(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues, Page 2)

Johnny Copeland - ILL BE AROUND - THE EARLY DAYS VOLUME ONE

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Johnny Copeland- ジョニー・コープランド - "I'LL BE AROUND - THE EARLY DAYS VOLUME ONE"
Sweden / LP / Mono / Mr RB RB1001 / Rec 1950s, 60s / Pub 1984
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■テキサスのブルース・ギタリスト、ジョニー・コープランドの初期音源集。
アーカンソー生まれで、ルイ・ジョーダン大好きだったという少年時代を過ごし、Tボーンとの出会いでギターを始めたジョニー・コープランド。その後テキサスに渡り、58年に"Rock And Roll Lilly"でソロ・デビュー。荒々しいブラック・ロックンロールでいきなりヒットとなりました。これはそのデビューから60年代中期あたりまでをまとめた編集盤。テキサス・ブルースといっても求道者タイプではなく、まさにルイとTボーンをフェイヴァリットに挙げるのが納得、エンターテイメント性満点で、R&B、ジャンプ、ブルース、ニューオーリンズを豪快に混ぜ合わせたごった煮スタイル。【曲】「Rock & Roll Lilly(試聴)」「Your Round Blues(試聴)」「It Don't Bother You」「Mama Told Me」「Heebie Jeebies」「Just One More Time」「Working Man's Blues」「Funny Feeling」「I'll Be Around」「That's All Right Little Mama(試聴)」「Trying To Reach My Goal」「Hear What I Said」「Ghetto Child」「Do Better Somewhere Else」「You Must Believe In Yourself」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hot Shot Love, Joe Hill Louis, J.D. Horton, etc. - LOW DOWN MEMPHIS HARMONICA JAM 1950-1955

  • ブルースLP
 Hot Shot Love, Joe Hill Louis, J.D. Horton, etc.- ホット・ショット・ラブ、ジョー・ヒル・ルイス、J.D.ホートン、etc. - "LOW DOWN MEMPHIS HARMONICA JAM 1950-1955"
USA / LP / Mono / Nighthawk 103 / Rec early50s / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■メンフィス・ブルース・ハープのコアな名演を集めた編集盤。
40~50年代の最もコアでレアなブルース、リズム&ブルースを掘り起こしリリースしていたナイトホーク・レーベルから、メンフィスのブルース・ハープに焦点を定め編まれた編集盤。この時代、サンに一枚だけ残したホット・ショット・ラブ、ヘヴィなワン・マン・ブルース・バンド、ジョー・ヒル・ルイス、と最初の2アーティストでもう満腹。後にシカゴで成功するウォルター・ホートンのメンフィス時代、マンブルズという名前で録音した2曲、若きジェームス・コットンが吹く、後にマディ・ウォーターズ等のバックを務めるウィリー・ニックス等々、ウルトラ濃厚な一枚。オリジナル盤。【曲】「Hot Shot Love / Harmonica Jam」「Wolf Call Boogie」「Joe Hill Louis / Street Walkin' Woman」「Walkin'Talkin' Blues」「J.D. Horton / Cadillac Blues」「Why Don't You Let Me Be Me」「Mumbles / Now Tell Me Baby(試聴)」「Jumpin' Blues」「Joe Hill Louis / Gotta Let You Go」「Boogie In The Park(試聴)」「Willie Nix / Seems Like A Million Years」「Barbershop Boogie」「Woodrow Adams / Wine Head Woman」「Baby, You Just Don't Know」「Chicago Sunny Boy / Love My Baby」「On The Floor」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc. - PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953

  • ブルースLP
 Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc.- ボーイ・グリーン、ダン・ピケット、カーリー・ウィーヴァー、etc. - "PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4711 / Rec 1943 to 1953 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■東海岸の40~50年代カントリー・ブルース集。
まずは6曲収録された謎のダン・ピケット。ブルース研究家によっていまだに調査が続けられているということからもわかる通り、トミー・マクレナンにも通じる一級のブルース。ナショナル・ギターとカズーも咥え脱力したブルースをやるジュリアス・キング、この盤で初めてリイシューされた、一枚しか残さなかったRLウエストモアランドは、ブッカ・ホワイトがさらに荒んだ感の2曲。ピードモント系最高峰のギターにハープが入るスクードゥルダンドゥ&シェフィールド、イーストコーストらしいラギン・ブルースの、これまた一枚しか残さなかったボーイ・グリーン、キャロライナ・スリムの恐ろしくディープなナンバーetc...【曲】「Boy Green / Play My Juke-Box」「Dan Pickett / Lemon Man(試聴)」「Number Writer」「Curley Weaver / Some Rainy Day」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / West Kinney Street Blues」「Julius King / Mississippi Boogie(試聴)」「Dan Pickett / That's Grieving Me」「Robert Lee Westmoreland / Hello Central, Please Give Me 209」「Boy Green / A And B Blues」「Dan Pickett / Chicago Blues」「Robert Lee Westmoreland / Good Looking Woman Blues」「Julius King / One O'Clock Boogie」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / Broome Street Blues」「Dan Pickett / Something's Gone Wrong」「You Got To Do Better」「Carolina Slim / Georgia Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc. - 706 BLUES

  • ブルースLP
 Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc.- ギター・レッド、エド・カービー、ルーファス・トーマス、etc. - "706 BLUES"
Holland / LP / Mono / Redita LP111 / Rec 1950s / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■サン・レーベルのブルースを収録したオムニバス。
50年代メンフィス・アンダーグラウンドの黒人音楽シーンが生々しく伝わる一枚。収録された2曲だけを残した(しかし未発表)謎のブルースマン、ギター・レッド、ダークなドゥワップ調のエド・カービー、「Bear Cat」よりもさらに前のルーファス・トーマスのジャンプ・ブルース、ジュニア・パーカーのオリジナル「Mystery Train」、全曲お宝ですが中でもまさしくキラーなパット・ヘアー、サンのR&Bと言えばのロスコー・ゴードンは未発表2曲、などなど、他も濃密な全16曲。【曲】「Guitar Red / Baby Please Don't Go」「Go Head On」「Ed Kirby / Mean Old Gin」「Rufus Thomas / I'm So Worried」「I'll Be A Good Boy」「Joe Hill Louis / Tiger Man(試聴)」「Junior Parker / Mystery Train」「Love My Baby」「Pat Hare / I'm Gonna Murder My Baby(試聴)」「Ain't Gonna Be That Way」「Eddie Snow / Ain't That Right」「Frank Frost / Jack Jump」「Handy Jackson / Got My Application Baby」「Trouble Will Get You Down」「Roscoe Gordon / Juice Head」「V.O. Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hound Dog Taylor And The House Rockers - BEWARE OF THE DOG

  • ブルースLP
 Hound Dog Taylor And The House Rockers- ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウス・ロッカーズ - "BEWARE OF THE DOG"
USA / LP / Stereo / Alligator AL4707 / Rec 1974 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ブルース・ギタリスト、ハウンド・ドッグ・テイラーのライブ・アルバム。
日本製のカワイやテスコなどビザール・ギターを豪快なスライドも混ぜ掻き鳴らし、甲高い声でシャウトする他の誰にも似ていないブルース・ギタリスト&シンガー、ハウンド・ドッグ・テイラー。指が6本あることも有名。これは74年、イリノイとオハイオでのライブをまとめたアルバム。もうブルース・ファンよりもジョセフ・スペンスやジョナサン・リッチマンが好きな人にお薦めな内容。【曲】「Give Me Back My Wig(試聴)」「The Sun Is Shining」「Kitchen Sink Boogie」「Dust My Broom(試聴)」「Comin' Round The Mountain」「Let's Get Funky」「Rock Me」「It's Alright」「Freddie's Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Little Hat Jones, Jesse Babyface Thomas, Blind Percy And His Band, etc. - TEXAS COUNTRY MUSIC VOL.3

  • ブルースLP
 Little Hat Jones, Jesse Babyface Thomas, Blind Percy And His Band, etc.- リトル・ハット・ジョーンズ、ジェシ・ベイビーフェイス・トーマス、ブラインド・パーシー&ヒズ・バンド、etc. - "TEXAS COUNTRY MUSIC VOL.3"
Austria / LP / Mono / Roots RL327 / Rec 1920s, 30s / Pub 1970
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ルーツ・レコードのテキサス・カントリー・ブルース集第三弾。
ヤズーやアーフーリーと同じ頃からカントリー・ブルースの編集盤を作っていたオーストリアのルーツ・レーベルから、テキサスのカントリー・ブルースを集めたものの第三集。誰もが度肝を抜かれると思う、たっぷり濁りを入れたギターと熱情溢れる歌のリトル・ハット・ジョーンズ、自己流ギターにベロンと歌う誰にも似ていないルイス・ブラック、ギーシー・ワイリーらにも影響を与え、ジャズ系のプレイもいける代表格テキサス・アレクサンダー、スキップ・ジェイムスを思わせる裏声がワン&オンリーなジョー・プラムなどなど、凄まじく濃い内容。オリジナル盤。【曲】「Little Hat Jones / Cross The Water Blues(試聴)」「Cherry Street Blues」「Jesse "Babyface" Thomas / Blue Goose Blues(試聴)」「No Good Woman Blues」「Blind Percy & His Blind Band / Fourteenth Street Blues」「Lewis Black / Corn Liquor Blues」「Texas Alexander / Awful Moanin' Blues, Pts. 1 & 2」「Water Bound Blues」「Texas Bill Day / Goin' Back To My Baby」「"Bo" Jones / Back Door Blues」「Leavenworth Prison Blues」「Bernice Edwards / Ninth Street Stomp」「Black Ace / Christmas Time Blues」「Oak Cliff T-Bone / Trinity River Blues」「Joe Pullum / Black Gal-No. 2」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc. - BULL CITY BLUES

  • ブルースLP
 Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc.- ブラインド・ボーイ・フラー、ウェリー・トライス、ブル・シティ・レッド、etc. - "BULL CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Magpie PY1812 / Rec 1935 to 1947 / Pub 1978
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ブル・シティ"と言われるノース・キャロライナ州ダラムのブルース集。
東海岸ノースカロライナ州の中央の町ダラム。これはダラムを拠点にしたカントリー・ブルースマンの音源を集めた、初期フライライトの傑作編集盤。この町はやはりブラインド・ボーイ・フラーが代表格、そしてフラーの周りに集ったブルースマン達を、ソニー・テリーなど有名な人から無名な人まで隔てなく収録。ミシシッピのヘヴィーさやテキサスのタフさとはまた違う、歌心のある滋養にあふれた極上ブルースの数々。ソニー・テリーの、ハーモニカとウォッシュボードだけの伴奏に裏声Voなんて斬新。"悪魔の義理の父親"っていう芸名も最高。コイツがまた素晴らしい演奏します。オリジナルはフライライト盤(ぜひこちらもどうぞ、試聴は違う曲です)で、これは78年のリイシュー。 【曲】「Sonny Terry & Oh Red / Harmonica And Washboard Blues」「Little Boy Fuller / Lazy Bug Blues(試聴)」「Welly Trice / Come On In Here Mama」「Bull City Red / Black Woman And Poison Blues」「Devil's Daddy-In-Law / Lookin' For My Baby」「Rich Trice / Come On Baby」「Blind Boy Fuller / Homesick And Lonesome」「Devil's Daddy-In-Law / I Don't Want No Hungry Woman(試聴)」「Little Boy Fuller / Shake Your Stuff」「Welly Trice / - Let Her Go God Bless Her」「Bull City Red / I Won't Be Dogged Around」「Blind Boy Fuller / Passenger Train Woman」「Brownie McGhee / Dealing With The Devil」「Rich Trice / Trembling Bed Spring Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mr. Freddie, Willie Walker, Will Bennett, etc. - LETS GO RIDING

  • ブルースLP
 Mr. Freddie, Willie Walker, Will Bennett, etc.- Mrフレディー、ウィリー・ウォーカー、ウィル・ベネット、etc. - "LET'S GO RIDING"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL18 / Rec 1920s, 30s / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、背部色あせと擦れ、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのブルース・ギター・ラグ集。
これぞ皆を狂わせた大名盤。ミシシッピ・ブルース・マン、フレディ・スプルエルのタイトル曲、しゃっきりしたギター・プレイが素晴らしいウィリー・ウォーカーの「South Carolina Rag」、床屋のウィリアム・ムーアのラグ・クラシック、初めてギター・ブルース・インストを録音したシルベスター・ウィーバー、カバーしたサム・ファークも原曲の恐ろしくディープなギターにはお手上げなハンボーン・ウィリー・ニューバーン、ハーモニカ、ギター、洗濯板のトリオのエリス・ウィリアムス、ジョー・バザードが"さすらいのレコード・コレクター"でかけてノリノリになっていたギットフィドル・ジムなどなど、本当に濃い内容。後発盤はたまに見ますがこれはオリジナル。【曲】「Mr. Freddie / Let's Go Riding(試聴)」「Willie Walker / South Carolina Rag」「Will Bennett / Railroad Bill」「Pink Anderson & Simmie Dooley / Gonna Tip Out Tonight」「William Moore / Ragtime Crazy」「Walter Hawkins / A Rag Blues」「Sylvester Weaver / I'm Busy And You Can't Come In」「Hambone Willie Newbern / Way Down In Arkansas(試聴)」「Ellis Williams / Buttermilk Blues」「Bo Carter / Sue Cow」「Carl Martin / Good Morning Judge」「Peg Leg Howell And His Gang / Peg Leg Stomp」「Blind Blake / Southern Rag」「Gitfiddle Jim / Paddlin' Madeline Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kenny Baker And Uncle Josh Graves - SOMETHING DIFFERENT

  • カントリー/ブルースLP
 Kenny Baker And Uncle Josh Graves- ケニー・ベイカー&アンクル・ジョッシュ・グレイブズ - "SOMETHING DIFFERENT"
USA / LP / Stereo / Puritan 5001 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れ少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■フィドラー、ケニー・ベイカーがギターを弾き、ドブロ奏者バック・グレイブズとデュオった一枚。
ハーモニカ・フランクの音源集を出している幻のレーベル、ピューリタンからの一枚。かのビル・モンローの片腕だった名フィドラー、ケニー・ベイカーと、フラット&スクラッグスのドブロ奏者アンクル・ジョッシュ・グレイブズのデュオ盤。なんとベイカーはほとんどギターを弾いていて(フィドルは2曲)、その腕前に惚れ惚れ。ライナーによると、ベイカーは若い頃、アーネスト・ジョンソンという盲目の黒人ギタリストにギターを習っていたそう。それとグレイブズの新鮮なドブロとのコンビネーションはまさしく"Something Different"。一曲ある歌ものはブラインド・ボーイ・フラーのカバー。 【曲】「The Sands Of Monterey(試聴)」「Evelina」「Legend Of The Whistling Brakeman(試聴)」「I'll Be All Smiles Tonight」「Lonesome Hobo」「Roll On Buddy」「Snowbird」「High Country」「Fireball」「The White Rose」「Step It Up And Go(試聴)」「Carroll County Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doc Watson - HOME AGAIN

  • ブルース/フォークLP
 Doc Watson- ドク・ワトソン - "HOME AGAIN"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79239 / Rec 1967 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、背部色あせ、レーベルひげほんのわずか、盤浅い擦れ少々、B2に小プツ音でるスクラッチ一本
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■67年のアルバム。
『Anthology...』にも収録された伝説の20年代ヒルビリー・シンガー、クラレンス・アシュレイが60年に再発見され彼のもとに録音班が向かったところ、スゴイ奴がいる、と見いだされたのがこのドク・ワトソン。すぐさま64年にファースト・ソロが作られ一躍寵児に。これは66年のアルバム。トラディショナルを中心に、カーター・ファミリー等ヒルビリーのカバー、自作曲もまじえ親密に自然体で演奏する一枚。この一つ前のレーベルもあり、これはセカンド・レーベル。【曲】「Down in the Valley to Pray」「Georgie」「The Old Man Below」「Katie Morey」「F. F.V.(試聴)」「A-Rovin' on a Winter's Night(試聴)」「Dill Pickle Rag(試聴)」「Sing Song Kitty」「Froggie Went A-Courtin'」「Pretty Saro」「Childhood Play」「Rain Crow Bill」「Matty Groves」「Victory Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charley Patton - FOUNDER OF THE DELTA BLUES

  • ブルースLP
Charley Patton- チャーリー・パットン - "FOUNDER OF THE DELTA BLUES"
USA / LP / Mono / Yazoo L1020 / Rec late1920s / Pub early1970s
見開きコーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■チャーリー・パットンの決定盤。
ヘンリー・スローンというレコードを残さなかったブルースマンに習い自らの弾き語りを熟成、後にデルタ・ブルースと言われるようになる音楽を作ったチャーリー・パットン。今の音楽の中にもはっきりと遺伝しています。これはヤズーが総力を挙げて製作した2LPのベスト。端正な顔立ちからは想像できない雄牛のような歌、荒々しくも真に洗練されたギター、何度聞いても解明できないものがいまだ潜む音楽。スキップ・ジェイムスのバイオグラフィ本や自分のソロ・アルバムも素晴らしいブルース研究家スティーヴ・カルトによる曲解説。カラージャケットの2ndエディション。【曲】「Mississippi Bo Weevil Blues」「Screamin' And Hollerin' The Blues」「Down The Dirt Road Blues」「Pony Blues」「Banty Rooster Blues」「It Won't Be Long(試聴)」「Tom Rushen Blues」「A Spoonful Blues」「Shake It And Break It」「Going To Move To Alabama」「Elder Green Blues」「Frankie And Albert」「Some These Days I'll Be Gone」「Green River Blues(試聴)」「Hammer Blues」「When Your Way Gets Dark」「High Water Everywhere Part 1」「High Water Everywhere Part 2」「Rattlesnake Blues」「Running Wild Blues」「Dry Well Blues」「Moon Going Down」「Bird Nest Bound」「High Sheriff Blues」「Stone Pony Blues(試聴)」「34 Blues」「Revenue Man Blues」「Poor Me(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Juke Boy Bonner - LAST LIVE RECORDINGS

  • ブルース10LP
 Juke Boy Bonner- ジューク・ボーイ・ボナー - "LAST LIVE RECORDINGS"
USA / 10LP / Mono / Luner No2 LSM2007 / Rec 1978 / Pub 1982
ジャケットシュリンク入り、しみあり、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■78年のラスト・ライブを収録した10インチLP。
ローカルなジュークジョイントを渡り歩いたことでこの名が付いたテキサス・ブルース・マン、ジューク・ボーイ・ボナー。ルイジアナのゴールドバンドからデビュー、アーフーリーからアルバムもリリース。これは亡くなる二週間ほど前に、テキサスで録音された彼のラスト・ライブ。全編試聴のような、客席から録音した感の臨場感溢れるサウンドで、ライトニンにも近いリラックスしたブルースを8曲演奏。80年代初頭にブルース、R&B、ロカビリーの珍しい音源を専門に出したルナーNo2レーベルからの一枚。【曲】「Don't Get Down(試聴)」「Big Boss Man(試聴)」「Lyons Ave. Blues」「Talk To Your Daughter」「Stranded In Houston」「Leave Me And My Woman Alone」「Rock Me Mama」「Head Down To The Powerline (Drinking Song)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.