(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues, Page 2)

Papa George Lightfoot - NATCHEZ TRACE

  • ブルースLP
 Papa George Lightfoot- パパ・ジョージ・ライトフット - "NATCHEZ TRACE"
U.K. / LP / Stereo / Crosscut CCR1001 / Rec 1969 / Pub 1969
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏ジャケットにしみ、折れ目少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 4  2680 yen
■ミシシッピの伝説的ブルースハープ奏者、パパ・ジョージ・ライトフットのカムバック作。
40年代~50年代中期にかけて、ピーコックやアラジンからレコードを出していたもののリタイア、そして69年に、ブルース研究家&プロデューサー、スティーヴ・ラヴェリーが声をかけ録音されたカムバック作。演奏のスタイルも歌も、録音もダーティでド迫力。【曲】「My Woman Is Tire Of Me Lyin'(試聴)」「New Mean Old Train(試聴)」「Love My Baby」「Goin' Down That Muddy Road」「Ah,Come On Honey」「I Heard Somebody Cryin'」「Take It Witcha」「Nighttime」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jesse Thomas, Lightnin Hopkins, Willie Lane, etc. - DOWN BEHIND THE RISE 1947-1953

  • ブルースLP
 Jesse Thomas, Lightnin Hopkins, Willie Lane, etc.- ジェシー・トーマス、ライトニン・ホプキンス、ウィリー・レーン、etc. - "DOWN BEHIND THE RISE 1947-1953"
USA / LP / Mono / Nighthawk 106 / Rec 1947 to 1953 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■テキサス・ブルースマンのコアな名演を集めた編集盤。
40~50年代の最もコアでレアなブルース、リズム&ブルースを掘り起こしリリースしていたナイトホーク・レーベルから強烈な一枚。スター・タレント、ゴールド・スター等テキサスやロスのマイナー・レーベルに残された47~53年のブルース集。他の地域の面々が徐々にフルバンド形式になっていったのに対し、テキサスのブルースマンは弾き語りに固執、そんな生々しいナンバーを収録。全員スゴイが、全16曲中6曲も入っているジェシー・トーマス(ジャケット)は、ギター演奏、メロディ、独自の世界観含めてちょっとランク外の才能の持ち主。大推薦の一枚。【曲】「Jesse Thomas / Double Due Love You」「Jesse Thomas / Same Old Stuff」「Frankie Lee Sims / Single Man Blues」「Frankie Lee Sims / Don't Forget Me Baby」「Jesse Thomas / Gonna Write You A Letter」「Lightnin' Hopkins / Jazz Blues」「Lightnin' Hopkins / Henny Penny Blues」「Beverley Scott / Brownskin Woman」「Jesse Thomas / Another Friend Like Me」「Jesse Thomas / I Wonder Why」「Willie Lane / Too Many Women Blues」「Wright Holmes / Good Road Blues」「Wright Holmes / Drove From Home Blues」「Johnny Beck / Locked In Jail」「Johnny Beck / Lay Down Mama」「Jesse Thomas / Gonna Move To California」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amos Milburn, Pee Wee Crayton, T-Bone Walker, etc. - CENTRAL AVENUE BLUES

  • ブルースLP
 Amos Milburn, Pee Wee Crayton, T-Bone Walker, etc.- エイモス・ミルバーン、ピー・ウィー・クレイトン、Tボーン・ウォーカー、etc. - "CENTRAL AVENUE BLUES"
USA / LP / Mono / Ace Of Spades 1001 / Rec 1950s / Pub early1970s?
ジャケット円状の擦れ少々、しみ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ドロッとディープなウエストコースト・ブルース集。
エイス・オブ・スペイズという、恐らくはこの一枚を出しただけのレーベルから、濃厚なウエストコーストR&B、ブルース集。アラジン、モダン、そしてR&Bシンガー、ロイ・ミルトンがやっていたミルトーン・レーベル等の音源。ドロッとディープで荒んだナンバー中心に全15曲。【曲】「Amos Milburn / Walking Blues(試聴)」「Pee Wee Crayton / Central Avenue Blues」「T-Bone Walker / Description Blues(試聴)」「Johnny Wright / The World Is Yours」「Roy Milton / Blues In My Heart」「Blenders / Big Fine Baby」「Saunders King / Little Girl」「Little Willie Littlefield / Mean, Mean Woman」「Roy Hawkins / Highway 59」「Pee Wee Crayton / Poppa Stoppa(試聴)」「Pee Wee Crayton / When It Rains It Pours」「J. D. Nicholson / Love's Limit」「J. D. Nicholson / I Brought It On Myself」「Amos Milburn / Put Something In My Hand」「Charles Brown / Seven Long Days」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie Sanders And Binghamton Blues Boys, Cousin Leroy, etc. - YOUR CAR MACHINE : HOT BLUES 1956-1964

  • ブルースLP
 Willie Sanders And Binghamton Blues Boys, Cousin Leroy, etc.- ウィリー・サンダース&ビンガムトン・ブルース・ボーイズ、カズン・リロイ、etc. - "YOUR CAR MACHINE : HOT BLUES 1956-1964"
France / LP / Mono / Black Arts 804 / Rec 1956 to 1964 / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々、インサートきれい、カンパニー・スリーブ縁裂け少々
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■50~60年代前半のレア・ブルース・シングルを集めたコンピレーション。
何枚出していたのかも不明、フランスのブラック・アーツという小レーベルから、50年代~60年代前半のゲキレア・アングラ・ブルース・シングル集。小レーベルと言ってもカスタムのカンパニー・スリーブに分厚い解説インサートのかなり豪華な作り。ジョン・リーフッカーとも共演したデトロイトのブルース・ハープ奏者リトル・ソニー、カンザス・シティのワイルド・ブルース・シンガー&ギタリスト、モジョ・ワトソン、セント・ルイスのロッキン・ブルース・ギタリスト、ギター・トミー・ムーアなどなど、8組16曲収録。【曲】「Little Sonny / Love Shock」「I Love You Baby Until The Day I Die」「I Gotta Find My Baby」「Hear My Woman Calling」「Willie Sanders & Birmingham Blues Boys / Cross Cut Saw」「Slim's Twist(試聴)」「Cousin Leroy / Waitin' At The Station」「Crossroads」「Birmingham Junior And His Lover Boys / Birmingham Late Hours」「You're Too Bad」「Mojo Watson And His Band / So Broken Hearted(試聴)」「Guitar Tommy Moore And The 5 J's / Your Car Machine」「I Ain't Botherin' Nobody」「Big Charles Green With Lil' Dusty Fletcher & Front Page Clefs / Rocking On The Moon To-Night(試聴)」「Ace Holder & His Blues Rockers / Lonesome Harmonica」「Homeless Boy」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Four Internes - IM TROUBLED

  • ゴスペルLP
 Four Internes- フォー・インターンズ - "I'M TROUBLED"
Sweden / LP / Mono / Gospel Jubilee RF1400 / Rec 1951 to 1953 / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ゴスペル・グループ、フォー・インターンズの音源集。
ブラインド・ボーイ・フラーやレヴァランド・ゲイリー・デイヴィス等のブルースの名手に事欠かないノース・カロライナの街ダラムを拠点に活動した、この地を代表するゴスペル・ボーカル・グループ、フォー・インターンズ。51年から53年に、フェデラル等に残した20曲を収録。ゴスペルのボーカル・グループのみをリリースしたスウェーデンのゴスペル・ジュビリーからの一枚。【曲】「One Of These Mornings」「Count Your Many Blessings」「Newborn Again」「Home Again(試聴)」「In That Great Gettin' Up Morning」「See The Sign Of Judgement」「Do You Know Him」「In That Great Reunion」「Do Unto Others」「Going Back To Jesus」「I'm Troubled(試聴)」「It's All Right Now」「I'm Using My Bible For A Road Map」「Who Will Your Captain Be」「Living In The Glory Land」「Holy Father」「Stepped In The Water」「I Go To Jesus」「You'd Better Mind」「I Just Rose To Tell You」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Little Axe (Spirit Of Memphis Quartet, etc.) - SO MANY YEARS

  • ゴスペルLP
 Little Axe (Spirit Of Memphis Quartet, etc.)- リトル・アックス(スピリット・オブ・メンフィス・カルテット、etc.) - "SO MANY YEARS"
Sweden / LP / Mono / Gospel Jubilee RF1403 / Rec 1948 to 1954 / Pub 1989
ジャケット擦れほんのわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ゴスペル・シンガー、リトル・アックスのボーカル・グループ4組を収録した一枚。
テキサス生まれのゴスペル・シンガー、リトル・アックスことウィルマー・ブロードナックス。これは彼が結成しリード・シンガーを務めた4つのゴスペル・ボーカル・グループを収録したアルバム。48年から54年の音源で、原盤はキング、スペシャルティ、ピーコック等。ゴスペルのボーカル・グループのみをリリースしたスウェーデンのゴスペル・ジュビリーからの一枚。【曲】「Glory Glory」「There Is No Friend Like Jesus」「My Life Is In His Hands」「Lift Him Up」「When The Saints Go Marchin In」「Any How」「I Need Jesus On My Journey」「I'll Tell It Wherever I Go(試聴)」「If You Make A Start To Heaven (I Don't Turn Around)」「Make More Room For Jesus(試聴)」「Heaven In My View」「He's A Friend Of Mine」「I'll Never Forget」「How Far Am I From Canaan」「God Save America」「So Many Years (Jesus In Heaven)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pat Webb - GUITAR

  • ギター/ブルースLP
 Pat Webb- パット・ウェッブ - "GUITAR"
USA / LP / Stereo / Folkways FTS31043 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット円状の擦れ、ラジオ局シート貼り、下部テープ、裏ジャケットにスタンプ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■フォーク・ブルース・ギタリスト、パット・ウェッブのファースト・ソロ・アルバム。
60年代前半に、シャルロット・ダニエルズという女性とフォーク・ブルースの名作を出し、ライトニン・ホプキンズやヤンク・レイチェル等とも共演した放浪のギタリスト、パット・ウェッブ。この珍しい77年のアルバムは、バックワーズ・サム・ファークやジョン・ミラーなど一級のブルース・マン、さらにジョン・フェイヒーにも通じるイマジナティヴな世界を作った彼の代表的傑作。ギター一本の内向的でヴァラエティに富んだブルース演奏は、なぜもっと評価されないのかがさっぱり分かりません。ブルースにフラメンコのテクニックを導入したような「Wild Stallion」(フェイザーのようなエフェクターさえ使っています。)、ストレートにフォーク・ブルースを弾く「Blues In A」、自身のがさつなボーカルも披露するミシシッピ・シークスの代表曲「I'm Sitting On Top Of The World」、一時期のフェイヒーのようなブルースをベースにした独自なギター・インスト「Green Country Jump」などなど収録。【曲】「Wild Stallion」「Blues In A」「Forty-Four-Eleven(試聴)」「Sitting On Top Of The World(試聴)」「Dulcimer Songs(試聴)」「Gas Light」「Green County Jump」「Sand Dance」「Blues In B」「Variation In C」「Pat's Blues」「Saints (traditional)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy And Pete Seeger - STUDS TURKELS WEEKLY ALMANAC ON FOLK MUSIC BLUES ON WFMT

  • ブルース/フォークLP
 Big Bill Broonzy And Pete Seeger- ビッグ・ビル・ブルーンジー&ピート・シーガー - "STUDS TURKEL'S WEEKLY ALMANAC ON FOLK MUSIC BLUES ON WFMT"
USA / LP / Mono / Folkways FS3864 / Rec 1956 / Pub late50s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■作家スタッズ・ターケルのラジオ番組仕立てで収録されたビッグ・ビルとピート・シーガーの共演盤。
100以上の仕事に関して働く人々にインタビューをした口伝『仕事』などで知られる作家、スタッズ・ターケルが、シカゴのラジオ局WFMTでやっていた番組のレコード編。ブルースマン、ビッグ・ビル・ブルーンジーとピート・シーガーを迎え、インタビューを交えた演奏を収録。オリジナルは56年、これは恐らく60年前後の盤。【曲】「Studs Terkel / Introduction」「Pete Seeger / The Frog」「Big Bill Broonzy / Alberta」「Pete Seeger / Cripple Creek」「Old Joe Clark」「Leather Britches」「Sally Ann」「Big Bill Broonzy / I Wonder Why」「Makin My Get A-Way」「Little Margaret」「In The Evening When The Sun Goes Down」「Love You Baby(試聴)」「Pete Seeger / Hush A-Bye」「Big Bill Broonzy / John Henry」「Pete Seeger / Jesu, Joy Of Man's Desiring」「Big Bill Broonzy And Pete Seeger / You Got To Walk That Lonesome Valley(試聴)」「You Got To Stand In Judgement」「The Midnight Special」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kokomo Arnold, Peetie Wheatstraw - BLUES CLASSICS

  • ブルースLP
 Kokomo Arnold, Peetie Wheatstraw- ココモ・アーノルド、ピーティー・ウィートストロー - "BLUES CLASSICS"
USA / LP / Mono / Blues Classics 4 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげごくわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ココモ・アーノルド、ピーティー・ウィートストローを両面に収録した編集盤。
シカゴで活躍した左利きのスライド・ギタリスト、ココモ・アーノルドと、セントルイスの"Devil's Son In Law"ことピーティー・ウィートストローの2人をカップリング。プレスリーがカバーした「Milk Cow Blues」が有名なアーノルドは、「Red Beans And Rice」等アグレッシヴなボーカルとスライドが最高。大恐慌の最中でも高い人気で録音を続けたセント・ルイスのピーティー・ウィートストローは、アーノルドとコンビを組むことも多かったピアニストで、ウォルター・デイヴィスに負けない仕事量をこなし、アーノルド同様ロバート・ジョンソンにも多大な影響を与えた事でも有名。【曲】「Kokomo Arnold / Old Original Kokomo Blues(試聴)」「Kokomo Arnold / Mean Old Twister」「Kokomo Arnold / Front Door Blues」「Kokomo Arnold / Milk Cow Blues(試聴)」「Kokomo Arnold / Head Cutting Blues」「Kokomo Arnold / Let Your Money Talk」「Kokomo Arnold / Red Beans And Rice 」「Kokomo Arnold / Stop, Look And Listen」「Peetie Wheatstraw / Peetie Wheatstraw Stomp(試聴)」「Peetie Wheatstraw / Mama's Advice」「Peetie Wheatstraw / Ice And Snow Blues」「Peetie Wheatstraw / Peetie Wheatstraw Stomp #2」「Peetie Wheatstraw / Road Tramp Blues」「Peetie Wheatstraw / Working On The Project」「Peetie Wheatstraw / Shack Bully Stomp」「Peetie Wheatstraw / Working Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
Japan / LP / Mono / Kicking Mule WKS71028 / Rec 1966 / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  1680 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックのブルースギター教則レコード。
行着く先はこれ、というと怒られそうですが、しかし確実に彼の他のレコードには無い魅力があることも事実な、このジャンルの番外的名盤。フィンガー・ピッキング・ギタリスト、ステファン・グロスマンのファーストで、女性ギタリスト、ロリー・ブロックとのデュオとして出された一枚。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない演奏が異様な深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。国内盤で、曲解説のみならず、タブ譜、ギターのおさえ方の写真等も載った親切な日本語インサート。【曲】「Old Country Rock(試聴)」「Future Blues」「Turn Your Money Green」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Merle Travis - BACK HOME

  • カントリー/ブルースLP
 Merle Travis- マール・トラヴィス - "BACK HOME"
USA / LP / Mono / Capitol T891 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れわずか、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3680 yen
■アメリカン・ギタリスト、マール・トラヴィスの57年のアルバム。
チェット・アトキンスが彼の演奏を聴いてギターを志したという話も知られる、アメリカ史上最高のギター・レジェンドの一人、マール・トラヴィス。レス・ポールと同様に発明家としての才もあり、種々意見はあるものの、いわゆるソリッド・ボディのエレキ・ギターを作ったのはこのマール・トラヴィスというのが定説。これは代表曲「Nine Pond Hammer」他を収録した57年リリースの大名盤。【曲】「Nine Pound Hammer(試聴)」「That's All」「John Bolin」「Muskrat」「Dark As A Dungeon」「John Henry」「Sixteen Tons」「Possum Up A Simmon Tree(試聴)」「I Am A Pilgrim(試聴)」「Over By Number Nine」「Barbara Allen」「Lost John」※本日のアップはこれのみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Shines - SITTING ON TOP OF THE WORLD

  • ブルースLP
 Johnny Shines- ジョニー・シャインズ - "SITTING ON TOP OF THE WORLD"
USA / LP / Stereo / Biograph 12044 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット表裏擦れ極わずか、下部中央に小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■カントリー・ブルースマン、ジョニー・シャインズの72年のアルバム。
メンフィス生まれの伝説的なブルースマン、ジョニー・シャインズ。35年から37年の間、ロバート・ジョンソンと行動をともにしアメリカのみならずカナダへも演奏旅行、ジョンソンと別れてからはシカゴへ移り、50年代になってようやく初録音。これは72年の彼のオリジナル・フル・アルバム。ギターの冴えもキレも、声の張りも絶好調の全12曲。【曲】「Delta Pine(試聴)」「Pony Blues」「Milk Cow Blues(試聴)」「Dynaflow Blues」「Glad Rags」「Pet Rabbit」「Sitting On Top Of The World」「Ramblin' Blues」「Tell Me Mama」「Bumble Bee Blues」「It Ain't Nobody's Fault But Mine(試聴)」「Arguing And Boodling」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.