(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues, Page 2)

Goree Carter And His Hepcats - RCOK AWHILE

  • ブルースLP
 Goree Carter And His Hepcats- ゴリー・カーター&ヒズ・ヘップキャッツ - "RCOK AWHILE"
Sweden / LP / Mono / Blues Boy BB306 / Rec 1949 to 1951 / Pub 1983
見開きジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサスのロッキン・ブルース・マン、ゴリー・カーターの編集盤。
ワイノニーの「Good Rocking Tonight」やジャッキー・ブレンストン「Rocket 88」と並びロックンロール誕生の一曲と言われる「Rock Awhile」を49年に放ったテキサスのロッキン・ブルースマン、ゴリー・カーター。Tボーンのトグロ系ギターをさらにワイルドにした感のプレイに、ブギやラテンも取り入れたビート、ジャンプ・ブルースのシャウター系ボーカル。これはそのデビュー曲「Rock Awhile」を皮切りに彼の初期51年までのナンバーを17曲収録した編集盤。【曲】「Rock Awhile(試聴)」「Back Home Blues」「I'll Send You」「How Can You Love Me」「My Lover Is Coming Down」「Hoy - Hoy」「I Just Thought Of You」「Working With My Baby」「Serenade」「She's Just Old Fashioned」「Is It True」「What A Friend Will Do」「Come On Let's Boogie(試聴)」「Tell Me There Is Still A Chance」「I've Got News For You」「I'm Just Another Fool」「Bullcorn Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Hopkins - EARLY RECORDINGS

  • ブルースLP
 Lightning Hopkins- ライトニング・ホプキンス - "EARLY RECORDINGS"
USA / LP / Mono / Arhoolie R2007 / Rec late1940s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルがAB逆に貼られています、ひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ライトニンの初期音源集。半分ほどが未発表。
46年にまずロサンゼルスでアラジンに初録音、そしてすぐにテキサス・ヒューストンに戻り、地元のゴールドスターを根城に本格的に録音を開始したライトニン。これはその頃から50年ごろまでにゴールドスターに残した音源をまとめたアーフーリー編集盤。このうち、なんと半分以上が未発売で、これで初めてレコードになった音源。この時期の音源の吸い込まれるようなスゴミ、眼の前で歌っているような肉迫感は本当他に比べられるもの無し。【曲】「Bluebird Blues(試聴)」「Walking Blues」「Unkind Blues」「Mad With You」「Sombody's Got To Go」「Automobile Blues」「Seems Funny Baby」「Coolin' Board Blues」「Airplane Blues」「Loretta Blues」「Whiskey Blues」「You Don't Know」「Organ Boogie」「What Can It Be」「Ida Mae」「Goin' Back And Talk To Mama(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

A.C. And Blind Mamie Forehand, Sister O. M. Terrell, etc. - COUNTRY GOSPEL GUITAR CLASSICS 1927 - 51

  • ゴスペル/ブルースLP
 A.C. And Blind Mamie Forehand, Sister O. M. Terrell, etc.- AC & ブラインド・マミー・フォアハンド、シスターOMテレル、etc. - "COUNTRY GOSPEL GUITAR CLASSICS 1927 - 51"
Austria / LP / Mono / Wolf WSE115 / Rec 1927 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、表面極小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■オーストリア・ウルフから、カントリー・ブルース+ゴスペルの音源集。ブラインド・マミー・フォアハンド全曲収録。
カントリー・ブルースを熱心に蒐集し地道にリリースを続けるオーストリアのウルフ・レーベルから、ブルースとゴスペルがミックスされた、そしてギターがいい音源を選りすぐった一枚。鈴の音がトレードマークの、日本の御詠歌のようなブラインド・マミー・フォアハンド、収録曲中唯一の男のグループ、クランプトン&サマーズ、一枚も盤が発売されなかった、しかし内容のスゴサでテスト盤が収録となったシスター・マシューズ、いきなり50年代に跳んでブッカ・ホワイトようなビート感で迫るウィリー・メイ・ウィリアムス、ナショナル・ギターのスライドで鋭い弾き語りを聞かせるシスターOMテレル。5組全18曲収録。ライナーはポール・オリバー。【曲】「A.C. & Blind Mamie Forehand / Mother's Prayer」「A.C. & Blind Mamie Forehand / I'm So Glad Today, Today」「A.C. & Blind Mamie Forehand / Honey In The Rock(試聴)」「A.C. & Blind Mamie Forehand / Wouldn't Mind Dying If Dying Was All (Take 1)」「A.C. & Blind Mamie Forehand / Wouldn't Mind Dying If Dying Was All (Take 2)」「Dennis Crumpton & Robert Summers / Go I'll Send Thee」「Dennis Crumpton & Robert Summers / Everybody Ought To Pray Sometime(試聴)」「Sister Matthews / Stand By Me」「Willie Mae Williams / Don't Want To Go There」「Willie Mae Williams / Where The Sun Never Goes Down」「Sister O. M. Terrell / The Bible's Right」「Sister O. M. Terrell / The Gambling Man(試聴)」「Sister O. M. Terrell / I'm Going To That City (To Die No More)」「Sister O. M. Terrell / Lord, I Don't Want You To Lead Me On」「Sister O. M. Terrell / Swing Low Sweat Chariot」「Sister O. M. Terrell / God's Little Birds」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Connie McLeans Rhythm Boys, Bessie Smith, Harlem Ham Fats, etc. - AC-DC BLUES : GAY JAZZ REISSUES VOLUME ONE

  • ジャズ/ブルースLP
 Connie McLean's Rhythm Boys, Bessie Smith, Harlem Ham Fats, etc.- コニー・マクリーンズ・リズム・ボーイズ、ベッシー・スミス、ハーレム・ハムファッツ、etc. - "AC-DC BLUES : GAY JAZZ REISSUES VOLUME ONE"
USA / LP / Mono / Stash ST106 / Rec 1920s, 30s / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■同性愛やバイセクシャルをテーマにした戦前ジャズ、ブルース集。
プレスティッジやリバーサイドでプロデューサーとして活躍したジャズ&ブルース研究家クリス・アルバートソンが監修した一枚。ライナーでクリスは、"評論家たちは、ジャズやブルースではドラッグや酒よりも悪いこととして、同性愛やバイセクシャルのことをひた隠しにしてきた"として、そのテーマの面白いブルース、ジャズを収録。一曲目は、ベッシー・スミスの姪の女性シンガー、ルビー・スミスへのインタビューで、ベッシーと彼女が違法のジューク・ジョイントで過ごした一夜のことを赤裸々に語っています。初期スタッシュ・レコードならではの一枚。【曲】「Ruby Smith & Chris Albertson / Buffet Flat Story」「Connie McLean's Rhythm Boys / Sissy Man Blues」「Bessie Smith / Foolish Man Blues」「Harlem Ham Fats / Garbage Man」「Tampa Red's Hokum Jug Band / It's Tight Like That」「Ma Rainey / Prove It On Me Blues」「Kokomo Arnold / Sissy Man Blues」「George Hannah / Boy In The Boat」「Freakish Man Blues」「Bessie Jackson / B.D. Woman's Blues(試聴)」「Speckled Red / Dirty Dozens」「Al Miller And His Swing Stompers / Ain't That A Mess」「Peg Leg Howell / Fairey Blues(試聴)」「Bert (Snake Root) Hatton / Freakish Rider Blues」「George Noble / Sissy Man Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Grant Brothers, Clarence Ashley, Clifford Gibson, etc. - MY ROUGH AND ROWDY WAYS VOL.1

  • ヒルビリー/ブルースCDetc
 Grant Brothers, Clarence Ashley, Clifford Gibson, etc.- グラント・ブラザーズ、クラレンス・アシュレイ、クリフォード・ギブソン、etc. - "MY ROUGH AND ROWDY WAYS VOL.1"
USA / CDetc / Mono / Yazoo 2039 / Rec 1920s, 30s / Pub 1998
ケース擦れほぼ無し、ブックレットきれい、盤面擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ヤズーのヒルビリー、ブルース編集盤CD。
CD時代になってからは、ヤズーはブルース、ジャズなど特定のジャンルにこだわることなく、民俗音楽の貴重なSP盤音源集や、"Anthology Of American Folk Music"をフォローしさらに広げるような好編集盤をリリース。これはアンソロジー路線の"My Rough And Rowdy Ways"の一枚目で、ヒルビリー、ブルース関係なく、アウトローや放蕩者を歌ったナンバーを23曲集めた一枚。試聴はWill Shade「Better Leave That Stuff Alone」とKen Maynard「Jesse James」。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lil Son Jackson, Lee Hunter, Lightning Hopkins, etc. - TEXAS BLUES VOLUME 1

  • ブルースLP
 Lil' Son Jackson, Lee Hunter, Lightning Hopkins, etc.- リル・サン・ジャクソン、リー・ハンター、ライトニン・ホプキンス、etc. - "TEXAS BLUES VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Arhoolie R2006 / Rec 1948 to 1951 / Pub 1948 to 1951
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■テキサスのゴールド・スター・レーベルの編集盤。
40年代ケイジャンのヒット、ハリー・コーツ「Jole Blon」、ライトニン・ホプキンス初期名曲を始め生々しい南部サウンド傑作で知られるテキサスのゴールド・スター・レーベル。これはアーフーリーが出したゴールド・スターのブルース編集盤。そのライトニン、そしてライトニンにギターを習ったリル・サン・ジャクソンなどなどテキサス・ブルースの濃厚な名演がずらり。【曲】「Lil' Son Jackson / Gambling Blues」「Lil' Son Jackson / Homeless Blues(試聴)」「Lee Hunter / Back To Santa Fe」「L.C. Williams / Strike Blues(試聴)」「Leroy Ervin / Blue, Black, And Evil」「Leroy Ervin / Rock Island Blues」「Lightning Hopkins / Grievance Blues」「L.C. Williams / You Never Miss The Water」「Thunder Smith / Santa Fe Blues」「Thunder Smith / Big Stars Are Falling」「Lightning Hopkins / Big Mama Jump(試聴)」「L.C. Williams / I Wonder」「Lightning Hopkins / Death Bells」「L.C. Williams / I Won't Be Here Long」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Allen Brothers, Ray Brothers, Byrd Moore, etc. - JAKE WALK BLUS

  • ブルース/ヒルビリーLP
 Allen Brothers, Ray Brothers, Byrd Moore, etc.- アレン・ブラザーズ、レイ・ブラザーズ、バード・ムーア、etc. - "JAKE WALK BLUS"
USA / LP / Mono / Stash ST110 / Rec 1928 to 1937 / Pub 1977
ジャケット円状の擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■"ジェイク・ウォーク"のブルースを収録したアルバム。
2~30年代、禁酒法をかいくぐり、ジェイクと呼ばれた度数7~80%のジャマイカ・ジンジャー・エキスが南部・中西部を中心に流行しました。しかしそれに混ぜられた薬品のために飲み続けると手足が麻痺してしまうという...その人たちの歩き方をジェイク・ウォークといい、これはそのジェイク・ウォーク、ジェイク・レッグを曲にしたブルースを収録したアルバム。黒人白人問わず12組15曲収録。ジェイク・ブルースのディスコグラフィ、歌詞のインサート。【曲】「Allen Brothers / Jake Walk Blues(試聴)」「Ray Brothers / Jake Leg Wobble」「Byrd Moore / Jake Legs Blues」「Willie Lofton / Jake Leg Blues」「Narmour & Smith / Limber Neck Rag」「Asa Martin / Jake Walk Papa(試聴)」「Black Ace / Beer Drinkin' Woman」「Gene Autry / Bear Cat Papa Blues」「Ishman Bracey / Jake Liquor Blues」「Lemuel Turner / Jake Bottle Blues(試聴)」「Ray Brothers / Got The Jake Leg Too」「Mississippi Sheiks / Jake Leg Blues」「Maynard Britton / Jake Leg Blues」「Narmour & Smith / Jake Leg Rag」「Maynard Britton / Jake Walk Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Hill Louis - THE ONE MAN BAND

  • ブルースLP
 Joe Hill Louis- ジョー・ヒル・ルイス - "THE ONE MAN BAND"
USA / LP / Mono / Muskadine 101 / Rec 1949 to 1956 / Pub 1971
ジャケット擦れ少々、裏面しみわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■メンフィスのブルース・ワン・マン・バンド、ジョー・ヒル・ルイスの編集盤。
一人でギター、ハーモニカ、ドラムを演奏するメンフィスのブラック・ワン・マン・バンド、ジョー・ヒル・ルイス。サンやRPM/モダン、メテオに残した盤は、並のブルース、ブラックR&Rでは刺激が足りなくなった人にうってつけのロウなロッキン・ブルース。49年から56年までの16曲を収録。数曲ウィリー・ニックス、ウォルター・ホートン、ジャック・ケリー(サウス・メンフィス・ジャグ・バンド)参加。マスカダイン・レコードの初リリース盤。【曲】「Big Legged Woman(試聴)」「She's Taking All My Money」「Don't Trust Your Best Friend」「A Jumpin' And A Shufflin'」「Going Down Slow」「Hydramatic Woman」「When I Am Gone」「We All Gotta Go Sometime」「Gotta Go Baby」「Heartache Baby」「Railroad Blues」「She May Be Yours」「Cold Chills(試聴)」「Keep Your Arms Round Me」「Chocolate Blonde」「Dorothy Mae」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Pete Williams - OUT ON THE HIGHWAY

  • ブルースLP
 Robert Pete Williams- ロバート・ピート・ウィリアムス - "OUT ON THE HIGHWAY"
Australia / LP / Mono / Wolf 120919 / Rec 1974 / Pub 1991
ジャケット擦れわずか、小折れ目、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■74年のライブ・アルバム。
脱カントリー・ブルース的でもあり、カントリー・ブルースの最もコアなところを味わえるロバート・ピート・ウィリアムス。56年、殺人で終身刑となったものの、民俗音楽研究家ハリー・オスターの尽力で減刑され60年代には釈放。これは74年のライブを収録した一枚。呪術的なギター、号令のような唄、全体的に曇った音質ながら圧倒的迫力の8曲(一曲がかなり長いです)。キャプテン・ビーフハートが強く影響を受けたことも有名。【曲】「Big Fat Mama(試聴)」「Mr. Charlie」「I Got The Blues」「Have Mercy On Me」「Out On The Highway」「My Woman Left Me」「Greyhound Blues」「Railroad Slide(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jesse Thomas, Lightnin Hopkins, Willie Lane, etc. - DOWN BEHIND THE RISE 1947-1953

  • ブルースLP
 Jesse Thomas, Lightnin Hopkins, Willie Lane, etc.- ジェシー・トーマス、ライトニン・ホプキンス、ウィリー・レーン、etc. - "DOWN BEHIND THE RISE 1947-1953"
USA / LP / Mono / Nighthawk 106 / Rec 1947 to 1953 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■テキサス・ブルースマンのコアな名演を集めた編集盤。
40~50年代の最もコアでレアなブルース、リズム&ブルースを掘り起こしリリースしていたナイトホーク・レーベルから強烈な一枚。スター・タレント、ゴールド・スター等テキサスやロスのマイナー・レーベルに残された47~53年のブルース集。他の地域の面々が徐々にバンド形式になっていったのに対し、テキサスのブルースマンは弾き語りに固執、そんな生々しいナンバーを収録。全員スゴイが、全16曲中6曲も入っているジェシー・トーマス(ジャケット)は、ギター演奏、メロディ、独自の世界観含めてちょっとランク外の才能の持ち主。大推薦の一枚。【曲】「Jesse Thomas / Double Due Love You」「Jesse Thomas / Same Old Stuff」「Frankie Lee Sims / Single Man Blues」「Frankie Lee Sims / Don't Forget Me Baby」「Jesse Thomas / Gonna Write You A Letter」「Lightnin' Hopkins / Jazz Blues」「Lightnin' Hopkins / Henny Penny Blues」「Beverley Scott / Brownskin Woman」「Jesse Thomas / Another Friend Like Me」「Jesse Thomas / I Wonder Why」「Willie Lane / Too Many Women Blues」「Wright Holmes / Good Road Blues」「Wright Holmes / Drove From Home Blues」「Johnny Beck / Locked In Jail」「Johnny Beck / Lay Down Mama」「Jesse Thomas / Gonna Move To California」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arizona Dranes - 1926 - 1928 BARRELL HOUSE PIANO WITH SANCTIFIED SINGING

  • ゴスペル/ブルースLP
 Arizona Dranes- アリゾナ・ドレーンズ - "1926 - 1928 BARRELL HOUSE PIANO WITH SANCTIFIED SINGING"
USA / LP / Mono / Herwin 210 / Rec 1926 to 1928 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■女性ゴスペル・シンガー、アリゾナ・ドレーンズの音源を全て収録したハーウィン盤。
ブギウギ、バレルハウス・ピアノの原始的な姿を目の当たりにするような激しいピアノ、巻き舌も入ってくるシャウト、レコードを出した最も初期のゴスペル・シンガーとしても知られるテキサスのアリゾナ・ドレーンズ。これは、彼女が残した音源を全て収録したハーウィンの編集盤。ピアノ弾き語りに、マンドリン、ギターが入る曲半分ほど、ピアノ・ソロもあり。【曲】「In That Day(試聴)」「John Said He Saw A Number」「Crucifixion」「Bye And Bye We're Going To See The King」「Lamb's Blood Has Washed Me Clean」「I Shall Wear A Crown(試聴)」「He Is My Story」「I'll Go Where You Want Me To Go」「It's All Right Now」「My Soul Is A Witness For The Lord」「Sweet Heaven Is My Home」「I'm Going Home On That Morning Train」「I'm Glad My Lord Saved Me」「God's Got A Crown」「Just Look」「Don't You Want To Go?」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Patton - THE IMMORTAL CHARLIE PATTON NUMBER ONE 1929-32

  • ブルースLP
 Charlie Patton- チャーリー・パットン - "THE IMMORTAL CHARLIE PATTON NUMBER ONE 1929-32"
USA / LP / Mono / Origin OJL1 / Rec late1920s / Pub 1960s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■チャーリー・パットンの初めての編集盤。
戦前南部ではかなり有名だったにも関わらず、50年代にはほとんどの人が聞いたことが無かったという話はジョン・フェイヒーもどこかで言っていますが、このオリジン盤でようやくパットンをまとめて聞けるようになりました。自分がやっていた弾き語りがカントリー・ブルースと言われるようになったパットン。端正な顔立ちからは想像できない雄牛のような歌、荒々しくも真に洗練されたギター。何度聞いても解明できないものがいまだ潜む音楽。(こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)【曲】「High Sheriff(試聴)」「Green River Blues」「Elder Greene Blues(試聴)」「Moon Going Down」「Going To Move To Alabama」「I Shall Not Be Moved」「Stone Pony Blues」「Frankie And Albert」「Runnin' Wild Blues」「Some These Days I'll Be Gone」「I'm Goin' Home」「Poor Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.