(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: piano)

Moon Mullican - SINGS HIS ALL TIME HITS

  • カントリーLP
 Moon Mullican- ムーン・マリカン - "SINGS HIS ALL TIME HITS"
Denmark / LP / Mono / SIng 555 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1988
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■テキサスのカントリー・シンガー、ムーン・マリカンのファースト・アルバム。リイシュー。
キング・レコードを専門にリイシューしていたデンマークのシングからの一枚。40年代には既にロックンロール~ロカビリーと呼ばれるものを形作り、なんと言って売ったらいいのかわからずレコード会社を困らせていたというテキサスのカントリー・シンガー&ピアニスト、ムーン・マリカン。56年のファースト・アルバムで、それまで出ていた46年から56年のナンバーからの選曲。ホンキートンク、ブギ、ケイジャン・クラシックまで収録した12曲。【曲】「I'll Sail My Ship Alone」「Honolulu Rock-A Roll-A」「The Leaves Mustn't Fall」「Mona Lisa」「Sugar Beet」「New Jole Blon」「Sweeter Than The Flowers」「Pipeliner's Blues(試聴)」「I Was Sorta Wonderin'(試聴)」「Cherokee Boogie(試聴)」「You Don't Have To Be A Baby To Cry」「Foggy River」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roosevelt Sykes - THE COUNRTY BLUES PIANO ACE 1929-1932

  • ブルースLP
 Roosevelt Sykes- ルーズベルト・サイクス - "THE COUNRTY BLUES PIANO ACE 1929-1932"
USA / LP / Stereo / Yazoo L-1033 / Rec 1929 to 1932 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、裏面しみ少々、小鉛筆書き込み、レーベルひげわずか(A面が黒、B面が赤レーベル)、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■セント・ルイス~シカゴで活躍したブルース・ピアニスト、ルーズベルト・サイクスのヤズー盤。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)ゴロゴロ転がる重たい左手に絡む複雑な右手の、ピアノ的な洗練よりも最もディープで真似できないミシシッピのギターを思わせる演奏に、トレード・マークだった、リズムに食い気味ではいるボーカル。キーが高めでヌケのいい声も悲痛なブルースにはぴったりで、多くのブルース・ピアニストが彼のスタイルをフォローしたというミュージシャンズ・ミュージシャン。長い活動歴の彼の初期名演を集めた決定盤。ピアノ・ブルースの文句なしの最高峰。 【曲】「You So Dumb」「No Good Woman Blues」「Hard Luck Man Blues(試聴)」「Don't Put The Lights Out」「All My Money Gone Blues(試聴)」「Mr. Sykes Blues」「James "Stump" Johnson / Barrel Of Whiskey Blues」「Highway 61 Blues」「Kelly's Special」「As True As I've Been To You」「Kelly's 44 Blues」「The Way I Feel Blues」「Skeet And Garret」「Poor Boy Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Columbia Swing Trio - FUKAGAWA cw OEDO NIPPON BASHI

  • 日本の音楽/ジャズ78rpm
 Columbia Swing Trio- コロムビア・スウィング・トリオ - "FUKAGAWA cw OEDO NIPPON BASHI"
Japan / 78rpm / Mono / Columbia JL18 / Rec 1950s / Pub 1950s
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■日本コロンビアのジャズ・トリオが日本のメロディをジャズ化した一枚。
日本コロムビアの専属楽団で、歌手の伴奏や軽音楽の録音など幅広く活躍したコロムビア・オーケストラのリーダー兼ピアニスト、岩田喜代造のジャズ・トリオが「深川」と「お江戸日本橋」を演奏した一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Bill Broonzy, Rufus And Ben Quillian, etc - UPTOWN BLUES : A DECADE OF GUITAR-PIANO DUETS 1927-1937

  • ブルースLP
Big Bill Broonzy, Rufus And Ben Quillian, etc-ビッグ・ビル・ブルーンジー、ルーファス・アンド・ベン・キリアン、ホカ - "UPTOWN BLUES : A DECADE OF GUITAR-PIANO DUETS 1927-1937"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1042 / Rec late1920s / Pub late60s
ジャケット擦れ少々、左上小貼り物、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ピアニストと共存しはじめた都会のブルース・マンによる街のカントリー・ブルース。
ピアノ+ギターの編成では、パイオニアのリロイ・カー&スクラッパー・ブラックウェル、さらにシティ・ブルースと進化させたウォルター・デイヴィスとヘンリー・タウンゼント等がいますが、これはその狭間のアーティストの美味しい所を選りすぐったヤズー盤。スライドとピアノの二人、ルーファス&ベン・キリアン、中では最もカントリー・ブルース色の濃いテディ・ダービー、しゃっきりとしたホーカム・コーラスのダウン・ホーム・ボーイズ、ダブル・スライドにピアノ、チェレスタ、ヴァイオリンの編成のキラー・インストのワトソンズ・プルマン・ポーターズなどなど、音楽的幅もあってこれも当然ヤズー名盤。【曲】「Big Bill Broonzy / Mountain Blues」「Rufus & Ben Quillian / Sweet Miss Stella Blues(試聴)」「Bo Carter / When You Left」「Charlie Campbell / Goin' Away Blues」「Teddy Darby / My Laona Blues」「Down Home Boys / You Do It(試聴)」「Leola Manning / He Fans Me(試聴)」「Rufus & Ben Quillian / Good Feeling Blues」「Watson's Pullman Porters / Barbecue Blues」「Cripple Clarence Lofton / Policy Blues」「Willie Harris / What Makes A Tom Cat Blue?」「Mack Rhinehart & Brownie Stubblefield / Uptown Blues」「Leroy Carr & Scrapper Blackwell / Papa's On The Housetop」「Charley Spand / Ain't Gonna Stand For That」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amos Milburn - CHICKEN SHACK BOOGIE

  • リズム&ブルースLP
 Amos Milburn- エイモス・ミルバーン - "CHICKEN SHACK BOOGIE"
France / LP / Mono / Aladdin 1561411 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ロッキン・ブギ三昧の仏編集盤。
テキサス出身、40年代から50年代にかけて「One Scotch, One Bourbon....」、「Rum And Coca Cola」等をヒットさせ、西のR&Bレーベル、アラディンの看板アーティストとして君臨したエイモス・ミルバーン。これは彼のハイ・エナジーなブギR&B満載の編集盤。パーティーR&B傑作「チキン・シャック・ブギー」の47年Orig.Ver.を中心に、彼のバックバンド、チキン・シャッカーズがサポートしたロウでゴツいほとんどロックンロールといえる作品をナンバーを収録。【曲】「My Baby's Boogying(試聴)」「Amos Boogie」「Bye Bye Boogie」「It Took A Long Long Time」「Chicken Shack Boogie」「Pot Luck Boogie(試聴)」「Jitterbug Fashion Parade」「Roomin' House Boogie」「Johnson Rag」「Boogie Woogie」「Sax Shack Boogie」「Roll Mr. Jelly」「Grey Hound」「House Party」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Maceo - VOLUME 1

  • ブルース/ブギウギLP
 Big Maceo- ビッグ・メイシオ - "VOLUME 1"
USA / LP / Mono / Blues Classics 28 / Rec 1941, 1942 / Pub 1984
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シカゴ・ブルース・ピアノのキング、ビッグ・メイシオの編集盤一枚目。
ロックンロールが生まれた瞬間に立ち会っている気になるロッキン・ブギウギ・ピアノ「Chicago Breakdown」で知られるビッグ・メイシオ。アトランタに生まれピアノを独学でマスター、シカゴへ渡り、そこで既に一時代を築いたブルース・ギタリスト、タンパ・レッド(本作も全曲で弾いてます)と意気投合、そして名作が続々誕生。これはアーフリーが全盛期をまとめ二枚でリリースした編集盤の第一集で、41、42年のナンバーを16曲収録。【曲】「Worried Life Blues(試聴)」「Ramblin' Mind Blues」「County Jail Blues」「Can't You Read(試聴)」「So Long Baby」「Texas Blues」「Tuff Luck Blues」「I Got The Blues」「It's All U To You」「Bye Bye Baby」「Why Should I Hang Around?(試聴)」「Poor Kelly Blues」「Some Sweet Day」「Anytime For You」「My Last Go Round」「Since You Been Gone」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Maceo - VOLUME 2

  • ブルース/ブギウギLP
Big Maceo- ビッグ・メイシオ - "VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Blues Classics 29 / Rec 1945 to 1947 / Pub 1984
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シカゴ・ブルース・ピアノのキング、ビッグ・メイシオの編集盤二枚目。
ロックンロールが生まれた瞬間に立ち会っている気になるロッキン・ブギウギ・ピアノ「Chicago Breakdown」で知られるビッグ・メイシオ。アトランタに生まれピアノを独学でマスター、シカゴへ渡り、そこで既に一時代を築いたブルース・ギタリスト、タンパ・レッド(本作も全曲で弾いてます)と意気投合、そして名作が続々誕生。これはアーフリーが全盛期をまとめ二枚でリリースした編集盤の第二集で、45~47年のナンバーを17曲収録。【曲】「Kidman Blues(試聴)」「I'm So Worried」「Things Have Changed」「My Own Troubles」「Maceo's 32-20」「Come On Home」「Texas Stomp(試聴)」「Detroit Jump」「Flyin' Boogie」「Winter Time Blues」「Won't Be A Fool No More」「Big Road Blues」「Chicago Breakdown(試聴)」「Broke And Hungry Blues」「If You Ever Change Your Ways」「It's All Over Now」「I Lost My Little Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hokum Boys - YOU CANT GET ENOUGH OF THAT STUFF

  • ブルースLP
 Hokum Boys- ホーカム・ボーイズ - "YOU CAN'T GET ENOUGH OF THAT STUFF"
USA / LP / Mono / Yazoo 1051 / Rec 1928, 1929 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■ヤズー・レーベルから、戦前ブルース/ジャズの名手が集ったバンド、ホーカム・ボーイズの編集盤。
20年代から流行った、ノリのいいブルースのバンドに放送禁止系の歌がのる、ホーカムと言われるブルースのスタイル。ジャイヴやロックンロールの親とも言えてしまうこのホーカムの代表的なバンドがこのホーカム・ボーイズ。これは、黒人音楽の殿堂パラマウントからリリースされた29年のナンバーを集めたもの(1曲28年あり)。テリー・ズワイゴフ監督の映画『Louie Bluie』にも出演していた戦前シカゴのバンジョー&ギター奏者(このLPはギターだけ)アイキー・ロビンソン、そしてブラインド・ブレイク、ピアノにシカゴのジミー・ブライス等が入れ替わり立ち代わり参加したグループ。アートワークはロバート・クラム。【曲】「You Can't Get Enough Of That Stuff(試聴)」「Gambler's Blues(試聴)」「Put Your Mind On It」「Went To His Head」「We Don't Sell It Here No More」「I Was Afraid Of That Part 1」「Let Me Have It」「Hokum Blues(試聴)」「Pat-A-Foot Blues」「Only The Blues」「Selling That Stuff」「Ain't Goin' That Way」「It's All Gone Now(試聴)」「I Was Afraid Of That Part 2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jolly Two, Lucile Bogan, Walter Roland - JOOKIT JOOKIT

  • ブルースLP
 Jolly Two, Lucile Bogan, Walter Roland- ジョリー・トゥー、ルシール・ボーガン、ウォルター・ローランド - "JOOKIT JOOKIT"
USA / LP / Stereo / Yazoo 1017 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■女性ブルース・シンガー、ルシール・ボーガンと伴奏のウォルター・ローランド絡みの音源集。
ミシシッピ生まれでアラバマ・バーミンガム育ち、NYとシカゴ以外の町で初めてブルースを録音したという女性シンガーで、リロイ・カーやメンフィス・ミニーもカバーしたダーティなブルースを得意にしたルシール・ボーガン(ベッシー・ジャクソン)。そして彼女の伴奏を、ソニー・スコット(G)などと務めたピアニスト、ウォルター・ローランド。この二人の音源を収録したかなり珍しいヤズー盤。A1、B1はローランドがギターを弾いたソニー・スコットのデュオ、ジョリー・トゥー。【曲】「Jolly Two / Guitar Stomp(試聴)」「Bessie Jackson / Sweet Petunia」「Baking Powder Blues」「Barbecue Bess」「Walter Roland / Jookit Jookit(試聴)」「T Model Blues」「Early This Morning」「Jolly Two / Railroad Stomp」「Bessie Jackson / Levee Blues」「Jump Steady Daddy」「Walter Roland / Penniless Blues」「Bessie Jackson / Jim Tampa Blues(試聴)」「Walter Roland / Big Mama」「Bessie Jackson / They Ain't Walkin' No More」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Camille Howard - YOU DONT LOVE ME cw X-TEMPARANEOUS BOOGIE

  • リズム&ブルース/ブギウギ78rpm
 Camille Howard- カミル・ハワード - "YOU DON'T LOVE ME cw X-TEMPARANEOUS BOOGIE"
USA / 78rpm / Mono / Specialty 307 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベルAに貼り物、盤浅い擦れ、小プツ音でる表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  4500 yen
■初期スペシャルティの看板女性ピアニスト、カミル・ハワードの代表作。
テキサス生まれの女性R&Bピアニスト、カミル・ハワード。「R.M. Blues」等のヒットで知られるロイ・ミルトン・バンドのピアニストとなり注目を集め、アート・ループがスペシャルティを始めるとソロ・アーティストとして録音を開始、すぐさま「X-Temporaneous Boogie」がヒット。これがそのオリジナル盤。A面はジャジィなバラード。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cripple Clarence Lofton And Walter Davis - CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS

  • ブルースLP
 Cripple Clarence Lofton And Walter Davis- クリップル・クラレンス・ロフトン、ウォールター・デイビス - "CRIPPLE CLARENCE LOFTON AND WALTER DAVIS"
USA / LP / Stereo / Yazoo L1025 / Rec 1935 to 1940 / Pub 1970
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■二人の個性的なブルース・ピアニストを両面に収録したヤズー盤。
A面はシカゴで活躍したブギウギ第一世代のクリップル・クラレンス・ロフトン。一曲除きすべて未発表、ロフトンの代表曲の「I Don't Know」もテイク違い。指が沢山動く人とは違うゴロゴロしたピアノで、細かいプレイも相当にうまいもののテクは後回しという感じが最高。そしてブギウギ・ピアニストには珍しく歌がとにかくカッコいい。モンク×デルタという感の「Change My Mind Blues」、南部のブルース・ギターをピアノに置き換えたような「State Street Blues」等全7曲。B面は戦後まで録音のあるウォルター・デイビスで、35から40年のものを収録。単なるブルース・ピアニストの域を脱却したモード的なブルースで、ギターなど伴奏がはいると一層の面白さあり。こちらも7曲。【曲】「Cripple Clarence Lofton / Juke Joint Stomp」「I Don't Know(試聴)」「State Street Blues」「Change My Mind Blues」「Streamline Train」「South Side Mess Around」「Brown Skin Girls」「Walter Davis / Why Should I Be Blue」「Santa Claus(試聴)」「Jacksonville Part 2(試聴)」「Call Your Name」「Please Don't Mistreat Me」「I Can Tell By The Way You Smell」「Can't See Your Face」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James P. Johnson, Jimmy Noone, Mary Lou Williams, etc. - YAZOOS HISTORY OF JAZZ

  • ジャズLP
 James P. Johnson, Jimmy Noone, Mary Lou Williams, etc.- ジェームスPジョンソン、ジミー・ヌーン、メアリー・ルー・ウィリアムス、etc. - "YAZOO'S HISTORY OF JAZZ"
USA / LP / Mono / Yazoo 1070 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1984
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ヤズーの選ぶクラシック・ジャズ集。
白人系は少な目、ニューオーリンズ~シカゴ~ニューヨークのブラック・ジャズの初期の名演、エッセンシャルなナンバーを集めた一枚。フォークウェイズの10枚に及ぶジャズ・シリーズをいさぎよく一枚にまとめたような内容。ピアノ・ソロ、小編成、フル・バンドものとロバート・クラムのジャケに負けず音もカラフル。リリース当初はカード・セットが付いていました。【曲】「James P. Johnson / Carolina Shout」「Jimmy Noone, etc. / Monday Date」「Mary Lou Williams / Night Life(試聴)」「Joe "King" Oliver And Louis Armstrong, etc. / Chimes Blues」「Freddie Keppard, etc. / Stomp Time Blues」「Junie Cobb, etc. / Chicago Buzz」「Jabbo Smith And Ikey Robinson, etc. / Jazz Battle(試聴)」「Ernest "Punch" Miller, etc. / Parkway Stomp」「Muggsy Spanier, etc. / That's A Plenty」「Coleman Hawkins, etc. / Hay Foot, Straw Foot」「Bennie Moten / Kansas City Shuffle」「Bix Beiderbecke, etc. / Clementine(試聴)」「Jelly Roll Morton, etc. / Sweet Peter」「Duke Ellington / Fast And Furious」「Joe "Wingy" Mannone, etc. / Muskrat Ramble」「Thomas "Fats" Waller, etc. / Lookin' Good But Feelin' Bad」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.