(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: perc)

Harry Breuer And Orchestra - THE HAPPY SOUND OF RAGTIME

  • イージー・リスニングLP
 Harry Breuer And Orchestra- ハリー・ブリュアー・アンド・オーケストラ - "THE HAPPY SOUND OF RAGTIME"
USA / LP / Mono / Audio Fiedelity AFLP1912 / Rec 1960 / Pub 1960
コーティングジャケット表裏円状の擦れ少々、三辺端に小テープ、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■木琴/鉄琴奏者ハリー・ブリュアーがラグタイムを演奏したアルバム。
戦前ダンス・バンドで演奏し始め、後にはジャン・ジャック・ペリーとともに活動した木琴&鉄琴奏者ハリー・ブリュアーの60年のアルバム。弾むようなリズム、マリンバや鉄琴の音の気持ちよさを最大限に引き出したサウンドで、ラグタイム・クラシックを演奏。モノ・オリジナル盤。【曲】「Cannon Ball」「Mister Piccolo」「Ebony And Ivory」「Dill Pickles(試聴)」「Corn Shucks」「Bugle Call Rag」「Twelfth Street Rag」「Spaghetti Rag」「Hungarian Rag」「Copycat(試聴)」「Raggin The Scale」「Turkish Trophies(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sylvio Gualda - PERCUSSION - CONSTANT : 14 STATIONS / STOCKHAUSEN : ZYKLUS

  • クラシックLP
 Sylvio Gualda- シルヴィオ・グアルダ - "PERCUSSION - CONSTANT : 14 STATIONS / STOCKHAUSEN : ZYKLUS"
France / LP / Stereo / Erato STU70603 / Rec 1971 / Pub 1971
見開きジャケット擦れほぼ無し、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■現代打楽器奏者シルヴィオ・グアルダが、二作の打楽器作を演奏したアルバム。
おもに現代音楽を得意としたフランスのクラシック打楽器奏者、シルヴィオ・グアルダのアルバム。A面全てとB面頭までは、メシアンやオネゲルに師事、映画『トワイライトゾーン』のテーマも作曲したマリユス・コンスタン(1925-2004)の『14 Stations』。コンスタン自身が結成した仏現音名グループ、アルス・ノヴァ・アンサンブルのメンバーも参加。裏面の大部分はシュトックハウゼン(1928-2007)の打楽器作『Zyklus』。こちらはグアルダのソロ演奏。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Alabama Washboard Stompers - 1930-1932

  • ジャズLP
 Alabama Washboard Stompers- アラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ - "1930-1932"
Italy / LP / Mono / Gardenia AWS4013 / Rec 1930 to 1932 / Pub ?
ジャケット擦れわずか、右上小折れ目、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  3500 yen
■テディ・バンらが始めたアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズの編集盤。
洗濯板をドラム替わりにした、言ってみればジャズ・マンがやるロックンロールのようなウォッシュボード・バンド。これは、ジャズ&ブルース・ギタリスト、テディ・バンらが始めたアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズの編集盤で、ウォッシュボード・バンドをかなり積極的にリリースしたイタリアのガーデニア・レーベルからの一枚。メンバーは流動的で、後にバンが始めるジャイヴ・バンド、スピリッツ・オブ・リズムのメンバーが入ってる曲もあり。小編成ならではの、おのおののワザをズバッと見せるナンバーがぎっしり。多分、彼らの単独LP編集盤はこれだけ。裏ジャケットは当時の名ウォッシュボード・バンドのディスコグラフィになってます。【曲】「If I Could Be With You」「The Porter's Love Song(試聴)」「Pig Meat Stomp(試聴)」「Rockin' Chair」「I Want A Little Girl」「You're Lucky To Me」「Who Stole The Lock」「Treat Me Like A Baby」「I Need Lovin'」「I Surrender, Dear」「You Can't Stop Me From Lovin' You」「Corrine, Corrina」「Was That The Human Thing To Do」「Can't We Talk It Over」「Pepper Steak」「If You Don't Love Me」「You Can Depend On Me」「If All The World Was Made Of Glass」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Rhythm Boys - 1933

  • ジャズLP
 Washboard Rhythm Boys- ウォッシュボード・リズム・ボーイズ - "1933"
Italy / LP / Mono / Gardenia WRB4014 / Rec 1933, 1934 / Pub 1982
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■30年代の名グループ、ウォッシュボード・リズム・ボーイズの編集盤。
洗濯板をドラム替わりにした、言ってみればジャズ・マンがやるロックンロールのようなウォッシュボード・バンド。これはトロンボーン奏者ベン・スミス(最近の人でなく30年代の黒人プレイヤー)やタフト・ジョーダン(TP)等名うての名手が参加した三つのグループを収録した一枚。演奏のスタイルは3バンド似ていて、ワイルドなブラック・ホット・ジャズ+ボードのアップ~ミッドアップが多め。ウォッシュボード・バンドの音源を積極的にリリースしたイタリアのレーベル、ガーデニアから。裏ジャケットは当時の名ウォッシュボード・バのンドのディスコグラフィになってます。【曲】「St. Louis Blues(試聴)」「Lazybones」「Some Of These Days」「Learn To Croon」「Dog And Cat」「I Cover The Waterfront」「Old Man Blues(試聴)」「Mississippi Basin」「I Want To Ring Bells」「I Would If I Could But I Can't(試聴)」「Hard Corn」「Kelsey's」「Move Turtle」「Shoutin' In The Amen Corner」「Tiger Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Rhythm Kings - 1932-1933

  • ジャズLP
 Washboard Rhythm Kings- ウォッシュボード・リズム・キングス - "1932-1933"
Italy / LP / Mono / Gardenia WRK4011 / Rec 1932, 1933 / Pub 1978
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ウォッシュボード・リズム・キングスの編集盤。
洗濯板をドラム替わりにした、ジャズ・マンがやるロックンロールのようなウォッシュボード・バンド。これは、セッションでメンバーは違いますが、タフト・ジョーダン(TP)、ベン・スミス(CL、AS)、レオ・ワトソン(Vo)らによるこのジャンルの草分け、ウォッシュボード・リズム・キングスの音源を、このジャンルにこだわってリリースしたイタリア・ガーデニア・レーベルからの編集盤。渦になって濁流にのみ込まれるようなアップ、歯切れのいいシャキッとしたミッド、どれもグレイト。裏ジャケットは当時の名ウォッシュボード・バのンドのディスコグラフィになってます。【曲】「Ash Man Crawl(試聴)」「I'm Gonna Play Down By The Ohio(試聴)」「Underneath The Harlem Moon」「Ikey And Mikey」「Sloppy Drunk Blues」「A Nickel For A Pickle」「Fire(試聴)」「Oh! You Sweet Thing」「Something's Gotta Be Done(試聴)」「Old Yazoo」「Gotta Be, Gonna Be Mine」「Wah-Dee-Dah」「Blue Drag」「I'm Getting Sentimental Over You」「My Pretty Girl」「Bug-A-Boo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Hodes - THE TRIOS

  • ジャズLP
Art Hodes- アート・ホーディス - "THE TRIOS"
USA / LP / Mono / Jazzology J113 / Rec 1953 / Pub 1985
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ジャズ・ピアニスト、アート・ホーディスの53年のトリオ録音を11曲収録した一枚。
このアルバムに、違うメンツのトリオ三曲を加えリイシューした一枚。ダーネル・ハワード(cl)、アート・ホーディス(p)、ベイビー・ドッズ(d)のトリオが4曲、ヴォリー・デフォート(cl)、ホーディス(p)、ジャスパー・テイラー(d、Washoard)のやはりトリオが4曲、ジョージ・ルイス(cl)、ホーディス(p)、ローレンス・マレロ(bj)のトリオが3曲。どれもそうなのですが、新たに加えられたダランとした三曲が特に自然発生的で、彼らの魅力が良く出ています。手でつかめそうなほど生々しい音もいい一枚。全て53年の録音。【曲】「Slow And Easy Mama Every Night(試聴)」「I Know That You Know」「Baby Food」「Sweet Georgia Brown(試聴)」「Tishomingo」「Washboard Stomp」「Loveless Love(試聴)」「Sheik Of Araby」「Lingering Blues」「Copenhagen」「Someday Sweetheart」


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lord Foodoos - CALYPSO CARNIVAL

  • ジャマイカの音楽LP
Lord Foodoos- ロード・フードゥーズ - "CALYPSO CARNIVAL"
USA / LP / Stereo / Elektra Legacy LEG116 / Rec 1957 / Pub late60s
ジャケットシュリンク入り、下部中央小縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャマイカのメント/カリプソ・シンガー、ロード・フードゥースのアルバム。
オリジナルは57年エレクトラ・レーベルから、これは60年代後半?あたりの自社リイシュー。ライブとジャケットにありますがスタジオ録音。演奏はかなりワイルド、スローもやたらとブットイナンバー揃い。歌ものりまくってます。【曲】「Matilda」「Back To Back」「Don't Touch Her Tomato」「Marianne」「One Little Lover」「Stone Cold Dead In The Market」「That's How Me Come Over(試聴)」「Day-O」「Lady Trelalay」「Drive Her Home」「Hold Em Joe」「Peas And Rice」「Lousy Mother In Law(試聴)」「Jamaica Farewell(試聴)」※本日のアップはこれで終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amamiya Yasukazu - NATSUNEBUTSU

  • クラシックLP
 Amamiya Yasukazu- 雨宮靖和 - "NATSUNEBUTSU"
Japan / LP / Stereo / RCA RVC2154 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット表裏擦れわずか、帯縁に小裂け、インサートしみ、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■打楽器奏者、雨宮靖和が、自作とモートン・フェルドマンの打楽器作を演奏した一枚。
冒頭は雨宮のタイトル曲で、クラシックで使うものから民俗楽器、おもちゃのようなものまで何十もの打楽器、プリペアド・ピアノ、ミュージカル・ソウ、尺八、口笛、テープ・レコーダーを使った「夏念仏」。続いて、音符ではない図形の譜面で自由な創作を可能にしたアメリカのモートン・フェルドマンの「デンマークの王」。スティック、マレットを使わずにすべて手で叩くことで、独特の静けさを保つ不思議な作。B面は雨宮の「墨に染まりゆく海」。電子音響を積極的に使い深海の様子を描いた作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mark Nauseef - SURA

  • ジャズLP
Mark Nauseef- マーク・ナウシーフ - "SURA"
Germany / LP / Stereo / CMP 21ST / Rec 1983 / Pub 1983
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■パーカッション奏者マーク・ナウシーフの83年のアルバム。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドからイヴァン・パーカーまで様々な共演歴のあるパーカッション奏者マーク・ナウシーフの83年のアルバム。おもに東南アジア、インドの民俗楽器とジャズ・ロックを自在にミックスしたイマジナティブな一枚。ヨアヒム・キューン(ピアノ&チャーチ・オルガン)、マルクス・シュトックハウゼン(トランペット&フリューゲルホーン)、デヴィッド・トーン(ギター)ら参加。【曲】「Kids」「Namenlos(試聴)」「Kamalesh(試聴)」「Ching-Chime」「Bach」「Indonesia」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Zutty Singleton And The Clarinet Kings - VOLUME 1

  • ジャズLP
Zutty Singleton And The Clarinet Kings- ズティ・シングルトン&ザ・クラリネット・キングス - "VOLUME 1"
USA / LP / Stereo / Fat Cats Jazz FCJ100 / Rec 1967 / Pub late60s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ、B面に一本強めの擦れ、音に出ず
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2680 yen
■伝説的ジャズ・ドラマー、ズティ・シングルトンの67年録音盤。
ベイビー・ドッズと並ぶジャズ・ドラマーの草分けズティ・シングルトン。これは彼が67年に録音していたセッションを収録したアルバムで、スヌーザー・クイン等トラッドのいいものをリリースしたファット・キャッツ・ジャズの旗揚げ盤。クラリネット・キングスとあり確かにクラもいいのですが、ウォルター・スライド・ハリスというトロンボーン奏者とジョンソン・マクリーというシンガーが特にいい一枚。スロウ、ミッド・スロウ多め。【曲】「Snake Rag」「Nobody Knows You When You're Down & Out(試聴)」「Dr.Jazz Stomp」「Yellow Dog Blues(試聴)」「When You Wore a Tulip」「Marie」「Winin' Boy Blues(試聴)」「Of All the Wrongs You Done To Me」「Royal Garden Blues」「You Tell Me Your Dream」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Merceditas Valdes - ORISHAS

  • 民俗音楽/キューバLP
 Merceditas Valdes- メルセディータス・バルデス - "ORISHAS"
Cuba / LP / Stereo / Areito LD4630 / Rec 1989 / Pub 1989
ジャケット表裏円状の擦れ少々、左上はがれ、背部中央に縁裂け、レーベルひげあり、盤浅い擦れ少々
Jacket 2.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■アフロ・キューバンの名女性シンガーが、サンテリアの神オリシャの歌を唄った一枚。
キューバ・アレイト盤。ナイジェリアから移ってきた人が多いキューバの黒人たちの間の混合信仰で、ルーツはそのナイジェリアのヨルバ族だというサンテリア。オリシャはサンテリアの神で、これは彼女がその歌を唄ったアルバム。全曲ヨルバ族に伝わる歌のようで、試聴のような、心の耳を開けて聞かざるを得ない打楽器と歌の原始的なナンバーを11曲収録。【曲】「Eleggua」「Oggun」「Obatala」「Ochun(試聴)」「Chango」「Eleggua」「Oggun」「Obatala(試聴)」「Yemaya」「Ochun」「Chango」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washboard Sam - BLUES CLASSICS BY WASHBOARD SAM

  • ブルースLP
 Washboard Sam- ウオッシュボード・サム - "BLUES CLASSICS BY WASHBOARD SAM"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC10 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■洗濯板+ターンテーブル(シンバル替わり)でジャカジャカとリズムをとりながら歌うウォッシュボード・サム。
20年代のメンフィスでスリーピー・ジョン・エステスらと演奏、その後シカゴに移りブルードバード・レーベルのセッション・ミュージシャンとしてメンフィス・スリムや義兄弟のビッグ・ビル・ブルーンジー、タンパ・レッド、ジャズ・ジラム等と夫々のセッションに参加。1949年まで録音をしていていました。本作は彼の音源の決定盤といえる一枚で、「Mama Don't Allow」「Back Door」等の代表曲からマニアックなナンバーまで非常によくまとまったブルース・クラシックス盤。オリジナルは60年代、これは70年代のプレス。【曲】「Mama Don't Allow」「Jesse James Blues」「Mama Don't Allow No. 2」「Big Woman」「We Gonna Move」「Back Door」「Lowland Blues」「Out With The Wrong Woman」「Save It For Me(試聴)」「I'm On My Way」「Levee Camp Blues(試聴)」「Low Down Woman」「I'm Going To St. Louis(試聴)」「Lovers Lane Blues」「Flying Crow Blues」「Digging My Potatoes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.