(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: p)

Prague Wind Quintet, Josef Hala(P) - WIND QUINTET COMPOSITIONS

  • クラシックLP
 Prague Wind Quintet, Josef Hala(P)- プラハ木管五重奏団、ヨゼフ・ハーラ(ピアノ)、etc. - "WIND QUINTET COMPOSITIONS"
Czechoslovakia / LP / Stereo / Supraphon 1111426 / Rec 1973 / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チェコの4人の作曲家の木管五重奏曲集。
実はチェコはヨーロッパでも一番早くアメリカのジャズを取り入れた国で、クラシックでもジャズ風の作が多く、現代音楽もとてもシンパシーを感じるものが多いです。インドルジフ・フェルド(1925-2007)の軽やかでリズミックな68年作の『Wind Quintet』、古いアニメーションの音楽を聞いているような気分になる可愛らしい情景的なルボル・バールタ(1928-1972)の69年作『Wind Quintet』、唯一ピアノが入るオルドジフ・フロスマン(1925-1998)の肉厚で暗めの62年作『Sonata For W.Q. & Piano』、なんとなくLPはここでクライマックスを迎えた感ありますが、次のヴィクトル・カラビス(1923-2006)の『Little Chamber Music』(67年)は雰囲気変わります。第一楽章はなんとなくそれまでのムードを引き継いだ、ドラマのある、歯切れのいい曲、しかしフワフワ浮かぶような瞑想的な2曲目、細切れの演奏が整然と配置された科学的な面白さのある三曲めは次世界に入ったような新鮮さ。試聴はこの2、3曲目。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Chile - AMERINDIAN CEREMONIAL MUSIC FROM CHILE

  • 民俗音楽/チリLP
 People Of Chile- チリの人々 - "AMERINDIAN CEREMONIAL MUSIC FROM CHILE"
Japan / LP / Stereo / Philips PC1707 / Rec 1970s? / Pub 1979
ジャケット擦れわずか、しみわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■チリの先住民族の音楽を現地録音した一枚。
多くの名盤が生まれた、ユネスコとオランダ・フィリップスが共同で製作した民俗音楽現地録音シリーズ"ミュージカル・ソーシズ"(音楽の源泉)。これは日本フォノグラムがその中から選りすぐってライセンス・リリースした一枚で、チリの先住民族の音楽を収録。まず最高なのが一曲目、豊穣の願いと感謝の音楽「カウスーロル」。二人の男のつぶやきのような歌と、クラリンという長い長いホルン、タンボルシートというリャマの革でできた両面太鼓の演奏で、それぞれ別の世界にいてお互いに響き会っているような宇宙的な曲。これが10分近く続きます。アルバム一枚丸々続いてほしいぐらい至福の一曲。そのクラリンと金属の鈴チョローモの伴奏?に、男女数人のしわがれた祈りのハーモニー曲「タラートゥル」、フリー・ジャズのイントロが延々続くようなトゥルトゥルカというラッパの独奏の二曲、マチと言われる女性シャーマンが、片面太鼓クルトゥルンを伴奏に歌う心霊的治療の歌、ジャケットの一番大きな写真の人たちによるフォルクローレの先祖のような踊りの音楽など収録。大推薦。裏ジャケの解説はオランダ盤解説の翻訳。帯無し。【曲】「Cauzulor O Cauzulo(試聴)」「Talatur」「Pieces For The Trutruca: Trecatrecatun, Puel Purrun, Runku Purrun, Choique Purrun(試聴)」「Pieces For The Trutruca」「Datu Cutran-n」「Danza De Sicuras(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pete Drake, Walter Haynes, Leon McAuliff, etc. - STARS OF THE STEEL GUITAR

  • カントリーLP
Pete Drake, Walter Haynes, Leon McAuliff, etc.- ピート・ドレイク、ウォルター・ヘインズ、レオン・マコーリフ、etc. - "STARS OF THE STEEL GUITAR"
USA / LP / Mono / Starday SLP350 / Rec 1965 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、粗目のプレスによる試聴のようなノイズ少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3.5  2980 yen
■スティール・ギターの名手たちが一同に集まった一枚。
キング・レコードのグループ系で、カントリー、ロックンロールを専門に出していたスターデイ・レコードのオムニバス盤。多彩さがスゴイ。声をギターに流し込んで弾くトーキング・スティール・ギターのピート・ドレイク、パッツィ・クラインからエヴァリ・ブラザーズまで多くの盤で活躍したナッシュヴィルのトップ奏者ウォルター・ヘインズ、ソル・ホオピイも驚くハワイアン・スライドを弾くジェリー・バード、このジャンルの神様レオン・マコーリフの60sウエスタン・スウィング、やはり30年代からのパイオニアで、ロカビリー盤も最高だったセシル・キャンベルのブルージーなプレイ、ジェームス・バートンとの双頭アルバムもグレイトな、やはりこのジャンルの第一人者ラルフ・ムーニーなどなど収録。オリジナルは65年、これは70年代盤。レコード取り出し口が左側になっています。【曲】「Pete Drake & His Talking Steel Guitar / Abilene(試聴)」「Walter Haynes / High Boots」「Leon McAuliff & The Cimarron Boys / Columbus Stockade(試聴)」「Jerry Byrd / Hilo Steel Guitar」「Pete Drake / Pedal Jumpin'」「Jimmy Day / Rancher's Stomp」「"Little" Roy Wiggins / Honolulu Nights」「Pete Drake / Penguin Strut」「Walter Haynes / Gear Shiftin'」「Shot Jackson / Fort Worth Drag」「Ralph Mooney With Johnny & Jonie Mosby / I'll Leave The Front Door Open」「Buddy Emmons / Sunday In Dixie」「Jimmy Day / Road Stop」「Cecil Campbell / Twistin' The Steel(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pablo Casals(Cello), Isaac Stern(Vln), etc. - CASALS FESTIVAL AT PRADES : BRAHMS - SEXTET NO.1

  • クラシックLP
 Pablo Casals(Cello), Isaac Stern(Vln), etc.- パブロ・カザルス(チェロ)、アイザック・シュターン(ヴァイオリン)etc. - "CASALS FESTIVAL AT PRADES : BRAHMS - SEXTET NO.1"
USA / LP / Mono / Columbia ML4713 / Rec 1953 / Pub late50s
ジャケット擦れ少々、左上に貼り物、裏面色あせ、しみ、小書き込み、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■52年のプラード・カザルス音楽祭の参加メンバーによるブラームスの弦楽六重奏。
フランス最南部の町プラードで隠遁していたカザルスを復帰させようと、友人のミュージシャンたちがプラードに集まり、50年にスタートした室内楽の音楽祭プラード・カザルス音楽祭。演奏しなくなっていたカザルスも参加、年に一度のイベントとなりました。これは52年の第三回目に参加したミュージシャンたちによる、現地での室内録音盤で、ブラームスの弦楽六重奏第一番を収録した一枚。カザルス(チェロ)、この企画をカザルスに持ちかけたアレクサンダー・シュナイダー、アイザック・シュターン(Vln)、ミルトン・トーマス(Vla)等による演奏。下のラザール・ベルマンとは真逆の安堵の一枚、派手な展開は少な目で、6人の密度の高いアンサンブルが熱っぽく続く全4楽章。試聴は第一、第三楽章です。オリジナルは恐らく53年、これは50年代後半のプレス。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Centrafrique - CHUO AFRICA NO UTA TO ODORI

  • 民俗音楽/中央アフリカ共和国LP
 People Of Centrafrique- 中央アフリカ共和国の人々 - "CHUO AFRICA NO UTA TO ODORI"
Japan / LP / Mono / King Harmonia Mundi GT5011 / Rec 1967 / Pub 1973
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■中央アフリカ共和国の様々な民族の音楽を収録した一枚。
小泉文夫と中村とうようが監修し、73~4年にキング・レコードからリリースされた"民俗音楽シリーズ"。これはアフリカ大陸のど真ん中、中央アフリカ共和国の、南部の森の周辺に住む多くの部族民の歌、民俗楽器演奏を収録した一枚。オリジナルはフランス・ハルモニア・ムンディで、これはそのライセンス・リリース盤。ザイロフォンの伴奏に掛け声のような言葉少な目の歌が転がり落ちるような太鼓のリズムにのって進行するパトリ族の死者の場の歌、動物の鳴き声を模したようななんとも気持ちのいいヨーデル風の歌を聞かせるピグミー族の嘆きの歌、木をくりぬいて作られた、柔らかいトロンボーンのような音のするラッパ13本の合奏で成人の喜びを表すダグバ族の音楽などなど全22曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Viet Nam - VIET NAM NO ONGAKU : SANCHI MINZOKU NO UTA TO ODORI

  • 民俗音楽/ベトナムLP
 People Of Viet Nam- ベトナムの人々 - "VIET NAM NO ONGAKU : SANCHI MINZOKU NO UTA TO ODORI"
Japan / LP / Mono / King Riviera GT5015 / Rec 1966 / Pub 1973
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ベトナムの山地民族の音楽を収録した一枚。
小泉文夫と中村とうようが監修し、73~4年にキング・レコードからリリースされた"民俗音楽シリーズ"。これはベトナムの山地民族の音楽を収録した一枚で、仏のモーリス・ビテルが現地録音しリビエラ・レーベルから66年にリリースされたもののライセンス・リリース盤。セダン族の、地面に掘った穴に音を共鳴させる独特の琴、ガラス瓶を吹くような音のするベトナムの笙の合奏、ゴングの音楽、無伴奏子守歌などなどどこに針を落としてもドッキリの内容。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prague Wind Quintet, Zdenek Jilek(P), etc. - MARTINU : JAZZ INSPIRED COMPOSITIONS

  • クラシックLP
 Prague Wind Quintet, Zdenek Jilek(P), etc.- プラハ木管五重奏団、ズデニェク・イーレク(ピアノ)、etc. - "MARTINU : JAZZ INSPIRED COMPOSITIONS"
Czechoslovakia / LP / Stereo / Supraphon 11101014 / Rec 1972 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■20世紀チェコの作曲家マルティヌーの、ジャズの影響を受けて作られた作品を収録した一枚。
ドビュッシー、ルーセル等の印象派、フランス6人組やストラヴィンスキーに影響を受け、多くの作品を残した、20世紀のチェコを代表する作曲家マルティヌー(1890-1959)。これは、ジャズに影響を受けた6作品を収録した一枚。「Prelude」「Musique D'Entrance : Tempo Di Blues」「Musique D'Entrance : Boston」「Finale」からなる『Jazz Suite』は18世紀的な色もある管弦楽のジャズ組曲。続いてCL、Basoon、TP、Vln、Cello、Pの6人編成で、「Prologue」「Tango(試聴)」「Charleston」「Final」のやはりジャズ組曲『La Revue De Cuisine』。ジャズとストラヴィンスキーの出会い的な室内楽。B面頭はピアノ曲で、「Tempo Blues(試聴)」「Tempo Tango」「Tempo Charleston」の三曲からなる『Trois Esquisses』。続いて、5曲からなる『Sextet For Wind And Piano』。これもやはり、ラグタイムやブルースの影響を受けた室内楽作。続いて管弦楽2作続きます。まずは『Shimmy Fox Trot』で、これはかなりクルト・ワイル風のナンバー。ラストはその名も『Le Jazz』。ダンス・バンドのバンジョー2ビートを取り入れためくるめくオーケストラ曲。※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pangkat Kawayan - THE SINGING BAMBOOS

  • フィリピンの音楽LP
 Pangkat Kawayan- パングカット・カワヤン - "THE SINGING BAMBOOS"
Philippines / LP / Stereo / Villar MLS5169 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れ、色あせ少々少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フィリピンの少年少女たちによる、竹製楽器のオーケストラの一枚。
竹の楽器と言えばインドネシアのアンクルンが有名ですが、これは、フィリピンの少年少女たちによる楽団で、竹製フルート、竹製マリンバで編成された珍しいグループ、パングカット・カワヤンの一枚。フィリピン民謡を中心にクラシックや「チョップスティックス」など西洋の曲も数曲、なんともほほえましい音色とアンサンブルで聞かせる一枚。フィリピン盤。【曲】「Leron-Leron Sinta」「O Ilaw」「Magtanim Ay Di Biro」「Bahay Kubo」「Chopsticks」「Skater Waltz」「Itik-Itik」「Pamulinawen」「Atin Cu Pung Singsing」「Lulay」「Estudiantina Waltz」「Hungarian Dance No. 5」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pete Drake, Billy Ray Reynolds, Johnny Gimble, etc. - THE PETE DRAKE SHOW

  • カントリーLP
Pete Drake, Billy Ray Reynolds, Johnny Gimble, etc.- ピート・ドレイク、ビリー・レイ・レイノルズ、ジョニー・ギンブル、etc. - "THE PETE DRAKE SHOW"
USA / LP / Stereo / Stop LP10011 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤ごくあさい擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■トーキング・スティール・ギタリスト、ピート・ドレイク主催のライブショウ実況盤。
正直説明したくない、というかできない....英語がだめだと、こういう、演者も観客もみんな友達のようなイベントで、もしかすると演奏や歌と同じくらい楽しく、雰囲気の伝わるMC、ちょっとしたユーモア、言葉を交えた楽器遊びがさっぱりわからず、説明なんかしていいのかと思います。.(テキサス・プレイボーイズのレジェンド・フィドラー、ジョニー・ギンブル二曲あり、その中でなんなのかわかりませんがとても魅力的な感じのことやってます)知人が以前、カントリーはアメリカ音楽の水のような存在、と言っていて、なるほどなあと思いました。でも空気すら中途半端にしか感じられず、もどかしい。ピート・ドレイクは三曲、かなり軽めでホストだからか早々に退散。この1000人に満たない田舎町でこのSFギターが鳴っているのが本当不思議。次のビリー・レイ・レイノルズは、後から出てくる人が出ずらくなるような、ほんといい、美味い歌。ジョニー・ギンブルは職人的な演奏で、エルヴィスでおなじみDJフォンタナ(ドラム・全曲です)のプレイが光ります。一曲だけ入っているクリスタル・ゲアーズという女性、びっくりするぐらい下手(失礼)、でも可愛い歌。チャック・ハワードという、コメディアンかと思ったらカントリー界では有名なソングライターなのだそうですが、ロカビリーやらR&Bやらを豪快に笑える感じでミックスするすごく面白い三曲。歌は上手くないが試聴二曲目の「Shame On Me」というしゃべりを挟む曲がもうムチャクチャいい。ラストはドレイク、ギンブルがまた出てきて、しゃべるスティール・ギターとフィドルのアップテンポナンバーで締め。ドレイクの自主レーベル、ストップからの69年のアルバム。【曲】「Pete Drake / I'm Walkin'」「Forever(試聴)」「For Pete's Sake」「Billy Ray Reynolds / Today I Started Loving You Again」「Fugitive」「Johnny Gimble / San Antonio Rose」「Orange Blossom Special」「Dale Sellers / High Heel Sneakers」「Crystal Gares / You Ain't Woman Enough」「Chuck Howard / A Thing Called Sadness」「The Night Before」「Shame On Me(試聴)」「Oldies But Goodies」「(Closing Theme)Y'all Come」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Easter Island, Claude Jannel - LILE DE PAQUES

  • 民俗音楽/イースター島(チリ)LP
People Of Easter Island, Claude Jannel(Rec.)- イースター島の人々、クロード・ジャネル(録音) - "L'ILE DE PAQUES"
Holland / LP / Stereo / Columbia YS7006AR / Rec 1970s? / Pub 1979
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、解説インサートきれい、帯きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■イースター島の音楽を現地録音した一枚。
日コロンビアの"世界音楽探検シリーズ"から、イースター島の音楽を現地録音したアルバム。南米や東南アジアの音楽を録音し、自らの自主レーベルでもリリースした仏人研究家クロード・ジャネルによる一枚。全曲試聴のような女性を中心にしたハーモニーで、ギターか簡素な打楽器の伴奏の全11曲。オリジナルは仏アリオンから74年、これは79年。帯付き。【曲】「Mariana」「Bienvenue Au Gouverneur」「Lan Chile」「Histoire D'Anga Roa」「Etama Tera Ha」「Tehate Maina」「Me Maorio Tu Collu」「Vieille Chanson Des Familles(試聴)」「Histoire De La Reine Abari-Pui(試聴)」「Oba Oba」「Chanson Des Adieux」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Georgia - A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : GEORGIA 1

  • 民俗音楽/ジョージアLP
People Of Georgia- ジョージアの人々 - "A MUSICAL ANTHOLOGY OF THE ORIENT : GEORGIA 1"
Germany / LP / Stereo / Musicaphon BM30L2025 / Rec 1960s? / Pub 1971
見開きブックレット・ジャケット擦れ少々、しみ、ブックレット部しみわずか、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■ドイツ・ムジカフォンの東洋の音楽シリーズから、ジョージア(グルジア)の礼拝のコーラスを収録した一枚。
アメリカ音楽に多大な恩恵をもたらした隣国アルメニアに次いで、世界で二番目にキリスト教を国教と定めたジョージア。非常に古い歴史をもつキリスト教文化の重要な典礼の音楽、おもにコーラスの音楽を収録した一枚。古いものは10世紀から口伝で受け継がれてきたといいます。それが信じられない、モダンな和声で静謐に歌われる、ジョージア最東端の地域に暮らすカヘティア人の収穫祭の時の歌、黒海に接する最西端のグリア人による、何層にも渡る分厚く複雑でいて緻密な歌、北西部の先住民スヴァン人による、ワ、オ、イの音だけでポリフォニックに歌われる鎮魂歌、最後には、グリア地方の上に暮らすミングレリア人による、キリスト教以前のコーラスを収録。デヴィッド・ハイクスはこのレコード持ってたんじゃないかなー。※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Prisonaires - FIVE BEATS BEHIND BARS

  • ドゥワップLP
 Prisonaires- プリズネアーズ - "FIVE BEATS BEHIND BARS"
U.K. / LP / Mono / Charly CR30176 / Rec early50s / Pub 1979
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サン最高のドゥワップ・グループ、プリズネアーズの編集盤。
テネシー州立刑務所でなんと1940年に結成されたという(ドゥワップ第一号のオリオールズより6年も前)プリズネアーズ。刑務所で歌っていたところそれを聞いた地元のラジオDJが番組にスカウト、さらにそれを聞いたサム・フィリップスが惚れ込み、サン・レーベルでは唯一継続してレコードを出すことになったドゥワップ・グループ。収録された代表作「Just Walking In Rain」は、エルヴィス以前のホワイト・ソウル・シンガー、ジョニー・レイの代表作でもありますが、これがオリジナル・バージョン!ドゥワップ黄金時代のしたたるような極甘メロウから、ジャイヴ華やかりし時代を思わせるナンバー、ゴスペル・ハーモニーもの、さらにサン名物のワンマンバンド・ブルースマン、ジョー・ヒル・ルイスのエレキを入れたナンバー等々。まるで30年代ウォッシュボード・バンドのような、トランペットを入れたジャジーなバンドものもあり。【曲】「Baby Please」「Just Walking In The Rain」「My God Is Real」「Softly And Tenderly」「I Know」「No More Tears」「Don't Say Tomorrow」「What Do You Do Next?」「That Chick's Too Young To Fry」「Lucille, I Want You」「If I Were King」「Surleen」「All Alone And Lonely」「Rockin' Horse」「Two Strangers」「Frank Clement (What About)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.