(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: misc)

J. C. Burris - ONE OF THOSE MORNING

  • ブルースLP
 J. C. Burris- J.C.バリス - "ONE OF THOSE MORNING"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1075 / Rec 1975 / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■無二のブルースマン、J.C.バリスのファースト・アルバム。
あのソニー・テリーの甥で、ブルース・ハープをテリーに習い、ソニー・テリー&ブラウニー・マッギーの録音に参加、その後ボーン(骨や木の棒を使うパーカッション)をマスター、さらに裏ジャケットの人形を手作りし、ミスター・ジャックと名付けポコポコと叩いて躍らせるという芸で人気となったという無二のブルースマン。75年のライブをアーフーリーのクリス・ストラフィッツが録音した一枚。ボーカル、ハーモニカ、ボーン、Mr.ジャック、足踏みだけで他の楽器は入っていません。【曲】「Hold Me Tight(試聴)」「Loneliness」「River Of Life」「She Can't Be Right Always Doing Wrong」「Mr. Jack's Dance(試聴)」「One Of These Mornings」「Inflation Blues」「Hand Jive」「You Got To Roam」「Highway Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Whitter, Oliver Sims, Kyle Wooten, etc. - OLD TIME HARMONICA CLASSICS 1923-1937

  • カントリー/ブルースLP
 Henry Whitter, Oliver Sims, Kyle Wooten, etc.- ヘンリー・ウィッター、オリバー・シムズ、カイル・ウットゥン、etc. - "OLD TIME HARMONICA CLASSICS 1923-1937"
USA / LP / Mono / County 549 / Rec 1923 to 1937 / Pub 1991
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前ヒルビリー、ブルースのハーモニカ・インストを収録したカウンティ編集盤。
カウンティ・レーベルにしては珍しく黒人ミュージシャンの音源も入った編集盤で、戦前ヒルビリー、ブルースのハーモニカ名演を収録した一枚。一人でやっているとは到底思えない、ベース・ラインとメロディを吹くデフォード・ベイリー、同様に超絶技巧を聞かせるJHハウェル、全く珍しい、二人のハーモニカをメインにしたヒルビリー・バンド、マーフィー・ブラザーズ・ハープ・バンドなどなど14曲収録。【曲】「Henry Whitter / Lost Girl Of West Virginia」「Dutch Coleman & Red Whitehead / Dad's Getting Uzzy」「Oliver Sims / Hop About Ladies」「Crook Brothers String Band / Jobbin' Gettin' There」「DeFord Bailey / Muscle Shoals Blues(試聴)」「Murphy Brothers / Boat Song March」「J.H. Howell / Lost John(試聴)」「Murphy Brothers / Downfall Of Paris」「Henry Whitter / Rain Crow Bill」「Walter Davis & Gwen Foster / Crooked Creek Blues(試聴)」「Kyle Wooten / Red Pig」「Tom Ashley & Gwen Foster / Bay Rum Blues」「DeFord Bailey / Ice Water Blues」「Humphrey Bate / Take Your Foot Out Of The Mud(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Noah Lewis, Jed Davenport - MEMPHIS HARMONICA KINGS 1929-30

  • ブルースLP
 Noah Lewis, Jed Davenport- ノア・ルイス、ジェド・ダヴェンポート - "MEMPHIS HARMONICA KINGS 1929-30"
U.K. / LP / Mono / Matchbox MSE213 / Rec 1929, 1930 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■戦前メンフィスのブルース・ハープ奏者二人の音源集。リーダー録音をコンプリートで収録。
まずはガス・キャノンズ・ジャグ・ストンパーズのノア・ルイス。テクニック抜群のハーモニカ・ソロ3曲と、ヤンク・レイチェル、スリーピー・ジョン・エステスが参加したジャグ・バンドの4曲の全7曲。もう一人はやはりメンフィスでジャグ・バンドを率いたジェド・ダヴェンポート。ハーモニカが途中で壊れたような「Beale Street Breakdown」から、彼のバンド、ビール・ストリート・ジャグ・バンドなど全10曲。【曲】Noah Lewis「Chickasaw Special」「Devil In The Woodpile」「Like I Want To Be」「Ticket Agent Blues」「New Minglewood Blues」「Selling The Jelly(試聴)」「Bad Luck's My Buddy」、Jed Davenport「I'm Sittin' On Top Of The World」「Talkin' Bout Yo Yo」「How Long How Long Blues」「Cow Cow Blues」「Beale Street Breakdown(試聴)」「You Ought To Move Out Of Town」「The Dirty Dozen(試聴)」「Jug Blues」「Save Me Some」「Piccolo Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band - MEMPHIS JUG BAND

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "MEMPHIS JUG BAND"
USA / LP / Mono / Yazoo 1067 / Rec late1920s / Pub early1980s
見開きジャケット擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 8800 yen
■決定盤といえるヤズーの2LP。
ウィル・シェイドが中心となり、チャーリー・バース(G)、ケイシー・ビル・ウエルダン(G)、チャーリー・ポーク(Jug)、女性ボーカルのハッティ・ハート、メンフィス・ミニーなど、のべ20人ぐらいが20~30年代中期までにこのバンドに関わり、ビクター、オーケエ等のレーベルに録音を残しました。このヤズー盤は、二枚組で彼らの最も美味しいナンバーを選りすぐった決定盤と言える内容。メンフィスがいかにアメリカの重要な音楽地帯であり、また独特のカラーを持ったミュージシャンたちがいたのか伝わってきます。CDもリリースされていますが、アナログは5曲多いです。ジャケット・アートワークはロバート・クラム。※おととしアナログでリイシューされました【曲】「I'll See You In The Spring, When The Birds Begin To Sing」「Memphis Jug Blues(試聴)」「Cave Man Blues」「Gator Wobble」「Beale Street Mess Around」「Memphis Yo Yo Blues」「Stealin' Stealin'」「Lindberg Hop」「Fourth St. Mess Around(試聴)」「Memphis Boy Blues」「Taking Your Place」「On The Road Again」「Tired Of You Driving Me」「Cocaine Habit Blues」「Oh Ambulance Man」「K..C. Moan」「You May Leave But This Will Bring You Back」「The Old Folks Started It」「Newport News Blues-Take 1」「Everybody's Talking About Sadie Green」「Little Green Slippers(試聴)」「Spider's Nest Blues」「Sometimes I Think I Love You」「She Stays Out All Night Long」「Insane Crazy Blues」「Aunt Caroline Dyer Blues」「What's The Matter?」「Whitewash Station Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wayne Raney And The Raney Family - WAYNE RANEY AND THE RANEY FAMILY

  • ハーモニカ/カントリー45rpm EP
Wayne Raney And The Raney Family- ウエイン・レイニー&ザ・レイニー・ファミリー - "WAYNE RANEY AND THE RANEY FAMILY"
USA / 45rpm EP / Mono / Starday SEP115 / Rec late50s / Pub 1960
ジャケット擦れ少々、端々ほころび少々、しみ少々、レーベルきれい、盤浅い擦れ少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2680 yen
■ハーモニカ奏者ウエイン・レイニーの6曲入りEP。
「Blues Stay Away From Me」で知られるヒルビリー・ブルース・デュオ、デルモア・ブラザーズのハーモニカ奏者ウェイン・レイニー。これは、娘のワンダ、息子のライデルが参加してヒルビリー・ゴスペルを6曲演奏した60年のEP。全曲歌入り。【曲】「We Need A Lot More Jesus (And A Lot Less Rock And Roll)」「Lilac Bouquet(試聴)」「When Heaven Comes Down」「Don't You Think It's Time(試聴)」「Why Don't You Heed His Call」「Jesus Has Saved My Soul」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wayne Raney - WAYNE RANEY AND HIS FAMOUS HARMONICA

  • ハーモニカ/カントリー45rpm EP
 Wayne Raney- ウエイン・レイニー - "WAYNE RANEY AND HIS FAMOUS HARMONICA"
USA / 45rpm EP / Mono / Rimrock REP296 / Rec early60s? / Pub 1960s?
スリーブしみ、テープ、小やぶれ、レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket 2 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ハーモニカ奏者ウエイン・レイニーの6曲入りEP。
「Blues Stay Away From Me」で知られるヒルビリー・ブルース・デュオ、デルモア・ブラザーズのハーモニカ奏者ウェイン・レイニー。恐らく、キングの後に在籍したスターデイの60年頃のド迫力ハーモニカ・インストを収録した、リムロックというレーベルの6曲入りEP【曲】「The Fox Chase(試聴)」「Sittin On Top」「Wayne's Double Eagle」「Rain Crow Bill(試聴)」「Harmonica Blues」「John Henry Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jim Kweskin - RELAX YOUR MIND

  • フォーク/ブルースLP
 Jim Kweskin- ジム・クウェスキン - "RELAX YOUR MIND"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79188 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケット表裏擦れ、上下取り出し口小縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音出るスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3  1980 yen
■ファースト・ソロ・アルバム。
ジャグ・バンドでのアルバムを二枚出した後に作られた、ジム・クエスキンのファースト・アルバム。フリッツ・リッチモンドのウォッシュタブ・ベースと、東のチャールズ・マンソンとも言われたカルトなハープ奏者メル・ライマンのトリオ。オールド・ジャズ、フォーク、ブルースをザックリ演奏。二曲ライヴ録音あり。【曲】「Three Songs-A Look At The Ragtime Era(試聴)」「Hannah」「Bye Bye」「The Cuckoo」「I Ain't Never Been Satisfied」「Eight More Miles To Louisville」「I Got Mine」「Buffalo Skinners」「Make Me A Pallet On Your Floor」「Guabi Guabi」「My Creole Belle(試聴)」「Relax Your Mind」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc - THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS

  • ジャグ・バンドLP
 Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc- ミシシッピ・ジュック・バンド、チェイシー・コリンズ・ウォッシュボード・バンド、etc. - "THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC2 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アーフーリーの戦前ジャグ・バンド編集盤。
カントリー・ブルースに比べると弾数が少ない戦前のジャグ・バンドの編集盤ですが、これはアーフーリーからリリースされたこの手のものの名盤の一つ。メンフィスとダラスを代表するメンフィス・ジャグ・バンド、ダラス・ジャグ・バンドに、ジャズ・クラのジョニー・ドッズが参加したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、シカゴのウォッシュボード・サム等の大物に加え、スライドG、ヴァイオリン、カズーも加わったチェイシー・コリンズ・バンド、テンポ&ノリの良さは200%のウォッシュボード・リズム・キングス等々収録。【曲】「Memphis Jug Band / Rukus Juices And Chittlin'(試聴)」「Dallas Jug Band / Elm Street Woman Blues」「Dixieland Jug Blowers / Hen Party Blues」「Walter Taylor's Washboard Band / Thirty Eight」「Mississippi Jook Band / Hittin' The Bottle Stomp」「Chasey Collins' Washboard Band / Atlanta Town(試聴)」「Washboard Sam / Bucket's Got A Hole In It」「Washboard Rhythm Kings / Brown Skin Mama(試聴)」「Memphis Jug Band / Cocaine Habit」「Birmingham Jug Band / Wild Cat Squall」「Ed Kelly's Washboard Band / Shim Shaming」「Memphis Jug Band / Stonewall Blues」「Washboard Sam / Sophisticated Mama」「Memphis Jug Band / Jazzbo Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Junior Wells - HOODOO MAN BLUES

  • ブルースLP
 Junior Wells- ジュニア・ウエルズ - "HOODOO MAN BLUES"
U.K. / LP / Mono / P-Vine PLP357 / Rec 1960s / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯・インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■シカゴ・ブルース・マン、ジュニア・ウエルズの名盤。
日本盤リイシュー。マディ・ウォーターズ・バンドのハープ奏者として活躍したのちさらに頭角を現し、ファンキーでロキンなブルースを連発、シカゴのブルース・シーンの代表格となったジュニア・ウエルズ。これは65年のアルバムで、彼の代表作と言える一枚。ド派手で激情的な唄とハープ、それが浮き立つバディ・ガイ(G)他の引き締まった小編成サポート、全12曲収録。【曲】「Snatch It Back And Hold It」「Ships On The Ocean」「Good Morning Schoolgirl」「Hound Dog」「In The Wee Hours」「Hey Lawdy Mama」「Hoodoo Man Blues」「Early In The Morning 」「We're Ready」「You Don't Love Me, Baby」「Chitlin Con Carne」「Yonder Wall」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

White Star Syncopators - HARMONICA HARRY cw A COTTAGE FOR SALE

  • ダンス・バンド78rpm
 White Star Syncopators- ホワイト・スター・シンコペイターズ - "HARMONICA HARRY cw A COTTAGE FOR SALE"
U.K. / 78rpm / Mono / Piccadilly 616 / Rec 1929 / Pub 1929
レーベル擦れ少々、印紙、盤浅い擦れ極わずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ボストン一派の最高の覆面ホット・ダンス・バンド。A面はハーモニカ・ジャズ。
ボストンにあったいくつかの小レーベルで、マルチ・ミュージシャン、アンディ・サネラや、キング・オリバー級のワイルドなトランペットを吹くマイク・モシエロなどが組んだ匿名バンドの一枚。このグループ(変名も多数)が出していた盤は20年代後半の最もヒップなホット・ダンス・ナンバーが目白押し。イギリス盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clifford Hayes And The Dixieland Jug Blowers - CLIFFORD HAYES AND THE DIXIELAND JUG BLOWERS

  • ジャグ・バンド/ブルースLP
 Clifford Hayes And The Dixieland Jug Blowers- クリフォード・ヘイズ&ザ・ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ - "CLIFFORD HAYES AND THE DIXIELAND JUG BLOWERS"
USA / LP / Mono / Yazoo L1054 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ジャグ・バンドのパイオニア、ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズのヤズー編集盤。
20世紀のはじめにケンタッキー州ルイヴィルで生まれたブルース・バンドのスタイル、ジャグ・バンド。大きな瓶をベース代わりに使うこのストリート感覚丸出しのユニークな音楽、たちまち各地へ伝播、それぞれの地で名物バンドが誕生。これはそのルイヴィルの名グループで、ジャズの面白さも取り入れたディキシーランド・ジャグ・ブロワーズのヤズー編集盤。【曲】「You'd Better Leave Me Alone, Sweet Papa(試聴)」「Everybody Wants My Tootelum」「National Blues-Take 3」「Clef Club Stomp(試聴)」「Please Don't Holler Mama」「Dance Hall Shuffle」「Barefoot Stomp」「Try And Treat Her Right」「You're Ticklin' Me-Take 1」「Love Blues」「Bye Bye Blues」「Hey! I Am Blue」「If You Can't Make It Easy, Sweet Mama」「Blue Guitar Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wayne Raney - SONGS OF THE HILLS

  • カントリーLP
Wayne Raney- ウエイン・レイニー - "SONGS OF THE HILLS"
USA / LP / Mono / King 588 / Rec early50s / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■デルモア・ブラザーズのハーモニカ奏者、ウェイン・レイニーのファースト・ソロ。
(※リイシュー)アーカンソーの農家に生まれながら足が不自由なことで音楽の道に進み、テキサスとの国境沿いのメキシコの街でラジオ局に出演するようになったハーモニカ奏者&シンガー、ウェイン・レイニー。その後アメリカに戻りデルモア・ブラザーズと合流、「Blues Stay Away From Me」などデルモアといえば、のハモニカを担当。これは、50年代初頭の音源を中心に収録し57年に出された彼の1st。半分ほどがデルモアのバッキング(というよりレイニーをフィーチュアしたデルモア)。レイニーのソフトな声がいい歌もの、豪快なハモニカ・インスト、ヒルビリー・ブギ等16曲。【曲】「Why Don't You Haul Off And Love Me」「Lost John Boogie(試聴)」「Lonesome Wind Blues」「Pardon My Whiskers」「Mama (Don't You Remember When You Were Young)」「The Roosters Are Crowing」「I Was There」「We Love To Live」「I Love My Little Yo Yo」「My Annabelle Lee」「Jack And Jill Boogie(試聴)」「Adam」「I've Done Sold My Soul」「Gone With The Wind This Morning」「Burning Your Love Letters」「Catfish Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.