(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: db, Page 2)

Paul Whiteman And His Orchestra - IM A DREAMER, ARENT WE ALL? cw IF I HAD A TALKING PICTURE OF YOU

  • ジャズ78rpm
 Paul Whiteman And His Orchestra- ポール・ホワイトマン&ヒズ・オーケストラ - "I'M A DREAMER, AREN'T WE ALL? cw IF I HAD A TALKING PICTURE OF YOU"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia J806 / Rec 1929 / Pub 1929?
レーベルきれい、盤浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■29年の一枚。
日本盤。サンフランシスコのローカル・バンドだったホワイトマン、NYに移りビクターと契約、そして1920年に出した1stがいきなり特大のヒット。それから37年までビクターで時代の先を行く超高品質なレコードを連発。その間の28年から31年の3年間のみコロンビアの専属バンドに。これは29年、看板だったビックス・バイダーベックが抜けた直後の一枚で、A面はビング・クロスビーらのトリオの歌と凝ったアレンジのナンバーで、ジャズともダンス・バンドとも言えないホワイトマン・サウンドとしか言えないナンバー。B面はビングの歌にエディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティの見せ場もあるナンバー。試聴はB→A。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Whiteman And His Orchestra - WAITING AT THE END OF THE ROAD cw LOVE ME

  • ジャズ78rpm
 Paul Whiteman And His Orchestra- ポール・ホワイトマン&ヒズ・オーケストラ - "WAITING AT THE END OF THE ROAD cw LOVE ME"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia J796 / Rec 1929 / Pub ?
レーベルきれい、盤浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ホワイトマン楽団での、ビックス・バイダーベックのラスト録音。
日本盤。サンフランシスコのローカル・バンドだったホワイトマン、NYに移りビクターと契約、そして1920年に出した1stがいきなり特大のヒット。それから37年までビクターで時代の先を行く超高品質なレコードを連発。その間の28年から31年の3年間のみコロンビアの専属バンドに。これは29年、ホワイトマン楽団でのビックス・バイダーベックのラスト録音のナンバー。歌はビング・クロスビーで、名アレンジャー&作曲家ファーディ・グローフェがダンス・バンドを超えたアレンジを提供。裏面はしんみりとしたワルツ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bing Crosby With Guy Lombardo And His Royal Canadians - YOUNG AND HEALTHY cw YOURE GETTING TO BE A HABIT WITH ME

  • ボーカル/ダンス・バンド78rpm
 Bing Crosby With Guy Lombardo And His Royal Canadians- ビング・クロスビー・ウィズ・ガイ・ロンバード&ヒズ・ロイヤル・カナディアンズ - "YOUNG AND HEALTHY cw YOU'RE GETTING TO BE A HABIT WITH ME"
Japan / 78rpm / Mono / Lucky 204 / Rec 1933 / Pub 1930s
レーベルAに小剥落、Bに貼り物、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■ビング・クロスビーをフィーチュアしたガイ・ロンバード楽団。日ラッキーからの一枚。
アメリカやヨーロッパのマニアにも名が知られたこの日本のラッキー・レコードは、当初インディ・レーベルとしてスタート、その後日本コロンビアの傘下となったレーベルで、ブランズウィックやオーケエ等のジャズやカントリー・ブルースまでリリースしていたレーベル。これは、ビング・クロスビーが歌い、ウルトラ・スウィートと呼ばれるスタイルで人気になったカナダ出身のガイ・ロンバード楽団が演奏した二曲のカップリング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Keith Williams And His Orchestra And Chorus - BLOWS HOT AND COOL

  • ジャズ/ムード・ミュージックLP
 Keith Williams And His Orchestra And Chorus- キース・ウイリアムズ - "BLOWS HOT AND COOL"
USA / LP / Mono / Coast LP9023 / Rec late50s / Pub late50s
ジャケット表裏擦れ少々、背部縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、チリ音少々
Jacket 2.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■チャップリンの『ライムライト』などを手がけたTB奏者キース・ウイリアムズのリーダー作。
ロスのマイナー・レーベル、コースト・レコードからの一枚。ウィリアムズのトランペットをフィーチャーしたモダン・ビッグバンド・サウンドに加え男女のコーラス・グループにも比重をおいた一枚で、コーラス・ファンにもお薦めの内容。アレンジは元ケントン楽団でサントラ『Fantastic Plastic Machine』でも知られるハリー・ベッツ。「Moonlight In Vermont」「Caravan」「Lttle Girl Blue」「Blue Moon」等のスタンダードで固められていて、リズミックなナンバーとじっくり聞くスウィートが交互に出てきます。オリジナルの赤盤。【曲】「Witchcraft(試聴)」「Little Girl Blue(試聴)」「Caravan」「Foggy Day」「Moonlight In Vermont」「When The Red Red Robin Comes Bob Bob Bobb'in Along」「My Baby Just Cares For Me」「Like Someone In Love」「I Could Write A Book」「Blue Moon」「Sentimental Journey」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Swing And Sway With Sammy Kaye - WITH THE WIND AND THE RAIN IN YOUR HAIR cw A LOVERS LULLABY

  • ダンス・バンド78rpm
 Swing And Sway With Sammy Kaye- スウィング&スウェイ・ウィズ・サミー・ケイ - "WITH THE WIND AND THE RAIN IN YOUR HAIR cw A LOVER'S LULLABY"
USA / 78rpm / Mono / Victor 26515 / Rec 1940 / Pub 1940
レーベルきれい、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 4  2680 yen
■名スウィート・バンド、サミー・ケイ楽団の40年の一枚。
サックス&クラリネット奏者で、30年代以降のスウィート・バンドを代表する楽団を率いたサミー・ケイ。初ヒットは37年、自分のバンド名にもなっている「Swing And Sway」という曲。これは40年の一枚。両面ともに練られた上質のアレンジで演奏される可愛らしい素敵なナンバー。A面はスティール・ギターも入ってます。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Nihon Victor Jazz Band - KAPPORE cw KOME ARAI

  • 日本の音楽78rpm
 Nihon Victor Jazz Band- 日本ビクター・ジャズ・バンド - "KAPPORE cw KOME ARAI"
Japan / 78rpm / Mono / Victor 52920 / Rec 1933 / Pub 1933
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ジャズ・バンド編成で演奏される「かっぽれ」と「米洗い」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jack Jackson Und Sein Orchester - RED SAILS IN THE SUNSET cw ROLL ALONG, PRAIRIE MOON

  • ジャズ78rpm
Jack Jackson Und Sein Orchester- ジャック・ジャクソン&ヒズ・オーケストラ - "RED SAILS IN THE SUNSET cw ROLL ALONG, PRAIRIE MOON"
Germany / 78rpm / Mono / Electrola EG3457 / Rec 1935 / Pub 1935
レーベルきれい、盤擦れほぼ無し、珍しいエレクトロラのカンパニースリーブ
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■20~30年代に活躍したイギリスのジャズ・バンド、ジャック・ジャクソン楽団のドイツ盤。
A面は「夕日に赤い帆」、B面はアル・ボーリーなどが歌って広め、カントリー・シンガーも良く取り上げるスタンダード・ナンバー。両面ボーカル入り。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Spivak And His Orchestra - THE CLOCK SONG cw AUTUMN NOCTURN

  • ジャズ78rpm
 Charlie Spivak And His Orchestra- チャーリー・スピヴァーク&ヒズ・オーケストラ - "AUTUMN NOCTURN cw THE CLOCK SONG"
USA / 78rpm / Mono / Okeh 6476 / Rec 1941 / Pub 1941
レーベルきれい、盤擦れほんのわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャーリー・スピヴァークの41年の一枚。
高品質なバンド・サウンドの中にトランペットを際立たせたスタイルで40年代に人気となったバンド・リーダー&TP奏者。20年代中期にはデビュー、その後レイモンド・スコット、グレン・ミラーらと演奏、そのミラーの経済的援助もあり自身のバンドを結成。これは41年の一枚で、A面はミラーやジャック・ティーガーデン、ビリー・ホリデイらの録音で知られるコーラス・グループ、スターダスターズをフィーチュアした楽しいナンバー。裏面はクロード・ソーンヒルのカバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Francis Craig And His Orchestra - NEAR YOU cw RED ROSE

  • ジャズ78rpm
Francis Craig And His Orchestra- フランシス・クレイグ&ヒズ・オーケストラ - "NEAR YOU cw RED ROSE"
USA / 78rpm / Mono / Bullet 1001 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■「Near You」のオリジナル・バージョン。
ナッシュヴィルのジャズ・バンド、フランシス・クレイグ楽団で、47年に超大ヒットしたこの時代を代表するポップ・ナンバー「Near You」。ライト・ブギなクレイグのピアノ・ソロで始まり気持ちいい低音ボーカルが出てくるいい曲。裏面はクロード・ソーンヒルやシェップ・フィールズなどが好きな人にお薦めなスウィート・ダンス・ナンバーで、こちらも「Near You」と同じ人の歌入り。リリース当初はこちらがA面。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Shep Fields And His Orchestra - 1947-1951

  • ダンス・バンドLP
 Shep Fields And His Orchestra- シェップ・フィールズ&ヒズ・オーケストラ - "1947-1951"
USA / LP / Mono / Circle CLP133 / Rec 1947 to 1951 / Pub 1988
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■シェップ・フィールズ楽団の音源集。
30~40年代スウィング時代に全く個性的な音で人気となったシェップ・フィールズ楽団。ハル・ケンプ楽団が始めた、泡沫感たっぷりの嘘のようにコミカルなポスト・ダンス・バンド・スタイルは、この時代やる人はちょいちょいいたものの、フィールズのこだわりはぬきんでていました。これは47年から51年という、他ではあまり聞けない時代のナンバーを集めた一枚。【曲】「It's A Big, Wide, Wonderful World」「Because Of You(試聴)」「Triste Amour」「Clap Hands Polka」「Shadow In The Night(試聴)」「Pirouette(試聴)」「Spring Symphony」「Time Stood Still」「Medley From Film "waikiki Wedding"」「O Dem Golden Slippers」「So Sweet」「Organ Grinder's Swing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Spike Hughes - VOLUME 3 : HIS DANCE ORCHESTRA AND HIS THREE BLIND MICE 1930

  • ジャズLP
Spike Hughes- スパイク・ヒューズ - "VOLUME 3 : HIS DANCE ORCHESTRA AND HIS THREE BLIND MICE 1930"
U.K. / LP / Mono / Retrieval FG411 / Rec 1930 / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■大衆音楽からオペラまで万能の才能をもったジャズ・マン、ヒューズ。イギリスのボリス・ヴィアンみたいな人でもあり。
ジャズ・マンで本場アメリカと渡りあえた最も初期の人物スパイク・ヒューズの楽団収録した英レトリーバル盤。ジミー・ドーシー(CL, AS)が参加した最高の冒頭曲から、なんとヴェヌーティ&ラングの名曲「Doing Things」のカバー、スラップ・ベースを入れたジャイブ感覚「Pick And Slap」、エリントンの「Misty Morning」等々、ジャズ編集盤としても最高峰の内容と言える一枚。【曲】「I Like To Do Things For You」「Without A Song」「Everything Is Peaches Down In Georgia(試聴)」「Bessie Couldn't Help It」「Funny, Dear, What Love Can Do」「That's Where The South Begins」「Sure As You're Born」「Doing Things」「Pick And Slap(試聴)」「They Didn't Believe Me」「The Sheik Of Araby」「Get Happy」「Everybody Loves My Baby」「The Way I Feel Today」「Misty Mornin'」「Misty Mornin'」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Spike Hughes - VOLUME 4 : HIS DANCE ORCHESTRA AND HIS THREE BLIND MICE 1931

  • ジャズLP
Spike Hughes- スパイク・ヒューズ - "VOLUME 4 : HIS DANCE ORCHESTRA AND HIS THREE BLIND MICE 1931"
U.K. / LP / Mono / Retrieval FG413 / Rec 1931 / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■大衆音楽からオペラまで万能の才能をもったジャズ・マン、ヒューズ。イギリスのボリス・ヴィアンみたいな人でもあり。
ジャズ・マンで本場アメリカと渡りあえた最も初期の人物スパイク・ヒューズの楽団収録した英レトリーバル盤。ブラック・ジャズ、ホワイト・ダンス・バンドの要素が融合され、甘美でしかもパンチも充分。ポール・ホワイトマンのような高品質のアレンジ、英国人らしいボーカルもまた一興。キャブに影響を受けた曲や「Minnie The Moocher」「St. James Infirmary」、エリントンに捧げられた「Harlem Symphony」、ジャグ・バンドのような狂ったテンポの「Joshua Fit De Battle Jericho」などなど収録。【曲】「Moanin' Low」「Moon Love」「Some Of These Days」「Button Up Your Overcoat」「Tap Your Feet」「Roll Jordon(試聴)」「Joshua Fit De Battle Of Jericho(試聴)」「High Life」「To Whom It May Concern」「Minnie The Moocher」「Is There A Place Up There For Me?」「The Devil Is Afraid Of Music」「St. James Infirmary」「Blues In My Heart」「Darktown Strutter's Ball」「Witness」「(Continued) A Harlem Symphony」「A Harlem Symphony」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.