(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: s)

Sunday Manoa - CRACKED SEED

  • ハワイの音楽LP
Sunday Manoa- サンデイ・マノア - "CRACKED SEED"
USA / LP / Stereo / Panini PS1003 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、歌詞カードになったインサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ギャビー・パヒヌイが参加した72年のアルバム。
後にブラザーズ・カジメロとして活躍するローランドとロバートの兄弟、やはり自分のバンドを結成し人気となったピーター・ムーン、この三人が初期に組んでいたトリオ、サンデイ・マノア。これはギャビー・パヒヌイも参加した72年の名盤。ハワイの伝統と70年代的爽快感がミックスされた内容。アルバム通して試聴一曲目のような歌&ハーモニーnナンバー中心、しかし一曲ギャビーがスティール・ギターを弾くインストあり、これがまた演奏も曲もムチャクチャいい。【曲】「Hula Lady(試聴)」「Kilakila O Moanalua / Moanalua」「Pua Lilia」「Na Moku Eha」「Beautiful Kahana」「Honolulu Baby」「The Queen's Jubilee」「Pua Kolu」「Pa'au'au Waltz(試聴)」「Honolulu, I Am Coming Back Again」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sylvio Gualda - PERCUSSION - CONSTANT : 14 STATIONS / STOCKHAUSEN : ZYKLUS

  • クラシックLP
 Sylvio Gualda- シルヴィオ・グアルダ - "PERCUSSION - CONSTANT : 14 STATIONS / STOCKHAUSEN : ZYKLUS"
France / LP / Stereo / Erato STU70603 / Rec 1971 / Pub 1971
見開きジャケット擦れほぼ無し、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■現代打楽器奏者シルヴィオ・グアルダが、二作の打楽器作を演奏したアルバム。
おもに現代音楽を得意としたフランスのクラシック打楽器奏者、シルヴィオ・グアルダのアルバム。A面全てとB面頭までは、メシアンやオネゲルに師事、映画『トワイライトゾーン』のテーマも作曲したマリユス・コンスタン(1925-2004)の『14 Stations』。コンスタン自身が結成した仏現音名グループ、アルス・ノヴァ・アンサンブルのメンバーも参加。裏面の大部分はシュトックハウゼン(1928-2007)の打楽器作『Zyklus』。こちらはグアルダのソロ演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sandor Lakatos And His Gypsy Band - HEJRE KATI

  • クラシック/民俗音楽LP
Sandor Lakatos And His Gypsy Band- シャンドール・ラカトシュ&ヒズ・ジプシー・バンド - "HEJRE KATI"
Hungary / LP / Stereo / Qualiton LPX10077 / Rec 1960s? / Pub 1960s?
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ハンガリーのジプシー・バンド、シャンドール・ラカトシュの沸騰するような演奏のアルバム。
ジプシー音楽の生まれ故郷ハンガリーの、ジプシー・バンド。クラシックの弦楽四重奏ぐらいのストリングスに、曲によりツィンバロンやクラリネットが入る編成で、リスト、ブラームス、ハンガリーの作曲家エメリッヒ・カールマン、やはりハンガリーの作曲家で卓抜したバイオリニストでもあったイェネー・フバイの作品を演奏。演奏、録音のクオリティ非常に高し、クラシックや民俗音楽ではなくジプシー音楽というジャンルとしか言えない、血沸くような演奏が延々。ハンガリー国営クオリトンからの一枚。【曲】「Hungarian Rhapsody No. 2」「Rakoczi March」「Hungarian Dances Nos. 1, 5, 6」「Hey! Gypsy」「Hejre Kati. Csardas Scene(試聴)」「On The Waves Of The Balaton」「Violin Solo From The Opera "Der Geigenbauer Von Cremona"(試聴)」「Csardas Scene No. 2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Socorro Herrera And Los Suenos - LA CONSENTIDA DEL NORTE

  • テックス・メックスLP
Socorro Herrera And Los Suenos- ソコロ・エレーラ&ロス・スエニョース - "LA CONSENTIDA DEL NORTE"
USA / LP / Stereo / Kiva 006 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ニューメキシコ州のローカル・グループの一枚。
ニューメキシコ州サンタ・フェの小レーベル、キヴァから、なんとも味わいのある、それでいて聞いたことの無い一枚。ソコロ・エレーラという女性シンガーと、サンタ・フェの北方の町エスパニョーラのロス・スエニョースというバンドの78年のアルバム。テハノではなく、マリアッチのテイストを含んだローカル・ポップ・グループという趣の一枚。【曲】「No Vuelvo A Tomar」「Cuando El Destino」「Cuando Tu Te Me Vayas(試聴)」「El Progreso」「Amor A Lo Ligero」「Cuando Tu Me Lo Pidas」「El Triste(試聴)」「Las Leyes」「Esto Es Amor」「Nuestro Error」「La Sombra」「Dime Que Mienten」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Steve Beresford, Tony Coe, Lol Coxhill, etc. - SEPT TABLEAUX PHONIQUES ERIK SATIE

<
  • ロック/ジャズ/クラシックLP
 Steve Beresford, Tony Coe, Lol Coxhill, etc.- スティーヴ・ベレスフォード、トニー・コー、ロル・コックスヒル、etc. - "SEPT TABLEAUX PHONIQUES ERIK SATIE"
France / LP / Stereo / Nato 59 / Rec 1984 / Pub 1984
見開きコーティング・ジャケット表裏きれい、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■こんな7人がサティを題材に演奏した一枚。
サティを題材に、スティーヴ・ベレスフォード、トニー・コー、ロル・コックスヒルら異能の音楽家たちが『7枚の音の絵』を描いたというテーマの一枚。内的なものも含めサティを取り巻く環境を三部構成で現した感のアラン・ハッカー、サティがヴェクサシオンを弾いた音源でも見つかったようなベレスフォードのピアノ曲、雑音やエフェクトを効果的に使った気まぐれなヴァイオリン曲のフィル・ワックスマンなどなど収録。ちなみにラストのロル・コックスヒルは日本でのライブで、バックはサボテン。【曲】「Alan Hacker / Trois "Bonbons" De York Pour Eric Satie」「Steve Beresford / Budapest Subway(試聴)」「Robert Cornford / Welcome(試聴)」「David Holland / Moving Things From A To B」「David Holland / Faltz Waltz」「Philipp Wachsmann / For Memoires Of An Amnesic」「Tony Coe / Allair Mets」「Lol Coxhill / Faction De Satie (Can't Get No)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Seragaki Naeko - JIRI TO NASAKE

  • 沖縄の音楽LP
 Seragaki Naeko- 瀬良垣苗子 - "JIRI TO NASAKE"
Japan / LP / Mono / Maruteru MTL-1007 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れしみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、A面にプレスミス少々、若干音に出ます(試聴一曲目)
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3980 yen
■再入荷。瀬良垣苗子のファースト・アルバム。
こちらもどうぞ。試聴は違う曲です)名盤。照屋林助(この盤の伴奏も)が興したレーベル、マルテルから、沖縄民謡歌手、瀬良垣苗子のファースト・アルバム。彼女の代表作「うんじゅが情ど頼まりる」も収録。エレキ楽器と沖縄の伝統楽器を交えた編成のマルテル・グループ伴奏のもの2曲、三線、太鼓等のシンプルな伴奏のもの9曲。 【曲】「義理と情」「伊佐ヘイヨー」「白骨節(試聴)」「くんじー小」「裏座小」「白浜節」「うんじゅが情ど頼まりる(試聴)」「新殿様節」「帽子くまー」「西部門節(試聴)」「庄さんやあらに」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - SWEET LORRAINE - SQUEEZE ME - CHINA BOY

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "SWEET LORRAINE - SQUEEZE ME - CHINA BOY"
France / LP / Mono / BYG 529052 / Rec 1940 / Pub 1971
コーティングの折り返しジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ベシェ・スパニア・ビッグ・フォーという名前で録音された40年のカルテットを収録。
ベシェ、マグシー・スパニア(コルネット)、さらにジョー・マーサラやトミー・ドーシー等で知られる、ジャズGマニアは絶対チェックのカーメン・マストレン、そしてエリントンの初期のベーシスト、ウエルマン・ブロード、つまりピアノもドラムも抜き(重要)というカルテット編成で40年に一回ぽっきりのセッションを敢行、そして12インチSP盤でリリースされたものを全て収録した一枚。マストレンの心地よい4ビートのストロークに時折入るカール・クレスばりのコード・ソロもいいですが、マグシーをリーダーと見立てたような、べシェの低めのキーでの裏ソロが一貫して最高、また他の曲のリード・プレイも落ち着きがあって素晴しい。燻し銀の魅力。【曲】「Sweet Lorrain」「The Lazy River(試聴)」「China Boy」「Four Or Five Times(試聴)」「That's A Plenty」「If I Could Be With You」「Squeeze Me」「Sweet Sue, Just You(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Singers Of India - A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : INDIA I - VEDIC RECITATION AND CHANT

  • 民俗音楽/インドLP
 Singers Of India- インドのシンガー - "A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : INDIA I - VEDIC RECITATION AND CHANT"
Germany / LP / Mono / Musicaphon BM30L2006 / Rec 1949 to 1952 / Pub 1970s
見開きジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットに小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか、ブックレット部きれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■独ムジカフォンとユネスコが共同製作したインド音楽集の1枚目。古いサンスクリット語の歌を収録。
ドイツ・ムジカフォンとユネスコ協力の民俗音楽シリーズは、他のレーベルが霞んでしまうような名盤だらけですが、中でも非常に力を入れて製作されたのがインド音楽。これは、古典インド音楽集のシリーズではなく、これら東洋の音楽集の中で4枚作られたうちの1枚目。14曲収録されていて、全て例外なく楽器一切入っていない、サンスクリット語の歌を収録。クベーラ(日本で毘沙門天となった神)などの神を召喚する歌、インドラ(日本で言う帝釈天)などの讃美歌を収録。このシリーズでは珍しく49年から52年という古い時代に録音されたものながら、全く古さを感じさせない音。独仏英三か国語ライナーで、歌のアルファベット化のみならず歌の内容の英訳もあり。解説も徹底しています。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Suni McGrath - THE CALL OF THE MOURNING DOVE

  • ギターLP
 Suni McGrath- スニ・マッグラス - "THE CALL OF THE MOURNING DOVE"
USA / LP / Stereo / Adelphi AD1014S / Rec 1971 / Pub 1971
ジャケットシュリンク入り、端々小折れ目、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4980 yen
■アデルファイのギタリスト、スニ・マッグラスのセカンド。ギター音楽の真の傑作。
ジョン・フェイヒー一派と並び、バックワーズ・サム・ファークのリリースで幕をあけたこのアデルファイも個性的なギタリストを多くリリースしたレーベル。このスニ・マッグラスは、中でもとびぬけた存在と言える人。3枚のアルバムの中のセカンドで、これはギター音楽の真の傑作。ジョン・フェイヒー+バックワーズ・サム・ファークと言うことが出来る部分もありつつ、まるで新しくそして恐ろしくディープ。ピッキングはエッジ鋭くブルージーでもありつつ、宗教歌やバロック・テイストまで含んだメロディアスで斬新な自作曲を、冷めたテンションでズバッと演奏。美しいコードも鳴らしますが、次の瞬間にはまったく違う世界へとシフトするような楽曲の面白さも抜群。オリジナル盤。【曲】「Tis So Sweet To Trust In Jesus(試聴)」「In The Carriage House」「He Led Me Out Of The Darkness」「Kyrie」「The Call Of The Mourning Dove(試聴)」「Ripe Figs」「The King Is Coming」「Hallelujah, I Belong To The Band(試聴)」「Verbum Patris-Sanctus, Benedictus」「On The Riverpath She Waited」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Skeets Tolbert And His Gentlemen Of Swing - 1939-1942

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Skeets Tolbert And His Gentlemen Of Swing- スキーツ・トルバート&ヒズ・ジェントルメン・オブ・スウィング - "1939-1942"
USA / LP / Mono / Everybodys 3001 / Rec 1939 to 1942 / Pub 1983
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジャイヴの源流的名グループ。
ジャイヴやブラック・スウィングというようなジャンルの育ての親ともいえるスキーツ・トルバート。キング・コールもだいぶお世話になっていて(「Hit That Jive Jack」はトルバートの曲)、この辺の音楽が好きならば避けて通れない重要な人なのです。これは39年から42年のナンバーを集めたもので、史上初めて出た彼の音源集。アップのビシッとしたナンバーもありますが、ゆるめのスウィング・ビートにユニゾンのジャイヴ・コーラスがなんともいい味。【曲】「Get Up」「Bouncing On Rhythm」「The Stuff's Out」「Railroad Blues」「Swing Out」「W.P.A.」「I Can't Go For You」「Jumpin' Like Mad(試聴)」「Uncle Eph's Dream」「Those Draftin' Blues」「Bugle Blues」「Four O Clock Blues」「Big Fat Butterfly(試聴)」「Lazy Gal Blues」「Fill Up」「C.O.D.」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Scott Joplin, James Scott, Tom Turpin, etc. - RAGTIME PIANO ROLL CLASSICS

  • ラグタイム・ピアノLP
 Scott Joplin, James Scott, Tom Turpin, etc.- スコット・ジョプリン、ジェームス・スコット、トム・ターピン、etc. - "RAGTIME PIANO ROLL CLASSICS"
USA / LP / Mono / Riverside / Rec pre1920s / Pub 1950s
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットに小スタンプ、レーベルひげ、盤小プツ音出るスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■伝説的ラグタイム・ピアニストが自ら録音したピアノ・ロール演奏を収録した一枚。
説明いらずのラグタイム・ピアノ・キング、スコット・ジョプリン、そしてジョプリンと並んで最高の作曲家、ピアニストとされるジェームス・スコット、セント・ルイスでバーもやっていた、やはり世紀の変わり目のピアニスト、トム・ターピン、この三人が自らの曲をプレイヤー・ピアノで録音したロール(ジャケットはピアノ・ロール紙をモチーフにしたデザイン)を演奏、収録した一枚。他4曲収録されていますが、これは演奏者わからず、しかし内容で選ばれています。 【曲】「James Scott / Grace And Beauty」「James Scott / Ragtime Oriole(試聴)」「Tom Turpin / St. Louis Rag(試聴)」「Joseph Lamb / American Beauty Rag」「Scott Joplin / Scott Joplin's New Rag(試聴) 」「Scott Joplin / Original Rags」「Scott Joplin / Fig Leaf Rag」「Scott Joplin / The Entertainer」「Unknown / St. Louis Tickle」「Unknown / States Rag Medley # 8」「Unknown / Jungle Time」「Unknown / 'possum And 'taters」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman - THE RAGTIME COWBOY JEW

  • ブルースLP
 Stefan Grossman- ステファン・グロスマン - "THE RAGTIME COWBOY JEW"
USA / LP / Stereo / Transatlantic TRAE223 / Rec 1970 / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、内側しみ少々、ディスク1のレーベルにひげ少々、ディスク2は無し、盤二枚とも極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フィンガー・ピッキング・ギタリスト、ステファン・グロスマンの70年のアルバム。
フィンガー・ピッキン・ギターの魅力を世界に広めたと言っても言い過ぎでないこのジャンルの第一人者、ステファン・グロスマン。70年のアルバムで、自分のギター演奏、音楽のスタイル、幅広い交友関係、全てを盛り込んだこれまでの集大成ともいうべき2枚組。ファースト『How To Play Blues Guitar』で共演したオーロラ・ブロック、かのサン・ハウス、さらにサンディ・デニー、etcetc..参加。ベース、ドラム入りのナンバーも2割ほどあり。この一つ前のレーベル・デザインのものあり、これはセカンド・レーベル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.