(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: r)

Rooftop Singers - WALK RIGHT IN

  • フォークLP
 Rooftop Singers- ルーフトップ・シンガーズ - "WALK RIGHT IN"
USA / LP / Mono / Vanguard VRS9123 / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケット円状の擦れ、下部中央縁裂け、裏面下部にはがれ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket 2.5~3 / Disc 3 / Sound 3~3.5  1980 yen
■彼らのファースト・アルバム。
モダン・フォーク・グループ、ウィーヴァーズを抜けたギタリスト、エリック・ダーリンが、最も信頼を寄せていた友人のギタリスト、ビル・スヴァノーと、元ベニー・グッドマン楽団の女性ジャズ・シンガー、リン・テイラーと結成した全く新しいスタイルのフォーク・グループ、ルーフトップ・シンガーズ。メンフィスの戦前ジャグ・バンド、キャノンズ・ジャグ・ストンパーズの"Walk Right In"を分厚い12弦ギターと三人のコーラス、R&Rビートでカバーしたデビュー・シングルはセンセーションを巻き起こしました。これはそれを冠にした記念すべきファースト・アルバム。オリジナル盤。【曲】「Walk Right In(試聴)」「Hey Boys」「Shoes」「Houston Special(試聴)」「Tom Cat」「Cool Water」「Somebody Came Home」「You Don't Know」「Stagolee」「Rained Five Days」「Ham And Eggs」「Ha Ha Thisaway」「Brandy Leave Me Alone」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rooftop Singers - RAINY RIVER

  • フォークLP
 Rooftop Singers- ルーフトップ・シンガーズ - "RAINY RIVER"
USA / LP / Mono / Vanguard VRS9190 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケット擦れ少々、下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、センターホールに小剥落、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 2980 yen
■彼らのサード・アルバム。
エリック・ダーリン、ビル・スヴァノー、そしてリン・テイラーに替わり本作ではミンディ・ステュアートとなったルーフトップ・シンガーズのサード・アルバムにしてラスト作。上のファースト・アルバムはかなりエリック・ダーリンの好みが出た、ブルース、スピリチュアル色濃い内容でしたが、このアルバムはグループとしての色が良く出た一枚。後のダーリン&ストリートに繋がるようなポップな味も。エリック・ダーリンの12弦は相変わらず冴えわたっています。オリジナル盤。【曲】「Rainy River(試聴)」「My Bucket's Got A Hole In It(試聴)」「That Ain't Love」「My Grandfather's Clock」「Somebody Touched Me」「Buddy, Won't You Roll」「Peach Pickin' Time」「Ezekiel」「Choucounne」「Noah」「I Feel The Spirit」「Alabama Bound」「I Hear A Rumble」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Hall, Ramblin Tommy Scott, Pete Pyle, etc. - NASHVILLE COUNTRY ROCK : BOOGIE WITH A BULLET

  • カントリーLP
 Roy Hall, Ramblin Tommy Scott, Pete Pyle, etc.- ロイ・ホール、ランブリン・トミー・スコット、ピート・パイル、etc. - "NASHVILLE COUNTRY ROCK : BOOGIE WITH A BULLET"
Holland / LP / Mono / Redita 109 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1979
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ナッシュビル産のロッキン・カントリー、ヒルビリー・ブギを収録した一枚。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)後にサン・レーベルをサム・フィリップスと興すジム・ブレイトが、46年にナッシュビルで始めたレーベル、バレット。そのバレットの40年代後半~50年代初頭のロッキン・カントリー、プリ・ロカビリーを収録したアルバム。チェット・アトキンスのデビューSP盤"Guitar Blues"、カントリー・シンガー、レイ・プライスの初期曲、ジェリー・リー・ルイスの先輩格のヒルビリー・ブギ・ピアニスト、ロイ・ホールなどなど14組18曲収録。【曲】「Roy Hall And His Cohutta Mountain Boys / Mule Boogie」「Old Folks Jamboree」「Ramblin Tommy Scott / Sweet Woman Blues」「Pete Pyle / Talking The Blues」「Butterball Paige / I'm Old To Boogie」「Leon Huff With Johnnie Lee Wills / I Like You The Best」「Ray Price / Jelous Lies」「Shorty Ashburn / More And More」「Chester Atkins / Guitar Blues」「Bill Nettles / High Faluting Mama」「Tany Allen / Rockin' Chair Boogie(試聴)」「Johnnie Lee Wills / Tom Cat Boogie」「Johnnie Lee Wills / Boogie Woogie Highball」「York Brothers / Hamtrack Mama(試聴)」「Autry Inman / You Gotta Leave Those Guys Alone」「Leon Payne / Don't Try It」「Lost High Way」「They Never Take Her Love Love」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Brown - GOOD ROCKING TONIGHT

  • リズム&ブルースLP
 Roy Brown- ロイ・ブラウン - "GOOD ROCKING TONIGHT"
Sweden / LP / Mono / Route 66 KIX6 / Rec 1947 to 1954 / Pub 1978
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2480 yen
■ニューオーリンズR&Bの草分け的存在、ロイ・ブラウンの初期音源集。
ワイノニー・ハリスに憧れ、ワイノニーのライバルになり、ついにワイノニーを抜いてしまったといえる、ジャンプ・ブルースからロックンロール、50SR&Bへの橋渡しをしたニューオーリンズのR&Bシンガー、ロイ・ブラウン。これは47年から54年のナンバーを収録したスウェーデンMr.R&Bの編集盤。ワイノニーの代名詞でロックンロール第一号ナンバーの誉たかい"Good Rocking Tonight"はこのブラウン作でこれがオリジナル・バージョン。異様なバカでかさで迫るブラウンのボーカルに、エドガー・ブランチャード(G)らが既に顔を見せているバックも熱い15曲。ホーンの繊細なアレンジもグッとくるバラードもグレイト。特にラスト一曲前の、静かなファルセットで歌う「This Is My Last Goodbye」は絶品。【曲】「Good Rocking Tonight(試聴)」「Long About Midnight」「Whose Hat Is That(試聴)」「Fore Day In The Morning」「Butcher Pete, Pt 2」「Dreaming Blues」「Old Age Boogie, Pt 1 & 2」「Good Man Blues」「Miss Fanny Brown Returns」「Brown Angel」「Grandpa Stole My Baby」「Teenage Jamboree」「Black Diamond」「This Is My Last Goodbye」「Mighty, Mighty Man」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rosario Marciano, Eddie Frankie, Freddy Leon, etc. - GRANDES JOROPOS DE VENEZUELA

  • ベネズエラの音楽LP
Rosario Marciano, Eddie Frankie, Freddy Leon, etc.- ロザリオ・マルシアノ、エディ・フランキー、フレディ・レオン、etc. - "GRANDES JOROPOS DE VENEZUELA"
Venezuela / LP / Stereo / Saviluz LP3380 / Rec 1970s / Pub 1977
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ベネズエラの伝統音楽ホローポを収録したオムニバス盤。
アフリカ音楽の要素をワルツに組み込んだ躍動感あふれるダンス音楽、ホローポ。ベネズエラでは最もメジャーな伝統音楽なのだそう。これは、ベネズエラのホローポのグループ7組の14曲を収録した一枚。全曲インスト。ちょっとこれが驚きの内容。エディ・フランキーという、テクも熱もすごいが両手の劇的なコンビネーションにもほんとに驚くピアニスト、シンセサイザーとスキャット・コーラスを散りばめた、もしかして有名な盤の一曲?と思わせるフレディ・レオン、さらに軽音楽オーケストラが白熱するホローポを演奏するナンバー、千切りのようなクアトロ(ギター)のストロークで圧倒するホローポを代表する兄弟グループ、エルマノス・チリノス、ハープを豪快なリズムギターのように弾くエドムンド・ラ・ローザなどなど。全曲強烈な三拍子ナンバーが延々。ベネズエラ盤。【曲】「Rosario Marciano / Joropo」「Eddie Frankie / Marisela(試聴)」「Freddy Leon / El Burrito」「Orquesta Galantes De Venezuela / Urquia(試聴)」「Eddie Frankie / Jarro Mocho」「Freddy Leon / Cari Cari」「Orquesta Galantes De Venezuela / Amalia」「Hermanos Chirinos / Pajarillo」「Edmundo La Rosa / Quirpa」「Hermanos Chirinos / Quitapesares」「Hermanos Chirinos / Seis Numerao Y Corrio」「Orquesta Pinceladas Criollas / El Maraquero」「Orquesta Pinceladas Criollas / La Catira」「Hermanos Chirinos / Alma Llanera」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rochester Chamber Orchestra, John Kirkpatrick(P) - HONEGGER - SYMPHONY FOR STRINGS / JOHNSON - CONCERTO FOR PIANO AND CHAMBER ORCHESTRA

  • クラシックLP
 Rochester Chamber Orchestra, John Kirkpatrick(P)- ロチェスター・チェンバー・オーケストラ、ジョン・カークパトリック(ピアノ) - "HONEGGER - SYMPHONY FOR STRINGS / JOHNSON - CONCERTO FOR PIANO AND CHAMBER ORCHESTRA"
USA / LP / Mono / Concert Hall Society CHS1189 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケット擦れ少々、上部縁裂け、背部ほころび少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■A面にアルチュール・オネゲルの弦楽オーケストラ、B面にハンタ―・ジョンソンのピアノ協奏曲を収録した一枚。
A面は、サティを心の師と仰ぎ20世紀前半に活躍したフランスの作曲家集団6人組の一人で、『Pacific 231』をはじめ、機械の躍動を埋め込んだ管弦楽を作ったオネゲルの『Symphony For Strings』。延々同じ重苦しいトーンのストリングスが、機械の運動を思わせる何千もの繰り返しのパターンでつなぎ目なくひたすら続き、ラスト数十秒で一本トロンボーンが現れ、えーー!という強引なフィナーレを迎える全三楽章。終わった後、血の気が戻るような感動があります。B面はオネゲルより一世代若いアメリカの新古典主義作曲家ハンター・ジョンソンの『Concerto For Piano And Chamber Orchestra』。オネゲルと似た響きながら、はるかに雑然とした、激しく動くストリングスにゴングのようなピアノがバンバン入る全二楽章。ピアノはチャールズ・アイヴズのコンコード・ソナタを初めて録音したことも有名なジョン・カークパトリック、オーケストラはマーキュリーの看板楽団として多くの名演を録音したニューヨークのロチェスター管弦楽団。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Bargy - PIANO SYNCOPATORS

  • ラグタイム・ピアノLP
 Roy Bargy- ロイ・バージー - "PIANO SYNCOPATORS"
USA / LP / Mono / Folkways RBF RBF35 / Rec early1920s / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■20年代のピアノ総合職人、ロイ・バージー。SP盤だけでなくピアノ・ロールも収めたフォークウェイズの編集盤。
ジャズ映画『King Of Jazz』にも出演したラグタイムPの作曲家でプレイヤーのロイ・バージー。最初は無声映画の伴奏からはじめ、後にシカゴのピアノ・ロールの会社で働いたという根っからのピアノ演奏プログラマー(クラシックの演奏家ではなく、いまでいえば色んな人のオリジナルの曲をデータ化するような作業をしていたのでこういう言い方が一番いいかと)。その腕を買われ、最初のダンス・バンド、アイシャム・ジョーンズやホワイトマンの元でも演奏。20年代にヴィクターから数枚のラグタイム・ナンバーを発表、どれもラグ研究家に賞賛されている名作ばかり。本作は22年の代表曲「ピアノフラージュ」を皮切りに、AにはSP盤の音源を中心に、Bはピアノ・ロールを収録した全17曲のフォークウェイズ盤。監修はこのジャンルNo1の研究家で、ピアニストでもあるデイヴ・ジェイセン。ラグタイムですから決まったフォームはもちろんあり、ですがそれをキープしつつも無限のひろがりを感じさせる曲ばかり。【曲】「Pianoflage(Piano Roll)」「Pianoflage」「Knice and Knifty」「Justin-Tyme」「Sunshine Capers(試聴)」「Rufenreddy」「Jim Jams」「Jim Jams(Piano Roll)」「(Piano Roll)」「(Piano Roll)」「(Piano Roll)」「Omeomy(Piano Roll)」「Sweet and Tender(Piano Roll)(試聴)」「A Blue Streak(Piano Roll)」「Slipova(Piano Roll)」「Ditto(Piano Roll)」「Knice and Knifty(Piano Roll)」「Sunshine Capers(Piano Roll)」「Knice and Knifty(Piano Roll)」「Behave Yourself(Piano Roll)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ross Pratt - PIANO WORKS OF NICOLAS MEDTNER

  • クラシックLP
 Ross Pratt- ロス・プラット - "PIANO WORKS OF NICOLAS MEDTNER"
USA / LP / Stereo / Yorshire 27001 / Rec 1966 / Pub late60s
ジャケット擦れわずか、背部ほころび少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ロシアの作曲家メトネルのピアノ作を収録した一枚。
ロシアの作曲家ニコライ・カルロヴィチ・メトネル(1880-1951)。ロシア以外では録音されることも少なく知名度もさほどだったものの、最近になり再評価の機運が高まり演奏されるようになったといいます。6人組やストラヴィンスキーが活躍していた頃のパリにいたそうですが、ブラームスやドイツロマン派の路線で生涯ピアノ曲を作曲した彼はパリになじめずイギリスへと渡り、その地であのソラブジ等の支援を受け音楽を続けたのだそう。穏やかで慎ましい曲もあるのですが、ソラブジが支援したというのがわかるような超絶技巧を要するエネルギー溢れる曲が特にスゴイ。20年以上作曲を続けた代表作『Fairy Tale』から6曲、『Forgotten Melodies』から2曲、3曲からなる『Three Hymns In Praise Of Toil』を収録。カナダ人ピアニスト、ロス・プラットの情熱的な演奏で、モントリオールでの録音。【曲】「Fairy Tale In Bb Minor, Op. 20 No. 1」「Danza Grazioso, Op. 38 No. 2 (From "Forgotten Melodies")」「Fairy Tale In F Sharp Minor, Op. 51 No. 5(試聴)」「Three Hymns In Praise Of Toil, Op. 49(「Before Work」「At The Anvil」「After Work」)「Canzona Serenata, Op. 38 No. 6 (From "Forgotten Melodies")」「Fairy Tale In E Minor, Op. 14 No. 2 ("March Of The Knights")(試聴)」「Fairy Tale In A Major, Op. 51 No. 3 ("Cinderella And Ivan The Fool")」「Fairy Tale In F Minor, Op. 26 No. 3」「Fairy Tale In B Minor, Op. 20 No. 2」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

RIAS Symphony Orchestra, Ferenc Fricsay(Cond.) - WERNER EGK : FRENCH SUITE AFTER RAMEAU / K.A. HARTMANN : SYMPHONY NO.6

  • クラシックLP
 RIAS Symphony Orchestra, Ferenc Fricsay(Cond.)- RIASシンフォニー・オーケストラ、フェレンツ・フリッチャイ(指揮) - "WERNER EGK : FRENCH SUITE AFTER RAMEAU / K.A. HARTMANN : SYMPHONY NO.6"
USA / LP / Mono / Decca DL9861 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■現代ドイツの作曲家二人の管弦楽二作を収録した一枚。
50年代デッカ・レコードの現代音楽シリーズの二枚目で、ドイツの音楽を収録した一枚。A面は、ナチスに音楽を使われたことで協力者という汚名を着せられながらも、戦後も旺盛に創作したヴェルナー・エック(1901-1983)の、5楽章からなる『French Suite After Rameau』。現代音楽と軽音楽の中間的な親しみやすい作で、最も盛り上がる最後の楽章などはもうリロイ・アンダーソンのような楽しさ。裏面は、初期はダダイズム、ジャズから、その後ストラヴィンスキー、ベルクなどの作曲家に影響を受け創作を続け、20世紀ドイツ交響曲最高の作曲家と言われるようになったカール・アマデウス・アルトマンの『交響曲第6番』。はげしくゆらぐ部分はあるものの一方向に力強い前進力を持った機知に富んだ作で、『パシフィック231』が好きな方にぜひ聞いてもらいたい、新・新古典主義とでも言うような熱狂的な作。ハンガリー生まれでおもにドイツで活躍した指揮者フェレンツ・フリッチャイとベルリン・ドイツ交響楽団の演奏。試聴はそれぞれ最終楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ray And Ina Patterson - OLD TIME SONGS VOLUME 2

  • カントリー/ヒルビリーLP
 Ray And Ina Patterson- レイ&アイナ・パターソン - "OLD TIME SONGS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / County 715 / Rec 1969 / Pub 1969
未開封シールド
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■力の抜けたいい演奏を聞かせる夫婦のデュオ、レイ&アイナ・パターソン。カウンティでのセカンド・アルバム。シールドです。
コレクターで研究家のデヴィッド・フリーマンが興した、カントリー、ヒルビリー界のヤズーとも言えるSP盤リイシュー・レーベル、カウンティ。ですがヤズーにブルーグースがあるようにカウンティにも新緑アルバムがあり。これはSP盤の時代から活動している夫婦のデュオ、レイ&アイナ・パターソンの69年のアルバムで、カウンティでのセカンド。ファーストはこちら、サードはこちらで、恐らくは何も変わらないいい歌、演奏を聞かせているはず。※未開封シールド。【曲】「Whisper Your Mother's Name」「Dixie Darling」「Who Wouldn't Be Lonely」「Lonesome Dove」「I'll Come Back To You」「Can't You Hear Those Nightbirds Calling」「Gold Watch And Chain」「Maple On The Hill - Part 3」「Down Among The Budded Roses」「Anchored In Love」「Sinful To Flirt」「Lamp Lighting Time In The Valley」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Maxwell - LETS GET AWAY FROM IT ALL

  • イージー・リスニングLP
 Robert Maxwell- ロバート・マックスウエル - "LET'S GET AWAY FROM IT ALL"
USA / LP / Stereo / Decca DL74723 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケット擦れ少々、裏面書き込み、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、小チリ音
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ハープ奏者ロバート・マックスウエルの66年のアルバム。
あの20世紀の名曲「Ebb Tide(引き潮)」の作者としても有名なハープ奏者、ロバート・マックスウエル。50年代から60年代にかけて夢のようなイージー・リスニング・アルバムを発表した彼がハープで諸国漫遊した一枚。女性のワードレス・ボーカルを入れた「Canadian Sunset」や「Moonlight In Vermont」、マリンバや木管楽器が面白い、気の利いたコマーシャル・ソングのような「Song Of Nairobi Trio」、ブットイ8ビート・ドラムにのっかったハープ、アコーディオンで演奏される「Carioca」、そして「Ebb Tide」の再演も収録されています。極め付けは驚きのラストのタイトル曲。これは聞いてのお楽しみとしましょう。【曲】「Canadian Sunset」「Yellow Bird」「Lisbon Antigua」「Clair De Lune」「Moonlight In Vermont(試聴)」「Song Of The Nairobi Trio(試聴)」「Sequoia」「Carioca」「Fly Me To The Moon (In Other Words)」「Malaguena」「Ebb Tide」「Let's Get Away From It All」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ray Agee - IM NOT LOOKING BACK

  • ブルースLP
 Ray Agee- レイ・エイジー - "I'M NOT LOOKING BACK"
Sweden / LP / Mono / Mr RB RB1003 / Rec 1955-71 / Pub 1984
ジャケット円状の擦れ少々、裏面極小はがれ、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ウエストコーストのブルースマン、レイ・エイジ―の音源集。
52年デビュー、特大のヒットはないものの、ブルースとリズム&ブルースの中間的なサウンドで70年代まで活躍したレイ・エイジ―。スウェーデンのMR.R&Bからの編集盤第二集で、55年から71年までの音源を17曲収録。ミッキー&シルヴィア路線のポップな「True Lips」、ロックンロールな「Lookit Them Eyes」、ラッパ入りのディープなブルース・ナンバー「Tijuana」 、シングルであったら人気ありそうなポップコーンR&B「Monkey On My Back」、デヴィッドTウォーカーがバックを付けた71年のニューソウル風「It's Hard To Explain」などなど。【曲】「True Lips」「Rock Head」「Lookit Them Eyes」「Tijuana」「The Monkey On My Back」「Tragedy」「I'm Not Looking Back」「Baby's Coming Home」「I'm Out To Get You Baby(試聴)」「Count The Days I'm Gone」「Keep Smiling」「Doing It Good For You」「Love Is A Gamble(試聴)」「Somebody Messed Up (Part 1)」「Somebody Messed Up (Part 2)」「Soul Of A Man」「It's Hard To Explain」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.