(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: hd)

Snoozer Quinn - THE LEGENDARY SNOOZER QUINN WITH JOHNNY WIGGS

  • ジャズ・ギターLP
 Snoozer Quinn- スヌーザー・クイン - "THE LEGENDARY SNOOZER QUINN WITH JOHNNY WIGGS"USA / LP / Mono / Fat Cat Jazz FCJ104 / Rec 1948 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■ジャズ・ギタリスト、スヌーザー・クイン唯一のソロ音源集。
20年代後半のポール・ホワイトマン楽団のギタリストであり、ビックス・バイダーベックやフランキー・トランバウアーとも親交を持ち録音、しかし体が弱く早い時期に亡くなってしまったギタリスト、スヌーザー・クイン。これは、ニューオーリンズの退役軍人病院に入院中、友人のトランペッターのジョニー・ウィッグスが持ち込んだ小さなテレコで院内で録音された音源を収録した一枚。クインのギター・ソロ6曲、クインとウィグスのデュオ6曲という内容。【曲】「Nobody's Sweetheart」「Georgia On My Mind / Smoke Gets In Your Eyes」「Singin' The Blues #」「Singin' The Blues #2」「You Took Advantage Of Me」「Snoozer's Wanderings」「Snoozer's Telephone Blues」「Clarinet Marmelade」「Out Of Nowhere」「After You've Gone」「Lover Come Back To Me / On The Alamo」「My Melancholy Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moes Tropical Stars,etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945

  • ジャズ/民俗音楽LP
 Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moe's Tropical Stars,etc.- アンディ・アイオナ、ブラウン・キャッツ・オブ・リズム、タウ・モエズ・トロピカル・スターズ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2070 / Rec 1929 to 1945 / Pub 1989
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■英ハーレクインの、世界の戦前ジャズ・シリーズから、ハワイ編。
バップ以降のジャズがほぼ定着しなかったハワイにとって、このスウィングまでの時代は全てが斬新。仏のサックス奏者のようなビブラートのかかったメロー・トーンのアルト・サックス、メロディアスなバリトン、コルネット、それにジャズ・ギターという編成のアンディ・アイオナ・グループ、ソル・ホオピイに並ぶハワイアン・ギタリスト、キング・ベニ-・ナワヒのハワイアン・ブルース、珍しいスティール・ギターとバンジョーのデュオのマスターズ・ハワイアンズ、米本土のR&Bジャズ・バンド顔負けのブラウン・キャッツ・オブ・リズム、何十年も後にボブ・ブロズマンとも共演するタウ・モエらのハワイアン・ジャズ・コーラスなどなど収録。【曲】「Andrew Aiona Novelty Four / Paahana」「Four Hawaiian Guitars / Black Boy Blues(試聴)」「King Nawahi's Hawaiians / Tickling The Strings」「Black Devils / Tiger Rag(試聴)」「Georgia Jumpers / The Big Feet Rag」「Master's Hawaiians / Lion Rag」「Kanui & Lula / Tomi Tomi」「Andy Iona And His Islanders / Minnehaha Hawaiian Stomp(試聴)」「Wailana Grass Shack Boys / St. Louis Blues」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 1)(試聴)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 1)」「Brown Cats Of Rhythm / Body And Soul」「Brown Cats Of Rhythm / I Got Rhythm」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 2)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 2)」「Tau Moe's Tropical Stars With Dr. Jazz / Paducah」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Earl Hines, James P. Johnson, Lennie Tristano, etc. - JAZZ VOLUME 9 : PIANO

  • ジャズLP
 Earl Hines, James P. Johnson, Lennie Tristano, etc.- アール・ハインズ、ジェームスPジョンソン、レニー・トリスターノ、etc. - "JAZZ VOLUME 9 : PIANO"
USA / LP / Mono / Folkways FP71 / Rec 1920s to 1940s / Pub late60s?
ジャケット表裏擦れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■フォークウェイズの戦前ジャズ名選集ジャズから、ピアノ編。
SPからLPへと時代が変わる頃に着手された、戦前ジャズのエポック・メイキングな名演をルーツや地域別でLP11枚にまとめたフォークウェイズ渾身の編集盤『JAZZ』。これは9巻目のピアノ編。自らジャズを始めたのは俺と言ったジェリー・ロール・モートンから、かなりモダンなジェス・ステイシー等を経てファッツ・ウォーラー、面白いニューオリンズのジャック・デュプリーはチャック・ベリーのR&Rを先取りしたような驚きの曲でこれはこの盤が初出。ちょっと坂本龍一を思いだすメアリー・ルー・ウィリアムス、そしてアヴァンギャルド・ジャズの第一歩、鬼才レニー・トリスターノまで14曲。ライナー欠品、53年のオリジナル・エディション。【曲】「Jelly Roll Morton / Tom Cat Blues」「Dixie Four / Kentucky Stomp」「Jelly Roll Morton Trio / Wolverine Blues」「Earl Hines / Just Too Soon(試聴)」「Louis Armstrong And His Hot Five / Fireworks」「Joe Sullivan / Little Rock Getaway」「Jess Stacy / Barrelhouse」「Fats Waller / Handful Of Keys(試聴)」「Chocolate Dandies, The / Once Upon A Time」「James P. Johnson / Snowy Morning Blues」「Meade Lux Lewis / Special No. 1」「Jack Dupree / Mexico Reminiscences(試聴)」「Mary Lou Williams / Libra」「Lennie Tristano Trio / Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Bam - MCVOUTY

  • ジャズ/ジャイヴLP
Slim And Bam- スリム&バム - "MCVOUTY"
U.K. / LP / Mono / Hep 6 / Rec mid1940s / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■スリム・ゲイラードの魅力が良く伝わる40年代中期のライブ音源集、第一集。
雑食性の高い、ヒップを絵に描いたような音楽性で、当時のリアル・ビート族やバップで踊っていたような先端な人達をとりこにしたジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。弓弾き&スキャットのベーシスト、スラム・ステュワートとのコンビが有名ですが、これはその後にバム・ブラウンとつるむようになってからの音源を集めた英ヘップからの一枚。彼らの本当の魅力が伝わるラジオ?ライブ。【曲】「Voutoreene(試聴)」「Operatic Aria」「Hey Stop That Dancing Up There」「September In The Rain」「Sonny Boy」「Avocado Seed Soup Symphony Pt 1」「Avocado Seed Soup Symphony Pt 2(試聴)」「Yep Roc Heresay」「Gaillard Special」「Matzoh Balls(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton, Louis Armstrong, Claude Hopkins, etc. - CRITICS CHOICE BY THE CARRAS JAZZ LECTURES

  • ジャズLP
 Jelly Roll Morton, Louis Armstrong, Claude Hopkins, etc.- ジェリー・ロール・モートン、ルイ・アームストロング、クロード・ホプキンス、etc. - "CRITICS CHOICE BY THE CARRAS JAZZ LECTURES"
USA / LP / Mono / Mono No Number / Rec 1920s to 1940s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ジャズ批評家6人が選んだ歴史的マスターピース集。
デューク・エリントンに最も信頼され公式バイオを書いたスタンリー・ダンス、批評のみならずラング&ヴェヌーティの↓のアルバムやロバート・ジョンソンのコロンビア盤を世に出したプロデューサーのフランク・ドリッグスなどなど錚々たる6人が、20年代から40年代のまでのジャズを2曲づつ選んだ12曲。裏ジャケットに彼らによる曲解説あり。レコード番号無し、恐らく非売品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang And Joe Venuti - STRINGING THE BLUES

  • ジャズLP
 Eddie Lang And Joe Venuti- エディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティ - "STRINGING THE BLUES"
USA / LP / Mono / CBS JC2L24 / Rec late1920s to early1930s / Pub 1975
見開きジャケット円状の擦れわずか、内側きれい、ディスク2にレーベルひげ極わずか、ディスク1は無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■この2人と言えばこれ、という名編集盤。
ジャズ・バイオリンの先駆にして神様のジョー・ヴェヌーティ、それと全く同じことが言えるジャズ・ギターのエディ・ラング、彼らの名演を2LPで収録した、この2人の音源集としては名盤中の名盤。二人のデュオ、さらにトリオ、そしてロニー・ジョンソンとのギター・デュオ、ラングが変名で黒人としてやっていたなどなど、エッセンシャルなものからマニアックなナンバーまで完璧に網羅。このレコード、聞くたびに違う曲が脳裏に焼きついてしまいます。内ジャケットには一曲づつのメンバー詳細、録音年月日、オリジナルのSP盤のレコード番号も掲載。試聴は「Little Girl」と「A Handful Of Riffs」。オリジナルは60年代にボックス仕様で出され、これは見開きジャケットの70年代エディション。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang, Carl Kress, Nick Lucas, etc - PIONEERS OF JAZZ GUITAR

  • ジャズ・ギターLP
Eddie Lang, Carl Kress, Nick Lucas, etc- エディ・ラング、カール・クレス、ニック・ルーカス、etc. - "PIONEERS OF JAZZ GUITAR"
USA / LP / Mono / Yazoo L1057 / Rec 1920s, 1930s / Pub early1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■戦前ジャズ・ギター集の決定盤。
エディ・ラング、カール・クレス、ロニー・ジョンソン、ディック・マクドノウ、ニック・ルーカスEtc..といった戦前ジャズ・ギターのパイオニア達の音源を選りすぐった14曲を収めたヤズーの編集盤。ライナーはジョン・ミラー、ウッディ・マン、スティーヴ・カルト。わずか伴奏が入るものがありますが、基本的にギター以外の音が入っていない音源にしぼってあり、ギター・デュエットものが8割、ソロが2割。ラング&ロニー・ジョンソン、ラング&クレス「Feeling My Way」、クレス&マクドノウ「Stage Frieght」「Heat Wave」等…。何も言うことは無し。永遠のバイブル。フルカラー・レーベル。【曲】「Lonnie Johnson & Eddie Lang / Handful Of Riffs」「Eddie Lang & Carl Kress / Feeling My Way」「Nick Lucas / Teasing The Frets(試聴)」「John Cali & Tony Guttuso / A Study In Brown」「Carl Kress & Dick McDonough / Heat Wave(試聴)」「Dick McDonough / Dick Bernstein Ramble」「John Cali & Tony Guttuso / Hittin' On All Six」「Lonnie Johnson & Eddie Lang / Hot Fingers(試聴)」「Dick McDonough & Carl Kress / Stage Fright」「Lonnie Johnson & Eddie Lang / Have To Change Keys To Play These Blues」「John Cali & Tony Guttuso / Satan Takes A Holiday」「Nick Lucas / Picking The Guitar」「Dick McDonough / Chasing A Buck」「Carl Kress & Dick McDonough / Chicken A La Swing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbeck - THE BIX BEIDERBECK STORY VOLUME 1 BIX AND HIS GANG

  • ジャズLP
 Bix Beiderbeck- ビックス・バイダーベック - "THE BIX BEIDERBECK STORY VOLUME 1 BIX AND HIS GANG"
USA / LP / Mono / Columbia CL844 / Rec 1927, 1928 / Pub 1973
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルに貼り物、ひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■コルネット奏者ビックス・バイダーベックの編集盤。
このコロンビアから出された三枚の編集盤は、コンプリート音源集などよりもビックス・バイダーベックの魅力をとらえ、簡潔にまとめた初期のジャズの名盤。これは第一集目で、27年から28年の間、ビックスが統率したバンドを中心に収録。5年ほどの活動であまりに大きな足跡を残したビックスの絶頂期の12曲。オリジナルは50年代初期、これは70年代イシュー。【曲】「The Jazz Me Blues」「Louisiana」「Sorry」「Thou Swell」「Ol' Man River(試聴)」「Somebody Stole My Gal(試聴)」「Royal Garden Blues」「At The Jazz Band Ball」「Since My Best Gal Turned Me Down」「Wa-Da-Da (Ev'rybody's Doin' It Now)」「Goose Pimples」「Rhythm King」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Una Mae Carlisle, Oran Hot Lips Page, Frankie Newton, etc. - THE GREATEST OF THE SMALL BANDS VOL.3

  • ジャズLP
Una Mae Carlisle, Oran Hot Lips Page, Frankie Newton, etc.- ウナ・メイ・カーライル、オラン・ホット・リップス・ペイジ、フランキー・ニュートン、etc. - "THE GREATEST OF THE SMALL BANDS VOL.3"
France / LP / Mono / RCA 74117 / Rec 1938 to 1941 / Pub 1970s
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■30~40年代の小編成ジャズを選りすぐったシリーズの一枚。
フランスRCAが小編成ジャズの名演を選りすぐったシリーズの三枚目で、4組収録。これが素晴らしい。女性ジャズ&ジャイヴ・シンガー、ウナ・メイ・カーライルは、レスター・ヤングが入ったバンドをバックに唄う4曲。オランダのジャズ狂ティミ・ローゼンクランツが声をかけた、エリントン楽団の精鋭+αのコンボ4曲。TP奏者ホット・リップス・ペイジは、テディ・バンのエレキが大活躍するカルテットの5曲。ビリー・ホリデイの「奇妙な果実」原曲で吹いたTP奏者フランキー・ニュートンは、ジェームスPジョンソン(P)、アル・ケイシー(G)、ジョン・カービー(B)らとの熱い3曲。【曲】「Una Mae Carlisle / Blitzkrieg Baby (You Can't Bomb Me)(試聴)」「Beautiful Eyes」「There'll Be Some Changes Made」「It's Sad But True」「Timme Rosenkrantz And His Barrelhouse Barons / A Wee Bit Of Swing」「Is This To Be My Souvenir?」「When Day Is Done」「The Song Is Ended」「Oran "Hot Lips" Page / Just Another Woman」「Do It, If You Wanna」「Thirsty Mama Blues」「Evil Man's Blues(試聴)」「My Fightin' Gal」「Frankie Newton's Orchestra / Rosetta(試聴)」「Who?」「The World Is Waiting For The Sunrise」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Papa Celestin And New Orleans Band - PAPA CELESTINS GOLDEN WEDDING

  • ジャズ10LP
Oscar Papa Celestin And New Orleans Band- オスカー・パパ・セレスティン&ニューオーリンズ・バンド - "PAPA CELESTIN'S GOLDEN WEDDING"
USA / 10LP / Mono / Southland SLP206 / Rec 1954 / Pub 1955
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、色あせ、レーベルひげあり、盤チリ音でるスクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 3  4800 yen
■オスカー・セレスティンのラスト・アルバム。
ニューオーリンズのコルネット奏者オスカー“パパ”セレスティン。ブードゥーの女魔術師のことを唄ったクラシック「マリー・ラヴォー」の生みの親で、キング・オリバー、サッチモ、ジミー・ヌーンetc..が育ったグループを率い、ニューオーリンズの観光音楽のようなバンドとは違う、汚く淀んだ裏通りのムードまで漂わせるジャズを演奏した人。これは54年の彼の最後のレコーディングを収録したニューオーリンズのマイナー、サウスランドからの10インチLP。出たのは亡くなった後55年。その「マリー・ラヴォー」も素晴らしいのですが、冒頭の、よくセカンド・ラインでハッピーに演奏される「Down By The Riverside」の感動的なバージョン他、最高の内容。※オリジナル・ジャケット。【曲】「Down By The Riverside(試聴)」「Saints Come Machin' In」「Marie La Veau(試聴)」「Oh Didn't He Ramble」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang - JAZZ GUITAR VIRTUOSO

  • ジャズ・ギターCDetc
 Eddie Lang- エディー・ラング - "JAZZ GUITAR VIRTUOSO"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 1059CD / Rec late1920s / Pub late1970s
ケース擦れ等ほとんどなし、盤面きれい、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2280 yen
■ジャズ・ギターを始めた男、エディー・ラングのヤズー盤CD。
ジャズの弦楽器といえばバンジョーだった世界にギターを持ち込み基本の奏法を作り上げた、いわば何もないところにジャズ・ギターを一人でバンと生んでしまったエディ・ラング。スゴイのはエレキのチャーリー・クリスチャンが現れるまでイノベーションが成されなかったこと....これはそんなラング、ひいては戦前ジャズ・ギターの素晴らしさを教えてくれたヤズーの大傑作コンピレーション。アルバム全体としても、数あるラングの編集盤の中でも、セッション・マンではなくソロ・ギタリストとしてのラングの素晴らしさを最も良く捉えた選曲がなされていると思います。ジャケットはロバート・クラム、ライナーはステファン・カルト。【曲】「Prelude」「Pickin' My Way(試聴)」「Rainbow Dreams」「Blue Guitars」「April Kisses」「I'll Never Be The Same(試聴)」「Blue Room」「Eddie's Twister」「Midnight Call Blues」「Perfect」「A Little Love, A Little Kiss」「Melody Man's Dream」「Feeling My Way(試聴)」「Church Street Sobbin' Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Olivers Dixie Syncopators - 1926-1928 PAPA JOE

  • ジャズLP
King Oliver's Dixie Syncopators- キング・オリバー - "1926-1928 PAPA JOE"
USA / LP / Mono / MCA MCA1309 / Rec 1926 to 1928 / Pub 1980
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■キング・オリバーの音源集。
サッチモの師匠だったことも有名なジャズ・トランペット(コルネット)の真のパイオニア、キング・オリバー。どれだけデカイ音を出すかとか、そういう時代に、初めてトランペットで泣き笑いの表現をしたといわれる人。オリバーと言えばそのサッチモが在籍していた20年代中期あたりまで音源が有名ですが、これはその後26~28年の音源を集めた、クオリティの高い盤で知られるMCA編集盤。【曲】「Snag It(試聴)」「Deep Henderson」「Jackass Blues」「Sugar Foot Stomp」「Wa-Wa-Wa」「Doctor Jazz」「Showboat Shuffle」「Every Tub」「Willie The Weeper(試聴)」「Black Snake Blues」「Farewell Blues」「West End Blues」「Lazy Mama」「Speakeasy Blues」「Aunt Hagar's Blues」「I'm Watchin' The Clock」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.