(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: ethnic)

Kategaru Rinsho - JO

  • 沖縄の音楽LP
 Kategaru Rinsho- 嘉手苅林昌 - "JO"
Japan / LP / Stereo / Columbia CD5107-A / Rec 1974 / Pub 1975
ジャケット擦れ、しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、小ノイズ(気になりません)、インサート色あせ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  4500 yen
■"嘉手苅林昌の世界"の3枚目。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)竹中労プロデュースのもと、74年10月にコザの料亭の座敷で録音された"嘉手苅林昌の世界"の3枚目。ぽつぽつと弾かれる三線に、暖かくも厳しい、島の守り神のような声が響き渡る一枚。知名定男、崎山千栄子、普久原恒勇ほか参加。帯無し、インサート付き。【曲】「下千鳥(試聴)」「西武門節」「情の唄」「片想い」「時代の流れ」「軍人節~熊本節」「流り船」「ナークニー~ハンタ原(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of Korea - KANKOKU NO DENTO ONGAKU - KIGAKU GASSO HEN

  • 民俗音楽/韓国LP
 Musicians Of Korea- 韓国のミュージシャン - "KANKOKU NO DENTO ONGAKU - KIGAKU GASSO HEN"
Japan / LP / Stereo / King K20C5118 / Rec 1982 / Pub 1982
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、インサートしみ少々、帯きれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■韓国の伝統的な合奏を収録した一枚。
キング・レコードの"民族音楽ライブラリー"シリーズから、韓国の伝統音楽を収録した一枚。これは伝統楽器による合奏集で、まず最初は最古の宮廷音楽(雅楽)で、最も有名な「寿斉天」をA面フルに収録。続いて民衆のシャーマニズムから生まれた、息をのむ即興アンサンブル曲「シナウィ(試聴)」。グニャグニャとした韓国ならではのビブラート、強いアタックの演奏が延々楽しめる、ぜひ盤をならして聞いてほしい最高の一曲。ラストは王様の行列のために演奏されるという大吹打という音楽で、「武寧之曲(試聴)」。このシリーズの韓国ものの中ではハイライトと言えるのではないでしょうか。音もムチャクチャいい。帯、インサート付き。※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

E.T. Mensah - ALL FOR YOU

  • ガーナの音楽LP
 E.T. Mensah- E.T.メンサー - "ALL FOR YOU"
U.K. / LP / Mono / Retroafric Retro1 / Rec 1950s / Pub 1986
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■キング・オブ・ハイライフ、ETメンサーの初期音源集。
西アフリカで初めてポピュラー音楽が生まれたガーナのダンス・ミュージック、ハイライフ。ETメンサーはこのハイライフの立役者で、40年代から自身のグループ、テンポスを率いて活躍した、キング・オブ・ハイライフの異名を持つマルチ・ミュージシャン&バンド・リーダー。50年代のSP盤をまとめた英レトロアフリクの編集盤。ジャズ、ソン、カリプソ等を程よく混ぜた温かみのあるバンドに、おなじくゆるく天国的な歌が入る夢のようなナンバーの数々。【曲】「All For You(試聴)」「Nkebo Baaya」「Wiadzi」「Munsuro」「Nkatie」「Odofo」「Agriculture」「Sunday Mirror」「Inflation Calypso(試聴)」「John B. Calypso」「St. Peter's Calypso」「Donkey Calypso」「Tea Samba」「Fom Fom」「Asembon Tie M'Ansem」「Essie Nana」「Don't Mind Your Wife」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Warren Storm, T.K. Hulin, Johnnie Allan, etc. - GOLDEN SOZEN VOLUME FOUR

  • スワンプ・ポップ/ケイジャンLP
 Warren Storm, T.K. Hulin, Johnnie Allan, etc.- ウォーレン・ストーム、TKヒューリン、ジョニー・アラン、etc. - "GOLDEN SOZEN VOLUME FOUR"
USA / LP / Stereo / Jin LP9020 / Rec 1970s / Pub 1979
ジャケット擦れ少々、表面とレーベルに書き込み、ひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ケイジャン名門ジン・レコードのウルトラ濃密なオムニバス盤。
ルイジアナのケイジャン、スワンプ・ポップの宝庫ジン・レコードの編集盤で、ジンのみならず系列のショータイム、CFH、メゾン・ド・ソウル等のレーベルのものも織り交ぜた全12曲。王道ムードは壊さずも意外なメロディがほんとにいい新鮮なバラードの御大ジョニー・アラン、スウィート・ソウル・テックス・メックスというようなTKヒューリン、いつもと雰囲気のまるで違うケイジャン・マン、ヴァン・ブロサードのスワンプ・ポップ・バラード、女性ソウル・シンガー、アーマ・トーマスの明るくファンキーな「Breakaway」カバー、ティーン・ポップにライトなブルース・ギターを入れたこれまた新鮮なトミー・マクレーン、黄金期を過ぎたクラレンス・フロッグマン・ヘンリーのリラックスした笑い泣きのバラードなどなど、ほんとこのレーベルでしか、このシリーズでしか楽しめないような最高のナンバー揃い。カンパニー・スリーブだけでも欲しくなる。【曲】「Warren Storm / My House Of Memories」「T.K. Hulin / I'll Still Be Your Friend」「Tommy McLain / Sometimes I Talk In My Sleep」「Warren Storm / Don't Tell Me You're Sorry」「T.K. Hulin / How Far To The End」「Johnnie Allan / Somewhere On Skid Row(試聴)」「Van Broussard / Feed The Flame」「Irma Thomas / Breakaway(試聴)」「Clarence "Frogman" Henry / T'ain't It The Truth」「Tommy McLain / Try To Find Another Man」「Johnnie Allan / It Must Be Love」「Clint West / Dark Eyed Cajun Woman」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sam Manning, Wilmoth Houdini - BARBADOS BLUES

  • カリプソLP
 Sam Manning, Wilmoth Houdini- サム・マニング、ウィルマス・フーディニ - "BARBADOS BLUES"
USA / LP / Mono / Collectors Items 015 / Rec 2,30s / Pub 1984
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■NYで活躍した戦前カリプソニアン、マニングとフーディニを収録した一枚。
戦前20年代NYでカリプソを広めた伝道師サム・マニングと、よりオーセンテイックなカリプソを紹介したフーディニの二人のSP音源を編集した珍しい一枚。マニングはヴォードビルテイストと、カリプソとストリング・バンドをまぜたようなサウンドを作り、カリプソをアメリカで一般的に広めた大功労者。26,27年録音のOKEH盤から8曲を表面に。マニングに数年遅れてNY入りしたベテラン・カリプソソニアン、フーディニはジェラルド・クラーク率いるナイト・オウルズをバックに数多くの吹き込みを行い、カリプソの黄金時代を築きました。31年NY録音の音源を8曲収録、いわゆるド・カリプソではなくて、ジャズとカリプソをミックスしたようなサウンドになっているのがこれまたミソ。エメット・ミラーみたいにも聞こえてきます。どこから聞いても最高。【曲】「Sam Manning / Sweet Mama Ring-Ding-Ding」「Barbados Blues」「Keep Your Hands Off That(試聴)」「Go, I Got Someone Sweeter Than You」「Bongo」「Pepper Pot」「Lignum Vitae」「Emily」「Wilmoth Houdini / No Mo Bench And Board」「Sweet Papa Willie(試聴)」「Honey I'm Bound To Go」「The Cooks In Trinidad」「Arima Tonight」「Black But Sweet」「I Need A Man」「Stop Coming And Come」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lecuona Cuban Boys - LECUONA CUBAN BOYS

  • ラテンLP
Lecuona Cuban Boys- レクオナ・キューバン・ボーイズ - "LECUONA CUBAN BOYS"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2074 / Rec mid1930s / Pub 1989
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■黄金のルンバ・エイジを代表するルンバ楽団、レクオナ・キューバン・ボーイズ。
30年代中期からの音源を中心に編集された、ルンバの黄金時代をたっぷりと味わえる一枚。「Malaguena」「The Breeze And I」などの作曲で知られるアーネスト・レクオナが当初率いていた楽団。アメリカンなスウィート・ダンス・バンドにラテン・リズムを足したと言うのが分かりやすいですが、はっきり言ってそれ以上の魅力をもったサウンド。今ではあまり聞かれないものの当時かなり流行していたコンガ(楽器ではなく)のリズム、ラテン系の哀愁のメロディー、卓越した演奏どこをとっても素晴しい。世界中の戦前ジャズをリイシューしていた英ハーレクインから。【曲】「La Conga De La Habana」「Negra Merse(試聴)」「Adios Mi AMor」「Les Yeux Noires」「Rumbah-Tambah」「Sin Ti」「Fuiste Tu」「La Conga De Jaruco」「La Conga Se Va(試聴)」「La Sitiera」「La Conga Blicoti」「Se Fue」「Rumbantona」「Ay! Mama Ines!」「Maryval」「Invocando A Chango」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Barack Omondi, Jimmy Amukamua, Wilson Labso, etc. - AFRICAN ACOUSTIC VOL. 2 - KENYA DRY ... TOWN & COUNTRY GUITAR 1950-1965

  • ケニアの音楽LP
Barack Omondi, Jimmy Amukamua, Wilson Labso, etc.- バラク・オモンディ、ジミー・アムカムア、ウィルソン・ラブソ、etc. - "AFRICAN ACOUSTIC VOL. 2 - KENYA DRY ... TOWN & COUNTRY GUITAR 1950-1965 "
USA / LP / Mono / Original Music OMA110 / Rec 1960s / Pub 1988
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 4  4980 yen
■ジョン・ストーム・ロバーツによるケニアのギター音楽(ドライ)集。
ケニアの様々な地域のギターを中心とした音楽を集めた一枚。‘Dry’というのがつまりギター音楽の事で、ここでは田舎と都会という両地域から音源が編集されています。言語も決してスワヒリ語だけではなく、表面にはスワヒリ以外の言語の地域のナンバーを収めています。各曲に詳しい解説が裏に出ていますので、非常に文献的価値もある一枚になっています。A1、Barak Omondi & Party「Mary Languages」明るい調子のワン・コードのフィンガー・ピッキング・ギターにオーガニックな打楽器とボーカルがのるナンバー。ギターは若干ですがスラッキー・ギターの雰囲気。すでに素晴らしい…。A2.jimmy Amukamua「Khukhava Minyinzi」はアップテンポのナンバーで、こちらもハイポジションで早いシーケンサーのようなフレーズを反復するループした音楽のようなギター伴奏に2声のハーモニー・ボーカルがのります。(dirty Projectersとかに近い感覚)、A3.wilson Labso & Party「Kigyokte」これもワン・コードのフィンガー・ピッキングのリフに打楽器が入るナンバー。アメリカのいわゆるギター・リック風なフレーズを永遠に反復!a4.john Oriem & Brothers。ここに来てはじめてコード・カッテイングが出ました。しかもバンジョーだそうです。のりは4ビートのジャイブで、これは非常に珍しいナンバー。ボーカルもアメリカのコーラス・グループのよう。A5、Peter Kimuri & Patrick Toy Rodger「Kirinyaga」、A6.elijah Ishmael「Jumbee Nipeleke Kwetu」は男女の混成ボーカルでソプラノ・サックスなども入りカリブ海の雰囲気、A7humpty Eshitool「Jirani Na Waganga」ファンタの瓶も代表的な打楽器、これはそしてサブ・トーンのクラリネットの演奏もスゴイです。A8、これはかなりニューオリンズ・ジャズとかを彷彿させる演奏ですが、エレキ、クラリネット、打楽器などのバンド編成の演奏。こりゃスゴイ!裏面ではスワヒリ語圏の町の音楽をまとめたサイド。ほとんどカントリー・ブルースのような最高なWayo Trio With Fundi Konde「Sitakweda Tena Dar Es Salaam」、60年代のナイロビのコーラススタイルの典型が聞けるというJoseph Ndalo & Danielの「Nikuelezeje?」、そしてコンゴから流入したキューバのSpからの影響が伺えるというラテンに影響されたDaniel Katugaの「Ewe Nyota Zuhura」、これはもろにキューバの影響だというNairobi City Five「Wekundu Si Hoja Lily」等等収録です。素晴らしいアフリカン・ギター・ミュージック。やはり全ての音楽の源がここにあるのでしょうか。いずれにせよ素晴らしい。試聴はB1、B2で、W. John Ondolo「Tumshukuru Mungu」、Wiliamu Osale「Usimalize Mali」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ombiza Charles, Orchestra Ok Jazz, etc - THE SOUND OF KINSHASA GUITAR CLASSICS FROM ZAIRE

  • ザイール(コンゴ)の音楽LP
Ombiza Charles, Orchestra Ok Jazz, etc- オムビザ・チャールズ、オーケストラ・オーケー・ジャズ、etc. - "THE SOUND OF KINSHASA GUITAR CLASSICS FROM ZAIRE"
USA / LP / Mono / Original Music OMA102 / Rec early60s / Pub early1980s
ジャケット擦れわずか、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ジョン・ストーム・ロバーツによるザイール(コンゴ)のギター音楽集。
アフリカの赤道のほぼ中心に位置するコンゴ。ロバーツによれば、キューバのソン等の78回転盤から影響を受けてそれを元々あった民族音楽と融合させながらスタイルを再構築していったよう。その長い年月での西洋との音楽のピンポンが余計に面白いキャラクターを作り出しているとの事。当然中味は説明なしでも相当に面白い。ザイール・ギターから、マルチニークのビギンから影響を受けた曲等等、これは民族音楽でなくて、ザイールのポップ・ミュージックですね!!!トレモロのエレキがいいアフロ・キューバンなオーケストラ・アフリカン・ジャズ、催眠的なギターに、全くジャズじゃないサックスがいいケイルWオーケストラ等等、いわゆる全部が全部モダンになる前のいい塩梅でアフリカと西洋が混ざった時期の音源。一曲だけこのジャンルのパイオニア、ヒュー・トレイシーの録音曲あり。【曲】「Ombiza Charles / Masida Ngalina」「Orch. A.H. Depalo / Etoile Des Neiges」「Nino With Orch. Rockamambo / Mickey Me Queiro」「Orch. African Jazz / Mokozi Ya Mboka(試聴)」「Franco With Orch. OK Jazz / Bomboko Awuti Na New York」「Kale With Orch. OK Jazz / Tika Nedeka No Te」「Rochereau With Orch. African Fiesta / Madina」「Mujos With Orch. OK Jazz / Finga Mama Munu」「Ngwalau Michel With Orch. African Fiesta / Limbisa Ngai」「Jojo With Orch. OK Jazz / Komokosaka Te Na Basi」「Depiano With Orch. Beguen Band / Christina」「Dr. Nico With Orch. African Fiesta / Kiri Kiri Mabina Ya Sika(試聴)」「Orch. Empire Des Bakuba / Ya Yongo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Talip Ozkan - TURQUIE

  • トルコの音楽LP
 Talip Ozkan- タリップ・オズカン - "TURQUIE"
France / LP / Stereo / Ocora 558561 / Rec 1980 / Pub 1983
コーティングの見開きジャケット擦れほぼ無し、内側しみわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■サズ/タンブール奏者/作曲家タリップ・オズカンのオコラからのアルバム。
爆音もしくはヘッドフォン推奨。トルコのレオ・コッケ、と言ったら双方に怒られそうですが、聞けば聞くほど快感がソックリ。特にアルバム最長の一曲目(試聴)、長い長いリズム無しのイントロからテンポが生まれ畳みかけるところなんかは一人で踊りたくなるようなカッコよさ。ゾワーときます。そしてタメを生む足踏みが雄弁。一曲だけアメリカチックな、いやイギリス風か、故郷を離れた曲が入ってますが(これもほんとコッケ風)、あとは響きはほぼ同じ。とは言っても、思ってもみなかった奏法など、発明と言えるような響かせる工夫があったりします。トルコ生まれでパリに渡りかなりアカデミックな教育を受け、トルコ音楽に根差した創作を続けたサズ/タンブール奏者/作曲家タリップ・オズカンのオコラからのアルバム。※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lydia Mendoza - LA GLORIA DE TEXAS

  • テックス・メックス/テハノLP
 Lydia Mendoza- リディア・メンドーサ - "LA GLORIA DE TEXAS"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 3012 / Rec 1979 / Pub 1980
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■全曲弾き語りの80年のオリジナル・アルバム。
ちょっと聞くと単純に聞こえますが実際かなりのテクを要する豪快な12弦ギターと、太陽のようなまぶしい歌で、日常の生活の中のパーソネルな愛や絶望を歌ったテックス・メックス史上最高の女性シンガー、リディア・メンドーサ。これはアーフーリーのクリス・ストラフィッツがサン・アントニオに赴きナグラのテープレコーダー一台で録音した、全曲ギター弾き語りの80年のフル・アルバム。英訳の歌詞カード付き。ライナーでクリスも言っていますが、本当に嘘が無いというのか、歌が彼女の中で生きているのが感動的。ぜひ歌詞を見ながら聞いてください。【曲】「No Es Culpa Mia(試聴)」「Mi Problema」「Mujer Paseada」「Amor Bonita」「Collar De Perlas」「Luis Paulido」「Aunque Venga Muy Borracho」「Malaguena Salerosa」「Ojitos Verdes」「Besando La Cruz」「Hace Un Ano」「Tango Negro(試聴)」「Silverio Perez」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Shalawambe, Amayenge, Lima Jazz Band, etc. - ZAMBIA!

  • ザンビアの音楽LP
Shalawambe, Amayenge, Lima Jazz Band, etc.- シャラワンビ、アマイェンジ、リマ・ジャズ・バンド、etc. - "ZAMBIA!"
U.K. / LP / Stereo / Mondeca MON001 / Rec 1980s / Pub 1989
ジャケットしみ、擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ザンビアの"ザム・ルンバ"グループを収録したオムニバス盤。
コンゴ(旧ザイール)の南に位置する、アフリカ南部の国ザンビア。コンゴのルンバに深く影響を受け、80年代には"ザム・ルンバ"と言われる独自のスタイルが花開き多くのバンドが誕生。これはその音楽の代表的な10グループの10曲を収録したオムニバス盤。どのグループも、涼しくて軽妙に弾む演奏、愛らしいメロディ、流れるような気持ちいいナンバーが続く一枚。英モンデカ・レコードから。【曲】「Shalawambe / Chingolongolo」「Amayenge / Kuchibombo」「Teddy Chilambe / Mwilalila」「Alfred Chisala Kalusha / Bonse Niba Wiso」「Nashil Pichen Kazembe / Apongozi Amasiku Ano」「Masasu Band / Makubi」「Peter Kalumba Chisala / Sunge Ilyashi(試聴)」「Julizya / Mama Ye Sungwe」「Fire Family / Chisale」「Lima Jazz Band / Kapele(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chelo Silva, Lydia Mendoza And Hermanas Mendoza - LAS TRES GRANDES VOL.2

  • テハノ/テックス・メックスLP
 Chelo Silva, Lydia Mendoza And Hermanas Mendoza- シェロ・シルバ、リディア・メンドーサ&エルマナス・メンドーサ - "LAS TRES GRANDES VOL.2"
USA / LP / Stereo / Buena Vida 317 / Rec 1960s / Pub 1960s
ジャケット擦れ少々、しみ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■この三組の名唱を収録した一枚。
30年代から活躍した、メキシカン・ボレーロを歌うシェロ・シルバ、そしてリディア・メンドーサ、リディアと姉妹たちによるエルマナス・メンドーサのいい歌をたっぷり楽しめる女性シンガーたち三組のオムニバス盤。サックス、アコーディオン、ギターにリズムのボレーロ・コンボをバックに豊かな抑揚がついた歌を聞かせるシェロ・シルバ(3曲)、太陽のような輝くハーモニーのメンドーサ姉妹、そして珍しくボレーロ調のしんみりした歌も歌うリディアの全10曲。ブエナ・ヴァイダという、テハノ系を専門に出していた西海岸の小レーベルの一枚。【曲】「Quiereme Vidita(試聴)」「Quiero Que Vuelvas」「Sigamonos Amando」「Las Isabeles」「Adelaida」「Has Lo Que Quieras」「Maria Mariquita(試聴)」「Mis Pensamientos」「Un Soldado Bien Tronado」「Mi Novio Es Hippi」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2020年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.