(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: guitar)

Memphis Minnie - 1934-1941

  • ブルースP
 Memphis Minnie- メンフィス・ミニー - "1934-1941"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP108 / Rec 1934-41 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面よごれ、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■メンフィス・ミニーの30年代音源集。良すぎます。
カントリー・ブルースの中では別格といえる女性ブルースマン、メンフィス・ミニー。腹の据わった歌、旋律をぶつけあう劇的な響きのギターの絡みは、もうちょっとで全く新しい音楽が生まれるようなスリルあり。これはフライライトからの30年代編集盤。もう最初から頭痛くなるような最高のナンバーがずらり。旦那のカンザス・ジョー・マッコイとのデュエット、スティール・ギター、ピアノを入れたコンボ・スタイルのやさぐれたナンバー、次に結婚したリトル・サン・ジョーの地味ながらずっしりくるギターがほんとにいい30年代後半の数曲etc...、ブルース・クラシックスのあの二枚に音は劣りますが、一曲も重なり無し。バックワーズ・サム・ファークはメンフィス・ミニーが一番好きだったんじゃないかな。【曲】「Give It To Me In My Hand(試聴)」「Hustlin' Woman Blues」「Ice Man Blues」「Hoodoo Lady」「My Strange Man」「If You See My Rooster」「I Don't Want You No More」「Bad Outside Friends(試聴)」「Low Down Man Blues」「Fingerprint Blues」「Ma Rainey」「Pigmeat On The Line」「This Is Your Last Chance Baby」「You Got To Get Out Of Here」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Explosion Rockets - FEATURING BART STRIK LEAD GUITAR

  • ロックンロール/ギターLP
 Explosion Rockets- エクスプロージョン・ロケッツ - "FEATURING BART STRIK LEAD GUITAR"
Holland / LP / Stereo / Guitar FLP19380 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ極わずか、B面の最初の三曲に小プツ音でるスクラッチ
Jacket 4 / Disc 3 / Sound 1980 yen
■オランダのサーフ・ロッキン・インスト・バンド、エクスプロージョン・ロケッツ。
今も活動を続けるオランダのサーフ・ロッキン・インスト・バンド、エクスプロージョン・ロケッツの恐らくは79年の一枚。50年代には既にデビューしていたロッキン・ギタリスト、バート・ストリックをフィーチュアしたリハ音源を20曲収録。リハ音源と言ってもよくあるボツテイク、やりなおしテイクなんかを入れたものでなく、まるでシングル集のように楽しめる一枚。延々と硬質・高純度・スピード感満点なサーフ黄金期の二分間ロッキン・インストでひたすら埋め尽くされた一枚。【曲】「Hurricane Rock」「Darktown Strutter's Ball(試聴)」「Ajoen Ajoen」「Guitar Boogie」「Big Boy」「Loempia」「Black Swan」「Gipsy Rock」「Granada」「Yellow Jacket(試聴)」「Mands Churian Beat (take One)」「Mands Churian Beat (take Two)」「Johnny On His Strings」「Black Eyes Rock」「Begin The Beguine(試聴)」「Wild Geese」「The 3rd Man Theme (take One)」「The 3rd Man Theme (take Two)」「Vilja Oh Vilja (take One)(試聴)」「Vilja Oh Vilja (take Two)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - THE EARLY YEARS

  • ブルースLP
Lightning Slim- ライトニン・スリム - "THE EARLY YEARS"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP524 / Rec 1954 / Pub 1976
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第一集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの最初の一枚で、エクセロ・レコード等を始めたジェイ・ミラーと初めて出会った54年のセッションを集めた内容。フィーチュアというミラーの幻のレーベルから出たファースト「Bad Luck」の別テイクを始め、ギター一本と足踏みを伴奏にした「Rock Me Mama」、ザディコのアコーディオンのようなハーモニカを入れたスキッフル・ブルース風の「Paper In My Shoe」などなど最も原初的で深い情念に満ちた生々しい曲の数々。【曲】「Rock Me Mama(試聴)」「Paper In My Shoe(試聴)」「You Did Me Wrong Baby」「Woke Up Feelin' Bad」「Bad Luck」「Those Neighbors Of Mine」「Lightnin' Blues」「Poor Lightnin' Blues」「I'm Him」「I Hate To Leave You」「I Beg You Little Woman」「The Blues And My Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - TRIP TO CHICAGO

  • ブルースLP
 Lightning Slim- ライトニン・スリム - "TRIP TO CHICAGO"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP533 / Rec 1950s / Pub 1078
コーティング・ジャケット擦れほぼなし、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第二集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの二枚目で、時期的に一枚目"THE EARLY YEARS"に続く内容。ブルース評論家でタコマ・レコードをフェイヒーと始めたエド・デンソンは、マディらと並んで50年代の最高のブルースマン5人に選出していますが、はげしく同意。シカゴとテキサスのエッセンスを吸収しつつ、掘っ立て小屋的ルイジアナ/ジェイ・ミラー色も強引に混ぜ込んだブルースを12曲収録。簡素なバンドものが多く、スリムはもちろんですが、鬱屈したムードを永遠に生み出すドラマーも最高。【曲】「Got Me A Little Woman」「Drifting Blues」「Mother-In-Law Trouble」「I Ain't Got No Money」「Tom Cat Blues(試聴)」「Nothin' But The Devil(試聴)」「Rollin' Stone」「Trip To Chicago」「Go Ahead On Babe」「I'm Grown」「What's Gon' Come Of Me」「Tired Little Fellow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Derek Bailey - SOLO

  • ギターLP
 Derek Bailey- デレク・ベイリー - "SOLO"
U.K. / LP / Stereo / Incus 2 Revised / Rec 1971 / Pub 1978
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、試聴のようなチリ音
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 3.5  7980 yen
■ファースト・アルバムA面の即興曲を入れ替え出された78年エディション。
それまでの演奏をひっくり返し、究極の表現と言えるかも知れない、"弾かない"ことに成功したといえるまさしく無二のギタリスト、デレク・ベイリー。これは、71年に出された彼の初アルバムの裏バージョンともいえる78年のインカスからの正規盤。71年Verは、A面がインプロヴィゼーションの番号4、5、6、7の4曲で、この78年Verは、同じ時に録音された番号3、8、9、10、11、12の6曲を収録。B面は同じで、ミッシャ・メンゲルベルグなど知人ミュージシャンに作曲を依頼、そして演奏した無二の3曲。オリジナル盤。【曲】「Improvisation 3(試聴)」「Improvisation 8」「Improvisation 9」「Improvisation 10」「Improvisation 11」「Improvisation 12」「Where Is The Police?(試聴)」「Christiani Eddy」「The Squirrel And The Ricketty-Racketty Bridge」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Bain - LATIN LOVE

  • ギター10LP
 Bob Bain- ボブ・ベイン - "LATIN LOVE"
Japan / 10LP / Mono / Capitol OLP45 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し、チリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■ハリウッドNo1の名ギタリスト、ボブ・ベインの日本盤10インチLP。
「ピーター・ガンのテーマ」のあのギターやシナトラの「I've Got You Under My Skin」、エラ・メイ・モース「Cow Cow Boogie」等でプレイしてきた、ハリウッドの静かな巨匠と言えるギタリスト、ボブ・ベイン。デイヴ・バーバー(ペギー・リーの旦那)の後釜としてTドーシー楽団に入り、レス・ポールとは家に入り浸るような仲だったり、他にもいろんな話があり興味の尽きない人。裏方に徹していた人なのでソロ作は数枚しかだしていないのですが、この一枚は彼が、ガット・ギターを伴奏とメロディーで多重録音した作品。(こんなのはこれしかないです)たった2本のガット・ギターだけでうっとりしてしまうような、ラテン系のスタンダードをゆるく演奏しています。心踊る「FRENESI」、「PERFIDIA」「BRAZIL」「MARIA ELANA」等等極上のギター・アルバム。ちなみにあのフィル・ムーアのグループにも参加していました。【曲】「Brazil」「Amor」「Besame Mucho」「Frenesi」「Green Eyes」「The Breeze And I」「Yours」「Perfidia」「You Belong To My Heart」「Maria Elena」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duane Eddy - 1,000,000.00 DOLLAR WORTH OF TWANG

  • ロックンロールLP
 Duane Eddy- デュアン・エディー - "1,000,000.00 DOLLAR WORTH OF TWANG"
USA / LP / Mono / Jamie 70-3014 / Rec 1959 / Pub 1959
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏ジャケット書き込み、レーベルAに書き込み、ひげ少々、盤浅い擦れ、小スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■「Movin Groovin」等の代表作+αのオリジナル・アルバム。
エレキ単音一本弾きの鬼太フレーズでロックンロール界をのし歩いたデュアン・エディ。トゥワンギー・ギターと呼ばれるそのスタイルは当時は映画『PETER GUNN』のテーマなどにも影響し、21世紀になっても毎夜どこかでグア~ンと鳴り響いているはず。これは、「Movin Groovin」「Cannonball」「Rebel Rouser」など問答無用の代表作を抑えつつ(はっきり言ってこの三曲をいい音で聞けるだけで満足)、フォークからハワイアン、マリアッチ風味まで幅広くレパートリーを選んだ実に面白い一枚。59年。【曲】「Rebel Rouser(試聴)」「Cannonball」「The Quiet Three」「Bonnie Came Back」「Because They're Young」「Theme For Moon Children」「Moovin' 'N Groovin'(試聴)」「The Lonely One」「Forty Miles Of Bad Road」「Some Kinda Earthquake」「First Love, First Tears」「Kommotion」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Atahualpa Yupanqui - EL HOMBRE, EL PAISAJE Y SU CANCION

  • アルゼンチンの音楽LP
 Atahualpa Yupanqui- アタウアルパ・ユパンキ - "EL HOMBRE, EL PAISAJE Y SU CANCION"
Spain / LP / Mono / RCA Victor LPM10374 / Rec 1968 / Pub 1968
コーティングの折り返しジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげあり、盤表層スクラッチ少々、B面頭にはっきりとしたスクラッチありますがなぜかほとんど音にでません
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 3  2980 yen
■68年のアルバム。このアルバム相当いいです。
一人一ジャンルというのがこれほどふさわしい人もいない不世出のギタリスト&シンガー&作曲家アタウアルパ・ユパンキ。どんな達人ギタリストにも自分の流儀、得意なスタイルがあると思いますが、ユパンキはそれが無いと感じるほとんど唯一の人。曲が変わるごとに自分の精神を入れ替えて演奏しているような奇跡と言っていい音楽家。これはスペインRCAから出た68年のアルバム。比較的情感をおさえたさらりとしたナンバーが多く、ファーストインパクトよりも後で思い出し忘れられなくなうような一枚。一曲あるギター・インストも最高。【曲】「Los Ejes De Mi Carreta」「La Copla(試聴)」「La Olvidada」「La Tarde」「El Poeta」「Malambo(試聴)」「A La Noche La Hizo Dios」「El Pampino」「Paisaje Con Nieve」「El Aromo」「El Alazan」「El Promesante」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hop Wilson, Big Walter, Juke Boy Bonner - HOUSTON GHETTO BLUES

  • ブルースLP
 Hop Wilson, Big Walter, Juke Boy Bonner- ホップ・ウィルソン、ビッグ・ウォルター、ジューク・ボーイ・ボナー - "HOUSTON GHETTO BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP527 / Rec early60s / Pub 1977
ジャケット円状の擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサス・ブルースマン三人の珍しい音源集。
南部全体を見渡しても珍しい存在のホップ・ウィルソン。ラップ・スタイルのエレキ・スライドでブルースを歌うシンガーで、60-61年に録音された6曲。当時出たものとそうでないものか混ざっていると思います。粗暴な歌に絡みつくようなギターがグレイト。裏面の二人は全てライブ録音で、こちらがスゴイ。ゴールドバンド等でレコードを出したビッグ・ウォルターは、張り裂けるようなシャウトが強烈なドロンとした二曲。試聴曲のフリーフォームな素晴らしいギターはなんとアルバート・コリンズ。やはりゴールドバンドからデビューし、ジュークジョイントを渡り歩いたことで名前が付いたジュークボーイ・ボナーは、臨場感たっぷりの乱雑でザックリしたエレキ弾き語り4曲。【曲】「Hop Wilson / Merry Christmas Darling」「My Woman Has A Black Cat Bone」「I Met A Strange Woman」「 I'm A Stranger(試聴)」「A Good Woman Is Hard To Find」「Be Careful With The Blues」「Big Walter / Nothing But The Blues」「My Tears(試聴)」「Juke Boy Bonner / I'm Going Up, I'm Going Down」「I Love You So」「Lonesome House Blues(試聴)」「Slim's Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.B. Lenoir - MOJO BOOGIE

  • ブルースLP
J.B. Lenoir- J.B.ルノア - "MOJO BOOGIE"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY564 / Rec early1950s / Pub 1980
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・シンガー、JBルノアのパロット以前、50年代初期音源集。
29年ミシシッピ生まれ、ブラインド・レモン・ジェファーソンに影響を受け、40年代のニューオーリンズでエルモア・ジェイムス等と共演、その後シカゴへ流れつき、持ち前のハイトーン・ボイスと最高のサポートでキラーを連発したJBルノア。彼と言えば、の50年代パロット・レコードでの録音の少し前、同じシカゴの黒人音楽殿堂レーベル、JOBに残した音源をいい音で収録した一枚。全14曲中7曲が未発表。ピアノは全曲サニーランド・スリム、サックスは全て下のJTブラウン。【曲】「Let's Roll (Take 2)」「People Are Meddling (In Our Affairs)」「I Have Married」「I'll Die Tryin'」「The Mountain」「How Much More」「Let's Roll (Take 1)」「The Mojo (Take 1)(試聴)」「Slow Down Woman(試聴)」「I Want My Baby」「How Can I Leave」「Play A Little While」「Louise」「The Mojo (Take 4)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Revivalists Of N.O., Evening Light Singers, etc. - GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL VOLUME TWO

  • ゴスペル/ブルースLP
 Southern Revivalists Of N.O., Evening Light Singers, etc.- サザン・リバイバリスツ・オブ・ニューオーリンズ、イブニング・ライト・シンガーズ、etc. - "GET RIGHT WITH GOD : HOT GOSPEL VOLUME TWO"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK7424 / Rec 1940s, 50s, 70s / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげほぼ無し、B1にプツ音でる小スクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■有名無名、スタイルを問わず内容重視で編集されたゴスペル集。
アメリカでキリスト教に改宗させられた時代から黒人の中に根付くゴスペルが、悪魔の音楽ブルースと表裏一体的に発展してきたのは非常に面白い。ブルースの黄金時代はすなわちゴスペルの黄金時代。このアルバムはちょうどSPからLPに時代が変わろうとしている40年代の後半、黒人音楽ではR&Bが誕生、ジャズはバップ・ジャズが隆盛したころ、ゴスペル界ではこういう人達やサウンドがあったということが分かる一枚。第一集同様、40年代中期から50年代初頭の音源を中心に、わずか70年代のものも収録した第二集。【曲】「Southern Revivalists Of N.O. / Get Right With God」「I'm Bound For Higher Ground」「Evening Light Singers / Walking Around Me(試聴)」「Gospel Travelers / God's Chariot (Part 1)」「God's Chariot (Part 2)」「Rev. Charlie Jackson / Morning Train」「Wrapped Up And Tangled Up(試聴)」「Violinaires / Joy In The Beulah Land」「Rev. B. C. Campbell / Oh! In That Morning」「Radio Four / On My Journey Now」「Seek Seek Seek」「Rev. Anderson Johnson / Let That Liar Pass On By(試聴)」「Sister O. M. Terrell / God's Little Birds」「Rev. George W. Killens / I Love The Lord」「Flowers Of Joy / Near The Cross」「All Of My Appointed Time」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leroy Washington - WILD CHERRY

  • ブルースLP
 Leroy Washington- リロイ・ワシントン - "WILD CHERRY"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP574 / Rec late50s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナの幻のブルース・ギタリスト、リロイ・ワシントンの音源集。
この盤が出た頃は生没年さえわからなかったという人で、生前に残した盤は数枚だけ、しかしローカルヒットした"Wild Cherry"や当時の忙しい活躍ぶりからも大変な腕前のギタリスト&シンガーだったことが今では知られるブルースマン。62年、30歳で亡くなったのだそう。これは、残したシングルと、写真のレーベルのプロデューサーだったジェイ・ミラーのもと録音されたものを収録した編集盤。アイク・ターナー系の突き刺すギターが楽しめるロッキン・ブルースからルイジアナの沼にずぶずぶはまり込むようなスワンプもの、仲間でサポートもしているギター・ゲイブルの「Congo Mombo」そっくりの土俗的なナンバーなど全12曲収録。【曲】「Sittin' Here Cryin'」「Don't Blame It On Me Mama(試聴)」「Women Are Trouble」「I Don't Want Your Money」「I've Been To This Prison」「Hello Stranger(試聴)」「Hello Operator」「You Can't Trust Nobody」「Baby Please Come Home」「Every Day」「Wild Cherry」「Long Hair Knock Knees & Bow Legs」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.