(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: ww)

Xavier Cugat And His Orchestra - RHUMBA WITH CUGAT

  • ラテン10LP
 Xavier Cugat And His Orchestra- ザヴィア・クガート&ヒズ・オーケストラ - "RHUMBA WITH CUGAT"
USA / 10LP / Mono / Columbia CL6005 / Rec 1940s / Pub 1948
ジャケット円状の擦れ少々、裏面折れ目、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ、プツ音出るスクラッチ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■48年の10インチLP。
キューバ・ハヴァナからNYに移住してきたヴァイオリニストで楽団リーダー、ザヴィア・クガート。まずはタンゴを大衆化して初めてアメリカに広め、次々と現れる新しいラテン・リズム、チャチャチャやマンボ、ルンバなどを取り入れたダンス・ジャズ的なラテン・ビートで一世を風靡。これは、コロンビアでLP盤が一般発売された最初期48年の10インチLP。胸躍るダンサブルなルンバを8曲収録。男性/女性のボーカル入りとインストものあり。封筒型のオリジナル・ジャケット。【曲】「Cachita」「Duerme」「Yo Ta Namora」「Anna Boroco Tinde」「Acercate Mas」「Lamp Of Memory」「Negra Leono」「La Cumparsa」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wynonie Harris - MR. BLUES MEETS THE MASTER SAXES

  • リズム&ブルースLP
 Wynonie Harris- ワイノニー・ハリス - "MR. BLUES MEETS THE MASTER SAXES"
USA / LP / Mono / Phoenix Jazz LP7 / Rec 1945, 46 / Pub 1975
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、チリ音少々出る曲あり
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■名テナー・マンのソロもたっぷり聞けるワイノニーの編集盤。
ワイルドなジャンプ・ブルースにバック・ビートを叩き込み、すぐ後にR&Rと呼ばれる音楽を作ったワイノニー・ハリス。エルヴィス、JB、etc...がカバーした「Good Rockin' Tonight」を始めとするワイノニーのナンバーは、破裂するようなシャウトに鬱憤晴らしのような演奏が最高。これは絶頂の40年代中期に、4人の名テナー・マンをフィーチュアしたナンバーを収録した一枚。【曲】「Wynonie's Blues(試聴)」「Here Comes The Blues」「Straighten Him Out」「Young Man's Blues」「Baby Look At You」「She's Gone With The Wind」「Somebody Changed The Lock On My Door」「That's The Stuff You Gotta Watch」「Mr. Blues Jumped The Rabbit(試聴)」「Whiskey And Jelly Roll Blues」「Rugged Road」「Come Back Baby」「Hey-Ba-Ba-Re-Bop Part 1」「Hey-Ba-Ba-Re-Bop Part 2」「Good Morning Corinne」「In The Evenin' Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kid Howard and His La Vida Jazz Band - AFRAID TO STAY HERE, AFRAID TO LEAVE THIS TOWN

  • ジャズLP
 Kid Howard and His La Vida Jazz Band- キッド・ハワード&ヒズ・ラ・ヴィダ・ジャズ・バンド - "AFRAID TO STAY HERE, AFRAID TO LEAVE THIS TOWN"
USA / LP / Mono / Icon ILP4 / Rec 1961 / Pub 1961
ジャケット擦れ少々、裏面書き込み、レーベルひげ少々、盤極表層のスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ニューオーリンズのジャズ・トランぺッター、キッド・ハワードの61年のアルバム。
ジャズ黎明期のニューオーリンズで活躍したトランぺッター、キッド・ハワード。ユーレカ・ブラス・バンド、タキシード・ブラス・バンドなど伝説的ジャズ・バンドを渡り歩き、40年代リバイバルでも活躍、一時リタイアしたものの60年代に自分のバンドを結成、そして録音された彼のファースト・リーダー作。トラディショナルを中心に、原初のジャズが淀みに溢れた臨場感のある音でそのまま収められています。後にジャズオロジー・レコードから再発されますがこれはオリジナル盤。【曲】「Clarinet Marmalade」「See See Rider」「Just A Closer Walk With Thee」「Willie The Weeper」「When My Dreamboat Comes Home(試聴)」「When The Swallows Come Back To Capistrano」「The Three Six's(試聴)」「Indian Saga」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlos Dalessio - HECATE

  • 映画音楽LP
 Carlos D'alessio- カルロス・ダレッシオ - "HECATE"
Switzerland / LP / Stereo / Milan LDX74818 / Rec 1983 / Pub 1983
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■映画"ヘカテ"のサウンドトラック。
アルゼンチン生まれの作曲家、ピアニスト、カルロス・ダレッシオ。建築を学んだものの映画と音楽に興味を持ち映画音楽の作曲家になり、クラシック、民俗音楽、オールド・ジャズ等を時代の響きと混ぜた穢れの無い音楽を作りました。これは82年のスイス映画"ヘカテ"のサウンドトラック。サロン・ミュージック風の演奏で、全編懐かしく優しいメロディが奏でられる一枚。スイス盤。【曲】「Valse Ambassade (Debut Souvenirs)(試聴)」「Rencontre(試聴)」「Slow Hecate (Org.)」「Valse Glockenspiel」「Slow Hecate (Piano Seul)」「Valse Lente (Piano Et Clarinette)」「Fox-Trot」「Annonce Mari」「Valse Viennoise」「Trio Mari」「Doquiera (Bolero)(試聴)」「Theme Du Mari」「Slow Ex-Mari」「Valse Bonheur」「Valse Ambassade (Fin Film)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy - CLOUDS OF JOY

  • ジャズ45rpm EP
Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・12クラウズ・オブ・ジョイ - "CLOUDS OF JOY"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Columbia SEG7607 / Rec 1936 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルきれい、盤表層スクラッチ少し、プツ音少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■メアリー・ルー・ウィリアムスをフィーチュアしたアンディ・カーク楽団の4曲入りEP。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇った名バンドで、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、モンクを教えたバップの母メアリー・ルー・ウィリアムズで、ピアノも彼女。チャーリー・パーカーも一時在籍。これはメアリー・ルーをフィーチュアした音源を集めた英コロンビアの4曲入りEP第一集。全曲36年。【曲】「Bearcat Shuffle(試聴)」「All The Jive Is Gone(試聴)」「Moten Swing」「Lotta Sax Appeal」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy - CLOUDS OF JOY NO.2

  • ジャズ45rpm EP
Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・12クラウズ・オブ・ジョイ - "CLOUDS OF JOY NO.2"
U.K. / 45rpm EP / Mono / Columbia SEG7646 / Rec 1936 / Pub 1955
コーティングの折り返しジャケット擦れしみ少々、コート材のはがれあり、レーベルきれい、センター無し、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■メアリー・ルー・ウィリアムスをフィーチュアしたアンディ・カーク楽団の4曲入りEP。
上に続く、メアリー・ルーをフィーチュアした音源を集めた英コロンビアの4曲入りEP第二集。こちらも全曲36年。彼女の機知に富んだ歯切れいいアレンジもグレイト。【曲】「Walkin' And Swingin'(試聴)」「Git(試聴)」「I'se A Muggin'」「Until The Real Thing Comes Along」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bernard Krainis With Krainis Consort And Baroque Ensemble - SWEET PIPES : FIVE CENTURIES OF RECORDER MUSIC

  • クラシックLP
 Bernard Krainis And His Consort And Ensemble- バーナード・クレイニス&ヒズ・コンソート&アンサンブル - "THE VIRTUOSO RECORDER : FROM FOLK DANCES TO BLUES"
USA / LP / Stereo / Columbia 32160143 / Rec 1962 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■リコーダー、そして弦楽、ハープシコード、リュート等で16~7世紀のリコーダー音楽を演奏した一枚。
中世やルネッサンス期に全盛を迎えたリコーダー、18世紀中盤以降は徐々に廃れましたが、20世紀になりようやく復権。これは、16~17世紀の作曲家が書いたリコーダーの作を、古楽の研究家で、ほとんどその道を開いたといっていい名手バーナード・クレイニスのグループが演奏したもの。弦楽と高音のソプラニーノ・リコーダーのためのヴィヴァルディ「Concert In C Major」、宗教曲をもとにしたブルの「In Nomie」は5本のリコーダーのみの薄暗い中世の雰囲気を漂わせる物悲しい作、ソプラノ・リコーダーとバスーンの2本が自由にインプロしているようなローゼンミューラー「Sonata A 2 In D Minor」等等収録。ラスト2曲は20世紀ナンバー。特に素晴らしい締め曲はあのボブ・ドローが書いたリコーダー・ブルース。4ビートのベースの上で、4本のリコーダーが空気を揺らす繊細な演奏を披露。オリジナルは60年代前半、これは70年代のリイシュー。【曲】『Five Villancicos(試聴)』「Concerto In C Major」「In Nomine(試聴)」『Sonata A 2 In D Minor』『Sonata A 4 In G』「Canzona Seconda」『Sonata Pro Tabula A 10』「Fantasia A 2」「Song」「Eons Ago Blue(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of Brazil - HEITOR VILLA-LOBOS : OS CHOROS DE CAMARA

  • クラシックLP
Musicians Of Brazil- ブラジルのミュージシャン - "HEITOR VILLA-LOBOS : OS CHOROS DE CAMARA"
Brazil / LP / Stereo / Kuarup KLP002 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ヴィラ・ロボス『ショーロス』の室内楽集。
ブラジルを代表するクラシック作曲家ヴィラ・ロボスの、『バキアーナス・ブラジレイラス』と並ぶ『ショーロズ』。全部で14番まで作られたこの組曲の、室内楽編成で演奏される8曲を収録したブラジル盤。静かなサンバ・リズムのギター・ソロ、現代的なフルート&クラリネット曲、コーラスと木管アンサンブルが組み合わさるナンバー、ヒンデミットのような無機的な広がりのあるホルン&トロンボーン曲、2曲あるピアノ・ソロ、小編成の管弦楽作などなど、モダンで薄暗い響きとラテンのリズムをあやつり吸い込まれるような世界を作っています。試聴は第五、第七番。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

El Cota, Clyde Doerr, Gene Greene, etc. - RAGTIME ENTERTAINMENT

  • ラグタイムLP
 El Cota, Clyde Doerr, Gene Greene, etc.- エル・コータ、クライド・ドアー、ジーン・グリーン、etc. - "RAGTIME ENTERTAINMENT"
USA / LP / Mono / RBF Folkways 22 / Rec pre1920s / Pub 1973
ジャケット擦れほぼ無し、背部色あせ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ラグタイム、ティン・パン・アレイの研究家デイヴ・ジェイセンが編集した変り種ラグタイム集。
ラッパ録音時代の変り種を集めた超レア・ラグタイム・コンピ。ジャズではなくヴォードビルに由来するものや19世期のブラス・バンドの伝統に直結したものがメイン。当時有名だったヴォードビリアンによる超絶木琴インスト、クライド・ドアーによるまるでマルセル・ミュールのようなサックス・ラグ、シンコペーションのリズムをボーカルに適用した最も初期のボーカル・ラグといわれているジーン・グリーン、マンドリン・ラグの最高峰クラレンス・ペニー、1902年の録音で、小型の笛でピーヒャラとラグを吹くジョージ・シュウェイフェスト、ドラマーのジャネット・レントによるドラムのラグタイムなどなど珍曲オンパレード。【曲】「El Cota / Black And White Rag」「Clyde Doerr / Saxanola」「Gene Greene / King Of The Bungaloos」「Dr. Clarence Penney / Toots(試聴)」「George Schweinfest / Ragtime Skedaddle(試聴)」「Six Brown Brothers / Smiles And Chuckles」「James Lent / Ragtime Drummer」「Signor Grinderino / Georgia Grind」「Walter B. Rogers' Band / Haunting Rag」「Prince's Band / Whoa! You Heifer」「National Promenade Band / Pastime Rag」「Conway's Band / Bantam Step」「Pryor's Band / Frozen Bill」「Rishell Band / Zam-A-Zam Rag」「Zon-O-Phone Concert Orch. / Belle Of The Philippines」「Conway's Band / Hungarian Rag」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ray Charles - THE GREAT RAY CHARLES

  • リズム&ブルース/ジャズLP
 Ray Charles- レイ・チャールズ - "THE GREAT RAY CHARLES"
USA / LP / Mono / Atlantic 1259 / Rec 1957 / Pub 1961
コーティング・ジャケット擦れ、右上ドリルホールと小書き込み、レーベルひげ少々、よごれ少々、盤浅い擦れ、チリ音少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■レイ・チャールズのピアノ・ジャズ・アルバム。
50年代のR&Bから60年代のソウルへと橋渡しをした最重要アーティスト、レイ・チャールズ。R&Bにゴスペルを融合させ、さらにモダン・ジャズやカントリーまで取り込んだ独自のサウンドは発明と言っていいほど。そしてやはり歌から感じられる、ソウルとしか言いようの無い感覚。これは、その歌は入っていないのですが、レイのピアノの妙味をたっぷり楽しめる、レイの魅力が違った角度から味わえるピアノ・ジャズ・アルバム。R&B、いやレイの音がジャズと絶妙にブレンドされたクインシー作のファンキー・ジャズ「The Ray」、気だるく歌うトリオ編成での「Black Coffee」、シブく決めたデヴィッド・ニューマンのテナー・ソロもいい「Undecided」他、テーマのアンサンブルはごくシンプル、ソロも落ち着いた演奏で沁みる全8曲。オリジナルは57年で黒銀、これは61年レーベル。【曲】「The Ray(試聴)」「My Melancholy Baby」「Black Coffee」「There's No You」「Doodlin'」「Sweet Sixteen Bars」「I Surrender Dear」「Undecided(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - HAITIAN MOODS

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "HAITIAN MOODS"
USA / LP / Stereo / Stinson SLPS46 / Rec 1938 / Pub late60s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■早すぎたカリブ・ジャズ。シドニー・ベシェ38年のセッションを収録したスティンソン盤。
ニューオーリンズ・ジャズの草創期から活躍した偉大なクラリネット、ソプラノ・サックス奏者シドニー・ベシェ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多い人。本作は、39年のカリブ・ジャズ・セッションを収録した一枚で、ルンバとメレンゲのナンバーのみで固められた作品。メンバーは、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、ケネス・ローン(TP)、オリン・アルダーホルド(B)、ズティ・シングルトン(D)。シングルトンの強力無比なドラミングも度肝抜かれますが、ドラム・スティックで叩いて音を出しているというベースやら、まるでモード抜きのハービー・ハンコックのような覚醒的にリズミックなピアノもすごい。シングルトンは後にスリム・ゲイラードのバンドでこの手のルンバなどプレイすることになります。クリア赤盤。【曲】「Tropical Mood Rhumba」「Original #1」「Sous Les Palmiers(試聴)」「Ti Palph(試聴)」「Baba Rhumba」「Magic Island Meringue」「Meyette Meringue(試聴)」「Rosa Rhumba」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julie Kinsler - FRANTIC FLUTE

  • ジャズ/イージー・リスニング45rpm EP
 Julie Kinsler- ジュリー・キンスラー - "FRANTIC FLUTE"
USA / 45rpm EP / Mono / Capitol 660 / Rec 1955 / Pub 1955
ジャケット擦れ少々、レーベルきれい、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3680 yen
■西のフルート奏者、ジュリー・キンスラーのエキゾ・ジャズ傑作EP。
40年代キング・コール・トリオやポール・スミスのアルバム、他ビリー・メイ楽団等西海岸で活躍したフルート奏者ジュリー・キンスラー。リーダー作は恐らくこの4曲のみ(これをばらしたシングルがあります)。ミルト・ホランドとか多分あの辺のジャズ・マンたちが極太のリズムを提供、それをバックにまさしくフランティックに吹きまくった一枚。【曲】「Socorro」「Flute Indigo」「Rockola(試聴)」「Flutterbug(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.