(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: o)

Orchestra Of Alexander Stellio - AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE

  • ビギンLP
 Orchestra Of Alexander Stellio- オーケストラ・オブ・アレクサンドル・ステリオ - "AU BAL ANTILLAIS : FRANCO-CREOLE BIGUINES FROM MARTINIQUE"
USA / LP / Mono / Folklyric 9050 / Rec 1929-1932 / Pub late1970s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■仏領マルティニークの戦前ストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオの音源集。
カリブの島々の一つ、フランス領マルティニークのストリング・バンド、アレクサンドル・ステリオ楽団の音源集。17世紀頃から形になっていたというビギンですが、コール・ポーターの有名な「Begin The Beguine」はルンバ調で、編者のディック・スポッツウッドはポーターは本当のビギンを聴いたかどうか怪しいとライナーで言っている通り、あのイメージは皆無。むしろニューオーリンズとトリニダットの音楽が混ざったような濃い複雑なダンス音楽。このバンドは主役のクラリネット、ヴァイオリン、ドラム、トロンボーンの編成で、時にはバンジョーなども編成に加わっています。馬鹿テクのトロンボーンがリフのような演奏でメロディーの下線を引き、クラリネットとヴァイオリンは自由闊達に動き回る、そこにさらに細かいストロークにたまげる、ティプレ?バンジョー?が乱入したりして、一回聞いただけでは全部の楽器に集中できない...しかも混乱じゃなくてきちんと収拾されてるのが恐ろしい。29~32年の14曲で、全てフランスで録音されたものです。【曲】「Ah! Gade Chabine La」「En Sens Unique S.V.P(試聴)」「Rialto! Sens Unique」「Mettez I Dero」「Mussieu Dollar(試聴)」「Mussieu Satan Fache」「Balcon Fleuri」「Ba Mouin En Ti Bo Dou Dou」「Belle Madame」「Asi Pare」「Paris」「Pani Ti Moun」「Maladie D'Amour」「Cherie(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ohama Kenchu - YAEYAMA WO UTAU

  • 沖縄の音楽LP
 Ohama Kenchu- 大濱賢忠 - "YAEYAMA WO UTAU"
Japan / LP / Stereo / SPC Higa SPC-50-015 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤浅い擦れわずか、小チリ音、帯きれい
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  4500 yen
■八重山民謡歌手、大濱賢忠のアルバム。
SPC比嘉レコードからの珍しい一枚。八重山の古典民謡を12曲収録。帯付き。【曲】「赤馬節(試聴)」「鳩間節」「あがろーざ節」「月夜浜節」「まへらつぃ節」「まへらつぃぬとーすぃ」「古見ぬ浦節」「鷲ぬ鳥節(試聴)」「まやゆんた」「崎山節」「みるく節」「とうばらーま」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ozawa Shoichi (Rec., Dir.) - MATAMATA NIHON NO HOROGEI : FUSHIDAN SEKKYO

  • 民俗音楽/日本LP
 Ozawa Shoichi (Rec., Dir.)- 小沢昭一(録音・監修) - "MATAMATA NIHON NO HOROGEI : FUSHIDAN SEKKYO"
Japan / LP / Stereo / Victor SJX2063-8 / Rec 1970s / Pub 1974
ダンボール外箱裏面に汚れ、小ダメージ、ボックス色あせ、レーベル6枚ともひげほんのわずか、盤6枚とも擦れほぼ無し、ブックレットきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 7980 yen
■小沢昭一"日本の放浪芸"第三弾。節談説教を紹介したLP6枚組ボックス・セット。
彼独自の眼鏡を通して各地の伝統芸能に光をあて、日本の民俗音楽かそれ以上のものにまとめ上げた"日本の放浪芸"シリーズ。これは第三弾で、浪花節や落語など日本の話芸のルーツとも言われる、旅の僧たちのフシのある歌のような説教『節談説教』を収録したLP6枚組。まず一枚目A面は、森進一「港町ブルース」や広沢虎造「石松と三十石船」など実際のレコードを通して小沢がフシの魅力をさぐる面。裏面も小沢のナレーションで、節談説教の録音とともに紹介する『説教と私』。そして2枚目から5枚目までは、祖父江省念、川岸不退など真打登場、およそ片面一人という割合で節談説教を収録。6枚目のA面は、小沢、永六輔らによる座談会『説教あれこれ』。B面は小沢と、ある老婆etc..による放送劇『夢の.......』を収録。例によってブックレットがすごい。林光、関山和夫、郡司正勝らの寄稿、貴重な写真も満載。オリジナルの段ボール外箱付。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orys Sunshine Orchestra, Sam Morgans Jazz Band, etc. - JAZZ 11 : ADDENDA

  • ジャズLP
 Ory's Sunshine Orchestra, Sam Morgan's Jazz Band, etc.- オリーズ・サンシャイン・オーケストラ、サム・モーガンズ・ジャズ・バンド、etc. - "JAZZ 11 : ADDENDA"
USA / LP / Mono / Folkways FJ2811 / Rec 1920s to 1940s / Pub 1958
ジャケット極浅い擦れわずか、裏面書き込み、上下中央小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレット色あせ少々
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジャズの歴史を探るフォークウェイズ『Jazz』シリーズのラスト作。
『Jazz』は10巻で完結ですが、これはアンコールということで編算された一枚。本作には全シリーズを網羅するアーティストと曲の索引、このシリーズの発足の趣旨などが書かれたライナーも完備。早い話、これ一枚がもっともすばやく戦前の歴史をフォローできる10巻の内容を凝縮した一枚。もちろんリリースされた10枚とダブリは無し。これを聞いてから興味のある方面を探るのもお薦めですし、有名どころのエッセンシャルなものから知られざる名演に目から鱗(ほんとに)という人もいると思います。ニューオリンズ、ブルース、ハーレム、シカゴ等からそれぞれ1、2曲を選曲、最後はビバップ。28年からジャズを買い始めたという編者のフレデリック・ラムゼイの音楽人生をまとめた大仕事。70パーセントは彼のコレクションから。 【曲】「Ory's Sunshine Orchestra / Ory's Creole Trombone」「Sam Morgan's Jazz Band / Bogalusa Strut」「Jimmy Bertrand's Washboard Wizards / Little Bits」「Ma Rainey / Hear Me Talking To You(試聴)」「Fats Waller And His Rhythm / Squeeze Me(試聴)」「Eddie Condon / Home Cooking」「Jelly Roll Morton's Red Hot Peppers / Kansas City Stomps」「New Orleans Feetwarmers / Maple Leaf Rag」「Scott Joplin / Original Rags」「Chocolate Dandies / Bugle Call Rag」「Bunny Berigan And His Blue Boys / I'm Coming Virginia(試聴)」「Tommy Ladnier / Really The Blues」「Frankie Newton's Orchestra / The World Is Waiting For The Sunrise」「Dizzy Gillespie And His Sextet / Groovin' High」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Original Blue River Boys, Bascomb Lamer Lanceford, Mountain Ramblers, etc. - UNION GROVE 50TH ANNIVERSARY ALBUM

  • オールドタイム/マウンテンLP
Original Blue River Boys, Bascomb Lamer Lanceford, Mountain Ramblers, etc.- オリジナル・ブルー・リバー・ボーイズ、バスコム・ラマー・ランスフォード、マウンテン・ランブラーズ、etc. - "UNION GROVE 50TH ANNIVERSARY ALBUM"
USA / LP / Stereo / Union Grove SS8 / Rec 1955 to 1971 / Pub 1973
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ユニオン・グローヴ・コンベンション50周年を記念して出された一枚。
オールドタイム、マウンテン・ミュージックの祭典ユニオン・グローヴ・フィドラーズ・コンベンション50周年を記念して出された、過去の音源をまとめた一枚。とはいえ、収録のほとんどは55年の音源。たまたまでてきたその年のテープを聞いたところこりゃ大変、となり編まれたという一枚。バスコム・ラマー・ランスフォードのストリング・バンド、クラーク・ケッシンジャー、J.E.メイナー、ユニオン・グローヴに出た初の黒人フィドラー、ハーヴ・ゲイザー、コンベンション主催者HPヴァンホイが弾く"Old Joe Clark"などなどこれでしか聞けない貴重なものばかり。全23曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestre Tipique Cubain EIMEFF, Ricos Creole Band, etc. - CUBANS IN PARIS 1930-1938

  • 民俗音楽/キューバLP
 Orchestre Tipique Cubain EIMEFF, Rico's Creole Band, etc.- オーケストラ・ティピーク・キューバン・アイメフ、リコズ・クレオール・バンド、etc. - "CUBANS IN PARIS 1930-1938"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2063 / Rec 1930s / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■30年代、パリで活躍したキューバのグループを収録した一枚。
1800年代前半の初期ロマン派の時代には既にパリでキューバ人クラシック作曲家が活躍していたというからこの時代にはもしかすると珍しいことではなかったのかもしれません。ソンやソン・ルンバのバンドを中心に、ピアノとギター、打楽器の珍しいトリオなど、カラフルな全16曲10グループ、ほのかに温かい豊かな空気が密封された一枚。全曲パリ録音。【曲】「Bruno Zayas」「Cuba En Paris」「Mi Tumbao」「Marta」「Quarto Palomas」「Melody's Bar」「Rumba Guajira」「Songoro Cosongo」「Invitacion A La Rumba」「Les Trois Coups」「Chivo Que Rompe Tambo」「Ven Guaricha」「Son De La Loma」「Trinitaria」「Rico Son」「Son Retozon」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orioles - IN THE MISSION OF ST. AUGUSTINE cw WRITE AND TELL ME WHY

  • ドゥワップ45rpm
 Orioles- オリオールズ - "IN THE MISSION OF ST. AUGUSTINE cw WRITE AND TELL ME WHY"
USA / 45rpm / Mono / Jubilee 5127 / Rec 1953 / Pub 1953
レーベルきれい、盤子役ありで相対的にかなりきれい、浅い擦れ、B面にノイズ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3~3.5  3800 yen
■ドゥワップ・グループ、オリオールズの53年の一枚。
ミルス・ブラザーズらが30年代に花を開かせたブラック・ボーカル・グループの世界。その後もジャイヴやゴスペルなどの流れを汲み黒人たちの間に深く根付いていたこのジャンルに、戦後すぐの頃新しい一ページを加えたのがこのオリオールズ。ドゥワップの第一号グループで、何十年たった今でもドゥワップを聞くときの最大の旨味は彼らのハーモニーに凝縮されていると思います。これは53年の一枚。既に後輩たちがまた新たな波を作った頃、自分たちのスタイルを捨てず時代に向き合ったハーモニーを聞かせる涙の二曲。マトリクス機械打ちのオリジナル盤。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestre Creoles Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc, - JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950

  • マルティニークの音楽LP
 Orchestre Creole's Band, Jazz Sam Castandet, Notte And His Creole Band, etc,- オーケストラ・クレオールズ・バンド、ジャズ・サム・カスタンデ、ノッテ&ヒズ・クレオール・バンド、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN MARTINIQUE 1929-1950"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2018 / Rec 1929 to 1951 / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、音に出ない表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2980 yen
■世界中の戦前ジャズ、ダンス音楽のSP盤を編集、再発していた英のハーレクイン・レーベルから、仏領マルティニーク編。
ジャズやダンス・バンドではなく、マルティニークでしか生まれ得なかったビギンの貴重なヴィンテージ録音が多く収録された一枚。人口構成がニューオーリンズとそっくりなこの島で、しかもジャズの誕生とほぼ平行して姿を現したというビギンはニューオリンズのジャズと似てはいますが、リズムの感じは全く違いむしろキューバ等に近い土台に自由に吹きまくるトロンボーンやクラ、スウィングするヴァイオリン、超絶バンジョーなどがアレンジされたまさに混血ミュージック。30年代にはようやくビギンとブレンドされたジャズが出始め、40年代にはエリントンの直訳的なサウンドも生まれます。非常に面白い。この島には50年代まで録音スタジオが無かったようで、収録曲の録音は全てパリやNY。【曲】「L'Orchestre Antillais / Serpent Maigre(試聴)」「Mussieu Dollar」「Orchestre E. Leardee Du Celebre Bal Colonial De La Rue Blomet / La Belle Amelie」「Orchestre Creol's Band / Ninon(試聴)」「Taint No Sin」「Notte And His Creol Band De La Coupole Montparnasse / En Bas Caille La」「I've Found A Wonderful Girl」「Salnave And His Band / Brown Love」「Jazz Sam Castandet / Sweet Georgia Brown」「Haitian Orchestra / Sous Les Palmiers」「Fredy Jumbo Et Son Orchestre / Swing 42」「Jean Ferret Et Son Orchestre / Swing Guitars(試聴)」「Harry Cooper Et Son Orchestre / Nuages」「Ensemble Swing Du Hot Club / Georgina」「Jam Session No.6 / China Boy」「Orchestre Del's Jazz Biguine / La Figuie(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Papa Celestin And New Orleans Band - PAPA CELESTINS GOLDEN WEDDING

  • ジャズLP
 Oscar Papa Celestin And New Orleans Band- オスカー・パパ・セレスティン&ニューオーリンズ・バンド - "PAPA CELESTIN'S GOLDEN WEDDING"
USA / 10LP / Mono / Southland S-LP206 / Rec 1954 / Pub mid60s
ジャケット擦れ極わずか、右上小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、チリ音少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5  2980 yen
■オスカー・セレスティンのラスト・アルバム。最高の内容。
伝説のコルネット奏者オスカー“パパ”セレスティン。ブードゥーの女魔術師のことを唄ったクラシック「マリー・ラヴォー」の生みの親で、キング・オリバー、サッチモ、ジミー・ヌーンetc..が育ったグループを率い、ニューオーリンズの観光音楽のようなあまたのバンドとは違う、汚く淀んだ裏通りのムードまで漂わせるジャズを演奏した人。これは54年の彼の最後のレコーディングを収録したアルバムで、オリジナルは55年に10インチでていて、これは恐らく60年代中期に出たリイシューの12インチ。10インチに曲を足すのではなくてそのまま出してくれたのがうれしい!その「マリー・ラヴォー」も素晴らしいのですが、冒頭の、よくセカンド・ラインでハッピーに演奏される「Down By The Riverside」の感動的なバージョン他、最高の内容。【曲】「Down By The Riverside(試聴)」「Saints Come Machin' In」「Marie La Veau(試聴)」「Oh Didn't He Ramble」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ola Belle Reed - OLA BELLE REED

  • オールドタイム/マウンテンLP
 Ola Belle Reed- オラ・ベル・リード - "OLA BELLE REED"
USA / LP / Stereo / Rounder 0021 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アパラチアの伝説的な女性シンガー、オラ・ベル・リードのファースト・ソロ。
ゲイラックス近くの生まれで子供の頃からバンジョーを弾き正統アパラチア音楽が埋め込まれた伝説の女性シンガー、オラ・ベル・リード。数年前にダスト・トゥ・デジタルから編集盤も出ました。これはソロとしてはファースト・アルバムになる73年のラウンダー盤。装飾少ないストリング・バンドに、まるでブルース・シンガーのような低い声で歌う16曲。【曲】「Wayfaring Pilgrim」「High On A Mountain(試聴)」「The Soldier And The Lady」「Fly Around My Pretty Little Miss」「Go Home Little Girl」「Blues In My Mind」「God Put A Rainbow In The Clouds」「Flop Eared Mule」「The Springtime Of Life(試聴)」「Billy In The Lowground」「You Don't Tell Me That You Love Me Anymore」「I've Always Been A Rambler」「Rosewood Casket」「John Hardy」「My Epitaph」「I Believe」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ornette Coleman - TOWN HALL, 1962

  • ジャズLP
 Ornette Coleman- オーネット・コールマン - "TOWN HALL, 1962"
Italy / LP / Stereo / Base ESP1006 / Rec 1962 / Pub 1982
ジャケット擦れ極わずか、裏面しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■62年、ニューヨーク・タウン・ホールでのライブ。
バップのさらなる延長としてのフリー・ジャズ、つまりメロディも一定のパルスもあるものの、まだ誰も聞いたことが無かった新種のジャズを生んだオーネット・コールマン。これはESPからの唯一のアルバムで、62年のライブ盤。オーネットらしいA1「Doughnut(試聴)」と、その路線の壮大な23分の「The Ark」、異世界のバラードのA2「Sadness(試聴)」、Aラストにはジャズ関係ないバルトークみたいな弦楽四重奏(サックス等無し)「Dedication To Poets And Writers」というなんとも斬新な展開、しかし完璧にはまった構成。イタリア・ベイス・レコードのリイシュー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Oscar Moore Quartet - OSCAR MOORE

  • ジャズ/ギターLP
Oscar Moore Quartet- オスカー・ムーア・カルテット - "OSCAR MOORE"
USA / LP / Mono / Skylark Tampa VSOP34 / Rec mid50s / Pub 1986
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ジャズ・ギタリスト、オスカー・ムーアの初ソロ作のリイシュー。
テキサス出身のジャズ・ギタリスト、オスカー・ムーア。兄はジョニーで、兄弟ともにロスに進出、兄はスリー・ブレイザーズを結成、スターに。そしてこのオスカーは、キング・コール・トリオのもっとも充実した初期の10年のギタリストとなった人。本作は54年、カール・パーキンス(P)、ジョー・コンフォート(B)、リー・ヤング(D)のカルテットで録音されたムーアの初10インチLPのリイシュー。カール・パーキンスの演奏がこれだけきけるのもうれしい一枚。【曲】「Roulette(試聴)」「Nearness Of You(試聴)」「Love For Sale」「Kenya」「Body And Soul」「Blues In B Flat」「Kiss Me Again」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.