(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: piano)

Rejtos (Gabor, Alice And Peter Rejto) - ZADOR / NIN / BOCCHERINI / GINASTERA

  • クラシックLP
 Rejtos (Gabor, Alice And Peter Rejto)- レイトス - "ZADOR / NIN / BOCCHERINI / GINASTERA"
USA / LP / Stereo / Orion ORS7282 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れほぼ無し、表面に貼り物、レーベルひげほんのわずか、盤擦れほぼ無し、写真のように白っぽくなっていて、それが原因のサーフェイスノイズあります
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3  1980 yen
■ガボール・レイト一家のチェロ室内楽アルバム。
ハンガリー生まれでアメリカに渡った世界的なチェロ奏者ガボール・レイトと、彼の妻でピアニストのアリス・レイト、二人の息子でやはりチェロ奏者のピーター・レイトの三人組、レイツのアルバム。冒頭のユージン・ザドール(1894-1977)もハンガリー生まれでアメリカに渡った作曲家で、印象派風のひろがりのある三楽章の『Duo Fantasy For Two Cellos And Piano』。次はキューバの作曲家ホアキン・ニン(1879-1949)の『Chants D'Espagne』で、これまた印象派的な優雅な作。B面頭は18世紀イタリアのルイジ・ボッケリーニ(1743-1805)の優しく古風な『Sonata In A For Cello And Bass』。ラストはアルゼンチンのヒナステラ『Panpeana』で、ヒナステラらしいビートを効かせた刻みを取り入れた新古典主義的なナンバー。古典からアヴァンギャルドまで面白いクラシックのレコードを地道に出したオリオンからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Malcolm Frager - PLAYS ADOLPH MARTIN FOERSTER, HENRY F. GILBERT...

  • クラシックLP
 Malcolm Frager- マルコム・フレイジャー - "PLAYS ADOLPH MARTIN FOERSTER, HENRY F. GILBERT..."
USA / LP / Stereo / New World NW206 / Rec 1978 / Pub 1978
見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アメリカン・クラシック夜明け頃のアメリカの作曲家のピアノ曲を収録したアルバム。
ニューワールド・レコードならではの一枚。20世紀に入ってアメリカ独自のクラシック音楽が花開く以前、19世紀ヨーロッパの音楽の影響が色濃くありつつ、しかしアメリカらしい響きが徐々に現れてきた頃の作曲家のピアノ曲を収録したアルバム。「野ばら」が有名なエドワード・マクダウェル(1861-1908)の『12 Virtuoso Studies』、チャールズ・アイヴズの師匠ホレイショ・パーカー(1863-1919)のワルツ曲「Valse Gracile」、黒人音楽を主題に作曲を続けたヘンリーFギルバートの「Mazurka」などなど、7人の作曲家の8作を収録。演奏はアメリカ人ピアニスト、マルコム・フレイジャー。【曲】「Etude In Form Of A Scherzo (Op. 18, No. 2) / Ethelbert Nevin」「Preludes II (Op. 17, No. 2) / Henry Holden Huss」「Fuga Giocosa (Op. 41, No. 3) / John Knowles Paine」「Romance (Op. 12) / John Knowles Paine(試聴)」「Mazurka / Henry F. Gilbert(試聴)」「On The Sea / Adolph Martin Foerster(試聴)」「Valse Gracile (Op. 49, No. 3) / Horatio Parker」「Twelve Virtuoso Studies (Op. 46) / Edward MacDowell(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ditta Bartok-Pasztory, Maria Comensoli, Elizabet Tusa, etc. - BARTOK : POSTHUMOUS WORKS - SUITE FOR TWO PIANOS / CONCERTO FOR TWO PIANOS, PERCUSSION AND ORCHESTRA

  • クラシックLP
Ditta Bartok-Pasztory, Maria Comensoli, Elizabet Tusa, etc.- ディッタ・バルトーク・パーストリ、マリア・コメンソリ、エリザベート・トゥサ、etc. - "BARTOK : POSTHUMOUS WORKS - SUITE FOR TWO PIANOS / CONCERTO FOR TWO PIANOS, PERCUSSION AND ORCHESTRA"
Hungary / LP / Stereo / Hungaroton SLPX11398 / Rec 1960s / Pub 1970
コーティングの見開き特殊ジャケット擦れ極わずか、内側ブックレット部きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■死後完成したバルトークの二作を、バルトークの妻パーストリ・ディッタらが演奏した一枚。
ハンガリー~ヨーロッパのローカルな民俗音楽から着想を得たメロディを、クラシックの技法でもって新しく生まれ変わらせ、音楽大国ハンガリーをリストらとともに代表する存在となったバルトーク。これは、ハンガリーのフンガロトン・レーベルが出したバルトーク全集からで、バルトークが生前に着手し、死後、協力者?の手によって完成した二作を収録した一枚。4曲からなる『Suite For Two Piano』は、バルトークの妻パーストリ・ディッタとマリア・コメンソリという女性2人の演奏。仏6人組やジャン・フランセのような近代フランス的な作で驚き。特に2曲目などはまるでそんな感じです。裏面の『Concerto For Two Pianos, Percussion And Orchestra』は、生前完成させた『Sonata for Two Pianos and Percussion』の管弦楽バージョン。新古典主義的なきらめきとバルトークならではのスリルにあふれた作。こちらのピアノはパーストリ・ディッタとやはり女性のエリザベート・トゥサ。試聴は『Suite...』が4曲目、『Concerto』が二楽章。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Clouds Of Joy - FLOYDS GUITAR BLUES cw TWINKLIN

  • ジャズ78rpm
 Andy Kirk And His Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・クラウズ・オブ・ジョイ - "FLOYD'S GUITAR BLUES cw TWINKLIN'"
USA / 78rpm / Mono / Decca 2483 / Rec 1938 / Pub 1938
レーベルきれい、盤浅い擦れ、トレースノイズ若干多め
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■カンザス・シティのジャズ・バンド、アンディ・カーク楽団。38年のスペシャルな一枚。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇った名バンドで、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、バップの母メアリー・ルー・ウィリアムズで、ピアノも彼女。チャーリー・パーカーも一時在籍。これは38年の一枚で、両面メアリー・ルーのアレンジ。A面はギタリスト、フロイド・スミスのスティール・ギター・ソロを延々フィーチュアした珍しいナンバー。さらに裏面は、これまたほとんどメアリー・ルーのピアノ・ソロ曲と言っていいナンバー。気まぐれ的な、奔放な演奏、繊細な和声感覚、本当の天才。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Merrill Moore, Charlie Bop Trio, Ferlin Husky, etc. - CAPITOL ROCKABILLY ORIGINALS

  • ロカビリーLP
 Merrill Moore, Charlie Bop Trio, Ferlin Husky, etc.- メリル・ムーア、チャーリー・バップ・トリオ、ファーリン・ハスキー、etc. - "CAPITOL ROCKABILLY ORIGINALS"
U.K. / LP / Mono / Capitol CAPS1009 / Rec 1950s / Pub 1978?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■キャピトル・レーベルに残されたロカビリーを収録したオフィシャル編集盤。
キャピトルの上品で完璧な完成品のイメージはやはりあり、フランティック&クレイジーなロカをという方にはちょっと違うかもしれませんが、音楽の豊かさを隅々までじっくり聞きたいという人には大大推薦。ロカ前夜のロッキン・ヒルビリーものが多いのがうれしい。【曲】「Charlie Bop Trio / Mr.Big Feet」「Ferlin Husky / Slow Down Brother(試聴)」「Ray Parks / You're Gonna Have To Ball That's All」「Farmer Boys / My Baby Done Left Me」「Merrill Moore / Boogie My Blues Away(試聴)」「Rose Maddox / My Little Baby」「Farmer Boys / Cool Down Mame」「Jimmy Heap / Sebbin Come Elebbin」「Simon Crum / Bop Cat Bop」「Johnny Fallin / Party Kiss」「Bobby Norris / I Went Rockin'」「Merrill Moore / Saddle Boogie」「Kenny Loran / I Chickened Out」「Bobby Louis / Cell Of Love(試聴)」「Faron Young / I Can't Dance」「Bobby Lee Trammell / You Mostest Girl」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kornel Zempleni - BARTOK : FOR CHILDREN

  • クラシックLP
 Kornel Zempleni- コルネル・ゼンプリーニ - "BARTOK : FOR CHILDREN"
Hungary / LP / Stereo / Hungaroton LPX11394-95 / Rec 1970 / Pub 1970
コーティングの見開き特殊ジャケット擦れ極わずか、色あせわずか、レーベル二枚ともひげ極わずか、盤二枚とも極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■全79曲の『子供のために』を収録した2LP。
ハンガリー~ヨーロッパのローカルな民俗音楽から着想を得たメロディを、クラシックの技法でもって新しく生まれ変わらせ、音楽大国ハンガリーをリストらとともに代表する存在となったバルトーク。これは、ハンガリーのフンガロトン・レーベルが出したバルトーク全集からで、数十秒~1分ほどの全79曲からなる『子供のために』を完全収録した2LP。ハンガリー/チェコの民謡をもとに作られたこの作品の暖かい無垢な音は、ちょっとした一瞬の仕草を切り取ったようだったり、忘れていた安堵を思い起こさせるようだったりと、新鮮な郷愁感とでも言うような響きがします。演奏はハンガリー人ピアニスト、コルネル・ゼンプリーニ。ハンガリー語と、英仏独露5か国語の詳細ライナー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roger Bobo - PLAY GALLIARD, BARAT, KRAFT, HINDEMITH, WILDER

  • クラシックLP
Roger Bobo- ロジャー・ボボ - "PLAY GALLIARD, BARAT, KRAFT, HINDEMITH, WILDER"
USA / LP / Stereo / Crystal S125 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■クリスタル・レコードから、チューバ室内楽集。アレック・ワイルダー作収録。
マルセル・ミュールやアレック・ワイルダー等を掘っていくと必ず出くわすレーベル、クリスタル。66年にスタートしたクリスタルは、木管、金管のクラシック室内楽専門(パーカッションや弦楽等少々例外はあり)という全く独自のカラーを持ったレーベル。これはアメリカのチューバ奏者、ロジャー・ボボが、現代チューバ室内楽を中心に演奏した一枚。一作だけある17世紀の曲がオープナーで、ドイツのヨハン・エルネスト・ガリアルドという作曲家の『Sonata No.5』。続いてヒンデミットのユーモラスで可愛らしい『Sonata For Bass Tuba And Piano』。B面頭はフランスのジョセフ・エドゥアール・バラ『Introduction And Dance』。次はアメリカの作曲家で、ヘンリー・カウエルの弟子のウィリアム・クラフト『Encounters II(試聴)』。伴奏無し、チューバ一本でホーミーのように多声のメロディを演奏。そしてラストは、アレック・ワイルダーが子供のために書いた6曲からなる『Children's Suite : Effie The Elephant(試聴)』。ティン・パン・アレイと仏近代が混ざったような作風で当然最高。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mischa Elman - SAINT-SAENS : RONDO CAPRICCIOSO

  • クラシック78rpm
 Mischa Elman- ミッシャ・エルマン - "SAINT-SAENS : RONDO CAPRICCIOSO"
USA / 78rpm / Mono / Victor 74165 / Rec 1910 / Pub 1915
レーベル小書き込み、盤浅い擦れ、極小スクラッチわずか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 4  2680 yen
■名ヴァイオリニスト、ミッシャ・エルマンの、1915年の12インチ片面SP盤。
ウクライナに生まれ、世紀の変わり目にはヨーロッパ各国でセンセーションを巻き起こし、1911年にアメリカに移住、エルマン・トーンと呼ばれる美しい音で世界的なヴァイオリニストとなったミッシャ・エルマン(1891-1967)。1915年で(1910年の可能性あり)、サン・サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」。伴奏は数々の歴史的録音の歌伴でも知られるイギリス人ピアニスト/作曲家パーシー・カーン。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mischa Elman - RAFF : CAVATINA

  • クラシック78rpm
Mischa Elman- ミッシャ・エルマン - "RAFF : CAVATINA"
USA / 78rpm / Mono / Victor 74336 / Rec 1913 / Pub 1913
レーベルに小書き込み、盤浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■名ヴァイオリニスト、ミッシャ・エルマンの、1913年の12インチ片面SP盤。
ウクライナに生まれ、世紀の変わり目にはヨーロッパ各国でセンセーションを巻き起こし、1911年にアメリカに移住、エルマン・トーンと呼ばれる美しい音で世界的なヴァイオリニストとなったミッシャ・エルマン(1891-1967)。曲は19世紀スイスのロマン派作曲家ヨアヒム・ラフの"カヴァティーナ"。伴奏は数々の歴史的録音の歌伴でも知られるイギリス人ピアニスト/作曲家パーシー・カーン。コンディション良好、音も良し。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Beveridge Webster - MODERN AMERICAN PIANO MUSIC

  • クラシックLP
 Beveridge Webster- ビヴァリッジ・ウエブスター - "MODERN AMERICAN PIANO MUSIC"
USA / LP / Mono / Dover HCR5265 / Rec 1966 / Pub 1966
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■アメリカ現代音楽のピアノ曲名作を三作収録した一枚。
ロシア人の両親のもとに生まれ10代で作曲を始め、メキシコ民謡をもとにした『エル・サロン・メヒコ』で名声を得た、20世紀のアメリカを代表する作曲家の一人アーロン・コープランド(1900-1990)、チャールズ・アイヴズの弟弟子でもあるアメリカ現代音楽のパイオニアで、また教育者としてもジョン・アダムズやコンロン・ナンカロウなどを教えたロジャー・セッションズ(1896-1985)、やはりアイヴズに深く影響を受けアメリカ音楽に大きな一ページを刻んだエリオット・カーター(1908-2012)。この三人のピアノ曲の代表作で、アメリカ現代音楽の傑作と言われる三作を、特にアメリカのクラシックを得意としたビヴァリッジ・ウエブスターが演奏した一枚。クラシック、そして"その他"にジャンルわけされるレコードを出したドーヴァーというレーベルから、66年。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Scott Joplin, James Scott, Tom Turpin, etc. - RAGTIME PIANO ROLL CLASSICS

  • ラグタイム・ピアノLP
 Scott Joplin, James Scott, Tom Turpin, etc.- スコット・ジョプリン、ジェームス・スコット、トム・ターピン、etc. - "RAGTIME PIANO ROLL CLASSICS"
USA / LP / Mono / Riverside / Rec pre1920s / Pub 1950s
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットに小スタンプ、レーベルひげ、盤小プツ音出るスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■伝説的ラグタイム・ピアニストが自ら録音したピアノ・ロール演奏を収録した一枚。
説明いらずのラグタイム・ピアノ・キング、スコット・ジョプリン、そしてジョプリンと並んで最高の作曲家、ピアニストとされるジェームス・スコット、セント・ルイスでバーもやっていた、やはり世紀の変わり目のピアニスト、トム・ターピン、この三人が自らの曲をプレイヤー・ピアノで録音したロール(ジャケットはピアノ・ロール紙をモチーフにしたデザイン)を演奏、収録した一枚。他4曲収録されていますが、これは演奏者わからず、しかし内容で選ばれています。 【曲】「James Scott / Grace And Beauty」「James Scott / Ragtime Oriole(試聴)」「Tom Turpin / St. Louis Rag(試聴)」「Joseph Lamb / American Beauty Rag」「Scott Joplin / Scott Joplin's New Rag(試聴) 」「Scott Joplin / Original Rags」「Scott Joplin / Fig Leaf Rag」「Scott Joplin / The Entertainer」「Unknown / St. Louis Tickle」「Unknown / States Rag Medley # 8」「Unknown / Jungle Time」「Unknown / 'possum And 'taters」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clarence Williams - CLARENCE WILLIAMS RARITIES

  • ジャズLP
 Clarence Williams- クラレンス・ウィリアムス - "CLARENCE WILLIAMS RARITIES"
U.K. / LP / Mono / Parlophone PMC7049 / Rec 1920s, 1930 / Pub 1968
コーティングの折り返しジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、若干しなり
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■20年代NY黒人ジャズの元締め、クラレンス・ウィリアムスの音源集。
作曲、演奏、プロモーター、出版などなど、20年代ニューヨークの黒人音楽に関係することはまずほとんどやったんじゃないかというクラレンス・ウィリアムス。これは、自身が率いたグループで、ジャズ、ブルース濃度の特に濃いナンバーを、グループをしぼらず美味しいものを選りすぐって選んだ英パーロフォン肝いりの編集盤。ウォッシュボード・バンド、ジャグ・バンド系もしっかり収録。60年代英パーロフォンが作った米ジャズ編集盤、ほんといいものばかり。【曲】「Would Ja?」「Senagalese Stomp」「Mean Blues」「Pickin' On Your Baby」「Shreveport Blues」「You Can't Shush Katie (The Gabbiest Girl In Town)」「Baby, Won't You Please Come Home」「Kansas City Man Blues(試聴)」「Steamboat Days」「Where That Old Man River Flows」「I'm Busy, You Can't Come In(試聴)」「Shout! Sister, Shout!(試聴)」「Organ Grinder Blues」「Kentucky」「Close Fit Blues」「Mississippi Blues (Home Town Toddle)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.