(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: b, Page 2)

Bill Monroe And Doc Watson - SING COUNTRY SONGS

  • ヒルビリー/ブルーグラスLP
 Bill Monroe And Doc Watson- ビル・モンロー&ドク・ワトソン - "SING COUNTRY SONGS"
USA / LP / Mono / FBN Musc Club 210 / Rec 1963 / Pub 1975
ジャケット擦れわずか、背部の上縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■63年の二人のデュオ・ライブを収録した一枚。
ブルーグラスの開祖ビル・モンローと、ヒルビリー界ナンバーワン・ギタリストでシンガーのドク・ワトソンのデュオ・ライブ。63年で、この頃当然ビル・モンローは超大物、そしてドク・ワトソンは、クラレンス・アシュレイの再発見盤で話題はうなぎのぼり、翌年にデビュー・アルバム発表という時期。何年も一緒にやっているような抜群のコンビネーション、さらに貴重なワトソンのソロ弾き語りなども収録。【曲】「Get Up John(試聴)」「Dream Of The Miner's Child(試聴)」「Homesick For Heaven」「True Life Blues」「Rawhide」「Feast Here Tonight」「What Did The Deep Blue Say」「Banks Of The Ohio」「Midnight On The Stormy Deep」「You Won't Be Satisfied Now」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Rosengarden Phil Kraus Orchestra - PERCUSSION PLAYFUL AND PRETTY

  • イージー・リスニングLP
 Bob Rosengarden And Phil Kraus- ボブ・ローゼンガーデン&フィル・クラウス - "PERCUSSION PLAYFUL AND PRETTY"
USA / LP / Mono / RCA CPM113 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■イージー・リスニング界最高の打楽器奏者がタッグを組んだ一枚。
自身のソロも本当素晴らしい、NYきっての名ヴァイブ/マリンバ奏者フィル・クラウスと、エリントンやジミ・ヘンドリックスとも共演歴のある、ラウンジとジャズとロックを行き交うドラマー、ボブ・ローゼンガーデン。パーカッション・ラウンジの生みの親であるこの二人がタッグを組んだアルバム。ビブラフォン、木琴、ベル、マラカス、ティンパニなど考えうる打楽器に加え、アフリカから調達したマリンバや、ノイズ混じりの木琴バズィンバ、古い本物カリオペ(蒸気オルガン)などをコンボに混ぜて演奏。【曲】「For Want Of A Star(試聴)」「Mr. Ghost Goes To Town」「Johnny One Note(試聴)」「Chloe」「All Through The Night」「Satan Takes A Holiday」「Sophisticated Swing」「The Comedians」「Speak Low」「The Continental」「Carnival」「Goofus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bray Brothers With Red Cravens - PRAIRIE BLUEGRASS

  • ブルーグラスLP
 Bray Brothers With Red Cravens- ブレイ・ブラザーズ・ウィズ・レッド・クレイヴンズ - "PRAIRIE BLUEGRASS"
USA / LP / Mono / Mono 0053 / Rec / Pub 1976
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレット色あせ
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■イリノイのブルーグラス・バンド、ブレイ・ブラザーズのアルバム。
ネイト、フランシス、ハーリーのブレイ3兄弟と、ギタリスト、レッド・クレイヴンズのブルーグラス・バンド。南部限定だったブルーグラスが北部でもさかんに演奏されるようになった50年代後半から、イリノイではかなりの知名度と人気を誇ったグループ。にもかかわらず当時はレコードを出しておらず、これが数少ない録音の一枚。61~62年、地元のラジオ局に録音された21曲を収録。バカテクミュージシャンに事欠かないブルーグラスの中でもこのグループはほんとにスゴイ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Wills - THE LIVING LEGEND

  • カントリー/ウエスタン・スウィングLP
 Bob Wills- ボブ・ウィルス - "THE LIVING LEGEND"
USA / LP / Mono / Longhorn LP001 / Rec 1964 / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■全曲彼のフィドル・チューンを収録した64年のプライベート録音盤。
3~40年代に全盛を誇ったウエスタン・スウィングの王様ボブ・ウィルス。これは64年のプライベート録音を収録したアルバム。メンバーはライト・クラスト・ダウボーイズの初録音からのギタリスト、スリーピー・ジョンソンやマーヴィン・モンゴメリー。長年フィドル曲のみのアルバムを作りたかったそうで、これでようやく実現した、と裏ジャケットにコメントがあります。多少の緩急あるものの試聴のような枯れた演奏が続く全12曲。【曲】「Big Taters In The Sandy Land」「Mayflower Waltz(試聴)」「Billy In The Low Ground」「Beaumont Rag」「Faded Love」「Dian Waltz」「Done Gone」「Put Your Little Foot」「Bob's First Fiddle Tune」「Bob's Schottische」「Gone Indian」「No Disappointments In Heaven(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Ridge Highballers - 1926 RECORDINGS

  • ヒルビリー/オールドタイムLP
 Blue Ridge Highballers- ブルー・リッジ・ハイボーラーズ - "1926 RECORDINGS"
USA / LP / Mono / County 407 / Rec 1926 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■彼らの唯一の音源集。
フィドルのチャーリー・ラ・プレード、バンジョーのアーサー・ウエルズ、ギターのロニー・グリフィスのバージニア三人組、ブルー・リッジ・ハイボーラーズ。26年という、オールドタイム・ストリング・バンドとしては最も早い時期にコロンビアに、その後27年にパラマウントに録音したのみのグループ。全編試聴のようなスピード感満点の演奏。【曲】「Darling Child」「Going Down To Lynchburg Town(試聴)」「Fourteen Days In Georgia」「Sandy River Belle」「Flop Eared Mule(試聴)」「Skidd More」「Darneo」「Soldier's Joy」「Wish To The Lord I Had Never Been Born - As By Luther Bernard Clarke」「Round Town Girls」「Under The Double Eagle」「Green Mountain Polka」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bull Moose Jackson - SINGS HIS ALL TIME HITS

  • リズム&ブルースLP
 Bull Moose Jackson- ブル・ムース・ジャクソン - "SINGS HIS ALL TIME HITS"
USA / LP / Mono / Audio Lab AL1524 / Rec 1947 to 1951 / Pub 1980s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、B4にプツ音でるスクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3~4  1980 yen
■59年のアルバムのリイシュー。
ブル・ムースのニックネームは、声など音楽的なことでなく、見た目からつけられたという...確かに。ラッキー・ミリンダー楽団に在籍していた頃のはなし。その後一人立ちし、キングのR&Bスターとなり、ワイノニー・ハリス(ワイノニーもミリンダー楽団出身)等と肩を並べる存在となったシンガー&テナー・サックス奏者。これはキング・レコードのサブ・レーベルで、いいレコードが多いオーディオ・ラブからの59年のアルバムのリイシュー。【曲】「I Love You Yes I Do」「I Can't Go On Without You」「Cherokee Boogie」「My Little Baby(試聴)」「I Want A Bow-Legged Woman」「Have You No Mercy」「All My Love Belongs To You」「Little Girl Don't Cry」「Why Don't You Haul Off And Love Me(試聴)」「Sometimes I Wonder」「Sneaky Pete」「I Never Loved Anyone But You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bruno Hoffman - MUSIC POUR GLASSHARMONICA

  • クラシックLP
 Bruno Hoffman- ブルーノ・ホフマン - "MUSIC POUR GLASSHARMONICA"
France / LP / Mono / Club National Du Disque CND882 / Rec late50s to early60s / Pub late50s to early60s
コーティングの折り返しペラ・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■グラス・ハーモニカの名手ブルーノ・ホフマンの名盤。
18世紀中頃に流行、18世紀末に入り世界が近代化に向かいはじめると急速に人気が落ちたというグラス・ハーモニカ。ある時期を境に、人体に悪影響を及ぼす、気が狂うなど迷信が広まり、国によっては禁止されてしまったそう。これは18世紀のグラス・ハーモニカ曲を、ドイツの名手ブルーノ・ホフマンが現代に蘇らせたアルバム。後々多くの国でリイシューされたこの楽器の名盤といえる一枚。モーツァルトと、ライヒャルト、レーリヒ、シュルツ、ナウマンという作曲家の6曲で、独奏か小編成の室内楽伴奏。近代以前、自然と一体化した宇宙観が支配していた時代に連れ戻されるような一枚。【曲】「Mozart / Adagio Et Rondo Pour Glassharmonica」「Adagio Pour Glassharmonica」「Reichardt / Rondeau Pour Glass Harmonica(試聴)」「Rollig / Quintette Pour Glassharmonica」「Schulz / Largo Pour Glassharmonica(試聴)」「Naumann / Quatuor Pour Glassharmonica」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boaz Sharon - PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN

  • クラシックLP
 Boaz Sharon- ボーツ・シャロン - "PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN"
USA / LP / Stereo / Orion ORS79332 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏の作曲家シャルル・ケクランのピアノ曲集。
6人組のプーランクやタイユフェールらの師でもあった作曲家シャルル・ケクランのピアノ作を3作品収録した米オリオンの一枚。一曲目は山と海の風景をメロディにした12曲からなる組曲『陸景と海景』。続いてやはり12曲からなる『パストラール』は、『陸景』よりもぐっと近景を切り取ったような親密なメロディ。ラストは組曲『ペルシャの時』から「深い谷間のみずみずしい朝」。ペルシャの旅行記から着想を得た作で、静謐で重みのある、後期ドビュッシーが新感覚で生まれ変わったようなナンバー。演奏はケクランやドビュッシーを得意としたイスラエルのピアニスト、ボーツ・シャロン。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bonnie Guitar - WHISPERING HOPE

  • オールディーズLP
Bonnie Guitar- ボニー・ギター - "WHISPERING HOPE"
USA / LP / Mono / Dot DLP3151 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット擦れ少々、上部取り出し口にテープ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■女性ギタリスト&シンガー、ボニー・ギターのセカンド・アルバム。
ベンチャーズ等で知られるドルトン・レコードのオーナーでもあった女性ギタリスト&シンガーのボニー・ギター。もともと50年代にはセッション・ギタリストとして、さらに作曲家としても活躍していた才女。爪弾き系のギターの腕前は文句なし、歌は常にふわりとしたソフトな声で、エレキをもったフォーク・シンガーという風情。全曲スピリチュアルでまとめた、なかなか見ないセカンド・アルバム。セカンド・ギターにロイ・ランハム、ベースにラリー・ブリーンという必要最低限な編成での12曲。【曲】「The Sweet Bye And Bye」「Bringing In The Sheaves」「Softly And Tenderly」「Peace In The Valley(試聴)」「In The Garden」「Lord, I Want To Find My Way」「Whispering Hope」「Let The Lower Lights Be Burning」「The Old Rugged Cross」「Just A Closer Walk With Thee(試聴)」「Rock Of Ages」「God's Tomorrow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Blacks Combo - SAXY JAZZ

  • ロックンロールLP
 Bill Blacks Combo- ビル・ブラックス・コンボ - "SAXY JAZZ"
USA / LP / Mono / Hi HL12002 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット擦れ少々、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■メンフィスの名物インスト・バンド、ビル・ブラックス・コンボのファースト・アルバム。
サン時代のエルヴィスのベーシスト、ビル・ブラックが59年に始めたインスト・グループ。エルヴィスやリロイ・アンダーソンなどをカバーし、ロックンロールとイージーリスニングを掛け合わせた新境地でアルバムを連発。これは60年のファースト・アルバムで、A1の「Smokie Part 2」がヒット、彼らの代表作になりました。【曲】「Smokie - Part 2(試聴)」「Frankie And Johnny」「Tuxedo Junction」「Cyclone Bop」「Dee J. Special」「Anytime」「White Silver Sands(試聴)」「The Wheel」「Crankcase」「Deep Elm Blues」「Before Dawn」「Accentuate The Positive (Ac-Cent-Tchu-Ate)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Conrad Spit Band - PRIMER

  • ロックLP
Bo Conrad Spit Band- ボー・コンラッド・スピット・バンド - "PRIMER"
USA / LP / Mono / Moonlight M731015 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ミネソタのジャグ・バンド、ボー・コンラッド・スピット・バンドのライブ・アルバム。
73年のライブ・アルバム。オールド・ジャズ、ヒルビリー、ジャグ・バンド・クラシックのカバーを中心に自作曲も交えた全11曲。【曲】「What MakesMy Baby Cry?(試聴)」「Ballad Of Willy Shade」「ScrapeThe Label Off The Bottle (And Pretend You're Drinking Beer)」「Bachelor Blues」「K. C. Moan(試聴)」「Washboard Wiggles」「Freight Train Boogie」「Instrumental ("Overheard At A Party" Or "Conversation In 'A")」「Chopin」「Sadie Green (The Vamp Of New Orleans)」「Darlin' If」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Boyd And His Cowboy Ramblers - 1934-47

  • ウエスタン・スウィングLP
 Bill Boyd And His Cowboy Ramblers- ビル・ボイド&ヒズ・カウボーイ・ランブラーズ - "1934-47"
USA / LP / Mono / Texas Rose TXR2701 / Rec 1934 to 1947 / Pub 1983
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウエスタン・スウィングのパイオニア、ビル・ボイドの音源集。
32年、まだ存命のジミー・ロジャースと録音、既にその年にウエスタン・スウィング・バンド、カウボーイ・ランブラーズを結成したという、ライト・クラスト・ダウボーイズと並ぶこのジャンルのパイオニア、ビル・ボイド。ウエスタン・スウィング専門のレーベル、テキサス・ローズから、34~47年の16曲を収録した編集盤。この二枚組と曲の重なり無し。【曲】「You're Just About Right」「Right Or Wrong」「On The Texas Plains」「Beale Street Blues」「Show Me The Way To Go Home」「Cross-Eyed Gal On The Hill」「Texas Blues(試聴)」「Red Lips」「Boyd's Blue(試聴)」「She's Killing Me」「Yes You Did」「Deed I Do」「Lone Star」「Like You」「Frosty Mornin'」「Roadside Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.