(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: string)

Milton Brown And His Brownies, Clayton McMichens Georgia Wild Cats - MILTON BROWN / CLAYTON MCMICHEN

  • ウエスタン・スウィングLP
 Milton Brown And His Brownies, Clayton McMichen's Georgia Wild Cats- ミルトン・ブラウン&ヒズ・ブラウニーズ、クレイトン・マクミッチェンズ・ジョージア・ワイルド・キャッツ - "MILTON BROWN / CLAYTON MCMICHEN"
Japan / LP / Mono / MCA VIM4014 / Rec 1930s / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、帯裏面しみ、プロモホワイトレーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■この2グループの日本独自の音源集。
アメリカ音楽を日本に紹介した評論家三井徹が選曲・監修した、日本独自の一枚。A面はボブ・ウィルスと並ぶウエスタン・スウィングのキング、ミルトン・ブラウン、B面は、元スキレット・リッカーズで、マール・トラヴィス(写真下右から二番目)らと自身のバンド、ワイルド・キャッツを組んだフィドラー、クレイトン・マクミッチェンを収録。帯、解説付き。【曲】「Milton Brown And His Brownies / In El Rancho Grande(試聴)」「Love In Bloom」「Wabash Blues」「Put On Your Old Grey Bonnet」「If You Can't Get Five, Take Two」「Memphis Blues」「There'll Be Some Changes Made」「Clayton McMichen's Georgia Wild Cats / Sweet Bunch Of Daisies」「Farewell Blues」「Under Old Kentucky Moon(試聴)」「Alexander's Ragtime Band」「St. Louis Woman」「My Gal's A Lulu」「I Wonder Who's Kissing Her Now」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Moore And The Dixie Partners - CHARLIE BLUEGRASS

  • ブルーグラスLP
 Charlie Moore And The Dixie Partners- チャーリー・ムーア&ザ・ディキシー・パートナーズ - "CHARLIE BLUEGRASS"
USA / LP / Stereo / Country Jubilee CJ70617 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■伝説的なブルーグラス・シンガー、チャーリー・ムーアの70年のアルバム。
サウス・キャロライナ出身、50年代にデビューし、初期はキング等からレコードを発表したチャーリー・ムーア。張り上げるような歌が主流だったブルーグラスに優しい歌声を持ち込み人気となった、このジャンルのレジェンド的存在。これは70年のアルバムで、ムーアのその歌のみならず彼のバンド、ディキシー・パートナーズの本格派の演奏も全編楽しめるいい一枚。きちんとしたモノラルで、スゴイ太い音。【曲】「Lorena Go Home」「Bill Cheatham」「90 Day Blues」「Three Nights Of Experience」「The Last Thing On My Mind」「I Feel Like Traveling On」「Bringing Mary Home」「Lonesome Wind Blues」「Ralph's Rag(試聴)」「Blue Monday Morning(試聴)」「I Haven't Got The Right To Love You(試聴)」「Sugarfoot Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Indiana - FINE TIMES AT OUR HOUSE : TRADITIONAL MUSIC OF INDIANA

  • フォークLP
 People Of Indiana- インディアナ州の人々 - "FINE TIMES AT OUR HOUSE : TRADITIONAL MUSIC OF INDIANA"
USA / LP / Mono / Folkways FS3809 / Rec early60s / Pub early60s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、プレスに起因するサーフェイスノイズ入る曲いくつか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5  3680 yen
■インディアナ州の民謡を現地録音したアルバム。
"野卑な田舎者"という意味も含めた、開拓民の州という愛称があるインディアナ州。ミュージシャンのパット・ダンフォードと研究家のアート・ローゼンバウムがこの州の民謡を現地録音した一枚で、このアルバムがリリースされた当時は、トラッド・ファンからもほとんど無視されていた地域なのだそう。アメリカの音楽に聞こえない独特なフィドル・チューン、迫真性満点の無伴奏バラッド、名もなき人の弾き語りまで全19曲。一応60年代前半録音ですが、さらに古いものもある模様。【曲】「John W. Summers / Unnamed Tune」「Anna Underhill / The Elfin Knight」「Anna Underhill / Play Parties」「Louis Henderson / Turkey In The Straw」「Dan White And John W. Summers / The Cuckoo's Nest」「John W. Summers / Sherman's Retreat(試聴)」「Vern Smelser / The Morning Of 1845」「Virgil Sandage / The Bird's Song」「Anna Underhill / Away Out West In Kansas」「Anna Underhill / The Indiana Hero」「John W. Summers / Fine Times At Our House」「Vern Smelser / The Young Man Who Wouldn't Hoe Corn」「John W. Summers / Rye Straw」「Dan White And John W. Summers / Waiting For The Lord To Come(試聴)」「John W. Summers / Same Time Today As It Was Yesterday」「Oscar Parks / The Battle Of Stone River」「Ella Parker / Lord Barnett」「Vern Smelser / Young Charlotte(試聴)」「Shorty And Juanita Sheehan / The Soldier And The Lady(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Skillet Lickers - OLD TIME FIDDLE TUNES AND SONGS FROM NORTH GEORGIA

  • ヒルビリーLP
 Skillet Lickers- スキレット・リッカーズ - "OLD TIME FIDDLE TUNES AND SONGS FROM NORTH GEORGIA"
USA / LP / Mono / County 526 / Rec late1920s to 1930s / Pub 1973
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ヒルビリー・ストリング・バンド、スキレット・リッカーズの編集盤。
フィドルのギッド・タナー、ギターのライリー・パケット、フィドルのクレイトン・マクミッチェン、バンジョーのフェイト・ノリスによる、20年代で最もイノヴェイティヴで広範に影響を与えたストリング・バンド、スキレット・リッカーズ。これは、ブルースのヤズー・レーベルのように、ヒルビリーのSP編集盤ではアメリカNo1のカウンティが出した音源集第二集(第一集はこちら)。豪快でいてワザも効かせたフィドル・チューン、素朴な歌もの、SP盤両面に渡って?の芝居仕立てのヒルビリー・ショウ曲などなどバランスよく収録。同じジャケットのCDがありますが中身は全く違います。【曲】「Rocky Pallet」「Shortening Bread」「Hell Broke Loose In Georgia(試聴)」「Dixie」「Watermelon On The Vine」「Ride Old Buck To Water」「Liberty」「Broken Down Gambler」「Bully Of The Town(試聴)」「Night In A Blind Tiger」「Run Nigger Run(試聴)」「Pretty Little Widow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stuff Smith And His Onyx Club Boys - STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB BOYS

  • ジャズLP
 Stuff Smith And His Onyx Club Boys- スタッフ・スミス&ヒズ・オニクス・クラブ・ボーイズ - "STUFF SMITH AND HIS ONYX CLUB BOYS"
Switzerland / LP / Mono / Collectors 12-12 / Rec 1936 / Pub 1970s
コーティング・ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3.5  2480 yen
■ジャズ・ヴァイオリニスト、スタッフ・スミスの音源集。
20年代はテキサスのジャズ・バンドで修行、その後NYのオニクス・クラブの常連になり頭角を現し、後には後輩の若きチャーリー・パーカーやサン・ラとも活動。これはそのオニクス・クラブ時代のホットな音源を14曲収録した一枚。全曲36年。印象的なトランペットはジョナ・ジョーンズ。【曲】「I Hope Gabriel Likes My Music(試聴)」「I'm Putting All My Eggs In One Basket」「I Don't Want To Make History」「Tain't No Use」「You'se A Viper」「After You've Gone(試聴)」「Robins And Roses」「I've Got A Heavy Date」「It Ain't Right」「Old Joe's Hittin' The Jug」「Serenade For A Wealthy Widow」「Knock, Knock, Who's There?」「Bye, Bye Baby」「Here Comes The Man With The Jive」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Miriam Dvorin - YIDDISH SONGS : GRANDMA SOUP

  • 民俗音楽/ユダヤLP
 Miriam Dvorin- ミリアム・ドボーリン - "YIDDISH SONGS : GRANDMA SOUP"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 3019 / Rec 1984 / Pub 1984
見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、内側きれい、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■クレツモリムのシンガー、ミリアム・ドボーリンのファースト・ソロ・アルバム。全楽器彼女の多重録音。
70年代クレズマー・バンドの名グループ、クレツモリムのメンバーでシンガーだった彼女のファースト・ソロ・アルバム。ドイツ語とヘブライ語が混ざった、ユダヤ人の言葉イディッシュ語でのフォーク・ソングを収録。このレコードに入っている全ての音を一人で多重録音したのだそう。【曲】「Undzer Nigundl」「Hu Tza Tza(試聴)」「Bobe Un Zeyde」「Mazel Tov」「Oyfn Pripetshik」「Dire Gelt(試聴)」「A Fiddler」「Shpil Klezmerl」「Russian Sher(試聴)」「A Brivele Der Mamen」「Dona Dona」「Abi Gezunt(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Thorkell Sigurbjornsson - KISUM / INTRADA

  • クラシックLP
 Thorkell Sigurbjornsson- ソルケトル・シーグルビョルンソン - "KISUM / INTRADA "
Sweden / LP / Stereo / Expo Norr LPRP3 / Rec 1971 / Pub 1971
上部が取り出し口のジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、試聴一曲目のようにプツ音出る小スクラッチ少々、縁裂けありますがオリジナルの内袋付き、12ページのブックレットしみ少々
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3
■アイスランドの現代音楽作曲家ソルケトル・シーグルビョルンソンの71年のアルバム。
このアルバムにも参加、電子音楽の世界に踏み込むシーグルビョルンソンの、クラリネット、ヴィオラ、ピアノ、自然音で作られた室内楽2作を収録。まず4曲からなる『Kisum』、一曲目「Naturmusik(自然の音楽)」は、浜辺の音、雑音的演奏(ほんとに↓の写真のパイプを吹いてる?)を入れた描写的なナンバー。二曲目「Gudamusic(神の音楽)」は「自然の音楽」を引き継ぎ次第に音楽に法則性が出てくる曲。三、四曲目は「Manniskomusik(人間の音楽)」で、最初はアイスランド民謡を新古典主義風に仕上げた作、次はシェーンベルク以降の現代音楽の線の刺激的な前衛曲。もう一作は単一楽章の「Intrada」で、無から何かの起こりまでを描いたような不思議な作。リズムが始まって終わりになります。ラストは、この二作に関してのシーグルビョルンソンによる説明。演奏はアイスランド人演奏家、ピアノはシーグルビョルンソン。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dan Crary - BLUEGRASS GUITAR

  • ブルーグラスLP
 Dan Crary- ダン・クレアリー - "BLUEGRASS GUITAR"
USA / LP / Stereo / American Heritage Music AHLP275 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット表裏円状の擦れ少々、端々小折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■ブルーグラス・ギタリスト、ダン・クレアリーのファースト・アルバム。
ブルーグラスのフラットピッキング・ギター(ピックを使ってビキビキと弾くスタイル)のイノベーター、ダン・クレアリー。39年生まれ、50年代からギターを弾くようになり、60年代にはプロ活動をスタート。そしてリリースされたこのファースト・アルバムは、ブルーグラス・ギターに焦点を定めたインスト・アルバムの最初のものと言われる一枚。小編成の巣tリング・バンドをバックに最初から最後まで快調に弾く、このジャンルの名盤中の名盤。アイダホ・ボイシのマイナー、アメリカン・ヘリティッジ・レーベルからの一枚。【曲】「Cross The Big Sandy(試聴)」「Reuben(試聴)」「The Dusty Miller」「Devil's Dream」「Blackberry Blossom」「Salt Creek」「Black Mountain Rag」「Sweet Sunny South」「Monroe's Hornpipe」「Forked Deer」「Gold Rush」「Fishin' Creek Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sakurai Toshio, Kaneko Kiyoshi, Ohta Misao, Nagira Kenichi - FUKKATSU VIOLIN ENKA

  • 日本の音楽LP
 Sakurai Toshio, Kaneko Kiyoshi, Ohta Misao, Nagira Kenichi- 桜井敏雄、金子潔、太田操、なぎら健壱 - "FUKKATSU VIOLIN ENKA"
Japan / LP / Stereo / CBS Sony 22AG-930 / Rec 1982 / Pub 1983
ジャケット擦れほぼ無し、帯きれい、、帯ともに美品、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■82年、浅草木馬亭でのヴァイオリン演歌のライブ盤『復活!ヴァイオリン演歌』。
再入荷。日本人のレコード第一号としても知られる「オッペケペー節」の川上音二郎をルーツに、添田唖蝉坊が広めた演歌(演説歌のことで、いわゆる演歌とは違います)。後に服部良一と作曲家コンビを組む鳥取春陽をはじめ、明治~大正期にはヴァイオリン片手に通りで演歌を歌う演歌師が多数あらわれ人気に。これは、最後の演歌師と言われた桜井敏雄(1909-1996)を中心に、唖蝉坊の弟子でもあった金子潔(1913-1986)、太田操(1906-?)の三人を中心としたオッペケ会が、浅草木馬亭で82年に開催したヴァイオリン演歌のイベントを収録したアルバム。なぎら健壱も4曲に参加。帯・インサート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Abe Schwartz, Naftule Brandwein, etc. - KLEZMER MUSIC : EARLY YIDDISH INSTRUMENTAL MUSIC, THE FIRST RECORDINGS 1910-1927

  • 民俗音楽/クレズマーLP
 Abe Schwartz, Naftule Brandwein, etc.- エイブ・シュウォルツ、ナフチュール・ブランドワイン、etc. - "KLEZMER MUSIC : EARLY YIDDISH INSTRUMENTAL MUSIC, THE FIRST RECORDINGS 1910-1927"
USA / LP / Mono / Folklyric 9034 / Rec pre1920s to late1920s / Pub mid1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ユダヤ人の音楽、クレズマーの名演をたっぷり収録したアーフーリー渾身の編集盤。
ブルース、カントリーのみならず民俗音楽も積極的にリリースしたアーフーリー・レーベルならではの一枚。アコースティック録音時代から20年代後半までの、貴重なクレズマーのSP盤コンピレーション。この世界の神的存在のバイオリニスト、エイブ・シュウォルツや、クレズマー界のチャーリー・パーカーことナフチュール・ブランドワイン(クラリネット)といったスター奏者から、木琴奏者ジェイコブ・ホフマンのミスティックなインスト曲、ジョセフ・モスコヴィッツというツィンバロン奏者の珍しいナンバーなどなど8グループ16曲収録。【曲】「Khsidishe Nigunim/Boibriker Kapelle」「Sher/Abe Schwartz Orchestra」「Doina And Hora/Jacob Hoffman & Kandel's Orch(試聴)」「Dem Rebns Nigh/Elenkrig's Orchestra」「Der Shtiler Bulgar/Abe Schwartz Orchestra」「Terkisher Yale-ve-yove Tants/Naftule Brandwine(試聴)」「National Hora. /Abe Schwartz & Sylvia」「Nit Bay Motyen/Abe Schwartz Orchestra」「Khosidl/Belf's Rumanian Orchestra」「Fiselekh, Fiselekh/Elenkrig's Orchestra」「Kalarash/Naftule Brandwine」「Tantst, Tantst Yidelekh/Abe Schwartz Orchestra」「Baym Rebns Sude/Abe Schwartz Orchestra」「Sadeger-khosid/Joseph Moskowitz(試聴)」「Haneros Halelu/H. Steiner(試聴)」「Oy Tate S'iz Gut/Naftule Brandwine」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Banjo Ikey Robinson - 1929-1935

  • ブルースLP
 Banjo Ikey Robinson- バンジョー・アイキー・ロビンソン - "1929-1935"
Austria / LP / Mono / Document DLP509 / Rec 1929 to 1935 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■No1ブルース・バンジョー奏者、バンジョー・アイキー・ロビンソンの編集盤。
恐らく彼の単独編集盤はアナログではこれだけ。ギター、ウクレレも弾き、カントリー・ブルース調のものからロニー・ジョンソンと同じようにジャジーなものも縦横無尽にプレイ。クラ、ピアノとのホーカム・トリオ、カズー、バイオリン、ウクレレでのレッド・デヴィルズ、フランキー・ハーフ・パイント・ジャクソンが参加したブル・フィドル・バンドというグループでの演奏などなど全18曲。【曲】「Ikey Robinson / Pizen Tea Blues」「Rock Pile Blues(試聴)」「Banjo Ikey Robinson And His Bull Fiddle Band / My Four Reasons(試聴)」「Rock Me Mama」「Hokum Trio / I'm Havin' My Fun」「You've Had Your Way」「He Wouldn't Stop Doing It」「You're Bound To Look Like A Monkey When You Get Old」「Salty Dog Four (The Red Devils) / West Coast Stomp」「Ballin' The Jack」「Red Devils / Dinah」「Tiger Rag」「Pods Of Pepper / You've Had Your Way」「Get Off Stuff」「Gee I Hate To Loose That Girl」「I Was A Good Loser Until I Lost You」「Banjo Ikey Robinson And His Windy City Five / Sunshine」「A Minor Stomp(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

American Musicians - ALEX ALRICH, FREDERICK KOCH, CLAIRE POLIN, TUI ST. GEORGE TUCKER

  • クラシックLP
 American Musicians- アメリカのミュージシャン - "ALEX ALRICH, FREDERICK KOCH, CLAIRE POLIN, TUI ST. GEORGE TUCKER"
USA / LP / Stereo / Opus One 119 / Rec 1986 / Pub 1986
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■オーパス・ワンから、4人のアメリカ人作曲家の4作品を収録した一枚。
ポップスの方面からも踏み込むアーティストが増え相互に影響を与え合い、澱みが薄まってきた70年代以降の現代音楽は自然に楽しめるものが多いですが、これはそんな点でも素晴らしい一枚。アメリカの4人の作曲家の4作を収録した86年のアルバム。ライナー順に、ミルズ・カレッジでルー・ハリソン等に習ったアレクシス・オルリッチの、ピアノ、マリンバ、マンドリンで奏でられる「Palm Boulevard」(試聴)、ヘンリー・カウエル等に習ったフレデリック・コッホの、プリペアド・ピアノとテープによる「Avataric Impressions」は、やはりミニマルなリズム、そしてブギウギからもアイディアをもらったようなピアノがとりとめのない演奏を披露、それとノイズの層が摩訶不思議な世界を作る作。最も有名なのは女性作曲家クレア・ポリンで、ピアノと、マリンバやベル等で演奏される『Kuequenaku-Cambriola』。デラウエアのインディアンの音楽と、アメリカに移住してきたウエールズの移民の賛美歌をミックスしたものだそうで、脱力した物悲しいバラード調の第二楽章などビックリ。最後はもう一人女性作曲家で、トゥイ・セント・ジョージ・タッカーの弦楽四重奏曲『S.Q. No1』(試聴)。演奏は現代音楽のみならずロック、スウィング系の録音でも活躍するアメリカ人プレイヤーたち。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(水曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.