(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: misc)

Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc - THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS

  • ジャグ・バンドLP
 Mississippi Jook Band, Chasey Collins Washboard Band, etc- ミシシッピ・ジュック・バンド、チェイシー・コリンズ・ウォッシュボード・バンド、etc. - "THE JUG, JOOK AND WASHBOARD BANDS"
USA / LP / Mono / Blues Classics BC2 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アーフーリーの戦前ジャグ・バンド編集盤。
カントリー・ブルースに比べると弾数が少ない戦前のジャグ・バンドの編集盤ですが、これはアーフーリーからリリースされたこの手のものの名盤の一つ。メンフィスとダラスを代表するメンフィス・ジャグ・バンド、ダラス・ジャグ・バンドに、ジャズ・クラのジョニー・ドッズが参加したディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ、シカゴのウォッシュボード・サム等の大物に加え、スライドG、ヴァイオリン、カズーも加わったチェイシー・コリンズ・バンド、テンポ&ノリの良さは200%のウォッシュボード・リズム・キングス等々収録。【曲】「Memphis Jug Band / Rukus Juices And Chittlin'(試聴)」「Dallas Jug Band / Elm Street Woman Blues」「Dixieland Jug Blowers / Hen Party Blues」「Walter Taylor's Washboard Band / Thirty Eight」「Mississippi Jook Band / Hittin' The Bottle Stomp」「Chasey Collins' Washboard Band / Atlanta Town(試聴)」「Washboard Sam / Bucket's Got A Hole In It」「Washboard Rhythm Kings / Brown Skin Mama(試聴)」「Memphis Jug Band / Cocaine Habit」「Birmingham Jug Band / Wild Cat Squall」「Ed Kelly's Washboard Band / Shim Shaming」「Memphis Jug Band / Stonewall Blues」「Washboard Sam / Sophisticated Mama」「Memphis Jug Band / Jazzbo Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Junior Wells - HOODOO MAN BLUES

  • ブルースLP
 Junior Wells- ジュニア・ウエルズ - "HOODOO MAN BLUES"
U.K. / LP / Mono / P-Vine PLP357 / Rec 1960s / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯・インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■シカゴ・ブルース・マン、ジュニア・ウエルズの名盤。
日本盤リイシュー。マディ・ウォーターズ・バンドのハープ奏者として活躍したのちさらに頭角を現し、ファンキーでロキンなブルースを連発、シカゴのブルース・シーンの代表格となったジュニア・ウエルズ。これは65年のアルバムで、彼の代表作と言える一枚。ド派手で激情的な唄とハープ、それが浮き立つバディ・ガイ(G)他の引き締まった小編成サポート、全12曲収録。【曲】「Snatch It Back And Hold It」「Ships On The Ocean」「Good Morning Schoolgirl」「Hound Dog」「In The Wee Hours」「Hey Lawdy Mama」「Hoodoo Man Blues」「Early In The Morning 」「We're Ready」「You Don't Love Me, Baby」「Chitlin Con Carne」「Yonder Wall」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

White Star Syncopators - HARMONICA HARRY cw A COTTAGE FOR SALE

  • ダンス・バンド78rpm
 White Star Syncopators- ホワイト・スター・シンコペイターズ - "HARMONICA HARRY cw A COTTAGE FOR SALE"
U.K. / 78rpm / Mono / Piccadilly 616 / Rec 1929 / Pub 1929
レーベル擦れ少々、印紙、盤浅い擦れ極わずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ボストン一派の最高の覆面ホット・ダンス・バンド。A面はハーモニカ・ジャズ。
ボストンにあったいくつかの小レーベルで、マルチ・ミュージシャン、アンディ・サネラや、キング・オリバー級のワイルドなトランペットを吹くマイク・モシエロなどが組んだ匿名バンドの一枚。このグループ(変名も多数)が出していた盤は20年代後半の最もヒップなホット・ダンス・ナンバーが目白押し。イギリス盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clifford Hayes And The Dixieland Jug Blowers - CLIFFORD HAYES AND THE DIXIELAND JUG BLOWERS

  • ジャグ・バンド/ブルースLP
 Clifford Hayes And The Dixieland Jug Blowers- クリフォード・ヘイズ&ザ・ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズ - "CLIFFORD HAYES AND THE DIXIELAND JUG BLOWERS"
USA / LP / Mono / Yazoo L1054 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ジャグ・バンドのパイオニア、ディキシーランド・ジャグ・ブロワーズのヤズー編集盤。
20世紀のはじめにケンタッキー州ルイヴィルで生まれたブルース・バンドのスタイル、ジャグ・バンド。大きな瓶をベース代わりに使うこのストリート感覚丸出しのユニークな音楽、たちまち各地へ伝播、それぞれの地で名物バンドが誕生。これはそのルイヴィルの名グループで、ジャズの面白さも取り入れたディキシーランド・ジャグ・ブロワーズのヤズー編集盤。【曲】「You'd Better Leave Me Alone, Sweet Papa(試聴)」「Everybody Wants My Tootelum」「National Blues-Take 3」「Clef Club Stomp(試聴)」「Please Don't Holler Mama」「Dance Hall Shuffle」「Barefoot Stomp」「Try And Treat Her Right」「You're Ticklin' Me-Take 1」「Love Blues」「Bye Bye Blues」「Hey! I Am Blue」「If You Can't Make It Easy, Sweet Mama」「Blue Guitar Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wayne Raney - SONGS OF THE HILLS

  • カントリーLP
Wayne Raney- ウエイン・レイニー - "SONGS OF THE HILLS"
USA / LP / Mono / King 588 / Rec early50s / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■デルモア・ブラザーズのハーモニカ奏者、ウェイン・レイニーのファースト・ソロ。
(※リイシュー)アーカンソーの農家に生まれながら足が不自由なことで音楽の道に進み、テキサスとの国境沿いのメキシコの街でラジオ局に出演するようになったハーモニカ奏者&シンガー、ウェイン・レイニー。その後アメリカに戻りデルモア・ブラザーズと合流、「Blues Stay Away From Me」などデルモアといえば、のハモニカを担当。これは、50年代初頭の音源を中心に収録し57年に出された彼の1st。半分ほどがデルモアのバッキング(というよりレイニーをフィーチュアしたデルモア)。レイニーのソフトな声がいい歌もの、豪快なハモニカ・インスト、ヒルビリー・ブギ等16曲。【曲】「Why Don't You Haul Off And Love Me」「Lost John Boogie(試聴)」「Lonesome Wind Blues」「Pardon My Whiskers」「Mama (Don't You Remember When You Were Young)」「The Roosters Are Crowing」「I Was There」「We Love To Live」「I Love My Little Yo Yo」「My Annabelle Lee」「Jack And Jill Boogie(試聴)」「Adam」「I've Done Sold My Soul」「Gone With The Wind This Morning」「Burning Your Love Letters」「Catfish Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band - MEMPHIS JUG BAND

  • ブルース/ジャグ・バンドLP
 Memphis Jug Band- メンフィス・ジャグ・バンド - "MEMPHIS JUG BAND"
USA / LP / Mono / Yazoo 1067 / Rec late1920s / Pub early1980s
見開きジャケット表裏擦れ少々、裏面曲目表に録音日の書き込み、内側きれい、ディスク2のレーベルにひげ極わずか、1はひげ無し、盤擦れ二枚ともほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  8800 yen
■決定盤といえるヤズーの2LP。
ウィル・シェイドが中心となり、チャーリー・バース(G)、ケイシー・ビル・ウエルダン(G)、チャーリー・ポーク(Jug)、女性ボーカルのハッティ・ハート、メンフィス・ミニーなど、のべ20人ぐらいが20~30年代中期までにこのバンドに関わり、ビクター、オーケエ等のレーベルに録音を残しました。このヤズー盤は、二枚組で彼らの最も美味しいナンバーを選りすぐった決定盤と言える内容。メンフィスがいかにアメリカの重要な音楽地帯であり、また独特のカラーを持ったミュージシャンたちがいたのか伝わってきます。CDもリリースされていますが、アナログは5曲多いです。ジャケット・アートワークはロバート・クラム。【曲】「I'll See You In The Spring, When The Birds Begin To Sing」「Memphis Jug Blues(試聴)」「Cave Man Blues」「Gator Wobble」「Beale Street Mess Around」「Memphis Yo Yo Blues」「Stealin' Stealin'」「Lindberg Hop」「Fourth St. Mess Around(試聴)」「Memphis Boy Blues」「Taking Your Place」「On The Road Again」「Tired Of You Driving Me」「Cocaine Habit Blues」「Oh Ambulance Man」「K..C. Moan」「You May Leave But This Will Bring You Back」「The Old Folks Started It」「Newport News Blues-Take 1」「Everybody's Talking About Sadie Green」「Little Green Slippers(試聴)」「Spider's Nest Blues」「Sometimes I Think I Love You」「She Stays Out All Night Long」「Insane Crazy Blues」「Aunt Caroline Dyer Blues」「What's The Matter?」「Whitewash Station Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Freeman Stowers, State Street Boys, Carver Boys, etc. - HARMONICA BLUES : GREAT HARMONICA PERFORMANCES OF THE 1920S AND 30S

  • ブルースCDetc
 Freeman Stowers, State Street Boys, Carver Boys, etc.- フリーマン・ストーワーズ、ステイト・ストリート・ボーイズ、カーヴァー・ボーイズ、etc. - "HARMONICA BLUES : GREAT HARMONICA PERFORMANCES OF THE 1920'S AND 30'S"
USA / CDetc / Mono / Yazoo -1053 / Rec late1920s / Pub 1991
ケース擦れわずか、ブックレット、盤面ともにきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ヤズー選曲のハーモニカ・ブルース集。
ヤズーが編集したハーモニカ・ブルースの決定盤。技巧派から踊れるホーカムものまで幅ひろく楽しめる内容。一曲目に必ず必殺のナンバーを持ってくるヤズーですが、これももちろんそう。歌というか声と、超絶のハーモニカ・テクニックで、伴奏なしでプレイされるフリーマン・ストワーズという人の「Railroad Blues」にはじまり、ラストまで純粋に音の面白さで一杯の14曲。【曲】「Freeman Stowers / Railroad Blues(試聴)」「State Street Boys / Crazy About You」「Carver Boys / Wang Wang Harmonica Blues」「Lee Brown / My Driving Wheel」「Ashley & Foster / Bay Rum Blues」「Robert Hill / I'm Going To Write And Tell Mother」「Chuck Darling / Blowin' The Blues(試聴)」「Chuck Darling / Harmonica Rag」「Jaybird Coleman / Man Trouble Blues」「Jazz Gillum / I Want You By My Side」「Alfred Lewis / Friday Moan Blues」「Chicken Wilson & Skeeter Hinton / House Snake Blues」「Bobby Leecan & Robert Cooksey / Need More Blues」「DeFord Bailey / Davidson County Blues」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Memphis Jug Band, Vol Stevens, Tommy Bradley, etc - MORE OF THAT JUG BAND SOUND

  • ブルースLP
Memphis Jug Band, Vol Stevens, Tommy Bradley, etc- メンフィス・ジャグ・バンド、ヴォル・スティーヴンス、トミー・ブラッドレー、etc. - "MORE OF THAT JUG BAND SOUND"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL19 / Rec late1920s / Pub late60s
新品シールド
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのジャグ・バンド編集盤第二弾。シールドでの入荷。
ジャグのベースが入っていない、しかしジャグ・バンドの範疇に入るグループも収録した第二集で、内容は極上も極上。全16曲オールお宝。メンフィス周辺で活躍したジェド・ダヴェンポート&ビール・ストリート・ジャグ・バンド、トミー・ブラッドレー(Vo., G)とジェームス・コール(VL)の名コンビによる2曲、当店の店名のもとネタ、ノア・ルイスの珍しいキャロライナ・ピーナッツ・ボーイズ、1900年頃からジャグを吹いていたほんとのパイオニア、アール・マクドナルドのジャジーなルイヴィル・ジャグ・バンド、反対にもろにカントリー・ブルース上がりのシンシナティ・ジャグ・バンドなどなど....。シールドにつき試聴を用意できません。どうぞご了承ください。【曲】「Memphis Jug Band / Sometimes I Think I Love You」「Noah Lewis's Carolina Peanut Boys / Selling The Jelly」「Vol Stevens / Baby Got The Rickets, Mama's Got The Mobile Blues」「Jed Davenport And His Beale Street Jug Band / Beale St. Breakdown」「Save Me Some」「Tommy Bradley / Adam And Eve」「Four Days Blues」「Cincinnati Jug Band / George St. Stomp」「Jack Kelly And His South Memphis Jug Band / Betty Sue」「Man Fooler Blues」「Memphis Jug Band / Gator Wobble」「On The Road Again」「Earl McDonald's Original Louisville Jug Band / Louisville Special」「Daddy Stovepipe And Mississippi Sarah / Greenville Strut」「Birmingham Jug Band / Giving It Away」「Cannon's Jug Stompers / Wolf River Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Brownie McGhee And Sonny Terry - AT THE 2ND FRET

  • ブルースLP
 Brownie McGhee And Sonny Terry- ブラウニー・マッギー&ソニー・テリー - "AT THE 2ND FRET"
USA / LP / Mono / Prestige BVLP1058 / Rec 1962 / Pub 1960s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげほんのわずか、盤極浅い擦れ、Van Gelder刻印
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3800 yen
■62年のライブ・アルバム。
コンビとしては44年に初録音、70年代まで活動したブルース・ギター&ハープのデュオ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドやジョニ・ミッチェルも演奏したフィラデルフィアのコーヒーハウス、セカンド・フレットでの62年のライブを収録した一枚。【曲】「Evil Hearted Me(試聴)」「Sick Man」「Barking Bull Dog」「Spread The News Around」「Backwater Blues」「Custard Pie(試聴)」「Wholesale Dealin' Papa」「Motorcycle Blues」「Hand In Hand」「I Woke Up One Morning And I Could Hardly See」※本日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Etta Baker, Hobart Smith, Edd Presnell, etc. - INSTRUMENTAL MUSIC OF THE SOUTHERN APPALACHIANS

  • マウンテン・ミュージック/ブルースLP
Etta Baker, Hobart Smith, Edd Presnell, etc.- エタ・ベイカー、ホバート・スミス、エド・プレスネル、etc. - "INSTRUMENTAL MUSIC OF THE SOUTHERN APPALACHIANS"
USA / LP / Stereo / Tradition TLP1007 / Rec 1956 / Pub mid60s?
ジャケット表裏円状の擦れ、下部に小水濡れダメージ、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■アパラチア山脈のギター、バンジョー、ダルシマーのソロ演奏を収録したアルバム。
フォーク・シンガーのポール・クレイトンとクランシー・ブラザーズのリアム・クランシー、そしてこのレーベル・オーナーの女性ダイアン・ハミルトンによって56年にノース・キャロライナで録音された、ギター、バンジョー、ダルシマー、フィドル、ハーモニカのソロ演奏インスト集。エリザベス・コットンがブルース・ギタリストになった感の女性ギタリスト、エタ・ベイカーや、フォークウェイズにも録音があるバンジョー奏者ホバート・スミス、女性ダルシマー奏者エド・プレスネル等々収録。オリジナルは56年、これは60年代の盤。【曲】「Cripple Creek / Mr. Hobart Smith」「Pateroller Song / Mr. Hobart Smith」「One Dime Blues / Mrs. Etta Baker(試聴)」「Sourwood Mountain / Mr. Boone Reid」「Goin' Down The Road Feeling Bad / Mrs. Etta Baker」「Amazing Grace / Mrs. Edd Presnell」「The Girl I Lefy Behind Me / Mr. Richar Chase」「Marching Jaybird / Mr. Lacy Phillips(試聴)」「John Barown's Dream / Mr. Hobart Smith」「Sally Goodin / Mrs. Edd Presnell」「Railroad Bill / Mrs. Etta Baker」「Soldier's Joy / Mr. Lacey Phillips」「Molly Brooks / Mr. Richard Chase」「Pretty Polly / Mr. Hobart Smith」「Johnson Boys / Mr. Boone Reid」「John Henry / Mrs. Etta Baker」「Drunken Hiccups / Mr. Hobart Smith」「Shady Grove / Mrs Edd Presnell(試聴)」「Bully Of The Town / Mrs. Etta Baker」「Skip To My Lou / Mr. Richard Chase」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Conlon Nancarrow - COMPLETE STUDIES FOR PLAYER PIANO VOLUME 1

  • クラシック/実験音楽LP
 Conlon Nancarrow- コンロン・ナンカロウ - "COMPLETE STUDIES FOR PLAYER PIANO VOLUME 1"
USA / LP / Stereo / 1750 Arch S1768 / Rec 1977 / Pub 1981
ジャケット擦れわずか、しみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサート色あせ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4980 yen
■自身のプレイヤー・ピアノを使い録音されたシリーズの第一集。
アメリカ生まれでメキシコに亡命したコンロン・ナンカロウ(1912-1997)。ナンカロウは、プレイヤー・ピアノの実験音楽を続けた人。プレイヤー・ピアノは、内臓のロール紙に穴を開ける方式で、録音のように演奏をリアルタイムで記録して後でオルゴールのように再生するのが基本の使い方。しかし、シーケンサーのようにその紙にあらかじめ穴を開けてそれを装置に通せば、とても人間が出来るはずもない演奏が可能になります。ナンカロウはそれを突き詰めて誰も聞いたことの無い音楽を作りました。本作は、メキシコの彼の自宅にあるプレイヤー・ピアノを使った音源が唯一録音されたシリーズ4枚の内の1枚目。彼のライフワークで、全部で49ある「Study」の中から9作を収録。大判インサート付き。【曲】「Study No. 3a(試聴)」「Study No. 3b」「Study No. 3c(試聴)」「Study No. 3d」「Study No. 3e」「Study No. 20」「Study No. 41a(試聴)」「Study No. 41b」「Study No. 41c」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harry Partch - THE WORLD OF HARRY PARTCH

  • クラシック/現代音楽LP
Harry Partch- ハリー・パーチ - "THE WORLD OF HARRY PARTCH"
USA / LP / Stereo / Columbia MS7207 / Rec 1969 / Pub 1969
見開きジャケット表裏円状の擦れ、下部中央に縁裂け、内側色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  5800 yen
■初のメジャー・レーベルからのアルバム。
バッハ以降の西洋音楽を拒絶、古代ギリシャの演劇や日本の能etc....のエッセンスを抜き出し、独自の音楽を作ったハリー・パーチ。その秘術のような理論に則した音楽をやるために、ほとんど芸術作品といっていい自作楽器を制作。これでしかパーチの音楽は演奏できないのですが、出てくる音楽はそんな理論を一切も理解せずとも感覚的に聞いて本当に面白い、これまた無二の音。これは彼の初のメジャー・レーベルからのアルバム(69年)。【曲】「Daphne Of The Dunes」「Barstow(試聴)」「Castor & Pollux(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.