(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: c)

Coleman Hawkins - VOL.1 HAWK VARIATION

  • ジャズLP
 Coleman Hawkins- コールマン・ホーキンス - "VOL.1 HAWK VARIATION"
Italy / LP / Mono / Swingtime ST1004 / Rec 1940s, 50s / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、プレスミスによる突起2か所(試聴)
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■コールマン・ホーキンスのスウィングタイム編集盤。
サックス、ホンカー・ファンは避けて通れない、というか全R&Bファンも必聴と思うスウィングタイム・レコードから、ジャズ・サックスの父コールマン・ホーキンスの音源集。まず驚くのは、サックス・メーカー、セルマーが出していた、ホーキンスのサックス独奏のSP盤。ホーキンスに影響を受けたはずのマルセル・ミュールもここから出していました。アップは少な目、サブトーンたっぷりの極甘メロウ中心でひたすらホーキンスのブロウが楽しめます。【曲】「Hawk Variation Part 1 / Part 2」「The Old Song」「It's Only A Paper Moon」「You Got Me Crying Again(試聴)」「Bah U Bah」「Can Anyone Explain」「Walking My Baby Back Home」「The Man I Love」「The Talk Of The Town」「You Said Goodbye」「Stomping At The Savoy」「I Cross My Finger」「I'll Know(試聴)」「Walking My Baby Back Home」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Coleman Hawkins - MEMORIAL

  • ジャズLP
 Coleman Hawkins- コールマン・ホーキンス - "MEMORIAL"
Sweden / LP / Mono / Jazz Society AA504 / Rec 1940 to 1945 / Pub 1979
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、上下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■コールマン・ホーキンスの40年代名演集。
ジャズのサックスはこう吹くんだと最初に示した偉大なテナーマン、コールマン・ホーキンス。どんなサックスマンも彼の影響は逃れられません。これは戦争を挟んでの数年間の演奏を選りすぐった編集盤。針を落とした途端体をゆすられる一曲目、ロイ・エルドリッジやハンプトンとの、直後のビバップ到来を思わせるホットなセッション、ひらめきにあふれた雄々しい演奏が楽しめるビバップ期の自身のクインテットなどなど、ホーキンスもですが他のミュージシャンの演奏もときたまギョッとするほどいい。全11曲収録。【曲】「Chant Of The Groove(試聴)」「Georgia On My Mind」「California Here I Come」「King Porter Stomp」「Blue Room」「Body And Soul」「The Man I Love」「Mop Mop(試聴)」「Sweet Adeline」「Sheik Of Araby」「I Can'e Believe That You Are In Love With Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleo Brown - BOOGIE WOOGIE

  • ジャズLP
Cleo Brown- クレオ・ブラウン - "BOOGIE WOOGIE"
Denmark / LP / Mono / Official 3010 / Rec 1935, 36 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■30年代からのピアノ弾き語りジャイヴ・ガール、クレオ・ブラウンの編集盤。
パンチの効いたブギウギ・ピアノ演奏、チャーミングな歌で30年代から活躍した、ピアノ弾き語り系ジャイヴ・ガールの草分け的存在のクレオ・ブラウン。これは初期35・6年の音源をまとめたデンマーク・オフィシャル・レコードの編集盤。ボビー・シャーウッド、ペリー・ボトキン(G)らがバックを付けたバンドものを中心に弾き語り物も収録した全16曲。ピアノの技量はお聞きのとおり、色気も初々しさもある歌が最高。【曲】「When Hollywood Goes Black And Tan」「When」「You're My Fever」「Breakin' In A Pair Of Shoes」「Latch On」「Love In The First Degree」「My Gal Mezzanine」「(Lookie Lookie Lookie) Here Comes Cookie」「Boogie Woogie(試聴)」「You're A Heavenly Thing(試聴)」「(You Take The East, Take The West, Take The North) I'll Take The South」「The Stuff Is Here And It's Mellow」「Never Too Tired For Love」「Give A Broken Heart A Break」「Mama Don't Want No Peas An' Rice An' Cocoanut Oil」「Me And My Wonderful One」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Shavers, Django Reinhardt, Charlie Mingus, etc - PERIODS JAZZ DIGEST VOLUME 2

  • ジャズ/ブルースLP
Charlie Shavers, Django Reinhardt, Charlie Mingus, etc- チャーリー・シェイヴァーズ、ジャンゴ・ラインハルト、チャーリー・ミンガス、etc. - "PERIODS JAZZ DIGEST VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Period Period / Rec 1950s / Pub late50s
ジャケット擦れ少々、裏ジャケットに小鉛筆書き込み、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■54年から4年間存在したマイナー・ジャズ・レーベル、ピリオドのオムニバス第二集。
ジャンゴ・ラインハルトから始るピリオドのカタログは全部で大凡50枚ぐらいですが、ビッグ・ビル・ブルーンジーの様な戦前ブルース・マンからボーカル、スウィング、チャールズ・ミンガスの超プログレッシヴなジャズまでと幅があり、このオムニバスはその幅もきちんと網羅、ピリオドの美味しい所を全部聞ける1枚。戦前トロンボーンの名手ジャック・ティーガーデン、気鋭アレンジャーラルフ・バーンズ、ビッグ・ビルの他ブルースではジョッシュ・ホワイト、マキシン・サリヴァンの暖かくジャジーな唄がいい「I' Comining Virginia」、チェンバー・ジャズのような美しさをもったジャンゴ・ランハルト「Danse Norvegienne」(結構衝撃)、不思議な浮遊感に包まれるミンガスの「Stormy Weather」等充実のオムニバス。【曲】「Charlie Shavers / Rose Room」「Jack Teagarden / Davenport Blues」「Big Bill Broonzy / A Letter To My Baby」「Ralph Burns / Autobahn Blues」「Django Reinhardt / Danse Norvegienne」「Charles Mingus / Stormy Weather」「Osie Johnson And His Orchestra / Don't Bug Me , Hug Me」「Maxine Sullivan / I'm Coming , Virginia」「Birdlanders / Ondine」「Gerry Old Man」「Jones Boys / The Jones Bash」「Josh White / She's Too Much For Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Parker - APARTMENT SESSIONS

  • ジャズLP
 Charlie Parker- チャーリー・パーカー - "APARTMENT SESSIONS"
U.K. / LP / Mono / Spotlite SPJ146 / Rec 1950 / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ニューヨークのとあるアパートの一室で録音されたセッションを収録した一枚。
ある種異次元的な瞬間や空間で常に自分を越える演奏をみせ、戦後のジャズに最も大きな影響を与えたチャーリー・パーカー。これは50年、ニューヨーク・マンハッタンのとあるアパートで行われたセッションを録音した一枚。ジミー・ネッパー(TB)、ジョン・アードリー(TP)ら名手たちが参加、しかしリズム以外他メンバーはほとんど出てこず延々バードのソロが楽しめるという一枚。『On Dial』のシリーズも出していたスポットライト・レコードから。【曲】「Little Willie Leaps」「All The Things You Are」「Bernie's Tune」「Donna Lee」「Out Of Nowhere」「Half Nelson」「Fine And Dandy」「Half Nelson」「Cherokee」「Scrapple From The Apple」「Star Eyes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Connie Francis - IM GONNA BE WARM THIS WINTER cw AL DI LA

  • ロックンロール/オールディーズ45rpm
 Connie Francis- コニー・フランシス - "I'M GONNA BE WARM THIS WINTER cw AL DI LA"
USA / 45rpm / Mono / MGM K13116 / Rec 1962 / Pub 1962
レーベルきれい、盤浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2480 yen
■シングル・オンリーのクリスマス風ヒット・シングル。可愛いしカッコイイしもう最高。
チャーミングでいて媚びない彼女のヴォーカルはいつの時代でも変わらないアメリカン・ポップの宝物。タイトで急速調のロッキン・コンボ、ちょびっとホロリなメロディ、ヤンキー・テナー・サックス・ソロもいい、シングルが似合うクリスマス風のロックンロール・ナンバー。裏は、イタリー系のコニーが良く唄ったイタリアン・スタンダード「Al Di La」。まるでシャンソン・シンガーのようにドラマチックに情熱的に唄っています。シングル・オンリー(後のベスト等には入ってるかもしれません)。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cozy Cole - COZYS CARAVAN

  • ジャズLP
 Cozy Cole- コージー・コール - "COZY'S CARAVAN"
USA / LP / Mono / Felsted FAJ7002 / Rec 1956, 58 / Pub 1958
ジャケット下部中央と上部右側縁裂け、小はがれ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々、B2に音に出ないスクラッチ一本
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5 / Sound 3480 yen
■コージー・コールとアール・ハインズのコンボものを両面に収録した一枚。
キャブ、レイスコ、Bグッドマン等ジャズの歴史を歩んだ超名ドラマー、コージー・コール。50年代にはR&Bジャズの大ヒット「トプシー」を出しました。このキャラヴァンもトプシーのスタイルでシングル・リリースされたのですが、これとはまるで違うバージョン。TBのアドリブで始まりコージーの長いソロ、ラストだけにテーマがくるという迫力のテイク。それに歌ものブルース「Phat'z Blues」、ディッキー・トンプソンのエレキもいい「Margie」の三曲。裏面(盤ではA)はアール・ハインズ・カルテットの三曲で、スタジオ・ライブ的なノリの良さ。イギリス盤オリジナル。【曲】「Brussels' Hustle(試聴)」「Oooh!」「Backroom At The Villa D'Este」「Caravan(試聴)」「Phatz' Blues」「Margie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Calvin Jackson Quartet - THE CALVIN JACKSON QUARTET

  • ジャズLP
 Calvin Jackson Quartet- カルヴィン・ジャクソン・カルテット - "THE CALVIN JACKSON QUARTET"
Brazil / LP / Mono / Columbia LPCB31075 / Rec LPCB31075 / Pub mid50s
ジャケット擦れ少々、裏面小書き込み、レーベルひげわずが、盤浅い擦れ少々、気にならない表層スクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■天才ピアニスト、カルヴィン・ジャクソンの55年のアルバム。
ジュリアードでクラシックを学んだ後、MGM映画音楽スタッフとして働き、その後有名なタップ・ダンサー、ポール・ドレイパーやハーモニカ奏者ラリー・アドラーと共演、奇才フィル・ムーアと出会いLpをリリース....という、たまたまジャズの世界に足を踏み入れたという印象のピアニスト。針を落としてすぐに名盤とわかる55年のアルバム。エーテルというのか何か言葉にできないものを引き入れた感の「Lotus Land」、軽妙でノレルアップに知能的な遊びを仕組んだ「Cal Ithenics」、しみじみしたソロが延々続くウォームな「Dream Of You」、ジャズの枠を飛び越えメンバーたちが燃え上がる様子もひしひし伝わる長尺アップの「Love Me Or Leave Me」などなど、彼だからこそ出来上がったと思わせるビヨンド・モダン・ジャズな一枚。ブラジル盤オリジナル、音もいいです。【曲】「Lotus Land」「Cal-isthenics」「Dream Of You」「All The Things You Are」「Shadow Waltz」「Love Me Or Leave Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleveland Crochet And The Sugar Bees - CLEVELAND CROCHET AND THE SUGAR BEES

  • ケイジャン/ロックンロールLP
 Cleveland Crochet And The Sugar Bees- クリーヴランド・クロシェ&ザ・シュガー・ビーズ - "CLEVELAND CROCHET AND THE SUGAR BEES"
USA / LP / Mono / Goldband GRLP7749 / Rec early60s / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  4500 yen
■ケイジャン・ロックンローラー、クリーヴランド・クロシェのアルバム。
ルイジアナ最高のローカル・レーベル、ゴールドバンド。ここのオーナー、エディー・シュラーが長年捜し求めていた、ロックンロールができるケイジャン・ミュージシャンを念願かなって発見したというのが、ゴールド・バンド的にも、全米的にみても前例が無かった(あるはず無いか)ケイジャン・ロッカー、クリーヴランド・クロシェ。60年当時ゴールドバンドからシングルしか出ていなかった彼の初アルバム。70年代と思われます。代表作「Sugar Bee」はケイジャンというよりザディコ~R&B調のワイルドなアコーディオン、悲痛なシャウト、一回も聴いた事無いようなぶっといエレキ・ギター・ソロ(ボトル・ネックかスチール・ギターなんですが、ほんとうに奇跡的に太い)も飛び出すロッキン・ケイジャンのキラー。他のもみな小さいほったて小屋かなんかで全員がセーノで録音したような、こまかい事なんてまったくお構いましなナンバーがズラリ。【曲】「Sugar Bee(試聴)」「Drunkard's Dream」「La Valse De Chagrin」「Midnight Blues」「Telephone Port Arthur」「Good Morning Blues」「Wedding Day(試聴)」「Hound Dog Baby」「Waltz Of A Broken Heart」「Sweet Thing」「La Branche De Muriee」「Kaw-Liga (Boogie)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cankton Express - LIVE CHEZ MULATES

  • ケイジャンLP
 Cankton Express- カンクトン・エクスプレス - "LIVE CHEZ MULATES"
USA / LP / Stereo / Swallow LP6073 / Rec 1980s? / Pub 1988
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound   2980 yen
■ケイジャン・バンド、カンクトン・エクスプレスのライブ・アルバム。
かのザカリー・リチャードに、演奏だけでなくケイジャンの歴史やら精神を叩きこんだ伝説のアコーディオン奏者フェリックス・リチャード(写真左から二番目)が率いたバンド、カンクトン・エクスプレス。ケイジャンの聖地ラファイエットのすぐ北の町カンクトンで結成されたこのグループの、多分唯一のアルバム。地元の、ムレイツというレストランでのライブを収録。オーセンティックでパワフルな伴奏に、ジョナサン・リッチマンそっくりのルックスのスターリング(フェリックスの息子)が歌う全10曲。このスターリング、クレオマ・ファルコンなんかのオールド・ケイジャンの歌が好きな人はほんとたまらないと思います。【曲】「Flames D'Enfer (The Flames Of Hell)」「Valse De Bayou Chien(試聴)」「Evangeline Special」「Vien Me Chercher」「Eunice Two-Step」「Grand Chemin」「Bosco Stomp(試聴)」「Cajun Waltz」「C'est Le Zydeco」「'Tee Monde & Ending Theme」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clayton McMichen, Phipps Family,Robert Pete Williams, etc. - TRADITIONAL MUSIC AT NEWPORT 1964 PART 2

  • マウンテン・ミュージック/ブルースLP
Clayton McMichen, Phipps Family,Robert Pete Williams, etc.- クレイトン・マクミッチェン、フィップス・ファミリー、ロバート・ピート・ウィリアムス、etc. - "TRADITIONAL MUSIC AT NEWPORT 1964 PART 2"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79183 / Rec 1964 / Pub 1965
ジャケット擦れ少々、色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートしみ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■マウンテン、ブルース、ゴスペルの生き証人たちが出演したこのシリーズの二枚目。
ニューポート・フォーク・フェスティバルに出演していたミュージシャンたちがお手本にした、本物のアメリカン・フォーク・シンガー、グループたちを一挙に収録した、二枚あるこのシリーズの一枚目。ロバート・ピート・ウィリアムス、ミシシッピ・ジョン・ハート、ロバート・ウィルキンスのブルースマン三人の登場に驚きつつ、元スキレット・リッカーズのフィドラー、クレイトン・マクミッチェン、カーター・ファミリーを引き継ぐフィップス・ファミリー、ジョージア・シー・アイランド・シンガーズ、ジーン・リッチー、アルメダ・リドルなどなど収録。【曲】「Clayton McMichen / Old Joe Clark, Bile Them Cabbage Down」「Phipps Family / Anchored His Love, God Gave Noah The Rainbow Sign」「Robert Pete Williams / Bulldog Blues(試聴)」「Seamus Ennis / Did The Rum-Do-Daddy, Piper On The Hearth, What'll Ye Do, Father's Maid」「Frank Profitt / My Home's Across The Blue Ridge Mountains, Poor Man」「?Georgia Sea Island Singers / Down In The Mire」「Mississippi John Hurt / Coffee Blues」「Glenn Ohrlin / Montana Is My Home, The Chickens They Grow Tall」「Jean Ritchie / "Tis The Gift To Be Simple(試聴), Goin' To Boston」「Almeda Riddle / The Hangman」「Phoeba And Roscoe Parsons / Sourwood Mountain(試聴), Shortening Bread」「Reverend Robert Wilkins / I Wish I Was In Heaven Sitting Down, Thank You Jesus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clifton Chenier - LIVE AT MONTREAUX

  • リズム&ブルース/ザディコLP
Clifton Chenier- クリフトン・シェニエ - "LIVE AT MONTREAUX"
U.K. / LP / Stereo / Charley CDX2 / Rec 1977 / Pub 1984
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■キング・オブ・ザディコ、クリフトン・シェニエの2LPライブ。
フレンチ・カナディアン達がこの土地にたどり着いて以来守ってきたケイジャンにR&Bの要素が加わり出来上がったのがザディコ。このアコーディオン奏者、クリフトン・シェニエはザディコを世界に広めたパイオニア。これは、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティヴァルに出演した時のライブ盤。兄のウォッシュボード奏者クリーブランド・シェニエと、ギター、ベース、ドラムというシンプルなコンボ編成で、沸騰するようなワイルドなナンバーから、うらぶれたブルース、泣きのスワンプ・ポップ、「Pinetop's Boogie Woogie」など2LP延々熱くプレイ。引き締まった演奏もほんとカッコイイ。全18曲。【曲】「Tu Est Si Jolie」「No Salt In Your Snapbeans」「You're Just Fussing Too Much」「Pinetop's Boogie Woogie」「Marcher Plancher(試聴)」「Here Little Girl」「Release Me」「Jambalaya」「I'm A Hog For You」「Louisiana Two-Step(試聴)」「When You Going To Sing For Me?」「Who Who Who」「You Promised Me Love」「Black Girl」「Money」「Hush Hush」「Calinda」「Duo (Encore)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.