(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Barefoot Bill, Jaybird Coleman, Two Poor Boys, etc. - ALABAMA COUNTRY 1927 / 31

  • ブルースLP
 Barefoot Bill, Jaybird Coleman, Two Poor Boys, etc.- ベアフット・ビル、ジェイバード・コールマン、2プア・ボーイズ、etc. - "ALABAMA COUNTRY 1927 / 31"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL14 / Rec 1927 to 1931 / Pub ?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのアラバマ・ブルース集。
モーダルで奇妙なギター・ワーク、悲痛な詞で独自の世界を築いたエド・ベル(ベアフット・ビル)、ジェイバード・コールマンのハーモニカ・ソロ曲、マンドリンとギターの枯れたブルース・デュオ、2プア・ボーイズ、やはりハーモニカ奏者オリス・マーティンのハープ・ソロ+歌、口笛吹きウィッスリング・ピートとギタリスト、ダディ・ストーヴパイプのデュオなどなど全14曲収録。【曲】「Barefoot Bill / Squabblin Blues(試聴)」「From Now On」「 My Crime」「Jaybird Coleman / No More Good Water」「Two Poor Boys / John Henry」「2 White Horses In A Line(試聴)」「Jaybird Coleman / Mistreatin Mama」「Ed Bell / Frisco Whistle Blues」「Mamlish Blues」「Hambone Blues」「Ollis Martin / Police & High Sheriff」「Whistlin' Pete & Daddy Stovepipe / Tuxedo Blues(試聴)」「Wiley Barner / My Gal Mistreats Me」「George "Bullet" Williams / Frisco Leaving Birmingham」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hokum Boys - YOU CANT GET ENOUGH OF THAT STUFF

  • ブルースLP
 Hokum Boys- ホーカム・ボーイズ - "YOU CAN'T GET ENOUGH OF THAT STUFF"
USA / LP / Mono / Yazoo 1051 / Rec 1928, 1929 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■ヤズー・レーベルから、戦前ブルース/ジャズの名手が集ったバンド、ホーカム・ボーイズの編集盤。
20年代から流行った、ノリのいいブルースのバンドに放送禁止系の歌がのる、ホーカムと言われるブルースのスタイル。ジャイヴやロックンロールの親とも言えてしまうこのホーカムの代表的なバンドがこのホーカム・ボーイズ。これは、黒人音楽の殿堂パラマウントからリリースされた29年のナンバーを集めたもの(1曲28年あり)。テリー・ズワイゴフ監督の映画『Louie Bluie』にも出演していた戦前シカゴのバンジョー&ギター奏者(このLPはギターだけ)アイキー・ロビンソン、そしてブラインド・ブレイク、ピアノにシカゴのジミー・ブライス等が入れ替わり立ち代わり参加したグループ。アートワークはロバート・クラム。【曲】「You Can't Get Enough Of That Stuff(試聴)」「Gambler's Blues(試聴)」「Put Your Mind On It」「Went To His Head」「We Don't Sell It Here No More」「I Was Afraid Of That Part 1」「Let Me Have It」「Hokum Blues(試聴)」「Pat-A-Foot Blues」「Only The Blues」「Selling That Stuff」「Ain't Goin' That Way」「It's All Gone Now(試聴)」「I Was Afraid Of That Part 2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Whitter, Oliver Sims, Kyle Wooten, etc. - OLD TIME HARMONICA CLASSICS 1923-1937

  • カントリー/ブルースLP
 Henry Whitter, Oliver Sims, Kyle Wooten, etc.- ヘンリー・ウィッター、オリバー・シムズ、カイル・ウットゥン、etc. - "OLD TIME HARMONICA CLASSICS 1923-1937"
USA / LP / Mono / County 549 / Rec 1923 to 1937 / Pub 1991
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■戦前ヒルビリー、ブルースのハーモニカ・インストを収録したカウンティ編集盤。
カウンティ・レーベルにしては珍しく黒人ミュージシャンの音源も入った編集盤で、戦前ヒルビリー、ブルースのハーモニカ名演を収録した一枚。一人でやっているとは到底思えない、ベース・ラインとメロディを吹くデフォード・ベイリー、同様に超絶技巧を聞かせるJHハウェル、全く珍しい、二人のハーモニカをメインにしたヒルビリー・バンド、マーフィー・ブラザーズ・ハープ・バンドなどなど14曲収録。【曲】「Henry Whitter / Lost Girl Of West Virginia」「Dutch Coleman & Red Whitehead / Dad's Getting Uzzy」「Oliver Sims / Hop About Ladies」「Crook Brothers String Band / Jobbin' Gettin' There」「DeFord Bailey / Muscle Shoals Blues(試聴)」「Murphy Brothers / Boat Song March」「J.H. Howell / Lost John(試聴)」「Murphy Brothers / Downfall Of Paris」「Henry Whitter / Rain Crow Bill」「Walter Davis & Gwen Foster / Crooked Creek Blues(試聴)」「Kyle Wooten / Red Pig」「Tom Ashley & Gwen Foster / Bay Rum Blues」「DeFord Bailey / Ice Water Blues」「Humphrey Bate / Take Your Foot Out Of The Mud(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Carter - GREATEST HITS 1930-1940

  • ブルースLP
 Bo Carter- ボー・カーター - "GREATEST HITS 1930-1940"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1014 / Rec 1930 to 1940 / Pub 1968
ジャケット擦れほんのわずか、レーベルひげ無し、盤小プツ音入る小スクラッチ一か所
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  4500 yen
■ボー・カーターのヤズー編集盤一枚目。
資料価値よりも内容重視で編集盤を出してきたヤズー・レーベルが、個人で三枚も出しているボー・カーター。"(ミシシッピで最も影響力のある)トミー・ジョンソンよりもはるかに幅広い"とライナーで言われている、5つのチューニングを自在に扱ったギター、クリアーで良く通る声、ミシシッピ・シークスなどストリング・バンドもやっていた最重要ブルースマンの一人。チャーリー・パットンやサム・チャットマン、ウォルター・ヴィンソンなど伝説のブルース・ファミリーの中でも異色の軽やかさと何べん聞いてもわからないディープさを持つ本当のマエストロ。何度もドキッとするショックが訪れる色あせない名盤。【曲】「Who's Been Here?(試聴)」「Tellin' You 'Bout It」「Dinner Blues」「The Ins And Outs Of My Girl」「Country Fool」「Bootlegger's Blues」「Let's Get Drunk Again」「Bo Carter's Advice」「Arrangement For Me Blues」「The New Stop And Listen Blues」「Beans」「I Want You To Know(試聴)」「Your Biscuits Are Big Enough For Me」「Sales Tax」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jolly Two, Lucile Bogan, Walter Roland - JOOKIT JOOKIT

  • ブルースLP
 Jolly Two, Lucile Bogan, Walter Roland- ジョリー・トゥー、ルシール・ボーガン、ウォルター・ローランド - "JOOKIT JOOKIT"
USA / LP / Stereo / Yazoo 1017 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■女性ブルース・シンガー、ルシール・ボーガンと伴奏のウォルター・ローランド絡みの音源集。
ミシシッピ生まれでアラバマ・バーミンガム育ち、NYとシカゴ以外の町で初めてブルースを録音したという女性シンガーで、リロイ・カーやメンフィス・ミニーもカバーしたダーティなブルースを得意にしたルシール・ボーガン(ベッシー・ジャクソン)。そして彼女の伴奏を、ソニー・スコット(G)などと務めたピアニスト、ウォルター・ローランド。この二人の音源を収録したかなり珍しいヤズー盤。A1、B1はローランドがギターを弾いたソニー・スコットのデュオ、ジョリー・トゥー。【曲】「Jolly Two / Guitar Stomp(試聴)」「Bessie Jackson / Sweet Petunia」「Baking Powder Blues」「Barbecue Bess」「Walter Roland / Jookit Jookit(試聴)」「T Model Blues」「Early This Morning」「Jolly Two / Railroad Stomp」「Bessie Jackson / Levee Blues」「Jump Steady Daddy」「Walter Roland / Penniless Blues」「Bessie Jackson / Jim Tampa Blues(試聴)」「Walter Roland / Big Mama」「Bessie Jackson / They Ain't Walkin' No More」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc - THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS

  • ジャグ・バンドLP
 Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc- ミシシッピ・ジュック・バンド、チェイシー・コリンズ・ウォッシュボード・バンド、etc. - "THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC2 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アーフーリーの戦前ジャグ・バンド編集盤。
カントリー・ブルースに比べると弾数が少ない戦前のジャグ・バンドの編集盤ですが、これはアーフーリーからリリースされたこの手のものの名盤の一つ。メンフィスとダラスを代表するメンフィス・ジャグ・バンド、ダラス・ジャグ・バンドに、ジャズ・クラのジョニー・ドッズが参加したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、シカゴのウォッシュボード・サム等の大物に加え、スライドG、ヴァイオリン、カズーも加わったチェイシー・コリンズ・バンド、テンポ&ノリの良さは200%のウォッシュボード・リズム・キングス等々収録。【曲】「Memphis Jug Band / Rukus Juices And Chittlin'(試聴)」「Dallas Jug Band / Elm Street Woman Blues」「Dixieland Jug Blowers / Hen Party Blues」「Walter Taylor's Washboard Band / Thirty Eight」「Mississippi Jook Band / Hittin' The Bottle Stomp」「Chasey Collins' Washboard Band / Atlanta Town(試聴)」「Washboard Sam / Bucket's Got A Hole In It」「Washboard Rhythm Kings / Brown Skin Mama(試聴)」「Memphis Jug Band / Cocaine Habit」「Birmingham Jug Band / Wild Cat Squall」「Ed Kelly's Washboard Band / Shim Shaming」「Memphis Jug Band / Stonewall Blues」「Washboard Sam / Sophisticated Mama」「Memphis Jug Band / Jazzbo Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harlem Hamfats - HOT CHICAGO JAZZ, BLUES AND JIVE 1936-1937

  • ジャズ/ブルースLP
 Harlem Hamfats- ハーレム・ハムファッツ - "HOT CHICAGO JAZZ, BLUES AND JIVE 1936-1937"
USA / LP / Mono / Folklyric 9029 / Rec 1936, 1937 / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■デルタ、ニューオリンズ、シカゴのブルース&ジャズが混ざったワン&オンリーのスタジオ・バンド、ハーレム・ハムファッツ。
シンガー等の伴奏を務めるために35年頃シカゴに結集したミュージシャンによるバンド、ハーレム・ハムファッツ。といいつつハーレム出身は1人もおらず、ミシシッピからチャーリーとジョーのマッコイ兄弟、ニューオリンズからハーブ・モランド(TP)、オデル・ランド(CL)、シカゴからホレス・マルコム(P)、ランサム・ノーリング(B)等ら。つまりデルタ、ニューオリンズ、シカゴなどのブルースとジャズが混ざったということがこのバンドを数倍面白いものに。このバンドがロックンロールの原型を既に作り上げているという人もいますし、本作にも収録されているヒット「OH Red」はハウリン・ウルフもカバー。【曲】「Tempo De Bucket」「The Garbage Man(試聴)」「Southern Blues」「My Daddy Was A Lovin' Man」「What You Gonna Do?」「Growling Dog」Oh, Red「」「Rampart And Gravier Blue」「We Gonna Pitch A Boogie」「Black Gal, You Better Use Your Head(試聴)」「Root Hog Or Die」「Hallelujah Joe Ain't Preachin No More」「Jam Jamboree(試聴)」「Let's Get Drunk And Truck」「Lake Providence Blues」「Hamfat Swing」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Southern Sons - OUR HEAVENLY FATHER cw I CANT FEEL AT HOME ANYMORE

  • ゴスペル78rpm
Southern Sons- サザン・サンズ - "OUR HEAVENLY FATHER cw I CAN'T FEEL AT HOME ANYMORE"
USA / 78rpm / Mono / Trumpet 143 / Rec 1951 / Pub 1951
レーベルきれい、盤新品のようなコンディション
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ゴスペル・グループ、サザン・サンズの51年の一枚。
ゴールデン・ゲイト・カルテットによって火が付いたジュビリー・スタイルの初期ゴスペル・グループの中でも、最も評価の高いグループの一つ、サザン・サンズ。これはミシシッピのトランペット・レーベルから出た51年の一枚。両面せりあがってくるような迫力のハーモニー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Willie Eagan, Jimmy Thomason, Big Boy Groves, etc. - THE ROCKIN BLUES

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Willie Eagan, Jimmy Thomason, Big Boy Groves, etc.- ウィリー・イーガン、ジミー・トマソン、ビッグ・ボーイ・グローヴズ、etc. - "THE ROCKIN' BLUES"
USA / LP / Mono / Vita 8002 / Rec 1950s / Pub 1982
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■50年代西海岸ヴァイタ・レコードのロッキン・ブルース、R&Bを収録した一枚。
このアルバムでも聞けるスクワイアーズなど、ドゥワップ・ファンには名の知れたウエストコーストのR&Bレーベル、ヴァイタに残されたロッキン・ブルース、リズム&ブルースを収録したオムニバスで、ヴァイタのオフィシャル盤。まずA面はほとんど、ルイジアナ生まれのブルースマン、ウィリー・イーガン。甲高くシャープな声の持ち主で、声を張り上げたときのゾクゾク感といい極太直球なバックといい文句なしの8曲。リーバー&ストーラーのスパーク・レーベルやスペシャルティでの録音も知られるビッグ・ボーイ・グローブズ、西R&Bシーンの重要ハープ奏者ハーモニカ・スリムのレア曲、ジャズシンガーとしてもピカイチな女性歌手エフィー・スミスなど全18曲。試聴のように録音開始前のちょっとした会話が入った曲もあり。【曲】「Willie Egan / Wear Your Black Dress」「I Can't Understand It(試聴)」「Willie's Blues」「Shes Gone Away But...」「Come On」「Oh Baby」「Wow Wow」「What A Shame」「Jimmy Thomason / Now Hear This」「Ervin "Big Boy" Groves / You Can't Beat The Horses」「Big Boys Bounce」「Harmonica Slim / Do What You Wanna Do」「My Baby Wont Quit Me」「You Better Believe It」「Drop Anchor」「Effie Smith And The Squires / Water Water(試聴)」「Effie Smith / You Should Be Ashamed Of Yourself」「Champagne」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Goree Carter And His Hepcats - RCOK AWHILE

  • ブルースLP
 Goree Carter And His Hepcats- ゴリー・カーター&ヒズ・ヘップキャッツ - "RCOK AWHILE"
Sweden / LP / Mono / Blues Boy BB306 / Rec 1949 to 1951 / Pub 1983
見開きジャケット擦れわずか、しみ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■テキサスのロッキン・ブルース・マン、ゴリー・カーターの編集盤。
ワイノニーの「Good Rocking Tonight」やジャッキー・ブレンストン「Rocket 88」と並びロックンロール誕生の一曲と言われる「Rock Awhile」を49年に放ったテキサスのロッキン・ブルースマン、ゴリー・カーター。Tボーンのトグロ系ギターをさらにワイルドにした感のプレイに、ブギやラテンも取り入れたビート(一曲最高のエキゾ・ブルースあり)、ジャンプ・ブルースのシャウター系ボーカル。これはそのデビュー曲「Rock Awhile」を皮切りに彼の初期51年までのナンバーを17曲収録した編集盤。【曲】「Rock Awhile(試聴)」「Back Home Blues」「I'll Send You」「How Can You Love Me」「My Lover Is Coming Down」「Hoy - Hoy」「I Just Thought Of You」「Working With My Baby」「Serenade」「She's Just Old Fashioned」「Is It True」「What A Friend Will Do」「Come On Let's Boogie(試聴)」「Tell Me There Is Still A Chance」「I've Got News For You」「I'm Just Another Fool」「Bullcorn Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc. - MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936

  • ブルースLP
 Will Batts, Memphis Minnie, Hattie Hart, etc.- ウィル・バッツ、メンフィス・ミニー、ハッティ・ハート、etc. - "MEMPHIS JAMBOREE 1927-1936"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1021 / Rec 1926 to 1936 / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■2・30年代メンフィスのカントリー・ブルース集。
どういうわけか、付近の大都市にくらべて個々のキャラクターが際立った奇抜で天才・天然型のブルースマンが歴然と多いメンフィス。これはヤズーのメンフィス・ブルース集三枚目で、弾き語り系のハードなブルースよりも比較的バンド形式のにぎやかで踊れるナンバーを集めた一枚。メンフィス・ミニー、カンザス・ジョー・マッコイ、ヤンク・レイチェル等おなじみの面々から知られざる人まで14曲。必ずキラーをオープナーにするヤズー、今回はサウス・メンフィス・ジャグ・バンドのバイオリニスト、ウィル・バッツがギターを弾く"Highway No.61"。【曲】「Will Batts / Highway No. 61 Blues」「Memphis Minnie / Ain't No Use You Tryin' To Tell On Me(試聴)」「Hattie Hart / Coldest Stuff In Town(試聴)」「Yank Rachel / Squeaky Work Bench Blues」「Memphis Minnie / Soo Cow Soo」「Two Charlies / I Couldn't Stay Here」「Kansas Joe McCoy / Joliet Bound」「Furry Lewis / Dry Land Blues」「Memphis Minnie / That'll Be Alright」「Kansas Joe McCoy / Something Gonna Happen To You」「Gus Cannon / Can You Blame The Colored Man(試聴)」「Jim Jackson / Jim Jackson's Jamboree」「Sam Townsend / Lily Kimball Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitch Greenhill - PICKIN THE CITY BLUES

  • ブルースLP
Mitch Greenhill- ミッチ・グリーンヒル - "PICKIN' THE CITY BLUES"
USA / LP / Mono / Prestige Folklore FL14026 / Rec 1964 / Pub 1964
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、もとからのサーフェイスノイズ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■フォーク・ブルース・シンガー、ミッチ・グリーンヒルのファースト・アルバム。
ピート・シーガーやボブ・ディラン、ジョーン・バエズのマネージャーだったマニー・グリーンヒルの息子で、若い時からゲイリー・デイビスやライトニン・ホプキンスなど実家に泊まりに来たミュージシャンの演奏に触れ歌うようになったミッチ・グリーンヒル。これは64年のファースト・アルバムで、サニー・ボーイ・ウィリアムソンIやスキップ・ジェイムス、ウォッシュボード・サムなどのブルース・クラシックに自作を混ぜたブルース・アルバム。オリジナル盤。【曲】「Monongahela Sal」「Ragged But Right」「Mitch's Waltz」「Won't You Tell Me(試聴)」「Highway 301」「Raggedy Betsy」「Built For Comfort」「Good Morning School Girl(試聴)」「Jubilee」「If You Haven't Any Hay」「Louise's Tune」「Minding My Own Business」「Mobile & Tennessee Line」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.