(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake - REAL BLUES SFROM NEW ORLEANS

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Edgar Blanchard, Polka Dot Slim, Boogie Jake- エドガー・ブランチャード、ポルカ・ドット・スリム、ブギー・ジェイク - "REAL BLUES FROM NEW ORLEANS"
USA / LP / Mono / Bandy 70009 / Rec mid60s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■バンディ・レコードのニューオーリンズ・ブルース集。
男性的なものを他の街に比べてあまり感じないニューオーリンズ、しかしこれはも雄々しさ満点の超絶濃い一枚。プロフェッサー・ロングヘア、アール・キング等のバックから自作までニューオリンズR&Bの黄金時代を弾きまくったギタリスト、エドガー・ブランチャードの60年代中期のブルース作品と、ライトニン・スリムとともにバトン・ルージュ付近で活動、エクセロ等でいくつかの芸名を用いて活動していたブルース・マン、ブギー・ジェイク、同様に西海岸とバトン・ルージュを行き来したポルカ・ドット・スリムの3人の音源を収録。こんなあっさりしたジャケからは想像もつかないまさにリアルなブルース集。50年代なのか60年代なのかさっぱり分からない時代錯誤感バリバリのPDスリムのワイルド・ロキン・ブルースがハイライトでしょうか。噛み付くような歌にワイルドなドラム、ギターがガシャガシャとかき鳴らさせるスマッシャー。ブギー・ジェイクの行儀の悪いスワンプ・ポップ路線のロウ・ブルースも最高。個人的に大推薦なのはブランチャードのざっくり演り捨てるようなA面(A面全てブランチャードです)。【曲】「Edgar Blanchard / Tight Like That」「Edgar Blanchard / Won't Be Long(試聴)」「Edgar Blanchard / Somebody's Doin' Me Wrong」「Edgar Blanchard / Keep My Pocket's Clean」「Edgar Blanchard / I'm Gone And That's All」「Edgar Blanchard / Don't Need No Company」「Boogie Jake / If I Only Had A Chance(試聴)」「Boogie Jake / Loaded Down」「Polka Dot Slim / Ain't Broke Ain't Hungry」「Polka Dot Slim / A Thing You Gotta Face(試聴)」「Boogie Jake / Bad Luck And Trouble」「Boogie Jake / Early Morning Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Reed - ROCKIN WITH REED

  • ブルースLP
 Jimmy Reed- ジミー・リード - "ROCKIN' WITH REED"
U.K. / LP / Stereo / Joy JOYS141 / Rec 1959 / Pub 1969
コーティングの折り返しジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、B1にほぼ音に出ない小スクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■ジミー・リードの59年のアルバム。英盤。
ストーンズに"どんなヘロヘロな演奏でも大丈夫だ"という勇気を与えたシカゴのヘベレケ・ブルース・マン、ジミー・リード。56年からコンスタントにヒット曲を出すという、ブルースではありえない事を成し遂げました。これは59年に出たアルバムの英初出盤、69年。リードも絶好調、しかしそれよりもシカゴの生き血のようなものが曲間から噴出するこのムードがもう圧倒的。全員いいがドラマーが特に最高。一度でいいからこんな演奏生で見たいもんです。【曲】「Going To New York」「A String To Your Heart(試聴)」「Ends & Odds(試聴)」「Caress Me Baby」「Take Out Some Insurance」「The Moon Is Rising」「Down In Virginia」「I Know It's A Sin」「Wanna Be Loved」「Baby, What's On Your Mind」「My Bitter Seed」「Rockin' With Reed」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hobart Smith, Moving Star Hall Singers, Sarah Gunning, etc. - TRADITIONAL MUSIC AT NEWPORT 1964 PART 1

  • マウンテン・ミュージック/ブルースLP
Hobart Smith, Moving Star Hall Singers, Sarah Gunning, etc.- ホバート・スミス、ムーヴィング・スター・ホール・シンガーズ、サラ・ガニング、etc. - "TRADITIONAL MUSIC AT NEWPORT 1964 PART 1"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79182 / Rec 1964 / Pub 1965
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■マウンテン、ブルース、ゴスペルの生き証人たちが出演したこのシリーズの一枚目。
ニューポート・フォーク・フェスティバルに出演していたミュージシャンたちがお手本にした、本物のアメリカン・フォーク・シンガー、グループたちを一挙に収録した、二枚あるこのシリーズの一枚目。国宝級の扱いを受けていたマウンテン・ミュージックのバンジョー奏者ホバート・スミス(エタ・ベイカーばりのギター・ブルースあり)、「Man Of Constant Sorrow」を女性verにした伝説的なサラ・オーガン・ガニング、デューイ・バルファらのケイジャン・バンド、単独ではレコードを作らなかったミシシッピのカントリー・ブルースマン、ウィリー・ドス、そしてドク・ワトソン、フレッド・マクダウェル、セイクリッド・ハープ・シンギングのグループなどなど収録。インサート無し。【曲】「Hobart Smith / Coo-Coo Bird(試聴), Railroad Bill, Jack Of Diamonds」「Moving Star Hall Singers / Mother Is Gone, See God's Ark」「Sarah Gunning/ Girl Of Constant Sorrow」「Cajun Band / Les Flammes D'enfer, La Valse Du Musician」「Willy Doss / Catfish Blues」「Ken And Neriah Benfield / Katy Cline, Ella's Grave」「Joe Patterson / Fox Chase, Shear Them Sheep Then, Casey Jones」「Sacred Harp Singers / Calvary, Rocky Road」「Chet Parker And Elgia Hickok / Temperance Reel, Golden Slippers」「Bill Thatcher / The Job I Left Behind(試聴)」「Doc Watson / Muskrat(試聴), Cripple Creek」「Fred McDowell / Fred's Rambling Blues, Shake 'Em Down」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clayton McMichen, Phipps Family,Robert Pete Williams, etc. - TRADITIONAL MUSIC AT NEWPORT 1964 PART 2

  • マウンテン・ミュージック/ブルースLP
Clayton McMichen, Phipps Family,Robert Pete Williams, etc.- クレイトン・マクミッチェン、フィップス・ファミリー、ロバート・ピート・ウィリアムス、etc. - "TRADITIONAL MUSIC AT NEWPORT 1964 PART 2"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79183 / Rec 1964 / Pub 1965
ジャケット擦れ少々、色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートしみ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■マウンテン、ブルース、ゴスペルの生き証人たちが出演したこのシリーズの二枚目。
ニューポート・フォーク・フェスティバルに出演していたミュージシャンたちがお手本にした、本物のアメリカン・フォーク・シンガー、グループたちを一挙に収録した、二枚あるこのシリーズの一枚目。ロバート・ピート・ウィリアムス、ミシシッピ・ジョン・ハート、ロバート・ウィルキンスのブルースマン三人の登場に驚きつつ、元スキレット・リッカーズのフィドラー、クレイトン・マクミッチェン、カーター・ファミリーを引き継ぐフィップス・ファミリー、ジョージア・シー・アイランド・シンガーズ、ジーン・リッチー、アルメダ・リドルなどなど収録。【曲】「Clayton McMichen / Old Joe Clark, Bile Them Cabbage Down」「Phipps Family / Anchored His Love, God Gave Noah The Rainbow Sign」「Robert Pete Williams / Bulldog Blues(試聴)」「Seamus Ennis / Did The Rum-Do-Daddy, Piper On The Hearth, What'll Ye Do, Father's Maid」「Frank Profitt / My Home's Across The Blue Ridge Mountains, Poor Man」「?Georgia Sea Island Singers / Down In The Mire」「Mississippi John Hurt / Coffee Blues」「Glenn Ohrlin / Montana Is My Home, The Chickens They Grow Tall」「Jean Ritchie / "Tis The Gift To Be Simple(試聴), Goin' To Boston」「Almeda Riddle / The Hangman」「Phoeba And Roscoe Parsons / Sourwood Mountain(試聴), Shortening Bread」「Reverend Robert Wilkins / I Wish I Was In Heaven Sitting Down, Thank You Jesus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gus Cannon - 1963

  • ブルースLP
Gus Cannon- ガス・キャノン - "1963"
Austria / LP / Mono / Collectors Issue C5523 / Rec 1963 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、色あせわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■キャノンズ・ジャグ・ストンパーズのガス・キャノンのソロ・アルバム。
メンフィスの二大ジャグ・バンドの一つ、キャノンズ・ジャグ・ストンパーズを率いたガス・キャノンが、63年に500枚限定で出したアルバム『Walk Right In』のリイシュー盤。バンジョーはキャノン、ジャグはメンフィスのもう一つの名グループ、メンフィス・ジャグ・バンドのウィル・シェイド、やはりそのグループに参加していたミルトン・ロビーのウォッシュボードというトリオ。全13曲。【曲】「Narration」「Kill It」「Walk Right In(試聴)」「Salty Dog(試聴)」「Going Around The Mountain」「Ol' Hen(試聴)」「Gonna Raise A Ruckus Tonight」「Ain't Gonna Rain No More」「Boll-Weevil」「Come On Down To My House」「Make Me A Pallet On Your Floor」「Get Up In The Morning Soon」「Crawdad Hole」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Harpo - THE BEST OF SLIM HARPO

  • ブルースLP
 Slim Harpo- スリム・ハーポ - "THE BEST OF SLIM HARPO"
USA / LP / Mono / Rhino RNLP106 / Rec 1950s, 60s / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、しみわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ブルース・シンガー、スリム・ハーポのベスト編集盤。
シブイというのとはちょっと違う、ナヨっとした味が実はすごくいいブルースマン、スリム・ハーポのベスト編集盤。ミック・ジャガーも"スリム・ハーポのキング・ビーが聞けるんなら俺らのカバーなんか聞かなくていいだろ"としゃっぽを脱いだ、元祖キング・ビー。ルイジアナ出身で、50年代にエクセロ・レコードからデビュー、なんとも個性的なブルース・ヒットを連発。ダンボールを叩いているようなドラムに気の抜けたムードの「Baby Scratch My Back」、やはりストーンズがカバーした性急な「Shake Your Hips」、スワップ・ポップ調バラード「I've Been A Good Thing」などなど14曲。ライノ・レコードからで音もいい一枚。【曲】「Baby Scratch My Back」「Got Love If You Want It」「I'm A King Bee」「Shake Your Hips」「Te Ni Nee Ni Nu」「I've Been A Good Thing (For You)」「Raining In My Heart」「The Music's Hot」「Mohair Sam」「Tip On In」「Moody Blues」「The Hippy Song」「Don't Start Crying Now」「Rock Me, Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
U.K. / LP / Stereo / Xtra 1113 / Rec 1966 / Pub 1971
コーティング・ジャケット擦れ少々、右上折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックの共演盤。
ブルーグースからLPも出ている女性ギタリスト、ロリー・ブロックの瑞々しく、しかもブルースを達観したようにも聞こえる共演も最高な、ステファン・グロスマンによる戦前ブルースのフィンガー・ピッキング盤傑作。これが彼のファーストです(オリジナルは66年、これは74年のキッキング・ミュール盤)。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない自然体の演奏がカントリー・ブルースの深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。これは初めて入荷した71年英盤で、10インチLPほどの解説/タブ譜ブックレット付きのエディション。【曲】「Old Country Rock(試聴)」「Future Blues」「Turn Your Money Green」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band - VOLUME 2

  • ブルースLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "VOLUME 2"
U.K. / LP / Mono / Roots RL337 / Rec 1927-34 / Pub 1970s
ジャケット色あせ少々、右上小折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ルーツからの編集盤第二集。
ウィル・シェイドが中心となり、チャーリー・バース(G)、ケイシー・ビル・ウエルダン(G)、チャーリー・ポーク(Jug)、女性ボーカルのハッティ・ハート、メンフィス・ミニーなど、のべ20人ぐらいが20~30年代中期までにこのバンドに関わり、ビクター、オーケエ等のレーベルに録音を残しました。これはイギリスのカントリー・ブルース・リイシューのパイオニアと言えるレーベル、ルーツから出た編集盤。タジ・マハールはじめ多くの人がカバーした"Stealin'"、ヤズーの二枚組にも入っていない、女性シンガー、ジェニー・クレイトンがただれたような声で歌う一番の奇曲"Bob Lee Junior"他全16曲収録。【曲】「Memphis Boy Blues」「Bob Lee Junior Blues」「Sugar Pudding」「Whitewash Station Blues」「Stealin', Stealin'」「I Can Beat You Plenty (That Hand You Tried To Deal Me)」「Tired Of You Driving Me」「K.C. Moan」「Oh Ambulance Man」「Jim Strainer Blues」「Cave Man Blues」「Meningitis Blues」「Got A Letter From My Darlin'」「You May Leave But This Will Bring You Back」「I Got Good Taters」「She Done Sold It Out」※新入荷はこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy, King Solomon Hill, Bumble Bee Slim, etc. - THE BLUES TRADITION

  • ブルースLP
 Big Bill Broonzy, King Solomon Hill, Bumble Bee Slim, etc.- ビッグ・ビル・ブルーンジー、キング・ソロモン・ヒル、バンブル・ビー・スリム、etc. - "THE BLUES TRADITION"
USA / LP / Mono / Milestone MLP2016 / Rec MLP2016 / Pub 1971
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、プレスミスによるサーフェイスノイズ少々(試聴二曲目が一番目立ちます)
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3~3.5  2980 yen
■オーリン・キープニュースが選んだカントリー・ブルース集。
ジャズだけでなくブルースにも相当に造詣の深いリバーサイドのオーリン・キープニュース監修のカントリー・ブルース編集盤。すっかりおなじみのこのジャンルを代表するビッグネーム8人でいて(だからかも知れません)、浅くならない、どっぷり聞けるものばかり。一人につき続けて二曲づつ、という構成もそのまま。【曲】「Big Bill Broonzy / Big Bill Blues」「Mr. Conductor Man(試聴)」「King Solomon Hill / The Gone Dead Train」「Tell Me, Baby」「Bumble Bee Slim / No Woman, No Nickel」「Chain Gang Bound」「Willie Brown / M & O Blues」「Future Blues」「Blind Roosevelt Graves / Staggerin' Blues」「Low Down Woman」「Blind Lemon Jefferson / Peach Orchard Mama」「Oil Well Blues」「Bobby Grant / Nappy Head Blues」「Lonesome Atlanta Blues(試聴)」「Buddy Boy Hawkins / Shaggy Dog Blues」「Jailhouse Fire Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Texas Alexander - COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3

  • ブルースLP
 Texas Alexander- テキサス・アレクサンダー - "COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3"
U.K. / LP / Mono / Matcbox MSE220 / Rec 1929, 30 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。
テキサスのブルースマン、テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。特にロニー・ジョンソンとエディ・ラングがバックを付けたものが知られる彼ですが、このアルバムにはその組み合わせは無し。まずはエルヴィー・トーマス&ギーシー・ワイリーに影響を与えたリトル・ハット・ジョーンズと、同じテキサスのカール・デイヴィスが伴奏を付けたものをA面に収録。裏面は全て、"Sitting On The Top Of The World"でおなじみブルース・ストリング・バンド、ミシシッピー・シークスが伴奏。両面まるで違うムードで、彼の野卑でいて旨い歌が楽しめるいい一枚。【曲】「Gold Tooth Blues」「Johnny Behrens Blues」「Rolling Mill Blues」「Broken Yo Yo(試聴)」「Texas Special」「When You Get To Thinking」「Thirty Day Blues」「Peaceful Blues」「Days Is Lonesome」「Seen Better Days(試聴)」「Last Stage Blues」「Stealing To Her Man」「She's So Fair」「Rolling And Stumbling Blues」「Frost Texas Tornado Blues」「Texas Troublesome Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Francis Scrapper Blackwell - BLUES THAT MAKE ME CRY

  • ブルースLP
 Francis Scrapper Blackwell- フランシス・スクラッパー・ブラックウェル - "BLUES THAT MAKE ME CRY"
Holland / LP / Mono / Agram AB2008 / Rec 1928 to 35 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・ギタリスト、スクラッパー・ブラックウェル2~30年代をまとめたアグラム編集盤。
20~30年代に活躍したピアノ&ギターのデュオ、リロイ・カーとスクラッパー・ブラックウェル。ジャズ一歩手前のピアノと、シングル・トーンの生ギターをアレンジして作られた、都会的でいてドロリとした味のあるブルースを演奏。これはそのスクラッパー・ブラックウェルのギターに着目して編まれたオランダ・アグラムの編集盤。そのリロイ・カーやジミー・ブライス等とのデュエットありつつもメインはやはり卓抜したギターと野性味あふれるボーカルの弾き語り。戦前に唯一録音したブルース・ギター・インストSP盤も両面収録。音質ちょいばらつきあります。【曲】「Mr. Scrapper's Blues」「Down And Out Blues」「Non-Skid Tread」「Be-Da-Da-Bum」「Mean Baby Blues」「Sneaking Blues」「Morning Mail Blues」「Blues That Make Me Cry」「D Blues(試聴)」「A Blues」「My Old Pal Blues」「Bad Liquor Blues」「The Death Of Leroy Carr」「Smoky Mountain Blues」「Wayback Blues(試聴)」「Sail On Sail On Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Herman E. Johnson - LOUISIANA COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Herman E. Johnson- ハーマンEジョンソン - "LOUISIANA COUNTRY BLUES"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1060 / Rec 1961 / Pub 1972
ジャケット擦れ極わずか、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげわずか、盤音に出ない表層スクラッチ少々、A3、4に小プツ音でるスクラッチ
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3  2680 yen
■ブルースマン、ハーマンEジョンソンのアルバム。
全世界にファンを生んだロバート・ピート・ウィリアムスを見つけ録音したことが特に有名な研究家、ハリー・オスターがこれまた尽力、そして製作された、彼の唯一のアルバム。61年に録音され、72年にリリースされたこの盤が初出。ワンストリング・ギターにも通じる独創的なギターで生々しく歌う11曲。【曲】「I Just Keeps On Wanting You」「You Don't Know My Mind」「Motherless Children」「Depression Blues(試聴)」「She's A-Looking For Me」「She Had Been Drinking(試聴)」「I'm Growing Older」「Po' Boy」「Leavin' Blues」「Piano Blues(試聴)」「Where The Mansion's Prepared For Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.