(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: other)

Tony Martinez Guerrero - TORTILLA FACTORY

  • テックス・メックスLP
 Tony Martinez Guerrero- トニー・マルティネス・ゲレロ - "TORTILLA FACTORY"
USA / LP / Stereo / Falcon Falcon / Rec 1978 / Pub
ジャケット擦れわずか、レーベルひげなし、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■テックスメックス名門ファルコンから、トニー・マルティネス・ゲレロというシンガーの78年作。
サン・アントニオからさらに南下しメキシコとの国境に程近い街マッカレンにあったレーベル、ファルコンは、スティーヴ・ジョーダン初めテキサス南部ローカルのテックス・メックス~テハノ・ミュージックの宝庫。これは、トニー・マルティネス・ゲレロというシンガーの78年のソロ・アルバム。力の抜けた素晴らしくポップな歌ものも良ければ、半数ほどあるインストも全てテックス・メックス・ジャズ・ファンクという趣で◎。【曲】「Dos Palomas Al Volar」「Nunca Contigo」「Viejos Amigos」「A Song For You(試聴)」「Siempre Hace Frio」「Que Se Quite(試聴)」「Shamtime」「Toda Una Vida」「T.S.Dream」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tiny Bradshaw - BRADSHAW BOOGIE

  • リズム&ブルース10LP
 Tiny Bradshaw- タイニー・ブラッドショウ - "BRADSHAW BOOGIE"
USA / 10LP / Mono / No Label Bradshaw Boogie / Rec early50s / Pub ?
ペーパースリーブにタイプ打ちリストが貼られた体裁のジャケット、白レーベルきれい、盤少し皺目模様、擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3980 yen
■12曲入り私家アセテート10インチLP。
34年には自身の楽団をスタートさせ、ジャンプ・ブルースからR&Bへの道を切り開いたタイニー・ブラッドショウ。ジョニー・バーネット~ヤードバーズがカヴァーした「Train Kept A-Rollin」(収録)が有名。これは、米のとある個人が、自分の持っているSP盤?7インチ?わかりませんが、10インチのアセテートに刻んだ私家盤。ゴリー・カーターのこの盤と同じく、ギョッとするような生々しい音。さらにこうまでするほど好きだからなのでしょうが、選曲がもうほんと最高。【曲】「Two Dry Bones On The Pantry Shelf(試聴)」「T-99」「Brad's Blues」「The Train Kept A Rollin'」「Knockin' Blues」「Well Oh Well」「Breaking The House(試聴)」「Gravy Train」「Get Back On The Shelf Baby」「Bradshaw Boogie(試聴)」「Free For All」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ralph Font Orch., Bill Diablo Sextet - THE BEST OF CHA CHA CHA OF THE FABULOUS FIFTIES

  • ラテン/イージーリスニングLP
 Ralph Font Orch., Bill Diablo Sextet- ラルフ・フォント・オーケストラ、ビル・ディアブロ・セクステット - "THE BEST OF CHA CHA CHA OF THE FABULOUS FIFTIES"
USA / LP / Mono / Kapp KL1060 / Rec late50s / Pub late50s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■二つのラテン・バンドをカップリングした一枚。
A面は、アメリカ生まれでプエルト・リコに渡り音楽を学び、米に戻り本格的に活動を始めたピアニスト、ラルフ・フォントのグループ。B面のビル・ディアブロ楽団は詳細不明、ですがやはりアメリカで活躍したグループと思います。【曲】「Cherry Pink And Apple Blossom White」「Man From Jamaica(試聴)」「Suavecito」「Poco Pelo」「Bodeguera(試聴)」「Pedro Pablo」「Me Lo Dijo Adela」「Tamalitos De Olga」「Esto Es Felicidad」「Espinita」「Cuatro Vidas(試聴)」「Rico Vacilon」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Thornton, Fradkin, Unger And Big Band - PASS ON THIS SIDE

  • ロックLP
 Thornton, Fradkin, Unger And Big Band- ソーントン、フレイドキン、アンガー&ビッグ・バンド - "PASS ON THIS SIDE"
USA / LP / Stereo / ESP Disk 63019 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ゴッズの実質的ラスト・アルバム。
ジャズのみならずロックでも様々な試みがなされたESPディスク。その代表格がこのグループ、ゴッズ。グループ名は違いますがこれは彼らの実質的ラスト・アルバム。ポールとリンダ、デヴィッド・ピールも参加、試聴のような懐かしく優しいナンバーを中心にしたいいアルバム。発売時は、ジャケット、レーベルに貼られているシールが別でついていました。リイシューもありますがオリジナル盤。【曲】「God Bless California(試聴)」「M'Lady(試聴)」「Jimi」「Christopher's Sorrow」「Walkin' Guitar Blues」「Oh Woman」「To Err Is Human(試聴)」「Sometimes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Steve Beresford, Tony Coe, Lol Coxhill, etc. - SEPT TABLEAUX PHONIQUES ERIK SATIE

<
  • ロック/ジャズ/クラシックLP
 Steve Beresford, Tony Coe, Lol Coxhill, etc.- スティーヴ・ベレスフォード、トニー・コー、ロル・コックスヒル、etc. - "SEPT TABLEAUX PHONIQUES ERIK SATIE"
France / LP / Stereo / Nato 59 / Rec 1984 / Pub 1984
見開きコーティング・ジャケット表裏きれい、内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■こんな7人がサティを題材に演奏した一枚。
サティを題材に、スティーヴ・ベレスフォード、トニー・コー、ロル・コックスヒルら異能の音楽家たちが『7枚の音の絵』を描いたというテーマの一枚。内的なものも含めサティを取り巻く環境を三部構成で現した感のアラン・ハッカー、サティがヴェクサシオンを弾いた音源でも見つかったようなベレスフォードのピアノ曲、雑音やエフェクトを効果的に使った気まぐれなヴァイオリン曲のフィル・ワックスマンなどなど収録。ちなみにラストのロル・コックスヒルは日本でのライブで、バックはサボテン。【曲】「Alan Hacker / Trois "Bonbons" De York Pour Eric Satie」「Steve Beresford / Budapest Subway(試聴)」「Robert Cornford / Welcome(試聴)」「David Holland / Moving Things From A To B」「David Holland / Faltz Waltz」「Philipp Wachsmann / For Memoires Of An Amnesic」「Tony Coe / Allair Mets」「Lol Coxhill / Faction De Satie (Can't Get No)(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk And His Clouds Of Joy - INSTRUMENTALLY SPEAKING

  • ジャズLP
 Andy Kirk And His Clouds Of Joy- アンディ・カーク&ヒズ・クラウズ・オブ・ジョイ - "INSTRUMENTALLY SPEAKING"
USA / LP / Mono / MCA 1308 / Rec 1936 to 1942 / Pub 1980
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルセンターにプレイに影響の無い小ダメージ、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチ一本(試聴部)
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  1980 yen
■カンザス・シティのジャズ・バンド、アンディ・カーク楽団の編集盤。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇った名バンドで、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、バップの母メアリー・ルゥ・ウィリアムズで、ピアノも彼女。チャーリー・パーカーも一時在籍。これは選曲が本当にいいMCAのオールド・ジャズ・シリーズから、2曲のぞいて全てメアリー・ルーのピアノ&アレンジの名曲集。【曲】「Walkin' And Swingin'」「Moten's Swing」「Lotta Sax Appeal」「Git」「Froggy Bottom」「Steppin' Pretty(試聴)」「Wednesday Night Hop」「In The Groove」「Mary's Idea」「Floyd's Guitar Blues(試聴)」「Big Jim Blues(試聴)」「Ting Dem Bells」「Boogie Woogie Cocktail」「McGhee Special」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roger Wagner Chorale And The Concert Arts Ensemble - VILLA LOBOS : NONETTO / QUATUOR

  • クラシックLP
 Roger Wagner Chorale And The Concert Arts Ensemble- ロジャー・ワグナー・コーラル&ザ・コンサート・アーツ・アンサンブル - "VILLA LOBOS : NONETTO / QUATUOR"
France / LP / Mono / Capitol P8191 / Rec 1950s / Pub 1976
ジャケット擦れ少々、上下縁に小テープ、レーベルにプロモスタンプ、ひげ無し、盤極浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  5980 yen
■ヴィラ・ロボスの珍しい傑作室内楽を収録した数少ないLP。
ブラジルのみならず、近代クラシックを代表する作曲家と言えるヴィラ・ロボス(1887-1959)。これは、A面に木管5本とハープ、チェレスタ、ドラム、コーラスによる『Nonetto』、B面には、CD時代になってからはよくわからないですが、どういうわけか、SP/LP時代にはほとんど録音されなくなった、フルート、サックス、ハープ、チェレスタ、コーラスという編成の『Quatuor』を収録した一枚。演奏者違いますが、『Quatuor』は、ノアルイズ・レコード友の会のCDに抜粋を収録しました。53年オリジナル・レーベル、フラット・エッジ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Anibal Troilo - NI MAS, NI MENOS

  • アルゼンチン・タンゴLP
Anibal Troilo- アニバル・トロイロ - "NI MAS, NI MENOS"
Argentina / LP / Mono / EMI 4089 / Rec 1957, 1958 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、色あせ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■アルゼンチン・タンゴの歴史的名グループ、アニバル・トロイロ楽団の音源集。
アルゼンチン・タンゴを音楽として極限まで頂点にまで高めた、と評価されるバンドネオン奏者&作曲家、アニバル・トロイロ。アストル・ピアソラもトロイロ楽団の出身。これはその彼の楽団の、57/58年の音源をまとめたアルゼンチンEMIの編集盤。【曲】「Ni Mas, Ni Menos」「La Calesita(試聴)」「Lo Que Vos Te Mereces」「Danzarin」「Que Me Importa Tu Pasado」「Barrio Pobre」「Te Llaman Malevo」「La Flor De La Canela(試聴)」「San Pedro Y San Pablo」「Retirao」「Marinera」「Un Boliche(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Electric Indian - KEEM-O-SABE

  • ソウルLP
 Electric Indian- エレクトリック・インディアン - "KEEM-O-SABE"
USA / LP / Stereo / United Artists UAS6728 / Rec 1969 / Pub 1969
ジャケット表面円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■フィラデルフィアのミュージシャンたちによるスタジオ・インスト・バンド、エレクトリック・インディアン。
後のMFSBのメンバーなど、フィラデルフィアの名セッション・ミュージシャンたちが組んだエキゾチックなインスト・バンド、エレクトリック・インディアンの唯一のアルバム。ヴィブラフォン、もしくはオルガンのがメロディを弾く、イージー・リスニングとファンク・インストが合体したような内容。【曲】「Keem-O-Sabe(試聴)」「I Heard It Through The Grapevine(試聴)」「Spinning Wheel」「Storm Warning」「Rain Dance」「Geronimo」「Only The Strong Survive」「My Cherie Amour(試聴)」「What Does It Take To Win Your Love」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Walker, Art Gunn And Arizona Playboys, Maddox Brothers, etc. - WESTERN SWING, BLUES, BOOGIE AND HONKY TONK : VOLUME 8

  • カントリーLP
 Jimmy Walker, Art Gunn And Arizona Playboys, Maddox Brothers, etc.- ジミー・ウォーカー、アート・ガン&アリゾナ・プレイボーイズ、マドックス・ブラザーズetc.. - "WESTERN SWING, BLUES, BOOGIE AND HONKY TONK : VOLUME 8"
USA / LP / Mono / Old Timey / Rec 1940s, 1950s / Pub 1981
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ロカビリー前夜の40sカントリー名演を収録した編集盤。
30年代からあった太いリズムで客を踊らせるウエスタン・スウィングに、さらにブギウギ、リズム&ブルースなど黒人音楽から影響を受けた新しいスタイルのカントリーで賑わっていた40年代~50年代前半。これは、ロカビリー、ロックンロール前夜のこの手のマスターピースを集めたグレイトな編集盤。全8枚?リリースされたものの8枚目。キングの看板シンガー、ホークショウ・ホーキンス、レオン・マコーリフの替わりにボブ・ウィルスのテキサス・プレイボーイズに加入したスティール・ギター名手ノエル・ボッグスetc..etc.....【曲】「Hankshaw Hawkins / Dog House Boogie(試聴)」「Art Gunn & His Arizona Playboys / Last Tear」「Art Gunn & His Arizona Playboys / Boogie Woogie Blues」「"T" Texas Tyler & His Oklahoma Melody Boys / Old Fashioned Love(試聴)」「Tommy Duncan & His Western All Stars / Mississippi River Blues」「Arkie Shibley & His Mountain Dew Boys / Dusty Blossom Boogie」「Jimmy Walker / Out Of Money, Out Of Place, Out Of Style」「Noel Boggs & His Day Sleepers / Steelin' Home」「Jack Rhodes With Al Petty / Al's Steel Guitar Wobble」「Bennie Hess / Come On Home Where You Belong」「Adolph Hofner & His Orchestra / The Prune Waltz」「Big Jim DeNoone / E Ramble(試聴)」「Leodie Jackson & His Swingsters / That Naggin' Wife Of Mine」「Bill Nettles / Too Many Blues」「Bill Nettles / High Falutin' Mama」「Maddox Brothers And The Rose / Oakie Boogie」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andy Kirk - CLOUDS OF JOY

  • ジャズLP
 Andy Kirk- アンディ・カーク - "CLOUDS OF JOY"
U.K. / LP / Mono / Ace Of Hearts AH105 / Rec 1929, 1930 / Pub 1966
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れわずか、裏ジャケット小書き込み、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■カンザス・シティのジャズ・バンド、アンディ・カーク楽団の英盤音源集。内容最高。
カンザス・シティの黒人テリトリー・バンド、アンディ・カーク&12クラウズ・オブ・ジョイ。しかしもう全国区の人気を誇った名バンドで、20年代後半~40年代の間存続。そして最盛期のこのグループの音を作っていたのは、バップの母メアリー・ルゥ・ウィリアムズで、ピアノも彼女。チャーリー・パーカーも一時在籍。これは英エイス・オブ・ハーツが作った、ちょっと信じられないほどいい内容で、29年~30年の音源集。試聴は冒頭二曲、それからも全部このレベル。裏ジャケによれば全曲彼女のアレンジの13曲、音もギョッとするほどいい!66年オリジナル。【曲】「Messa Stomp(試聴)」「Blue Clarinet Stomp(試聴)」「Corky Stomp」「Froggy Bottom」「I Lost My Girl From Memphis」「Loose Ankles」「Snag It」「Sweet And Hot」「Mary's Idea」「Once Or Twice」「Dallas Blues」「Travelin' That Rocky Road」「Honey Just For You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Musicians Of Cuba - CUBA QUE LINDA ES CUBA

  • キューバの音楽LP
 Coro I.C.R., Orquesta Egrem, Trio Cuba, etc.- コロI.C.R.、オルケスタ・エグレム、トリオ・ - "CUBA QUE LINDA ES CUBA"
Cuba / LP / Stereo / Areito LDA3313 / Rec 1960s / Pub 1970s
ジャケット表裏円状の擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■キューバの国営レーベル、アレイトが出した、キューバの音楽のコンピレーション。
どういう趣旨で作られたのものなのかわからないのですが、メキシコ観光局のレコードに近い感じあると思います。ソン、ルンバ、イージー・リスニング風なもの、クラシックなどなどジャンルばらばらで12曲。Banda Nacional De Conciertosというゆるーいブラス・バンドがムチャクチャいい!【曲】「Coro I.C.R. / Cuba, Que Linda Es Cuba」「Banda Nacional De Conciertos / La Comparsa(試聴)」「Orfeon Santiago / Son De La Loma」「Orquesta Egrem / Siboney」「Conjunto Palmas Y Canas / Ay! Mama Ines」「Armando Pico / Lamento Esclavo」「Orquestra Sinfonica Nacional / Quiereme Mucho」「Barbarito Diez - Orq. A. M. Romeu / Linda Cubana」「Orquesta Egrem / El Manisero」「Esther Borja / Despertar」「Trio Cuba / Lagrimas Negras(試聴)」「Joseito Fernandez / Guajira Guantanamera」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.