(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: s)

Sara Martins Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc. - GIVE ME ANOTHER JUG

  • ブルースLP
Sara Martin's Jug Band, Dixieland Jug Blowers, etc.- サラ・マーティンズ・ジャグ・バンド、ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、etc. - "GIVE ME ANOTHER JUG"
Switzerland / LP / Mono / Whoopee 102 / Rec 1924 - 31 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウーピーというスイスのレーベルから出た戦前ジャグ・バンドの編集盤。
タイトルに端的に表れているのですが、ジャグ・バンドの名演集になかなか入りそうもない珍しいナンバーを集めた、スイスのウーピーというレーベルの一枚。70年代に五枚だけ?出したレーベルのようです。まずA面はアール・マクドナルド特集。このジャンルの録音第一号のレコードでウッドベースやチューバよりはるかな巨大な音でジャグを吹き、この音楽を広めた歴史上最も偉大なプレイヤー。在籍したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズは二曲のみで、ジャズ、ブルース・シンガーのバックを努めた貴重な音源多し。初めて聞くものばかりです。裏面は、メンフィス・ジャズ・バンドの編集盤に漏れていそうな彼らの別働隊や、ハーモニカ奏者のジェド・ダヴェンポートのバンド、もう一つのジャグ・バンド第一号グループ、ウィッスラー・ジャグ・バンド等を収録。試聴のように結構高音削られた音質ではありますが、ジャグそのものの演奏を聞きたいというかたには特にお薦め。【曲】「Sara Martin's Jug Band / Blue Devil Blues」「」「Jug Band Blues」「Dixieland Jug Blowers / If You Can't Make It Easy」「When I Stopped Running」「Ben Ferguson / Please Don't Holler Mama」「Try And Treat Her Right」「John Harris / Glad And Sorry Blues(試聴)」「Madelyn James / Stinging Snake Blues」「Jed Davenport And His Beale Street Jug Band / Jug Blues」「Piccolo Blues」「King David's Jug Band / Georgia Bo-Bo」「Tear It Down」「Kaiser Clifton / Cash Money Blues」「Fort Worth And Denver Blues」「Whistler's Jug Band / Foldin' Bed(試聴)」「Hold That Tiger」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Richey - JAZZ GRASS

  • カントリー/ブルーグラスLP
 Slim Richey- スリム・リッチー - "JAZZ GRASS"
USA / LP / Stereo / Ridge Runner RRR0009 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れ、右上に書き込み(スリム・リッチーのサイン)、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズとブルーグラスを融合した稀有なグループ。
ジャズとカントリーのミックスは40年代にもウエスタン・スウィングがありましたが、彼らはジャズとブルーグラスを融合させた稀有なグループ。この盤のレーベル、リッジ・ランナーの創始者であるジャズ・ギタリスト、リッチーが自ら腕利きのメンバー(ビル・キース、リッキー・スキャッグスetc.)を集めて、入念なリハのもと作り上げた名盤。ホレス・シルヴァーの「Preacher」や「チュニジアの夜」、「Stompin At The Savoy」「Angel Eyes」「Summertime」「Rose Room」等のお馴染みのメロディーにくわえ、リッチーのオリジナル曲を加えた全12曲。【曲】「Gravy Waltz」「Back Home Again in Indiana」「To Linda」「There'll Never Be Another You(試聴)」「Boppin' at the Bluebird」「Angel Eyes」「Jazz Grass Waltz」「Rose Room(試聴)」「Summertime」「The Preacher」「Stompin' at the Savoy」「Night in Tunisia」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Silver Echo Quartet, Afro Quintette, Coleman Brothers, etc. - NEWARK GOSPEL QUARTETS

  • ゴスペルLP
 Silver Echo Quartet, Afro Quintette, Coleman Brothers, etc.- シルバー・エコー・カルテット、アフロ・クインテット、コールマン・ブラザーズ、etc. - "NEWARK GOSPEL QUARTETS"
U.K. / LP / Mono / Gospel Heritage HT324 / Rec 1930s, 40s / Pub 1990
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ニュージャージー・ニューアークのゴスペル・グループを収録した一枚。
マンハッタンから川を挟んで西側にあるニューアーク。30年代から、アメリカでも有数のブラック・ゴスペルの聖地として、多くの名グループ、名ソロイストを輩出。ニューアークのゴスペルは、引き締まったリズムでシンコペーションをバリバリ聞かせたジュビリー・スタイルが特徴。これは、30年代~40年代の4グループを収録した一枚。4弦のテナー・ギターを伴奏に波打つコーラスを一心不乱に続けるシルバー・エコー・カルテット、同様のスタイルに、絶唱のリード・シンガーを立てたバラードも収録したアフロ・クインテット、やはりリズミックなハーモニーにまぶしいハイテナーをリードにしたコールマン・ブラザーズ、フランキー・ライモンのゴスペル版とも言えそうなキッズ・グループ、ハイタワー・ブラザーズの4グループ16曲を収録。ライナーは裏ジャケット。【曲】「Silver Echo Quartet / Rock My Soul(試聴)」「Where Shall I Go」「Sinner Man」「Land Of Fadeless Day」「Hold In The Frame」「Lord Help Me」「Afro Quintet / Toll The Bells」「Working For My Jesus」「Coleman Brothers / One Day」「I Can See Everybody's Mother But Mine」「We'll Understand(試聴)」「Plenty Of Room In The Kingdom」「Lonesome Valley」「 Get Away, Mr. Satan, Get Away」「Hightower Brothers / Come By Here」「He That Believed In Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stanley Brothers - THEIR ORIGINAL RECORDINGS

  • ブルーグラスLP
 Stanley Brothers- スタンリー・ブラザーズ - "THEIR ORIGINAL RECORDINGS"
USA / LP / Mono / Melodeon 7322 / Rec 1940s / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤すれほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ディック・スポッツウッド監修のスタンリー・ブラザーズ最初期音源集。
おもにカントリー・ブルース編集盤で知られるバイオグラフの兄弟レーベルで、それ以前からディック・スポッツウッドが監修しレコードを出していたメロディオン・レコード。これもスポッツウッドが手掛けた一枚で、ブルーグラスの草分けスタンリー・ブラザーズの最初期音源集。彼らは、コロンビア以前(重なる時期あり)、リッチRトーンというマニア垂涎のレーベルから7枚のSPを出していて、これはその音源を全て収録したという一枚。ちなみに97年、ジョン・フェイヒーのレヴェナントから、曲順や音質は違えどこれと全く同じ収録曲の編集盤CDが出ています。隔絶したパーソナリティが一人一人熟成するマウンテン・ミュージックの味を若いバンドがパワフルに発出する、ブルーグラスというジャンルをどけても胸を打つナンバーの数々。【曲】「Little Maggie」「Little Glass Of Wine」「Are You Waiting Just For Me」「The Jealous Lover」「The Little Girl And The Dreadful Snake」「Death Is Only A Dream」「The Girl Behind The Bar」「The Rambler's Blues」「Molly And Tenbrooks」「Our Darling's Gone」「Mother No Longer Awaits Me At Home」「I Can Tell You The Time」「Little Birdie」「Little Glass Of Wine」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sister Rosetta Tharpe - SINGS HOT HOT HOT

  • ゴスペル/ブルースLP
 Sister Rosetta Tharpe- シスター・ロゼッタ・サープ - "SINGS HOT HOT HOT"
U.K. / LP / Mono / Society SOC900 / Rec 1963 / Pub 1963
コーティング・ジャケット擦れ少々、背部中央に極小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ゴスペル・ブルース・シンガー、シスター・ロゼッタ・サープの63年のアルバム。
ワイルドなブルース・ギター、熱烈なシャウトでゴスペルを歌ったシスター・ロゼッタ・サープ。チャック・ベリーやボブ・ディランにも大きな影響を与えたことも有名。ゴスペル・ブルースの世界から、ロックンロールへの太い道筋を生んだ彼女の、白熱する63年のアルバム。スタジオ録音ですが、エレキ楽器を持ち込んだ教会でのライブを疑似体験するような、ファンクをさらに煮詰めた感の高揚感にあふれた内容。歌をじっくり味わえるスロー曲もグレイト。【曲】「Wot Are They Doing In Heaven?」「Nothing Between」「Seeking For Me」「Shining For Jesus」「Never Alone」「I Do, Don't You?」「God, Lead Us Along」「Family Prayer(試聴)」「Lily Of The Valley」「I Saw The Light」「Blow You, The Trumpet Of Zion」「Oh, The Joy That Came To Me(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sauceman Brothers - THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7

  • ブルーグラスLP
 Sauceman Brothers- ソースマン・ブラザーズ - "THE EARLY DAYS OF BLUE GRASS VOLUME 7"
USA / LP / Mono / Rounder 1019 / Rec 1948 to 1953 / Pub 1976
見開きジャケット色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラウンダーの初期ブルーグラス編集盤シリーズの7枚目、ソースマン・ブラザーズの音源集。
ブルーグラス初期の、入手困難な名グループの音源を集めたラウンダーの名物シリーズ、"Early Days Of Blue Grass"。全10枚出たこのシリーズの7枚目で、ジョン・ポールとジェームス・カールのソースマン兄弟のグループの編集盤。ブルーグラス・マニア垂涎のリッチRトーン・レーベルやマーキュリーの音源(未発表含む)など、48年から53年の16曲を収録。ディック・スポッツウッド監修で、マスタリングはスポッツウッドとバックワーズ・サム・ファーク。【曲】「Handy Man(試聴)」「A White Cross Marks The Grave(試聴)」「Your Trouble Ways Keep Us Apart(試聴)」「Pretty Polly」「I'll Be No Stranger There」「Wrap My Body In Old Glory」「The Pale Horse And His Rider」「Someone's Last Day」「Down The Road To Love」「Goodbye My Love」「I'm Not Worth Your Tears」「Little Birdie」「I'll Be An Angel Too」「Please Don't Make Me Cry」「God's Secret Weapon」「Hallelujah We Shall Rise」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Slam - SLIM AND SLAM VOLUME 2

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Slim And Slam- スリム&スラム - "SLIM AND SLAM VOLUME 2"
Sweden / LP / Mono / Tax M8043 / Rec 1938, 39 / Pub ?
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュワートのジャイヴ・デュオ、スリム&スラムの音源集。
Vol.1に続く二枚目で、38、39年の音源を収録。にわとりの真似が楽しい代表曲「Chicken Rhythm」を収録していますが、ほんと全曲甲乙つけられません。ピアノ、ドラムにサックス又はトランペットという小編成。早速スラムの芸がきける「It's Gettin' Kinda Chilly」、ゲイラードの達者なタップ・ダンスのサウンドが素晴らしいすぎる「Buck Dance Rhythm」、高速で飛ばしまくる「Swinging In The Key Of C」、超早い4ビートに腰が抜けてしまう「Matzoh Balls」などなど一曲一曲にため息でます。【曲】「It's Gettin' Kinda Chilly(試聴)」「Buck Dance Rhythm」「That's A Bringer, That's A Hanger, That's A Drag」「Well-A-Take-Um-A-Joe」「Chicken Rhythm」「Swingin' In The Key Of C」「Boot-Ta-La-Za(試聴)」「It's Only You, Only You」「Beatin' The Board」「Look Out」「Matzoh Balls」「Early In The Morning」「Chitlin' Switch Blues」「Huh! Oh-Huh!」「Windy City Hop」「Baby Be Mine」「Sploghm」「Fitzwater Street」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Slam - SLIM AND SLAM VOLUME 3

  • ジャズ/ジャイヴLP
Slim And Slam- スリム&スラム - "SLIM AND SLAM VOLUME 3"
Sweden / LP / Mono / Tax M8044 / Rec 1940, 41 / Pub ?
ジャケット擦れわずか、小折れ目、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュワートのジャイヴ・デュオ、スリム&スラムの音源集。
三枚目で、時代的にも続く40、41年のものを収録。参加メンバーにはケニー・クラーク(4曲)やチコ・ハミルトン(4曲)も入ってきてバップ・ジャズの発祥から没落まで立ち会ったゲイラードならではの人選。 芸風にも余裕が出てきていて、音楽的にもネタ的にも膨らんできています。この盤も全曲最高。ちょっと変わったところでは前年ではあまりブギをやらなかった彼らがブギした「Slim Slam Boogie」、Slamの名人芸がたっぷり楽しめる「Bassology」、どこかの部族の儀式にまぎれこんでしまったかのようないかがわしさ200パーセントの「Afican Jive」などなど。数曲あるスウィートなボーカルものも最高。スリムの芝居っ気がクサみを消していて幸福感満開。これまた全曲最高です。【曲】「Don't Let Us Say Goodbye(試聴)」「Rhythm Mad」「Bongo」「Broadway Jump」「Put Your Arms Around Me Baby」「Lookin' For A Place To Park」「Hit That Mess」「Hey! Chef 」「Ah Now」「A Tip On The Numbers」「Slim Slam Boogie(試聴)」「Bassology」「Bingie-Bingie-Scootie」「B-19」「Champagne Lullaby」「African Jive」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim And Slam - SLIM AND SLAM

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Slim And Slam- スリム&スラム - "SLIM AND SLAM"
USA / LP / Mono / Tax M8028 / Rec 1938 / Pub ?
ジャケット擦れ極わずか、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スリム・ゲイラード&スラム・ステュワートのジャイヴ・デュオ、スリム&スラムの音源集。
雑食性の高い、ヒップを絵に描いたような音楽性で、当時のリアル・ビート族やバップで踊っていたような先端な人達をとりこにしたジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。そしてビバップ・シーンでも八面六腑の活躍をした元祖ボウイン&シンギン・ベーシスト、スラム・ステュワート。この二人がソロ・デビュー前に組んでいたのがこの最強のジャイヴ・デュオ、スリム&スラム。これはその時代のデュオ音源を16曲収録した編集盤。【曲】「Flat Fleet Floogie」「Chinatown, My Chinatown」「That's What You Call Romance」「Ti-Pi-Tin」「8, 9, And 10」「Dancing On The Beach」「Oh, Lady Be Good」「Ferdinand The Bull」「Tutti Frutti(試聴)」「Look-A There」「Humpty Dumpty」「Jump Session」「Laughin' In Rhythm」「Vol Vist Du Gaily Star」「Dopey Joe(試聴)」「Sweet Safrona」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sam Manning, Wilmoth Houdini - BARBADOS BLUES

  • カリプソLP
 Sam Manning, Wilmoth Houdini- サム・マニング、ウィルマス・フーディニ - "BARBADOS BLUES"
USA / LP / Mono / Collectors Items 015 / Rec 2,30s / Pub 1984
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■NYで活躍した戦前カリプソニアン、マニングとフーディニを収録した一枚。
戦前20年代NYでカリプソを広めた伝道師サム・マニングと、よりオーセンテイックなカリプソを紹介したフーディニの二人のSP音源を編集した珍しい一枚。マニングはヴォードビルテイストと、カリプソとストリング・バンドをまぜたようなサウンドを作り、カリプソをアメリカで一般的に広めた大功労者。26,27年録音のOKEH盤から8曲を表面に。マニングに数年遅れてNY入りしたベテラン・カリプソソニアン、フーディニはジェラルド・クラーク率いるナイト・オウルズをバックに数多くの吹き込みを行い、カリプソの黄金時代を築きました。31年NY録音の音源を8曲収録、いわゆるド・カリプソではなくて、ジャズとカリプソをミックスしたようなサウンドになっているのがこれまたミソ。エメット・ミラーみたいにも聞こえてきます。どこから聞いても最高。【曲】「Sam Manning / Sweet Mama Ring-Ding-Ding」「Barbados Blues」「Keep Your Hands Off That(試聴)」「Go, I Got Someone Sweeter Than You」「Bongo」「Pepper Pot」「Lignum Vitae」「Emily」「Wilmoth Houdini / No Mo Bench And Board」「Sweet Papa Willie(試聴)」「Honey I'm Bound To Go」「The Cooks In Trinidad」「Arima Tonight」「Black But Sweet」「I Need A Man」「Stop Coming And Come」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Smokey Wood - THE HOUSTON HIPSTER : WESTERN SWING 1937

  • ウエスタン・スウィングLP
Smokey Wood- スモーキー・ウッド - "THE HOUSTON HIPSTER : WESTERN SWING 1937"
USA / LP / Mono / Rambler 107 / Rec 1937 / Pub 1982
ジャケット円状の擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■全音源を収録した編集盤。
ほとんどカントリーとは言えない、ジャイヴやウィンギー・マノンがやっていたような粗目のジャズをテキサスでやっていたシンガー&ピアニスト、スモーキー・ウッド。これは彼の唯一のアナログ編集盤。A面は彼が在籍していたモダン・マウンテニアーズというグループの音源を8曲、B面は彼のグループ、ウッド・チップスの音源を8曲収録。彼が残した音源はこれがすべて。ウエスタン・スウィング、ホンキートンク・カントリーのレーベル、ランブラーからの一枚。洒脱で素直で、はっとするような素晴らしいナンバーのオンパレード。【曲】「Who Calls You Sweet Mama Now?」「Everybody's Truckin'(試聴)」「Drifting Along」「Dirty Dog Blues」「Mississippi Sandman」「Sweet Little Girl Of Mine」「Gettin' That Low Down Swing」「Loud Mouth」「Keep On Truckin'」「I'm Sorry」「Riding To Glory(試聴)」「Moonlight In Oklahoma」「Wood's Traveling Blues」「Lonely Heart Of Mine」「Carry Me Back To Virginny」「Woodchip Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch. - CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / THREE PLACE IN NEW ENGLAND / CENTRAL PARK IN THE DARK

  • クラシックLP
 Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch.- 小澤征爾、マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)、ボストン交響楽団 - "CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / CENTRAL PARK IN THE DARK / THREE PLACE IN NEW ENGLAND"
Germany / LP / Stereo / Deutsche Grammophon 410933-1 / Rec 1970s / Pub 1984?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャールズ・アイヴズの交響曲、管弦楽を3作収録したアルバム。
新天地アメリカに音楽の新天地を作ったチャールズ・アイヴズ(1874-1954)の三作。A面は最後の交響曲第四番(試聴)。未完の遺作をのぞいて、平たく言えば最もぶっ飛んだ交響曲。コーラスが入る短い前奏曲から、二人の指揮者が同時に指揮する混沌とした世界へ流れ、郷愁感あふれる美しい楽章を経て、恐怖とかすかな希望が入り混じる驚きで終わる全4楽章。やはり多層の管弦楽で、「答えの無い質問」の裏側の傑作「Central Park In The Dark(試聴)」、同じくアイヴズらしい手法が多く散りばめられ、今では最も多く演奏される作品だという管弦楽の代表作「Three Place In New England」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.