(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: vc)

Nick Lucas - I DONT BELIEVE IT - BUT SAY IT AGAIN cw ALWAYS

  • ジャズ/ボーカル78rpm
 Nick Lucas- ニック・ルーカス - "I DON'T BELIEVE IT - BUT SAY IT AGAIN cw ALWAYS"
USA / 78rpm / Mono / Brunswick 3088 / Rec 1926 / Pub 1926
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、プツ音でるスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3  2480 yen
■ニック・ルーカスの弾き語り盤。
ジャズ・ギター・ファンには『Pioneers Of Jazz Guitar』の二曲がとにかく有名、しかし実はジャズ・ギターの弾き語りで20年代から50年代にかけて大人気だったニック・ルーカス。これは26年の一枚で、A面はその弾き語り、B面はヴァイオリンとチェロが入ったセンチメンタルなナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eubie Blake, Edith Wilson, Ivan Harold Browning - EUBIE BLAKE AND HIS FRIENDS

  • ジャズ/ボーカルLP
 Eubie Blake, Edith Wilson, Ivan Harold Browning- ユービー・ブレイク、イーディス・ウィルソン、イヴァン・ハロルド・ブラウニング - "EUBIE BLAKE AND HIS FRIENDS"
USA / LP / Stereo / Eubie Blake Music EBM3 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■72年の新緑アルバム。
21年、ブロードウェイ初の黒人たちによる舞台「Shuffle Along」を作った、黒人エンターテイナーのパイオニア的作曲家、ピアニスト、ユービー・ブレイク。これは、その時のシンガーでもあったイヴァン・ハロルド・ブラウニングと、女性ブルース・シンガーの草分けイーディス・ウィルソンとともに、72年に録音した新緑アルバム。ピアノ・ソロ曲も少しあり。ブレイクがたちあげた自主レーベルから。【曲】「He May Be Your Man」「There'll Be Some Changes Made」「Black And Blue(試聴)」「Joshua Fit The Battle Of Jericho」「Go Down Moses」「In That Great Gettin' up Morning」「Exhortation」「Medley From "Shuffle Along"」「Eubie Dubie」「I Can't Get You Out Of My Mind(試聴)」「Memphis Blues」「Corner Chesnut And Low」「When Day Is Done」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pickens Sisters - RIPTIDE cw LITTLE MAN, YOUVE HAD A BUSY DAY

  • ジャズ/コーラス78rpm
 Pickens Sisters- ピッケンス・シスターズ - "RIPTIDE cw LITTLE MAN, YOU'VE HAD A BUSY DAY"
Japan / 78rpm / Mono / Victor JA1273 / Rec 1934 / Pub 1930s
レーベルきれい、盤擦れほぼ無し
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 2480 yen
■30年代のシスターズ・コーラス・グループ、ピッケンス・シスターズ。
日本盤。ポール・ホワイトマン楽団での録音で知られる、ヘレン、ジョージア、パティの三姉妹による一枚。ニグロ・スピリチュアルに大きな影響を受けたそうで、ボズウェル・シスターズ等とは全く違ったムードのハーモニー。エキゾチックな「リプタイド」、ウルトラ・スウィートな「お忙しかった」。野口久光らによる解説、歌詞カード付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kawabata Fumiko - ANATA TO NARABA cw KOI HA NIMOTSU TO ONAJIYO

  • 女性ボーカル78rpm
 Kawabata Fumiko- 川畑文子 - "ANATA TO NARABA cw KOI HA NIMOTSU TO ONAJIYO"
Japan / 78rpm / Mono / Teichiku 50033 / Rec 1935 / Pub 1935
レーベル色あせ少々、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3680 yen
■川畑文子「貴方とならば」のオリジナル盤。
ハワイ生まれの日系人で、9歳でデビュー、そして13歳でブロードウェイの天才少女と言われ、20年代後半~30年代前半のアメリカを熱狂させたダンサー、シンガー、川畑文子。32年から35年の間日本にとどまり、歌に踊りにと活躍したものの、再度渡米し39年に23歳で引退。これはディック・ミネらと出演した映画『うら街の交響樂』のテーマ・ソングで、アネット・ハンショウ始め戦前の女性シンガーが歌った「I'm Following You」の日本語カバー。裏面はディック・ミネとのデュエットで、古賀政男作の「恋は荷物と同じよ」。伴奏は両面ともに古賀政男オーケストラ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duncan Sisters - BABY SISTER BLUES cw THE MUSIC LESSON

  • ボーカル/パーソナリティ78rpm
Duncan Sisters- ダンカン・シスターズ - "BABY SISTER BLUES cw THE MUSIC LESSON"
USA / 78rpm / Mono / Victor 19050 / Rec 1923 / Pub 1923
レーベルスクラッチ少々、小書き込み、盤極浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラッパ録音時代の姉妹デュオ、ダンカン・シスターズ。
1910年代~20年代に人気だったヴォードヴィルの姉妹デュオ、ダンカン・シスターズ。両面ともに可愛らしいユーモラスな歌を聞かせる23年の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mickey Katz - MISH MOSH

  • ボーカルLP
 Mickey Katz- ミッキー・カッツ - "MISH MOSH"
USA / LP / Mono / Capitol T799 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■57年のアルバム。
最初はクラ、サックス奏者としてバンドを転々としていたところ、スパイク・ジョーンズに見出されジョーンズ楽団に加入、そして才能を開花、イディシュ(ヘブライ語訛りの英語)の歌でポップスをやるというスタイルで50年代に大人気となりました。これは57年のセカンド・フル・アルバム。オリジナル盤。【曲】「Sixteen Tons(試聴)」「That's Morris」「Roiselle From Texas」「Tweedle Dee(試聴)」「You Belong To Me」「Why Don't You Believe Me」「I'm A Schlemiel Of Fortune」「A Schmo Is A Schmo」「Home Ofen Range」「Patcha-Me」「(How Much Is) That Pickle In The Window(試聴)」「Don't Let The Schmaltz Get In Your Eyes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chordettes - HARMONY ENCORES

  • オールディーズ/コーラス10LP
 Chordettes- コーデッツ - "HARMONY ENCORES"
USA / 10LP / Mono / Columbia CL6218 / Rec 1952 / Pub 1952
ジャケット擦れわずか、裏ジャケット色あせ少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3680 yen
■「ロリポップ」のコーデッツが出していたアカペラ・コーラス・アルバム。
「ロリポップ」「ミスター・サンドマン」等をヒットさせた、オールディーズのガール・グループの先駆けの4人組。これらのヒットを出す前に数枚リリースされた10インチLPは、伝統的なバーバーショップ・コーラスにクローズド・ハーモニーを取り入れた無伴奏コーラス。全14曲試聴のような天国的なコーラスが続く52年の一枚。【曲】「Carolina Moon」「Basin Street Blues」「Floatin' Down To Cotton Town」「Drifting And Dreaming」「Garden In The Rain」「S'Posin'」「The Sweetheart Of Sigma Chi」「Kentucky Babe」「In The Sweet Long Ago」「I'm Drifting Back To Dreamland」「Angry」「A Little Street Where Old Friends Meet」「The Anniversary Waltz」「Sentimental Journey」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnnie Ray - JOHNNIE RAY

  • ボーカル10LP
 Johnnie Ray- ジョニー・レイ - "JOHNNIE RAY"
USA / 10LP / Mono / Epic LN1120 / Rec early50s / Pub mid50s
ジャケット擦れ少々、下部中央、取り出し口に縁裂け、裏面小汚れ、レーベルひげあり、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■初期名曲を収録したアルバム。
エルヴィス登場以前のアメリカを沸かせた天才バラード・シンガー、ジョニー・レイ。公務員風のルックス、頭をかきむしるポートレイト、ブライアン・ウィルソンのように片耳がほとんど聞えなかったりといろんな話が知られる人。これは代表作「Cry」を含む初期の名曲を6曲収録した10インチLP。【曲】「Cry(試聴)」「Tell The Lady I Said Goodbye」「Whiskey And Gin」「The Little White Cloud That Cried」「Give Me Time(試聴)」「Oy In The Cold Again」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Mercer - JOHNNY MERCER SINGS

  • ボーカル10LP
 Johnny Mercer- ジョニー・マーサー - "JOHNNY MERCER SINGS"
USA / 10LP / Mono / Capitol H214 / Rec 1940s / Pub 1950
ジャケット擦れ少々、下部中央と上部取り出し口に小縁裂け、裏ジャケット汚れ少々、書き込み、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でるスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3  2980 yen
■ジョニー・マーサーが歌った一枚。「G.I. Jive」収録。
42年に立ち上げられたキャピトル・レコードの3人の創始者のうちの1人で、作詞家として「Lazy Bones」「Goody Goody」「Moon River」etcetc名曲をたくさん残したジョニー・マーサー。これはマーサー自ら歌った10インチLP。フランク・シナトラなどが在籍していたコーラス・グループ、パイド・パイパーズも数曲で参加。【曲】「Ac-Cent-Tchu-Ate The Positive」「I Lost My Sugar In Salt Lake City(試聴)」「On The Atchison, Topeka And The Santa Fe」「One For My Baby (And One More For The Road)」「Alexander's Ragtime Band」「Strip Polka」「G.I. Jive(試聴)」「Candy」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Connie Boswell And The Boswell Sisters - CONNIE BOSWELL AND THE BOSWELL SISTERS

  • ジャズLP
 Connie Boswell And The Boswell Sisters- コニー・ボズウェル&ザ・ボズウェル・シスターズ - "CONNIE BOSWELL AND THE BOSWELL SISTERS"
USA / LP / Mono / Jazum 21 / Rec 1931, 1932 / Pub early1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジャズ・コーラスの草分け、ボズウェル・シスターズの編集盤。
ピッツバーグのレコード・コレクター、ウィリアム・C・ラヴが始めたジャザム・レーベルから、ボズウェル・シスターズの30年代の音源集。コニーのソロと、三姉妹のナンバーでもコニーが目立つ曲を中心に収録。バックはドーシー兄弟、バニー・ベリガン、エディ・ラング、ディック・マクドノウなどなど。アップのスウィングは少なく、歌とメロディ、演奏をじっくり楽しむミッド~スロー多し。【曲】「I Found A Million Dollar Baby(試聴)」「Time On My Hands」「Concentratin'(試聴)」「Sing A Little Jingle」「Lullaby Of The Leaves」「My Lips Want Kisses」「Stop The Sun, Stop The Moon」「Hummin' To Myself」「The Night When Love Was Born」「Got The South In My Soul」「Say It Isn't So」「Where」「Down On The Delta」「I'll Never Have To Dream Again」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Aileen Stanley And Billy Murray - BRIDGET OFLYNN cw WHO COULD BE MORE WONDERFUL THAN YOU

  • ボーカル/パーソナリティ78rpm
Aileen Stanley And Billy Murray- アイリーン・スタンレー&ビリー・マレイ - "BRIDGET O'FLYNN cw WHO COULD BE MORE WONDERFUL THAN YOU"
USA / 78rpm / Mono / Victor 20240 / Rec 1926 / Pub 1926
レーベル擦れスクラッチ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ラッパ録音時代のスター歌手がデュオった一枚。
女性シンガー、アイリーン・スタンレーと、ビリー・マレイで、26年の一枚。A面はピアノの伴奏に二人の会話がリズミックに乗るナンバー。裏面は甘く物悲しい、素晴らしいメロディのデュエット・ソング。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julie Wilson - JULIE WILSON AT THE ST REGIS

  • 女性ボーカルLP
 Julie Wilson- ジュリー・ウイルソン - "JULIE WILSON AT THE ST REGIS"
USA / LP / Mono / Vik LX1118 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2680 yen
■女性シンガー、ジュリー・ウィルソンの57年のライブ・アルバム。
戦後ニューヨーク、ロンドン等で舞台女優として活躍し、エド・サリヴァン・ショーの常連でもあったジュリー・ウィルソンの生の魅力が味わえるライブ盤。伴奏はマーシャル・グラント(P)のピアノ・トリオで、彼女との変化に富んだ歌、アレンジとの呼吸はばっちり。ジョニー・ソマーズとルース・ウォリスをまぜたような小悪魔タイプの歌、トリオ伴奏ながら多彩な曲調、1人で一本のミュージカルのやってしまったような楽しさ。このアルバムと同じ人というのが信じられない内容。【曲】「Most Gentlemen Don't Like Love(試聴)」「Twelve Good Men And True」「Every Baby Needs A Da Da Daddy」「What's A Woman(試聴)」「Too Naive」「What Is There To Say」「I Refuse To Rock And Roll(試聴)」「A Man Could Be A Wonderful Thing」「Unathletic Me」「Married I Can Always Get」「A Woman Without Experience」「A Bad Bad Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.