一枚。【曲】「Blythe's Sinful Five / Plump Tillie」「Viola Bartlette With Blythe's Sinful Five / Anna Mina Forty And St. Louis Shorty」「Viola Bartlette With Blythe's Sinful Five / Quit Knocking On My Door」「Austin And His Musical Ambassadors / Don't Forget To Mess Around When You Do The Charleston Take 1」「Take 2」「Hotentots / Lots O'Mama」「Elzadie Robinson With Preston Jackson's Uptown Band / Houston Bound」「Wilson's T.O.B.A. Band / Steady Roll(試聴)」「Backyard Blues」「Jeanette's Synco Jazzers / The Bumps」「What's That Thing」「D.C. Nelson's Serenaders / New Orleans Breakdown」「Coo Coo Stomp」「Beverly Syncopators / Sugar(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Gaillard Trio - DOT SESSIONS

  • ジャズLP
 Slim Gaillard Trio- スリム・ゲイラード・トリオ - "DOT SESSIONS"
USA / LP / Mono / MCA MCA1508 / Rec 1958 / Pub 1982
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■50年代のトリオを未発表も入れて収録した一枚。
選曲も音もいい、MCAのコレクター・シリーズから、スリム・ゲイラードの音源集。58年にドット・レコードに録音していたトリオものを、未発表も入れてまとめた一枚。ゲイラードとは思えない洒落たピアノ・トリオ、ザクザクエレキ一本で弾き語り、ラストに他メンツも入って盛り上がる「My Blue Heaven」、スウィンギーな「A列車で行こう」(未発表)、得意の鳥の鳴き真似だけで一曲歌ってしまった「Rooster Rock」、ブルージーでツボを付いた彼のエレキ・ソロが延々楽しめる長尺インスト「Walkin' And Cookin' Blues」などなど。眼の前で歌っているような音の良さにもびっくり。【曲】「Tall And Slim」「How High The Moon」「I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You」「Slim's Cee」「My Blue Heaven(試聴)」「Take The "A" Train」「Oh, Lady Be Good(試聴)」「Rooster Rock」「Walkin' And Cookin' Blues」「I Love You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Meade Lux Lewis - SELFPORTRAIT

  • ジャズ/ブルースLP
 Meade Lux Lewis- ミード・ラックス・ルイス - "SELFPORTRAIT"
Germany / LP / Mono / Jackson 1208 / Rec 1936-41 / Pub 1970s
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ブギウギ・ピアニスト、ミード・ラックス・ルイスの初期をまとめた一枚。
ブギウギ三大ピアニスト(アルバート・アモンズ、ピート・ジョンソン)の中で一番早く録音デビューしたミード・ラックス・ルイス。実はルイス初期をまとめた単独編集盤は、CDはわからないですがアナログだと多分3枚ぐらいしかなく、ドイツのジャクソンという、その三大ピアニストのレコードばかり出したレーベルからの一枚。36年から、ブルーノート始動期辺りまでのソロを年代順に収録。いきなり聞いて撃沈されて欲しいのですが、一応曲紹介....一曲目はチェレスタのブギウギでいきなりドッキリ。細野さんの"寝ても覚めても.."を思い出しますが、次の、中でも一番地味なピアノ・ブギ"Mr Freddie's Blues"が繰り返し何度も聞きそうで個人的には本盤中No1。代表作"Honky Tonk..."の暴れっぷり、ピアノ伴奏の口笛ソロ曲"Whistlin Blues"、今にも止まってしまいそうなウルトラ・スローの静寂のブルース・ピアノ二曲"Solitude""Melanchory"でA面締め。B面頭はBグッドマンのラジオか何かに出た時に演奏した超ハイテンションな"Honky tonk..."。ブギウギ開祖ジミー・ヤンシーのカバー"Yancey's Special"はいい感じで平常運転、しかしここからの4曲は、ハープシコードでブギった異色中の異色。ブルーノートSP盤です。最初は一曲19コーラス全部違うパターンで演奏しましたという超ゲキアップ。即興が身上の人たちですからこんなの当たり前なのかもしれません。そしてハープシコードの特製をいかしたエグイタイトル曲、ハープシをねじ伏せる感じで弾きまくる"School Of Rhythm"、ザックザックとタメをきかせた重たい"Feeling Tomorrow"。全13曲最高。【曲】「Celeste Blues」「Mr. Freddie Blues(試聴)」「Honky Tonk Train Blues」「Whistlin' Blues」「Bear Cat Crawl」「Solitude」「Melancholy」「Honky Tonk Train Blues」「Yancey Special」「19 Ways Of Playing A Chorus」「Selfportrait(試聴)」「School Of Rhythm」「Feeling Tomorrow」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Lewis And Eureka Brass Band - NEW ORLEANS PARADE

  • ジャズLP
George Lewis And Eureka Brass Band- ジョージ・ルイス&ユーレカ・ブラス・バンド - "NEW ORLEANS PARADE"
U.K. / LP / Mono / Melodisc MLP12-101 / Rec 1954 / Pub 1954
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジョージ・ルイスによるマーチング・バンドを屋外録音した一枚。
ジャズという言葉が定着していなかった20世紀初頭からニューオリンズでクラリネットを吹いていたジョージ・ルイス。赤線地帯の閉鎖に伴うシカゴ脱出をルイスは行わず地元に留まったので、随分と後になるまで彼の存在はしられずじまい。バンド仲間だったバンク・ジョンソンが40年代に活動を活発化させると同時にルイスも見いだされ録音をスタート、そして世界中のニューオーリンズ・ジャズ・ファンの憧れの存在になりました。これは20年結成の、ルイス率いるユーレカ・ブラス・バンドのパレードを屋外で録音したという、彼の盤の中でも全くスペシャルな一枚。ライナーによると、ニューオーリンズのマーチング・バンドをリアルに録音した初めての盤だということです。セカンドライン風の演奏は最初と最後に少しあるだけで、延々試聴のようなスローのラッパ劇が流れの中でゆるやかに展開していきます。良すぎです。AB面ノンストップ。【曲】「Sing On」「West Lawn Dirge(試聴)」「Garlands Of Flowers(試聴)」「Lady Be Good」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.