(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: r)

Reno Tondelli - RENO PLAYS NEVADA

  • ジャズLP
 Reno Tondelli- レノ・トンデリ - "RENO PLAYS NEVADA"
USA / LP / Mono / Stepheny MF4003 / Rec 1958 / Pub 1958
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■シカゴのジャズ・アコーディオン奏者、レノ・トンデリのソロ・アルバム。
ジャック・ファシナートやボビー・クリスチャンも作品がある、ムード・ジャズ、チェンバー・ジャズの趣味の良いレコードをリリースしたイリノイのマイナー・レーベル、ステファニー。これはレーベルのごく初期の一枚で、アコーディオンを中心に異色の楽器編成も垣間見せるスモール・コンボ・ジャズの傑作。A面は体が軽く揺れるミッド・テンポ・ナンバー、裏面は思い切りメロウなスロウでまとめられた構成。なんとアレンジはノーム・ジェフリーズとフレッド・カーリン、さらにライナーはネルソン・リドル。マット・マシューズの『Gentle Art...』と肩を並べる内容。【曲】「Nevada」「Love Is Just Around The Corner」「Reno-Vated」「Let's Get Away From It All」「How About You(試聴)」「Give Me The Simple Life」「I Hadn't Anyone Till You」「Easy Living」「In A Calm」「Nostalgia」「Deep Purple(試聴)」「Portrait Of Jenny」「Caprice Viennois」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rafael Hernandes Y Su Conjunto - RECUERDOS DEL PASADO

  • プエルト・リコの音楽LP
 Rafael Hernandes Y Su Conjunto- ラファエル・エルナンデス・イ・ス・コンフント - "RECUERDOS DEL PASADO"
USA / LP / Mono / Ansonia ALP1241 / Rec mid60s? / Pub mid60s?
ジャケット擦れほぼ無し、裏ジャケットしみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■プエルト・リコの作曲家ラファエル・エルナンデスのグループ。
「El Cumbanchero」を作ったことも知られるプエルト・リコの作曲家&トロンボーン奏者ラファエル・エルナンデス。1910年代からミュージシャン稼業に、1920年代には自身のグループを結成。これは60年代中期?のアルバムで、ボレーロ、ソン等を、柔らかい木管楽器を入れた編成で演奏。【曲】「Si Me Muero Madre Mia(試聴)」「Tristes Recuerdos(試聴)」「Pobre Jibarito」「Purupita」「Dulces Besos」「A Mis Amigos」「Adios Munequita」「Muniz」「Cuando Te Volvere A Ver」「Reminisencia」「Madrigal」「Si Pudiera」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reverend Gary Davis - CHILDREN OF ZION

  • ブルース/ゴスペルLP
 Reverend Gary Davis- レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス - "CHILDREN OF ZION"
USA / LP / Stereo / Kicking Mule 101 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■レヴァランド・ゲイリー・デイヴィスのライブ盤。キッキング・ミュールの第一号リリース。
ギタリスト、ステファン・グロスマンと、タコマ・レーベルをジョン・フェイヒーと興したエド・デンソンが設立、ブルース・ギター系のレコードを多くリリースしたキッキング・ミュール・レーベル。これはレーベルの初リリースで、盲目のゴスペル・ブルース・シンガー、レヴァランド・ゲイリー・デイヴィスのライブ・アルバム。どこかゆるみも感じさせる卓抜した12弦ギター、搾り出すようなボーカル、メロディアスな曲もいい全9曲。【曲】「I'm Going To Sit Down On The Banks Of The River(試聴)」「Twelve Gates To The City」「(I Heard The) Angels Singing」「Twelve Sticks(試聴)」「Long Way To Tipperary」「When The Train Comes Along (Meet You At The Station)」「Come Down And See Me Sometime(試聴)」「Buck Dance」「Soldier's Drill」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rosina De Peira - ROSINA DE PEIRA

  • フランスの音楽LP
 Rosina De Peira- ロジーナ・デ・ペイラ - "ROSINA DE PEIRA"
France / LP / Stereo / Revolum REV005 / Rec 1975 / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少し
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  3800 yen
■オクシタンの女性シンガー、ロジーナ・デ・ペイラのソロ・アルバム。
スペインのバスク、カタルーニャと同じように、古くから独立の精神を持ち独自の文化を保持してきた人々が住む南フランスのオクシタニア。これはオクシタンの女性シンガー、ロジーナ・デ・ペイラによるオック語のトラッド・ソング集。色鮮やかな民俗音楽のショックとは次元の違う、異国の中の異国というような距離を感じる10曲。オリジナルは75年、これは年代不明ですが恐らくは80年代のリイシュー。歌詞付きのインサート。【曲】「Se Io Sabiai Volar (Peirigord)(試聴)」「Rigaudon De Mens (Daufinat Bas)」「L'Antoni (Provenca)」「A L'ombreta D'un Albar (Lengadoc)」「La Maire E La Filha (Carcin) 」「Lo Boier (Occitania Tota)」「Darrier Lo Chastel De Montvielh (Limosin)」「Jo M'en Vau Entau Mercat (Limosin)」「Rondeau De Samatan (Gasconha) 」「La Lana D'un Moton (Lengadoc)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rejtos (Gabor, Alice And Peter Rejto) - ZADOR / NIN / BOCCHERINI / GINASTERA

  • クラシックLP
 Rejtos (Gabor, Alice And Peter Rejto)- レイトス - "ZADOR / NIN / BOCCHERINI / GINASTERA"
USA / LP / Stereo / Orion ORS7282 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れほぼ無し、表面に貼り物、レーベルひげほんのわずか、盤擦れほぼ無し、写真のように白っぽくなっていて、それが原因のサーフェイスノイズあります
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3  1980 yen
■ガボール・レイト一家のチェロ室内楽アルバム。
ハンガリー生まれでアメリカに渡った世界的なチェロ奏者ガボール・レイトと、彼の妻でピアニストのアリス・レイト、二人の息子でやはりチェロ奏者のピーター・レイトの三人組、レイツのアルバム。冒頭のユージン・ザドール(1894-1977)もハンガリー生まれでアメリカに渡った作曲家で、印象派風のひろがりのある三楽章の『Duo Fantasy For Two Cellos And Piano』。次はキューバの作曲家ホアキン・ニン(1879-1949)の『Chants D'Espagne』で、これまた印象派的な優雅な作。B面頭は18世紀イタリアのルイジ・ボッケリーニ(1743-1805)の優しく古風な『Sonata In A For Cello And Bass』。ラストはアルゼンチンのヒナステラ『Panpeana』で、ヒナステラらしいビートを効かせた刻みを取り入れた新古典主義的なナンバー。古典からアヴァンギャルドまで面白いクラシックのレコードを地道に出したオリオンからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Tainaka - OLD TIME MUSIC

  • カントリー/ブルーグラスLP
Robert Tainaka- ロバート対中 - "OLD TIME MUSIC"
USA / LP / Stereo / Old Homestead OHS90056 / Rec 1975 / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■日本のブルーグラス、オールド・タイム・カントリーの草分け、ロバート対中の米盤。
戦前ヒルビリー、オールド・タイム、ブルーグラスの編集盤を多く出したオールド・ホームステッド・レーベルから、日本のブルーグラス、オールドタイム・カントリーの草分け的存在のロバート対中のアルバム。カワグチ・ケイ(Vo、G)、シライ・レイコ(Fiddle)、N.コオリカワ(Autoharp、BJ)という男二人女二人のカルテット。カーター・ファミリー、ロイ・エイカフ、ハンク・ウィリアムス、チャーリー・プールetc.の曲を演奏。【曲】「Wreck Of The Old No.9(試聴)」「Maple On The Hill」「Carry Me Back To The Mountains(試聴)」「Green River March」「Rosewood Casket」「Sweet Sunny South」「Engineers Dream」「If I Lose」「Baltimore Fire」「When God Gathers His Jewels」「Watermelon On The Vine」「Letter Edged In Black(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reno And Smiley - INSTRUMENTALS

  • ブルーグラスLP
 Reno And Smiley- レノ&スマイリー - "INSTRUMENTALS"
USA / LP / Mono / King 552 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット表裏擦れほぼ無し、裏面しみ少々、上部取り出し口に縁裂け小、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、かなりきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■レノ&スマイリーの57年のアルバム。
結成は50年、翌51年にレコード・デビューした、ドン・レノ(バンジョー&ボーカル)&レッド・スマイリー(ギター&ボーカル)のデュオ、レノ&スマイリー。ドン・レノは元ビル・モンローのブルーグラス・ボーイズのメンバーでもあった人。このキング・レーベルを代表するデュオで、ブルーグラスのみならずゴスペルも得意としたグループ。これは57年のアルバムで、全曲高純度のブルーグラス・インスト集。すごすぎてもう笑っちゃいます。バンジョー、マンドリン、フィドルは言うまでもなし、はっとするリズム・ギターの単音ベースライン、全員のコンビネーションもすごい。オリジナル盤。【曲】「Choking The Strings(試聴)」「Tennessee Cutup Boogie」「Hen Scratchin' Stomp」「Banjo Riff(試聴)」「Crazy Finger Blues」「Charlotte Breakdown」「Reno Ride」「Cumberland Gap」「Tennessee Breakdown(試聴)」「Mack's Hoedown」「Double Banjo Blues」「Dixie Breakdown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ralph Font Orch., Bill Diablo Sextet - THE BEST OF CHA CHA CHA OF THE FABULOUS FIFTIES

  • ラテン/イージーリスニングLP
Ralph Font Orch., Bill Diablo Sextet- ラルフ・フォント・オーケストラ、ビル・ディアブロ・セクステット - "THE BEST OF CHA CHA CHA OF THE FABULOUS FIFTIES"
USA / LP / Mono / Kapp KL1060 / Rec late50s / Pub late50s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■二つのラテン・バンドをカップリングした一枚。
A面は、アメリカ生まれでプエルト・リコに渡り音楽を学び、米に戻り本格的に活動を始めたピアニスト、ラルフ・フォントのグループ。B面のビル・ディアブロ楽団は詳細不明、ですがやはりアメリカで活躍したグループと思います。【曲】「Cherry Pink And Apple Blossom White」「Man From Jamaica(試聴)」「Suavecito」「Poco Pelo」「Bodeguera(試聴)」「Pedro Pablo」「Me Lo Dijo Adela」「Tamalitos De Olga」「Esto Es Felicidad」「Espinita」「Cuatro Vidas(試聴)」「Rico Vacilon」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roger Bobo - PLAY GALLIARD, BARAT, KRAFT, HINDEMITH, WILDER

  • クラシックLP
Roger Bobo- ロジャー・ボボ - "PLAY GALLIARD, BARAT, KRAFT, HINDEMITH, WILDER"
USA / LP / Stereo / Crystal S125 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■クリスタル・レコードから、チューバ室内楽集。アレック・ワイルダー作収録。
マルセル・ミュールやアレック・ワイルダー等を掘っていくと必ず出くわすレーベル、クリスタル。66年にスタートしたクリスタルは、木管、金管のクラシック室内楽専門(パーカッションや弦楽等少々例外はあり)という全く独自のカラーを持ったレーベル。これはアメリカのチューバ奏者、ロジャー・ボボが、現代チューバ室内楽を中心に演奏した一枚。一作だけある17世紀の曲がオープナーで、ドイツのヨハン・エルネスト・ガリアルドという作曲家の『Sonata No.5』。続いてヒンデミットのユーモラスで可愛らしい『Sonata For Bass Tuba And Piano』。B面頭はフランスのジョセフ・エドゥアール・バラ『Introduction And Dance』。次はアメリカの作曲家で、ヘンリー・カウエルの弟子のウィリアム・クラフト『Encounters II(試聴)』。伴奏無し、チューバ一本でホーミーのように多声のメロディを演奏。そしてラストは、アレック・ワイルダーが子供のために書いた6曲からなる『Children's Suite : Effie The Elephant(試聴)』。ティン・パン・アレイと仏近代が混ざったような作風で当然最高。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reginald Foort - THE ORGAN IN SYMPHONY HALL

  • オルガンLP
 Reginald Foort- レジナルド・フォート - "THE ORGAN IN SYMPHONY HALL"
USA / LP / Mono / Cook Laboratories 10545 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット擦れ少々、レーベルひげほんのわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■劇場/シネマ・オルガン奏者レジナルド・フォートが、ボストンのシンフォニー・ホールのオルガンを弾いたクック盤。
オーディオ・エンジニアのエモリー・クックが50年代に始めた、ジャズ、民俗音楽、現代音楽の独特のセレクションと、頑なな音響哲学を持ったレーベル、クック・ラボラトリーズ。これは、イギリス生まれでアメリカに渡ったシアター・オルガニスト、レジナルド・フォートが、ボストンのシンフォニー・ホールにある、エオリアン・スキナーというビルダーが作ったこのホールのシンボル的オルガンを弾いた一枚。トッカータとフーガ、だまされたと思って聞いてみてください。このド級の音のせいもあると思いますが超々衝撃。フォークウェイズからCD再発が出ていますが、このアナログはCDより2曲多いです。初期クック特有の赤盤、フラット・エッジ。【曲】「Boellman / Suite Gothique : Gothic Minuet」「Boellman / Suite Gothique : Prayer to Our Lady」「Dubois / Toccata」「Bach / Toccata and Fugue in d minor(試聴)」「Bach / When Thou Art Near」「Handel / Arioso(試聴)」「Reubke / Finale from Organ Sonata」「Handel / Arrival of the Queen of Sheba」「Handel / Water Music : Hornpipe」「Handel / Water Music : Aire」「Handel / Water Music : Coro」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reginald Foort - THE SEVEN LAST WORDS OF CHRIST

  • オルガンLP
 Reginald Foort- レジナルド・フォート - "THE SEVEN LAST WORDS OF CHRIST"
USA / LP / Mono / Cook Laboratories 1094 / Rec mid50s / Pub mid50s
見開きジャケット表裏内側円状の擦れ少々、ディスク1レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、ディスク2は新品未開封
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■劇場/シネマ・オルガン奏者レジナルド・フォートが、デュボア『キリストの最後の7つの言葉』を演奏したアルバム。
オーディオ・エンジニアのエモリー・クックが50年代に始めた、ジャズ、民俗音楽、現代音楽の独特のセレクションと、頑なな音響哲学を持ったレーベル、クック・ラボラトリーズ。これは、イギリス生まれでアメリカに渡ったシアター・オルガニスト、レジナルド・フォートが、数人のクラシック歌手とともにフランスの作曲家デュボアの『キリストの最後の7つの言葉』を演奏したアルバム。今ではほとんど失われてしまったバイノーラル録音で、通常録音盤はLP一枚のところ、録音マイクの場所が違うバージョンが丸々一枚分収録されています。(通常の針で聞けます)。二枚の内一枚は新品未開封。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reno And Smiley And The Tennessee Cutups - SONGS FOR MY MANY

  • ブルーグラスLP
 Reno And Smiley And The Tennessee Cutups- レノ&スマイリー&ザ・テネシー・カットアップス - "SONGS FOR MY MANY"
USA / LP / Mono / Grasssound 101 / Rec 1961 / Pub 1976
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルーグラス・デュオ、レノ&スマイリーの61年録音を収録した一枚。
結成は50年、翌51年にレコード・デビューした、ドン・レノ(バンジョー&ボーカル)&レッド・スマイリー(ギター&ボーカル)のデュオ、レノ&スマイリー。ドン・レノは元ビル・モンローのブルーグラス・ボーイズのメンバーでもあった人。これは61年に録音しお蔵入りになっていたナンバーを始めてリリースした一枚。Bラストに10分のワイルドなブルグラ・インストあり、他はすべて試聴のような丁寧な演奏、いいメロディの曲ばかり。【曲】「My Blushing Red Rose」「Broken Dreams」「Sunshine Stamps(試聴)」「Theme II」「Walking With Jesus」「Tmorrow I'll be Through With You」「Only A Fool Would Listen(試聴)」「Emotions」「Chase Theme(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.