(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: classical)

Nihon Gassodan - BONDAI FUJII : SYMPHONIC POEM FOR ORIENTAL INSTRUMENTS - SAIYU-KI

  • クラシック/日本の音楽LP
 Nihon Gassodan- 日本合奏団 - "BONDAI FUJII : SYMPHONIC POEM FOR ORIENTAL INSTRUMENTS - SAIYU-KI"
Japan / LP / Stereo / Columbia ADX103 / Rec 1967 / Pub 1967
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、しみわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  5980 yen
■日本の作曲家、藤井凡大の代表作『東洋の楽器による交響詩「西遊記」』。
東洋の民俗音楽、民俗楽器と西洋の音楽をミックスし斬新な作品を作った怪物的存在(by小泉文夫)、藤井凡大(1931-1994)。これは彼の代表作『東洋の楽器による交響詩「西遊記」』のオリジナル盤。西洋楽器はコントラバスのみ、他は日本、中国、インドの楽器で奏でられる、エキゾチックでカオスな音絵巻。ストラヴィンスキー"春の祭典"のようなグロさもあれば極上イージー・リスニングの瞬間もあり、しかし民俗性はほとんど感じられない全7楽章。その小泉文夫が民俗楽器提供と楽器の考証をしていて、藤井と小泉の共作と言ってもいいかも。藤井による各曲のテーマと曲の構造解説、小泉による民俗楽器解説も相当な読み応え。【曲】「序曲 - 天地開闢(試聴)」「第一楽章 - 悟空の誕生」「第二楽章 - 筋斗雲」「第三楽章 - 猪八戒と沙悟浄」「第四楽章 - 如意棒と妖術(試聴)」「第五楽章 - 天竺行」「第六楽章 - 落伽山l雷音時」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Magda Tarko(Sop), Marta Kurtag(P), Laszlo Sary(Perc.), etc. - LASZLO SARY : FIVE MELANCHORIC SONGS - PENTAGRAM - A CONTINUITY OF ROTATIVE CHORDS

  • クラシックLP
 Magda Tarko(Sop), Marta Kurtag(P), Laszlo Sary(Perc.), etc.- マグダ・タルコ(ソプラノ)、マルタ・クルタグ(ピアノ)、ラースロー・シャーリー(パーカッション)、etc. - "LASZLO SARY : FIVE MELANCHORIC SONGS - PENTAGRAM - A CONTINUITY OF ROTATIVE CHORDS"
Hungary / LP / Stereo / Hungaroton SLPX12551 / Rec / Pub 1988
ジャケット表裏円状の擦れ、左下に剥落、レーベルひげ少々、盤極表層のスクラッチ少々、インサートきれい
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ハンガリーの作曲家ラースロー・シャーリーの作品集。
ハンガリーのライヒとも言われる作曲家ラースロー・シャーリー(1940-)の、歌曲、打楽器曲、室内楽曲3作を収録した一枚。『Five Melanchoric Songs』(81年)は、か細く震えるマグダ・タルコという女性歌手の声、ソフトなタッチで弾かれる広がりのあるピアノで演奏される、ほとんど同一のトーンで統一された5曲。シャーリー自身も演奏する4つの打楽器とプリペアド・ピアノによる『Pentagram』(81年)は、アジアの民俗音楽をルーツにした趣の、打楽器自体の持つ音程を面白く組み合わせた作。フルート二人、ピアノ二人で演奏される『A Continuity Of Rotattive Chords』(75年)は、完全なユニゾン演奏を目指したときにどうしても生まれるズレを表現としたような異次元的ナンバー。英訳解説インサート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leif Christensen - HANS WERNER HENZE : ROYAL WINTER MUSIC

  • クラシックLP
 Leif Christensen- ライフ・クリステンセン - "HANS WERNER HENZE : ROYAL WINTER MUSIC"
Denmark / LP / Stereo / Paula 25 / Rec 1983 / Pub 1983
ジャケット表裏擦れわずか、下部中央に小縁裂け、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■独の作曲家ヘンツェによる、シェークスピアの戯曲登場人物をギター音楽にした『Royal WInter Music』を収録した一枚。
シュトックハウゼンらと並び称されたドイツの現代音楽作曲家ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ。これは、二つのソナタからなる『Royal Winter Music』を収録したアルバムで、両作とも録音された初めてのレコードなのだそう。演奏はデンマークのギタリスト、ライフ・クリステンセン。本作、シェークスピアの戯曲に出てくるキャラクターをギター音楽にしたもので、曲名が登場人物の名前になっています。A面は6曲からなる『First Sonata』、B面は3曲からなる『Second Sonata』。薄暗く虚無的な響き、抑制的で美しい透明なギターの音色、作品上の役でなく、演じる役者の心理を想像してしまう内容。録音もすごく内省的でイマジナティブ。【曲】『First Sonata on Shakespearean Characters』「Gloucester」「Romeo and Juliet」「Ariel」「Ophelia」「Touchstone, Audrey and William」「Oberon(試聴)」『Second Sonata on Shakespearean Characters』「Sir Andrew Aguecheek(試聴)」「Bottom's Dream」「Mad Lady Macbeth」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eastman Rochester Sym. Orch., Howard Hanson(Cond.) - WALTER PISTON : SYMPHONY NO.3

  • クラシックLP
 Eastman Rochester Sym. Orch., Howard Hanson(Cond.)- イーストマン・ロチェスター・オーケストラ、ハワード・ハンソン(指揮) - "WALTER PISTON : SYMPHONY NO.3"
USA / LP / Mono / Mercury MG40010 / Rec 1954 / Pub late50s
コーティング・ジャケット擦れわずか、裏ジャケットに極小書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■アメリカの作曲家ウォルター・ピストンの代表作『交響曲第三番』。
アメリカ現代音楽勃興期の重要な作曲家ウォルター・ピストン。若い頃はダンス・バンドのミュージシャンで、その後欧でエネスコ、ブーランジェに習った人。教育者としても有名で、バーンスタインやエリオット・カーター、リロイ・アンダーソンetc...を教えました。これは48年作で、彼の代表作の一つ。調がぼやかされた息をのむような静けさが広がり、ハープがアクセントとなる第一楽章(試聴)、反対に短いながらもリズミックで輝かしい第二楽章、第一楽章にはっきり色が付いたような第三楽章、エネルギッシュな大団円のラスト(試聴)。オリジナルは54年、これは恐らく50年代後半。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Francis Poulenc - MEET THE COMPOSER : FRANCIS POULANC PLAYING HIS OWN WORKS AND PIANO MUSIC OF SATIE

  • クラシックLP
 Francis Poulenc- フランシス・プーランク - "MEET THE COMPOSER : FRANCIS POULANC PLAYING HIS OWN WORKS AND PIANO MUSIC OF SATIE"
USA / LP / Mono / Columbia ML4399 / Rec 1940s / Pub 1950
ジャケット表裏円状の擦れ、下部中央に縁裂け、裏ジャケットに貼り物、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 2680 yen
■米コロンビア50年代初頭の"Meet The Composer"からフランシス・プーランクの一枚。
50年代初頭、コロンビアが"Meet The Composer"と銘打って、有名作曲家の自演のレコードをいくつかリリースしたシリーズから、フランシス・プーランクの一枚。仏6人組の一人で新しい響きにも敏感だったものの、モーツァルトを深く愛したという人柄から察せられる親しみやすい作品も多く残した作曲家。A面は自作で、「無窮動」「夜想曲」、7曲からなる『フランス組曲(試聴)』。B面は6人組の後見人的存在だったサティ集で、3曲からなる『自動記述法』「ジムノペディ第一番」「サラバンド第二番」「グノシェンヌ第三番」「最後から二番目の思想(試聴)」、3曲からなる『でぶっちょ木製人形のスケッチとからかい』を収録。50年のオリジナルは"Microgroove"レーベル、これは52年ぐらいの盤。フラットエッジ。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Schoenberg Ensemble, Reinbert De Leeuw - ARNOLD SCHOENBERG : WIEN, WIEN, NUR DU ALLEIN...

  • クラシックLP
Schoenberg Ensemble, Reinbert De Leeuw- シェーンベルク・アンサンブル、ラインベルト・デ・レーウ指揮 - "ARNOLD SCHOENBERG : WIEN, WIEN, NUR DU ALLEIN..."
Holland / LP / Stereo / Philips 6570 811 / Rec 1981 / Pub 1981
コーティングの見開きジャケット表裏擦れほぼ無し、内側ブックレット部きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シェーンベルクの魅力をかってなかった企画で浮かび上がらせた一枚。
シェーンベルクと言えば『月に憑かれたピエロ』などその後の音楽のあり方を変えてしまった有名な諸作が多く録音されているわけですが、これはかなり趣が違い、かつシェーンベルクや現代音楽に興味の無い人も楽しめ、そして素晴らしい内容の一枚。サティ等で知られるピアニスト/指揮者デ・レーウの企画で、時代を問わずシェーンベルクが作曲、編曲した作品を演奏し、彼の音楽的な背景、ウィーンという街の音を浮かび上がらせようという内容。マーラーが指揮者として生涯最後の演奏に選んだという、固まって聞いてしまう真夜中の管弦楽「悲歌的子守唄」で始まり、なんとシェーンベルクがアレンジした「フニクリ・フニクラ」などもあり。【曲・最初に作曲家名があるものは編曲がシェーンベルク】「ブゾーニ/悲歌的子守唄(試聴)」「弦楽四重奏のためのスケルツォ」「ヨハン・シュトラウス/南国のバラ」「逢い引き(試聴)」「シューベルト/セレナード」「シオリー/だから俺は古い遊び人」「デンツァ/フニクリ・フニクラ」「鉄の旅団」「ヨハン・シュトラウス/皇帝円舞曲」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Choir Of The Monks Of The Abbey Of Saint Pierre De Solesmes - GREGORIEN CHANT : FEASTS OF THE BLESSED VIRGIN / IMMACULATE CONCEPTION

  • 古楽LP
 Choir Of The Monks Of The Abbey Of Saint Pierre De Solesmes- サン・ピエール・ド・ソレーム修道院の修道僧 - "GREGORIEN CHANT : FEASTS OF THE BLESSED VIRGIN / IMMACULATE CONCEPTION"
USA / LP / Mono / London 5595 / Rec 1950s / Pub 1950s
ジャケットしみ少々、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■聖母マリアの歌を集めたグレゴリオ聖歌集。
9世紀から10世紀にかけて発展した、無伴奏、和音の無い単旋律のグレゴリオ聖歌。モダン・ジャズなど新しい音楽が生まれる際に、もう一つの辞書を紐解くように引用されてきた、長調、短調とは違う教会旋法(モード)によるコーラス音楽。これは、20世紀以降のグレゴリオ聖歌の基礎を作ったフランスの修道院、サン・ピエール・ド・ソレーム修道院の修道僧たちによる一枚。A面10曲は、聖母マリアの祝日に歌われる曲、B面7曲はマリアがキリストを身ごもったことに関する歌。ジャケットは米盤、盤はイギリス盤、当時のロンドン・オリジナル盤はみなこうです。試聴はA面から「Alleluia - Virga Jesse Floruit」、B面から「Communion - Gloriosa」「Hymn - O Gloriosa Domina」。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arturo Benedetti Michelangeli - THE ARTISTRY OF A.B. MICHELANGELI

  • クラシック/ピアノLP
 Arturo Benedetti Michelangeli- アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ - "THE ARTISTRY OF A.B. MICHELANGELI"
USA / LP / Stereo / London CS-6446 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■ガルッピのソナタを含むミケランジェリの65年録音盤。
こちらは前回入荷時のもの、試聴は違う曲なのでぜひ聞いてください)同じスタンダードをやっても全く違う曲として楽しめるR&Rやジャズとは違い、ガッカリすること(好みの演奏でないという意味で)も多いと言えるクラシック。しかし初めてある曲を聞いたときに、聞き比べてもいないのにこれよりいいものはないだろうなと思ってしまう演奏家がいるのも事実。20世紀で最も影響力を持ったピアニストの一人、ミケランジェリもそんな演奏家。テクニックのみならず全てにおいて完璧主義だったという、生唾を飲むような透明感とたちのぼる色気で曲を聞く人に深く浸透させる人。ビル・エヴァンスも多大な影響を受け、エヴァンスを通じてマイルスも大ファンになったといいます。本作は65年録音。A面はベートーベンの最後のピアノ・ソナタの32番。全二楽章、特に大半をしめる第二楽章は胸に訴えかけるレベルが違う。そしてBの頭、このアルバムの実は目玉の一つ、18世紀ベネチアの作曲家ガルッピの「ソナタ第5番(試聴第三楽章)」。最後はスカルラッティのソナタ3曲(試聴三曲目)。メジャー・キーの曲もマイナーの曲もこの演奏の吸引力のせいで同じものに聞こえてしまう不思議。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rodion Shchedrin - POLYPHONIC BOOK : 25 POLYPHONIC PRELUDES FOR PIANO

  • クラシックLP
 Rodion Shchedrin- ロディオン・シチェドリン - "POLYPHONIC BOOK : 25 POLYPHONIC PRELUDES FOR PIANO"
USSR / LP / Stereo / Melodiya 33C04685-6 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表面円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■旧ソ連の作曲家シチェドリンのピアノ曲の代表作『ポリフォニーの手帳』。
旧ソ連の指導的な作曲家だったロディオン・シチェドリン(1932-)の、ピアノ曲の代表作の、25曲からなる『ポリフォニーの手帳』で、演奏はシチェドリン自身。"これらポリフォニー曲のセットは、バッハへと逆行する古い伝統的なものである。高い芸術性があるだけでなく、音楽家(もしくは本気の音楽愛好家)がポリフォニーの技術をマスターする手助けになり、また対位法の秘密を明らかにするものである"。うっかりしていると片方の手で弾いているように思えるシンプルな曲、カノン、両手が左右対称(多分)な曲などなど沢山のバラエティで聞かせる全25曲。対位法の快感の奥にある気持ち悪さを表に出したという感じもあり。曲目省略します。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eugene Ormandy(Cond.), Philadelphia Orchestra - CHARLES IVES : THREE PLACES IN NEW ENGLAND / ROY HARRIS : SYMPHONY NO.3

  • クラシックLP
 Eugene Ormandy(Cond.), Philadelphia Orchestra- ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 - "CHARLES IVES : THREE PLACES IN NEW ENGLAND / ROY HARRIS : SYMPHONY NO.3"
USA / LP / Stereo / RCA ARL1-1682 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット表裏円状の擦れ、裏ジャケットにプロモスタンプ、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■この2作を両面に収録したLP。Aは初めてのフル・オーケストラ・バージョン。
A面はアイヴズの代表作の一つ『ニュー・イングランド三つの場所(試聴第三楽章)』で、初めてレコード化されたというフル・オーケストラ・バージョン。このアルバムなどそれまで録音されたものとは受ける印象が大分違い、逆に作品の骨格がはっきり伝わってきます。裏面も20世紀アメリカの作曲家ロイ・ハリス(1898-1979)で、彼の名前を有名にした単一楽章の「交響曲第三番」。アイヴズよりは古風で世界も別物、しかし『ニューイングランド...』に近い響きの作。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gunther Schuller - CHARLES IVES : CALCIUM LIGHT NIGHT

  • クラシックLP
 Gunther Schuller- ガンサー・シューラー - "CHARLES IVES : CALCIUM LIGHT NIGHT"
USA / LP / Stereo / Columbia MS7318 / Rec 1970 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、端々小折れ目、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■チャールズ・アイヴズの室内オーケストラ作集。
エマーソンやソローらの19世紀アメリカの超越主義思想に影響を受け、アメリカという新天地に音楽の新天地を作ったチャールズ・アイヴズ(1874-1954)。これは、サード・ストリームの旗手ガンサー・シューラーがアイヴズの室内オケ作を演奏したアルバムで、収録されているうちの7曲が初めてレコードになったという一枚。ムッチャクチャ聞きごたえあります。もしかするとこの編成の曲が彼の魅力を一番味わえるのではと思わせる、アイヴズの深部に迫っていくような壊乱的なもの多し。曲目省略します。試聴は「Pond」とタイトル曲。※この一つ前のレーベルあり、これはセカンド・レーベル

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julia Culp - JULIA CULP

  • クラシックLP
 Julia Culp- ユリア・クルプ - "JULIA CULP"
Austria / LP / Mono / Court Opera Classics CO320 / Rec 1906 to 1926 / Pub 1970
コーティング・ジャケット表裏きれい、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■オランダのメゾ・ソプラノ歌手、ユリア・クルプの名演集。
オーストリアのコート・オペラ・クラシックスという、声楽の歴史的音源を専門にリリースしていた70年代のレーベルの一枚。シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームス等で、伴奏はピアノのみ。3曲のぞき全てラッパ録音の音源で、それらもほとんど音質の処理は施されておらずSP盤をそのまま聞いているような音です。全曲試聴のような静かな一枚。【曲】「Du bist die Ruh' (Schubert/Ruckert)(試聴)」「Nacht und Traume (Schubert/Collin)」「Frauenliebe und Leben (Schumann/Chamisso)」「Ave Maria (Schubert/Scott)」「Auf Flugeln des Gesanges (Mendelssohn/Heine)」「Meine Freuden (Chopin/Mickiewicz)」「Der Asra (Rubinstein/Heine)」「Es blinkt der Tau (Rubinstein/Boddien)」「Muss es eine Trennung geben? (Brahms/Tieck)」「Der Nussbaum (Schumann/Mosen)」「Du bist wie eine Blume (Schumann/Heine)」「Verborgenheit (Wolf/Morike(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(水曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.