(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: organ)

Reno Tondelli - RENO PLAYS NEVADA

  • ジャズLP
 Reno Tondelli- レノ・トンデリ - "RENO PLAYS NEVADA"
USA / LP / Mono / Stepheny MF4003 / Rec 1958 / Pub 1958
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■シカゴのジャズ・アコーディオン奏者、レノ・トンデリのソロ・アルバム。
ジャック・ファシナートやボビー・クリスチャンも作品がある、ムード・ジャズ、チェンバー・ジャズの趣味の良いレコードをリリースしたイリノイのマイナー・レーベル、ステファニー。これはレーベルのごく初期の一枚で、アコーディオンを中心に異色の楽器編成も垣間見せるスモール・コンボ・ジャズの傑作。A面は体が軽く揺れるミッド・テンポ・ナンバー、裏面は思い切りメロウなスロウでまとめられた構成。なんとアレンジはノーム・ジェフリーズとフレッド・カーリン、さらにライナーはネルソン・リドル。マット・マシューズの『Gentle Art...』と肩を並べる内容。【曲】「Nevada」「Love Is Just Around The Corner」「Reno-Vated」「Let's Get Away From It All」「How About You(試聴)」「Give Me The Simple Life」「I Hadn't Anyone Till You」「Easy Living」「In A Calm」「Nostalgia」「Deep Purple(試聴)」「Portrait Of Jenny」「Caprice Viennois」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carlos Y Jose - 15 EXITOS DE ORO

  • メキシコの音楽LP
 Carlos Y Jose- カルロス・イ・ホセ - "15 EXITOS DE ORO"
USA / LP / Stereo / TH MEX 2120 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ノルテーニョ・ミュージックの名デュオ、カルロス・イ・ホセのベスト・アルバム。
メキシコ北部の音楽ノルテーニョを代表するカルロス・イ・ホセ。アコーディオンのカルロス・サラザールとバホ・セスト(写真の12弦ギター)のホセ・ロドリゲスの二人で、60年代からメキシコのみならずアメリカ南西部一帯で人気を博したデュオ。これは彼らの代表曲?を15曲収録したベスト・アルバム。インスト一曲あり(試聴ラスト)。フロリダのTHメックスというレーベルから。試聴は「El Divorciado」「Vuela Suspiro」「Mananitas A Mi Madre」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mat Mathews - THE GENTLE ART OF LOVE

  • ジャズLP
 Mat Mathews- マット・マシューズ - "THE GENTLE ART OF LOVE"
USA / LP / Mono / Dawn DLP1111 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、かなりきれいな盤
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  7800yen
■ジャズ・アコーディオン奏者、マット・マシューズの傑作。
ギタリストのジョー・プーマ、ハービー・マンらと結成したカルテットでのいくつかの作、そして数少ない自作ソロで聞ける彼の演奏は、バップ・ジャズを基本にチェンバー風、ムード風なものを割合幅狭めに趣味よく演奏する人。そのバップを聴きたい方には同じドーン・レーベルの『Modern Art Of Jazz』がお薦めですが、この作品はその対極にあるような、天国の様な黄昏ムード・ジャズの大傑作。全て一曲も例外なく最後までこのペース、これ以上は考えられないソフトで浮遊感に溢れるサウンド。オリジナル盤。【曲】「If You Were The Only Girl In The World(試聴)」「I'll Be Around」「You Call It Madness(But I Call It Love)」「The Gentle Art Of Love」「Two Sleepy People」「My Heart And I Decided」「It Could Happen To You」「My Love Is A Fountain」「When Your Lover Has Gone」「A Foggy Day」「Indian Summer」「There Will Never Be Another You(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oswaldinho - CEU E CHAO

  • ブラジルの音楽LP
 Oswaldinho- オズワルディーニョ - "CEU E CHAO"
Brazil / LP / Stereo / SDG SDG01683 / Rec / Pub 1983
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブラジルのアコーディオン奏者、オズワルディーニョの83年のアルバム。
ブラジルの名アコーディオン奏者、オズワルディーニョの83年のソロ・アルバム。アープ、ムーグ、プロフェットなどシンセも大胆に使った爽快な一枚。インスト中心ですが、何曲かある軽い歌ものが気持ちよくて◎。【曲】「Boicote」「Terra Da Ilusao(試聴)」「Hora Celestial」「Toccata」「Alta Tensao」「Ingazeira Do Norte(試聴)」「Anunciacao」「Reflorescer」「Buscas」「Cuba Na Cuca」「Sorriso de Samanta」「Festa」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Stone, Night Shift - JAZZ : THE SPOKEN CLASS - BEGINNERS

  • 教則LP
 Art Stone, Night Shift- アート・ストーン、ナイト・シフト - "JAZZ : THE SPOKEN CLASS - BEGINNERS"
USA / LP / Stereo / Statler SLP1053 / Rec late60s / Pub late60s
コーティング・ジャケット擦れ少々、裏ジャケットにしみ、縁ほころび少々、レーベルひげ、盤表層スクラッチ少々、しなり少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  1980 yen
■有名ダンス・インストラクターによるダンス教則レコード。
アート・ストーンというプロ・ダンサー&インストラクターが興したステートラーというレーベルから、ストーン自身が教えるジャズ・ダンスの教則レコード。4枚出ているうちの2枚目で"Beginner"編。さて、試聴のように、収録曲のほとんどが演奏にストーンの静かな掛け声が入るというナンバー。しかしこの演奏がすごくいい!ナイト・シフトという全く知らないガレージ・バンド。最後には彼らの演奏のみの長尺の曲が収録されています。インストラクション・シート付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Van Damme Quintet - COCKTAIL CAPERS

  • ジャズLP
 Art Van Damme Quintet- アート・ヴァン・ダム・クインテット - "COCKTAIL CAPERS"
USA / LP / Mono / Capitol T178 / Rec 1950 / Pub 1954
ジャケット表裏擦れ少々、上下部ほころび、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ジャズ・アコーディオン奏者アート・ヴァン・ダムのファースト・アルバム。
マット・マシューズと並ぶジャズ・アコーディオンのトップ・プレイヤー、アート・ヴァン・ダム。洗練された、クオリティの高い演奏をモダン・ジャズの範疇で演奏したマシューズに対し、瞬間瞬間のひらめきを叩き付ける様な弾ける演奏がすごいヴァン・ダムの、ファースト・アルバム。50年にまず10インチLPでリリースされ、それに4曲付け足して54年に出された12インチLP。ベニー・グッドマンのトリオのソリッドさにも通じる、緻密でジャズの醍醐味も満点な凄まじい演奏。【曲】「Dark Eyes(試聴)」「I've Got You Under My Skin」「Meadowland」「If I Had You」「After You've Gone(試聴)」「A Foggy Day」「I Know That You Know」「The Breeze And I」「Lover」「The Man I Love」「The Continental」「Bach Meets El Mambo」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Art Van Damme Quintet - MORE COCKTAIL CAPERS

  • ジャズ10LP
 Art Van Damme Quintet- アート・ヴァン・ダム・クインテット - "MORE COCKTAIL CAPERS"
USA / 10LP / Mono / Capitol L300 / Rec 1952 / Pub 1952
ジャケット裏面擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3480 yen
■ジャズ・アコーディオン奏者アート・ヴァン・ダムのセカンド・アルバム。
マット・マシューズと並ぶジャズ・アコーディオンのトップ・プレイヤー、アート・ヴァン・ダム。洗練された、クオリティの高い演奏をモダン・ジャズの範疇で演奏したマシューズに対し、瞬間瞬間のひらめきを叩き付ける様な弾ける演奏がすごいヴァン・ダムの52年のセカンド10インチ・アルバム。ヴァン・ダムのアコーディオンもいいが、ヴィブラフォン、ギター、ベース&ドラムの一部の隙の無い、しかし優雅さも兼ね備えた演奏も最高。【曲】「I Want To Be Happy(試聴)」「Pavanne(試聴)」「Rachel's Dream(試聴)」「Should I」「Fine And Dandy」「Perdido」「Habanera」「Linger Awhile」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reginald Foort - THE ORGAN IN SYMPHONY HALL

  • オルガンLP
 Reginald Foort- レジナルド・フォート - "THE ORGAN IN SYMPHONY HALL"
USA / LP / Mono / Cook Laboratories 10545 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット擦れ少々、レーベルひげほんのわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■劇場/シネマ・オルガン奏者レジナルド・フォートが、ボストンのシンフォニー・ホールのオルガンを弾いたクック盤。
オーディオ・エンジニアのエモリー・クックが50年代に始めた、ジャズ、民俗音楽、現代音楽の独特のセレクションと、頑なな音響哲学を持ったレーベル、クック・ラボラトリーズ。これは、イギリス生まれでアメリカに渡ったシアター・オルガニスト、レジナルド・フォートが、ボストンのシンフォニー・ホールにある、エオリアン・スキナーというビルダーが作ったこのホールのシンボル的オルガンを弾いた一枚。トッカータとフーガ、だまされたと思って聞いてみてください。このド級の音のせいもあると思いますが超々衝撃。フォークウェイズからCD再発が出ていますが、このアナログはCDより2曲多いです。初期クック特有の赤盤、フラット・エッジ。【曲】「Boellman / Suite Gothique : Gothic Minuet」「Boellman / Suite Gothique : Prayer to Our Lady」「Dubois / Toccata」「Bach / Toccata and Fugue in d minor(試聴)」「Bach / When Thou Art Near」「Handel / Arioso(試聴)」「Reubke / Finale from Organ Sonata」「Handel / Arrival of the Queen of Sheba」「Handel / Water Music : Hornpipe」「Handel / Water Music : Aire」「Handel / Water Music : Coro」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reginald Foort - THE SEVEN LAST WORDS OF CHRIST

  • オルガンLP
 Reginald Foort- レジナルド・フォート - "THE SEVEN LAST WORDS OF CHRIST"
USA / LP / Mono / Cook Laboratories 1094 / Rec mid50s / Pub mid50s
見開きジャケット表裏内側円状の擦れ少々、ディスク1レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、ディスク2は新品未開封
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■劇場/シネマ・オルガン奏者レジナルド・フォートが、デュボア『キリストの最後の7つの言葉』を演奏したアルバム。
オーディオ・エンジニアのエモリー・クックが50年代に始めた、ジャズ、民俗音楽、現代音楽の独特のセレクションと、頑なな音響哲学を持ったレーベル、クック・ラボラトリーズ。これは、イギリス生まれでアメリカに渡ったシアター・オルガニスト、レジナルド・フォートが、数人のクラシック歌手とともにフランスの作曲家デュボアの『キリストの最後の7つの言葉』を演奏したアルバム。今ではほとんど失われてしまったバイノーラル録音で、通常録音盤はLP一枚のところ、録音マイクの場所が違うバージョンが丸々一枚分収録されています。(通常の針で聞けます)。二枚の内一枚は新品未開封。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Reginald Foort - INTERMISSION AT THE MOSQUE

  • オルガンLP
 Reginald Foort- レジナルド・フォート - "INTERMISSION AT THE MOSQUE"
USA / LP / Mono / Cook Laboratories 1059 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■劇場/シネマ・オルガン奏者レジナルド・フォートのクックからのアルバム。
オーディオ・エンジニアのエモリー・クックが50年代に始めた、ジャズ、民俗音楽、現代音楽の独特のセレクションと、頑なな音響哲学を持ったレーベル、クック・ラボラトリーズ。これは、イギリス生まれでアメリカに渡ったシアター・オルガニスト、レジナルド・フォートが、ヴァージニア州リッチモンドの劇場、モスク・シアターの有名な巨大オルガンを弾いたアルバム。オルガン・イージー・リスニングやジョージ・ライトのパイプ・オルガン・アルバムとは全く感触の違う、ローファイ生録のド迫力な一枚。フォークウェイズからCD再発が出ていますが、このアナログはCDより3曲多いです。初期クック特有の赤盤で、鋭角的なフラット・エッジ。【曲】「She Didn't Say Yes, She Didn't Say No」「Mood Indigo」「Valencia」「Laura(試聴)」「12th Street Rag」「My Hero」「Kiss Of Fire」「Blue Moon」「Canadian Capers」「Doll Dance」「Lullaby of Broadway」「Deep Purple(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Steve Jordan - EL HURACAN

  • テックス・メックス/テハノLP
 Steve Jordan- スティーヴ・ジョーダン - "EL HURACAN"
USA / LP / Stereo / Rounder 6031 / Rec 1970s, 1980s / Pub
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スティーヴ・ジョーダンのベスト・アルバム。
全く型破りなテックス・メックス界の独眼竜アコーディオン奏者スティーヴ・ジョーダン。アコーディオン界のジミヘンと言われますが、もっと幅広い音楽センスを貪欲に取り入れる、どちらかというとザッパに近い天才これはベースにしていたテキサス南部の町のレーベル、ハチエンダに残したナンバーのベスト盤、ラウンダーから。【曲】「La Piedrecita」「La Llorona Loca」「Por Tu Carino」「La Cumbia Del Facundo(試聴)」「Dicen Que Soy Muy Borracho」「Que Tanto Es Tantito?」「Oaxaca」「Kranke」「Sufro Tu Ausencia」「Andando En La Parranda」「La Huracan」「Soy Alegre」「Ran-Kan-Kan」「Adios, Amore」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Santiago Jimenez - MUJER FATAL

  • テックス・メックス/テハノLP
 Santiago Jimenez- サンティアゴ・ヒメネス - "MUJER FATAL"
USA / LP / Stereo / DLB 1086 / Rec 1983 / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アコーディオン奏者サンティアゴ・ヒメネスのソロ・アルバム。
ツワモノしかレコードを残していない、つまりほぼ素晴らしいものばかりのテックス・メックス、テハノの世界。これはかのフラーコ・ヒメネスの弟で、やはりフラーコ同様卓抜したテハノ・アコーディオン奏者のサンティアゴ・ヒメネスのソロ・アルバム。当然演奏はキレのあるプレイ全開で文句なし、リズム隊も完璧、特にベーシストがグレイト。さらに驚くのがこの音。83年なのですが、60年代中期のヨーロッパのレコードのようなド迫力の引き締まった音。それから50年代のオールディーズのオリジナル盤みたいな重く分厚い盤も変わってる。地元サン・アントニオのDLBレコードからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.