(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: a)

Arcadian Serenaders - 1924-25

  • ジャズLP
 Arcadian Serenaders- アルカディアン・セレネーダーズ - "1924-25"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7085 / Rec 1924, 25 / Pub 1969
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れ少々、コート材はがれわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■初期ニューオーリンズ・ジャズの名グループ、アルカディアン・セレネーダーズの編集盤。
下のルイ・ラッセルと同じ英パーロフォンのジャズ・シリーズ。24年にウィンギー・マノンがこのグループでデビューを果たし、また名TPスターリング・ボーズも在籍したことで知られるニューオリンズのパイオニア的ジャズ・グループ、アルカディアン・セレネーダーズ。ニューオーリンズがベースだった頃はオリジナル・クレセント・シティー・ジャザーズといい、その後セントルイスのアルカディアン・ボールルームという小屋のハコバンになるに従い名前を変更。ニック・ラロッカのプレイを吸収したボーズのコルネットを中心にまさにODJBやNORKの本格派ホワイト・ジャズ・サウンドを披露。時代的なこともあって特にNORKに近い音で、ニューオーリンズだけでなくビックスのルーツに興味があるような人にも大推薦。【曲】「Sensation Rag(試聴)」「Christine」「San Sue Strut」「Who Can Your Regular Be Blues」「Bobbed Haired Bobbie (Bobbie Be Mine)」「Fidgety Feet」「The Co-Ed」「Back Home In Illinois(試聴)」「You Gotta Know How」「Carry It On Down」「Yes Sir, Boss」「Original Dixieland One Step」「Just A Little Bit Bad」「Angry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

A.L. Phipps Family - MOST REQUESTED SACRED SONGS OF THE CARTER FAMILY

  • オールドタイム/ヒルビリーLP
 A.L. Phipps Family- A.L.フィップス・ファミリー - "MOST REQUESTED SACRED SONGS OF THE CARTER FAMILY"
USA / LP / Stereo / Pine Mountain PMR139 / Rec 1960 / Pub mid60s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■フィップス・ファミリーのファースト・アルバム。
オリジナル・カーター・ファミリー(の二人)が最後に録音したレーベル、ACMEから50年代にレコード・デビューしたやはり家族のヒルビリー・グループ、フィップス・ファミリー。カーター達の音楽を強く受け継ぎながらも、戦後の時代的な余裕が音楽に現れているように思えます。しかし装飾はカーターより少なく、これ以上シンプルにした音楽は考えられないほど。これはスターデイ・レコードから出た60年のデビュー・アルバムの恐らく60年代中期のリイシュー。全曲カーター・ファミリーを歌った一枚。【曲】「Keep On The Sunny Side」「Lonesome Valley」「Cyclone At Rycone (I.E. Cyclone At Rye Cove)」「No Telephone In Heaven」「River Of Jordan」「Little Log Cabin By The Sea」「I Can't Feel At Home」「On The Rock Where Moses Stood(試聴)」「Motherless Children」「Anchored In Love Devine」「Little Poplar Log House」「Diamonds In The Rough」「A Distant Land To Roam」「Where Shall I Be(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Al Barkle, Johnny Burnette, Eddy Marvin, etc. - COUNTRY HICKS VOL.3

  • ロカビリー/カントリーLP
 Al Barkle, Johnny Burnette, Eddy Marvin, etc.- アル・バークル、ジョニー・バーネット、エディ・マーヴィン、etc. - "COUNTRY HICKS VOL.3"
U.K. / LP / Mono / Bark Log 3 / Rec 1950s / Pub 1990s?
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ローカルなロッキン・カントリーのお宝音源集"カントリー・ヒックス"第三集。
イギリス・バーク・ログ・レコードが出した、アーシーでロウなロカビリー、ロカ前夜のロッキン・カントリーの編集盤シリーズ"Country Hicks(田舎の田舎者)"第三集。ローカルなロッカーたちに混ざり、ジョニー・バーネットの幻のデビュー・シングルも収録。【曲】「Al Barkle / Jumpin' From Six To Six(試聴)」「Johnny Burnette / You're Undecided」「Eddy Marvin / I'm Packing My Duds」「Russell Spears / Beggin' Time」「Frank Evans / The 'Ain't Got' Blues」「Tennessee Jim / Hanging Out My Tears To Dry(試聴)」「Aubrey Gass / Corn Fed Gal」「Hank The Drifter / I'm Gonna Spin My Wheels」「Blackie Jenkins / Spaceship Life」「Billy Wade / Conscience Let Me Go」「Carl Bryant / I've Got A Great Big Feeling」「Johnny Burnette / Go Mule Go」「Carl Bryant / She's A Peach Of A Girl (From Georgia)」「Don Bowden / TV Commercials」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Clouds Of Joy - THE LADY WHO SWINGS THE BAND

  • ジャズLP
 Andy Kirk And His Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・クラウズ・オブ・ジョイ - "THE LADY WHO SWINGS THE BAND"
USA / LP / Mono / MCA 1343 / Rec 1936 to 1938 / Pub 1982
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■アンディ・カーク楽団の音源集。レディはメアリー・ルウ・ウィリアムス。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇ったていて、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、モンクを教えたバップの母にして天才ピアニスト、メアリー・ルー・ウィリアムズ。これはメアリー・ルーをフィーチュアした音源を収録したMCAの名シリーズの一枚。ピアノ・ソロは全曲彼女で、7割ほどアレンジも手掛けています。プリ・バップというか、未来のストライドのようなプレイや、レイスコ風の幾何学模様のスウィングもあり。MCAのこのシリーズは本当いいものばかり。【曲】「Walkin' And Swingin' (Alternate Take)」「All The Jive Is Gone」「Bearcat Shuffle」「Christopher Columbus」「Corky」「I'se A Muggin'」「Until The Real Thing Comes Along」「Puddin' Head Serenade(試聴)」「Fifty-Second Street」「The Lady Who Swings The Band」「A Mellow Bit Of Rhythm」「The Big Dipper」「Bear Down」「Twinklin'(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Abel Ferreira E Filhos - ABEL FERREIRA E FILHOS

  • ブラジルの音楽LP
 Abel Ferreira E Filhos- アベル・フェレイラ&フィーリョス - "ABEL FERREIRA E FILHOS"
Brazil / LP / Stereo / Discos Marcus Pereira MPL9371 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、B面にはがれ、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■ショーロ・クラリネットの第一人者アベル・フェレイラの77年のアルバム。
40年代から70年代まで活躍した、ショーロ・クラリネットの伝説的名手アベル・フェレイラ。これは晩年、77年のアルバム。サックス、フルート等少しの木管に曲によりストリングスを入れた、ジャジーで民族的、非常に洗練された内容。力が抜けてしまうような惚れ惚れの流れるショーロ・インスト、エキゾチックで懐古的なワルツ、アメリカのストリング・バンドのようなボーカル・バラードなどなど、ちょっとロバート・クラムのバンドやオランダのバスタ・レコードのサウンドに近いものあり。フィーリョスとは子供たちという意味で、数曲あるボーカルのシンガー(ジャケットの二人)は彼の実の子供です。【曲】「Ingenuo」「Branca」「Nuna Seresta(試聴)」「Luar De Coromandel」「Saudades De Ouro Preto(試聴)」「Levanta Poeira」「Acariciando(試聴)」「Rio, Meu Choro」「Tania」「Flor Amorosa」「A Casa Da Serra」「Chorinho Do Sovaco De Cobra」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

American Musicians - CHATHERINE SCHIVE : LABYRINTH / CHRISTINE BERL : THREE PIECES...

  • クラシックLP
 American Musicians- アメリカのミュージシャン - "CHATHERINE SCHIVE : LABYRINTH / CHRISTINE BERL : THREE PIECES..."
USA / LP / Stereo / ASUC 7 / Rec 1984 / Pub 1984
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■アメリカの若い5人の現代音楽作曲家の5作を収録した一枚。
CRIやオーパス・ワンのように、アメリカの現代音楽作曲家の作品を専門に出したレーベル、A.S.U.C.から、5人の作曲家の5作を収録した一枚。作曲時21歳だったキャサリン・シーヴの、カリンバ、アコーディオン、雅楽の篳篥を入れた室内オケ作『Labyrinth』、同じ女性作曲家で『Labyrinth』に似た神秘的な響きのするクリスティン・バールの室内楽作『Three Pieces For Chamber Ensemble』、運指のテクで普通では出ない音を出すマルチフォニックという技術を駆使した木管+電子音のルドルフ・ブバロ『Valence II(試聴)』、同じくマルチフォニックのバスーン、ピアノ、電子音のWトーマス・マッキニー『Consortium』。ラストが特にお薦めで、三匹の蠅をラッパに置き換え飛び交う様子を描いたエリオット・ボリシャンスキー『Three Mosquitoes Find They Are Re-United....(試聴)』。※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Abner Jay - HAMBONE AND RATTLE BONES

  • ブルース12inch
 Abner Jay- アブナー・ジェイ - "HAMBONE AND RATTLE BONES"
USA / 12inch / Mono / Brandie Social Music SMRC008 / Rec early1970s / Pub 2012
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■伝説のアウトサイダー・ワン・マン・バンド、アブナー・ジェイ。
21年生まれ、なんと5歳でメディスン・ショウのステージに立ち30年代にはワン・マン・バンドでプレイ、40~50年代にはシスター・ロゼッタ・サープのマネージャーや、JB、リトル・リチャードのブッキング・エージェントともなったアブナー・ジェイ。60年代に入りまたワン・マン・バンドを始動、ギター、バンジョー、ハーモニカ、そして娘さんが叩くボーン(裏ジャケット)とともに、民謡、ブルース、時事歌を自分のレーベル、ブランディ―から発表。これは70年代のアルバム『Live From Stephen Foster Center Kitchen』からの二曲を12インチ・シングルにして2012年に出された一枚。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andre Williams - JAIL BAIT

  • リズム&ブルース/ドゥワップLP
 Andre Williams- アンドレ・ウィリアムス - "JAIL BAIT"
USA / LP / Mono / Fortune LP8019 / Rec mid50s / Pub 1984
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■フォーチュンからの正規シングル集。
DIY感にまみれた、モータウン以前のデトロイトで最も影響があったフォーチュン・レーベル。恐らくこのレーベルに感じる言い得ない魅力の最も大きな理由はこのR&Bシンガー、アンドレ・ウィリアムス。本作は、84年にフォーチュンから正規リリースされた、実はアンドレの初LP。50年代のシングル曲を集めたものです。ファースト・シングルの「Going Down To Tia Juana」、クライム系ダーク・ドゥワップ「I'm Moving On」などなどモンスター級のキラー・オンリー。【曲】「The Greasy Chicken(試聴)」「I Just Wanna Little Love, Love, Lovin'」「Is It True?」「My Last Dance With You」「I'm Movin' On」「It's All Over」「Jail Bait」「Tossing And Turnin' And Burnin' All Up Inside」「Just Because」「Going Down To Tia Juana(試聴)」「You Know I Can't Refuse」「I Wanna Know Why」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arthur Gunter - BLACK AND BLUES

  • ブルースLP
 Arthur Gunter- アーサー・ガンター - "BLACK AND BLUES"
USA / LP / Stereo / Excello 8017SO1 / Rec 1950s / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■「Baby Let's Play House」で始まる彼の唯一のオフィシャル盤。
初期エクセロのハウス・バンド、キッド・キングス・コンボのギタリストでもあったテネシーのブルースマン、アーサー・ガンター。エルヴィスがサン時代にカバーした「Baby Let's Play House」が特に有名。これはそれを皮切りに、50年代エクセロに残したシングルをまとめたオフィシャル編集盤。すっとぼけたようなクールな歌いまわしに、ストローク系の豪快なギターがほんとカッコイイ全14曲。【曲】「Baby Let's Play House(試聴)」「Blues After Hours」「Ludella」「No Naggin' No Draggin'」「Mind Your Own Business Babe(試聴)」「Honey Babe」「No Happy Home」「Workin' For My Baby」「Baby Can't You See」「Little Blue Jeans Woman」「You're Always On My Mind」「Baby You Better Listen」「I Want Her Back」「Crazy Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Barouh, Theodore O. Cron(Dir.) - AMERICAN HISTORY IN BALLAD AND SONG VOLUME 2

  • フォーク/非音楽LP
 Albert Barouh, Theodore O. Cron(Dir.)- アルバート・バルー、セオドアOクロン(監修) - "AMERICAN HISTORY IN BALLAD AND SONG VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Folkways FH5802 / Rec 1920s to 50s / Pub 1962
シールドを開けた状態、ボックスきれい、レーベル全てひげ無し、盤浅い擦れ、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4980 yen
■歌とスピーチ等歴史的音源でアメリカの歴史をめぐる3LPボックス・セット。
実際に使われていたのかはわかりませんが、高校の歴史の授業のために製作されたボックス・セット。この第二集は、民主主義がテーマ。フォークウェイズの常連ミュージシャンはもちろん、初めて聞く名前のフォーク/オールドタイム系シンガーによる歌や、ケネディ、マーチン・ルーサー・キング等の歴史的スピーチ、さらにはフィールド録音家トニー・シュウォルツのテープ音源etcetc...全37曲収録。音楽とスピーチの割合は約半々。全歌詞、スピーチ書き起こしのブックレット付。シールドで入荷、開けました。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alan Lomax(Rec.) - SONGS AND DANCES OF SPAIN VOLUME 3 : JEREZ AND SEVILLE

  • 民俗音楽/スペインLP
Alan Lomax(Rec.)- アラン・ロマックス(録音、監修、解説) - "SONGS AND DANCES OF SPAIN VOLUME 3 : JEREZ AND SEVILLE"
USA / LP / Mono / Westminster W9804 / Rec 1950s / Pub early60s
コーティング・ジャケット擦れ、裏ジャケット左上剥落、貼物、レーベルに貼り物、ひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■アラン・ロマックスが現地録音したスペイン民俗音楽集の第三集目
アラン・ロマックスがスペインに渡り現地の民俗音楽を録音してリリースしたスペイン音楽シリーズの3枚目。フラメンコ発祥の地ヘレスとセビーリャの音楽を収録。ヘレス編はA面の半分辺りまでで、カンテ・フラメンコの原始的な生々しい演奏中心。特に、ちょっと他では聞いたことの無いような、フアナ・モラレスという女性の歌い手の破裂するような歌に感激。セビーリャは様々で、無伴奏の老婆の民謡、北アフリカから伝わったという、リズムの沸騰に胸が熱くなるジプシーの踊りの歌、子守歌、ギター・ソロ、ストリートで歌う名もなき物売りの歌などなど収録。全25曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arif Sag(Baglama), Mehmet Ozbek(Cura), Umit Tokcan(Davul, Vo.), etc. - FOLK INSTRUMENTS OF TURKEY

  • トルコの音楽LP
 Arif Sag(Baglama), Mehmet Ozbek(Cura), Umit Tokcan(Davul, Vo.), etc.- アリフ・サー(バーラマ)、メフメット・オズベック(ジュラ)、ウミット・トクジャン(ダウル、歌)、etc. - "FOLK INSTRUMENTS OF TURKEY"
Japan / LP / Stereo / Seven Seas K20C5125 / Rec 1980 / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、プロモシール、プロモホワイトレーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、帯・インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■トルコの種々の民俗楽器演奏、合奏を収録した一枚。
小泉文夫が中心となり、世界の民族楽器/歌の名手を招聘、日本のスタジオで録音した企画の中の一枚。トルコ編で、種々の民俗楽器演奏、合奏、歌ものも少し収録。レオ・コッケさえかなわないと思わせる硬質な精神も伝わる弦楽器バーラマ独奏、プリングとハンマリングでトリップ感満点の世界を作る弦楽器ジュラの独奏、チャルメラ系のズルナと太鼓ダウルの宇宙的な演奏などなど、クリアで迫力のある音もいい一枚。帯、解説付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.