(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: e)

Ensemble Arte Da Camera - FRANCAIX - MILHAUD

  • クラシックLP
 Ensemble Arte Da Camera- アンサンブル・アルテ・ダ・カメラ - "FRANCAIX - MILHAUD"
France / LP / Stereo / Cybelia CY648 / Rec 1980s / Pub 1980s
見開きコーティング・ジャケット擦れわずか、コート材のはがれ少々、内側しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ジャン・フランセ、ダリウス・ミヨーのクラリネット室内楽を収録した一枚。
6歳で作曲を始め、少年の頃で既にラヴェルも認めるような作曲家であり、またピアニストとしても超一流だったジャン・フランセ(1912-1997)の、4楽章からなる『クラリネットと弦楽四重奏のための五重奏曲』(1933年)と、フランス6人組の一人で、第一次世界大戦後のフランス音楽界で最重要作曲家の一人となり、バカラック、デイヴ・ブルーベックも教えたダリウス・ミヨー(1892-1974)の4楽章からなる『クラリネット、バイオリンとピアノのための組曲』。80年代フランスの一線の演奏家達によるグループ。フランス現代音楽のシベリア・レコードからの一枚。試聴はそれぞれ第一楽章冒頭。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ethel Waters - ON THE AIR

  • ジャズLP
 Ethel Waters- エセル・ウォーターズ - "ON THE AIR"
USA / LP / Mono / Totem 1041 / Rec 1933 to 1951 / Pub 1984
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・ボーカルのパイオニア、エセル・ウォーターズのレア・ラジオ音源集。
ジャズ・ボーカルの条件、洗練とブルース・フィーリングを最初に打ち出した女性シンガー。ビリー・ホリデイも影響を公言しています。これは33年から51年までのラジオ放送音源を収録したアルバム。いきいきとスウィングするナンバーから親密で退廃的なナンバーまで全13曲収録。ルース・エッティングなど古いジャズ・シンガーの編集盤が多いトーテム・レコードからの一枚。【曲】「Taking Your Time」「Darkies Never Dream」「Them Green Pastures」「There'll Be Some Changes Made」「Stormy Weather」「A Woman Without A Man」「Dinah」「St. Louis Blues」「Smoke Gets In Your Eyes」「Summertime」「Can't Help Lovin' Dat Man」「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」「Happiness Is A Thing Called Joe」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eva Davis, Roba Stanley, Louisiana Lou, etc. - BANJO PICKIN GIRL

  • ヒルビリーLP
 Eva Davis, Roba Stanley, Louisiana Lou, etc.- エヴァ・デイヴィス、ロバ・スタンレー、ルイジアナ・ルー、etc. - "BANJO PICKIN' GIRL"
USA / LP / Mono / Rounder 1029 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼなし
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■女性ヒルビリー・シンガー/ミュージシャンを集めたワン&オンリーの編集盤。
"John Hardy "を多分一番最初に録音したラッパ録音時代のエヴァ・デイヴィス、やはりヒルビリー・シンガーの最も初期の女性ロバ・スタンレー、フィドリン・ジョン・カーソンの娘ムーンシャイン・ケイト、滑らかなハーモニーを聞かせる姉妹デュオのガールズ・オブ・ザ・ゴールデン・ウエスト、ルビア・ブレヴィンズと名乗っていた頃のパッツィ・モンタナなどなど10組16曲収録。【曲】「Eva Davis And Samantha Bumgarner / Big Eyed Rabbit」「Roba Stanley / Single Life」「All Night Long」「Louisiana Lou / Export Gal」「Banjo On My Knees」「Billie Maxwell / Cowboy's Wife」「Blue Ridge Mountain Singers / I Wish I Had Never Met You」「Christine Leroy」「Moonshine Kate / The Poor Girl's Story」「Last Gold Dollar」「Rubeye Blevins / Montana Plains」「Waltz Of The Hills」「Girls Of The Golden West / Bucking Broncho」「Coon Creek Girls / Sowing On The Mountain」「Banjo Pickin' Girl」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ernest Tubb - HONKY TONK CLASSICS

  • カントリーLP
 Ernest Tubb- アーネスト・タブ - "HONKY TONK CLASSICS"
USA / LP / Mono / Rounder SS14 / Rec 1940s / Pub 1982
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し、プツ音出る小スクラッチ一本
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カントリー・シンガー、アーネスト・タブの初期編集盤。
エルヴィスが天下を取る前のカントリー界のカリスマの一人、アーネスト・タブ。大ヒット「Walking the Floor Over You」やそのエルヴィスもカヴァーした「Blue Christmas」などが知られるホンキー・トンク・カントリーのキング。このジャンルでエレキ・ギターを最も早くから入れた人でもあり。これは40年代最初の5年間の音源を中心にて編まれたラウンダー編集盤。バンドものもなかなかいい、しかし聞きどころはジミー・ショートのエレキのサポートが入った二人での録音のナンバーの数々。【曲】「Blue Eyed Elaine(試聴)」「I Ain't Going Honky Tonkin' Anymore」「Try Me One More Time」「You Nearly Lose Your Mind(試聴)」「Answer To Walking The Floor Over You」「There's Gonna Be Some Changes Made」「Filipino Baby」「That Wild And Wicked Look In Your Eye」「Letters Have No Arms」「You Don't Have To Be A Baby To Cry」「I Need Attention Bad」「Jealous Loving Heart」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eartha Kitt - SHO-JO-JI cw MY HEART BELONGS TO DADDY

  • 女性ボーカル78rpm
 Eartha Kitt- アーサ・キット - "SHO-JO-JI cw MY HEART BELONGS TO DADDY"
USA / 78rpm / Mono / RCA Victor S214 / Rec early50s / Pub early50s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、プツ音出るスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2480 yen
■「しょじょじ」の日本盤SP。米盤とはカップリング違い。
「しょじょじの狸ばやし」をなまった英語で素っ頓狂に歌い、トルコのメロディーをベースに作った「ウスカダラ」でエキゾ・ボーカルの女王となったシンガー、そしてTVドラマ『BATMAN』でのキャット・ウーマン等での女優活動も知られるアーサ・キット。これはその「しょじょじ」の日本盤SP。裏面は物憂げなジャズ曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eartha Kitt - USKA DARA - A TURKISH TALE cw SOMEBODY BAD STOLE DE WEDDING BELL

  • 女性ボーカル78rpm
 Eartha Kitt- アーサ・キット - "USKA DARA - A TURKISH TALE cw SOMEBODY BAD STOLE DE WEDDING BELL"
USA / 78rpm / Mono / RCA Victor S107 / Rec 1953 / Pub early50s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、プツ音でるスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■アーサ・キットの代表作「ウスカダラ」の日本盤SP。米盤とはカップリング違い。
「しょじょじの狸ばやし」をなまった英語で素っ頓狂に歌い、トルコのメロディーをベースに作った「ウスカダラ」でエキゾ・ボーカルの女王となったシンガー、そしてTVドラマ『BATMAN』でのキャット・ウーマン等での女優活動も知られるアーサ・キット。これが江利チエミや雪村いづみもカバーしたその代表作「ウスカダラ」。トルコ語の歌とアラビアン・アメリカンのバッキングで大ヒットとなりました。裏面は米盤とは違い、可愛らしいカリプソ・ソング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Earl Hooker - THERES A FUNGUS AMONG US

  • ブルースLP
 Earl Hooker- アール・フッカー - "THERE'S A FUNGUS AMONG US"
U.K. / LP / Stereo / Red Lightnin RL009 / Rec 1967 / Pub 1972
ジャケット表裏擦れわずか、裏面日本語の書き込み、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■シカゴ・ブルース界ナンバーワンのスライド・ギタリスト、アール・フッカー。
67年、ウィスコンシン州のマイナー・レーベル、クーカ(フェンダーメン「Mule Skinner Blues」が有名)からリリースされたメガレア・アルバムのUK盤リイシュー、72年。オルガンを入れたタイトなファンク・ビート、前進力のあるシャッフル・ビートをバックに延々と弾きまくるエレキ・ブルース・ギター天国。全12曲すべてインスト。ジャケット・アートワークはロバート・クラム。【曲】「Two Bugs In A Rug(試聴)」「Hold On... I'm Coming」「Off The Hook」「Dust My Broom(試聴)」「Hot And Heavy」「The Screwdriver(試聴)」「Bertha」「The Foxtrot」「End Of The Blues」「Walking The Floor」「Hooker Special」「Something You Ate」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Elvis Carden, David Hiser, Roy Duke, etc. - HONKIN BILLY

  • カントリー/ロカビリーLP
 Elvis Carden, David Hiser, Roy Duke, etc.- エルヴィス・カーデン、デヴィッド・ハイザー、ロイ・デューク、etc. - "HONKIN' BILLY"
Belgium / LP / Mono / Honkin Billy HLP5552 / Rec 1960s / Pub ?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■埃まみれの熱い60年代ロッキン・カントリー集。
調べたところ多分この盤しか出していないベルギーのホンキン・ビリーというレーベルの一枚。まさしくタイトル通り、埃まみれの熱いロッキン・カントリー集。今でも現役のカントリー・シンガー、エルヴィス・カーデンのデビュー作(68年)に始まり、ナッシュヴィルのギタリスト、フィル・ボー(この試聴一曲目も収録)まで14組14曲収録。こういう編集盤にしては珍しく60年代のものが多い一枚。オリジナルのシングルをそのまま録音したような豪快な音質も◎。【曲】「Elvis Carden & Flint River Boys / Viet Nam Blues(試聴)」「David Hiser / On Strike」「Roy Duke / Be-Have, Be-Quiet Or Begone」「Freddy Countryman / Cocaine Blues」「Roy Cary & Rocky Mountain Ramblers / Roll On Buddy」「Ivan Bunker / Mule Skinner Blues」「Danny Ross / Boogie On The Flattop(試聴)」「Roger White / Somebody's Stealing My Baby」「Earl Fips / Be-Bop Blues」「Jim Coffey 3rd. / Breakin' Rock」「Leo Gosnell & Smokey Mountain Drifters / Juke Point Honey」「Ramblers / Buzzin' Bee」「Vern Stovall & Phil Baugh / Country Guitar」「Phil Baugh / Chattanooga」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Edna Johnson, Louise Ross, Sadie James, etc. - FEMALE COUNTRY BLUES 1924-1930

  • ブルースLP
 Edna Johnson, Louise Ross, Sadie James, etc.- エドナ・ジョンソン、ルイーズ・ロス、セイディ・ジェームス、etc. - "FEMALE COUNTRY BLUES 1924-1930"
Austria / LP / Mono / Wolf WSE141 / Rec 1924 to 1930 / Pub ?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2480 yen
■6人の女性カントリー・ブルース・シンガーを収録したアルバム。
ラッパ録音の24年にこのアルバムに収録された二曲だけを残したエドナ・ジョンソン、同じく一枚だけの謎のシンガー、ルイーズ・ロス、誰か不明ながらギター伴奏もいいメンフィスのジェニー・ポープなどなど、ほとんど素性もわかっていない6人の20曲を収録。【曲】「Edna Johnson / I'm Drifting From You Blues」「A Woman Gets Tired Of A Man All The Time」「Louise Ross / No Home Blues」「Can't Fool Me Blues」「Sadie James / Mamma, Fold Your Hands」「What Makes A Bow-Legged Woman Crazy 'Bout Her Knock-Kneed Man?」「Coletha Simpson / Riverside Blues」「Black Man Blues(試聴)」「Down South Blues」「Lonesome Lonesome Blues」「Lizzie Washington / Working Man Blues」「Fall Or Summer Blues」「Mexico Blues」「Sport Model Mamma Blues」「Daddy Threw Me The Blues」「Katherine Baker / My Man Left Me Blues」「I Helped You, Sick Man, When You Were Sick And Down」「Wild Woman Blues」「Daddy Sunshine Blues(試聴)」「Jenny Pope / Rent Man Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddy Arnold - WANDERIN WITH EDDY ARNOLD

  • カントリーLP
Eddy Arnold- エディ・アーノルド - "WANDERIN' WITH EDDY ARNOLD"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPM1111 / Rec 1955 / Pub 1955
ジャケット擦れ少々、下部取り出し口縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■55年のアルバム。
30年代中期には既にラジオ・デビュー、数年後にメンフィスでは知らぬもののいない存在となったカントリー・シンガー、エディ・アーノルド。44年にRCAと契約、パーカー大佐(後のエルヴィスのマネージャー)とともに戦後~50年代のスターとなり、ナッシュヴィル・カントリーの基礎を築きました。これは55年のアルバム。カントリー・クラシック、ポピュラー・ソングをストリングスやコーラスを交えてポップに聞かせるアルバム。【曲】「Wanderin'(試聴)」「The Rovin' Gambler(試聴)」「The Lonesome Road」「Down In The Valley」「Barbara Allen」「On Top Of Old Smoky」「I Gave My Love A Cherry」「The Wayfaring Stranger」「Across The Wide Missouri」「Careless Love」「Red River Valley」「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」「Sweet Betsy From Pike」「Home On The Range」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Emma Kirkby(Sop), Anthony Rooley(Lute) - THE LADY MUSICK

  • クラシックLP
 Emma Kirkby(Sop), Anthony Rooley(Lute)- エマ・カークビー(ソプラノ)、アントニー・ルーリー(リュート) - "THE LADY MUSICK"
U.K. / LP / Stereo / LOiseau-Lyre DSLO559 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■イギリスのソプラノ歌手エマ・カークビーが、リュート伴奏の歌曲を静かに唄った一枚。
古楽の世界を代表するイギリスのソプラノ歌手、エマ・カークビーが、ジョン・ダウランド(1563-1626)、フランシス・ピルキントン(1565-1638)、トマス・キャンピオン(1567-1620)など、イギリス圏のルネサンス時代の作曲家のリュート伴奏歌曲を歌った一枚。全編試聴のようなさみしく澄んだナンバーが並ぶ内容。リュート伴奏は、彼女と古楽グループ、コンソート・オブ・ミュージックを結成したアントニー・ルーリー。歌詞と英仏二か国語の解説インサート。【曲】「Where Grypinge Griefs」「Come Let Us Sound」「In This Trembling Shadow(試聴)」「Like As The Lute Delights」「I Saw My Lady Weepe」「Rest Sweet Nimphs」「When To Her Lute」「Musick Deare Sollace」「I Saw My Ladye Weeping(試聴)」「If In This Flesh」「Come All Ye」「Sweete Birdes Deprive Us Never」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Lang, Carl Kress, Nick Lucas, etc - PIONEERS OF JAZZ GUITAR

  • ジャズ・ギターCDetc
 Eddie Lang, Carl Kress, Nick Lucas, etc- エディ・ラング、カール・クレス、ニック・ルーカス、etc. - "PIONEERS OF JAZZ GUITAR"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 1057 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1992
ケース、インサート、盤面ともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■戦前ジャズ・ギター集の決定盤。
エディ・ラング、カール・クレス、ロニー・ジョンソン、ディック・マクドノウ、ニック・ルーカスEtc..といった戦前ジャズ・ギターのパイオニア達の音源を選りすぐった14曲を収めたヤズーの編集盤CD。ライナーはジョン・ミラー、ウッディ・マン、スティーヴ・カルト。わずか伴奏が入るものがありますが、基本的にギター以外の音が入っていない音源にしぼってあり、ギター・デュエットものが8割、ソロが2割。ラング&ロニー・ジョンソン、ラング&クレス「Feeling My Way」、クレス&マクドノウ「Stage Frieght」「Heat Wave」等…。何も言うことは無し。永遠のバイブル。【曲】「Lonnie Johnson & Eddie Lang / Handful Of Riffs」「Eddie Lang & Carl Kress / Feeling My Way」「Nick Lucas / Teasing The Frets(試聴)」「John Cali & Tony Guttuso / A Study In Brown」「Carl Kress & Dick McDonough / Heat Wave(試聴)」「Dick McDonough / Dick Bernstein Ramble」「John Cali & Tony Guttuso / Hittin' On All Six」「Lonnie Johnson & Eddie Lang / Hot Fingers(試聴)」「Dick McDonough & Carl Kress / Stage Fright」「Lonnie Johnson & Eddie Lang / Have To Change Keys To Play These Blues」「John Cali & Tony Guttuso / Satan Takes A Holiday」「Nick Lucas / Picking The Guitar」「Dick McDonough / Chasing A Buck」「Carl Kress & Dick McDonough / Chicken A La Swing」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.