(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: guitar)

Alvis Wayne - SWING BOP BOOGIE

  • ロカビリーLP
 Alvis Wayne- アルヴィス・ウエイン - "SWING BOP BOOGIE"
USA / LP / Mono / Westport PBLP001 / Rec 1950s to 1970s? / Pub 1994
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ロニー・ワイザーの尽力で製作された、ロカビリアン、アルヴィス・ウエインの初LP。最高の内容。
37年テキサス生まれ、当然のようにカントリーに出会いバンドを結成、演奏を始めるもロカビリーの世界へ、そしてカンザスのマイナー・ウエストポートに56~58年の間数枚のシングルを録音。それからだいぶ経った後、アメリカン50sの求道者ロニー・ワイザーと出会い、彼の70sDIYロカ・レーベル、ローリン・ロックに録音。ちなみにそのローリン・ロックでの録音はいつのものなのかよくわからないのだそう...これは50年代の音源からワイザー絡みのものも収録してリリースされたLPで、ワイザーも製作に尽力した彼の1st。ルーズでダルイムードも最高な恐ろしくカッコイイ50年代音源(メンバーの演奏も生唾)、なんら変わらない野卑な60~70年代のナンバーの数々、さらにバラードも極上。【曲】「Swing Bop Boogie(試聴)」「Sleep, Rock-a-Roll Rock-A-Baby(試聴)」「I Gottum」「Lay Your Head On My Shoulder」「You Are The One」「Don't Mean Maybe Baby」「I'd Rather Be With You」「I Wanna Eat Your Pudding」「It's Your Last Chance To Dance Tonite」「Heart Beat」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Horwitz - LIES, LIES, LIES

  • シンガー・ソングライターLP
 Bill Horwitz- ビル・ホーウィッツ - "LIES, LIES, LIES"
USA / LP / Stereo / ESP Disk ESP3020 / Rec 1975 / Pub 1975
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ESPディスクから、シンガー・ソングライター、ビル・ホーウィッツのファースト・アルバム。
どういう人なのかまるでわからないのですが、アルバムはこのESPに一枚だけの人のよう。プロテスト・フォークの流れを汲んでいるようにも思えますが、社会の諸問題だけでなく、彼にしかわからないような悩みも並列に歌われています。切実というのとはまるで違う、何か諦めた感のさみしいたたずまいが延々続く一枚。ニール・セダカの「Breaking Up Is Hard To Do」がこんな沁みるナンバーだとは。グッドタイムなA2「New American Guilt Trip」と、ニール・イネスばりの美メロ・ナンバーB1「If I Had A Friend Like Rosemary Woods」がカップリングされたシングルが出ました。【曲】「Consumption」「New American Guilt Trip」「Father (Workingman's Daughter)」「Henry K」「Sing Me」「My Father(試聴)」「If I Had A Friend Like Rosemary Woods」「Tocks Island」「Broken Record」「Breakin' Up Is Hard To Do(試聴)」「Candyman」「Sadness」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fra-Fra Tribesmen, Mississippi John Hurt, Blind Willie McTell, etc. - THE STORY OF THE BLUES

  • ブルースLP
Fra-Fra Tribesmen, Mississippi John Hurt, Blind Willie McTell, etc.- フラ・フラ・トライブズメン、ミシシッピ・ジョン・ハート、ブラインド・ウィリー・マクテル、etc. - "THE STORY OF THE BLUES"
USA / LP / Mono / Columbia CG30008 / Rec 1920s-50s / Pub 1970s
見開きジャケット擦れ、しみ少々、内側しみ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ポール・オリヴァー監修の、ブルースの歴史をたどった大名盤。
去年のクリスマスに再版され、その筋で静かに話題となっているポール・オリヴァーの『ブルースの歴史』。69年に初出されたその本に即してオリヴァー自身が監修した2LPのブルース編集盤。ブルースのルーツと時代が経てもその姿を持ったブルースマンをまとめたA面、憂鬱で悲しい歌を楽しんじゃおうというスタイルのブルースマン/ウーマンをまとめたB面、ロバジョンも登場、完熟したカントリー・ブルースの名演を収録した30年代のC面、エレキ・ギターの誕生とともに様変わりしR&Rの足音も聞こえてくる戦中、戦後を収録したD面。これ、LP10枚分ぐらいを2枚に絞ったような気が遠くなるような濃度感あります。マジで。カントリー・ブルース聞き尽くしたと思ってる人でこの二枚組聞いてない人多いのでは。大大大推薦。全32曲収録。試聴はA面のLeadbelly「Pig Meat Papa」とC面のBukka White「Parchman Farm Blues」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Herman Chittison - MASTER OF THE STRIDE PIANO 1933-41

  • ジャズLP
 Herman Chittison- ハーマン・チティソン - "MASTER OF THE STRIDE PIANO 1933-41"
USA / LP / Mono / Meritt 20 / Rec 1933-41 / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ストライド・ピアニスト、ハーマン・チティソンの戦前ピアノ・ソロを全て収録した一枚。
20年代からオハイオのジャズ・バンドでピアノを弾きはじめ、ジャズ・ボーカルの先駆エセル・ウォーターズやクラレンス・ウィリアムスと共演、その後30年代にサッチモが渡仏した際の伴奏を担当、戦後もいい録音を残しました。彼は、戦前はほとんどがバンド内での録音だったのですが、その渡仏した際、パリでピアノ・ソロを多数録音、仏盤SPのみで発売されました。これは、戦前の彼のソロ音源を全て収録した一枚。33年の初録音と41年の戦前最後のみNY録音、他全てがフランスでのものです。聞いていただければ何も言うことございません。テクニックは神クラス、それでいてファッツ・ウォーラーやJPジョンソンとはまた一味違う、モダンでナイーヴな宝石のようなナンバーの数々。初録音の2曲では、なんとバンジョー・アイキー・ロビンソンとのデュエットで、ロビンソンのジャズ・ブルース・ギター&ボーカルも最高にいいです。全19曲収録。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightnin Hopkins, Joe Turner And Pete Johnson, etc. - BLUES N TROUBLE VOLUME 2

  • ブルースLP
Lightnin Hopkins, Joe Turner And Pete Johnson, etc.- ライトニン・ホプキンス、ジョー・ターナー&ピート・ジョンソン、etc. - "BLUES 'N TROUBLE VOLUME 2"
USA / LP / Stereo / Arhoolie F1012 / Rec early60s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■錚々たるブルースマンが顔をそろえたオムニバス。すべてこれでしか聞けないナンバー。
戦前ブルース、ヒルビリー、ケイジャン、テックスメックス、民俗音楽等のSP編集盤だけでなく、ヤズーにブルーグースがあったように、錚々たるブルースマンが新緑アルバムをリリースしていた西海岸のアーフーリー・レコード。これは、50年代以降にアーフーリーにレコードを残したブルースマンを中心にしたオムニバス第二集で、後のCDをのぞけば全曲これでしか聞けないナンバー(テイク違いものもあり)が選ばれた一枚。ライトニン・ホプキンス、リル・サン・ジャクソン、ジョー・ターナー&ピート・ジョンソンといったビッグネームから、このレーベルに名盤を残したブラインド・ジェイムス・キャンベルの未発曲、幻のザディコ・アコーディオン奏者ポール・マクジールなどなど収録。【曲】「Lightning Hopkins / Wine Drinking Woman(試聴)」「Guitar Slim & Jelly Belly / Yellow-Brown Woman」「Little Son Willis / Nothing But The Blues」「Blind James Phillips / Night Is Falling(試聴)」「Lil' Son Jackson / Bad Whiskey Bad Women」「Joe Turner & Pete Johnson / B & O Blues」「Mercy Dee / Sugar Daddy」「Big Joe Williams / Little Machine」「Paul McZiel Zydeco Band / I'm Sad And I'm Blue(試聴)」「Blind James Campbell / Sittin' Here Drinking」「Robert Shaw / Turn Loose My Tongue」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sauceman Brothers - THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7

  • ブルーグラスLP
 Sauceman Brothers- ソースマン・ブラザーズ - "THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7"
USA / LP / Mono / Rounder 1019 / Rec 1948 to 1953 / Pub 1976
見開きジャケット色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラウンダーの初期ブルーグラス編集盤シリーズの7枚目、ソースマン・ブラザーズの音源集。
ブルーグラス初期の、入手困難な名グループの音源を集めたラウンダーの名物シリーズ、"Early Days Of Blue Grass"。全10枚出たこのシリーズの7枚目で、ジョン・ポールとジェームス・カールのソースマン兄弟のグループの編集盤。ブルーグラス・マニア垂涎のリッチRトーン・レーベルやマーキュリーの音源(未発表含む)など、48年から53年の16曲を収録。ディック・スポッツウッド監修で、マスタリングはスポッツウッドとバックワーズ・サム・ファーク。【曲】「Handy Man(試聴)」「A White Cross Marks The Grave(試聴)」「Your Trouble Ways Keep Us Apart(試聴)」「Pretty Polly」「I'll Be No Stranger There」「Wrap My Body In Old Glory」「The Pale Horse And His Rider」「Someone's Last Day」「Down The Road To Love」「Goodbye My Love」「I'm Not Worth Your Tears」「Little Birdie」「I'll Be An Angel Too」「Please Don't Make Me Cry」「God's Secret Weapon」「Hallelujah We Shall Rise」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Domaine Musical Ensemble, Pierre Boulez(Cond.) - SCHOENBERG : SERENADE OP 24

  • クラシックLP
Domaine Musical Ensemble, Pierre Boulez(Cond.)- ドメーヌ・ミュジカル・アンサンブル、ピエール・ブーレーズ(指揮) - "SCHOENBERG : SERENADE OP 24"
USA / LP / Stereo / Everest 3175 / Rec 1962 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、裏面小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シェーンベルクの室内楽『セレナード』。
シェーンベルク(1874-1951)が20年から24年の間に作曲した室内楽作『セレナード』を、ブーレーズ指揮の仏の室内楽団が演奏した一枚。12音技法の様々な実験をしていた頃のシェーンベルクの作品で、唯一歌の入る第4楽章が12音で作られているのだそう。クラ、バスクラ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ギター、マンドリンのセプテットによる全7楽章。快活な2ビートのリズムで奏でられる、それぞれの楽器の肉感的な演奏に言葉を無くす第一楽章「マーチ(試聴)」、スローな出だしから結びに向けてめくるめくドラマが展開される「メヌエット」、12ではなく11音で作られていると言う「変奏」、唯一バリトンの歌が入る「ペトラルカのソネット」は、原詩の構成のせいで生じるずれを表現の一つにしたというナンバー。全曲中最もポップな印象を受けるワルツの「舞踏の情景」、音列を使わずフリー・スタイルで作曲された柔らかな「無言歌(試聴)」、ラストの「フィナーレ」は最初の「マーチ」をすっきりと再演した曲で、全てをまとめる役割を果たすナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tampa Red - THE GUITAR WIZARD 1935-1942

  • ブルースLP
 Tampa Red- タンパ・レッド - "THE GUITAR WIZARD 1935-1942"
Holland / LP / Mono / Old Tramp OT1201 / Rec 1935-42 / Pub 1987
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■タンパ・レッドのあまり聞けない時代の音源を収録した一枚。
ロックンロール、ファンクへの道筋を生んだホーカムの最大の立役者、タンパ・レッド。これは彼の音源で、あまりまとめられていないあたり30年代中期~40年代初頭を集めた美味しい編集盤。最盛期20年代の味もありつつひとまわり大きくなった滋味満点のブルースから、ジャズ・コードで彩ったホーカム進化形ナンバー、R&Rの原動力となった面々(ランサム・ノーリング、ビッグ・メイシオetc.)を従えてのエレキ時代、タンパ・レッドと思えないエレキ一本のジャイヴ風弾き語りまで全18曲濃い内容。全てこのアルバムで初LP化。オランダのブルース専門レーベル、オールド・トランプからの一枚。【曲】「Keep On Dealin'」「Maybe It's Someone Else You Love」「I Wonder What's The Matter」「You Stole My Heart(試聴)」「Stop Truckin' And Suzy-Q」「You One And Only」「I See You Can't Take It」「Oh Babe, Oh Baby」「Whoppee Mama」「That May Get It Now」「That Don't Matter Now」「Grouchy Hearted Woman」「Hellish Old Feeling」「You Say It's Love」「Please Don't Throw Me Down」「Tired Of Your Reckless Ways」「I Want To Swing(試聴)」「Gin Head Woman」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Los Indios Tabajaras - WALTZ OF THE FLOWERS

  • イージー・リスニングLP
 Los Indios Tabajaras- ロス・インディオス・タバハラス - "WALTZ OF THE FLOWERS"
Japan / LP / Stereo / Victor SHP5541 / Rec 1964 / Pub 1964
見開きコーティング・ジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、帯きれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ブラジルのギター・デュオ、ロス・インディオス・タバハラスがクラシックを演奏した一枚。
64年、ガット・ギターの静かな爪弾きで演奏したインスト・ナンバー「Maria Elena」が大ヒットしたブラジルのギター・デュオ、ロス・インディオス・タバハラス。その「Maria Elena」を想像して聞きはじめるとびっくり、アルバム全てクラシックを取り上げた一枚。彼ららしい深い海の底のような音色と彼らとは思えないものすごいテクニックも織り交ぜ、チャイコフスキー、ショパン、タレガ、バッハ等を自分たちのアレンジで演奏。日本盤見開きジャケット。【曲】「Waltz Of The Flowers」「Valse In C-Sharp」「Recuerdos De La Alhambra」「Flight Of The Bumble Bee」「Minute Waltz」「Fugue No. 3 ("From The Well-Tempered Clavier")(試聴)」「Ritual Fire Dance(試聴)」「Fantaisie-Impromptu (C-Sharp Minor, Op. 66)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Slam - SLIM AND SLAM VOLUME 2

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Slim And Slam- スリム&スラム - "SLIM AND SLAM VOLUME 2"
Sweden / LP / Mono / Tax M8043 / Rec 1938, 39 / Pub ?
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュワートのジャイヴ・デュオ、スリム&スラムの音源集。
Vol.1に続く二枚目で、38、39年の音源を収録。にわとりの真似が楽しい代表曲「Chicken Rhythm」を収録していますが、ほんと全曲甲乙つけられません。ピアノ、ドラムにサックス又はトランペットという小編成。早速スラムの芸がきける「It's Gettin' Kinda Chilly」、ゲイラードの達者なタップ・ダンスのサウンドが素晴らしいすぎる「Buck Dance Rhythm」、高速で飛ばしまくる「Swinging In The Key Of C」、超早い4ビートに腰が抜けてしまう「Matzoh Balls」などなど一曲一曲にため息でます。【曲】「It's Gettin' Kinda Chilly(試聴)」「Buck Dance Rhythm」「That's A Bringer, That's A Hanger, That's A Drag」「Well-A-Take-Um-A-Joe」「Chicken Rhythm」「Swingin' In The Key Of C」「Boot-Ta-La-Za(試聴)」「It's Only You, Only You」「Beatin' The Board」「Look Out」「Matzoh Balls」「Early In The Morning」「Chitlin' Switch Blues」「Huh! Oh-Huh!」「Windy City Hop」「Baby Be Mine」「Sploghm」「Fitzwater Street」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Slam - SLIM AND SLAM VOLUME 3

  • ジャズ/ジャイヴLP
Slim And Slam- スリム&スラム - "SLIM AND SLAM VOLUME 3"
Sweden / LP / Mono / Tax M8044 / Rec 1940, 41 / Pub ?
ジャケット擦れわずか、小折れ目、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュワートのジャイヴ・デュオ、スリム&スラムの音源集。
三枚目で、時代的にも続く40、41年のものを収録。参加メンバーにはケニー・クラーク(4曲)やチコ・ハミルトン(4曲)も入ってきてバップ・ジャズの発祥から没落まで立ち会ったゲイラードならではの人選。 芸風にも余裕が出てきていて、音楽的にもネタ的にも膨らんできています。この盤も全曲最高。ちょっと変わったところでは前年ではあまりブギをやらなかった彼らがブギした「Slim Slam Boogie」、Slamの名人芸がたっぷり楽しめる「Bassology」、どこかの部族の儀式にまぎれこんでしまったかのようないかがわしさ200パーセントの「Afican Jive」などなど。数曲あるスウィートなボーカルものも最高。スリムの芝居っ気がクサみを消していて幸福感満開。これまた全曲最高です。【曲】「Don't Let Us Say Goodbye(試聴)」「Rhythm Mad」「Bongo」「Broadway Jump」「Put Your Arms Around Me Baby」「Lookin' For A Place To Park」「Hit That Mess」「Hey! Chef 」「Ah Now」「A Tip On The Numbers」「Slim Slam Boogie(試聴)」「Bassology」「Bingie-Bingie-Scootie」「B-19」「Champagne Lullaby」「African Jive」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Slam - SLIM AND SLAM

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Slim And Slam- スリム&スラム - "SLIM AND SLAM"
USA / LP / Mono / Tax M8028 / Rec 1938 / Pub ?
ジャケット擦れ極わずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュワートのジャイヴ・デュオ、スリム&スラムの音源集。
雑食性の高い、ヒップを絵に描いたような音楽性で、当時のリアル・ビート族やバップで踊っていたような先端な人達をとりこにしたジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。そしてビバップ・シーンでも八面六腑の活躍をした元祖ボウイン&シンギン・ベーシスト、スラム・ステュワート。この二人がソロ・デビュー前に組んでいたのがこの最強のジャイヴ・デュオ、スリム&スラム。これはその時代のデュオ音源を16曲収録した編集盤。【曲】「Flat Fleet Floogie」「Chinatown, My Chinatown」「That's What You Call Romance」「Ti-Pi-Tin」「8, 9, And 10」「Dancing On The Beach」「Oh, Lady Be Good」「Ferdinand The Bull」「Tutti Frutti(試聴)」「Look-A There」「Humpty Dumpty」「Jump Session」「Laughin' In Rhythm」「Vol Vist Du Gaily Star」「Dopey Joe(試聴)」「Sweet Safrona」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
2021年3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.