(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: brass)

Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moes Tropical Stars,etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945

  • ジャズ/民俗音楽LP
 Andy Iona, Brown Cats Of Rhythm, Tau Moe's Tropical Stars,etc.- アンディ・アイオナ、ブラウン・キャッツ・オブ・リズム、タウ・モエズ・トロピカル・スターズ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN HAWAII 1929-1945"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2070 / Rec 1929 to 1945 / Pub 1989
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■英ハーレクインの、世界の戦前ジャズ・シリーズから、ハワイ編。
バップ以降のジャズがほぼ定着しなかったハワイにとって、このスウィングまでの時代は全てが斬新。仏のサックス奏者のようなビブラートのかかったメロー・トーンのアルト・サックス、メロディアスなバリトン、コルネット、それにジャズ・ギターという編成のアンディ・アイオナ・グループ、ソル・ホオピイに並ぶハワイアン・ギタリスト、キング・ベニ-・ナワヒのハワイアン・ブルース、珍しいスティール・ギターとバンジョーのデュオのマスターズ・ハワイアンズ、米本土のR&Bジャズ・バンド顔負けのブラウン・キャッツ・オブ・リズム、何十年も後にボブ・ブロズマンとも共演するタウ・モエらのハワイアン・ジャズ・コーラスなどなど収録。【曲】「Andrew Aiona Novelty Four / Paahana」「Four Hawaiian Guitars / Black Boy Blues(試聴)」「King Nawahi's Hawaiians / Tickling The Strings」「Black Devils / Tiger Rag(試聴)」「Georgia Jumpers / The Big Feet Rag」「Master's Hawaiians / Lion Rag」「Kanui & Lula / Tomi Tomi」「Andy Iona And His Islanders / Minnehaha Hawaiian Stomp(試聴)」「Wailana Grass Shack Boys / St. Louis Blues」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 1)(試聴)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 1)」「Brown Cats Of Rhythm / Body And Soul」「Brown Cats Of Rhythm / I Got Rhythm」「Brown Cats Of Rhythm / Why Can't This Night Go On Forever (Take 2)」「Brown Cats Of Rhythm / Sweet Georgia Brown (Take 2)」「Tau Moe's Tropical Stars With Dr. Jazz / Paducah」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arch Ensemble - MUSIC OF ROBERT ERICKSON

  • クラシックLP
 Arch Ensemble- アーチ・アンサンブル - "MUSIC OF ROBERT ERICKSON"
USA / LP / Stereo / CRI SD494 / Rec 1984 / Pub 1984
ジャケット表裏擦れ少々、裏面書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■アメリカの作曲家、ロバート・エリクソンの三作を収録した一枚。
テリー・ライリーやポーリン・オリヴェロスを教え、アメリカで最も早く12音の作曲やテープ音楽を始めた、アメリカ前衛クラシックの先駆者ロバート・エリクソン。これはエリクソンのアンサンブル作を三作収録したCRIからの一枚。ジャチント・シェルシの禅的世界とジミー・ジュフリーの結論のないジャズが混ざったかのような新鮮な「Night Music」、メゾ・ソプラノと小編成のホーン、ストリングスが、リズム、音程ともに複雑に絡み合う「The Idea Of Order At Key West」、「Night Music」と近い編成で今度はそれぞれ持続音を鳴らし、カリフォルニアの波の音に溶け込む様子をテープも使い表した「Pacific Sirens」の三作。演奏は西海岸の作曲家の曲を主に演奏する、アーチ・アンサンブルという14人の楽団。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Shep Fields And His Orchestra - 1947-1951

  • ダンス・バンドLP
 Shep Fields And His Orchestra- シェップ・フィールズ&ヒズ・オーケストラ - "1947-1951"
USA / LP / Mono / Circle CLP133 / Rec 1947 to 1951 / Pub 1988
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■シェップ・フィールズ楽団の音源集。
30~40年代スウィング時代に全く個性的な音で人気となったシェップ・フィールズ楽団。ハル・ケンプ楽団が始めた、泡沫感たっぷりの嘘のようにコミカルなポスト・ダンス・バンド・スタイルは、この時代やる人はちょいちょいいたものの、フィールズのこだわりはぬきんでていました。これは47年から51年という、他ではあまり聞けない時代のナンバーを集めた一枚。【曲】「It's A Big, Wide, Wonderful World」「Because Of You(試聴)」「Triste Amour」「Clap Hands Polka」「Shadow In The Night(試聴)」「Pirouette(試聴)」「Spring Symphony」「Time Stood Still」「Medley From Film "waikiki Wedding"」「O Dem Golden Slippers」「So Sweet」「Organ Grinder's Swing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jelly Roll Morton, Louis Armstrong, Claude Hopkins, etc. - CRITICS CHOICE BY THE CARRAS JAZZ LECTURES

  • ジャズLP
 Jelly Roll Morton, Louis Armstrong, Claude Hopkins, etc.- ジェリー・ロール・モートン、ルイ・アームストロング、クロード・ホプキンス、etc. - "CRITICS CHOICE BY THE CARRAS JAZZ LECTURES"
USA / LP / Mono / Mono No Number / Rec 1920s to 1940s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ジャズ批評家6人が選んだ歴史的マスターピース集。
デューク・エリントンに最も信頼され公式バイオを書いたスタンリー・ダンス、批評のみならずラング&ヴェヌーティの↓のアルバムやロバート・ジョンソンのコロンビア盤を世に出したプロデューサーのフランク・ドリッグスなどなど錚々たる6人が、20年代から40年代のまでのジャズを2曲づつ選んだ12曲。裏ジャケットに彼らによる曲解説あり。レコード番号無し、恐らく非売品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sexteto Habanero, Trio Matamoros, etc. - HOT DANCE MUSIC FROM CUBA 1909-1937

  • 民俗音楽/キューバLP
 Sexteto Habanero, Trio Matamoros, etc.- セステート・アバネロ、トリオ・マタモロス、etc. - "HOT DANCE MUSIC FROM CUBA 1909-1937"
U.K. / LP / Mono / Harlequin Harlequin / Rec 1909 to 1937 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、小折れ目、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■英ハーレクインの"世界の戦前ジャズ"シリーズから、キューバ編。
世界中の戦前ジャズ、ダンス・ミュージックのSP盤を編集、再発していたイギリスのハーレクイン・レーベルから、キューバ編。国自体がジャズの成立過程(ヨーロッパとアフリカの出会い)と似たような境遇におかれたキューバの音楽がどのように発展したか、ということがわかる一枚で、キューバでジャズにあたるルンバやソンあたりの独自のキューバ音楽を収録。有名なセクテート・ナシオナル、ミゲル・マタモロス、彼のコーラス・グループ、トリオ・マタモロスなどの歴史的音源を収録。【曲】「Colombo Y Garcia / Mama Teresa (Rumba)」「Orquesta Pablo Valenzuela / Mama Teresa (Danzon)」「Orquesta Pablo Valenzuela / El Garrotin」「Orquesta Antonio Maria Romeu / Donde Andaba Anoche」「Orquesta Antonio Maria Romeu / Bururu Barara」「Orquesta Verar Del Real / El Nuevo Ford」「Sexteto Habanero / Loma De Belen(試聴)」「Sexteto Nacional / Mujeres Enamorenme」「Cuarteto Machin / Vacilando」「Miguel Matamoras / La Corneta China」「Trio Matamoras / Las Maracas De Cuba」「Enrique Byron Y Su Orquesta / Las Maracas De Cuba(試聴)」「Estrellas Habaneras / Buey Viejo」「Orquesta Paulina Alvarez / Almendra(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bix Beiderbeck - THE BIX BEIDERBECK STORY VOLUME 1 BIX AND HIS GANG

  • ジャズLP
 Bix Beiderbeck- ビックス・バイダーベック - "THE BIX BEIDERBECK STORY VOLUME 1 BIX AND HIS GANG"
USA / LP / Mono / Columbia CL844 / Rec 1927, 1928 / Pub 1973
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルに貼り物、ひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■コルネット奏者ビックス・バイダーベックの編集盤。
このコロンビアから出された三枚の編集盤は、コンプリート音源集などよりもビックス・バイダーベックの魅力をとらえ、簡潔にまとめた初期のジャズの名盤。これは第一集目で、27年から28年の間、ビックスが統率したバンドを中心に収録。5年ほどの活動であまりに大きな足跡を残したビックスの絶頂期の12曲。オリジナルは50年代初期、これは70年代イシュー。【曲】「The Jazz Me Blues」「Louisiana」「Sorry」「Thou Swell」「Ol' Man River(試聴)」「Somebody Stole My Gal(試聴)」「Royal Garden Blues」「At The Jazz Band Ball」「Since My Best Gal Turned Me Down」「Wa-Da-Da (Ev'rybody's Doin' It Now)」「Goose Pimples」「Rhythm King」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Claude Thornhill And His Orchestra - DANCE TO THE SOUND OF CLAUDE THORNHILL

  • ジャズLP
 Claude Thornhill And His Orchestra- クロード・ソーンヒル - "DANCE TO THE SOUND OF CLAUDE THORNHILL"
USA / LP / Stereo / Decca DL78878 / Rec 1958 / Pub early60s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■クロード・ソーンヒルの58年のアルバム。
「Snowfall」をはじめとする、斬新な楽器編成とヴォイシングで編み出した"妙なる美しき音楽"でスタートしたソーンヒル、戦後すぐにギル・エヴァンスがさらにモダン化に成功。ノン・ヴィブラートのサウンドとともに、マイルスの「クールの誕生」に直結。この一枚は、有名な時代の名曲を集めたものではなく、「Snowfall」等の代表作を交え製作された新録アルバム。ソーンヒルの持ち味をいかしたアレンジで、メロウな曲とダンサブルな曲、ソーンヒルのピアノも充分に味わえる好作。全12曲、ソーンヒル・マジック健在。セカンド・レーベルDG。【曲】「Witchcraft」「Medley : Where Or When - There's A Small Hotel - September Song」「Texas Blues」「Wonderful One」「Sleepy Serenade(試聴)」「Muskrat Ramble」「Snowfall(試聴)」「Skater's Cha Cha」「Autumn Nocturne」「Spaghetti Rag」「Medley : I Had The Craziest Dream - You'll Never Know」「Claudhopper」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Papa Celestin And New Orleans Band - PAPA CELESTINS GOLDEN WEDDING

  • ジャズ10LP
Oscar Papa Celestin And New Orleans Band- オスカー・パパ・セレスティン&ニューオーリンズ・バンド - "PAPA CELESTIN'S GOLDEN WEDDING"
USA / 10LP / Mono / Southland SLP206 / Rec 1954 / Pub 1955
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、色あせ、レーベルひげあり、盤チリ音でるスクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 3  4800 yen
■オスカー・セレスティンのラスト・アルバム。
ニューオーリンズのコルネット奏者オスカー“パパ”セレスティン。ブードゥーの女魔術師のことを唄ったクラシック「マリー・ラヴォー」の生みの親で、キング・オリバー、サッチモ、ジミー・ヌーンetc..が育ったグループを率い、ニューオーリンズの観光音楽のようなバンドとは違う、汚く淀んだ裏通りのムードまで漂わせるジャズを演奏した人。これは54年の彼の最後のレコーディングを収録したニューオーリンズのマイナー、サウスランドからの10インチLP。出たのは亡くなった後55年。その「マリー・ラヴォー」も素晴らしいのですが、冒頭の、よくセカンド・ラインでハッピーに演奏される「Down By The Riverside」の感動的なバージョン他、最高の内容。※オリジナル・ジャケット。【曲】「Down By The Riverside(試聴)」「Saints Come Machin' In」「Marie La Veau(試聴)」「Oh Didn't He Ramble」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Olivers Dixie Syncopators - 1926-1928 PAPA JOE

  • ジャズLP
King Oliver's Dixie Syncopators- キング・オリバー - "1926-1928 PAPA JOE"
USA / LP / Mono / MCA MCA1309 / Rec 1926 to 1928 / Pub 1980
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■キング・オリバーの音源集。
サッチモの師匠だったことも有名なジャズ・トランペット(コルネット)の真のパイオニア、キング・オリバー。どれだけデカイ音を出すかとか、そういう時代に、初めてトランペットで泣き笑いの表現をしたといわれる人。オリバーと言えばそのサッチモが在籍していた20年代中期あたりまで音源が有名ですが、これはその後26~28年の音源を集めた、クオリティの高い盤で知られるMCA編集盤。【曲】「Snag It(試聴)」「Deep Henderson」「Jackass Blues」「Sugar Foot Stomp」「Wa-Wa-Wa」「Doctor Jazz」「Showboat Shuffle」「Every Tub」「Willie The Weeper(試聴)」「Black Snake Blues」「Farewell Blues」「West End Blues」「Lazy Mama」「Speakeasy Blues」「Aunt Hagar's Blues」「I'm Watchin' The Clock」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlton Coon, Joe Sanders - ORIGINAL NIGHTHAWK ORCHESTRA VOLUME THREE BLAZIN 1927-1928

  • ジャズ/ダンス・バンドLP
 Carlton Coon, Joe Sanders - クーン・サンダーズ・オリジナル・ナイトホーク・オーケストラ - "ORIGINAL NIGHTHAWK ORCHESTRA VOLUME THREE BLAZIN 1927-1928"
USA / LP / Mono / Broadway Intermission Records BR146 / Rec late1920s / Pub 1989
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■カンザス出身のダンス・バンド、クーン・サンダーズ楽団の編集盤。
当時レコードをだしていた多くのダンス・バンドはスタジオ内だけのグループが圧倒的な量だったのですが、このグループは実体のある楽団で、ラジオ等で活躍し、中西部では圧倒的な人気だったグループ。演奏中にリクエストを受付ていたという画期的な事もやったのも彼らが始めてらしいです。演奏は当然クオリティ高し、さらにトリッキーなアレンジ、アイデアも豊かで、彼らの手にかかると普通の曲もたちまち面白くなるといわれたほど。ラリったメロディをビックスを茶化すような演奏で披露する「Hallucinations」(2バージョン収録)や、ロバート・クラムもカバーした「Ready For The River」等など、全16曲収録。【曲】「Hallucinations」「Stay Out Of The South」「Is She My Girl Friend?」「Ready For The River」「Oh! You Have No Idea」「Too Busy!」「Blazin'(試聴)」「Down Where The Sun Goes Down」「When You're Smiling」「Dusky Stevedore」「Hallucinations(試聴)」「Skinner's Sock」「My Suppressed Desire」「What A Girl! What A Night!」「Smilin' Skies」「Here Comes My Ball And Chain」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Torchy Jones Brass Quintet - CATCH THE BRASS RING

  • ジャズLP
 Torchy Jones Brass Quintet- トーチー・ジョーンズ・ブラス・クインテット - "CATCH THE BRASS RING"
USA / LP / Mono / Columbia CL1517 / Rec late50s / Pub late50s
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央に小縁裂け、右上取り出し口に縁裂け、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■チューバ奏者トーチー・ジョーンズ率いるジャズ・ブラス・アンサンブル。
木管カルテットやストリングス・カルテットなど同じ種類の楽器の小アンサンブルは何かと良いものばかりですが、これはトランペット、フレンチ・ホルン、トロンボーン、チューバという金管オンリーのアンサンブル・グループ。トーチー・ジョーンズのチューバを中心にアレンジされたサウンドはジャズでもクラシックともブラバンとも言い難い、しかし全部が融合されたような不思議な音。ブラスそのものよりも残響音が印象に残るのも面白い。伴奏で力を貸しているのはアート・ライアーソン(G)らのトリオ。ちなみに一曲目「Riding Home」は、ドヴォルザークの「遠き山に日は落ちて」です。【曲】「Riding Home」「Please」「Love Is Just Around The Corner」「Jonesy Swings」「Don't Get Around Much Anymore(試聴)」「That Old Black Magic」「One For My Baby」「Out Of Nowhere(試聴)」「Spring Love」「Basin Street Blues」「Jeanie With The Light Brown Hair」「Johnny One Note」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jack Teagarden, Frankie Trumbauer - TNT

  • ジャズLP
 Jack Teagarden, Frankie Trumbauer- ジャック・ティーガーデン、フランキー・トランバウアー - "TNT"
Canada / LP / Mono / Aircheck / Rec mid1930s / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■この2人の30年代ラジオ音源を収録したアルバム。
恐らくポール・ホワイトマン楽団の30年代ラジオ音源で、ジャック・ティーガーデン(TB、Vo)とフランキー・トランバウアー(Sax)がいい演奏をしているものを集めたという一枚。音質はまちまち、しかし内容は超充実。ジャックの弟のTP奏者チャーリー・ティーガーデンと3人で、ホワイトマン楽団内で結成された3T'sというトリオのナンバーもあり。【曲】「Dixie Lee」「Clambake: "The Funnies"」「Fare Thee Well To Harlem」「I'm So In Love With You」「Basin Street Blues」「Christmas Night In Harlem」「Beale Street Blues(試聴)」「Clambake: "Prohibition"」「Wildcat」「Bouncing Ball」「"F" Blues」「Bouncing Ball」「Nobody's Sweetheart」「Wabash Blues」「Flight Of The Haybag」「The Old Man Of The Mountain」「I'm The Mayor Of Alabam'(試聴)」「China Boy」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.