(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: rb)

Earl King, Archbald, Irma Thomas, etc. - NEW ORLEANS BOUNCE VOL.2, 3, 4

  • リズム&ブルースLP
 Earl King, Archbald, Irma Thomas, etc.- アール・キング、アーチボルド、アーマ・トーマス、etc. - "NEW ORLEANS BOUNCE VOL.2, 3, 4"
Japan / LP / Mono / Toshiba EMI LLS70077-80 / Rec early50s to early60s / Pub 1976
ジャケット三枚とも表面円状の擦れわずか、裏面きれい、レーベルVol3と4にひげ少々、盤3枚ともに擦れほぼ無し、インサート三枚とも少色あせのみ
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■日本独自のニューオーリンズR&B編集盤。第2、3、4集の三枚セット。
76年、鈴木啓志と日暮泰文が監修、日本で製作されたニューオーリンズR&Bのコンピレーション。全4枚リリースされたうちの3枚のセット。Vol.2は"New Orleans Guitarists"で、盲目のギタリスト、ビリー・テイト(ピアノはFウォーラー)やジェシ・アレン(こいつ最高!)など4アーティスト14曲。Vol.3は"New Orleans Boogie & Blues"で、A面がアーチボルド、B面がトミー・リッジリー(こんな曲あるの?っていうのばっかり)。この2枚は50年~55年ぐらいの音源がほとんど。Vol.4は"New Orleans Soul Of Ages"で、60年代初頭のR&B~アーリー・ソウルを収録。アーマ・トーマスや元祖ブラック・ロッカー、エスキュー・リーダー(エスケリータ)、ドゥワップ・グループ、デル・ロイヤルズなど6アーティスト14曲。全て解説/歌詞のインサート付き。曲目省略します。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Teddy Williams, Lem Johnson, Basil Spears, etc. - RNB FROM JOE DAVIS 1952-1953 VOLUME 1

  • リズム&ブルースLP
 Teddy Williams, Lem Johnson, Basil Spears, etc.- テディ・ウィリアムス、レム・ジョンソン、ベイジル・スピアーズ、etc. - "RNB FROM JOE DAVIS 1952-1953 VOLUME 1"
U.K. / LP / Mono / Krazy Kat KK795 / Rec 1952, 1953 / Pub 1985
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ジョー・デイヴィス・レーベルのリズム&ブルース集。
40年代~50年代にかけて、ニューヨークの黒人音楽の生の姿をとらえ、自身が設立したいくつかのレーベルからリリースしたプロデューサー、ジョー・デイヴィス。これは彼のレーベルに残されたリズム&ブルース集。オペラ歌手がR&Bを歌うようなテディ・ウィリアムス、バタービーンズ&スージーのような男女デュオ、スタンプ&スタンピー、飾らないクールな歌がいいベイジル・スピアーズなどなど、未発表も二曲入った全14曲。【曲】「Teddy Williams / Don't Fool With Me」「Bar And Grill Blues」「A Woman Ain't Nothin' But Trouble(試聴)」「Lem Johnson / Never Love Anybody Better Than You Do Yourself」「Basil Spears / Don't Sing Me No Blues」「You Make Me Feel So Good(試聴)」「Stump And Stumpy / Loud Woman」「Paula Watson / I Love To Ride(試聴)」「Chick-Chick-Chick-A-Dee」「Stump And Stumpy / Two-Thirds Dead」「Basil Spears / I Want A Man To Gimme Some Luck」「Leave Him Alone And He'll Come Home」「Nat Foster / Better Get Wise With Yourself Baby」「Lizzie Baker / I Got A Letter」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wheels, Clickettes, Seniors, etc. - TERRY LEE PRESENTS THE TL SOUND FOR YOUNG LOVERS

  • ドゥワップLP
Wheels, Clickettes, Seniors, etc.- ウィールズ、クリケッツ、シニアーズ、etc. - "TERRY LEE PRESENTS THE TL SOUND FOR YOUNG LOVERS"
USA / LP / Mono / Lost Nite LP112 / Rec 1950s / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■クレイジー。彼ののソロ・アルバムと言ってもいい、最高のメロウ・ドゥワップ集。
50年代からピッツバーグで、R&B、バラードをプレイし始めた伝説的なDJ、テリー・リー。"69"のアロンディーズ等地元のマイナー・ガレージ・バンドをサポートしたことも知られる人。さて、ピッツバーグのDJと言えばなんといってもマッドマイクが有名、しかし彼のラジオ番組はマッド・マイクよりマッド。なぜなら、自分のしゃべりと曲をエコーでグアングアンに飛ばしたものを放送していたという....時には回転数さえ変えスローにしていたらしい。これは60年代中期に彼が番組をやっていたWMCKというラジオ局が、彼の番組をレコードで再現したという一枚。収録曲は全て最高のメロウ・ドゥワップ、そしてこんな音。【曲】「Wheels / My Heart's Desire」「Clickettes / Lover's Prayer」「Seniors / Evening Shadows Falling」「Orchids / You're Everything To Me」「Jive Five / My True Story」「Orchids / Newlyweds」「Hide-A-Ways / Can't Help Loving That Girl Of Mine」「Scarlets / True Love」「Capris / There's A Moon Out Tonight」「Five Thrills / My Baby's Gone(試聴)」「Ebonaires / Love Call」「Ly-Dells / There Goes The Boy」「Jesters / The Wind(試聴)」「Baltineers / Moments Like This」「Jive Five / Beggin' You Please」「Swans / My True Love」「Baltineers / Tears In My Eyes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chavelles, Squires, Colts, Vitamins - THE GOLDEN GROUPS VOLUME 2 : THE BEST OF VITA RECORDS

  • ドゥワップLP
 Chavelles, Squires, Colts, Vitamins- チャヴェルズ、スクワイアーズ、コルツ、ヴァイタミンズ - "THE GOLDEN GROUPS VOLUME 2 : THE BEST OF VITA RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5007 / Rec early to mid50s / Pub 1960s
ジャケット表面擦れ少々、レーベル擦れ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■レリックの"ゴールデン・グループ"シリーズの2枚め、ヴァイタ・レーベル編。
60年代中期から80年代まで、60枚ほど(もっと?)ある、ドゥワップ黄金期をレーベル別に集めリリースした、レリック・レーベルの看板シリーズ"Golden Groups"の二枚目で、ロサンゼルスのヴァイタ・レーベルのドゥワップを収録した一枚。スクワイアーズ、コルツ等を中心に4グループの19曲を未発表も含め収録。片面DGの60年代オリジナル盤。【曲】「Chavelles / Valley Of Love(試聴)」「Squires / S'Cadillac」「Colts / Sweet 16」「Lips Sweet As Wine(試聴)」「Adorable」「Honey Bun」「Vitamins (Titans) / So Hard To Laugh」「Squires / Venus (Cha Cha)」「Vitamins (Titans) / Rhythm & Blues」「Squires / Sindy」「Heavenly Angel」「Do-Be-Do-Be-Wop-Wop」「Colts / Never No More」「Squires / Venus (Slow)(試聴)」「Breath Of Air」「Me & My Deal」「Sweet Girl」「Chavelles / Red Tape」「Valley Of Dolls (Slow)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clovers, Lovenotes, Hearts, etc. - THE GOLDEN GROUPS VOLUME 16 : THE BEST OF RAINBOW RECORDS

  • ドゥワップLP
 Clovers, Lovenotes, Hearts, etc.- クローヴァーズ、ラヴノーツ、ハーツ、etc. - "THE GOLDEN GROUPS VOLUME 16 : THE BEST OF RAINBOW RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5034 / Rec early50s / Pub 1970s
ジャケット表面円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■"ゴールデン・グループス"シリーズから、NYのレインボー・レーベル編。
60年代中期から80年代まで、60枚ほど(もっと?)ある、ドゥワップ黄金期をレーベル別に集めリリースした、レリック・レーベルの看板シリーズ"Golden Groups"から、ニューヨークのレインボー・レーベルのSP盤/シングルを収録した一枚。まずいきなり衝撃なのが一曲目に収録された、アトランティックの前に一枚だけ出されたクローヴァーズの50年のデビュー曲。トロトロ甘々のメロウ・ドゥワップ究極の一曲と言えるナンバー。そこから続く曲も全てキラーと言って言いすぎじゃない9グループ18曲。【曲】「Clovers / Yes Sir That's My Baby(試聴)」「Lovenotes / I'm Sorry」「Lee Andrews & The Hearts / Bells Of St. Mary's」「Swans / My True Love(試聴)」「Dappers / Bop Bop Bu(試聴)」「Marquis / I Don't Want Your Love」「Lovenotes / Don't Be No Fool」「Winners / Can This Be Love」「Lee Andrews & The Hearts / The Fairest」「Lovenotes / Since I Fell For You」「Jets / Lovers」「Lee Andrews & The Hearts / White Cliffs Of Dover」「Winners / Rockin' & Rollin'」「Startones / Forever My Love」「Clovers / When You Come Back To Me」「Lovenotes / Sweet Lulu」「Lee Andrews & The Hearts / Maybe You'll Be There」「Marquis / Popcorn Willie」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Smiley Lewis - HOOK LINE AND SINKER

  • リズム&ブルースLP
 Smiley Lewis- スマイリー・ルイス - "HOOK LINE AND SINKER"
U.K. / LP / Mono / KC 102 / Rec 1950 to 1956 / Pub ?
ジャケット擦れわずか、端々小折れ目、上部中央小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ニューオーリンズ随一のR&Bシャウター、スマイリー・ルイス。KCレーベル編集盤第一集。
既に30年代にはニューオーリンズの酒場で唄っていたというR&Bシンガー、スマイリー・ルイス。レコーディング・デビューは47年と以外に遅く、この間にステージでタフな喉が鍛えられたのか、ワイノニー時代のスタイルを受け継いだスタイルでこれ以降のニューオーリンズR&Bシンガーとは迫力が違う。これは、77年から88年までで7枚というスローペースでR&B編集盤を出したイギリスのKCからの名曲集で、三枚あるうちの一枚目。50~56年の16曲を収録。【曲】「Lillie Mae(試聴)」「Gypsy Blues」「My Baby Was Right (Alt.)」「That Certain Door」「It's Music」「Jailbird」「Nobody Knows」「Oh Red」「Can't Stop Lovin' You」「No No」「Hook Line & Sinker(試聴)」「If You Ever Used A Woman」「Standing On The Corner」「It's So Peaceful」「Slide Me Down (Alt.)」「Don't Jive Me(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Smiley Lewis - CALDONIAS PARTY

  • リズム&ブルースLP
 Smiley Lewis- スマイリー・ルイス - "CALDONIA'S PARTY"
U.K. / LP / Mono / KC 103 / Rec 1950 to 1953 / Pub 1984
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ニューオーリンズ随一のR&Bシャウター、スマイリー・ルイス。KCレーベル編集盤第二集。
既に30年代にはニューオーリンズの酒場で唄っていたというR&Bシンガー、スマイリー・ルイス。レコーディング・デビューは47年と以外に遅く、この間にステージでタフな喉が鍛えられたのか、ワイノニー時代のスタイルを受け継いだスタイルでこれ以降のニューオーリンズR&Bシンガーとは迫力が違う。これは、77年から88年までで7枚というスローペースでR&B編集盤を出したイギリスのKCからの名曲集で、三枚あるうちの二枚目。50~53年の16曲を収録。【曲】【曲】「My Baby Was Right」「Growing Old(試聴)」「Lowdown」「Where Were You」「Dirty People」「Sad Life(試聴)」「Bee's Boogie」「The Bells Are Ringing」「Gumbo Blues」「Ain't Gonna Do It(試聴)」「You're Not The One」「Big Mamou」「Caldonia's Party」「Oh Baby」「Play Girl」「Blue Monday」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Smiley Lewis - DOWN YONDER

  • リズム&ブルースLP
 Smiley Lewis- スマイリー・ルイス - "DOWN YONDER"
U.K. / LP / Mono / KC 104 / Rec 1953 to 1960 / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ニューオーリンズ随一のR&Bシャウター、スマイリー・ルイス。KCレーベル編集盤第三集。
既に30年代にはニューオーリンズの酒場で唄っていたというR&Bシンガー、スマイリー・ルイス。レコーディング・デビューは47年と以外に遅く、この間にステージでタフな喉が鍛えられたのか、ワイノニー・ハリス時代のスタイルを受け継いだスタイルでこれ以降のニューオーリンズR&Bシンガーとは迫力が違う。これは、77年から88年までで7枚というスローペースでR&B編集盤を出したイギリスのKCからの名曲集で、三枚あるうちの三枚目。53~60年の16曲を収録。【曲】「Down The Road」「The Rocks」「Real Gone Lover」「Lost Weekend」「Bumpity Bump」「I Hear You Knocking」「Queen Of Hearts」「Come On」「Rootin' And Tootin'(試聴)」「One Night」「Shame, Shame, Shame(試聴)」「Please Listen To Me」「Down Yonder We Go Ballin'」「Go On Fool」「Bad Luck Blues(試聴)」「Stormy Monday Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Professor Longhair, Earl King, Wild Magnollius, etc. - MARDI GRAS IN NEW ORLEANS

  • リズム&ブルース/ソウルLP
 Professor Longhair, Earl King, Wild Magnollius, etc.- プロフェッサー・ロングヘア、アール・キング、ワイルド・マグノリアス、etc. - "MARDI GRAS IN NEW ORLEANS"
USA / LP / Stereo / Mardi Gras MG-1001 / Rec early50s to Mid70s / Pub 1977
ジャケット円状の擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■徹頭徹尾ニューオーリンズ・ビートを楽しむコンピレーション。
前回入荷時のもの←こちらもぜひ。試聴は違う曲です)ニューオリンズR&Bの数ある編集盤のなかでもセカンド・ライン・ビートに重点を置いた、まさにニューオーリンズからのリズムの直送盤。プロフェッサー・ロングヘアのセカンドラインR&B「Big Chief Part 1」と「Part 2」を両方、そして「Go To The Mardi Gras」も収録、絶頂期のミーターズをバックにしたがえたアール・キングの「Street Parade」、アート・ネヴィルが在籍していたバンド、ホーケッツの50年代ガンボ系R&Bの「Mardi Gras Mambo」などなど、徹頭徹尾ニューオーリンズのビートを楽しむ一枚。【曲】「Professor Longhair / Go To The Mardi Gras(試聴)」「Bo Dollis And Wild Magnolia Mardi Gras Indian Band / Handa Wanda Part 1」「Al Johnson / Carnival Time(試聴)」「Professor Longhair / Big Chief, Part 2」「Earl King / Street Parade」「Stop, Inc. / Second Line, Part 1」「Hawketts, The / Mardi Gras Mambo」「Wild Magnolias / New Suit」「Professor Longhair / Big Chief, Part 1」「Wild Magnolias / (Big Chief Like Plenty Of) Fire Water」「Bo Dollis And Wild Magnolia Mardi Gras Indian Band / Handa Wanda, Part 2」「Stop, Inc. / Second Line, Part 2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charles Brown And Johnny Moores Three Blazers - SUNNY ROAD

  • ブルース/リズム&ブルースLP
 Charles Brown And Johnny Moore's Three Blazers- チャールズ・ブラウン・アンド・ジョニー・ムアーズ・スリー・ブレイザーズ - "SUNNY ROAD"
Sweden / LP / Mono / Route 66 KIX-5 / Rec 1940s,1950s / Pub 1978
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、歌詞カードきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■メロウ・ブルース・シンガー、チャールズ・ブラウンの音源集。
ソフトな歌い口でブルース・ボーカルに新境地を開いたチャールズ・ブラウン、キング・コール・トリオに在籍した名手オスカー・ムーア(G)とその兄弟ジョニー・ムーア(G)、エディ・ダニエルズ(B)のバッキング・トリオ、スリー・ブレイザーズの40年代半ばの黄金期から50年代モダン期の音源を集めた一枚。特にB面、マックスウェル・デイヴィスのサックスやドラムがしっかり入る曲など、押しと引きが絶妙な最高のアレンジでもう笑っちゃうぐらいいいです。ニューオーリンズ録音のもろNOLA R&Bもあり。歌詞カードになったオリジナル・インサート付き。【曲】「Sunny Road」「Groovy Movie Blues」「New Orleans Blues」「So There」「Soothe Me(試聴)」「Merry Christmas Baby」「It Ain't Gonna Be Like That」「Travelling Blues」「My Baby's Gone」「Honey Sipper(試聴)」「Texas Blues」「My Heart Is Mended」「I'll Always Be In Love With You」「Please Believe Me」「I Want To Go Home(試聴)」「Angel Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James Sugar Boy Crawford - SUGAR BOY CRAWFORD

  • リズム&ブルースLP
 James Sugar Boy Crawford- ジェームス・シュガー・ボーイ・クロフォード - "SUGAR BOY CRAWFORD"
USA / LP / Mono / Chess 2ACMB-209 / Rec 1950s / Pub 1976
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、ディスク1のレーベルにひげ極わずか、2には無し、盤二枚とも極浅い擦れのみ
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■シュガーボーイの美味しいところを未発表中心にまとめた2LP。
輝かしい50年代ニューオリンズR&bの代表選手、シュガーボーイ・クロウフォードのチェス音源による決定盤。50年代のニューオリンズR&Bの美味しいところがこれに凝縮されていると言っていいでしょう。しかも全24曲中18曲が未発表。彼がやっていた伝説のグループ、シャウィーズが改名して録音した「I Don't Know What I'll Do」というレア・ナンバーから、R&Bロックというよりパンクな「Overboard」や、後にディキシー・カップスが「Iko Iko」としてカバーした「Jockomo」などなど一曲残らず最高。リイシューもありますがこれは76年のオリジナル。【曲】「Overboard」「I Don't Know What I'll Do」「You Know I Love You」「Stop」「Watch Her Whip Her」「Honey」「I Bowed On My Knees」「Wandering Baby」「No More Heartaches(試聴)」「What's Wrong」「Love Love Love」「Troubled Mind Blues」「Ooh Wee Sugar」「There Goes My Baby」「Jockomo(試聴)」「You You You」「You Call Everybody Sweetheart」「If I Loved You Darling」「Get Away」「Please Believe Me」「For Me(試聴)」「Wondering」「Night Rider(試聴)」「Long Lost Stranger」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Continentals, Channels, Quadrells, Whirlers, etc. - THE GOLDEN GROUPS VOL.54 : THE BEST OF THE WHIRLING DISC RECORDS

  • ドゥワップLP
 Continentals, Channels, Quadrells, Whirlers, etc.- コンティネンタルズ、チャネルズ、カデレルズ、ワーラーズ、etc. - "THE GOLDEN GROUPS VOL.54 : THE BEST OF THE WHIRLING DISC RECORDS"
USA / LP / Mono / Relic 5089 / Rec 1956, 1957 / Pub 1991
ジャケット擦れほぼ無し、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ニューヨークのドゥワップ・レーベル、ワーリン・ディスクのオムニバス盤。
ドゥワップ・グループ、チャネルズの「Closer You Are」一曲だけしか知られていない(しかしそれもローカルな小ヒット)ニューヨークのレーベル、ワーリン・ディスク。56~57年に10枚ほどのシングルをリリースしたレーベルで、オーナーは後にフューリーなどを立ち上げるボビー・ロビンソン。これは未発表も含めこのレーベルの6グループ16曲を収録したレリック編集盤。【曲】「Continentals / Dear Lord」「Channels / What Do You Do」「Quadrells / Come To Me」「Whirlers / Tonight And Forever(試聴)」「Continentals / Soft And Sweet」「Empires / Whispering Heart」「Pretenders / Part Time Sweetheart」「Continentals / Fine Fine Frame (Unrel Version W/ False Start)」「Channels / I Really Love You」「Continentals / Picture Of Love(試聴)」「Pretenders / Close Your Eyes(試聴)」「Continentals / Fine Fine Frame」「Quadrells / What Can The Matter Be」「Whirlers / Magic Mirror」「Empires / Linda」「Continentals / Dear Lord」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.