(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: rock)

Johnny Darrell - CALIFORNIA STOP OVER

  • ロック/カントリーLP
Johnny Darrell- ジョニー・ダレル - "CALIFORNIA STOP OVER"
USA / LP / Stereo / United Artists UAS6752 / Rec 1970 / Pub 1970
見開きジャケット擦れ少々、裏面にはがれとダメージ、内側きれい、レーベルひげ無し、盤あ極浅い擦れわずか
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ナッシュヴィルのシンガー、ジョニー・ダレルの70年作。
ナッシュヴィルでモーテルを経営していた時にスカウトされ、60年代にいくつかのヒットを生んだシンガー、ジョニー・ダレル。これは70年、西海岸で録音された、朴訥とした歌がいい、優しく懐かしいアルバム。クラレンス・ホワイト、ラリー・マレイなどバーズにつながる人脈が参加。【曲】「These Days(試聴)」「Willing」「She's Headed For The Country(試聴)」「Sing It Lonesome」「Brother River」「Mama Come N' Get Your Baby Boy」「Mae Jean Goes To Hollywood」「Bed Of Roses」「Snowblind Friend」「Meanwhile Back In Memphis」「Freedom In The Yard」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Blue Velvet Band - SWEET MOMENTS

  • カントリー/ロックLP
Blue Velvet Band- ブルー・ヴェルヴェット・バンド - "SWEET MOMENTS"
USA / LP / Stereo / Warner Bros 1802 / Rec 1969 / Pub 1969
見開きジャケット表裏円状の擦れ、内側きれい、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウッドストックのカントリー系ミュージシャンたちが組んだ名グループの唯一のアルバム。
バンジョーとギターのデュオ、ビル・キース&ジム・ルーニーと、60年代フォーク・シーンで活躍したバンジョー奏者エリック・ワイズバーグ、そして名フィドラー、リチャード・グリーンによるスーパー・グループ、ブルー・ヴェルヴェット・バンド唯一のアルバム。【曲】「Ramblin' Man(試聴)」「You'll Find Her Name Written There」「The Knight Upon The Road」「Weary Blues From Waitin'」「Little Sadie」「Hitch-Hiker」「Sweet Moments(試聴)」「Somebody Else You've Known」「Fond Affection」「My Sweet Love Ain't Around」「The Nobody Knows About My Cares And Nobody Cares About My Nose Rag」「Sittin' On Top Of The World」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Floyd Westerman - INDIAN COUNTRY

  • ロックLP
 Floyd Westerman- フロイド・ウエスターマン - "INDIAN COUNTRY"
USA / LP / Stereo / Perception PLP14 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット表裏援円状の擦れ少々、上部テープ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スー族のシンガー、フロイド・ウエスターマンの70年のアルバム。
インディアンの人権回復を目指した活動家で音楽家のフロイド・ウエスターマンのセカンド・アルバム。ウエスターマンのギター、エレキ・ベース、ドラムのバンド編成で、ジョニー・キャッシュやトニー・ジョー・ホワイト風の男臭い歌を披露。そのジョニー・キャッシュやハンク・ウィリアムスのカバーなど9曲収録。【曲】「I Still Miss Someone(試聴)」「Nobody Knows(試聴)」「Lonesome Whistle」「Me And Bobby Gee」「Jambalaya」「San Quentin(試聴)」「Folsom Prison」「Anita You're Dreaming」「Busted」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leon Redbone - DOUBLE TIME

  • ブルースLP
 Leon Redbone- レオン・レッドボーン - "DOUBLE TIME"
USA / LP / Stereo / Warner Bros BS2671 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 4  2480 yen
■77年のセカンド・アルバム。
20年代のジャズ、ブルース、ティン・パン・アレイ・ソングを、卓抜したギターとモゴモゴした歌で聞かせるレオン・レッドボーン。77年のセカンド・アルバム。【曲】「Diddy Wa Diddie」「Nobody's Sweetheart」「Shine On Harvest Moon(試聴)」「Crazy Blues」「Mississippi Delta Blues」「Mr. Jelly Roll Baker」「My Melancholy Baby」「Sheik Of Araby」「Mississippi River Blues(試聴)」「Winin' Boy Blues」「If We Never Meet Again This Side Of Heaven」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Kottke - GREENHOUSE

  • ギターLP
 Leo Kottke- レオ・コッケ - "GREENHOUSE"
USA / LP / Stereo / Capitol ST11000 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ギタリスト、レオ・コッケの72年のアルバム。
ジョン・フェイヒーが始めた新しいギター音楽の流れの中にいる人たちの中でも最も影響力があり、鋼のような精神でいいレコードを出したギタリスト、レオ・コッケ。これは72年のアルバムで、わずかアコギでサポートが入る以外はコッケのソロ。歌入りは4曲、他はギター・インストで、自作曲の他に、祖父や古い友人から教わった曲、ジョン・フェイヒー「In Christ There Is No West Or East」「Last Steam Engine Train」のカバーなどなど収録。プロデュースはタコマ・レーベルのデニー・ブルース。【曲】「Bean Time」「Tiny Island」「The Song Of The Swamp(試聴)」「In Christ There Is No East Or West」「Last Steam Engine Train」「From The Cradle To The Grave」「Louise」「The Spanish Entomologist」「Owls」「You Don't Have To Need Me(試聴)」「Lost John(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Kottke - ICE WATER

  • ギターLP
 Leo Kottke- レオ・コッケ - "ICE WATER"
USA / LP / Stereo / Capitol ST11262 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか、しなりわずか、かすかに出ます
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ギタリスト、レオ・コッケの74年のアルバム。
ジョン・フェイヒーが始めた新しいギター音楽の流れの中にいる人たちの中でも最も影響力があり、鋼のような精神でいいレコードを出したギタリスト、レオ・コッケ。これは74年のアルバム。コッケのあのギターをたっぷり楽しむソロ曲、全員恐ろしいテクニックのバンドがサポートした曲、夢幻的なインストもの/歌ものバランスよく収録。【曲】「Morning is the Long Way Home(試聴)」「Pamela Brown」「A Good Egg」「Tilt Billings and the Student Prince」「All Through the Night」「Short Stories」「You Tell Me Why」「You Know I Know You Know」「Born to Be With You」「A Child Should Be a Fish(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Askawa Maki - BLUE SPIRIT BLUES

  • 日本の音楽LP
 Askawa Maki- 浅川マキ - "BLUE SPIRIT BLUES"
Japan / LP / Stereo / Express ETP72052 / Rec 1972 / Pub 1975
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、12ページブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■72年のアルバム。
Maki Live』に続く72年の4枚目のアルバム。萩原信義のシンプルなアコースティック・ギターを伴奏にしたずしりヘヴィな曲、山下洋輔のみをバックにしたビリー・ホリデイ「奇妙な果実」カバー、新手のオールド・ジャズ風ナンバー、煙いムードを打ち消したファンク、etc..一曲一曲がハイライトと言える一枚。オリジナルは72年、これは75年エディション。【曲】「ブルー・スピリット・ブルース」「難破ブルース(試聴)」「奇妙な果実」「あの娘がくれたブルース(試聴)」「ハスリン・ダン」「ページ・ワン」「灯ともし頃」「町(試聴)」「大砂塵」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Thornton, Fradkin, Unger And Big Band - PASS ON THIS SIDE

  • ロックLP
 Thornton, Fradkin, Unger And Big Band- ソーントン、フレイドキン、アンガー&ビッグ・バンド - "PASS ON THIS SIDE"
USA / LP / Stereo / ESP Disk 63019 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ゴッズの実質的ラスト・アルバム。
ジャズのみならずロックでも様々な試みがなされたESPディスク。その代表格がこのグループ、ゴッズ。グループ名は違いますがこれは彼らの実質的ラスト・アルバム。ポールとリンダ、デヴィッド・ピールも参加、試聴のような懐かしく優しいナンバーを中心にしたいいアルバム。発売時は、ジャケット、レーベルに貼られているシールが別でついていました。リイシューもありますがオリジナル盤。【曲】「God Bless California(試聴)」「M'Lady(試聴)」「Jimi」「Christopher's Sorrow」「Walkin' Guitar Blues」「Oh Woman」「To Err Is Human(試聴)」「Sometimes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Steve Beresford, Tony Coe, Lol Coxhill, etc. - SEPT TABLEAUX PHONIQUES ERIK SATIE

<
  • ロック/ジャズ/クラシックLP
 Steve Beresford, Tony Coe, Lol Coxhill, etc.- スティーヴ・ベレスフォード、トニー・コー、ロル・コックスヒル、etc. - "SEPT TABLEAUX PHONIQUES ERIK SATIE"
France / LP / Stereo / Nato 59 / Rec 1984 / Pub 1984
見開きコーティング・ジャケット表裏きれい、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■こんな7人がサティを題材に演奏した一枚。
サティを題材に、スティーヴ・ベレスフォード、トニー・コー、ロル・コックスヒルら異能の音楽家たちが『7枚の音の絵』を描いたというテーマの一枚。内的なものも含めサティを取り巻く環境を三部構成で現した感のアラン・ハッカー、サティがヴェクサシオンを弾いた音源でも見つかったようなベレスフォードのピアノ曲、雑音やエフェクトを効果的に使った気まぐれなヴァイオリン曲のフィル・ワックスマンなどなど収録。ちなみにラストのロル・コックスヒルは日本でのライブで、バックはサボテン。【曲】「Alan Hacker / Trois "Bonbons" De York Pour Eric Satie」「Steve Beresford / Budapest Subway(試聴)」「Robert Cornford / Welcome(試聴)」「David Holland / Moving Things From A To B」「David Holland / Faltz Waltz」「Philipp Wachsmann / For Memoires Of An Amnesic」「Tony Coe / Allair Mets」「Lol Coxhill / Faction De Satie (Can't Get No)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Dick Rosmini - A GENUINE ROSMINI

  • ロックLP
 Dick Rosmini- ディック・ロズミニ - "A GENUINE ROSMINI"
USA / LP / Stereo / Imperial LP12440 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット表裏円状の擦れ、裏ジャケットにプロモスタンプ、レーベルひげ無し、盤擦れ極わずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ギタリスト、ディック・ロズミニのセカンド・アルバム。ヴァン・ダイク・パークス他参加。
新しい流れのギター音楽のパイオニアの一人で、60年代以降はセッション・ギタリストとして多くの名盤に参加してきたギタリスト、ディック・ロズミニのセカンド・アルバム。自作曲に加え、60年代当時のヒット・ナンバーをバンド編成で演奏。エレキもアコギも透明な音色が印象的。一曲歌入り。ヴァン・ダイク・パークス(ピアノ、etc.)、ラリー・ネクテル(オルガン)、ジェリー・シェフ(ベース)、ジム・ゴードン(ドラム)らのサポート。【曲】「Paradise Thursday(試聴)」「The Fool On The Hill」「Did You Ever Have To Make Up Your Mind」「Licks For Sale(試聴)」「Trains And Boats And Planes」「El Funko(試聴)」「Let's Go Get Stoned」「The Duchess」「People Got To Be Free」「With A Little Help From My Friends」「I Heard It Through The Grapevine」「Wichita Lineman(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sadistic Mika Band - KUROFUNE

  • 日本の音楽LP
 Sadistic Mika Band- サディスティック・ミカ・バンド - "KUROFUNE"
Japan / LP / Stereo / Doughnut DTP-72003 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケットシュリンク半分あり、擦れほぼ無し、レーベルひげあり、盤小プツ音でる小スクラッチ少々、縁しなりわずか、インサート小よれ、スリーブ下部縁裂け
Jacket 4 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5~4  1980 yen
■説明不要の一枚。
何も説明いらない名盤中の名盤。全員のとびぬけた才能全開でいてぎっしり塊でまとまった凄まじいナンバーの数々。ほんとスゴイグループだったんですね。インサート、スリーブ、帯付きのオリジナル。【曲】「墨絵の国へ(試聴)」「何かが海をやってくる」「タイムマシンにおねがい(試聴)」「黒船(嘉永六年六月二日)」「黒船(嘉永六年六月三日)」「黒船(嘉永六年六月四日)」「よろしく どうぞ」「どんたく(試聴)」「四季頌歌」「塀までひとっとび」「颱風歌」「さようなら」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Asakawa Maki - URAMADO

  • 日本の音楽LP
 Asakawa Maki- 浅川マキ - "URAMADO"
Japan / LP / Stereo / Express ETP72053 / Rec 1973 / Pub 1975
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■通算五枚目、73年のアルバム"裏窓"。
何もいうことございません。ぜひ試聴を最後まで聞いてください。よすぎます。3曲ライブを含む73年のアルバム。腰の座った飾らない太い演奏も最高。帯無し、歌詞解説付き、75年エディション。【曲】「こんな風に過ぎて行くのなら(試聴)」「裏窓」「あの男が死んだら」「セント・ジェームス病院」「ロンサム・ロード(試聴)」「引越し」「トラブル・イン・マインド」「翔ばないカラス」「町の酒場で(試聴)」「ケンタウロスの子守唄」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.