(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: p)

Pannalal Ghosh - PANNALAL GHOSH

  • インドの音楽LP
 Pannalal Ghosh- パンナラル・ゴーシュ - "PANNALAL GHOSH"
India / LP / Mono / His Masters Voice EALP1354 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■インドのバンスリ(横笛)奏者、パンナラル・ゴーシュのソロ・アルバム。
彼によってこの楽器が広まったという随一の名手、パンナラル・ゴーシュの70年のアルバム。インドHMV盤。【曲】「Raga: Chandramauli (Bilampat)(試聴)」「Raga: Chandramauli (Drut)」「Raga: Hansnaraini」「Raga: Deepawali (Bilampat)」「Raga: Deepawali (Drut)」「Raga: Dadra」「Raga: Hansdhwani」「Raga: Basant Mukhri」「Raga: Bopali Todi」「Raga: Thumri Khamaj(試聴)」「Raga: Thumri Piloo」「Raga: Kajri」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pearls - ZIPPITY ZIPPITY ZOOM

  • ドゥワップLP
 Pearls- パールズ - "ZIPPITY ZIPPITY ZOOM"
USA / LP / Mono / Onyx 203 / Rec 1950s / Pub 1970s?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■デトロイトのドゥワップ・グループ、パールズの音源集。
54年にアラジンからレコード・デビュー、その後アトコ、オニクスなどから10枚のシングルをリリース。これはそれを全て収録した編集盤。クリア緑盤。【曲】「Zippity Zippity Zoom」「Shadows Of Love」「My Oh My」「Ice Cream Baby」「The Vow」「I Sure Need You」「Yum Yummy」「Your Cheatin' Heart」「Band Of Angels」「Real Humdinger」「Let's You And I Go Steady」「More Than The Dat Before」「It's Love Love Love」「Tree In The Meadow(試聴)」「You're Not In Love With Me」「Zuz-z-ma-tuz」「Ugly Face」「Wheel Of Love」「Rockin' House(試聴)」「Please Let Me Know(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Brasil - MUSIQUE INDIENNE DU BRESIL

  • 民俗音楽/ブラジルLP
People Of Brasil- ブラジルの人々 - "MUSIQUE INDIENNE DU BRESIL"
Japan / LP / Mono / Vogue K18C5181 / Rec 1960s / Pub 1984
ジャケット表裏円状の擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯インサートともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ブラジル北部の先住民族の音楽を収録した一枚。
キング・レコードの"世界の民族音楽ライブラリー"のシリーズからで、ギアナの南方、ブラジル北部から中部に流れるシングー川流域の種々の部族の歌、民族楽器演奏集。メロディとリズム、奇声の組み合わせが面白いクイクル族の踊りの歌、クラフトワークの「Ruckzuck」これ聞いたんじゃないの?というヤワラピティ族の竹笛合奏、獣や鳥の鳴き声を真似して裏声で歌われる「猿の踊り」などなど全13曲収録。オリジナルはフランス・ヴォーグから68年。【曲】「Anduve(試聴)」「Flutes De Pan(試聴)」「Awarau」「Flutes-a-bloc(試聴)」「Kwahahalu」「Ihaha」「Chant Des Mekrakarore」「Danse De Mekrakarore」「Kurukango」「Kozi-Kozi」「Kurukango」「Fete Des Morts Part 1」「Fete Des Morts Part 2」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Phil Baugh - COUNTRY GUITAR

  • カントリーLP
 Phil Baugh- フィル・ボー - "COUNTRY GUITAR"
USA / LP / Mono / Longhorn LP002 / Rec 1965 / Pub 1970s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ナッシュヴィルの天才ギタリスト、フィル・ボーのファースト。
レイ・プライスのダラスでの録音に参加し一躍業界の目に止まることとなり、65年にリリースされたシングル(A1)でその年のカントリー・ギター界の話題を総ざらいした天才ギタリスト、フィル・ボー。フィル・ボー・ペダルという、普通の6弦ギターにペダルを組み込み、ペダル・スティール・ギターにも似たサウンドを出せるシステムを作った人でもあり。まずそのA1、これは曲を最後まで聞いていただくしかないのですが、マール・トラヴィスやデュアン・エディ等のスタイルのソロを連発するという....歌もの、インストは半々で、歌はやはりこのレーベルからシングルが出ているシンガー。アップの曲がスゴイのは当たり前、しかしバラードも◎、さらにソロだけでなく歌のサポートも光りまくってます。【曲】「Country Guitar(試聴)」「Dry Camel」「No Deposit, No Return(試聴)」「The Finger」「Good Times」「Live Wire(試聴)」「Lonesome Joe From Koko Mo」「I Know That Feeling」「Brand New World」「Take One」「Don't Tell Anyone (I Cried)」「Chattanooga」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Mongol, Sin-Kiang, Clude Roy - MONGOLIE / SIN-KIANG : CHANTS DES MINORITES NATIONALES CHINOISES

  • 民俗音楽/モンゴル・新疆45rpm EP
People Of Mongol, Sin-Kiang, Clude Roy- モンゴルと新疆(ウイグル)のミュージシャン、クロード・ロワ - "MONGOLIE / SIN-KIANG : CHANTS DES MINORITES NATIONALES CHINOISES"
France / 45rpm EP / Mono / Le Chant Du Monde LDY4039 / Rec early50s / Pub early50s
折り返しジャケット擦れ少々、表面にシール、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、B面にプレスミス、プツ音ところどころ
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3480 yen
■仏ル・シャン・ドゥ・モンドの"中国への鍵"のシリーズから、モンゴルと新疆の民俗音楽を収録した一枚。
仏ル・シャン・ドゥ・モンドが、50年代前半、3枚の33回転EPで中国の民俗音楽を紹介した"中国への鍵"というシリーズ。一枚は京劇、一枚は中国各地の音楽を収録。そしてこれは、"中国の少数民族の歌"と題された、モンゴルとウイグル(新疆)の民俗音楽を収録した一枚。素晴らしすぎます。A面はモンゴルで、4曲。管楽器を伴奏にした大地に沁み渡るような男性の歌、(馬頭琴?)擦弦楽器のソロ、その楽器を伴奏にした男性の歌、日本の追分節を思わせる男女の歌など。裏面はウイグルで3曲。中央アジア、アラブ、ロシア、そして中国のエッセンスが混ざる無国籍な内容で興奮。ライナーとプレゼンテーションは詩人のクロード・ロワ。インサート欠品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paganini Quartet - ALBERTO GINASTERA : QUARTET NO.1 / LASZLO LAJTHA : QUARTET NO.7, OP.49

  • クラシックLP
Paganini Quartet- パガニーニ・カルテット - "ALBERTO GINASTERA : QUARTET NO.1 / LASZLO LAJTHA : QUARTET NO.7, OP.49"
USA / LP / Mono / Decca DL9823 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■アルゼンチンのヒナステラ、ハンガリーのライタの弦楽四重奏を収録。
メンバー4人全員がパガニーニの持っていたストラディバリで演奏するという、ベルギー出身で米で活躍したパガニーニ・カルテット。Aは、アルゼンチンの作曲家アルベルト・ヒナステラ(1916-1983)の『弦楽四重奏第一番』(1948年)、Bはハンガリーの作曲家ラースロー・ライタ(1892-1963)の『弦楽四重奏第七番』(1950年)。まずAのヒナステラ、これが最後まで震え止まらない全4楽章。通して激しいリズムの刻みをテーマにして、ゾクゾクするバリエーションを延々聞かせる超々スリリングな作。第三楽章のみスロウ、しかしこれがまた永遠に朝がこない世界の出来事のようでヤバイ。試聴は第一楽章。裏のライタ、これもスゴイ。バルトークやコダーイとともに民俗音楽研究にもいそしんだライタ、いくぶん古風な響きで、やはり激しく細かく刻まれるビートを前面に出した試聴の第一楽章、深く沈んで行くような第二楽章、緊張を含んだメヌエットの第三楽章、それまでの要素が花火のように打ちあがる第四楽章。56年オリジナル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Tanzania, Koizumi Fumio(Rec., Dir.) - MUSIC OF EAST AFRICA - TANZANIA

  • 民俗音楽/タンザニアLP
 People Of Tanzania, Koizumi Fumio(Rec., Dir.)- タンザニアの人々、小泉文夫 - "MUSIC OF EAST AFRICA - TANZANIA"
Japan / LP / Stereo / King Seven Seas GXC5006 / Rec 1971 / Pub 1978
ジャケット擦れほぼ無し、裏面に小はがれ、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■小泉文夫録音・監修の、タンザニアの音楽。
前回入荷時のもの。←試聴は違う曲ですのでぜひ)78年、小泉文夫の現地録音&監修で20枚製作された名盤だらけの"世界の民俗音楽シリーズ"。アフリカは2枚作られ、そのうちの一枚がこのタンザニアで、衝撃的にいい内容。ンビラ(親指ピアノ)の静かな弾き語り、現地の子供たちのわらべ歌、チベット山地の遊牧民の歌を思い出す一弦胡弓の弾き語り、もう逆に西洋の音楽のイマジネーションの貧しささえ感じてしまう、ジャケット写真の彼の演奏(自作楽器なんだそう)、例によってほんと気持ちいい音のする(このアルバム全編通して音ムチャクチャいい)数種の木琴演奏etc...まだまだあります。【曲】「Chuoda(試聴)」「Children's Dance Song I.」「Children's Dance Song II.」「Hand-clapping Game Song」「Jump-rope Song I.」「Jump-rope Song II.」「Bepali(試聴)」「Muendeke(試聴)」「Nyablelo」「Masao (Litungu)」「Mkwaju」「Itete Angoma」「New Year Harvest Festival」「Marimba Duet」「Drum Dance "Mkwaju"」「Mkwaju I.」「Mkwaju II.」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Poni-Tails - BORN TOO LATE

  • オールディーズLP
 Poni-Tails- ポニ・テイルズ - "BORN TOO LATE"
Denmark / LP / Mono / Teen Ager TA607 / Rec late50s / Pub 1990
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■オールディーズ・ガール・グループの最初期の名グループ、ポニ・テイルズ。
オハイオ州クリ-ヴランドの高校の女学生達が組んだ、いわゆるシスターズではないオールディーズ・グループで、成功を収めた最も初期のガール・グループと言われるポニ・テイルズ。少し先輩の、"Mr. Sandman"のコーデッツの影響を受けつつ後のグループにつながるような絶妙なハーモニー。「」【曲】「Seven Minutes In Heaven」「Come On Joey Dance With Me」「Early To Bed」「Father Time(試聴)」「I'll Be Seeing You(試聴)」「I'll Keep Tryin'」「Come Be My Love」「Before We Say Goodnight」「Born Too Late(試聴)」「Wild Eyes And Tender Lips」「Moody」「Omm Pah Polka」「Close Friends」「You Wild Heart」「Que La Bozena」「It's Just My Luck To Be Fifteen」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Phil. Sym. Orch. Of New York, Woody Herman, Joseph Szigeti, Igor Stravinsky - MEET THE COMPOSER : STRAVINSKY CONDUCTS AND PLAYING HIS OWN WORKS

  • クラシックLP
Phil. Sym. Orch. Of New York, Woody Herman, Joseph Szigeti, Igor Stravinsky- NYフィル交響楽団、ウッディ・ハーマン楽団、ヨゼフ・シゲティ、イーゴリ・ストラヴィンスキー - "MEET THE COMPOSER : STRAVINSKY CONDUCTS AND PLAYING HIS OWN WORKS"
USA / LP / Mono / Columbia ML4398 / Rec late1940s / Pub 1951
ジャケット左上にはがれ、表裏擦れ少々、裏ジャケット鉛筆書き込み、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、チリ音少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3980 yen
■米コロンビア50年代初頭のシリーズ"Meet The Composer"の最初の一枚。
シェーンベルクやプーランク、50年代初頭、コロンビアが"Meet The Composer"と銘打って、有名作曲家の自演のレコードをいくつかリリースしたシリーズの最初のもので、ストラヴィンスキー自身が自作を指揮した一枚。まずは1908年作曲の『幻想曲・花火』。その名のとおり花火が打ちあがる様子を表現した管弦楽曲。そして名指揮者クーセヴィツキーに捧げられた43年作の管弦楽曲『頌歌』。42年作曲の『4つのノルウェーの情緒』はブロードウェイ・レヴューのために書かれた作で、グリーグに多きを負っている作品。同じ42年の『サーカス・ポルカ』は、NYのサーカス団に依頼され作られた曲で、ゾウのバレエのために書かれたという曲。この4作品の演奏はNYフィル交響楽団。さて、もちろんその4作品も忘我の作なのですが、ここからはもう号泣。ストラヴィンスキーがウディ・ハーマンのために書いた45年の『エボニー・コンチェルト』。ジャズ、ラグタイム、ルンバ等アメリカのダンス・ビートを印象にした、使ったことの無い耳の筋肉を刺激されるような3楽章。演奏はそのハーマン楽団。そしてストラヴィンスキー自身のピアノと、やはり米に移住した世界的ヴァイオリン奏者ヨゼフ・シゲティの二人の演奏で「ロシアの乙女の歌」(22年)。肉感的な生々しいヴァイオリン、沈んだ面持ちのピアノ、ずしんとくる超名演。試聴は『エボニー..』です。51年オリジナル・レーベル。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Papa George Lightfoot - NATCHEZ TRACE

  • ブルースLP
 Papa George Lightfoot- パパ・ジョージ・ライトフット - "NATCHEZ TRACE"
U.K. / LP / Stereo / Crosscut CCR1001 / Rec 1969 / Pub 1969
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏ジャケットにしみ、折れ目少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 4  2680 yen
■ミシシッピの伝説的ブルースハープ奏者、パパ・ジョージ・ライトフットのカムバック作。
40年代~50年代中期にかけて、ピーコックやアラジンからレコードを出していたもののリタイア、そして69年に、ブルース研究家&プロデューサー、スティーヴ・ラヴェリーが声をかけ録音されたカムバック作。演奏のスタイルも歌も、録音もダーティでド迫力。【曲】「My Woman Is Tire Of Me Lyin'(試聴)」「New Mean Old Train(試聴)」「Love My Baby」「Goin' Down That Muddy Road」「Ah,Come On Honey」「I Heard Somebody Cryin'」「Take It Witcha」「Nighttime」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pat Webb - GUITAR

  • ギター/ブルースLP
 Pat Webb- パット・ウェッブ - "GUITAR"
USA / LP / Stereo / Folkways FTS31043 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット円状の擦れ、ラジオ局シート貼り、下部テープ、裏ジャケットにスタンプ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■フォーク・ブルース・ギタリスト、パット・ウェッブのファースト・ソロ・アルバム。
60年代前半に、シャルロット・ダニエルズという女性とフォーク・ブルースの名作を出し、ライトニン・ホプキンズやヤンク・レイチェル等とも共演した放浪のギタリスト、パット・ウェッブ。この珍しい77年のアルバムは、バックワーズ・サム・ファークやジョン・ミラーなど一級のブルース・マン、さらにジョン・フェイヒーにも通じるイマジナティヴな世界を作った彼の代表的傑作。ギター一本の内向的でヴァラエティに富んだブルース演奏は、なぜもっと評価されないのかがさっぱり分かりません。ブルースにフラメンコのテクニックを導入したような「Wild Stallion」(フェイザーのようなエフェクターさえ使っています。)、ストレートにフォーク・ブルースを弾く「Blues In A」、自身のがさつなボーカルも披露するミシシッピ・シークスの代表曲「I'm Sitting On Top Of The World」、一時期のフェイヒーのようなブルースをベースにした独自なギター・インスト「Green Country Jump」などなど収録。【曲】「Wild Stallion」「Blues In A」「Forty-Four-Eleven(試聴)」「Sitting On Top Of The World(試聴)」「Dulcimer Songs(試聴)」「Gas Light」「Green County Jump」「Sand Dance」「Blues In B」「Variation In C」「Pat's Blues」「Saints (traditional)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paco Ibanez - LA POESIE ESPAGNOLE DE NOS JOURS ET DE TOUJOURS 3

  • フォーク/スペインの音楽LP
 Paco Ibanez- パコ・イバニェス - "LA POESIE ESPAGNOLE DE NOS JOURS ET DE TOUJOURS 3"
Spain / LP / Stereo / Moshe Naim MN10003 / Rec 1969 / Pub 1969
特殊見開きジャケット擦れ少々、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■スペインのフォーク・シンガー、パコ・イバニェスの69年のアルバム。
60~70年代、スペインの民主化闘争で、人々を大きく勇気づけたフォーク・シンガー、パコ・イバニェスの69年のアルバム。ラファエル・アルベルティ、ルイス.セルヌーダ、アントニオ・マチャードなどスペインの9人の詩人の詩13作にメロディを付け唄った一枚。このフランス盤がオリジナル。【曲】「A Galopar」「Nocturno」「Un Espanol Habla De Su Tierra(試聴)」「Como Tu」「Villancico」「Era Un Nino Que Sonaba(試聴)」「Proverbios Y Cantares」「Palabras Para Julia」「Erase Una Vez(試聴)」「Me Lo Decia Mi Abuelito」「Lo Que Puede El Dinero」「Nana De La Mora」「Coplas Por La Muerte De Su Padre」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.