(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: vib)

Gavin Bryars - HOMMAGES

  • クラシック/現代音楽LP
 Gavin Bryars- ギャヴィン・ブライアーズ - "HOMMAGES"
Belgium / LP / Stereo / Crepuscule TW027 / Rec 1981 / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■英の作曲家ギャヴィン・ブライアーズの81年のアルバム。
アルバム・タイトルどおり、各曲は先人音楽家へオマージュがなされており、A1はビル・エヴァンス、A2、B1はブゾーニとホルスト、 B2はパーシー・グレインジャー。編成は4、5人のグループ。A1はブライアーズのピアノを中心にした曲。モートン・フェルドマン的な点描的な雰囲気と余分な間も入れた人力ループ風演奏。A2はヴァイブとロート・タムなどの合奏。ムーンドッグ風でもあり。B1は木琴、ピアノ、ヴァイブなどの合奏。B2はアンビエント期のイーノ的なナンバー。【曲】「My First Hommage(試聴)」「The English Mail-Coach(試聴)」「The Vespertine Park」「Hi-Tremolo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Venuti, Eddie Lang And Adrian Rollini - HELLS BELLS AND HALLELUJAH

  • ジャズLP
 Joe Venuti, Eddie Lang And Adrian Rollini- ジョー・ヴェヌーティ、エディ・ラング、エイドリアン・ロリーニ - "HELL'S BELLS AND HALLELUJAH"
U.K. / LP / Mono / EMI Odeon REG1076 / Rec 1933, 1934 / Pub 1960s
コーティングの折り返しジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■英EMIオデオンから、ヴェヌーティ、ラング、ロリーニのスモール・コンボ集。
ジョー・ヴェヌーティ(ヴァイオリン)、エディ・ラング(ギター)、エイドリアン・ロリーニ(鉄琴、バス・サックスetc)。この戦前ジャズの楽聖三人が参加したスモール・コンボの名演を収録した英EMI/オデオンの編集盤。さて、やはり中心となるのはヴェヌーティのリーダー録音ですが、戦前で40回ほどあるその中で、一回だけイギリス録音があります。それがこのアルバムのタイトル曲「Hell's Bells And Hallelujah」。そしてその演奏は、彼らのソリッド・スウィングものの中の三指に入る名演と断言。もちろん他の11曲も一切手抜かり無し、最高のナンバーで埋め尽くされています。 【曲】「Ragging The Scale」「Jig Saw Puzzle Blues」「Pink Elephants」「Hey! Young Fella!(試聴)」「Blue Prelude」「Mississippi Basin」「Doin' The Uptown Lowdown」「Jazz Me Blues」「Hiawatha's Lullaby(試聴)」「Vibraphonia」「Hell's Bells And Hallelujah(試聴)」「Satan's Holiday」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kawai Dance Dan Kikuya / Sekiko - AMERICAN PATROL cw CARMEN BASSUI KYOKU

  • 日本の音楽78rpm
 Kawai Dance Dan Kikuya / Sekiko- 河合ダンス団 菊弥/せき子 - "AMERICAN PATROL cw CARMEN BASSUI KYOKU"
Japan / 78rpm / Mono / Victor 50588 / Rec late1920s / Pub late1920s
レーベルきれい、盤擦れわずか、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 2480 yen
■大阪の芸者たちによるバンド、河合ダンス。
大阪の茶屋「河合」の主人、河合幸七郎が、1920年代に茶屋の芸妓たちを集め結成したバンド/ダンス・グループがこの河合ダンス団。A面は菊弥という芸妓の「アメリカン・パトロール」、B面はせき子の「カルメン抜粋曲」で、両面木琴のインスト。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Arthur Lyman - HAWAIIAN SUNSET

  • ムード・ミュージックLP
 Arthur Lyman- アーサー・ライマン - "HAWAIIAN SUNSET"
USA / LP / Mono / Hi Fi R807 / Rec 1959 / Pub 1959
ジャケット表裏円状の擦れ少々、左側に小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4
■元マーチン・デニー・グループのヴァイブ奏者アーサー・ライマンの59年のアルバム。
脱退後自身のバンドで多くのアルバムを出しましたが、デニーの箱庭的なエキゾ・コンボと似ていながらもデニーのようなジャズ感はあまり無く、ビブラフォンの余韻を充満させるようなシンプルな演奏で人気となりました。これは59年のアルバムで、まさにライマンらしい夕暮れ時のディープなエキゾ・サウンド。オリジナル盤。【曲】「Hawaiian War Chant」「Sweet Leilani(試聴)」「Queen Serenade」「My Tani」「Whispering Reef(試聴)」「Song Of The Islands」「Hii Lawe」「Island Of Dreams」「Mapuana」「Waipio」「Kawohikukupulani(試聴)」「Ke Kali Ne Au」「Harbor Lights」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Los Hermanos Paniagua - MARIMBA DE LOS HERMANOS PANIAGUA

  • 民俗音楽/メキシコLP
 Los Hermanos Paniagua- ロス・ヘルマノス・パニアグア - "MARIMBA DE LOS HERMANOS PANIAGUA"
Mexico / LP / Stereo / Peerless 1731 / Rec 1971 / Pub 1971
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■メキシコのマリンバ・バンド、ロス・エルマノス・パニアグア。
セカンド・アルバムと思われる73年の一枚。中米グアテマラで生まれたマリンバはアメリカに渡り洗練された音になりますが、ここで聞けるのはそうなる前の原始的なマリンバ。リゾネーターは長い鉄パイプではなくひょうたんを使った構造で、中の膜が揺れることでこのような日本の楽器のサワリのような効果を生んでいます。このグループはマリンバと小編成ストリングス、アコーディオン、少数のホーン、ドラムであたたかななメロディを演奏。メキシコ盤。【曲】「Dios Nunca Muere」「La Llorona」「Tuxtla」「Tehuantepecana」「La Sandunga」「Sones Ixtapa Soyalo」「La Flor De Cafe(試聴)」「Rosa Elena」「Simonjovel(試聴)」「Lili」「Las Chiapancas」「El Bolonchon」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Naughton Units - UNDERSTANDING

  • ジャズLP
 Bobby Naughton Units- ボビー・ノートン・ユニッツ - "UNDERSTANDING"
USA / LP / Stereo / Otic 1003 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れわずか、下部中央と上部取り出し口に縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ビブラフォン奏者&ピアニスト、ボビー・ノートンのセカンド・アルバム。
美術学校で絵画を学んだ後、ビブラフォン、ピアノを演奏するジャズマンとなり、ダダ映像作家ハンス・リヒターの作品に音楽を付けたりもしたボビー・ノートン。(ジャケットはリヒターの作)これは彼が始めたレーベル、オティックからのセカンド・リーダー作。フリー・ジャズ/クレズマーのクラ奏者ペリー・ロビンソン、やはりフリー/実験音楽界で活躍するサックス奏者マーク・ホワイトケイジらが参加。引き算的な演奏から生まれる静かな波動に溢れたフリージャズ作。オリジナル盤。【曲】「Understanding(試聴)」「Austin Who」「Ictus」「Snow(試聴)」「Generous 1」「Gloria」「V.A.」「Nital Rock(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Venuti, Adrian Rollini, Eddie Lang - THE SOUND OF THE SWUNG THIRTIES

  • ジャズLP
 Joe Venuti, Adrian Rollini, Eddie Lang- ジョー・ヴェヌーティ、エイドリアン・ロリーニ、エディ・ラング - "THE SOUND OF THE SWUNG THIRTIES"
U.K. / LP / Mono / EMI MFP MFP1161 / Rec 1933 / Pub 1967
コーティングの折り返しジャケット表裏円状の擦れ少々、コート材の浮き上がりあり、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ヴェヌーティ、ラング、ロリーニのスモール・コンボ集。
ジョー・ヴェヌーティ(ヴァイオリン)、エディ・ラング(ギター)、エイドリアン・ロリーニ(鉄琴、バス・サックスetc)。この戦前ジャズの楽聖三人が参加したスモール・コンボの名演を収録した英EMIミュージック・フォー・プレジャーの編集盤。中心となるのはヴェヌーティのリーダー録音ですが、戦前で40回ほどあるその中で、ラングの死の直後一回だけイギリス録音を敢行。ギターはディック・マクドノウ。その演奏は彼らのソリッド・スウィングものの中の三指に入る名演と断言。もちろん他の11曲も一切手抜かり無し。【曲】「Ragging The Scale」「Jig Saw Puzzle Blues」「Pink Elephants」「Hey! Young Fella!(試聴)」「Blue Prelude」「Mississippi Basin」「Doin' The Uptown Lowdown」「Jazz Me Blues」「Hiawatha's Lullaby(試聴)」「Vibraphonia」「Hell's Bells And Hallelujah(試聴)」「Satan's Holiday」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cal Tjader - LOVE ME OR LEAVE ME cw TANGERINE

  • ジャズ78rpm
Cal Tjader- カル・ジェイダー - "LOVE ME OR LEAVE ME cw TANGERINE"
USA / 78rpm / Mono / Savoy 1117 / Rec 1953 / Pub 1953
レーベル書き込み、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2980 yen
■ジャズ・ヴィブラフォン奏者カル・ジェイダーの53年の一枚。
ハンク・ジョーンズ(P)、アル・マッキボン(B)、ケニー・クラーク(D)での演奏。さらっとトリッキーな編曲にした「Love Me Or Leave Me」、恒常的な幸せに満ちた「Tangerine」。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Van Eps Quartette cw Green Brothers Xylophone Orchestra - FLUTTER ON Y MY BROADWAY BUTTERFLY cw MUMMY MINE

  • ラグタイム78rpm
 Van Eps Quartette cw Green Brothers Xylophone Orchestra- ヴァン・エプス・カルテット、グリーン・ブラザーズ・ザイロフォン・オーケストラ - "FLUTTER ON Y MY BROADWAY BUTTERFLY cw MUMMY MINE"
USA / 78rpm / Mono / Okeh 4003 / Rec 1919 / Pub 1919
レーベルきれい、盤浅い擦れ、両面ともに冒頭にサーフェイスノイズ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3  2680 yen
■オーケエの極初期レーベル。
1910年代後半から20年ぐらいの短期間に使われていた、インディアンのイラストが入った珍しいレーベルの盤。A面はラグタイム・バンジョーのパイオニア、フレッド・ヴァン・エプスのカルテット。B面はマリンバの達人、ジョージ・ハミルトン・グリーン率いるグループ。1919年の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

King Salon Orchestra - HAMABE NO UTA cw KOJO NO TSUKI

  • 日本の音楽78rpm
King Salon Orchestra- キング・サロン・オーケストラ - "HAMABE NO UTA cw KOJO NO TSUKI"
Japan / 78rpm / Mono / King 355 / Rec 1940s / Pub 1940s
レーベル擦れ、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5~4
■和のメロディを洋楽化したキング・サロン・オーケストラのいい2曲。
日本が誇る軽音ジャズ楽団、キング・サロン・オーケストラ。Aは日本のジャズ・ピアニストの草分け増尾博のアレンジによる「浜辺の歌」で、ヴィブラフォンが気持ちのいいナンバー。裏面は和田健のアレンジで、「荒城の月」をタンゴにしたナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mario Hurtado And The Royal Marimba Orchestra - MARIMBA MUSIC

  • 民俗音楽/メキシコLP
 Mario Hurtado And The Royal Marimba Orchestra- マリオ・ウルタド&ザ・ロイヤル・マリンバ・オーケストラ - "MARIMBA MUSIC"
USA / LP / Mono / Imperial LP9012 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット表裏擦れ少々、下部縁裂け、レーベルひげ少々、円状の擦れ、盤擦れ極わずか、きれい
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4
■ビギンのリズムで心地よく聞かせるメキシコのマリンバ・バンド。
中米グアテマラで生まれたマリンバはすぐとなりのメキシコで大きく花開き、マリンバ音楽はメキシコ民俗音楽で大きな位置を占めるように。このグループは、詳細不明ながらどうやら30年代から活動しているグループのよう。音質からして、SP盤時代の音源の可能性あり。一曲除き全てラテン(ビギン)のリズムで、アコーディオンを入れたスモール・コンボでの演奏。オリジナル・レーベル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Martin Denny - SILVER SCREEN

  • ムード・ミュージックLP
 Martin Denny- マーティン・デニー - "SILVER SCREEN"
USA / LP / Mono / Liberty LRP3158 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット表裏円状の擦れ、上部全てと下部右半分縁裂け、裏ジャケットに書き込み、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 
■マーティン・デニーが映画音楽を演奏したアルバム。
タイトルの通り、映画音楽を演奏した60年のアルバム。デビューから三年後、磨きあがったエキゾ・サウンドが全編楽しめる非常に完成度の高い一枚。文句なしの名盤。オリジナル・レーベル。【曲】「Ruby(試聴)」「Carioca」「I'm In The Mood For Love」「Sayonara(試聴)」「Children's Marching Song」「Singin' In The Rain」「Chattanooga Choo Choo(試聴)」「Paradise」「Frankie & Johnny」「Over The Rainbow」「We're Off To See The Wizard」「Love Is A Many Splendored Thing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.