(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: vc)

Signatures - PREPARE TO FLIP

  • ジャズ・コーラスLP
 Signatures- シグネチャーズ - "PREPARE TO FLIP"
USA / LP / Stereo / Warner Bros WS1353 / Rec 1959 / Pub 1959
ジャケット表裏擦れ少々、裏面にボールペン書き込み、上部取り出し口小テープ、下部右側縁裂け、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少し
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ウエストコーストのジャズ・コーラス・グループ、シグネチャーズの59年のアルバム。
シアトルで結成されたグループで、スタン・ケントンが大絶賛、ツアーに起用していたシグネチャーズ。レコードは数枚のみで解散してしまったため、一部のコーラス・ファンにしか知られていない様子。しかしこのグループのリーダー、ボブ・アルシヴァーはその後アソシエイションやカーニヴァル、ビーチ・ボーイズ等をアレンジ、ソフト・ロック・ファンには確実に頭の中に入っているサウンドを作り上げた人。これは彼らのラスト・アルバム。緻密さはありつつポップで弾ける明るい響きのハーモニーが全編楽しめる一枚。59年のステレオ盤。【曲】「I Get A Kick Out Of You(試聴)」「I'm Beginning To See The Light」「Pete Kelly's Blues(試聴)」「Judaline」「April In Paris」「Ain't We Goz Fun」「Lonesome Road」「Playboy(試聴)」「Black Coffee」「Just A Sittin' And A-Rockin'」「It's A Pity To Say Goodnight」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boulevard Of Broken Dreams - LONELY AVENUE

  • ジャズLP
 Boulevard Of Broken Dreams- ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス - "LONELY AVENUE"
Germany / LP / Stereo / Idiot 240937-1 / Rec 1986 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■後のボウ・ハンクスのメンバーらが80年代にやっていたグループ。
レイモンド・スコットの再評価のきっかけを作ったオランダのバスタ・レーベルから、ボウ・ハンクスというグループで禁酒法時代のジャズを蘇らせたGert Jan Blomが80年代にやっていた戦前耽美型ノスタルジック・バンドB.O.B.D.のセカンド。マニアックな戦前ティンパン・アレーの選曲で、小編成のストリングス+ジャズ楽団がロマンチックで退廃的な世界を作り上げています。インプロヴィゼーション的なオモシロさではなく、例えばボズウェル・シスターズやカサ・ロマ楽団などのような甘いドリーミーな戦前バンド・サウンドをシミュレート。同じく戦前ジャズやラテンをベースにした、オーガスト・ダーネルのサヴァンナ・バンドの世界に、コンセプト・完成度で匹敵できるのは彼らだけでは。【曲】「Street Of Dreams(試聴)」「Travelin' All Alone」「Walkin' By The River」「Who Walks In When I Walk Out?」「Who Needs It」「Beguine Des Reves Brises(試聴)」「Voz De Cabo Verde」「You Let Me Down(試聴)」「I'm Painting The Town Red」「More Than You Know」「Dark Side Of The Road」「Lonely Avenue」「Only The Lonely」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andrews Sisters - THE EARLY YEARS 1937-1942

  • ジャズ・コーラスLP
 Andrews Sisters- アンドリュース・シスターズ - "THE EARLY YEARS 1937-1942"
Denmark / LP / Mono / Official 12005 / Rec 1937 to 1942 / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■シスターズ・コーラス・グループの最高峰、アンドリュース・シスターズの初期の音源を収録した一枚。
実の3姉妹コーラス・グループ、アンドリュー・シスターズ。ボスウェル・シスターズを真似することから始まった彼女たち、中高生ぐらいの時からステージに立ち、37年の「Bei Mir Bist Du Schon」から注目され、黄金時代が始まります。これは37年のデビュー盤(両面)から42年までの音源をまとめたデンマーク・オフィシャルの編集盤。まるで一度のセッションで録音されたと言われても信じてしまいそうな統一感のある16曲。きれいなSP盤をそのまま聞いているような音質もいい一枚。【曲】「Just A Simple Melody」「Why Talk About Love?(試聴)」「I Married An Angel」「Love Is Where You Find It」「When A Prince Of A Fella Meets A Cinderella」「Chico's Love Song(試聴)」「Let's Have Another One」「I Want My Mama (Mammae Eu Quero)」「Oh He Loves Me」「 I Wish I Had A Dime」「Music Makers」「Sleepy Serenade(試聴)」「Why Don't We Do This More Often?」「Honey」「What To Do」「A Zoot Suit」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Butterbeans And Susie - BUTTERBEANS AND SUZIE

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Butterbeans And Susie- バタービーンズ&スージー - "BUTTERBEANS AND SUZIE"
USA / LP / Stereo / Classic Jazz CJ29 / Rec 1960 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャイヴ感覚満点の夫婦デュオ、バタービーンズ&スージーの60年録音。
1910年代にキャリアをスタートさせた、男と女が歌で掛け合うデュオのはしりと言える二人組、バタービーンズ&スージー。これは60年に録音していたものを収録した一枚。ジャイヴ、ブルース、バラード、ジャズ、多彩なスタイルで楽しませる10曲。エディ・ヘイウッド(P)、シドニー・デパリス(TP)、ベニー・モートン(TB)、ジーン・セドリック(CL)ら超一流のジャズ・マン達の伴奏。【曲】「Ballin' The Jack(試聴)」「Get Yourself A Monkey Man」「There'll Be Some Changes Made(試聴)」「Construction Gang」「I've Got The Blues For Home Sweet Home」「A Married Man's A Fool」「When My Man Shimmies」「Deal Yourself Another Hand」「Street Piano」「Until The Real Thing Comes Along(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ethel Waters - WHO SAID BLACKBIRDS ARE BLUE?

  • ジャズLP
Ethel Waters- エセル・ウォーターズ - "WHO SAID BLACKBIRDS ARE BLUE?"
USA / LP / Mono / Sunday Hook SH2060 / Rec 1950s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、レーベルの宣伝インサート
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・ボーカルのパイオニア、エセル・ウォーターズの50年代ライブ音源。
ビリー・ホリデイも影響を公言、洗練とブルース・フィーリングという、ジャズ・ボーカルの条件と言ってもいいかもしれませんが、それを最初に打ち出した女性シンガー。これは50年代のライブ録音を収録した一枚。ピアノ伴奏、ピアノ・トリオ、それにトランペットが加わる編成と三種類のバッキングで彼女が歌うのですが、これがもうムチャクチャにいい、親密でリラックスしたムード。デュオ曲数曲あり、そのシンガーも、メンバーも不明。【曲】「Who Said Blackbirds Are Blue?(試聴)」「Young At Heart」「My Gal Sal. (Duet)」「How Are Things In Glocca Morra?(試聴)」「Eli, Eli,」「The Bird Of The Blues」「My Man」「Come Rain Or Come Shine, The Man I Love, The Floodgates Of Despair」「The Blues In The Night」「That's What Harlem Means To Me」「I Got It Bad, And That Ain't Good」「Easter Parade」「You're Just In Love」「I Let A Song Go Out Of My Heart. Music Maestro Please」「The Sunny Side Of The Street」「A Porter's Love Song To A Chambermaid」「You Took Advantage Of Me」「Yesterdays」「Smoke Gets In Your Eyes」「I've Got A Right To Sing The Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene Austin - MY BLUE HEAVEN

  • ボーカルLP
 Gene Austin- ジーン・オースティン - "MY BLUE HEAVEN"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPM2490 / Rec 1927 to 1934 / Pub 1962
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■黄金期の名曲を収録した一枚。
「Ramona」「My Blue Heaven」等をヒットさせた、20~30年代の男性シンガーとしては3本の指に入る元祖クルーナー、ジーン・オースティン。これは彼の黄金期の名曲を12曲収録したRCAビクター直々の編集盤。この時代に既にいいメロディは出尽くした、という文章を読むことがたまにありますが、これを聞くとあながち極端でもないんじゃないかと思えるほど。この時代のトップ・ジャズ・マンが親切な演奏をしていてそれもまた聞きどころ。オリジナル盤。【曲】「My Blue Heaven(試聴)」「If I Could Be With You (One Hour Tonight)」「When Your Lover Has Gone」「Ain't Misbehavin'」「I've Got A Feeling I'm Falling(試聴)」「After You've Gone」「Ramona」「My Melancholy Baby」「Please Don't Talk About Me When I'm Gone」「St. James Infirmary」「All I Do Is Dream Of You」「St. Louis Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jo Stafford, Monica Lewis, Ella Fitzgerald, Connie Boswell - V-DISC LADIES VOL.1

  • ジャズ・ボーカルLP
 Jo Stafford, Monica Lewis, Ella Fitzgerald, Connie Boswell- ジョー・スタッフォード、モニカ・ルイス、エラ・フィッツジェラルド、コニー・ボズウェル - "V-DISC LADIES VOL.1"
Japan / LP / Mono / Elec KV111 / Rec 1940s / Pub 1979
ジャケット表面擦れわずか、レーベルひげわずか、盤ほぼ新品同様、帯・インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■戦中の米軍慰問レーベル、Vディスクの女性ボーカルものを集めた一枚。
日本のエレック・レコード独自の編集盤で、上記の4人の10曲を収録。ヤンク・ローソン(TP)、チャーリー・シェイヴァーズ(TP)、ハンク・ダミコ(CL)、バディ・ウィード(P)、カーメン・マストレン(G)、バディ・リッチ(D)らの演奏。スロー&メロー中心。【曲】「Jo Stafford / Blue Moon(試聴)」「Jo Stafford / Bakery Blues」「Jo Stafford / Lonesome Road」「Monica Lewis / My Heart Stood Still(試聴)」「Monica Lewis / I'm An Old Cow-Hand」「Ella Fitzgerald / That's Rich」「Ella Fitzgerald / I'll Always Be In Love With You」「Ella Fitzgerald / I'll See You In My Dreams(試聴)」「Connie Boswell / Way Down Yonder In New Orleans」「Connie Boswell / Bell Bottom Troesers」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pat Suzuki - PAT SUZUKI

  • 女性ボーカルLP
 Pat Suzuki- パット・スズキ - "PAT SUZUKI"
USA / LP / Mono / Vik LX1147 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■日系二世の女優&シンガー、パット・スズキの58年のアルバム。
出演した58年の舞台『Flower Drum Song』が話題となっていた頃58年のセカンド・アルバム。RCAビクター(このVikはRCAのサブ・レーベル)のハウス・バンド、アンリ・ルネ楽団のハイ・クオリティな演奏をバックに12曲唄った一枚。空しく夜空を仰ぎ見るような「How High The Moon」は相当の名演!オリジナル盤。【曲】「The Song Is You」「Star Dust」「Black Coffee(試聴)」「Anything Goes」「I've Grown Accustomed To His Face」「Daddy」「My Heart Belongs To Daddy」「As Time Goes By」「How High The Moon(試聴)」「The Lady Is A Tramp」「Be My Love」「I'll Never Smile Again」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie Holiday - LADY IN SATIN

  • ジャズ・ボーカルLP
Billie Holiday- ビリー・ホリデイ - "LADY IN SATIN"
USA / LP / Stereo / Columbia CS8048 / Rec 1958 / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■説明不要の名盤。
歌や演奏がどうの関係なしに、彼女と他のすべてのジャズ、と分けられるほど天国的で絶望的な歌を歌ったビリー・ホリデイ。レイ・エリス楽団のスローなムード・ミュージックをバックに全曲新曲を歌った、彼女の生前最後のアルバム。オリジナルは58年、これは70年代レーベル。【曲】「I'm A Fool To Want You(試聴)」「For Heaven's Sake」「You Don't Know What Love Is」「I Get Along Without You Very Well」「For All We Know」「Violets For Your Furs」「You've Changed」「It's Easy To Remember」「But Beautiful」「Glad To Be Unhappy」「I'll Be Around(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billie Holiday - LIVE 1953

  • ジャズ・ボーカルLP
 Billie Holiday- ビリー・ホリデイ - "LIVE 1953"
Denmark / LP / Mono / Rarities 40 / Rec 1953 / Pub ?
ジャケット擦れ無し、折れ目少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■53年、ヨーロッパでのライブを収録した一枚。
歌や演奏がどうの関係なしに、彼女と他のすべてのジャズ、と分けられるほど天国的で絶望的な歌を歌ったビリー・ホリデイ。これは彼女の53年(54年の可能性もあり)のライブを収録した一枚。A面はスイスでの録音で、カール・ドリンカード(P)のトリオをバックにした7曲。B面はドイツでの2曲で、"Billie's Blues"は11分超、"Lover Come Back To Me"は7分弱という大作。こちらはレッド・ノーヴォ(Vib)、バディ・デフランコ(CL)、ベリル・ブッカー(P)、ジミー・レイニー(G)ら。【曲】「Blue Moon(試聴)」「All Of Me」「My Man」「Them There Eyes」「I Cried For You」「What A Little Moonlight Can Do」「I Covered The Waterfront」「Billies' Blues」「Lover Come Back To Me(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ruth Wallis - THAT SAUCY REDHEAD

  • 女性ボーカルLP
 Ruth Wallis- ルース・ウォリス - "THAT SAUCY REDHEAD "
USA / LP / Mono / Wallis Original LPW12 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央小縁裂け、上部右上小テープ、裏ジャケット左下小剥落、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか、A2冒頭に表層スクラッチ、少し音に出ます(試聴部)
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4 
■可愛い声でキワドイ歌を歌う女性シンガー、ルース・ウォリス。
日本でいえば丁度クレイジー・キヤッツ、萩原哲昌や笠置シズコ、服部良一のような昭和のなんでもありみたいなサウンドに、なんとも愛らしいヤンキー娘の明るさのある歌を歌うルース・ウォリス。彼女が設立したレーベル、ウォリス・オリジナルからの一枚。知的で大胆なポップ・バンドは、元アレック・ワイルダー・オクテットのジミー・キャロル。スリム・ゲイラードが好きな人にも大推薦。【曲】「The Admiral's Daughter(試聴)」「Ubangi(試聴)」「Sweater Girl」「Jamaica Rum」「Long Long Time」「Love Samba」「The Pistol Song」「Chile Was Hot」「Tonight For Sure」「Down In Montevideo」「Gimmie」「The Bell Song(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lotte Lenya - THE LOTTE LENYA ALBUM

  • 女性ヴォーカルLP
 Lotte Lenya- ロッテ・レーニャ - "THE LOTTE LENYA ALBUM"
USA / LP / Mono / Columbia MG30087 / Rec 1955, 1958 / Pub 1970
見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、内側擦れ少々、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚とも美品
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ロッテ・レーニャの50年代のアルバム二枚をカップリングした2LP。
シェーンベルク等の前衛的なクラシックの手法をマスター、それにアメリカのジャズから影響受け、全く新しい大衆娯楽音楽を生んだクルト・ワイル。これはクルト・ワイルの奥さんでもあり、ワイル・ナンバー随一の歌い手だったロッテ・レーニャが50年代に録音した2枚のアルバムを2LPでリイシューしたもの。55年の一枚目は『三文オペラ』『マハゴニー』『ハッピー・エンド』などワイルのドイツ時代のナンバーを12曲。そして58年の二枚目は、「September Song」「Speak Low」といった、アメリカに移住後のジャズ作を唄った一枚。全24曲、モノラルでしっかりしたつくりです。【曲】「Moritat(試聴)」「Barbara-Song」「Seerbauber-Jenny」「Havanna-Lied」「Alabama-Song」「Wie Man Sich Bettet」「Bibao-Song」「Surabaya-Johnny(試聴)」「Was die Herren Matrosen Sagen-Tango」「Vom Ertrunkenen Madchen」「Lied der Fennimore」「Casars Tod」「September Song」「It Never Was You」「Saga of Jenny」「Foolish Heart」「Speak Low(試聴)」「Sing Me Not a Ballad」「Lonely House」「A Boy Like You」「Green-Up Time」「Trouble Man」「Stay Well」「Lost in the Stars」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.