(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: b)

Butterbeans And Susie - DADDYS GOT THE MOJO

  • ジャズ/ブルースLP
Butterbeans And Susie- バタービーンズ&スージー - "DADDY'S GOT THE MOJO"
Denmark / LP / Mono / Swingtime BT2009 / Rec 1924-30 / Pub 1989
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■夫婦のジャズ・ブルース・デュオ、バタービーンズ&スージーの初期音源集。
1910年代にキャリアをスタートさせた、男と女が歌で掛け合うデュオのはしりと言える二人組、バタービーンズ&スージー。これは彼らの初録音の頃から30年までの音源をまとめた一枚で、特にジャンプ、ホンカー系のほんとにいいレコードを出してきたスウィングタイム・レコードから。キング・オリバーとクラレンス・ウィリアムスがバックを付けた最初期のナンバーがまずびっくりするほどいい曲。ブラインド・ウィリー・マクテルもカバーした「A To Z Blues」、また、あの「カナディアン・サンセット」を作ったエディ・ヘイウッドがピアノ伴奏を務めるナンバーが多く驚き。調べたところヘイウッドは既にこの時代ベッシー・スミスなんかと共演していたそうです。クラシック・ブルース・シンガー風の雰囲気の伴奏に二人の楽しいデュエットのナンバー中心の全16曲。【曲】「Kiss Me Sweet(試聴)」「Mama Stayed Out The Whole Night Long」「Construction Gang」「A-Z Blues」「My Daddy Got The Mojo, But I Get The Say-So」「Da Da Blues」「Gonna Make You Sorry」「Tain't None Of Your Business」「Been Some Changes Made」「Watch Your Step」「Gonna Start Lookin' For A Man To Treat Me Right」「Put Your Mind Right On It(試聴)」「What It Takes To Bring You Back」「Times Is Hard」「Elevator Papa, Switchboard Mama」「Papa Ain't No Santa Claus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Budapest String Quartet - RAVEL : QUARTET IN F MAJOR, DEBUSSY : QUARTET IN G MINOR OP. 10

  • クラシックLP
 Budapest String Quartet- ブダペスト・ストリング・カルテット - "RAVEL : QUARTET IN F MAJOR, DEBUSSY : QUARTET IN G MINOR OP. 10"
Japan / LP / Mono / Columbia RL110 / Rec 1957 / Pub late50s
コーティングの二辺折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■日本盤。ラヴェル、ドビュッシーの弦楽四重奏ウルトラ名盤。
1917年に結成された名弦楽四重奏団ブダペスト・カルテットを代表する名盤。Aは、ラヴェル『弦楽四重奏へ長調』(1903年)。Bはドビュッシーの『弦楽四重奏ト短調』(1893年)で、2作とも二人が作った唯一の弦楽四重奏曲。みずみずしく生命感みなぎるラヴェル、クラシックに興味の無い人を虜にしてしまうような魔力のあるドビュッシー。コーティングのペラジャケット、フラット・エッジの日本盤オリジナル。米盤に比べて若干高音削られた感ありますが、わるくない音です。試聴はラヴェルが第二楽章、ドビュッシーが第一楽章。※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boaz Sharon - PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN

  • クラシックLP
Boaz Sharon- ボーツ・シャロン - "PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN"
USA / LP / Stereo / Orion ORS79332 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏の作曲家シャルル・ケクランのピアノ曲集。
パリ音楽院でマスネ、フォーレに師事、その後創作を始め、6人組のプーランクやタイユフェールらの師でもあった作曲家シャルル・ケクラン。彼のピアノ作を3作品収録した米オリオンの一枚。山と海の風景をメロディにした、ニューエイジ・ミュージックを先取りしたような透明感のある12曲からなる組曲『陸景と海景』。やはり12曲からなる『パストラール』は、『陸景』よりもぐっと近景を切り取ったような親密なメロディ。ラストは組曲『ペルシャの時』から「深い谷間のみずみずしい朝」。ペルシャの旅行記から着想を得た作で、静謐で重みのある、後期ドビュッシーが新感覚で生まれ変わったようなナンバー。演奏はケクランやドビュッシーを得意としたイスラエルのピアニスト、ボーツ・シャロン。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bayless Rose, Frank Stokes, Joe Williams, etc. - COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 2

  • ブルースLP
 Bayless Rose, Frank Stokes, Joe Williams, etc.- ベイレス・ローズ、フランク・ストークス、ジョー・ウィリアムス、etc. - "COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC6 / Rec 1930s to 1950s / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ブルース・クラシックス・レーベルの編集盤。
未だに黒人か白人かわからないという(アラブ系混血児とも言われています。フランク・ハチソンが好きな人にぜひ聞いてほしい)ギタリスト、ベイレス・ローズのインストにはじまり、ウォッシュボード・サムが伴奏を付けたブッカ・ホワイトの40年録音、メンフィスのブルースの父フランク・ストークスなどなど、有名無名、場所、時代問わず内容のいいもの、原盤の状態も良好なものを集めた一枚。オリジナルは65年、これは70年代プレス。【曲】「Bayless Rose / Frisco Blues(試聴)」「Frank Stokes / I Got Mine」「Joe Williams / I'm Getting Wild About Her」「Bukka White / Good Gin Blues」「Bukka White / Bukka's Jitterbug Swing」「Frank Stokes / How Long」「Bobo Jenkins / Democrat Blues」「Frank Edwards / We Got To Get Together」「Blind Norris / Sundown Blues」「Scrapper Blackwell / Rambling Blues」「Pinetop Slim / Applejack Boogie」「Milton Sparks / Erie Train Blues」「Blind Boy Fuller / Rag Mama Rag(試聴)」「Dan Picket / Baby, How Long」「Frank Edwards / Terraplane Blues」「Johnny Shines / Ramblin'(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Birmingham Jug Band, Whistler And His Jug Band, etc. - Birmingham Jug Band, Whistler And His Jug Band, etc.

  • ブルースLP
 Birmingham Jug Band, Whistler And His Jug Band, etc.- バーミンガム・ジャグ・バンド、ウィッスラー&ヒズ・ジャグ・バンド、etc. - "THE GREAT JUG BANDS 1927-1933"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Libraly OJL-4 / Rec OJL-4 / Pub 1970s
ジャケットしみわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのジャグ・バンド集。
62年に編集されたオリジン・ジャズ・ライブラリの編集盤で、60sリバイバル・ジャグ・バンドの人達のバイブルでもあった名編集盤。キャノンズ・ジャグ・ストンパーズやメンフィス・ジャグ・バンドは当然、もちろんディキシーランド・ジャグ・ブロワーズも収録で曲は「Garden Of Joy」、ビッグ・ジョー・ウィリアムスやジェイバード・コールマンも参加したバーミンガム・ジャグ・バンド、鄙びたヴァイオリンが最高なジャック・ケリー&サウス・メンフィス・ジャグ・バンド、バンジョーマンドリンや男性スキャット、口笛etc.が入ってくる、オールド・サザン...と並ぶ最初期のウィッスラー&ヒズ・ジャグ・バンド、アルト・サックスや縦笛も加わったケンタッキー・ジャグ・バンド等々収録。オリジナルは62年、これは60年代後半~70年代プレス。【曲】「Cannon's Jug Stompers / Heart Breakin' Blues」「Goin' To Germany」「Memphis Minnie And Her Jug Band / Grandpa And Grandma Blues」「Birmingham Jug Band / Getting Ready For Trial」「German Blues」「Jack Kelly And His South Memphis Jug Band / Cold Iron Bed(試聴)」「Red Ripe Tomatoes」「Whistler And His Jug Band / The Jug Band Special(試聴)」「Memphis Jug Band / Coal Oil Blues」「Jug Band Waltz」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / Come Over Here」Dixieland Jug Blowers / Garden Of Joy Blues「Kentucky Jug Band / Walkin' Cane Stomp(試聴)」「Noah Lewis's Jug Band / New Minglewood Blues」「Ticket Agent Blues」「Memphis Sheiks / He's In The Jailhouse Now」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Buzz Busby And Leon Morris - HONKY TONK BLUEGRASS

  • ブルーグラスLP
 Buzz Busby And Leon Morris- バズ・バズビー&レオン・モリス - "HONKY TONK BLUEGRASS"
USA / LP / Stereo / Rounder 0031 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■マンドリン奏者バズ・バズビーとギタリスト、レオン・モリスのデュオ・アルバム。
33年ルイジアナ生まれ、40年代には自分のバンドを結成、ビル・モンローを聞き自分のマンドリンを磨き上げ、レコードを出し始めた50年代にはまるで型破りな演奏をするようになったマンドリン奏者バズ・バズビー。そのモンローやフラット&スクラッグスなどこのジャンルのパイオニアが出尽くしたあと、最もイノベイティブ、というか強烈を演奏した知られざる天才プレイヤー。カナダからワシントンDCに渡ってきたギタリストで、ソングライターとしても才能を発揮したレオン・モリスとの双頭アルバム。2人は60年代初頭からデュオを組んでいたそうで、二人が支え合うスロー(曲が凄まじくいい)からコンビネーション抜群のアップまでこのアルバムはほんとスゴイ。演奏と対照的な二人の柔らかいハーモニーも最高。【曲】「At The End」「Flat Creek(試聴)」「I Stood On The Bridge At Midnight」「Long Way From Home(試聴)」「Fly, Bird, Fly」「This World's No Place To Live In (But It's Home)」「Jack's Bass」「Me And The Jukebox」「Rambler」「Life To Go」「Scramble」「Travelin' Down This Lonesome Road」「Just For A While」「All The Good Times Are Past & Gone」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris - BULLFROG BLUES

  • ブルースLP
 Bo Weavil Jackson(Sam Butler), Walter Buddy Boy Hawkins, William Harris- ボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)、ウォルター・バディ・ボーイ・ホーキンス、ウィリアム・ハリス - "BULLFROG BLUES"
USA / LP / Mono / Mamlish S3809 / Rec 1926, 1927 / Pub 1977
ジャケット擦れ極わずか、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■この三人の音源集。ボー・ウィーヴィル・ジャクソンは二曲未発表あり。
研究家のドン・ケントが興し、バックワーズ・サム・ファークやスティーヴ・カルトらがリイシュー盤を製作していた、米でも最もコアなブルース・レーベル、マムリシュから、本当にコアな一枚。目玉はアラバマ・バーミンガムのボー・ウィーヴィル・ジャクソン(サム・バトラー)。26年という最初期に二回だけ録音し消息不明となった人。彼のギターがまず圧巻で、殺伐とした切迫感にみち、しかも流しをしていたらしい芸能テイストも盛り込まれた分裂的な演奏。続いてやはり謎に満ちたブルースマンで、スロウで優しい、悲惨さ漂うギターと歌のバディ・ボーイ・ホーキンス。最後はミシシッピ出身と考えられるもやはり録音をしたこと以外不明なウィリアム・ハリス。打楽器的演奏から細かなピッキングも達者、そして歌がとにかくうまい。ライナーはスティーヴ・カルトとGDワードロウ。マムリシュは、収録曲の中から印象的な歌詞の一節をジャケットにいくつか載せるのが特徴。"今日は雨だ。君の家の中は陽がさしている。"とか、"父さん、いいタバコが手に入ったら、煙だけくれ。"とか、ほんといいのでこちらもぜひ読んでみてください。【曲】「Sam Butler / Devil And My Brown Blues(試聴)」「Heaven Is My View」「You Can't Keep No Brown」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Working On The Railroad」「Shaggy Dog Blues(試聴)」「William Harris / Hot Time Blues」「Early Morning Blues」「Bullfrog Blues(試聴)」「Range In My Kitchen」「Walter "Buddy Boy" Hawkins / Yellow Woman Blues」「Jailhouse Fire Blues」「Bo Weavil Jackson / When The Saints Go Marching In」「Why Do You Moan?」「Sam Butler / Christians Fight On, Your Time Ain't Long」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Birmingham Jug Band, Whistler And His Jug Band, etc. - THE GREAT JUG BANDS 1927-1933

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
Birmingham Jug Band, Whistler And His Jug Band, etc.- バーミンガム・ジャグ・バンド、ウィッスラー&ヒズ・ジャグ・バンド、etc. - "THE GREAT JUG BANDS 1927-1933"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Libraly OJL4 / Rec late1920s / Pub 1962
ジャケット擦れ少々、上部縁裂け、裏面小書き込み、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレット(恐らくコピー)きれい
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのジャグ・バンド集。
62年に編集されたオリジン・ジャズ・ライブラリの編集盤で、60sリバイバル・ジャグ・バンドの人達のバイブルでもあった名編集盤。キャノンズ・ジャグ・ストンパーズやメンフィス・ジャグ・バンドは当然、もちろんディキシーランド・ジャグ・ブロワーズも収録で曲は「Garden Of Joy」、ビッグ・ジョー・ウィリアムスやジェイバード・コールマンも参加したバーミンガム・ジャグ・バンド、鄙びたヴァイオリンが最高なジャック・ケリー&サウス・メンフィス・ジャグ・バンド、バンジョーマンドリンや男性スキャット、口笛etc.が入ってくる、オールド・サザン...と並ぶ最初期のウィッスラー&ヒズ・ジャグ・バンド、アルト・サックスや縦笛も加わったケンタッキー・ジャグ・バンド等々収録。オリジナル盤。ブックレットは恐らくコピー。【曲】「Cannon's Jug Stompers / Heart Breakin' Blues」「Goin' To Germany」「Memphis Minnie And Her Jug Band / Grandpa And Grandma Blues」「Birmingham Jug Band / Getting Ready For Trial」「German Blues」「Jack Kelly And His South Memphis Jug Band / Cold Iron Bed(試聴)」「Red Ripe Tomatoes」「Whistler And His Jug Band / The Jug Band Special(試聴)」「Memphis Jug Band / Coal Oil Blues」「Jug Band Waltz」「Elder Richard Bryant's Sanctified Singers / Come Over Here」Dixieland Jug Blowers / Garden Of Joy Blues「Kentucky Jug Band / Walkin' Cane Stomp(試聴)」「Noah Lewis's Jug Band / New Minglewood Blues」「Ticket Agent Blues」「Memphis Sheiks / He's In The Jailhouse Now」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie Holiday, Ethel Waters, Lillian Glinn, etc. - RED WHITE AND BLUES - WOMEN SING OF AMERICA

  • ブルース/ジャズLP
 Billie Holiday, Ethel Waters, Lillian Glinn, etc.- ビリー・ホリデイ、エセル・ウォーターズ、リリアン・グリン、etc. - "RED WHITE AND BLUES - WOMEN SING OF AMERICA"
USA / LP / Mono / Rosetta RR1302 / Rec 1920s to 50s / Pub 1980
見開きジャケット擦れ極わずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■女性ブルース、ジャズ・シンガーによる、"アメリカ"の歌を集めた一枚。
アフリカとヨーロッパの伝統がブレンドされ生まれたブルース、ジャズ。初めて世界に広がったアメリカ生まれのこの音楽を通して、全員その筋のスタイリストといえる類まれなシンガー達の歌を通して、アメリカという国を紹介しましょう、という一枚。そして、女性アーティスト限定でレコードを出したこのロゼッタ・レコードらしく、女性の目線で歌われる、町や土地をテーマにした歌を収録。説明不要のシンガーを中心に(しかしビリー・ホリデイやベッシー・スミス、リル・アームストロングなどは未SP化の貴重音源)、アメリカ生まれの楽器バンジョーのポロポロを入れたテキサスのブルース・シンガー、リリアン・グリン、ロックンロールの先祖的名バンド、ハーレム・ハムファッツを従えたロゼッタ・ハワードなど、ウルトラ・ディープな選曲の15曲。【曲】「Billie Holiday / Do You Know What It Means To Miss New Orleans」「Ethel Waters / West End Blues」「Lillian Glinn / Shreveport Blues」「Ivie Anderson / Sad Night In Harlem」「Victoria Spivey / Detroit Moan」「Rosetta Howard / Delta Bound(試聴)」「Mildred Bailey And Her Oxford Greys / Arkansas Blues」「Bessie Smith / St. Louis Blues」「Blue Lou Barker / New Orleans Blues(試聴)」「Ella Fitzgerald And Her Famous Orchestra / Gulf Coast Blues」「Helen Humes / Mound Bayou」「Bertha Chippie Hill / Charleston Blues」「Betty Roche / A Train」「Julia Lee / Goin To Chicago」「Lil Armstrong & Blossom Seeley / Chicago」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Bain - LATIN LOVE

  • ギター10LP
 Bob Bain- ボブ・ベイン - "LATIN LOVE"
Japan / 10LP / Mono / Capitol OLP45 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し、チリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■ハリウッドNo1の名ギタリスト、ボブ・ベインの日本盤10インチLP。
「ピーター・ガンのテーマ」のあのギターやシナトラの「I've Got You Under My Skin」、エラ・メイ・モース「Cow Cow Boogie」等でプレイしてきた、ハリウッドの静かな巨匠と言えるギタリスト、ボブ・ベイン。デイヴ・バーバー(ペギー・リーの旦那)の後釜としてTドーシー楽団に入り、レス・ポールとは家に入り浸るような仲だったり、他にもいろんな話があり興味の尽きない人。裏方に徹していた人なのでソロ作は数枚しかだしていないのですが、この一枚は彼が、ガット・ギターを伴奏とメロディーで多重録音した作品。(こんなのはこれしかないです)たった2本のガット・ギターだけでうっとりしてしまうような、ラテン系のスタンダードをゆるく演奏しています。心踊る「FRENESI」、「PERFIDIA」「BRAZIL」「MARIA ELANA」等等極上のギター・アルバム。ちなみにあのフィル・ムーアのグループにも参加していました。【曲】「Brazil」「Amor」「Besame Mucho」「Frenesi」「Green Eyes」「The Breeze And I」「Yours」「Perfidia」「You Belong To My Heart」「Maria Elena」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Barney Wilen - MOSHI

  • ジャズ/民俗音楽LP
 Barney Wilen- バルネ・ウィラン - "MOSHI"
France / LP / Stereo / Saravah SH10281029 / Rec 1972 / Pub 1987
見開きジャケット円状の擦れ少々、しみ少々、内側しみ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも浅い擦れ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  6800 yen
■『死刑台のエレベーター』で脚光を浴びたフランスのテナー奏者としてジャズ・ファンにはおなじみ
ですが、この作品はジャズを脱した非常にユニークな作品。アフリカを2年近く放浪しながらフィールド・レコーディングを重ね、それを仏のスタジオでエディット+バンドの演奏を加えたという代物。そうやったと言わなければ気づかないぐらいの融合を達成していて、例えばモーダルで暗く暗澹としたフリーな演奏にピグミー族の音楽がのっていたり、ウードの演奏にエレキが妖しく絡んでいたりという具合。インプロ~ジャジー・プログレ~民族音楽のミックス・ジュース。CANなんかとかなり近い世界ともいえます。72年初版、これは87年のセカンド・エディション。奇跡的な一枚。【曲】「Moshi(試聴)」「Giulde's Song To Binkirri」「Gardenia Devil (Poeme Du Peuple Chinois "Emperor Of Jade")」「14 Temps(試聴)」「Bamako Koulikaro」「Afrika Freak Out」「El Hadji」「Chechaoun」「Tindi Abalessa」「El Hadji」「Balandji In Bobo」「Sannu Ne Gheniyo」「El Hadji」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc. - BULL CITY BLUES

  • ブルースLP
 Blind Boy Fuller, Welly Trice, Bull City Red, etc.- ブラインド・ボーイ・フラー、ウェリー・トライス、ブル・シティ・レッド、etc. - "BULL CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP106 / Rec 1935 to 1947 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ブル・シティ"と言われるノース・キャロライナ州ダラムのブルース集。
東海岸ノースカロライナ州の中央の町ダラム。これはダラムを拠点にしたカントリー・ブルースマンの音源を集めた、初期フライライトの傑作編集盤。この町はやはりブラインド・ボーイ・フラーが代表格、そしてフラーの周りに集ったブルースマン達を、ソニー・テリーなど有名な人から無名な人まで隔てなく収録。ミシシッピのヘヴィーさやテキサスのタフさとはまた違う、歌心のある滋養にあふれた極上ブルースの数々。ソニー・テリーの、ハーモニカとウォッシュボードだけの伴奏に裏声Voなんて斬新。"悪魔の義理の父親"っていう芸名も最高。コイツがまた素晴らしい演奏します。 【曲】「Sonny Terry & Oh Red / Harmonica And Washboard Blues」「Little Boy Fuller / Lazy Bug Blues」「Welly Trice / Come On In Here Mama」「Bull City Red / Black Woman And Poison Blues」「Devil's Daddy-In-Law / Lookin' For My Baby(試聴)」「Rich Trice / Come On Baby(試聴)」「Blind Boy Fuller / Homesick And Lonesome」「Devil's Daddy-In-Law / I Don't Want No Hungry Woman」「Little Boy Fuller / Shake Your Stuff」「Welly Trice / - Let Her Go God Bless Her」「Bull City Red / I Won't Be Dogged Around」「Blind Boy Fuller / Passenger Train Woman」「Brownie McGhee / Dealing With The Devil(試聴)」「Rich Trice / Trembling Bed Spring Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.