(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: string)

Erno Szegedi(P), Tatrai Quartet, etc. - ERNO DOHNANYI : QUINTET IN E FLAT MAJOR, SEXTET IN C MAJOR

  • クラシックLP
Erno Szegedi(P), Tatrai Quartet, etc.- エルノ・ゼゲディ(ピアノ)、タートライ四重奏団、etc. - "ERNO DOHNANYI : QUINTET IN E FLAT MAJOR, SEXTET IN C MAJOR"
Hungary / LP / Stereo / Hungaroton SLPX11624 / Rec 1978 / Pub 1978
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、表面コーティング材のはがれわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ハンガリーの作曲家ドホナーニの室内楽二作を収録した一枚。
バルトークと同時代の作曲家で、現代音楽の方向へは行かず、ブラームスから大きな影響を受けロマン派の路線で作曲を続けたハンガリーの作曲家ドホナーニ(1877-1960)。3楽章からなる、ピアノと弦楽四重奏の編成の『ピアノ五重奏曲第2番(試聴第2楽章)』(1914年)をAに、4楽章からなる『ピアノ、クラリネット、ホルン、弦楽のための六重奏曲(試聴第3、4楽章)』(1935年)を収録した一枚。時に軽やかで時に肉厚でロマンチックな、ジプシー音楽や20年代アメリカン・ポップスの香りも漂ってくる内容。エルノ・ゼゲディ(ピアノ)、ハンガリーを代表するタートライ四重奏団などによる演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Milton Brown And His Brownies - PIONEER WESTERN SWING BAND 1935-36

  • ウエスタン・スウィングLP
 Milton Brown And His Brownies- ミルトン・ブラウン&ヒズ・ブラウニーズ - "PIONEER WESTERN SWING BAND 1935-36"
USA / LP / Mono / MCA 1509 / Rec 1935, 36 / Pub 1982
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ウエスタン・スウィングのトップ・バンド、ミルトン・ブラウンの音源集。全曲初LP化。
素晴らしいものばかりのMCAの戦前もの編集盤シリーズで、ボブ・ウィルス、スペード・クーリーと並ぶ30年代ウエスタン・スウィングのトップ・バンド、ミルトン・ブラウンの最盛期をまとめた音源集。数曲のぞいて全て36年3月にニューオーリンズで録音されたもので、全曲初LP化だそう。お聞きのようなまさしく田舎紳士のジャズ・カントリーで満たされています。裏ジャケにはボブ・ウィルスのインタビューがあり、初めてブラウンに会った時の衝撃を語っていてそれがとてもいい話。【曲】「The Sheik Of Araby」「Yes Suh」「Fan It」「Chinese Honeymoon」「Somebody's Been Usin' That Thing」「Goofus」「Down By The O-h-i-o」「Hesitation Blues」「When I Take My Sugar To Tea」「Black And White Rag」「Easy Ridin' Papa」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Keith And Jim Rooney - LIVIN ON THE MOUNTAIN

  • ブルーグラスLP
 Bill Keith And Jim Rooney- ビル・キース&ジム・ルーニー - "LIVIN' ON THE MOUNTAIN"
USA / LP / Mono / Prestige Folklore 14002 / Rec 1963 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3680 yen
■後にウッドストックを支える二人のデビュー・アルバム。
60年代初頭Bモンローのブルーグラス・ボーイズに抜擢、その後ジム・クエスキン・ジャグ・バンドに加入、アール・スクラッグスから受け継いだスタイルをよりメロディックに発展させた独自のスタイルを完成させ、ウッドストックのミュージシャンたちと合流した後は多くのレコーディングを残すバンジョー奏者ビル・キース。やはりザ・バンドの面々と録音するギタリストで、ベアズヴィル・スタジオのマネージャーとしもてウッドストックを支えたジム・ルーニーの双頭ファースト・アルバム。"キース・スタイル"と言われるバンジョーが楽しめる可愛らしい"Devil's Dream"、ナイーブなハイトーン・ボイスが胸を打つカーター・ファミリーの"Oceans Of Diamonds"、革新的なアレンジで聞かせるバラッド・クラシック"Prety Polly"などなど全14曲。ベースはジム・クエスキン・ジャグ・バンドのフリッツ・リッチモンド。オリジナル・レーベルが緑、これは60年代中期のセカンド・プレス。【曲】「Livin' On The Mountain」「Devil's Dream」「Homestead On The Farm」「One Morning In May」「Ocean Of Diamonds(試聴)」「Pretty Polly(試聴)」「New Muleskinner Blues」「Salty Dog」「Teardrops In My Eyes」「Jody's Hornpipe」「Kentucky Moonshiner」「Log Cabin In The Lane」「I Hear A Sweet Voice Callin'」「Rueben's Old Train」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry The Fiddler And Friends - THE FIRST ALBUM

  • カントリーLP
 Henry The Fiddler And Friends- ヘンリー・ザ・フィドラー&フレンズ - "THE FIRST ALBUM"
USA / LP / Stereo / Fiddlededoo HTF7701 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■放浪のフィドラー、ヘンリー・ザ・フィドラーのファースト・アルバム。
若くしてクラシックのヴァイオリンを修め、シカゴでコンピューターの専門家として働いていたというヘンリー・ザ・フィドラー、71年に仕事も家も捨て流しのヴァイオリニストとなり全米を放浪、有名なフィドラーズ・コンベンションで優勝するまでのミュージシャンになりました。これは彼のファースト・アルバムで、友人たちも一同に会し、ノース・キャロライナ州の森の中で野外録音されたという一枚。オールドタイム、ブルーグラス、ダン・ヒックスのようなモダンなウェスタン・スウィング、クラシックetc...なんでもござれ、自然発生的なムードがほんとにいい一枚。ブックレット付。【曲】「Over The Waterfall / Mississippi Sawyer」「Sweet Bunch Of Daisies(試聴)」「Reuben's Train」「Crossing To Ireland / Rights Of Man Hornpipe」「Nobody Knows You When You're Down And Out」「Over The Rainbow(試聴)」「Cold Frosty Morn」「Hungarian Dance #5」「Red Wing」「Say Old Man, Can You Play The Fiddle ?」「Mason's Apron」「The Monkeys Have No Tails In Zamboanga」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Watson Family - THE WATSON FAMILY

  • オールドタイム/マウンテンLP
 Watson Family- ワトソンン・ファミリー - "THE WATSON FAMILY"
Japan / LP / Mono / Mono YW7001FW / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサート、帯ともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ドク・ワトソン一家と友人たちによる一枚。
下の"Old Time At Clarence Ashley's Part 2"と、ファースト・ソロ・アルバムの狭間に出された、ワトソン一家と友人、そして録音に行ったフォークウェイズ・レコードの屋台骨的ミュージシャン&スタッフ、ラルフ・リンズラーも参加しての一枚。フランク・ハチスンやアレン・ブラザーズ風のホワイト・ブルース、ラグもの中心のワトソンのソロはいつも通り強烈なテクニックのギターと親しみのわく暖かい歌で素晴らしい(一曲絶品のマンドリン・ラグあり)、でも彼の母親がひなびた風情で歌うアシュレイのアンソロジー・クラシックHouse Carpenter、一家総出のザラッとしたハーモニーがゾクゾクする二曲のホワイト・ゴスペルWhen I Die、Lost Soulなど家族曲が特に印象的。オリジナルは63年、これは70年代に日本コロンビアから出た一枚で、丁寧な作りのジャケット、音質もばっちり。ライナーはオリジナル付属のものを三井徹さんが訳したもので、全歌詞日本語対訳付き。ちなみにドク・ワトソンの名前は、シャーロック・ホームズのワトソン博士にちなんでつけたんだそうです。【曲】「Groundhog」「Everyday Dirt」「Bonaparte's Retreat」「The House Carpenter(試聴)」「I'm Troubled」「Your Long Journey」「When I Die(試聴)」「The Train That Carried My Girl From Town(試聴)」「Down The Road」「The Lone Pilgrim」「Texas Gales And Blackberry Rag」「Darling Cory」「The Triplett Tragedy」「Muddy Roads 」「The Lost Soul」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clarence Tom Ashley, Doc Watson, Carolina Tar Heels, etc. - OLD TIME MUSIC AT CLARENCE ASHLEYS PART 2

  • オールドタイム/マウンテンLP
Clarence Tom Ashley, Doc Watson, Carolina Tar Heels, etc.- クラレンス・トム・アシュレイ、ドク・ワトソン、キャロライナ・ター・ヒールズ、etc. - "OLD TIME MUSIC AT CLARENCE ASHLEY'S PART 2"
USA / LP / Mono / Folkways FA2359 / Rec early60s / Pub 1963
ジャケットしみ、裏面にハンコ、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少し、ブックレット色あせ少々
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■マウンテン・ミュージックの歴史的名盤第二集。
クラレンス・アシュレイが再発見され、ドク・ワトソンがアメリカ中に知られるきっかけとなった一枚目に続くパート2で、アシュレイ、ワトソンらのナンバーに加えて、アシュレイが20年代にやっていたストリング・バンド、キャロライナ・ター・ヒールズの再結成録音など、パート1と同じ場のものに、62年西海岸での録音も入った内容。ざっくばらんとした粗目のバンド・ナンバー、空しくも凛とした弾き語り、二曲あるホワイト・ゴスペルのアカペラ・コーラスものも素晴らしい、オールドタイム・ファンであれば感涙の一枚。15ページの大判ブックレット。【曲】「Free Little Birds(試聴)」「Little Sadie」「Way Downtown」「Tough Luck」「Hump Backed Mule」「Daniel Prayed(試聴)」「Walking Boss(試聴)」「My Home's Across The Blue Ridge Mountains」「Coo-Coo Bird」「Crawdad」「Rising Sun Blues」「Lee Highway」「Shady Grove」「Corinna」「Omie Wise」「Amazing Grace」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Richey - JAZZ GRASS

  • カントリー/ブルーグラスLP
 Slim Richey- スリム・リッチー - "JAZZ GRASS"
USA / LP / Stereo / Ridge Runner RRR0009 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れ、右上に書き込み(スリム・リッチーのサイン)、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズとブルーグラスを融合した稀有なグループ。
ジャズとカントリーのミックスは40年代にもウエスタン・スウィングがありましたが、彼らはジャズとブルーグラスを融合させた稀有なグループ。この盤のレーベル、リッジ・ランナーの創始者であるジャズ・ギタリスト、リッチーが自ら腕利きのメンバー(ビル・キース、リッキー・スキャッグスetc.)を集めて、入念なリハのもと作り上げた名盤。ホレス・シルヴァーの「Preacher」や「チュニジアの夜」、「Stompin At The Savoy」「Angel Eyes」「Summertime」「Rose Room」等のお馴染みのメロディーにくわえ、リッチーのオリジナル曲を加えた全12曲。【曲】「Gravy Waltz」「Back Home Again in Indiana」「To Linda」「There'll Never Be Another You(試聴)」「Boppin' at the Bluebird」「Angel Eyes」「Jazz Grass Waltz」「Rose Room(試聴)」「Summertime」「The Preacher」「Stompin' at the Savoy」「Night in Tunisia」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pablo Casals(Cello), Isaac Stern(Vln), etc. - CASALS FESTIVAL AT PRADES : BRAHMS - SEXTET NO.1

  • クラシックLP
 Pablo Casals(Cello), Isaac Stern(Vln), etc.- パブロ・カザルス(チェロ)、アイザック・シュターン(ヴァイオリン)etc. - "CASALS FESTIVAL AT PRADES : BRAHMS - SEXTET NO.1"
USA / LP / Mono / Columbia ML4713 / Rec 1953 / Pub late50s
ジャケット擦れ少々、左上に貼り物、裏面色あせ、しみ、小書き込み、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■52年のプラード・カザルス音楽祭の参加メンバーによるブラームスの弦楽六重奏。
フランス最南部の町プラードで隠遁していたカザルスを復帰させようと、友人のミュージシャンたちがプラードに集まり、50年にスタートした室内楽の音楽祭プラード・カザルス音楽祭。演奏しなくなっていたカザルスも参加、年に一度のイベントとなりました。これは52年の第三回目に参加したミュージシャンたちによる、現地での室内録音盤で、ブラームスの弦楽六重奏第一番を収録した一枚。カザルス(チェロ)、この企画をカザルスに持ちかけたアレクサンダー・シュナイダー、アイザック・シュターン(Vln)、ミルトン・トーマス(Vla)等による演奏。下のラザール・ベルマンとは真逆の安堵の一枚、派手な展開は少な目で、6人の密度の高いアンサンブルが熱っぽく続く全4楽章。試聴は第一、第三楽章です。オリジナルは恐らく53年、これは50年代後半のプレス。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stanley Brothers - THEIR ORIGINAL RECORDINGS

  • ブルーグラスLP
 Stanley Brothers- スタンリー・ブラザーズ - "THEIR ORIGINAL RECORDINGS"
USA / LP / Mono / Melodeon 7322 / Rec 1940s / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤すれほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ディック・スポッツウッド監修のスタンリー・ブラザーズ最初期音源集。
おもにカントリー・ブルース編集盤で知られるバイオグラフの兄弟レーベルで、それ以前からディック・スポッツウッドが監修しレコードを出していたメロディオン・レコード。これもスポッツウッドが手掛けた一枚で、ブルーグラスの草分けスタンリー・ブラザーズの最初期音源集。彼らは、コロンビア以前(重なる時期あり)、リッチRトーンというマニア垂涎のレーベルから7枚のSPを出していて、これはその音源を全て収録したという一枚。ちなみに97年、ジョン・フェイヒーのレヴェナントから、曲順や音質は違えどこれと全く同じ収録曲の編集盤CDが出ています。隔絶したパーソナリティが一人一人熟成するマウンテン・ミュージックの味を若いバンドがパワフルに発出する、ブルーグラスというジャンルをどけても胸を打つナンバーの数々。【曲】「Little Maggie」「Little Glass Of Wine」「Are You Waiting Just For Me」「The Jealous Lover」「The Little Girl And The Dreadful Snake」「Death Is Only A Dream」「The Girl Behind The Bar」「The Rambler's Blues」「Molly And Tenbrooks」「Our Darling's Gone」「Mother No Longer Awaits Me At Home」「I Can Tell You The Time」「Little Birdie」「Little Glass Of Wine」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Laurindo Almeida, Chet Baker, Fred Katz, etc. - BALLADS FOR BACKGROUNDS

  • ジャズLP
 Laurindo Almeida, Chet Baker, Fred Katz, etc.- ローリンド・アルメイダ、チェット・ベイカー、フレッド・カッツ、etc. - "BALLADS FOR BACKGROUNDS"
Japan / LP / Mono / Pacific Jazz PJ0503 / Rec 1950s / Pub 1990s
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■静かでスローな曲で統一されたパシフィック・ジャズのオムニバス。フレッド・カッツのこれでしか聞けない「星影のステラ」収録。
日本盤。ウエストコースト・モダン・ジャズ・レーベル、パシフィック・ジャズのオムニバス。既にリリースされているアルバムの中から、もしくはこの時点で出ていなくとも、後にそれぞれのアーティストのアルバムに収録されるものから選ばれているのですが、タイトルからわかるように、全てスローで静か、メロウな曲だけで統一されたまたとない一枚。しかし、大大ボーナスが。ジャズ・チェロ奏者フレッド・カッツの「Stella By Starlight」は、これにしか収録されていない忘我のナンバーで、ライブ音源。試聴一曲目です。他、バド・シャンクのダークなエデン・アーベ「Nature Boy」カバー、裏ジャケの曲目表に記載されていない、ハワード・ロバーツのトロミがかったエレキが素晴らしいチコ・ハミルトン・トリオの「What Is There To Say」などなど。帯無し、解説付き。【曲】「Laurindo Almeida Quartet Featuring Bud Shank / Stairway To The Stars(試聴)」「Gerry Mulligan Quartet / Polka Dots And Moonbeams」「Bud Shank Quartet Featuring Claude Williamson / Nature Boy」「Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman / The Thrill Is Gone」「Bob Brookmeyer Quartet Featuring John Williams / Body And Soul」「Bud Shank Orchestra Featuring Bob Brookmeyer / Out Of This World」「John Lewis Quartet / I Can't Get Started」「Fred Katz / Stella By Starlight(試聴)」「Chico Hamilton Trio / What Is There To Say」「Gerry Mulligan Quartet Featuring Chet Baker / My Old Flame」「Bill Perkins Octet Featuring Stu Williamson / 100 Years From Today」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Estil C. Ball, Alabama Sacred Harp Singers, Mountain Ramblers, etc. - WHITE SPIRITUALS

  • ゴスペル/ヒルビリーLP
 Estil C. Ball, Alabama Sacred Harp Singers, Mountain Ramblers, etc.- エスティルCボール、アラバマ・セイクリッド・ハープ・シンガーズ、マウンテン・ランブラーズ、etc. - "WHITE SPIRITUALS"
USA / LP / Mono / Atlantic SD1349 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アラン・ロマックスとシャーリー・コリンズのフィールド録音シリーズから、様々なスタイルのホワイト・ゴスペルを収録した一枚。
60年、アラン・ロマックスとイギリスの女性フォーク・シンガー、シャーリー・コリンズの二人がアメリカ南部に赴きフィールド・レコーディングしたシリーズ"Southern Folk Heritage Series"。LPで同時に7枚リリースされました。これはホワイト・ゴスペルでまとめらた一枚。さて、何と言っても驚きなのは、本作のおよそ半分ほどを占める、ヴァージニアのヒルビリー・ゴスペル・シンガー&ギタリスト、エスティルCボールと彼のグループ。これから後いくつかのレーベルからアルバムを出す彼らが初めて録音した音源で、最も古い精神性と、10年以上あとのアメリカで露わになるような私的な演奏、歌の数々。他、伝統的でいて新鮮な響きのスピリチュアル・コーラス、セイクリッド・ハープ・シンギング、まるで黒人のスタイルの説教もの、このシリーズで特集盤もあるマウンテン・ランブラーズのスピリチュアル曲などなど収録。オリジナルは60年、これは70年代プレス。しっかりした厚めのジャケットで音もすごくいいです。【曲】「Tribulations(試聴)」「When I Get Home」「The Poor Wayfaring Stranger」「Baptizing Down By The Creek」「Sermon And Lining Hymn」「Antioch」「Calvary」「Please Let Me Stay A Little Longer」「Father, Jesus Loves You」「Lonesome Valley」「Father Adieu」「The Old Country Church(試聴)」「Little Moses(試聴)」「The Cabin On The Hill」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washington Phillips - DENOMINATION BLUES

  • ゴスペル/ブルースLP
 Washington Phillips- ワシントン・フィリップス - "DENOMINATION BLUES"
USA / LP / Mono / Agram AB2006 / Rec 1927 to 1929 / Pub 1927 to 1929
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■天国のゴスペルを奏でたワシントン・フィリップスの編集盤。
ゴスペル系カントリー・ブルース・シンガーには個性的な人が多いですが、彼こそワン&オンリー。マンザレーヌという非常に珍しいチター系弦楽器(最近の調査で分かったらしいです)で夢のような弾き語りを聞かせるテキサス生まれのワシントン・フィリップス。90年代にヤズーからCDが出ましたが、これが彼の初の単独編集盤。まだ彼の写真が見つかっていなかった頃なのでしょう、ハンマー・ダルシマーの写真がのってます。全16曲全く同じような天国のナンバーが並ぶ一枚。インサート付き。【曲】「Mother's Last Word To Her Son(試聴)」「Take Your Burden To The Lord And Leave It There」「Paul And Silas In Jail」「Lift Him Up That's All」「Denomination Blues - Part 1」「Denomination Blues - Part 2」「I Am Born To Preach The Gospel」「Train Your Child(試聴)」「Jesus Is My Friend」「What Are They Doing In Heaven Today ?」「A Mother's Last Word To Her Daughter」「I've Got The Key To The Kingdom」「You Can't Stop A Tattler - Part 1」「You Can't Stop A Tattler - Part 2」「I Had A Good Father And Mother」「The Church Needs Good Deacons」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.