(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues, Page 2)

Sleepy John Estes, D.A. Hunt, William Stewart, etc. - MEMPHIS COUNTRY BLUES IN THE 50S

  • ブルースLP
Sleepy John Estes, D.A. Hunt, William Stewart, etc.- スリーピー・ジョン・エステス、D.A.ハント、ウィリアム・ステュアート、etc. - "MEMPHIS COUNTRY BLUES IN THE 50S"
Japan / LP / Mono / P-Vine PLP347 / Rec 1952, 1953 / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、帯、インサートともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■50年代サン・レーベルに残されたカントリー・ブルース集。日本独自編集盤。
昨日アップしたスリーピー・ジョン・エステスの52年録音を4曲、ライトニンに通じる凄みのあるD.A.ハント二曲、囚人たちが組んだヴォーカル・グループ、プリズネアーズのギタリスト&シンガー、ウィリアム・ステュワートを4曲、謎のブルース・ハープ奏者ウィリー・カー1曲、サウス・メンフィス・ジャグ・バンドの面々と親しかったというジミー・デベリーを4曲収録。超濃密、ヘヴィな全15曲。帯、解説歌詞カード付き。【曲】「Sleepy John Estes / Rats In My Kitchen(試聴)」「Registration Day Blues」「Runnin' Around」「Police Man」「D.A. Hunt / Greyhound Blues(試聴)」「D.A. Hunt / Lonesome Ol' Jail」「William Stewart / They Call Me Talkin' Boy」「44」「Rattlesnakin' Mama」「Country Farm Blues(試聴)」「Willie Carr / Outside Friends」「Jimmy DeBerry / Before Long」「Party Line Blues」「Take A Little Chance」「Time Has Made A Change(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - DO THAT GUITAR RAG 1928-1935

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "DO THAT GUITAR RAG 1928-1935"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1035 / Rec 1930s / Pub 1973
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ヤズー編集盤。最高の内容。
戦後シカゴ・ブルースのプロトタイプを作り上げ、後期にはマディー・ウォーターズなどと同じようなブルース・バンド編成で作品も残した、R&Rまでブルースをひっぱりあげてきたとも言える巨人。卓抜した指捌きに角ばった骨のあるピッキング、この時代のビッグ・ビル・ブルーンジーのギターは戦前カントリー・ブルースの文句なしの最高峰。これはヤズーからの単独編集盤2作目。バックワーズ・サム・ファークもカバーしたギター・インストA1から薄暗い弾き語り、女性ブルース・シンガーのバッキング、ホーカム調のナンバーなどなど、幅広いレパートリーから多彩に選曲された全14曲。【曲】「Pig Meat Strut(試聴)」「Down In The Basement」「Terrible Operation Blues」「Big Bill Blues」「Leave My Man Alone(試聴)」「Bull Cow Blues」「Grandma's Farm」「Guitar Rag(試聴)」「Pussy Cat Blues」「Mr. Conductor Man」「Worrying You Off My Mind Part I」「Double Trouble Blues」「Skoodle Do Do」「C & A Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sleepy John Estes - BROWNSVILLE BLUES

  • ブルースLP
Sleepy John Estes- スリーピー・ジョン・エステス - "BROWNSVILLE BLUES"
USA / LP / Stereo / Delmark DS608 / Rec mid60s / Pub 1970s?
ジャケット擦れほぼ無し、しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■スリーピー・ジョン・エステス、再デビュー後の大名盤。
サンの録音以降行方知れずとなり、ビッグ・ビルさえあいつは死んだと言ったりもしていましたが、なんと60年代に発見され、再び録音を開始したエステスの名作。豪快に濁った音で横倒しになるような痛烈な冒頭曲から、戦前メンフィスの掘っ立て小屋のライブ会場にワープしてしまったかのような錯覚におちいる生々しい内容。ハミー・ニクソン(Harp)とヤンク・レイチェル(ギター)もこの頃奇跡的に発見され数曲に参加。【曲】「The Girl I Love(試聴)」「City Hall Blues」「Government Money」「Working Man Blues」「Mailman Blues」「Mary Come On Home(試聴)」「Pat Mann」「Vassie Williams」「Young Lawyer」「Al Rawls(試聴)」「Lawyer Clark」「Martha Hardin(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy - SINGS COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy- ビッグ・ビル・ブルーンジー - "SINGS COUNTRY BLUES"
USA / LP / Mono / Disc D112 / Rec 1957 / Pub 1964
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、もとからのチリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ビッグ・ビル・ブルーンジーの64年のアルバム。
初めて入荷したビッグ・ビル・ブルーンジーの盤。フォークウェイズの前身レーベルの一つで、40年代にSP盤をしていたもののわりと早くに無くなり、その後64年にLPを出し始めたディスク・レコード。これはフォークウェイズから出たものの64年のリイシュー。シカゴ・ブルースの基礎を築いたビッグ・ビルのディープな弾き語り集。最高。【曲】「In The Evening(試聴)」「When Things Go Wrong - It Hurts Me Too」「Diggin' My Potatoes」「Poor Bill Blues」「Trouble In Mind」「I Wonder When I'll Be Called A Man?」「Louise, Louise」「Frankie And Johnny」「South Bound Train」「Joe Turner No. 2」「Hey, Hey Baby(試聴)」「Saturday Evening Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bukka White - MISSISSIPPI BLUES VOL.1

  • ブルースLP
 Bukka White- ブッカ・ホワイト - "MISSISSIPPI BLUES VOL.1"
USA / LP / Mono / Takoma B1001 / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケット表裏円状の擦れ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  8980 yen
■ブッカ・ホワイトの再発見後のファースト。
Very Rare。しばしば見る写真無しジャケットではない1stエディション。ブッカの曲(試聴一曲目)にもある、ミシシッピ州のアバディーンという街に、ジョン・フェイヒーが住所不明として手紙を送ったところ届いてしまい、63年このタコマ盤録音が実現したという...。内容は凄まじいの一言。デルタ・ブルースの核が凝り固まったハードなナンバーで埋め尽くされています。「Rememberance Of Charlie Patton」という、ブッカがデルタ・ブルースの創始者チャーリー・パットンとの思い出を語るトラックがあるのですが、バックにうっすら聞こえるギター、フェイヒーなんじゃないでしょうか。【曲】「Aberdeen Mississippi Blues(試聴)」「Baby Please Don't Go」「New Orleans Streamline」「Parchman Farm Blues」「Poor Boy Long Ways From Home(試聴)」「Remembrance Of Charlie Patton(試聴)」「Shake 'Em On Down」「I Am The Heavenly Way」「The Atlanta Special」「Drunk Man Blues」「Army Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arthur Big Boy Crudup - THE FATHER OF ROCK AND ROLL

  • ブルースLP
 Arthur Big Boy Crudup- アーサー・ビッグ・ボーイ・クリューダップ - "THE FATHER OF ROCK AND ROLL"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPV573 / Rec late1940s / Pub 1971
見開きジャケット擦れわずか、右下カット、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■RCAお墨付きのコンピレーション。
ギター、ボーカルのみならず歩んだ道筋もロックンロールのパイオニアのトップ候補と言えるアーサー・クリューダップ。エルヴィスのデビュー作はクリューダップの「THAT'S ALL RIGHT」カバーで、クリューダップのそのシングルが史上初めてドーナツ盤でリリースされた黒人音楽。この時期RCAヴィクターに残した彼の音源は、ブルースというよりも、後にロカビリーと呼ばれるようになる音楽やジャズの魅力も含むプリR&R。RCAヴィクターお墨付きのコンピレーション。【曲】「If I Get Lucky」「Mean Old 'Frisco Blues」「Rock Me Mamma」「Keep Your Arms Around Me」「Cool Disposition」「She's Gone」「So Glad You're Mine(試聴)」「Ethel Mae」「That's All Right(試聴)」「Lonesome World To Me」「Shout, Sister, Shout」「My Baby Left Me(試聴)」「I'm Gonna Dig Myself A Hole」「Mr. So And So」「Keep On Drinkin'」「If You've Ever Been To Georgia」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Booker White, Nathan Beauregard, Furry Lewis, etc. - MEMPHIS SWAMP JAM

  • ブルースLP
 Booker White, Nathan Beauregard, Furry Lewis, etc.- ブッカ・ホワイト、ネイサン・ボーレガード、ファリー・ルイス、etc. - "MEMPHIS SWAMP JAM"
USA / LP / Stereo / Blue Thumb BTS6000 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット表裏内側円状の擦れ、左上小カット、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚とも極浅い擦れわずか、インナースリーブきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■カントリー・ブルースの伝説的7アーティストがメンフィスで録音したアルバム。
もうこれは各々の演奏の良さだけでなく、こんな7組みが集まり一つのアルバムのために録音したというオーラがスゴイ、メンフィス・カントリー・ブルースの名盤中の名盤。そしてバックワーズ・サム・ファークがギターで参加、アーフーリーのクリス・ストラフィッツ、ジョン・フェイヒー、メンフィス・ブルースの白人側の顔役ビル・バースの三人による製作、という、まさしく新旧の最強人脈が集合。さらにラスト1組、3曲のギター・デュオ・インストは、フェイヒーとバースの変名といううれしいおまけつき。解説、バイオグラフィが記されたオリジナルのスリーブ。【曲】「Booker White / Christmas Eve Blues」「Columbus, Miss. Blues」「Sad Day Blues」「Piano Red / Mobile Blues」「Abel Street Stomp」「Nathan Beauregard / Nathan's Bumble Bee Blues」「'Bout A Spoonful(試聴)」「Sleepy John Estes / Need More Blues」「President Kennedy Stayed Away Too Long」「Fred McDowell & Johnny Woods / Shake 'Em On Down」「Fred's Blues」「Keep Your Lamp Trimmed And Burning(試聴)」「Napoleon Strickland / Back Water Rising」「Other's Piece」「Furry Lewis / Judge Boushay Blues」「Walking Blues」「R.L. Watson & Josiah Jones(John Fahey & Bill Barth) / Memphis Rag」「St. Louis Blues」「Praying On The Old Camp Ground & Lonesome Blues(試聴)」※本日のアップはこれのみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clarence Gatemouth Brown - SAN ANTONIO BALLBUSTER

  • ブルースLP
 Clarence Gatemouth Brown- クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン - "SAN ANTONIO BALLBUSTER"
U.K. / LP / Mono / Red Lightnin RL0010 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1974
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■初期の名演を収録した編集盤。
不遜なギターに噛みつくようなシャウト、R&B、カントリー、出身地のケイジャンetc...様々な音楽を飲み込み独自のスタイルを築いたクラレンス・ゲイトマウス・ブラウン。これは初期40年代から50年代中期あたりまでの音源を収録した、英レッド・ライトニン・レーベルからのベスト・オブ・ベスト。代表作「Okie Dokie Stomp」も当然収録。【曲】「Gate's Salty Blues」「It Can Never Be That Way」「I've Been Mistreated」「She Winked Her Eye」「Win With Me Baby」「She Walk Right In(試聴)」「Boogie Uproar(試聴)」「Baby Take It Easy」「Just Got Lucky」「Didn't Reach My Goal」「You Got Money」「Okie Dokie Stomp」「Just Before Dawn」「Dirty Work At The Crossroads」「Sad Hour(試聴)」「Rock My Blues Away」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Ammons - KING OF AND BOOGIE WOOGIE

  • ブギウギ/ブルースLP
 Albert Ammons- アルバート・アモンズ - "KING OF AND BOOGIE WOOGIE"
Holland / LP / Mono / OLdies Blues OL2807 / Rec 1939 to 1949 / Pub 1975
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ブギウギ・ピアニスト、アルバート・アモンズのベスト・アルバム。
ノアレコが恐らく最も多く仕入れているピアニスト、アルバート・アモンズ。伝説的なピアニスト、ハーサル・トーマスやジミー・ヤンシーに影響されたブギを弾くようになり、彼が勤めたタクシー会社で洗車の仕事をしていたミード・ルクス・ルイスと意気投合、38年にはかのカーネギーのライブにも出演、世界に本物のブギウギをお披露目。A面はまさにその頃1939年の録音を6曲。B面は45年からなくなる間際の49年までのバンド編成のものを9曲収録。【曲】「Shout For Joy」「Boogie Woogie Stomp(試聴)」「Boogie Woogie Blues(試聴)」「Suitcase Blues」「Bass Goin' Crazy」「Boogie Woogie」「Chicago In Mind」「Bedroom Blues」「Buzz Me」「Doing The Boogie Woogie」「Sweet Patootie Boogie」「Hiroshima」「Margie」「Tuxedo Boogie」「Bear Den Boogie」「Rhythm Boogie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Skip James - SKIPS PIANO BLUES

  • ブルースCD
 Skip James- スキップ・ジェイムス - "SKIPS PIANO BLUES"
U.K. / LP / Stereo / Edsel EDCD481 / Rec 1964 / Pub 1996
ケース擦れ極わずか、インサートきれい、盤面擦れなし
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■スキップ・ジェイムスのピアノ・ブルース集。
悲しみを湛えたポートレートも印象的な、ミシシッピの伝説的なブルースマン、スキップ・ジェイムス。ジェイムスと言えばやはりギター弾き語りが人気だと思いますが、これは、全曲ピアノ弾き語り、そして12曲全て未発表という内容のCD。精巧なギターと比べてザックリパワフルで豪快、ブルース・フィーリングも満点なピアノからは彼の人間味もはっきり伝わります。歌はなにもかわらない、スキップ・ジェイムス・スタイル。64年録音。【曲】「All Night Long (試聴)」「Rock Island Blues」「Little Boy, How Old Are You?(試聴)」「Four O'Clock Blues」「Black Gal」「Little Cow And Calf」「How Long Blues」「Vicksburg Blues」「Lazy Bones」「Walking The Sea」「22-20 Blues」「Special Rider Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Yank Rachell - BLUES MANDLIN MAN

  • ブルースLP
 Yank Rachell- ヤンク・レイチェル - "BLUES MANDLIN MAN"
USA / LP / Stereo / Blind Pig BP1986 / Rec 1986 / Pub 1986
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・マンドリン奏者、ヤンク・レイチェルの86年のアルバム。
そのプレイにライ・クーダーも惚れ込み研究したという、ブルース・マンドリンの帝王、ヤンク・レイチェル。これは70年代以降のブルースのいい盤に事欠かない米ブラインド・ピッグからの唯一のアルバム。エレキ、エレベ、ドラムを入れた編成のものと戦前スタイルのものどちらもド迫力。【曲】「My Baby's Gone(試聴)」「Moonshine Whiskey」「She Changed The Lock(試聴)」「Bugle Call」「Dreamy Eyed Woman」「Cigarette Blues」「Make My Love Come Down」「Black Snake(試聴)」「Des Moines, Iowa」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Block- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Kicking Mule SNKF150 / Rec 1966 / Pub 1970s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルに貼り物、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ステファン・グロスマンの初LP。イギリス盤。
(中身はこれと同じ。試聴は違う曲ですのでぜひ)ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは74年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。【曲】「Old Country Rock」「Future Blues(試聴)」「Turn Your Money Green」「God Moves On The Water(試聴)」「Monday Morning Blues」「M & O Blues(試聴)」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat」「Vestapol(試聴)」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.