(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: guitar, Page 2)

Doc Watson, Clarence Ashley, Dock Boggs, etc. - OLD TIME MUSIC AT NEWPORT

  • ヒルビリー/オールドタイムLP
 Doc Watson, Clarence Ashley, Dock Boggs, etc.- ドク・ワトソン、クラレンス・アシュレイ、ドック・ボッグス、etc. - "OLD TIME MUSIC AT NEWPORT"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79147 / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケットシュリンク入り、ぽつぽつとしみあり、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■オールドタイムの伝説的なミュージシャンが一同に会したライブの実況盤。
63年の伝説的なニューポート・フォーク・フェスティヴァルの一枚で、はっきりいって全曲ハイライトと言える内容。クラレンス・アシュレイ、ドック・ボッグスが三曲づつで、ハウス・カーペンターやシュガー・ベイビーなど"Anthology..."に収録されたナンバーを実演、ディクソン・ブラザーズのドーシー・ディクソンのホワイト・ブルース、メイベル・カーターもソロで出演。そして直後にデビュー盤を出すドク・ワトソンは4曲、フランク・ハチソン・ナンバー等を演奏。【曲】「Doc Watson / Rambling Hobo」「Groundhog」「Little Orphan Girl」「Train That Carried My Girl From Town(試聴)」「Clarence (Tom) Ashley / House Carpenter(試聴)」「Little Sadie」「Coocoo Bird」「Jenes Cottrell / The Devil And The Farmer's Wife」「Maybelle Carter / The Storms Are On The Ocean」「Dorsey Dixon / Intoxicated Rat(試聴)」「Wreck On The Highway」「Weaveroom Blues」「Dock Boggs / Oh, Death」「Drunkard's Lone Child」「Sugar Baby」「Clarence (Tom) Ashley, Clint Howard, Fred Price, Doc Watson / The Old Account Was Settled Long Ago」「Amazing Grace」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family, Monroe Brothers, Blue Sky Boys, etc. - SOMETHING GOT A HOLD ON ME : A TREASURY OF SACRED MUSIC

  • ヒルビリー/ゴスペルCDetc
 Carter Family, Monroe Brothers, Blue Sky Boys, etc.- カーター・ファミリー、モンロー・ブラザーズ、ブルー・スカイ・ボーイズ、etc. - "SOMETHING GOT A HOLD ON ME : A TREASURY OF SACRED MUSIC"
USA / CDetc / Mono / RCA 2100-2-R / Rec 1920s, 30s / Pub 1990
ケース擦れ少々、ブックレット小折れ目、盤面擦れ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■20・30年代のヒルビリー・ゴスペル集。
大方のヒルビリー・シンガーたちがポップ・ソングとともにゴスペルを重要なレパートリーとして割いていたこの時代の名演を16曲収録。カーター・ファミリー、ブラインド・アルフレッド・リード、ウェイド・メイナー、モンロー・ブラザーズ等々のビッグネームの演奏を中心に、テハノが入った感じのグレイディ&ヘイゼル・コール、スライド・ギターのディクソン・ブラザーズなどさまざなスタイルの聖なるヒルビリーを収録。【曲】「Carter Family / I'm Working On A Building」「Carter Family / Something Got A Hold Of Me」「Monroe Brothers / On That Old Gospel Ship」「Monroe Brothers / What Would You Give In Exchange」「Bill Monroe And His Blue Grass Boys / Cryin' Holy Unto My Lord」「Blue Sky Boys / Only One Step More」「Blue Sky Boys / Where The Soul Of Man Never Dies」「Bill Carlisle / The Heavenly Train」「Grady And Hazel Cole / Tramp On The Street」「Dixon Brothers / I Didn't Hear Nobody Pray」「Blind Alfred Reed / Always Lift Him Up And Never Knock Him Down」「Blind Alfred Reed / There'll Be No Distiction Here」「Wade Mainer / Mansions In The Sky」「Wade Mainer / Farther Along」「J.E. Mainer's Mountaineers / Just Over In The Glory Land」「Uncle Dave Macon / Just One Way To The Pearly Gates」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tennessee Ernie Ford, Speedy West, Judy Hayden, etc. - THE TENNESSEE ERNIE FORD SHOWS 1953

  • カントリーCDetc
 Tennessee Ernie Ford, Speedy West, Judy Hayden, etc.- テネシー・アーニー・フォード、スピーディ・ウエスト、ジュディ・ヘイデン、etc. - "THE TENNESSEE ERNIE FORD SHOWS 1953"
U.K. / CDetc / Mono / Country Routes RFDCD36 / Rec 1953 / Pub 2005
ケース擦れほぼ無し、ブックレットきれい、盤面擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■53年のラジオ・ショウを収録した一枚。曲目の写真拡大して見てください。
ウエストコーストのミスター・ヒルビリー・ブギ、テネシー・アーニー。スピーディ・ウエストら最高のメンバーたちと50年代初頭に録音したロッキン・ヒルビリーはいまだ色あせない傑作ぞろい。これは絶頂期と言っていい53年のラジオ・ショウを収録した一枚。これが演奏のキレもテンションも音も最高の内容。テネシー・アーニーと、スピーディー・ウエスト(彼のインスト曲多数収録)、アコーディオンのビリー・リーバートの三人が音の要、それにマール・トラヴィスの妻のジュディ・ヘイデンなど女性シンガーもかわるがわる参加、レギュラー・レパートリーはほとんど披露、さらに「ハックルバック」やラング&ヴェヌーティ曲、エリントンetc....全39曲収録。英カントリー・ルーツ・レコードから。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Larry Richardson And Happy Smith, Ted Lundy And The Southern Mountain Boys, etc. - SPRINGTIME IN THE MOUNTAINS

  • ブルーグラスLP
 Larry Richardson And Happy Smith, Ted Lundy And The Southern Mountain Boys, etc.- ラリー・リチャードソン&ハッピー・スミス、テッド・ランディ&ザ・サザン・マウンテン・ボーイズ、etc. - "SPRINGTIME IN THE MOUNTAINS"
USA / LP / Mono / County 749 / Rec 1950s, early60s / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、裏面しみわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■4グループの初期ブルーグラス名演を集めた編集盤。
ラウンダーの"Early Days Of Bluegrass"のカウンティ盤とも言えますが、こちらの方が50年代中心で新しい音、そして4組に絞られています。SPとシングル一枚づつだけしか出さなかったラリー・リチャードソン(元ブルーグラス・ボーイズ)&ハッピー・スミス、ゲイラックスのバンジョー奏者テッド・ランディのEP音源、そしてレッド・アレンがレベルというマイナーに残したナンバーなど、各々4曲ほど収録。演奏の凄まじさはご想像どおり、そして多分全部マスターテープ起こしでスゴイいい音です。【曲】「Larry Richardson & Happy Smith / Let Me Fall」「Ted Lundy & The Southern Mountain Boys / Poor Ellen Smith(試聴)」「Red Allen / Close By」「Larry Richardson / Larry's Ride」「Red Allen / Keep On Going」「Ted Lundy / I've Never Been So Lonesome」「Larry Richardson & Happy Smith / Nashville Jail」「Ted Lundy / Dark Hollow」「Larry Richardson & Happy Smith / I'm Lonesome」「Ted Lundy / Please Don't Honey, Please」「Red Allen / Lonesome Day(試聴)」「Larry Richardson & Happy Smith / Lonesome Road Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Howard And His Akansas Cotton Pickers - WESTERN SWING AT ITS BEST

  • ウエスタン・スウィングLP
 Paul Howard And His Akansas Cotton Pickers- ポール・ハワード&ヒズ・アーカンソー・コットン・ピッカーズ - "WESTERN SWING AT ITS BEST"
Germany / LP / Mono / Cattle LP57 / Rec late1940s / Pub 1984
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■カントリー・ギタリスト&バンド・リーダー、ポール・ハワードの編集盤。
グランド・オール・オプリで初めてエレキを使ったことが有名な、ギタリスト&バンド・リーダー、ポール・ハワード。ハンク・ウィリアムスをナッシュビルに呼び業界に紹介したことも知られる人。46年から48年の12曲を収録した唯一のアナログ編集盤で、なんと全曲に若きハンク"シュガーフット"ガーランドが参加、目の覚めるようなロッキン・ギターを披露。【曲】「Cotton Pickers Special」「Somebody Else´s Trouble(試聴)」「Drinking All My Troubles Away(試聴)」「The Fiddler With The Patch On His Pants」「Honest As The Day Is Gone」「You´re Never Satisfied;Texas Boogie」「Hora Sta Cotton Picker」「Oklahoma City」「Rootie Tootie」「There´s No Room In My Heart For The Blues」「Those Foolish Lies」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hank Penny - PENNY BLOWS HIS TOP

  • カントリーLP
 Hank Penny- ハンク・ペニー - "PENNY BLOWS HIS TOP"
Germany / LP / Mono / Cowgirl Boy LP5125 / Rec late1940s / Pub ?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■カントリー・シンガー、ハンク・ペニーの編集盤。
50年の「Bloodshot Eyes」やロックンロール・ファンには「Hadacillin Boogie」が知られるカントリー・シンガー、ハンク・ペニー。レコードは主にキング、そしてデッカ、RCAからリリース。カントリー、ブルース、ホンキー・トンク、ウエスタン・スウィング調からプリ・ロカビリー風のものまで、太い演奏と味のある歌で人気を博しました。これは40年代後半を中心にした編集盤。タイトル曲はじめインストも5曲収録。【曲】「Now Ain't You Glad Dear(試聴)」「What've You Got(試聴)」「Tin Pan Polka」「The Solidary Blues」「Two Timin' Mama」「Low Down Woman Blues」「Penny Blows His Top (#1)」「I Told Them All About You」「Steel Guitar Stomp」「Won't You Ride In My Little Red Wagon」「Jersey Bounce」「Red Hot Papa」「Tuxedo Junction」「Got The Louisiana Blues」「Hillbilly Jump」「Locked Out」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of Brazil - HEITOR VILLA-LOBOS : OS CHOROS DE CAMARA

  • クラシックLP
Musicians Of Brazil- ブラジルのミュージシャン - "HEITOR VILLA-LOBOS : OS CHOROS DE CAMARA"
Brazil / LP / Stereo / Kuarup KLP002 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ヴィラ・ロボス『ショーロス』の室内楽集。
ブラジルを代表するクラシック作曲家ヴィラ・ロボスの、『バキアーナス・ブラジレイラス』と並ぶ『ショーロズ』。全部で14番まで作られたこの組曲の、室内楽編成で演奏される8曲を収録したブラジル盤。静かなサンバ・リズムのギター・ソロ、現代的なフルート&クラリネット曲、コーラスと木管アンサンブルが組み合わさるナンバー、ヒンデミットのような無機的な広がりのあるホルン&トロンボーン曲、2曲あるピアノ・ソロ、小編成の管弦楽作などなど、モダンで薄暗い響きとラテンのリズムをあやつり吸い込まれるような世界を作っています。試聴は第五、第七番。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Kottke - CIRCLE ROUND THE SUN

  • ギター/フォークLP
 Leo Kottke- レオ・コッケ - "CIRCLE 'ROUND THE SUN"
USA / LP / Stereo / Symposium SY2001 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット円状の擦れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■レオ・コッケの70年作。
下の『6 And 12 String Guitar』をリリースした後、その前年にだされていたライブ盤とほぼ同じ内容をスタジオ録音したアルバム。地元ミネソタのマイナー・レーベルから。今度はギター同様にインパクトのあるコッケの歌が存分に楽しめる一枚。名曲「So Cold In China」収録。2曲インストあり、それも素晴らしい。オリジナル盤。【曲】「If Mama Knew」「Furry Jane」「Sweet Louise」「Tell Me Mama」「Long Way Up The River」「Circle 'Round The Sun(試聴)」「So Cold In China」「Easter And The Sargasso Sea」「Prodigal Grave(試聴)」「Living In The Country」「Tell Me This Ain't The Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Kottke - 6 AND 12 STRING GUITAR

  • ギターLP
 Leo Kottke- レオ・コッケ - "6 AND 12 STRING GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Sonet SNTF629 / Rec 1969 / Pub 1972
コーティングのペラジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■レオ・コッケの69年作。イギリス盤。
ギター音楽史に残る一大名盤。このアルバムの英盤で、音に英盤ぽいドンシャリ感あり。【曲】「The Driving Of The Year Nail」「The Last Of The Arkansas Greyhounds」「Ojo」「Crow River Waltz」「The Sailor's Grave On The Prairie」「Vaseline Machine Gun」「Jack Fig」「Watermelon(試聴)」「Jesu, Joy Of Man's Desiring」「The Fisherman」「The Tennessee Toad」「Busted Bicycle(試聴)」「The Brain Of The Purple Mountain」「Coolidge Rising」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gabby Pahinui - GABBY

  • ハワイの音楽LP
 Gabby Pahinui- ギャビー・パヒヌイ - "GABBY"
USA / LP / Stereo / Panini PS1002 / Rec 1972 / Pub 1972
見開きジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ギャビー・パヒヌイの名盤中の名盤。
遠い昔スペインから来た人達によって伝えられたギターを、見よう見まねでやったハワイ人によって生まれたスラック・キー・ギター。時を経て5・60年年代にこのギターの素晴らしさとハワイアン・トラディショナルを復活させたギャビー・パヒヌイの名盤。彼の代表曲である「Hi'ilawe」のSP盤を収録した導入から72年の演奏につなげるという粋な構成。彼の4人の息子達と、やはりこのギターの名手アタ・アイザックス等も参加、アメリカのポップ・ミュージックにも心を開き素朴で懐かしい装飾の無いナンバーを演奏。【曲】「Hi'ilawe-1947/Luau Hula(試聴)」「Lihue」「He'eia」「Ka Makani Ka'ili Aloha」「Lei Ohu」「Royal Hawaiian Hotel」「Keawaiki」「Leahi」「Wai O Ke Aniani」「Ka'ahumanu」「Lei Nani」「Lei No Kaiulani」「Ka Moa'e」「Hula O Makee」「Hame Pila」「Hi'ilawe-1972」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Janet Smith, Malvina Reynolds, Charleys Aunts, etc. - VIRGO RISING

  • フォークLP
 Janet Smith, Malvina Reynolds, Charley's Aunts, etc.- ジャネット・スミス、マルヴィナ・レイノルズ、チャーリーズ・アンツ、etc. - "VIRGO RISING"
USA / LP / Stereo / Thunderbird LP7037 / Rec 1973 / Pub 1973
見開きジャケット表裏擦れ少々、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■演奏陣、製作陣も全て女性で固められたフォークのオムニバス盤。ジャネット・スミス4曲収録。
アマチュアからプロまで(フォークでプロっていうのもおかしいですが)幅広く収録されていていますが、決してバラバラな感じも無く、一本筋が通ったとてもいいアルバム。目玉はタコマ・レーベルから唯一の女性のソロ作があるギタリスト、ジャネット・スミスの4曲。他、老婆のプロテスト・シンガー、マルヴィナ・レイノルズ、子供のためのフォーク・ソングで知られるナンシー・レイヴン、モーリン・タッカーの「After Hours」を思い出してしまった17歳のキット・ミラーなどなど14曲収録。やはりジャネット・スミスが断然輝いています。【曲】「Janet Smith / Freedom Ladies' March」「Malvina Reynolds / No Hole In My Head」「Charley's Aunts / Housewives Lament」「Janet Smith / Talking Want Ad」「Nancy Raven / Crazy Ruthie」「Janet Smith / New Country Rock(試聴)」「Charley's Aunts / Union Maid」「Janet Smith / Mama's Peaches」「Malvina Reynolds / No Room」「Kit Miller / There Was A Young Woman Who Swallowed A Lie(試聴)」「Charley's Aunts / Cut And Dried」「Malvina Reynolds / We Don't Need The Men」「Nancy Raven / Welfare Blues」「Charley's Aunts / Sister!」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prophet Powers, Radio Four, Rev. Chambers, etc. - GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL 1947-1953

  • ゴスペル/ブルースLP
 Prophet Powers, Radio Four, Rev. Chambers, etc.- プロフェット・パワーズ、ラジオ・フォー、レヴァランド・チェンバース、etc. - "GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL 1947-1953"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK7417 / Rec 1947-1953 / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■有名無名、スタイルを問わず内容重視で編集されたゴスペル集。
アメリカでキリスト教に改宗させられた時代から黒人の中に根付くゴスペルが、悪魔の音楽ブルースと表裏一体的に発展してきたのは非常に面白い。ブルースの黄金時代はすなわちゴスペルの黄金時代。このアルバムはちょうどSPからLPに時代が変わろうとしている40年代の後半、黒人音楽ではR&Bが誕生、ジャズはバップ・ジャズが隆盛したころ、ゴスペル界ではこういう人達やサウンドがあったということが分かる一枚。凄まじく濃い内容。【曲】「Prophet Powers / The Tree Of Life (Is Waiting For Me)(試聴)」「Radio Four / Blood Done Signed My Name」「Rev. Chambers / Me And The Devil」「Rev. Anderson Johnson / God Don't Like It」「National Independent Gospel Singers / I Met My Elder This Morning」「I Got Good Religion」「Otis Jackson / Tell Me Why You Like Roosevelt (Part 1)」「(Part 2)」「Tell Me Why You Like Roosevelt」「Rev. B. C. Campbell / Sweepin' Thru The Gate」「Five Blind Boys / When God Dips His Pen Of Love(試聴)」「Never Turn Back」「Sister O. M. Terrell / I'm Going To That City(試聴)」「Radio Four / What'cha Gonna Do」「Echoes Of Zion / Atlanta's Tragic Monday」「Southern Harmonaires / Who Will Your Captain Be」「I'm So Glad」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.