(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: folk)

Gordon Heath And Lee Payant - SONGS OF THE ABBAYE

  • フォーク10LP
 Gordon Heath And Lee Payant- ゴードン・ヒース&リー・パヤント - "SONGS OF THE ABBAYE"
USA / 10LP / Mono / Elektra EKL19 / Rec 1953 / Pub 1954
ジャケット擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい、カンパニー・ビニール・スリーブ破れもなくきれい
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■パリに移り住んだフォーク・デュオ、ゴードン・ヒース&リー・パヤントの1stアルバム。
黒人フォーク・シンガーで俳優でもあったゴードン・ヒース、やはりフォーク・シンガーで映画監督でもあったリー・パヤントのデュオのファースト10インチLP。48年にパリに移り住み、49年にはパリでコーヒーハウスを経営、自分たちやパリのミュージシャンだけでなく、リタ・ヘイワースやレナ・ホーンを呼んだりしていたそうです。その店でかはわかりませんが、パリで53年に録音された一枚。二人ともガット・ギターで、親密な弾き語りを10曲収録。仏語曲一曲あり。オリジナル・レーベル。【曲】「Another Man Done Gone」「Chanson De La Mariee」「The Youth Of The Heart」「Black Girl(試聴)」「I Wash My Face(試聴)」「Big Rock Candy Mountain」「Jacob's Ladder」「J'Ai Un Long Voyage A Faire」「We Will Break Bread Together」「Wandering」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doc Watson - HOME AGAIN

  • ブルース/フォークLP
 Doc Watson- ドク・ワトソン - "HOME AGAIN"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79239 / Rec 1967 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、背部色あせ、レーベルひげほんのわずか、盤浅い擦れ少々、B2に小プツ音でるスクラッチ一本
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■67年のアルバム。
『Anthology...』にも収録された伝説の20年代ヒルビリー・シンガー、クラレンス・アシュレイが60年に再発見され彼のもとに録音班が向かったところ、スゴイ奴がいる、と見いだされたのがこのドク・ワトソン。すぐさま64年にファースト・ソロが作られ一躍寵児に。これは66年のアルバム。トラディショナルを中心に、カーター・ファミリー等ヒルビリーのカバー、自作曲もまじえ親密に自然体で演奏する一枚。この一つ前のレーベルもあり、これはセカンド・レーベル。【曲】「Down in the Valley to Pray」「Georgie」「The Old Man Below」「Katie Morey」「F. F.V.(試聴)」「A-Rovin' on a Winter's Night(試聴)」「Dill Pickle Rag(試聴)」「Sing Song Kitty」「Froggie Went A-Courtin'」「Pretty Saro」「Childhood Play」「Rain Crow Bill」「Matty Groves」「Victory Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Specki And Balu, Mani Gotz, Wolfgang Wessling, etc. - FOLK MENUE VOL.1

  • フォーク/ドイツの音楽LP
  Specki And Balu, Mani Gotz, Wolfgang Wessling, etc.- シュペッキ&バルー、マニ・ゴッツ、ヴォルフガング・ヴェスリング、etc. - "FOLK MENUE VOL.1"
Germany / LP / Stereo / Autogram AMLP903 / Rec 1977 / Pub 1977
ビニールカバー擦れ少々、ジャケットしみわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ドイツのフォーク・シンガー、ギタリストたちのオムニバス盤。
オートグラムという、ドイツのフォーク、民俗音楽系のレーベルから、フォーク・シンガー、ギタリスト達のオムニバス。77年、ミュンスターで行われたイベントでの入賞者らしくこの頃はまだ無名の人たちだと思います。A面は歌入りで、自作やドイツ民謡をアレンジした、6組の8曲を収録。民謡ものはかなりアメリカナイズされています。B面は演奏面で、やはりトラッドのアレンジ曲、レオ・コッケ、サム・マッギー、ビッグ・ビル・ブルーンジーなどアメリカのヒルビリー、ブルースのカバー、オールドタイム風、6組9曲収録。内容相当いいです。何かの広告用紙?の裏面にプリントされたジャケットで、厚手のビニールカバー仕様。インサート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Plattschunt, Karin Dosselmann And Thomas Birlenberg, etc. - FOLK MENUE VOL.2

  • フォーク/ドイツの音楽LP
 Plattschunt, Karin Dosselmann And Thomas Birlenberg, etc.- プラッツナット、カーリン・ドッセルマン&、トマス・ベーレンベルク、etc. - "FOLK MENUE VOL.2"
Germany / LP / Stereo / Autogram AMLP908 / Rec 1977? / Pub 1977?
ビニールカバー擦れ少々、ジャケットしみわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ドイツのフォーク・シンガー、ギタリスト、アコースティック演奏家たちのオムニバス盤。
オートグラムという、ドイツのフォーク、民俗音楽系のレーベルから、フォーク・シンガー、演奏家のオムニバス。上に続く第二集で、やはりミュンスターがあるヴェストファーレン州の若いアーティストたち。アメリカ然としていた第一集に比べ自国、ヨーロッパ・トラッドのいろどりかなりあり。こちらも素晴らしい内容で、歌入り、インスト半々の14組19曲収録。何かの広告用紙?の裏面にプリントされたジャケットで、厚手のビニールカバー仕様。インサート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doc Watson, Clarence Ashley, Dock Boggs, etc. - OLD TIME MUSIC AT NEWPORT

  • ヒルビリー/オールドタイムLP
 Doc Watson, Clarence Ashley, Dock Boggs, etc.- ドク・ワトソン、クラレンス・アシュレイ、ドック・ボッグス、etc. - "OLD TIME MUSIC AT NEWPORT"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79147 / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケットシュリンク入り、ぽつぽつとしみあり、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■オールドタイムの伝説的なミュージシャンが一同に会したライブの実況盤。
63年の伝説的なニューポート・フォーク・フェスティヴァルの一枚で、はっきりいって全曲ハイライトと言える内容。クラレンス・アシュレイ、ドック・ボッグスが三曲づつで、ハウス・カーペンターやシュガー・ベイビーなど"Anthology..."に収録されたナンバーを実演、ディクソン・ブラザーズのドーシー・ディクソンのホワイト・ブルース、メイベル・カーターもソロで出演。そして直後にデビュー盤を出すドク・ワトソンは4曲、フランク・ハチソン・ナンバー等を演奏。【曲】「Doc Watson / Rambling Hobo」「Groundhog」「Little Orphan Girl」「Train That Carried My Girl From Town(試聴)」「Clarence (Tom) Ashley / House Carpenter(試聴)」「Little Sadie」「Coocoo Bird」「Jenes Cottrell / The Devil And The Farmer's Wife」「Maybelle Carter / The Storms Are On The Ocean」「Dorsey Dixon / Intoxicated Rat(試聴)」「Wreck On The Highway」「Weaveroom Blues」「Dock Boggs / Oh, Death」「Drunkard's Lone Child」「Sugar Baby」「Clarence (Tom) Ashley, Clint Howard, Fred Price, Doc Watson / The Old Account Was Settled Long Ago」「Amazing Grace」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George Tucker, Hazel Dickens, Nimrod Workman, etc. - COME ALL YOU COAL MINERS

  • フォークLP
George Tucker, Hazel Dickens, Nimrod Workman, etc.- ジョージ・タッカー、ヘイゼル・ディッケンス、ニムロッド・ワークマン、etc. - "COME ALL YOU COAL MINERS"
USA / LP / Stereo / Rounder 4005 / Rec 1972 / Pub 1973
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレット小しみ、汚れ少々、小書き込み
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■炭鉱夫をテーマにしたフォーク・ソングを録音したアルバム。
今では廃墟となったところも多いものの、多くの労働者が働きそして灰による病で沢山の人たちが亡くなったアパラチア一帯の炭鉱。自然多くの歌が生まれ歌われ続けてきました。これはフォーク・シンガーで写真家のガイ・キャラワンが企画、72年にテネシー州で開催されたアパラチアン・ミュージック・ワークショップでの演奏を録音したアルバム。4人のフォーク・シンガーが、無伴奏か即席ストリング・バンド形式で12曲歌った一枚。炭鉱夫だったフォーク・シンガーのジョージ・タッカー、オールドタイムの名女性デュオ、ヘイゼル&アリスのヘイゼル・ディッキンス、このラウンダーからソロ作もあるサラ・オーガン・ガニングなどが参加。バンドのマンドリンはラルフ・リンズラー、バンジョーはボブ・シギンズ。【曲】「George Tucker / Black Lung Blues」「Hazel Dickens / Black Lung」「Nimrod Workman / Don't You Want To Go」「Hazel Dickens / Cold Blooded Murder」「Sarah Ogan Gunning / Come All You Coal Miners」「Nimrod Workman / Both Lungs Is Broke Down」「George Tucker / 30 Inch Coal」「Sarah Ogan Gunning / Dreadful Memories」「Hazel Dickens / Clay County Miner(試聴)」「Nimrod Workman / The N&W」「Sarah Ogan Gunning / That 25¢(試聴)」「Hazel Dickens / Mannington Mine Disaster」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Kottke - CIRCLE ROUND THE SUN

  • ギター/フォークLP
 Leo Kottke- レオ・コッケ - "CIRCLE 'ROUND THE SUN"
USA / LP / Stereo / Symposium SY2001 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット円状の擦れ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■レオ・コッケの70年作。
下の『6 And 12 String Guitar』をリリースした後、その前年にだされていたライブ盤とほぼ同じ内容をスタジオ録音したアルバム。地元ミネソタのマイナー・レーベルから。今度はギター同様にインパクトのあるコッケの歌が存分に楽しめる一枚。名曲「So Cold In China」収録。2曲インストあり、それも素晴らしい。オリジナル盤。【曲】「If Mama Knew」「Furry Jane」「Sweet Louise」「Tell Me Mama」「Long Way Up The River」「Circle 'Round The Sun(試聴)」「So Cold In China」「Easter And The Sargasso Sea」「Prodigal Grave(試聴)」「Living In The Country」「Tell Me This Ain't The Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Janet Smith, Malvina Reynolds, Charleys Aunts, etc. - VIRGO RISING

  • フォークLP
 Janet Smith, Malvina Reynolds, Charley's Aunts, etc.- ジャネット・スミス、マルヴィナ・レイノルズ、チャーリーズ・アンツ、etc. - "VIRGO RISING"
USA / LP / Stereo / Thunderbird LP7037 / Rec 1973 / Pub 1973
見開きジャケット表裏擦れ少々、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■演奏陣、製作陣も全て女性で固められたフォークのオムニバス盤。ジャネット・スミス4曲収録。
アマチュアからプロまで(フォークでプロっていうのもおかしいですが)幅広く収録されていていますが、決してバラバラな感じも無く、一本筋が通ったとてもいいアルバム。目玉はタコマ・レーベルから唯一の女性のソロ作があるギタリスト、ジャネット・スミスの4曲。他、老婆のプロテスト・シンガー、マルヴィナ・レイノルズ、子供のためのフォーク・ソングで知られるナンシー・レイヴン、モーリン・タッカーの「After Hours」を思い出してしまった17歳のキット・ミラーなどなど14曲収録。やはりジャネット・スミスが断然輝いています。【曲】「Janet Smith / Freedom Ladies' March」「Malvina Reynolds / No Hole In My Head」「Charley's Aunts / Housewives Lament」「Janet Smith / Talking Want Ad」「Nancy Raven / Crazy Ruthie」「Janet Smith / New Country Rock(試聴)」「Charley's Aunts / Union Maid」「Janet Smith / Mama's Peaches」「Malvina Reynolds / No Room」「Kit Miller / There Was A Young Woman Who Swallowed A Lie(試聴)」「Charley's Aunts / Cut And Dried」「Malvina Reynolds / We Don't Need The Men」「Nancy Raven / Welfare Blues」「Charley's Aunts / Sister!」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Susan Reed - SINGS OLD AIRS

  • フォークLP
 Susan Reed- スーザン・リード - "SINGS OLD AIRS"
USA / LP / Mono / Elektra EKL126 / Rec 1957 / Pub 1961
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、下部中央小縁裂け、端々小ほころび、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少し、A1冒頭(試聴)に強めの擦れ、ポッと出ます
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■アイリッシュ・ハープ、チターで弾き語る女性フォーク・シンガー、スーザン・リード。
子供の頃、父親と、自宅によく遊びに来ていたカール・サンドバーグから歌を習ったという、まさにフォークの正統継承者といえる女性シンガー、スーザン・リード。アイリッシュ・ハープ、チターをマスター、さらに声楽と思われますがクラシックも勉強、きめ細かく美しい声で無二の弾き語りを完成させた彼女、ライヴはセンセーションを巻き起こし40年代マンハッタンのアイドルのような存在だったといいます。ハープとチター伴奏が半々で、アイルランド、スコットランド、英の民謡を親密に弾き語る18曲。オリジナルはイラスト・ジャケの57年盤で、これは61年に写真ジャケに差し替え出されたセカンド・エディション。【曲】「At The Foot Of Yonders Mountain」「The Pretty Girl Milking Her Cow」「The Leprechaun」「The Golden Vanity」「He Moved Through The Fair」「Bendmeer's Stream」「Wraggle Taggle Gypsies」「Irish Famine Song」「Come Fellow」「Seventeen Come Sunday」「The Foggy Dew」「Go Tell Aunt Rhody」「I Know My Love」「Must I Go Bound」「Peter Gray」「Wailie, Wailie」「Jennie Jenkins」「The Boreens Of Derry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kevin Roth - DULCIMER INSTRUCTION ALBUM - NEW WAYS OF PLAYING MOUNTAIN DULCIMER

  • フォークLP
 Kevin Roth- ケヴィン・ロス - "DULCIMER INSTRUCTION ALBUM - NEW WAYS OF PLAYING MOUNTAIN DULCIMER"
USA / LP / Stereo / Folkways CRB20 / Rec 1979 / Pub 1979
ボックス擦れほぼ無し、色あせわずか、レーベル二枚ともひげ無し、ディスク1極浅い擦れわずか、ディスク2のサイドA2曲目にかすかにプツ音入る小スクラッチ、ブックレット表表紙下部小汚れ、他きれい
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3800 yen
■アパラチアン・ダルシマーの改革者ケヴィン・ロスの2LPボックス・セット。
フォークウェイズを拠点に、新しいアパラチアン・ダルシマーの音楽を作ったケヴィン・ロス。これは彼ならではのダルシマーの演奏方法を詳しく紹介した二枚組ボックスセット。一枚目サイドBの中間あたりまでがインストラクション、そこからは演奏と歌で、この演奏が絶品。チューニング、演奏方法から、ダルシマーの作り方、貴重なダルシマーの写真集、ダルシマー推薦盤リスト等も含む47ページの徹底したブックレット付。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Richard Dyer-Bennet - BEETHOVEN SCOTTISH AND IRISH SONGS

  • フォークLP
Richard Dyer-Bennet- リチャード・ダイアー・ベネット - "BEETHOVEN SCOTTISH AND IRISH SONGS"
USA / LP / Stereo / Dyer Bennet DYB7 / Rec 1958 / Pub 1958
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、歌詞カードきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ベートーベン作のスコットランド/アイルランド歌曲を歌ったアルバム。
古いものでは17世紀バロックの頃から歌い継がれているメロディを、中性的で気品に溢れたヴォーカル、柔らかく澄んだ音色のギターで、40年代から一人でプレイした孤高の吟遊楽人リチャード・ダイアー・ベネット。本当の意味での"フォーク"と言え、弾き語りというジャンルがもしあればクラシックとも言えます。イギリスに生まれアメリカに渡り、自分のレコードをリリースするためにレーベルを設立、ワン&オンリーのスタイルで地道にレコードをリリースしました。これはベートーベン作の、スコットランドもしくはアイルランドの歌を12曲歌った58年のアルバム。いつもとは違い、ピアノ、バイオリン、チェロの伴奏。彼の自主レーベルからの一枚。歌詞カード付き。【曲】「Faithfu' Johnie」「On The Massacre Of Glencoe(試聴)」「Bonnie Laddie, Highland Laddie(試聴)」「Sunset」「The Lovely Lass Of Inverness」「The Pulse Of An Irishman」「Once More I Hail Thee」「Morning A Cruel Turmoiler Is」「The Morning Air Plays On My Face」「The Return To Ulster」「Oh, Who My Dear Dermot」「Again My Lyre」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ewan MacColl - SONGS OF TWO REBELLIONS : THE JACOBITE WARS OF 1715 AND 1745 IN SCOTLAND

  • フォークLP
 Ewan MacColl- イーワン・マッコール - "SONGS OF TWO REBELLIONS : THE JACOBITE WARS OF 1715 AND 1745 IN SCOTLAND"
USA / LP / Mono / Folkways FW8756 / Rec 1961 / Pub 1968
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■フォーク・シンガー、イーワン・マッコールの61年のアルバム。
イギリスのフォーク・シンガーで作曲家、詩人、劇作家のイーワン・マッコール。妻はイギリスに渡った米の女性フォーク・シンガー、ペギー・シーガー。これは、17世紀にオランダにより王位を追われたイングランド王ジェームス2世の復権を目指した、ジャコバイトと言われる勢力の2度の蜂起をテーマにした歴史的な歌を収録したアルバム。伴奏はペギー・シーガーで、バンジョーかギター、もしくはマンドリン。オリジナルは61年、これは68年の盤。インサート欠品。【曲】「Ye Jacobites By Name」「Such A Parcel Of Rogues In A Nation」「Will Ye Go To Sheriffmuir」「Wae's Me For Prince Charlie(試聴)」「Charlie He's My Darling」「The Haughs Of Cromdale」「The Bonnie Moorhen(試聴)」「Johnnie Cope」「Cam Ye O'er Frae France」「There's Three Brave, Loyal Fellows」「This Is No My Ain House」「The Piper O' Dundee」「Donald MacGillavry」「Will Ye No Come Back Again」「The Wee Wee German Lairdie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.