(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: brass)

Jan Garber And His Orchestra - SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930

  • ジャズ78rpm
 Jan Garber And His Orchestra- ジャン・ガーバー&ヒズ・オーケストラ - "SWEET AND HOT VOLUME 2 : 1928-1930"
USA / 78rpm / Mono / Old Masters TOM54 / Rec 1928 - 1930 / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■名ジャズ・バンド、ジャン・ガーバーのオールド・マスターズ編集盤。
話はつきないオールド・マスターズ・レーベル。なんとパソコン開発のパイオニアだという、数学者でレコード・マニアのジョージ・モロウがやっていたレーベルで、ジェリー・ガルシアが聞いて感銘を受けたというオスカル・アレマンの編集盤や、ライ・クーダーがカバーした「Big Bad Bill」のエメット・ミラーなど、特にジャズの面白い盤を多くリリースしたレーベル。これはこの時代から戦後まで活躍、ポール・ホワイトマン等と並ぶ人気を博したジャン・ガーバー楽団の名演集。整然としたアレンジにホットなジャズの味も加えられたいいナンバーをぎっしり。【曲】「Since My Best Girl Turned Me Down」「Sister Kate」「Back In Your Own Backyard(試聴)」「Tin Ear(試聴)」「She's Great Great Girl」「Louisiana」「Way Down In Yonder In New Orleans」「'Round Evening」「Sonny Boy」「Outside」「Weary River」「That's Why I'm Happy」「Caressing You」「Guess Who」「Puttin' On The Ritz(試聴)」「When A Woman Loves A Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbecke, McKenzie-Condons Chicagoans, etc. - JAZZ 6 : CHICAGO NO.2

  • ジャズLP
 Bix Beiderbecke, McKenzie-Condon's Chicagoans, etc.- ビックス・バイダーベック、マッケンジー&コンドンズ・シカゴアンズ、etc. - "JAZZ 6 : CHICAGO NO.2"
USA / LP / Mono / Folkways / Rec late1920s / Pub 1958
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■戦前ジャズの歴史的名演を網羅したフォークウェイズ"JAZZ"シリーズから、シカゴ・ジャズ集。
シカゴは計二枚あり、一巻目はジョニー・ドッズやジミー・ヌーン、サッチモなど黒人ジャズ集で、この二巻目は、オースティン高校出身者で構成された、シカゴアンズと呼ばれた連中によるホワイト・ジャズ発祥の名演を中心に収録。ビックス・バイダーベックを中心にチャールズ・ピアース楽団、シカゴ・リズム・キングス、ビックスの憧れだったニューオーリンズ・リズム・キングス、エディ・コンドン、フランク・テシュメーカー等収録。オリジナルは52年、これは58年盤。【曲】「Sweet Lovin' Man / King Oliver Creole Jazz Band」「Sweet Lovin' Man / New Orleans Rhythm Kings」「Jazz Me Blues / Wolverine Orchestra」「Sister Kate / Charles Pierce and His Orchestra」「Everybody Loves My Baby / The Stomp Six」「Tennessee Twilight / Chicago Rhythm Kings(試聴)」「Maple Leaf Rag / Paul Mares and His Friar's Society Orchestra」「Somebody Stole My Gal / Bix Beiderbecke and His Gang」「Margie / Bix Beiderbecke and His Gang」「Jazz Me Blues / Frank Teschemacher's Chicagoans」「Sugar / McKenzie-Condon's Chicagoans(試聴)」「China Boy / McKenzie-Condon's Chicagoans」「Nobody's Sweetheart / McKenzie-Condon's Chicagoans」「There'll Be Some Changes Made / McKenzie-Condon's Chicagoans」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alabama Washboard Stompers - 1930-1932

  • ジャズ/ウォッシュボード・バンドLP
 Alabama Washboard Stompers- アラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ - "1930-1932"
Italy / LP / Mono / Gardenia AWS4013 / Rec 1930 to 1932 / Pub ?
ジャケット表裏擦れほとんど無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■テディ・バンらが始めたアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズの編集盤。
洗濯板をドラム替わりにした、言ってみればジャズ・マンがやるロックンロールのようなウォッシュボード・バンド。これは、ジャズ&ブルース・ギタリスト、テディ・バンらが始めたアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズの編集盤で、ウォッシュボード・バンドをかなり積極的にリリースしたイタリアのガーデニア・レーベルからの一枚。メンバーは流動的で、後にバンが始めるジャイヴ・バンド、スピリッツ・オブ・リズムのメンバーが入ってる曲もあり。小編成ならではの、おのおののワザをズバッと見せるナンバーがぎっしり。多分、彼らの単独LP編集盤はこれだけ。裏ジャケットは当時の名ウォッシュボード・バンドのディスコグラフィになってます。【曲】「If I Could Be With You」「The Porter's Love Song(試聴)」「Pig Meat Stomp(試聴)」「Rockin' Chair」「I Want A Little Girl」「You're Lucky To Me」「Who Stole The Lock」「Treat Me Like A Baby」「I Need Lovin'」「I Surrender, Dear」「You Can't Stop Me From Lovin' You」「Corrine, Corrina」「Was That The Human Thing To Do」「Can't We Talk It Over」「Pepper Steak」「If You Don't Love Me」「You Can Depend On Me」「If All The World Was Made Of Glass」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mamie Smith With Perry Bradfords Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc. - A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE

  • ジャズLP
 Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds, Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk, etc.- メイミー・スミス&ペリー・ブラッドフォード、コールマン・ホーキンス&セロニアス・モンク、etc. - "A HISTORY OF JAZZ : THE NEW YORK SCENE"
USA / LP / Mono / RBF RF3 / Rec 1914 to 1945 / Pub 1961
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ニューヨークのジャズ名演をまとめたRBFの編集盤。
フォークウェイズの有名な"JAZZ"シリーズとは関係なく、フォークウェイズの親戚レーベル、RBFが独自に作ったニューヨーク・ジャズ集。"何年代のジャズ"という内容ではなく、ジャズ以前のバンドから黎明期、そして華やかな20年代、キャブ・キャロウェイ等の30年代、セロニアス・モンク、ディジー・ガレスピー等40年代ビバップまでを14曲のマスターピースで聞く一枚。【曲】「Europe's Society Orchestra / Too Much Mustard」「Original Dixieland Jazz Band / Sensation Rag」「Mamie Smith With Perry Bradford's Jazz Hounds / Crazy Blues」「Fletcher Henderson And His Orchestra / Sugar Foot Stomp(試聴)」「Clarence Williams' Washboard Five / Log Cabin Blues」「Charlie Johnson's Paradise Orchestra / Boy In The Boat」「Miff Mole's Little Molers / Shim-Me-Sha-Wabble」「Louisiana Sugar Babes / Thou Swell(試聴)」「Duke Ellington And His Orchestra / Harlem River Quiver」「Missourians / Ozark Mountain Blues」「Cab Calloway And His Orchestra / Keep That Hi-De-Hi In Your Soul」「Jimmy Lunceford And His Orchestra / Jazznochracy」「Coleman Hawkins Quartet With Thelonious Monk / Flyin' Hawk(試聴)」「Dizzy Gillespie And His Sextet / Groovin' High」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Georgie Auld And His Orchestra - JUMP GEORGIE JUMP

  • ジャズLP
 Georgie Auld And His Orchestra- ジョージー・オールド&ヒズ・オーケストラ - "JUMP GEORGIE JUMP"
U.K. / LP / Mono / Hep 27 / Rec mid1940s / Pub 1982
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■テナー奏者ジョージー・オールドの、自身の楽団の音源を集めた一枚。
ゆるく太いビブラートをかけたいやらしい音から、ワイルドなホンカータイプの音まで表現豊かな音色をもち、スウィングを基礎にしながらバップも吹けるテナー・マン、ジョージー・オールド。アーティー・ショウとベニー・グッドマンの黄金期を出入りした後に結成した自身の楽団のラジオ音源。ハワード・マッギー(TP)、アル・コーン(TS)、オールドの妻となるパティ・パワーズ(Vo.)etc他参加。【曲】「Short Circuit」「Mandrake Root」「Poinciana」「Jivin' With Te Jug(試聴)」「Yesterdays」「I'll Always Be In Love With You」「Stomping At The Savoy(試聴)」「Sentimental Journey(試聴)」「Jump, Georgie, Jump」「I'm Always Chasing Rainbows」「Stomping At The Savoy」「I Can't Get Started」「Taps Miller」「Concerto For Tenor」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harlem Hamfats - IM SO GLAD

  • ジャズ/ブルースLP
 Harlem Hamfats- ハーレム・ハムファッツ - "I'M SO GLAD"
Italy / LP / Mono / Queen Disc Q-062 / Rec 1936, 1937 / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、左下小折れ目、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■デルタ、ニューオリンズ、シカゴのブルース&ジャズが混ざったワン&オンリーのハーレム・ハムファッツ。
シンガー等の伴奏を務めるために35年頃シカゴに結集したミュージシャンによるバンド、ハーレム・ハムファッツ。といいつつハーレム出身は1人もおらず、ミシシッピからチャーリーとジョーのマッコイ兄弟(G、Mandolin)、ニューオリンズからハーブ・モランド(TP)、オデル・ランド(CL)、シカゴからホレス・マルコム(P)ら。つまりデルタ、ニューオリンズ、シカゴなどのブルースとジャズが混ざったということがこのバンドを数倍面白いものに。このバンドがロックンロールの原型を既に作り上げているという人もいます。これは伊クィーン・ディスクから出た36/37年の音源集。ドキュメントのアルバムとは曲の重なり無し。【曲】「Live And Die For You(試聴)」「New Oh Red!」「She's Gone Again」「Move Your Hand(試聴)」「Sales Tax On It (But It's The Same Thing)」「You Done Tore Your Playhouse Down」「Weed Smoker's Dream (Why Don't You Do Now)(試聴)」「It Was Red」「I Feel Like Going To Town」「I'm So Glad」「Down In Shady Lane」「I'm Cuttin' Out」「Hoodooin' Woman」「I Love That」「Baby Don't You Tear My Clothes」「You Drink Too Much」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestra Of Alexander Stellio - AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE

  • 民俗音楽/ビギンLP
Orchestra Of Alexander Stellio- オーケストラ・オブ・アレクサンドル・ステリオ - "AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE"
USA / / Mono / Folklyric 9050 / Rec 1929-1932 / Pub late1970s?
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏領マルティニークの戦前ストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオの音源集。
カリブの島々の一つ、仏領マルティニークのストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオ楽団の音源を集めた米フォークリリック編集盤。これ、スゴイ。17世紀頃から形になっていたというビギンですが、コール・ポーターの有名な「Begin The Beguine」はルンバ調で、この盤の編者ディック・スポッツウッドはポーターは本当のビギンを聴いたかどうか怪しいとライナーで言っている通り、あのイメージは皆無。むしろニューオーリンズとトリニダットの音楽が混ざったような濃い複雑なダンス音楽。このバンドは主役のクラリネット、ヴァイオリン、ドラム、トロンボーンの編成で、時にはバンジョーなども編成に加わっています。馬鹿テクのトロンボーンがリフのような演奏でメロディーの下線を引き、クラリネットとヴァイオリンは自由闊達に動き回り、そこにさらに細かいストロークにたまげるティプレ?バンジョー?が乱入したりします。しかも混乱じゃなくてきちんと収拾されてるのが恐ろしい。29~32年の14曲で、全てフランスで録音されたもの。【曲】「Ah! Gade Chabine La」「En Sens Unique S.V.P(試聴)」「Rialto! Sens Unique」「Mettez I Dero」「Mussieu Dollar(試聴)」「Mussieu Satan Fache」「Balcon Fleuri」「Ba Mouin En Ti Bo Dou Dou」「Belle Madame」「Asi Pare」「Paris」「Pani Ti Moun」「Maladie D'Amour」「Cherie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Enevoldsen - SMORGASBORD

  • ジャズLP
 Bobby Enevoldsen- ボビー・エネヴォルドゼン - "SMORGASBORD"
USA / LP / Mono / Liberty LJH6008 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット擦れ少々、コート材のしわ少々、下部中央にしみと縁裂け、上部取り出し口に縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■西海岸の管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼンの56年作。
西海岸ジャズのキーマンと言える人で、様々な重要セッションで活躍したマルチ管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼン。56年のアルバムで、彼の魅力はもちろんそれ以上に参加メンバーも力を発揮した名作。マーティ・ペイチ(P, Org,, Acc.)、ハワード・ロバーツ(G)、ラリー・バンカー(Vib, D)、レッド・ミッチェル(B, P)、ドン・ヒース(D)で、彼曰くストレートにジャズしたと語っていますが全然ストレートじゃなくて、ヒネリ、遊びの効いた一枚。タイトルはヴァイキング(とり放題のレストラン)のことで、確かに楽器をヴァイキング形式で演奏しています。【曲】「Ding Dong, The Witch Is Dead(試聴)」「Swingin' On A Star」「Swinger's Dream」「My Ideal」「How Low The Tune」「John's Jumble(試聴)」「You're In Love(試聴)」「Thinking Of You」「No Time For Love」「Mr. Know-It-All」「Oh! Look At Me Now」「Bob's Boy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zutty Singleton And The Clarinet Kings - VOLUME 1

  • ジャズLP
Zutty Singleton And The Clarinet Kings- ズティ・シングルトン&ザ・クラリネット・キングス - "VOLUME 1"
USA / LP / Stereo / Fat Cats Jazz FCJ100 / Rec 1967 / Pub late60s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、B面に一本強めの擦れ、音に出ず
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2680 yen
■伝説的ジャズ・ドラマー、ズティ・シングルトンの67年録音盤。
ベイビー・ドッズと並ぶジャズ・ドラマーの草分けズティ・シングルトン。これは彼が67年に録音していたセッションを収録したアルバムで、スヌーザー・クイン等トラッドのいいものをリリースしたファット・キャッツ・ジャズの旗揚げ盤。クラリネット・キングスとあり確かにクラもいいのですが、ウォルター・スライド・ハリスというトロンボーン奏者とジョンソン・マクリーというシンガーが特にいい一枚。スロウ、ミッド・スロウ多め。【曲】「Snake Rag」「Nobody Knows You When You're Down & Out(試聴)」「Dr.Jazz Stomp」「Yellow Dog Blues(試聴)」「When You Wore a Tulip」「Marie」「Winin' Boy Blues(試聴)」「Of All the Wrongs You Done To Me」「Royal Garden Blues」「You Tell Me Your Dream」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duke Ellington - DUKE ELLINGTON

  • ジャズLP
 Duke Ellington- デューク・エリントン - "DUKE ELLINGTON"
France / LP / Mono / BYG 529071 / Rec 1924 to 1927 / Pub 1970s
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■素晴らしい内容。仏BYGの初期エリントン集。
仏BYGから、デューク・エリントンの初期の珍しい音源を収録した一枚。これが素晴らしい内容。初めて組んで録音したバンド、ワシントニアンズのデビュー曲、やはりこの頃在籍していたジョー・トレント&ディーコンズというグループや、エリントン・バンドの看板ドラマー、ソニー・グリアが歌うソニー&ディーコンズだけでなく、エリントンがピアノで伴奏した女性シンガーのソロなども収録。だめ押しはエリントンのピアノ・ロール。ドラム内臓のプレイヤー・ピアノで再生されるのですが、これがビックリするほどいい曲。ほとんど初めて知る曲ばかり。【曲】「Jig Walk / Duke Ellington」「It's Gonna Be A Cold Cold Winter / Alberta Prime」「Parlor Social De Luxe / Alberta Prime」「Choo Choo / The Washingtonians」「Rainy Nights / The Washingtonians」「Deacon Jazz / Joe Trent And The Deacons」「Oh How I Love My Darling / Sonny And The Deacons」「I'm Gonna Hang Around My Sugar / The Washingtonians」「Trombone Blues / The Washingtonians」「Georgia Grind / The Washingtonians」「Parlor Social Stomp / The Washingtonians」「Lucky Number Blues / Alberta Jones With The Ellington Twins」「I'm Gonna Put You Right In Jail / Alberta Jones With The Ellington Twins」「If You Can't Hold The Man You Love / Evelyn Preer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc. - LIVE AT THE APOLLO 1944-1947

  • ジャズLP
Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc.- アースキン・ホーキンス、ジミー・ランスフォード、デューク・エリントン、etc. - "LIVE AT THE APOLLO 1944-1947"
USA / LP / Mono / Everybodys EV3003 / Rec 1944 to 1947 / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ブラック・ミュージックの殿堂アポロ劇場でのライブを収録したオムニバス。
戦後すぐあたり、ラジオ放映のために録音された音源を収録。バップの母メアリー・ルー・ウィリアムズやハワード・マッギーも在籍していたウルトラ・ホットなアンディ・カーク楽団、「ビギン・ザ・ビギン」を演奏するフレッチャー・ヘンダーソン楽団、カウント・ベイシーは「One O'Clock Jump」、そういう熱狂の中一人静かに歌うビリー・ホリデイetc....全11グループ14曲収録。【曲】「Erskine Hawkins Orch. / Tuxedo Junction」「Jimmie Lunceford Orch. / Yard Dog Mazurka」「Duke Ellington Orch. / Things Ain't What They Used To Be(試聴)」「Andy Kirk Orch. / Wake Up!」「Roy Eldridge Orch. / Jumpin' With The Jeep」「Dizzy Gillespie Orch. / Lady Bird」「Cecil Scott Orch. / Cecil's Jive(試聴)」「Earl Hines Orch. / Tales Of The Vienna Woods」「Andy Kirk Orch. / Paradise Valley」「Billie Holiday / Do Nothing 'Till You Hear From Me」「Noble Sissle Orch. / Unnecessary Jive」「Fletcher Henderson Orch. / Begin The Beguine」「Erskine Hawkins Orch. / Down In Titusville」「Count Basie Orch. / One O'Clock Jump」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitchell-Ruff Duo - CAMPUS CONCERT

  • ジャズLP
 Mitchell-Ruff Duo- ミッチェル・ラフ・デュオ - "CAMPUS CONCERT"
USA / LP / Mono / Epic LN3318 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、上部右側と背の下部にテープ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でる表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ライブ風のタイトルですが、スタジオ録音作品。こんな特殊なデュオは世界で只一組。
ハンプトン楽団をそろって抜けたピアニスト、ドゥワイク・ミッチェルと、ベース&フレンチ・ホルンのウイリー・ラフが55年に結成した独創的なジャズ・デュオ、ミッチェル・ラフ・デュオ。ピアノ&ベース又はピアノ&フレンチ・ホルンという組み合わせで、演目はジャズ系スタンダード。原曲を何十倍にも膨らませた抽象的な和音と奏法で波のようすを表したピアノが絶品の「Red Sails In The Sunset」、スペイシーなフレンチ・ホルンと機械仕掛けのようなピアノで演奏される「Out Of This World」等々収録。ちなみにウィリー・ラフは後年天文学者ケプラーの理論で電子音楽を始める人。オリジナル盤。【曲】「They Can't Take That Away From Me(試聴)」「Red Sails In The Sunset」「My Heart Stood Still」「Little Girl Blue」「I'll Take Romance」「Body And Soul」「'Round Midnight」「But Beautiful」「Out Of This World(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.