(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: blues)

Holy Ghost Sanctified Singers, Elder Richard Bryants Sanctified Singers, etc. - GOD GIVE ME LIGHT 1927-1931

  • ブルース/ゴスペルLP
 Holy Ghost Sanctified Singers, Elder Richard Bryant's Sanctified Singers, etc.- ホーリー・ゴースト・サンクティファイド・シンガーズ、エルダー・リチャード・ブライアンツ・サンクティファイド・シンガーズ、etc. - "GOD GIVE ME LIGHT 1927-1931"
USA / LP / Mono / Herwin / Rec 1927 to 1931 / Pub early1970s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ハーウィン・レーベルの戦前ゴスペル集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、高品質なこだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。ジャグ・バンドと女性たちのコーラスの、ホーリー・ゴースト・サンクティファイド・シンガーズ、ブラック・ヒルビリー・ゴスペルのリーダー・クリーヴランド、女性Voとワイルドな伴奏が塊で盛り上がるエルダー・カリーなどなど耳を塞ぎたくなるような強烈な全16曲。【曲】「Holy Ghost Sanctified Singers / Thou Carest Lord For Me」「When I Get Inside The Gate」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / Lord, Lord He Sure Is Good To Me」「Come Over Here」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / If The Light Has Gone Out In Your Soul」「Bright Tomorrow(試聴)」「Louisville Sanctified Singers / God Give Me Light」「So Glad I'm Here」「Holy Ghost Sanctified Singers / Sinner, I'd Make A Change」「Jesus Throwed Up A Highway For Me」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / How Much I Owe For Love Divine」「Watch Ye, Therefore, You Know Not The Day(試聴)」「Elder Curry / Memphis Flu」「Leader Cleveland / Babylon Is Falling Down」「Way Beyond The Blue」「Ernest Phipps And His Holiness Quartet / Jesus Is Getting Us Ready For That Great Day」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leadbelly - GOOD MORNING BLUES : EARLY LEADBELLY

  • ブルースLP
Leadbelly- レッドベリー - "GOOD MORNING BLUES : EARLY LEADBELLY"
USA / LP / Mono / Biograph -12013 / Rec 1935, 1940 / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■A面はウディ・ガスリーの紹介とともにレッドベリーが弾き語る7曲、B面は35年録音の7曲。
こちらの再入荷です。試聴は違うのでぜひ。なんというのか、アフリカの民俗音楽のように漠然とした印象しか持てないレッドベリーの、ブラインド・レモンやチャーリー・パットンが小さく聞こえてしまう無法な弾き語りが延々。【曲】「I Ain't Going Down」「Went Out On The Mountain」「Whoa Back」「Worried Blues」「Good Mornin' Blues」「You Can't Lose Me Charlie」「Boll Weevil」「Death Letter Blues」「Death Letter Blues (Continued)」「Kansas City Papa(試聴)」「Daddy I'm Coming Back To You」「Shorty George」「Yellow Jacket」「T.B. Woman Blues’(試聴)」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blyths Sinful Five, Viola Bartlette, Hottentots, etc. - PARAMOUNT HOT JAZZ RARITIES 1926-1928

  • ジャズ/ブルースLP
Blyth's Sinful Five, Viola Bartlette, Hottentots, etc.- ブライスズ・シンフル・ファイヴ、ヴィオラ・バートレット、ホッテントッツ、etc. - "PARAMOUNT HOT JAZZ RARITIES 1926-1928"
USA / LP / Mono / Herwin 110 / Rec 1926 to 28 / Pub 1977
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■黒人音楽の殿堂レーベル、パラマウントのレア・ジャズ集。
24年に自主レーベルとしてスタート、30年まで、ヒルビリー、カントリー・ブルース、ゴスペル等をリリースしたハーウィン。それから30年以上たった後に、コレクター&研究家バーナード・クラツコが、ヤズーやオリジンの面々とともに再始動、こだわりの編集盤をリリースした、この手の中でも最もコアなレーベルの一つ。これは黒人音楽の殿堂レーベル、パラマウントに残されたレア・ジャズ集。シカゴのNo1ピアニスト、ジミー・ブライスの幻のバンド、シンフル・ファイヴ、やはりブライスのWBバンドがサポートした、せわしないビブラート声にゾクゾクする女性ブルース・シンガー、ヴィオラ・バートレット、このジャンルの憧れの一曲"VooDoo"で知られるタイニー・パーハムらのメガレアバンド、ニューオーリンズ・ジャズマンのレコード録音第一号フレディ・ケパードのウルトラ・ホットなホッテントッツ、僕は勝手に20年代の女モンクと思っているブルース・シンガー、エルザディー・ロビンソンのバンドもの....まだA面。超々濃い一枚。【曲】「Blythe's Sinful Five / Plump Tillie」「Viola Bartlette With Blythe's Sinful Five / Anna Mina Forty And St. Louis Shorty」「Viola Bartlette With Blythe's Sinful Five / Quit Knocking On My Door」「Austin And His Musical Ambassadors / Don't Forget To Mess Around When You Do The Charleston Take 1」「Take 2」「Hotentots / Lots O'Mama」「Elzadie Robinson With Preston Jackson's Uptown Band / Houston Bound」「Wilson's T.O.B.A. Band / Steady Roll(試聴)」「Backyard Blues」「Jeanette's Synco Jazzers / The Bumps」「What's That Thing」「D.C. Nelson's Serenaders / New Orleans Breakdown」「Coo Coo Stomp」「Beverly Syncopators / Sugar(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bukka White, Willie Morris, Rchard Hacksaw Harney, etc. - THE MEMPHIS BLUES AGAIN VOL.2

  • ブルースLP
 Bukka White, Willie Morris, Rchard Hacksaw Harney, etc.- ブッカ・ホワイト、ウィリー・モリス、リチャード・ハクソウ・ハーニー、etc. - "THE MEMPHIS BLUES AGAIN VOL.2"
USA / LP / Stereo / Adelphi Adelphi / Rec 1970 / Pub 1971
見開きジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、内側ブックレット部しみあり、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■再発見されたメンフィス在住のブルースマンたちの録音。バックワーズ・サム・ファーク参加。
カントリー・ブルースと、そこから発展したギター音楽を60年代以降最もコアに掘ったアデルファイ・レコード。これは、70年前後の数年、再発見されたメンフィス在住の戦前カントリー・ブルースマンのもとに赴き数回にわたって録音、そして二枚のレコードで出したものの二枚目。スケールのデカイ説明不要のブッカ・ホワイト、パットンやウィリー・ブラウンの同門のウィリー・モリス、ブルース・ストリング・バンドの名盤を多く録音したスリーピー・ジョン・エステス、当時はフランク・ストークスやガス・キャノンと活動をともにし、ノア・ルイスのSPにも参加した女性シンガー、ヴァン・ハント、40年ほど前にわずかの数の歌伴の録音をした、しかしこの時が絶頂ではと思わせるリチャード・ハーニーなどなど収録。目立ちませんがA面の最初の5曲にバックワーズ・サム・ファークが参加しています。オリジナル・レーベル。【曲】「Bukka White / Fried Chicken」「Willie Morris / New Stop And Listen Blues(試聴)」「My Good Woman Has Quit Me」「Tell My Mama, Babe, On You」「Richard "Hacksaw" Harney / Hacksaw's Down South Blues(試聴)」「Can Can」「Walter Miller / I Don't Care What You Do」「Memphis Piano Red John Williams* / Me And My Pal」「Sleepy John Estes / Drop Down Mama」「Van Hunt / Jelly Selling Woman」「Lonesone Road Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sara Martins Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc. - GIVE ME ANOTHER JUG

  • ブルースLP
Sara Martin's Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc.- サラ・マーティンズ・ジャグ・バンド、ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、etc. - "GIVE ME ANOTHER JUG"
Switzerland / LP / Mono / Whoopee 102 / Rec 1924 - 31 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウーピーというスイスのレーベルから出た戦前ジャグ・バンドの編集盤。
タイトルに端的に表れているのですが、ジャグ・バンドの名演集になかなか入りそうもない珍しいナンバーを集めた、スイスのウーピーというレーベルの一枚。70年代に五枚だけ?出したレーベルのようです。まずA面はアール・マクドナルド特集。このジャンルの録音第一号のレコードでウッドベースやチューバよりはるかな巨大な音でジャグを吹き、この音楽を広めた歴史上最も偉大なプレイヤー。在籍したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズは二曲のみで、ジャズ、ブルース・シンガーのバックを努めた貴重な音源多し。初めて聞くものばかりです。裏面は、メンフィス・ジャズ・バンドの編集盤に漏れていそうな彼らの別働隊や、ハーモニカ奏者のジェド・ダヴェンポートのバンド、もう一つのジャグ・バンド第一号グループ、ウィッスラー・ジャグ・バンド等を収録。試聴のように結構高音削られた音質ではありますが、ジャグそのものの演奏を聞きたいというかたには特にお薦め。【曲】「Sara Martin's Jug Band / Blue Devil Blues」「」「Jug Band Blues」「Dixieland Jug Blowers / If You Can't Make It Easy」「When I Stopped Running」「Ben Ferguson / Please Don't Holler Mama」「Try And Treat Her Right」「John Harris / Glad And Sorry Blues(試聴)」「Madelyn James / Stinging Snake Blues」「Jed Davenport And His Beale Street Jug Band / Jug Blues」「Piccolo Blues」「King David's Jug Band / Georgia Bo-Bo」「Tear It Down」「Kaiser Clifton / Cash Money Blues」「Fort Worth And Denver Blues」「Whistler's Jug Band / Foldin' Bed(試聴)」「Hold That Tiger」
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Georgia Peach With Reliable Gospel Singers, Echoes Of Zion, etc. - ATLANTA GOSPEL

  • ゴスペルLP
 Georgia Peach With Reliable Gospel Singers, Echoes Of Zion, etc.- ジョージア・ピーチ・ウィズ・リライアブル・ゴスペル・シンガーズ、エコーズ・オブ・ザイオン、etc. - "ATLANTA GOSPEL"
U.K. / LP / Mono / Gospel Heritage HT312 / Rec 1927-51 / Pub 1987
ジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アトランタの初期ゴスペル名唱を集めた一枚。
ブラインド・ウィリー・マクテルと彼の一派やバーベキュー・ボブなどの強力なカントリー・ブルースマン、同じ路線で楽しめる無比のゴスペル・シンガー、レヴァランドJMゲイツなど、ブルースマニアにとって胸の熱くなるアトランタ。20年代、女性グループで幕を開けたというアトランタのゴスペル・カルテットの世界、30年代中期に、この盤にも収録されたエコーズ・オブ・ザイオン、スターライト・スピリチュアルズ等で突如花開き、南部ゴスペル・カルテットの中心地となりました。これは初期アトランタのゴスペル・カルテット7グループ16曲を収録した一枚。アトランタのブルースの雰囲気を想像して間違いありません。煮詰めた黒糖のように漂ってくる滋味あふれるハーモニー全開の内容。解説シートになったオリジナル・スリーブ付き。【曲】「Georgia Peach With Reliable Gospel Singers / I Don't Know Why」「Reliable Jubilee Singers / Open Up Those Pearly Gates」「God Shall Wipe All Tears Away」「National Independant Gospel Singers / On Mount Olive(試聴)」「 I Got A Right」「Echoes Of Zion / Evening Sun(試聴)」「Keep Still」「 Starlight Spiritual Singers / Awful Day Will Surely Come」「Five Trumpets / Tone The Bell Easy」「I Can See Everybody Mother」「The Ten Commandments」「Bread Of Heaven」「My Chains Fell Off」「Servant's Prayer」「Stand By Me」「Golden Gospel Singers / How I Got Over」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Silver Echo Quartet, Afro Quintette, Coleman Brothers, etc. - NEWARK GOSPEL QUARTETS

  • ゴスペルLP
 Silver Echo Quartet, Afro Quintette, Coleman Brothers, etc.- シルバー・エコー・カルテット、アフロ・クインテット、コールマン・ブラザーズ、etc. - "NEWARK GOSPEL QUARTETS"
U.K. / LP / Mono / Gospel Heritage HT324 / Rec 1930s, 40s / Pub 1990
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ニュージャージー・ニューアークのゴスペル・グループを収録した一枚。
マンハッタンから川を挟んで西側にあるニューアーク。30年代から、アメリカでも有数のブラック・ゴスペルの聖地として、多くの名グループ、名ソロイストを輩出。ニューアークのゴスペルは、引き締まったリズムでシンコペーションをバリバリ聞かせたジュビリー・スタイルが特徴。これは、30年代~40年代の4グループを収録した一枚。4弦のテナー・ギターを伴奏に波打つコーラスを一心不乱に続けるシルバー・エコー・カルテット、同様のスタイルに、絶唱のリード・シンガーを立てたバラードも収録したアフロ・クインテット、やはりリズミックなハーモニーにまぶしいハイテナーをリードにしたコールマン・ブラザーズ、フランキー・ライモンのゴスペル版とも言えそうなキッズ・グループ、ハイタワー・ブラザーズの4グループ16曲を収録。ライナーは裏ジャケット。【曲】「Silver Echo Quartet / Rock My Soul(試聴)」「Where Shall I Go」「Sinner Man」「Land Of Fadeless Day」「Hold In The Frame」「Lord Help Me」「Afro Quintet / Toll The Bells」「Working For My Jesus」「Coleman Brothers / One Day」「I Can See Everybody's Mother But Mine」「We'll Understand(試聴)」「Plenty Of Room In The Kingdom」「Lonesome Valley」「 Get Away, Mr. Satan, Get Away」「Hightower Brothers / Come By Here」「He That Believed In Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lonnie And Ed Young, Vera Hall, Fred McDOwell, etc. - ROOTS OF THE BLUES

  • ブルース/スピリチュアルLP
 Lonnie And Ed Young, Vera Hall, Fred McDOwell, etc.- ロニー&エド・ヤング、ヴェラ・ホール、フレッド・マクダウェル、etc. - "ROOTS OF THE BLUES"
USA / LP / Stereo / Atlantic SD1348 / Rec 1950s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アメリカ南部フィールド録音の名シリーズから、ブルースのルーツを遡った一枚。
アラン・ロマックスが50年代後半~60年代前半にかけてまとめた、アメリカ南部の民俗音楽と言えるものをまとめたアトランティックの名シリーズの一枚。アフリカから持ち込まれた音楽が最もプリミティヴな形でアメリカらしく生まれ変わった儀式的な踊りの音楽、ブルースの起こりをうながしジャズにも吸収されていったフィールド・ハラーを始めとする労働歌、そしてカントリー・ブルース弾き語り、ストリング・バンド、ハーモニカ・ソロなどなど全13曲収録。オリジナルは60年、下の盤同様、しっかりしたジャケット&音の70年代盤。 【曲】「Ed Young, Lonnie Young / Jim And John(試聴)」「Vera Hall / The Wild Ox Moan」「Fred McDowell / Been Drinkin' Water Out Of A Hollow Log」「Bob Pratcher, Miles Pratcher / All Night Long」「Fred McDowell / Shake'em On Down(試聴)」「Forest City Joe / Levee Camp Reminiscence」「Ed Young, Lonnie Young / Chevrolet」「Ed Young . Lonnie Young / Oree」「Johnny Lee Moore / Levee Camp Holler」「Johnny Lee Moore / Eighteen Hammers」「Forest City Joe / Train Time」「Fred McDowell / Freight Train Blues」「Forest City Joe / Drink On Little Girl」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Estil C. Ball, Alabama Sacred Harp Singers, Mountain Ramblers, etc. - WHITE SPIRITUALS

  • ゴスペル/ヒルビリーLP
 Estil C. Ball, Alabama Sacred Harp Singers, Mountain Ramblers, etc.- エスティルCボール、アラバマ・セイクリッド・ハープ・シンガーズ、マウンテン・ランブラーズ、etc. - "WHITE SPIRITUALS"
USA / LP / Mono / Atlantic SD1349 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アラン・ロマックスとシャーリー・コリンズのフィールド録音シリーズから、様々なスタイルのホワイト・ゴスペルを収録した一枚。
60年、アラン・ロマックスとイギリスの女性フォーク・シンガー、シャーリー・コリンズの二人がアメリカ南部に赴きフィールド・レコーディングしたシリーズ"Southern Folk Heritage Series"。LPで同時に7枚リリースされました。これはホワイト・ゴスペルでまとめらた一枚。さて、何と言っても驚きなのは、本作のおよそ半分ほどを占める、ヴァージニアのヒルビリー・ゴスペル・シンガー&ギタリスト、エスティルCボールと彼のグループ。これから後いくつかのレーベルからアルバムを出す彼らが初めて録音した音源で、最も古い精神性と、10年以上あとのアメリカで露わになるような私的な演奏、歌の数々。他、伝統的でいて新鮮な響きのスピリチュアル・コーラス、セイクリッド・ハープ・シンギング、まるで黒人のスタイルの説教もの、このシリーズで特集盤もあるマウンテン・ランブラーズのスピリチュアル曲などなど収録。オリジナルは60年、これは70年代プレス。しっかりした厚めのジャケットで音もすごくいいです。【曲】「Tribulations(試聴)」「When I Get Home」「The Poor Wayfaring Stranger」「Baptizing Down By The Creek」「Sermon And Lining Hymn」「Antioch」「Calvary」「Please Let Me Stay A Little Longer」「Father, Jesus Loves You」「Lonesome Valley」「Father Adieu」「The Old Country Church(試聴)」「Little Moses(試聴)」「The Cabin On The Hill」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Bertlands Washboard Wizards, Clarence Williams And His Washboard Band, etc. - WASHBOARD RHYTHM

  • ブルース/ジャズLP
 Jimmy Bertland's Washboard Wizards, Clarence Williams And His Washboard Band, etc.- ジミー・バートランズ・ウォッシュボード・ウィザーズ、クラレンス・ウィリアムス&ヒズ・ウォッシュボードバンド、etc. - "WASHBOARD RHYTHM"
U.K. / LP / Mono / Decca AH55 / Rec 1920s / Pub 1963
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■名ウォッシュボード・バンド5グループ12曲収録の英デッカ編集盤。
シカゴの洗濯板奏者ジミー・バートランドは、ジョニー・ドッズに加えサッチモも入った編成のナンバーも収録。NYジャズの元締めクラレンス・ウィリアムス(P)は超名手フロイド・ケイシーの洗濯板にバスター・ベイリー(CL)、なんとベイビー・ドッズが洗濯板をプレイ、ジョニー・ドッズ、ハーブ・モランドらのカルテットによるビール・ストリート・ウォッシュボード・バンド、ウクレレ、カズーも入った編成で、ギターはテディ・バンというアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ、やはり名手ジャスパー・テイラーの洗濯板にジミー・ブライス(P)、それにカズー、バンジョーも入った珍しいグループ、シカゴ・ストンパーズ。【曲】「Jimmy Bertrand's Washboard Wizards / Little Bits」「Idle Hour Special」「47th Street Stomp」「Clarence Williams' Washboard Band / Cushion Foot Stomp」「P. D. Q. Blues」「Jimmy Bertrand's Washboard Wizards / I'm Goin' Huntin'」「Beale Street Washboard Band / Forty And Tight」「Piggly Wiggly」「Alabama Washboard Stompers / Pigmeat Stomp」「Chicago Stompers / Wild Man Stomp」「Stomp Your Stuff」「Alabama Washboard Stompers / Pepper Steak」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Casey Bill Weldon - HAWAIIAN GUITAR WIZARD

  • ブルースLP
 Casey Bill Weldon- ケイシー・ビル・ウエルダン - "HAWAIIAN GUITAR WIZARD"
France / LP / Mono / RCA Bluebird PM42050 / Rec 1930s / Pub 1978
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・ギタリスト&シンガー、ケイシー・ビル・ウエルダンの編集盤。
ポール・ホワイトマンやジャック・ティーガーデンなど、特にジャズの徹底した編集盤で知られるフランスRCAのブラック&ホワイト・レコードから、メンフィス・ジャグ・バンドの一員でもあったカントリー・ブルース・ギタリスト&シンガー、ケイシー・ビル・ウエルダンの一枚。ハワイアン・スライドの達人で、素っ頓狂なメンフィスやどっぷりディープなミシシッピとは違う、朴訥でくだけた味がなんともいいブルースの数々。ナショナル・ギターの金属音もいい感じでハマってます。ちなみに彼、なんと最初の奥さんはメンフィス・ミニー、その次に結婚したのはギーシー・ワイリーという....【曲】「My Stove Don't Work(試聴)」「Somebody Changed The Lock On My Door」「Long Eared Mule」「Somebody's Been Talking To You」「Howlin' Dog Blues」「Your Wagon's Worn Out Now」「I Got A Letter This Morning」「I'm A Stranger In Your Town」「Blues Everywhere I Go(試聴)」「Somebody's Got To Go」「Casey Blues」「I'se Just A Bad Luck Man」「Midnight Blues」「Way Down In Louisiana」「I Believe You're Cheatin' On Me」「You Gotta Do Your Duty」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washington Phillips - DENOMINATION BLUES

  • ゴスペル/ブルースLP
 Washington Phillips- ワシントン・フィリップス - "DENOMINATION BLUES"
USA / LP / Mono / Agram AB2006 / Rec 1927 to 1929 / Pub 1927 to 1929
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■天国のゴスペルを奏でたワシントン・フィリップスの編集盤。
ゴスペル系カントリー・ブルース・シンガーには個性的な人が多いですが、彼こそワン&オンリー。マンザレーヌという非常に珍しいチター系弦楽器(最近の調査で分かったらしいです)で夢のような弾き語りを聞かせるテキサス生まれのワシントン・フィリップス。90年代にヤズーからCDが出ましたが、これが彼の初の単独編集盤。まだ彼の写真が見つかっていなかった頃なのでしょう、ハンマー・ダルシマーの写真がのってます。全16曲全く同じような天国のナンバーが並ぶ一枚。インサート付き。【曲】「Mother's Last Word To Her Son(試聴)」「Take Your Burden To The Lord And Leave It There」「Paul And Silas In Jail」「Lift Him Up That's All」「Denomination Blues - Part 1」「Denomination Blues - Part 2」「I Am Born To Preach The Gospel」「Train Your Child(試聴)」「Jesus Is My Friend」「What Are They Doing In Heaven Today ?」「A Mother's Last Word To Her Daughter」「I've Got The Key To The Kingdom」「You Can't Stop A Tattler - Part 1」「You Can't Stop A Tattler - Part 2」「I Had A Good Father And Mother」「The Church Needs Good Deacons」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.