(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: brass)

Bobby Enevoldsen - SMORGASBORD

  • ジャズLP
 Bobby Enevoldsen- ボビー・エネヴォルドゼン - "SMORGASBORD"
USA / LP / Mono / Liberty LJH6008 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット擦れ少々、コート材のしわ少々、下部中央にしみと縁裂け、上部取り出し口に縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■西海岸の管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼンの56年作。
西海岸ジャズのキーマンと言える人で、様々な重要セッションで活躍したマルチ管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼン。56年のアルバムで、彼の魅力はもちろんそれ以上に参加メンバーも力を発揮した名作。マーティ・ペイチ(P, Org,, Acc.)、ハワード・ロバーツ(G)、ラリー・バンカー(Vib, D)、レッド・ミッチェル(B, P)、ドン・ヒース(D)で、彼曰くストレートにジャズしたと語っていますが全然ストレートじゃなくて、ヒネリ、遊びの効いた一枚。タイトルはヴァイキング(とり放題のレストラン)のことで、確かに楽器をヴァイキング形式で演奏しています。【曲】「Ding Dong, The Witch Is Dead(試聴)」「Swingin' On A Star」「Swinger's Dream」「My Ideal」「How Low The Tune」「John's Jumble(試聴)」「You're In Love(試聴)」「Thinking Of You」「No Time For Love」「Mr. Know-It-All」「Oh! Look At Me Now」「Bob's Boy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zutty Singleton And The Clarinet Kings - VOLUME 1

  • ジャズLP
Zutty Singleton And The Clarinet Kings- ズティ・シングルトン&ザ・クラリネット・キングス - "VOLUME 1"
USA / LP / Stereo / Fat Cats Jazz FCJ100 / Rec 1967 / Pub late60s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、B面に一本強めの擦れ、音に出ず
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2680 yen
■伝説的ジャズ・ドラマー、ズティ・シングルトンの67年録音盤。
ベイビー・ドッズと並ぶジャズ・ドラマーの草分けズティ・シングルトン。これは彼が67年に録音していたセッションを収録したアルバムで、スヌーザー・クイン等トラッドのいいものをリリースしたファット・キャッツ・ジャズの旗揚げ盤。クラリネット・キングスとあり確かにクラもいいのですが、ウォルター・スライド・ハリスというトロンボーン奏者とジョンソン・マクリーというシンガーが特にいい一枚。スロウ、ミッド・スロウ多め。【曲】「Snake Rag」「Nobody Knows You When You're Down & Out(試聴)」「Dr.Jazz Stomp」「Yellow Dog Blues(試聴)」「When You Wore a Tulip」「Marie」「Winin' Boy Blues(試聴)」「Of All the Wrongs You Done To Me」「Royal Garden Blues」「You Tell Me Your Dream」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duke Ellington - DUKE ELLINGTON

  • ジャズLP
 Duke Ellington- デューク・エリントン - "DUKE ELLINGTON"
France / LP / Mono / BYG 529071 / Rec 1924 to 1927 / Pub 1970s
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■素晴らしい内容。仏BYGの初期エリントン集。
仏BYGから、デューク・エリントンの初期の珍しい音源を収録した一枚。これが素晴らしい内容。初めて組んで録音したバンド、ワシントニアンズのデビュー曲、やはりこの頃在籍していたジョー・トレント&ディーコンズというグループや、エリントン・バンドの看板ドラマー、ソニー・グリアが歌うソニー&ディーコンズだけでなく、エリントンがピアノで伴奏した女性シンガーのソロなども収録。だめ押しはエリントンのピアノ・ロール。ドラム内臓のプレイヤー・ピアノで再生されるのですが、これがビックリするほどいい曲。ほとんど初めて知る曲ばかり。【曲】「Jig Walk / Duke Ellington」「It's Gonna Be A Cold Cold Winter / Alberta Prime」「Parlor Social De Luxe / Alberta Prime」「Choo Choo / The Washingtonians」「Rainy Nights / The Washingtonians」「Deacon Jazz / Joe Trent And The Deacons」「Oh How I Love My Darling / Sonny And The Deacons」「I'm Gonna Hang Around My Sugar / The Washingtonians」「Trombone Blues / The Washingtonians」「Georgia Grind / The Washingtonians」「Parlor Social Stomp / The Washingtonians」「Lucky Number Blues / Alberta Jones With The Ellington Twins」「I'm Gonna Put You Right In Jail / Alberta Jones With The Ellington Twins」「If You Can't Hold The Man You Love / Evelyn Preer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc. - LIVE AT THE APOLLO 1944-1947

  • ジャズLP
Erskine Hawkins, Jimmy Lunceford, Duke Ellington, etc.- アースキン・ホーキンス、ジミー・ランスフォード、デューク・エリントン、etc. - "LIVE AT THE APOLLO 1944-1947"
USA / LP / Mono / Everybodys EV3003 / Rec 1944 to 1947 / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ブラック・ミュージックの殿堂アポロ劇場でのライブを収録したオムニバス。
戦後すぐあたり、ラジオ放映のために録音された音源を収録。バップの母メアリー・ルー・ウィリアムズやハワード・マッギーも在籍していたウルトラ・ホットなアンディ・カーク楽団、「ビギン・ザ・ビギン」を演奏するフレッチャー・ヘンダーソン楽団、カウント・ベイシーは「One O'Clock Jump」、そういう熱狂の中一人静かに歌うビリー・ホリデイetc....全11グループ14曲収録。【曲】「Erskine Hawkins Orch. / Tuxedo Junction」「Jimmie Lunceford Orch. / Yard Dog Mazurka」「Duke Ellington Orch. / Things Ain't What They Used To Be(試聴)」「Andy Kirk Orch. / Wake Up!」「Roy Eldridge Orch. / Jumpin' With The Jeep」「Dizzy Gillespie Orch. / Lady Bird」「Cecil Scott Orch. / Cecil's Jive(試聴)」「Earl Hines Orch. / Tales Of The Vienna Woods」「Andy Kirk Orch. / Paradise Valley」「Billie Holiday / Do Nothing 'Till You Hear From Me」「Noble Sissle Orch. / Unnecessary Jive」「Fletcher Henderson Orch. / Begin The Beguine」「Erskine Hawkins Orch. / Down In Titusville」「Count Basie Orch. / One O'Clock Jump」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitchell-Ruff Duo - CAMPUS CONCERT

  • ジャズLP
 Mitchell-Ruff Duo- ミッチェル・ラフ・デュオ - "CAMPUS CONCERT"
USA / LP / Mono / Epic LN3318 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、上部右側と背の下部にテープ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でる表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ライブ風のタイトルですが、スタジオ録音作品。こんな特殊なデュオは世界で只一組。
ハンプトン楽団をそろって抜けたピアニスト、ドゥワイク・ミッチェルと、ベース&フレンチ・ホルンのウイリー・ラフが55年に結成した独創的なジャズ・デュオ、ミッチェル・ラフ・デュオ。ピアノ&ベース又はピアノ&フレンチ・ホルンという組み合わせで、演目はジャズ系スタンダード。原曲を何十倍にも膨らませた抽象的な和音と奏法で波のようすを表したピアノが絶品の「Red Sails In The Sunset」、スペイシーなフレンチ・ホルンと機械仕掛けのようなピアノで演奏される「Out Of This World」等々収録。ちなみにウィリー・ラフは後年天文学者ケプラーの理論で電子音楽を始める人。オリジナル盤。【曲】「They Can't Take That Away From Me(試聴)」「Red Sails In The Sunset」「My Heart Stood Still」「Little Girl Blue」「I'll Take Romance」「Body And Soul」「'Round Midnight」「But Beautiful」「Out Of This World(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ocie Stockard And The Wanderers - 1937 THE FAMOUS FOURTEEN

  • ウエスタン・スウィングLP
 Ocie Stockard And The Wanderers- オシー・ストッカード&ザ・ワンダラーズ - "1937 THE FAMOUS FOURTEEN"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8103 / Rec 1937 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ウエスタン・スウィング・バンド、オシー・ストッカードの編集盤。
ブルース、ジャズのSP盤リイシュー・レーベルのパイオニア、オリジン・ジャズ・ライブラリーが、カントリーをリリースしていたとはオドロキ。でもやっぱり、オリジンが出すだけあって内容は抜群。ミルトン・ブラウンと一緒にやっていたバンジョー奏者オシー・ストッカードが始めたグループで、40年代初頭に特に活躍するのですが、これは初録音を収録した一枚。なんと収録の全14曲、37年のある日たった一日で全て録音されたそうで、ジャズ・トランぺッターのハリー・パーマーが全編に参加。カントリー色は薄めで、南部の田舎のジャズという感じ。全てこの盤で初めてLP化されたものだそう。【曲】「There'll Be Some Changes Made(試聴)」「Just Blues」「Same Thing All The Time」「Wabash Blues」「Please Sing For Me(試聴)」「To My House」「Black And Blues」「Ain't Nobody Truck Like You」「One Of Us Was Wong」「Turn Your Lights Down Low」「How Come?」「Why Shouldn't I」「Long Ago」「What's The Matter」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kay Kyser And His Orchestra - THE SWINGING SIDE

  • ジャズLP
 Kay Kyser And His Orchestra- ケイ・カイザー&ヒズ・オーケストラ - "THE SWINGING SIDE"
USA / LP / Mono / Golden Era 15052 / Rec 1940s / Pub 1970s
ジャケット裏面擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ケイ・カイザーのスウィンギンなナンバーを集めた一枚。
当店大推薦のケイ・カイザー楽団。ジャズの歴史の中で重要な役割を果たしたわけでは無いですし、マニアックなコレクターがいるわけでもないですが、このグループの洗練されたこだわりのダンス・バンド・ナンバーは格別。これは、その名の通り彼らの音源でスウィンギンでのりのいいものばかりを集めた一枚。ラジオ系音源でしょうか?内容最高。ベイシーも驚く迫力のアップ、レイスコ風の機械仕掛けのジャズもあれば一曲挟まれたスローまでほんといい。【曲】「St. James Infirmary」「I Know That You Know」「Sleepy Time Gal」「The Sunny Side Of The Street」「Is You Is Or Is You Ain't My Baby」「Ain't Misbehavin'」「Bugle Call Rag(試聴)」「Holiday For Strings(試聴)」「Minuet In G」「Medley: Symphony/It Might As Well Be Spring」「Somebody Loves You」「Always」「Bye Bye Blues」「Limehouse Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Ribbon Syncopators Of Buffalo, Jesse Stone And His Blue Serenaders, etc. - TERRITORY BANDS 1926-29

  • ジャズLP
Blue Ribbon Syncopators Of Buffalo, Jesse Stone And His Blue Serenaders, etc.- ブルー・リボン・シンコペイターズ・オブ・バッファロー、ジェシ・ストーン&ヒズ・ブルー・セレネーダーズ、etc. - "TERRITORY BANDS 1926-29"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7082 / Rec 1926 to 1929 / Pub 1968 or 1969
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、しなりわずか、各面最初の方かすかにさっと出ます
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3800 yen
■闇雲で出鱈目なパワーに満ちた20年代のテリトリー・バンド(地方限定ジャズ・バンド)集。
ジャズはニューオーリンズからシカゴ、NYと歓楽街と結びついて発展してきたのですが、当然それ以外の地域でもジャズの波は波及し地方限定楽団(テリトリー・バンド)が沢山誕生。地方なので人数的にも制限があったりして、ブルース・バンドがジャズをやっていたり、ダンス・バンドなのかニューオリンズなのか、カントリー・ブルースなのかよく分からないようなグループもあったりして、一度はまると病みつきになりそうな出鱈目な世界。さらに多くの名プレイヤーも最初はテリトリー系でキャリアをスタートさせたという人多し。この盤にも、50年代R&Bの父的存在ジェシ・ストーンのゲキレア初期バンドや後に「Canadian Sunset」を作るエディ・ヘイウッドなんかも収録されています。ちなみにこれら原盤はものすごい値段。監修はクリス・エリス、ライナーはブライアン・ラストという世界最強コンビが送る一枚。【曲】「Blue Ribbon Syncopators / Blues In A Minor」「My Gal, My Pal」「Eddie Heywood & His Jazz Six / Trombone Moanin' Blues」「Jesse Stone And His Blue Serenaders / Starvation Blues」「Boot To Boot」「Charles Creath's Jazz-O-Maniacs / Butter Finger Blues」「Crazy Quilt」「Troy Floyd And His Plaza Hotel Orchestra / Wabash Blues」「Shadowland Blues, Part 1」「Shadowland Blues, Part 2」「J. Neal Montgomery And His Orchestra / Atlanta Low Down」「Auburn Avenue Stomp」「Troy Floyd And His Shadowland Orchestra / Dreamland Blues, Part 1」「Dreamland Blues, Part 2」「Roy Johnsons Happy Pals / Savoy Rhythm」「Happy Pal Stomp」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Jazz Group - JAZZ FROM DOWN UNDER 1946 - 1950 VOLUME 1 - 4

  • ジャズLP
 Southern Jazz Group- サザン・ジャズ・グループ - "JAZZ FROM DOWN UNDER 1946 - 1950 VOLUME 1 - 4"
Australia / LP / Mono / Dawn Club DC12021-4 / Rec 1946 to 1950 / Pub 1970s
ジャケット4枚ともに極浅い擦れ少々、レーベルはVol1と4にひげ極わずか、盤Vol.3のB面にプツ音でるスクラッチ、ほかは美品、すれほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  5800 yen
■オーストラリアのジャズ・バンド、サザン・ジャズ・グループの編集盤4枚セット。
こんなレコード初めて見ました。40年代から50年代にかけて活動した、オーストラリアのジャズ・バンド、サザン・ジャズ・グループの編集盤。スタイルはトラディショナル、しかしアメリカのバンドとはやはり似て非なるもので、トラッドとホット・ジャズが混ざり、それから少し後のターク・マーフィーなどの新世代のトラッド・ジャズを先取りしたうえに同じころのR&Bも聞いてたんじゃ?と思わせる内容。アップの曲などほとんどR&Rの前進力、スローの生々しいプレイにもたじたじ。それでいて親しみやすさもある、これはかなりスゴイグループ。メンフィス、ウィルコ、といった豪のレーベルのSP盤をまとめた編集盤第一~四集で、これで恐らくすべて。オーストラリア・オンリー。※曲目省略します

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stan Kenton And His Orchestra - ENCORES

  • ジャズ10LP
 Stan Kenton And His Orchestra- スタン・ケントン&ヒズ・オーケストラ - "ENCORES"
USA / 10LP / Mono / Capitol H155 / Rec 1940s / Pub 1950
ジャケット三辺テープ、擦れ、小汚れ少々、裏ジャケットにスタンプ、レーベルひげ無し、盤きれい、極浅い擦れ少々
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■スタン・ケントン50年のファースト・アルバム。
西の重要ジャズ・マンが軒並み顔を揃え、過去のジャズから決別したようなサウンドを展開していたスタン・ケントン楽団。これはSP盤からLP/シングルの時代になり初めてリリースされたケントンのファースト・アルバム。40年代にキャピトルに残した絶頂期のナンバーが8曲選ばれています。ダリ風のシュールな絵に描かれている様な殺伐とした異次元なジャズを組み立てているのは、ケントン、ケン・ハンナ、そして大部分がエーテル・サウンドの継承者ピート・ルゴロ。演奏メンバーは、アート・ペッパー、ボブ・クーパー、ローリンド・アルメイダ、ジューン・クリスティ、シェリー・マン、ジャック・コスタンゾetc....【曲】「Peg O' My Heart(試聴)」「He's Funny That Way(試聴)」「Capitol Punishment」「Painted Rhythm」「Lover(試聴)」「Somnambulism」「Abstraction」「Chorale For Brass, Piano And Bongo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestre Creoles Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc, - JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950

  • マルティニークの音楽LP
 Orchestre Creole's Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc,- オーケストラ・クレオールズ・バンド、ジャズ・サム・カスタンデ、ノッテ&ヒズ・クレオール・バンド、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2018 / Rec 1929 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■世界中の戦前ジャズ、ダンス音楽のSP盤を編集、再発していた英のハーレクイン・レーベルから、仏領マルティニーク編。
ジャズやダンス・バンドではなく、マルティニークでしか生まれ得なかったビギンの貴重なヴィンテージ録音が多く収録された一枚。人口構成がニューオーリンズとそっくりなこの島で、しかもジャズの誕生とほぼ平行して姿を現したというビギンはニューオリンズのジャズと似てはいますが、リズムの感じは全く違いむしろキューバ等に近い土台に自由に吹きまくるトロンボーンやクラ、スウィングするヴァイオリン、超絶バンジョーなどがアレンジされたまさに混血ミュージック。30年代にはようやくジャズも出始めますが、ビギンとブレンドされていて非常に面白い。この島には50年代まで録音スタジオが無かったようで、収録曲の録音は全てパリやNY。【曲】「L'Orchestre Antillais / Serpent Maigre(試聴)」「Mussieu Dollar」「Orchestre E. Leardee Du Celebre Bal Colonial De La Rue Blomet / La Belle Amelie」「Orchestre Creol's Band / Ninon(試聴)」「Taint No Sin」「Notte And His Creol Band De La Coupole Montparnasse / En Bas Caille La」「I've Found A Wonderful Girl」「Salnave And His Band / Brown Love」「Jazz Sam Castandet / Sweet Georgia Brown」「Haitian Orchestra / Sous Les Palmiers」「Fredy Jumbo Et Son Orchestre / Swing 42」「Jean Ferret Et Son Orchestre / Swing Guitars(試聴)」「Harry Cooper Et Son Orchestre / Nuages」「Ensemble Swing Du Hot Club / Georgina」「Jam Session No.6 / China Boy」「Orchestre Del's Jazz Biguine / La Figuie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie And Dede Pierce - NEW ORLEANS MUSIC

  • ジャズLP
 Billie And Dede Pierce- ビリー・アンド・ディーディー・ピアス - "NEW ORLEANS MUSIC"
USA / LP / Mono / Arhoolie 2016 / Rec 1959 / Pub 1971
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■クラシック・ブルース+コルネットという伝統的なスタイルを続けたニューオリンズのジャズ夫婦。
ベッシー・スミスの伴奏も経験したフロリダ出身の女性ピアニスト&シンガーのビリーが、コルネット奏者ディー・ディー・ピアスとコンビを組んでから、なんと30年以上たった59年に録音されたのがこのお宝音源。60年代になっても店内はいまだ戦前のままだったという飲み屋ルージェンズで長年コンビとして演奏してきた彼等の人生が刻まれている一枚。9割方ビリーが歌とピアノ、ディー・ディーもたまに歌います。このディーディーの歌も最高。【曲】「Eh La Bas」「Gulf Coast Blues(試聴)」「Some Of These Days(試聴)」「You Can Depend On Me」「The Peanut Vendor(試聴)」「Jelly Roll」「Mama Don't Allow」「Nobody Knows You When You're Down And Out」「Going Back To Florida」「Panama」「St. James Infirmary」「John Henry」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.