(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: piano)

Butterbeans And Susie - DADDYS GOT THE MOJO

  • ジャズ/ブルースLP
Butterbeans And Susie- バタービーンズ&スージー - "DADDY'S GOT THE MOJO"
Denmark / LP / Mono / Swingtime BT2009 / Rec 1924-30 / Pub 1989
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■夫婦のジャズ・ブルース・デュオ、バタービーンズ&スージーの初期音源集。
1910年代にキャリアをスタートさせた、男と女が歌で掛け合うデュオのはしりと言える二人組、バタービーンズ&スージー。これは彼らの初録音の頃から30年までの音源をまとめた一枚で、特にジャンプ、ホンカー系のほんとにいいレコードを出してきたスウィングタイム・レコードから。キング・オリバーとクラレンス・ウィリアムスがバックを付けた最初期のナンバーがまずびっくりするほどいい曲。ブラインド・ウィリー・マクテルもカバーした「A To Z Blues」、また、あの「カナディアン・サンセット」を作ったエディ・ヘイウッドがピアノ伴奏を務めるナンバーが多く驚き。調べたところヘイウッドは既にこの時代ベッシー・スミスなんかと共演していたそうです。クラシック・ブルース・シンガー風の雰囲気の伴奏に二人の楽しいデュエットのナンバー中心の全16曲。【曲】「Kiss Me Sweet(試聴)」「Mama Stayed Out The Whole Night Long」「Construction Gang」「A-Z Blues」「My Daddy Got The Mojo, But I Get The Say-So」「Da Da Blues」「Gonna Make You Sorry」「Tain't None Of Your Business」「Been Some Changes Made」「Watch Your Step」「Gonna Start Lookin' For A Man To Treat Me Right」「Put Your Mind Right On It(試聴)」「What It Takes To Bring You Back」「Times Is Hard」「Elevator Papa, Switchboard Mama」「Papa Ain't No Santa Claus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cardiff Festival Ensemble - IVES : TRIO / COPLAND : QUARTET

  • クラシックLP
 Cardiff Festival Ensemble- カーディフ・フェスティバル・アンサンブル - "IVES : TRIO / COPLAND : QUARTET"
U.K. / LP / Stereo / Argo ZRG794 / Rec 1975 / Pub 1975
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャールズ・アイヴズのピアノ・トリオ、アーロン・コープランドの四重奏を収録した一枚。
A面はアイヴズの、アナログ時代ではほとんど録音されていない、三楽章からなるピアノ・トリオを収録。穏やかなリフレインが乱れつつ形を維持していく、緊張感のある第一楽章、アイヴズらしい、劇的な引用を含んだ関係のない演奏が激しくぶつかり合う第二楽章、リズムと展開は大団円的ながら裏切るような響きの第三楽章。後々(これは1904年)多くの曲にあらわれる独特の響きが一斉に出ています。B面はアーロン・コープランドの三楽章からなるピアノ四重奏。こちらもめちゃくちゃいいです。全体の構成、響きもA面のアイヴズに似ている感じありますが、ぐっと理知的で、ミヨーやオネゲルを好んで聞いている人に特にお薦め。ウエールズの首都カーディフの演奏家グループの一枚。試聴はそれぞれ第一、第二楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Howard Wells - GRIEG / MCDOWELL / PALMGREN...

  • クラシックLP
Howard Wells- ハワード・ウェルズ - "GRIEG / MCDOWELL / PALMGREN..."
USA / LP / Mono / Educo EP3012 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット擦れ少々、下部右側縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■米人ピアニスト、ハワード・ウェルズのピアノ小曲集。
もしかすると教材としても利用できるレコードを作っていたとも思われる(違ったらすみません)西海岸の小レーベル、エデュコから、ひなびた美しいピアノ小品集。A面は、誰もが知るピアノ協奏曲や『ペール・ギュント』で知られるグリーグが生涯作曲を続けたピアノ曲集『リリック・ピーセズ』の7曲。B面はマクダウェルの「野ばら」やパーシー・グレインジャー「カントリー・ガーデン」、ピアノ小品が有名なフィンランドのパルムグレンなど、20世紀初頭の6人の作曲家の8曲を作曲。アメリカのみならずヨーロッパでも知られたピアニストながら、地元ロサンゼルスの小さなホールでの演奏を続けたハワード・ウェルズの演奏。フォークウェイズのような柔らかいローファイな音もとてもいいです。イエロー・クリア盤。【曲】「Grieg / Watchman's Song」「Elfintanz(試聴)」「Nocturne」「Papillon」「Puck」「Waltz In A Minor」「To Spring」「Palmgren / May Night」「MacDowell / To A Wild Rose(試聴)」「Scotch Poem」「Sinding / Rustle Of Spring」「Paderewsky / Minuet In G」「Griffes / White Peacock」「The Night Winds」「Grainger / Country Gardens」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mary Louise Boehm - JOHN FIELD : NOCTURNES VOL.1 NOS, 1-11

  • クラシックLP
 Mary Louise Boehm- メアリー・ルイーズ・ベーム - "JOHN FIELD : NOCTURNES VOL.1 NOS, 1-11"
USA / LP / Stereo / Turnabout TV34349S / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ピアノ小曲「ノクターン」を始めたジョン・フィールド。彼のノクターン全集の第一巻。
ショパンに非常に大きな影響を与え、ロマン派のピアノ音楽のさきがけといわれるアイルランドの作曲家ジョン・フィールド(1782-1837)。ノクターン(夜想曲)といわれる単一のピアノ小曲を始めた作曲家、ということも有名。これは、フィールドが生涯に残した19のノクターンを2枚のアルバムに全て収録したものの第一巻。演奏は、カサドシュやギーゼキングに習ったアメリカ人女性ピアニスト、メアリー・ルイーズ・ベーム。1番から11番までで、マイナーキーの曲を2曲含む11曲。どの曲も試聴のような、懐かしく美しい素朴なナンバーばかり。米ターンアバウト盤。【曲】「第1番 変ホ長調」「第2番 ハ短調」「第3番 変イ長調」「第4番 イ長調(試聴)」「第5番 変ロ長調」「第6番 ヘ長調」「第7番 ハ長調」「第8番 イ長調(試聴)」「第9番 ホ長調」「第10番 ホ短調(試聴)」「第11番 変ホ長調」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boaz Sharon - PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN

  • クラシックLP
Boaz Sharon- ボーツ・シャロン - "PIANO WORKS BY CHARLES KOECHLIN"
USA / LP / Stereo / Orion ORS79332 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏の作曲家シャルル・ケクランのピアノ曲集。
パリ音楽院でマスネ、フォーレに師事、その後創作を始め、6人組のプーランクやタイユフェールらの師でもあった作曲家シャルル・ケクラン。彼のピアノ作を3作品収録した米オリオンの一枚。山と海の風景をメロディにした、ニューエイジ・ミュージックを先取りしたような透明感のある12曲からなる組曲『陸景と海景』。やはり12曲からなる『パストラール』は、『陸景』よりもぐっと近景を切り取ったような親密なメロディ。ラストは組曲『ペルシャの時』から「深い谷間のみずみずしい朝」。ペルシャの旅行記から着想を得た作で、静謐で重みのある、後期ドビュッシーが新感覚で生まれ変わったようなナンバー。演奏はケクランやドビュッシーを得意としたイスラエルのピアニスト、ボーツ・シャロン。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Dominguez - MIKLOS ROZSA / MARIO CASTELNUOVO-TEDESCO

  • クラシックLP
 Albert Dominguez- アルベルト・ドミンゲス - "MIKLOS ROZSA / MARIO CASTELNUOVO-TEDESCO"
USA / LP / Stereo / Orion QRS74137 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、B面にプツ音継続してでるスクラッチ、他きれい
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5 / Sound 3  2680 yen
■メキシコ系クラシック・ピアニスト、アルバート・ドミンゲスが、ミクロス・ロージャ、伊のマリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコのピアノ曲を弾いた一枚。
マックス・スタイナーらと並ぶ映画音楽の巨匠で、生涯クラシック曲の作曲を続けたハンガリー出身のミクロス・ロージャ、20世紀クラシック・ギター曲の大家として知られ、やはりアメリカに渡り映画音楽作曲家となり、マンシーニやジェリー・ゴールドスミス等に大きな影響を与えたというイタリアのマリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ、この2人のピアノ曲を収録。暗闇を疾走するようなスリルに満ちた第一楽章(試聴)、印象派風の美しい第二楽章、第一楽章に民族舞曲的なリズムをミックスしてさらにドラマチックに展開する第三楽章の『Piano Sonata OP20』。自分の息子と娘のために作ったという『Kaleidoscope OP19』は、子供が遊ぶ様子を曲にした短い6曲からなる作。裏面はテデスコの二作。『Le Danze Del Re David』は讃美歌にインスピレーションを受けてできたという、奔放で劇的な7楽章からなる作。ラストの『Cipressi』(試聴)は、後に結婚することになる恋人に捧げられた曲で、彼の一族が何百年にもわたって住み続けた丘を描いたという作。何か家族の業を恋人に告白するような、痛々しく美しい単一楽章の一曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Little Brother Montgomrery, Will Ezell, Montana Taylor, etc. - BARRELHOUSE BLUES 1927-1936

  • ブルースLP
 Little Brother Montgomrery, Will Ezell, Montana Taylor, etc.- リトル・ブラザー・モンゴメリー、ウィル・イーゼル、モンタナ・テイラー、etc. - "BARRELHOUSE BLUES 1927-1936"
USA / LP / Mono / Yazoo L-1028 / Rec 1927 to 1936 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ピアノ弾き語りブルースを集めたヤズー・レーベルの編集盤。
※オリジナルはこの紫レーベル盤(←試聴は違う曲なのでぜひ聞いてください)、これはセカンド・レーベル。ピアノ・ブルースがいかにバラエティーに富み、音楽的にも独自のものを持っていたのかがよく分かるヤズー編集盤。ギター・ブルースのような地域性は薄いもののギターとはまた違った柔軟性を持っており個性的なプレイヤーが多く出現。これはその醍醐味を味わえる決定的な編集盤。スキップ・ジェイムスがピアノで深く影響を受けたリトル・ブラザー・モンゴメリー、ロックンロールの感覚を既に持っていたジョー・ディーンというブルースマン、悪な左手がたまらなくいいヘヴィなブルース・ピアノを弾くジョージ・ノーブル、戦前では恐らく唯一のピアノ演奏と思われるロニー・ジョンソンの貴重な一曲、ノイズ多くてちょっと聞きにくいですが(試聴二曲目)ペダルの残響がカオスな、エスケリータの先輩とも思ってしまうレイモンド・バロウなどなど収録。【曲】「Bob Call / Thirty-One Blues」「Barrelhouse Welsh / Dying Pickpocket Blues」「Joe Dean / I'm So Glad I'm Twenty-One Years Old Today」「George Noble / Seminole Blues(試聴)」「Lonnie Johnson / Sam, You're Just A Rat」「Louise Johnson / On The Wall」「Montana Taylor / Indiana Avenue Stomp」「Little Brother Montgomery / Vicksburg Blues No. 2」「Charley Taylor / Heavy Suitcase Blues」「Cow Cow Davenport / State Street Jive」「Jabo Williams / Polack Blues」「Jesse James / Ramrod」「Raymond Barrow / Walking Blues(試聴)」「Will Ezell / Barrelhouse Woman Take 2」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jess Stacy - PIANO SOLOS

  • ジャズLP
Jess Stacy- ジェス・ステイシー - "PIANO SOLOS"
Australia / LP / Mono / Swaggie S1248 / Rec 1935-56 / Pub 1970s
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズ・ピアニスト、ジェス・ステイシーの編集盤。
1938年のBグッドマン楽団における「SING SING SING」で彼が弾いた、ジャズ・ピアノの未来を予言するようなピアノ・ソロがいまでも語り草になっているストライド系ピアニスト、ジェス・ステイシー。そのソロは話によると、ドビッシーからショパン、エロール・ガーナー、セロニアス・モンクなどが弾くようなピアノを立て続けにくりだしたそうなんですが、この一枚を聞いていただければそれも納得がいくという編集盤。本作はピアノ・ソロとはいいますが、ニック・ファトゥールがドラムをつけたピアノ+ドラムの編成、ジョージ・ヴァン・エプスがギターで参加しているクインテット編成なども数曲づつ含み彼のピアノ人生を俯瞰できる素晴らしい編集盤になっています。ビックス・バイダーベックが譜面だけ残した「In A Mist」タイプの名曲で、ライ・クーダーもアルバム『Jazz』でカバーした「In The Dark」「Flashes」も収録。【曲】「Fascinating Rhythm」「I Can't Get Started」「I Want To Be Happy」「You Took Advantage Of Me」「Back Home Again In Indiana」「Stars Fell On Alabama」「Oh, Baby」「If I Could Be With You One Hour Tonight」「Boo-Boos For Bob」「Ec-Stacy」「Complainin'」「Ain't Goin' Nowhere」「Burnin' The Candle At Both Ends(試聴)」「In The Dark - Flashes(試聴)」「Barrelhouse」「The World Is Waiting For The Sunrise」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Felia Litvinne(Sop), Camille Saint-Saens(P), etc. - A RECORD OF SINGERS : SUPPLEMENT RECORDINGS FROM 1902-1912

  • クラシックLP
Felia Litvinne(Sop), Camille Saint-Saens(P), etc.- フェリア・リトヴィンヌ(ソプラノ)、カミユ・サン=サーンス(ピアノ)、etc. - "A RECORD OF SINGERS : SUPPLEMENT RECORDINGS FROM 1902-1912"
U.K. / LP / Mono / His Masters Voice HLM7264 / Rec 1902 to 1912 / Pub 1982
見開きジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ラッパ録音時代の声楽SP盤のマスターピースを収録した一枚。
方々手を尽くして製作したものかと思いきや、ライナーノーツ、原盤起こし他すべてをキース・ハードウィックというたった一人の人がやったということも驚きの一枚。EMI/HMVが80年代に製作した、ラッパ録音時代の声楽のSP盤をまとめたシリーズ、A Record Of Singers。まずLP6枚組で2セットリリース。1セット目は近代以前のスタイルから20世紀初頭の新しいイタリア・オペラの流行までの歌手を収録。2セット目は、そこからワグナー等のドイツ系のスタイル、帝政ロシア時代の歌手を収録。これは第三集で、その2セットからもれた名演を、スタイル関係なく20曲収録した一枚。女性/男性の割合は半々、ピアノ/楽団伴奏の割合も半々。無理な音質操作などないいい音です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleo Brown - BOOGIE WOOGIE

  • ジャズLP
Cleo Brown- クレオ・ブラウン - "BOOGIE WOOGIE"
Denmark / LP / Mono / Official 3010 / Rec 1935, 36 / Pub 1980s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■30年代からのピアノ弾き語りジャイヴ・ガール、クレオ・ブラウンの編集盤。
パンチの効いたブギウギ・ピアノ演奏、チャーミングな歌で30年代から活躍した、ピアノ弾き語り系ジャイヴ・ガールの草分け的存在のクレオ・ブラウン。これは初期35・6年の音源をまとめたデンマーク・オフィシャル・レコードの編集盤。ボビー・シャーウッド、ペリー・ボトキン(G)らがバックを付けたバンドものを中心に弾き語り物も収録した全16曲。ピアノの技量はお聞きのとおり、色気も初々しさもある歌が最高。【曲】「When Hollywood Goes Black And Tan」「When」「You're My Fever」「Breakin' In A Pair Of Shoes」「Latch On」「Love In The First Degree」「My Gal Mezzanine」「(Lookie Lookie Lookie) Here Comes Cookie」「Boogie Woogie(試聴)」「You're A Heavenly Thing(試聴)」「(You Take The East, Take The West, Take The North) I'll Take The South」「The Stuff Is Here And It's Mellow」「Never Too Tired For Love」「Give A Broken Heart A Break」「Mama Don't Want No Peas An' Rice An' Cocoanut Oil」「Me And My Wonderful One」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Smiley Lewis - OOH LA LA

  • リズム&ブルースLP
Smiley Lewis- スマイリー・ルイス - "OOH LA LA"
France / LP / Mono / Imperial 1561391 / Rec 50s / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、しみわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■デイヴ・バーソロミューが見出したR&Bシャウター。ニューオリンズの心といえるシンガー。
ファッツ・ドミノの先輩といっていいスマイリー・ルイスのインペリアル音源から選曲された未発曲6曲を含む全14曲の仏盤。ドップリ、ニューオリ!!ロングヘアに並ぶピアノの名手Tuts WashingtonやEarl Palmer(dr)迎えたバーソロミュー・オールスターに、後半ではLee Allen、 Charles Williams等も参加という過不足ない面子に、そして最高の楽曲。49~60年録音。心地よいジャンプ乗りの「Ooh La La」ロングヘアみたいな「Tee-nah-nah」、ロックンロールのノリになった57年の「Going To Jump~」や「Mama Don't Like」等14曲収録。【曲】「How Long」「Ooh La La」「Goin' To Jump And Shout」「Schooldays Are Back Again」「Ain't Goin' There No More」「Last Night」「I Want To Be With Her」「Tee-Nah-Nah」「You're Gonna Miss Me」「Lonesome Highway」「I Love You For Sentimental Reasons」「Lying Woman」「No Letter Today」「Mama Don't Like」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lloyd Glenn - AFTER HOURS

  • リズム&ブルースLP
Lloyd Glenn- ロイド・グレン - "AFTER HOURS"
France / LP / Mono / Aladdin 1546641 / Rec 1950s / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■R&Bピアニスト、ロイド・グレンの粋が詰まった一枚。
テキサス生まれ、40年代後半からピアニスト、アレンジャー活躍したロイド・グレン。47年にはTボーン・ウォーカーからセッションに誘われ、そこからTボーン最大のヒット「Stormy Monday」も誕生。その後も初期ロウウェル・フルソン等を手がけながら自身の作も発表。自身の作品はピアノ・トリオにボンゴやギター等を加えた、地味ながら病みつきになるということの典型のような洒脱なクラブ・ブルースともカクテルR&Bともいえそうなスタイルで「Chica Boom」のヒットを出しました。これはその「Chica Boom」を筆頭に、全盛期の彼のナンバーをまとめた編集盤。タイトル曲「AFTER HOURS, PART ONE & TWO」は、大地のようなスロー・ブギのベース・ラインに低い位置でリフをふく淫靡なテナー、それにブルース・ギターのようなピアノのフレーズ、これを心地よいミドル・テンポでジャム・セッションのようなゆるさで奏でます。特に主張も無し、心地よいブルーズにヒタッてくれといわんばかりの演奏。こんな極渋のナンバーで占められた14曲。同じジャケットのインペリアル盤とは内容収録曲かなり違います。【曲】「Chick-A-Boo」「Tiddly-Winks」「Sunrise」「Still Waters」「Nite Flite」「Old Time Shuffle」「Southbound Special」「After Hours Part I(試聴)」「After Hours Part II」「Rompin Rhumba(試聴)」「Strollin'」「Blue Ivories」「Love For Sale」「Petite Fleur」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.