(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: other)

Jose Luis Padula Y Su Conjunto - ALEGRIAS DE MI PAGO

  • アルゼンチンの音楽LP
 Jose Luis Padula Y Su Conjunto- ホセ・ルイス・パドゥラ・イ・ス・コンフント - "ALEGRIAS DE MI PAGO"
Argentina / LP / Mono / Odeon 4061 / Rec 4061 / Pub 1968
コーティングの三辺折り返しジャケット擦れしみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■アルゼンチン・タンゴのギタリスト&ピアニスト、ホセ・ルイス・パドゥラの音源集。
フランシスコ・カナロ楽団等と並び称されるアルゼンチン・タンゴのパイオニアの一人、ホセ・ルイス・パドゥラ。代表作「7月9日」は1908年作曲、45年に亡くなるまで多くの名曲を残した作曲家でもあり。これはアルゼンチン・オデオンがまとめた彼の晩年の名演集。かなりフォルクローレ色濃い、力強い14曲を収録。【曲】「Viene Clareando」「La Enganera」「De Pago En Pago」「Linda Mi Negra」「Hasta Cuando(試聴)」「El Mandinga」「Alegrias De Mi Pago(試聴)」「Piedra Y Camino」「Soy De Los Llanos」「La Huanchaquena」「El Perezoso」「Quisiera」「La Raquena」「El Criollo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carl Orff And Gunild Keetman - ORFF : MUSICA POETICA - SCHULWERK 5

  • クラシックLP
 Carl Orff And Gunild Keetman- カール・オルフ&グニルト・ケートマン - "ORFF : MUSICA POETICA - SCHULWERK 5 "
Germany / LP / Stereo / 2021025-1 / Rec 1960s? / Pub 1960s?
見開きコーティング・ジャケット擦れわずか、内側ブックレット部きれい、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■カール・オルフの『SCHULWERK』のドイツ製作盤第5集。
オペラ『カルミナ・ブラーナ』が良く知られるドイツの作曲家カール・オルフが、教え子のグニルト・ケートマンとともに30年代に作り上げた、現代音楽や民俗音楽、ヨーロッパ民謡等のエッセンスを噛み砕き、知育音楽として結晶させた、一分から三分程度の短い曲からなる膨大な作品集『Schulwerk』。この世界ではマスターピースとされ、各国で製作されました。日本でもあり。これはドイツ製作のもので、"子供のための優しい小品、歌曲、踊りのための曲"を収録した一枚。他の盤同様、彼らが製作に携わったオルフ楽器の簡易マリンバやリコーダー、チェロ、何かの民俗楽器等のシンプルな演奏、子供たちの歌、コーラス等の小曲集。これまで入った中で、最も寂しげで静かな第五集。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sylvester Buckley, Boogie Jake, Mr. Calhoun, etc. - GONNA HEAD FOR HOME

  • ブルースLP
 Sylvester Buckley, Boogie Jake, Mr. Calhoun, etc.- シルベスター・バックレイ、ブギー・ジェイク、ミスター・カルフーン、etc. - "GONNA HEAD FOR HOME"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP517 / Rec 1950s / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ルイジアナのプロデューサー、ジェイ・ミラーが録音したブルース貴重音源を収録した一枚。
70年代フライライト・レコードの花形的シリーズ、ルイジアナのプロデューサー、ジェイ・ミラー特集の初期の一枚。レイジー・レスター等の録音等に参加したブルース・ハープ奏者シルベスター・バックレイのディープなスワンプ・ブルース、後にニューオーリンズのミニットでレコードを出すブギー・ジェイクの珍しい初録音、リトル・ウォルターやジミー・リード等の録音に参加してきたブルース・ハープ・レジェンド、ヘンリー・グレイのレアなルイジアナ録音などなどお宝オンリーの濃い全12曲。【曲】「Sylvester Buckley / She Treats Me So Evil(試聴)」「Boogie Jake / Early Morning Blues」「Mr. Calhoun / Hello Friends, Hello Pals」「Henry Gray / Midnight Dream」「Blue Boy Dorsey / Walkin' Out My Door」「Jimmy Anderson / When I Play My Harp(試聴)」「Joe Johnson / Alimonia Blues」「Sylvester Buckley / Mumblin' Blues」「Boogie Jake / I Don't Know Why」「Mr. Calhoun / Sunny Side Of Love」「Vince Monroe / Hey Mattie」「Silas Hogan / I'm A Free-Hearted Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Groupe Les Chleu-Chleu - HAITI, MON PAYS

  • ハイチの音楽LP
 Groupe Les Chleu-Chleu- グループ・レス・シュレ・シュレ - "HAITI, MON PAYS"
USA / LP / Stereo / Ibo 139 / Rec 1967 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ハイチのコンパの名グループ、シュレ・シュレのファースト・アルバム。
ハイチの宗教音楽とドミニカのメレンゲをルーツにした、50年代に始まったハイチのモダン・ダンス・ミュージック、コンパの名バンド、レス・シュレ・シュレの67年の恐らくはファースト・アルバム。軽めでゆるいリズム、アフリカ風エレキ、もろにシドニー・ベシェのようなアルト・サックス、まったりしたボーカル&コーラスで、踊るというよりじっくり聞けるほんといい一枚。数曲ある、黄金期のホワイト・ドゥワップのようなメロウ・オールディーズ風ナンバーにしびれました。オリジナルは恐らくプリントが紺のジャケット、これは70年代リイシュー盤。【曲】「Vacances(試聴)」「Alfredo」「Colline」「Destinee」「Haiti, Mon Pays」「Peche A La Ligne」「Dada's 4-3」「Christiane」「Compas X」「Baisers D'Adieu(試聴)」「Maria Del Alma」「Valley-Ball」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

George E Lees Orch., Willie Jones Orch., Floyd Mills And Marylanders, etc. - TERRITORY BANDS VOLUME 2

  • ジャズLP
 George E Lee's Orch., Willie Jones Orch., Floyd Mills And Marylanders, etc.- ジョージEリーズ・オーケストラ、ウィリー・ジョーンズ・オーケストラ、フロイド・ミルズ&メアリーランダーズ、etc. - "TERRITORY BANDS VOLUME 2"
USA / LP / Mono / Historical HLP26 / Rec 1920s, 30s / Pub 1969
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ヒストリカル・レコードがまとめたテリトリー・バンド集の二枚目。
テリトリー・バンド、つまりその地限定の活動をしたローカル・マイナー・バンドのことで、だいたいが無名。ほとんどが名も知れぬミュージシャン、また有名ミュージシャンがいてもメインのバンドとは違う別働隊。メジャーのちゃんと編曲されたジャズ・バンドとは違い意外性に富んだ興奮のナンバーが多くコレクターの憧れとなっています。これはそんなバンドの貴重音源を収録した一枚。レア・ジャズ、特にコレクター向けのコアな盤を出していたヒストリカル・レコードから。ニューオーリンズ・リズム・キングスやビックスのウルヴァリンズを思わせるロスのソニー・クレイ楽団、ウィルバー・デパリスやバスター・ベイリーがいたデイヴ・ネルソン楽団、ベイシー、ジミー・ラッシング等がベーシストのウォルター・ペイジをフロントに録音したバンド、さらにベイシーのお株を奪うような極太のリフで押しまくるフロイド・ミルズというグループのナンバーなどなど、熱い熱い一枚。【曲】「George E. Lee’s Orchestra / Down Home Syncopated Blues」「Meritt Stomp」「Willie Jones Orchestra / Michigan Stomp」「Bugs」「Floyd Mills And His Marylanders / Hard Luck(試聴)」「Chicago Rhythm」「Alex Jackson's Plantation Orchestra / Missouri Squabble」「Walter Page's Blue Devils / Blue Devil Blues」「Squabblin'」「Sonny Clay's Plantation Orchestra / California Stomp」「Chicago Breakdown」「Dave Nelson's Harlem Highlights / Rockin' Chair(試聴)」「St. Louis Blues」「Loveless Love」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Melos Ensemble, Eric Parkin(P), etc. - JOHN IRELAND : SEXTET / CELLO SONATA / FANTASY-SONATA

  • クラシックLP
 Melos Ensemble, Eric Parkin(P), etc.- メロス・アンサンブル、エリック・パーキン(ピアノ) - "JOHN IRELAND : SEXTET / CELLO SONATA / FANTASY-SONATA"
USA / LP / Stereo / MHS 1610 / Rec 1972 / Pub 1972
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジョン・アイアランドの室内楽三作を収録した一枚。
ヴォーン・ウィリアムスらと同時代の作曲家で、BブリテンやEjモーランの師でもあったイギリス印象主義の作曲家ジョン・アイアランド(1879-1962)。交響曲や協奏曲は少なく、ピアノ曲、歌曲、室内楽の小品を数多く残し、上の作曲家たちに通じる、美しく陰影のあるしんとしたメロディ、厳しい自然への畏怖のようなものが滲む作品を多く残しました。これは彼の室内楽三作を収録した一枚。若い頃に作った曲を全て破棄した彼が残した、穏やかで優しい『Sextet For Clarinet, Horn And String Quartet』、彼が最後の住処として選んだイギリス最南部の自然に啓発されて作られたという、震えるようなスリルと妖しい甘美さのある『Sonata For Cello And Piano』、クラリネットを生涯愛したという彼の思いが詰まった、クラとピアノが淡く広がる印象派風名作『Fantasy Sonata For Clarinet And Piano』の三作。メロス・アンサンブル、エリック・パーキン(ピアノ)等イギリスの演奏家の一枚。オリジナルはイギリスのリリタから、これは米の通販専門レーベル、MHSのライセンス盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc. - GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959

  • リズム&ブルースLP
 Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc.- レスター・ロバートソン、ビリー・テイト、リトル・ビクター、etc. - "GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY601 / Rec 1950s / Pub 1984
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フライライト・レコードのニューオーリンズR&B集。
全曲お蔵入りとなっていた音源集。同じイギリスのエイス・レコードの襟を正した編集盤とはまるで違う、ラテン・リズムのジャングルR&B、悲痛なスワンプ・ブルース、40年代ジャンプ・ブルース路線のホットなナンバーなどなどまさしくごった煮状態の濃すぎる一枚。アップセッターズがバックを付けた盤が特に人気のレスター・ロバートソンの「Iko Iko」系のナンバー、調子っぱずれなエレキが泣けるザディコ・シンガー&アコーディオン奏者ロッキン・シドニーのユルイナンバー、この盤のハイライトと思わせる、ヒューイ・スミスやエディ・ボーと活躍したシンガー、ビリー・テイトのシャウト炸裂の泣きのナンバーなどなど、もうニューオーリンズ全く関係なく楽しめる一枚。【曲】「Lester Robertson / Hoo Wee Pretty Baby」「Baby Give Me A Chance」「Billy Tate / Teasin' Around With Me」「Little Victor / Loc-A-Li」「Eddie Hudson / That Long Lost Baby」「Skinny Dynamo / So Long, So Long」「Tabby Thomas / Hmmm I Don't Care」「Ernie Holland / Gimme My Money Back」「Vince Monro / If I Had My Life To Live Over」「Billy Tate / Right Or Wrong」「Lester Robertson / Please Don't Go」「Little Victor / Theresa」「Rockin' Sidney / Augustine」「Tabby Thomas / Tomorrow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Huey Smith, Earl King, Bobby Marchan, etc. - NEW ORLEANS R AND B

  • リズム&ブルースLP
 Huey Smith, Earl King, Bobby Marchan, etc.- ヒューイ・スミス、アール・キング、ボビー・マーシャン、etc. - "NEW ORLEANS R AND B"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4708 / Rec 1959s, 60s / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■フライライトのニューオーリンズR&B集。
フライライトのニューオーリンズR&B編集盤第一集で、これがほんとに素晴らしい内容。収録されているのはビッグネームばかり、しかし他の編集盤等には入らないようなナンバーで埋め尽くされています。ヒューイ・スミスの、これはデビュー盤でしょうか、53年の二曲は、後のクラウンズをすっぱり忘れる、心鷲掴みにされる彼の歌が最高なナンバー。スマイリー・ルイスの、アラン・トゥーサンがピアノを弾きまくる、62年という遅い時期の一曲、プロフェッサー・ロングヘアの"BALD HEAD"も有名なバージョンでなく63年Ver。クラウンズも入っていますが全盛期とはまるで違う、67年のダランとしたソウル・ブルース。ほんとみんないい曲ばかり。【曲】「Huey "Piano" Smith / You Made Me Cry」「Your'e Down With Me」「Earl King / Have You Gone Crazy」「Beggin' At Your Mercy」「Bobby Marchan / Just A Little Ol Wine」「Eddie Bo / I'm Wise」「Smiley Lewis / The Bells Are Ringing」「Roy Brown / Rocking All The Time」「Lloyd Price / Down By The River」「Professor Longhair / There Is Something On My Mind」「Bald Head」「Joe Barry / Little Papoose」「Huey "Piano" Smith & The Clowns / Blues '67 Part 1」「Blues '67 Part 2」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Acey, Sticks McGhee, Louisiana Red, etc. - NEW YORK CITY BLUES

  • ブルースLP
 Johnny Acey, Sticks McGhee, Louisiana Red, etc.- ジョニー・エイシー、スティックス・マッギー、ルイジアナ・レッド、etc. - "NEW YORK CITY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4706 / Rec 1950s, 60s / Pub 1973
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フライライトのニューヨーク・ブルース集。
地域別の編集盤も熱量大のいいものばかりのフライライト。キラーたんまりありつつそれだけに終わらない滋味満点の内容。全3枚あるニューヨーク・シリーズのブルース編。ジョニー・エイスとは全く関係の無いロッキン・ブルース・シンガー、ジョニー・エイシー、R&r第一号候補の一つ「Drinkin' Wine...」で知られるスティックス・マッギー、ジョン・リー・フッカーらとデトロイトで慣らした後Nyで活躍したルイジアナ・レッドのヘイゼル・アドキンスも顔負けなナンバー、ミッキー・ベイカー、ジャック・デュプリーらNyの黄金チームがバックを付けたラリー・デイル等々。インサート付き【曲】「Johnny Acey / I Go Into Orbit」「Bob Gaddy / Paper Lady」「Stick Mcghee / Money Fever」「Louisiana Red / Tell Me」「Cousin Leroy / Will A Matchbox Hold My Clothes」「Charles Walker / Charles Walker Slop」「Tarheel Slim / Wild Cat Tamer」「Guitar Crusher / I've Got To Know」「Buster Brown / Broadway On Fire」「Cousin Leroy / Highway 41」「Louisiana Red / Louisiana Red」「Bob Gaddy / Out Of My Name」「Larry Dale / Heed My Warning」「Stick Mcghee / Sleep In Job」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wheels, Lee Roy Little, Big Gaddy, etc. - NEW YORK RHYTHM N BLUES

  • リズム&ブルースLP
Wheels, Lee Roy Little, Bob Gaddy, etc.- ウィールズ、リー・ロイ・リトル、ボブ・ギャディ、etc. - "NEW YORK RHYTHM 'N BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4707 / Rec 1950s, 60s / Pub 1974
コーティング・ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フライライトのニューヨークR&B集。
地域別の編集盤も熱量大のいいものばかりのフライライト。キラーたんまりありつつそれだけに終わらない滋味満点の内容。全3枚あるニューヨーク・シリーズのリズム&ブルース編。ギタリスト、ターヒール・スリムがリードボーカルのドゥワップ・グループ、ウィールズ、ミッキー・ベイカーに引けを取らない強烈なギターを弾くフレディ・スプルイルがサポートしたリー・ロイ・リトル、ニューオーリンズ節丸出しなバスター・ブラウン、50年代NYR&Bで多くのセッションをこなした名テナーマン、ノーブル・シン・マン・ワッツのレア曲(これもJスプルイルのギターがスゴイ)などなど全14曲。若干こっちがメロディアスかな?というぐらいではっきり言って"NY CITY BLUES"となんら変わらない濃密な内容。もとからインサート無し。【曲】「Wheels / Let's Have A Ball」「Lee Roy Little / Your Evil Thoughts」「Bob Gaddy / Rip And Run」「Buster Brown / Good News」「Billy Hoke / I Don't Want No Other Woman」「Lee Roy Little / Hurry Baby Please Come Home」「Charles Walker / It Ain't Right」「Little Red Walter / Aw Shucks Baby」「June Bateman / Possum Belly Overalls」「Lee Roy Little / I'm A Good Man, But A Poor Man」「Danny Brown / Standing On The Corner」「Wilbert Harrison / Please Forgive Me」「Noble 'Thin Man' Watts* / Flap Jack」「Billy Hoke / Cryin' And Wonderin' 」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Benny Goodman Orchestra, Thai TV Studio Orchestra, etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN THAILAND 1956-1967

  • ジャズ/タイの音楽LP
 Benny Goodman Orchestra, Thai TV Studio Orchestra, etc.- ベニー・グッドマン・オーケストラ、タイTVスタジオ・オーケストラ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN THAILAND 1956-1967"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2028 / Rec 1956 - 67 / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの世界のジャズ・シリーズから、タイ編。
世界各地に伝播したスウィング・ジャズを追跡調査したジャズ文化人類学なイギリスはハーレクインの名シリーズのタイ編。プミポン国王(裏ジャケット写真)がジャズ・サックス奏者で作曲家でもあったことから昔から盛んだったのでは、と思いきや50年代までジャズのレコードは現地には無かったそう。Bグッドマンがバンコクでライブをやったときに合わせてジャズが紹介されたらしいです。つまりこの時代にタイにジャズ・ミュージシャンがいるわけは無く、ここに収録されたのはグッドマンのタイ公演やライオネル・ハンプトンが訪れたときの録音等を収録。ただ、そのグッドマンのライブの前後に演奏していた現地のジャズ"風"楽団にグッドマンがゲスト参加したナンバーがはいっていてそれが素晴らしい!というか変です。タイのいなたーい楽団にグッドマンがなかなか機嫌好くプレイしています。【曲】「Benny Goodman And His Orchestra / Let's Dance」「Bugle Call Rag」「Down South Camp Meeting(試聴)」「Easy To Love」「Bye Bye Blues」「Sing Sing Sing, Part 2」「Thai TV Studio Orchestra / Koiruk Mak Gap Sairom(試聴)」「Modem Dance(試聴)」「Prasarn Mitr Police Band / Gaeuw Kha Ramwong」「Members Of The Benny Goodman Orchestra & Prasarn Mitr Band / Beautiful Moon Of Lao」「Jack Teagarden All-Stars / St. Louis Blues」「Lionel Hampton And His Jazz Inner Circle / City Of Angels」「Between The Devil And The Deep Blue Sea」「Scandinavian-American Allstar Show / Ramayana Funk」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Astor Piazzolla, Marc Grauwels(FL), Guy Lukowski(G) - MUSIQUE COMPOSEE PAR ASTOR PIAZZOLLA - TANGO

  • タンゴLP
 Astor Piazzolla, Marc Grauwels(FL), Guy Lukowski(G)- アストル・ピアソラ、マルク・グローウェルズ(フルート)、ギュイ・ルコフスキー(G) - "MUSIQUE COMPOSEE PAR ASTOR PIAZZOLLA - TANGO"
Japan / LP / Stereo / Carrere K28P643 / Rec 1985 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートしみわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■アルゼンチン・タンゴの革命児アストル・ピアソラ86年のアルバム。日本盤。
A面は85年ベルギーで開催されたギター・フェスティバルでのコンサート録音。キューバの現代音楽作曲家レオ・ブローウェルが指揮するオーケストラとの共演で、ピアソラ生涯の代表作「Adios Nonino」と、三部からなる「Concerto Pour Bandoneon Et Guitarre」の二作収録。裏面もピアソラ作ですがバンドネオンは入らず、マルク・グローウェルズ(フルート)とギュイ・ルコフスキー(ギター)の二重奏で、「タンゴの歴史」と題された組曲。「バー1900」「カフェ1930」「ナイトクラブ1960」「コンサート1990」の4曲で、タンゴの移り変わりを未来も見据えて描いた作。解説付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.