(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: l)

Louis Armstrong, Billie Holiday, etc. - NEW ORLEANS

  • ジャズ/映画音楽LP
 Louis Armstrong, Billie Holiday, etc.- ルイ・アームストロング、ビリー・ホリデイ、etc. - "NEW ORLEANS"
USA / LP / Mono / Giants Of Jazz GOJ1025 / Rec 1940s / Pub 1983
見開きジャケット擦れほぼ無し、内側しみ、レーベルひげ少々、しみ少々、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■47年のジャズ映画『ニューオーリンズ』の音楽集。
実際に映画に使われた曲だけでなく、この映画の製作準備の際に録音された音源、また劇中ではしょられていた曲も最後まで収録したという、単なるサウンドトラックではない豪華な音源集。2人の他に、キッド・オリー、バーニー・ビガード、ラッキー・トンプソン、ザティ・シングルトンなど書ききれないメンツによる全23曲。映画ものの発掘音源はひどい音質のもの多いですが、これは音もなかなかいいです。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lole Y Manuel - NUEVO DIA

  • スペインの音楽LP
 Lole Y Manuel- ロレ・イ・マヌエル - "NUEVO DIA"
Spain / LP / Stereo / Fonomusic 8424650 / Rec 1975 / Pub 1980s
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■名フラメンコ・デュオ、ロレ・イ・マヌエルのファースト・アルバム
伝統的なフラメンコ、カンテを飲み込みつつ来るべき新しい時代のフラメンコを生んだ名夫婦デュオ、ロレ・イ・マヌエル。彼らのファースト・アルバム。甲高い、燃え上がるような彼女のカンテ、テクニックは最高で自分の見せ場はありつつ歌を確実に盛り立てるマヌエルのギター、全10曲収録。オリジナルは見開きジャケット、これはシングルの80年代エディション。【曲】「Nuevo Dia」「Tangos Canasteros(試聴)」「Bulerias De La Luna(試聴)」「Un Cuento Para Mi Nino」「La Plazuela Y El Tardon」「El Rio De Mi Sevilla」「Todo Es De Color」「Por Primera Vez」「Con Hojas De Menta」「Sangre Gitana Y Mora」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Loveys String Band, Lionel Belasco And His Orchestra, etc. - JAZZ AND HOT DANCE IN TRINIDAD 1912-1939

  • トリニダードの音楽LP
 Lovey's String Band, Lionel Belasco And His Orchestra, etc.- ラヴィーズ・ストリング・バンド、ライオネル・ベラスコ&ヒズ・オーケストラ、etc. - "JAZZ AND HOT DANCE IN TRINIDAD 1912-1939"
U.K. / LP / Mono / Harlequin HQ2016 / Rec 1912 to 1939 / Pub 1980s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■英ハーレクインの"世界の戦前ジャズ"シリーズから、トリニダード編。
世界中の戦前ジャズ、ダンス・ミュージックのSP盤の編集、再発していたイギリスのハーレクイン・レーベルから、トリニダード編。トリニダードと言えばカリプソですが、これは、いわゆる戦前カリプソ・コンピレーションに収録されない、珍しい、そして素晴らしい音源を多数収録。1912年のトリニダードのストリング・バンド、アメリカを拠点にしてジャズとカリプソを融合したサム・マニング、やはりカリプソのパイオニア、ライネル・ベラスコ(彼のピアノ・ソロ曲も収録)、VDパークスもカバーしたカリプソニアン、ライオンの初期音源などなど、夢見てるのかといういい曲の数々。キューバ編同様、ジョン・フェイヒーに音楽を志せた、ブルース/戦前民俗音楽研究家ディック・スポッツウッド監修。【曲】「Lovey's Trinidad String Band / Trinidad Paseo」「Lovey's Trinidad String Band / Manuelito Vals(試聴)」「Sam Manning's Orchestra / Hold Him Joe (My Donkey Wants Water)」「Cyril Monrose's String Orchestra / Trinidad Carnival Songs」「Lionel Belasco / Bajan Girl Paseo」「Lionel Belasco / Amazon Waltz(試聴)」「Jack Celestian And His Caribbean Stompers / Nancy Dance Calypso」「Sam Manning's Orchestra / Talking To Myself」「Sam Manning's Orchestra / Belle Femme Paseo」「Sam Manning's Rhythm Boy / Recuerdos Del Pasado Venezuelan Waltz」「Harmony Kings' Orchestra / Don't Touch Me」「George Cabral / Memories Of Trinidad Paseo」「Lion With Sa Gomes Rhythm Boys / A Charming Trinidad」「Felix And His Krazy Kats / Bob White (Whatcha Gonna Swing Tonight)(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Les Paul And Mary Ford - I REALLY DONT WANT TO KNOW cw SOUTH

  • ボーカル/ギター78rpm
 Les Paul And Mary Ford- レス・ポール&メアリー・フォード - "I REALLY DON'T WANT TO KNOW cw SOUTH"
Japan / 78rpm / Mono / Capitol Z260 / Rec 1953 / Pub 1953
レーベル、盤ともに美品、カンパニースリーブきれい
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 1800 yen
■53年のヒット・ナンバー。日本盤。
45年にはビング・クロスビーと録音した「It's Been a Long, Long Time」で既に全米No1ヒットを生んだレス・ポール、それに飽き足らずキャピトルに移籍し他の誰もが作りえなかった新種のギター・サウンドを編み出し、奥さんのメアリー・フォードとのデュオでは最高にドリーミーなポップスを作り多くのヒットを生みました。これは53年のヒット曲で、エルヴィスはじめ多くのカバーがある"I Really Don't Want to Know"のオリジナル・バージョン。ゴスペル・バラードとカントリーが混ざったような曲調で優しく唄われるいい曲。裏面は得意のギター多重録音ナンバーで、軽さがいいスウィンギーなナンバー。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lion, Sam Manning, Gerald Clark, etc. - THE REAL CALYPSO 1927-1946

  • カリプソ/民俗音楽LP
 Lion, Sam Manning, Gerald Clark, etc.- ライオン、サム・マニング、ジェラルド・クラーク.etc - "THE REAL CALYPSO 1927-1946"
USA / LP / Mono / RBF Folkways RBF13 / Rec 1927 to 1946 / Pub 1966
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■RBFフォークウェイズの戦前カリプソ名選。
トリニダド・トバゴで発展したカリプソは1912年に初めてレコードになり、30年代からスター歌手が続々登場、録音も盛んに。50年代にもハリー・ベラフォンテ等が唄い一般にもカリプソの存在を知らしめているものの、やはり現地の戦前音源の素晴らしさは格別。本作は66年にサミュエル・チャーターズが編集したカリプソ黄金期の録音を集めた、全曲最高、必殺の編集盤。ヴァン・ダイク・パークスは『Discover America』でこのアルバムから三曲もカバー(ジェラルド・クラーク「G-man Hoover」、ライオン「Bing Crosby」と「Four Mills Brothers」)。パークスもこの盤を聴いたのは間違いないと思われます。歌詞に重要性があるカリプソですが、それにサウンド面での面白さが伴った選曲、素晴らしい。【曲】「Caresser / Edward The VIII」「Lion / Bing Crosby」「Atilla and Lion / Louis-Schmeling Fight」「Gerald Clark And His Calypso / G-Man Hoover」「Executor, Caresser, Atilla and Lion / War」「Atilla The Hun / Five Year Plan(試聴)」「Lord Invader / Yankee Dollar」「Lion / Four Mills Brothers(試聴)」「Tiger / Money Is King」「Lord Beginner / Always Marry A Pretty Woman」「Lord Invader / New York Subway(試聴)」「Executor / Three Friends Advice」「Sam Manning / Let Go My Hand」「Atilla / Miss Bombilla Brown」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leonard Emanuel, Delmore Brothers, etc. - IM ON MY JOURNEY HOME : VOCAL STYLES AND RESOURCES IN FOLK MUSIC

  • フォーク/ヒルビリー/ゴスペルLP
 Leonard Emanuel, Delmore Brothers, etc.- レナード・エマニュエル、デルモア・ブラザーズ、他 - "I'M ON MY JOURNEY HOME : VOCAL STYLES AND RESOURCES IN FOLK MUSIC"
USA / LP / Mono / New World NW223 / Rec 1920s, 1930s, 1950s, 1960s, 1970s / Pub 1978
見開きジャケット擦れ少々、右上取り出し口縁裂け、内側ブックレット部きれい、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■声、歌、合唱のスタイルに着目してあまれた"ニューワールド"のコンピレーション。
(※ニューワールドに関して)アメリカの、フォークというよりも民俗音楽といった方がいいと思いますが、声、歌、ハーモニーの様々なスタイルを紹介するという一枚。おおまかに3部にわかれていて、まずは無伴奏の、日々の生活で使われるメロディを持った声の特集。ハラーに始まり、南部の煙草オークションの際の掛け声(50年代R&Bでおなじみのメロディ)などなど6曲。続いて、やはり無伴奏(一部入っているものもあり)の、今度は歌として唄われるナンバー。やはり生活に密着した伝承歌が6曲、全てソロ・シンガーのもの。そしてB面は全て、様々なスタイルのハーモニーを紹介するサイド。メロディのみならず編成も様々、デュオ、トリオ、カルテットなどなど。こちらは楽器演奏を含む曲が多いです。ダービー&タールトン、デルモア・ブラザーズ等のヒルビリーから南部のセイクリッド・ハープ・シンギング、女性のみの教会コーラス・グループなどなど。音源はSP盤、フィールド録音、マイク・シーガーのプライベート・テープ、各地の博物館/図書館のものなどなどこれもいろいろ。【曲】「Hollerin' / Leonard Emanuel(試聴)」「Whooping / "Red" Buck Estes」「Eephing / Jimmie Riddle」「Ringing the Pig / Lindy Clear」「Spelling from the Old Blue-Back Speller / Ben Rice」「Tobacco Auctioneering / Two unknown auctioneers」「Turkey in the Straw / Neil Morris(試聴)」「Risselty Rosselty / Ray R. Denoon」「Bold McCarthy, or The City of Baltimore / Bill Cramp」「Sweet Wine / Mrs. Goldie Hamilton」「Barbara Allen / I. N. Marlor」「Late One Evening / Barry Sutterfield」「Hanging Johnny / Captain Leighton Robinson, lead vocal; Alex Barr, Arthur Brodeur, and Leighton McKenzie, vocals」「Bright and Morning Star / Walter and Lola Caldwell, vocals and guitar」「The Black Sheep / Darby and Tarlton(試聴)」「Hey Hey, I'm Memphis Bound / The Delmore Brothers」「Don't Put Off Salvation Too Long / Southland Ladies Quartette」「Been A Long Time Traveling Here Below / Grandpa Isom Ritchie's church congregation」「I'm On My Journey Home / The Denson Quartet(試聴)」「I Am O'ershadowed by Love / Members of the Stamps-Baxter School of Music」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leake County Revelers - SATURDAY NIGHT BREAKDOWN

  • ヒルビリーLP
 Leake County Revelers- リーク・カウンティ・レベラーズ - "SATURDAY NIGHT BREAKDOWN"
USA / LP / Mono / County 532 / Rec 1920s / Pub 1975
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ、A3ラスト~A4頭にかけて小スクラッチ、小プツ音あり(試聴二曲目)
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3480 yen
■戦前ミシシッピのストリング・バンド、リーク・カウンティ・レベラーズ唯一の音源集。
オールドタイム、ヒルビリー・シンガー達のレコードを、ブルースのヤズー・レーベルと同じスタンスで出し続けた名門カウンティから、ミシシッピのストリング・バンド、リーク・カウンティ・レベラーズの編集盤。26年結成、それから30年頃?までレコードを作った彼らの唯一のコレクションで、全12曲収録。アパラチアのグループとは一味違う、かなり黒っぽい味(ダラス・ストリング・バンドみたいな曲もあり)のあるバンド。オリジナル・レーベル。【曲】「Saturday Night Breakdown」「Lonesome Blues」「The Old Hat」「Georgia Camp Meeting(試聴)」「Sweet Rose Of Heaven」「Monkey In The Dog Cart」「Dry Town Blues」「Leather Breeches」「Wednesday Night Waltz」「Good Fellow(試聴)」「I'm Gwine Back To Dixie」「Mississippi Breakdown」※本日のアップはこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louisiana Honeydrippers - LOUISIANA BLUEGRASS

  • ブルーグラスLP
 Louisiana Honeydrippers- ルイジアナ・ハニー・ドリッパーズ - "LOUISIANA BLUEGRASS"
USA / LP / Mono / Prestige International INT13035 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、両面機械打ちRVG刻印
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ルイジアナのブルーグラス・バンド、ルイジアナ・ハニー・ドリッパーズのファースト。
やはりフランス系移民の子孫が作った音楽の存在感がデカイルイジアナですが、この州都バトン・ルージュ出身のグループは、方向、技術どれをとってもビル・モンローのブルーグラス・ボーイズやフラット&スクラッグスが築いた本流の中にいてその中でも一流と言え、かつ、肌で吸収した黒人音楽のエッセンスもにじみ出るほんとにいいグループ。ルイジアナやメンフィスの埋もれたブルース、リアルなフォーク・ソングを掘り紹介したハリー・オスター肝いりの一枚で、これが彼らのファースト・アルバム。全編試聴のようなバキバキしたワイルドな演奏中心、しかしオールドタイム風のひなびたナンバーもあり、それもいい。オレンジ・レーベルの珍しいオリジナル盤、機械打ちRVG刻印。【曲】「Johnson's Old Gray Mule」「More Pretty Girls Than One」「Bugle Call Rag(試聴)」「Cotton-Eyed Joe」「Beautiful Life」「Mama Blues」「Pretty Polly(試聴)」「Hoedown」「Knoxville Girl」「Who's Going Down to Wilmingtown」「The Girl In The Blue Velvet Band」「Old Blue」「Cora Is Gone」「Liberty」「Rabbit in the Log」「Soldier's Joy」「Keep My Skillet Good and Greasy」「Little Maggie」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lane Hardin, Aaron Pinetop Sparks, Mary Harris, etc. - HARD TIME BLUES : ST. LOUIS 1933-1940

  • ブルースLP
Lane Hardin, Aaron Pinetop Sparks, Mary Harris, etc.- レーン・ハーディン、アーロン・パイントップ・スパークス、メアリー・ハリス、etc. - "HARD TIME BLUES : ST. LOUIS 1933-1940"
USA / LP / Mono / Mamlish S3806 / Rec 1930s / Pub 1974
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■マムリッシュ・レーベルのセント・ルイス・ブルース編集盤第二集。
メンツはこの第一集と結構重なりがあるものの、大恐慌期以降のナンバーを集めた一枚。タイトル曲は一枚しかレコードを残さなかった、ファルセットも使うマニア垂涎のレーン・ハーディン。バックワーズ・サム・ファークがカバーしたウォルター・デイヴィスの「Just Thinking」、最高峰のピアノ&ギター・デュエットものも多くこの第二集でもピアノもの多し。ファークとドン・ケントがライナーと原盤提供しています。【曲】「Lane Hardin / Hard Times Blues(試聴)」「Aaron "Pinetop" Sparks / Workhouse Blues」「Mary Harris / Happy New Year Blues」「Roosevelt Sykes / Drunken Gambler」「Henry Townsend / Don’t Love That Woman」「Charley Jordan / Tight Time Blues」「Walter Davis / Just Thinking(試聴)」「Blind Teddy Darby / Pitty Pat Blues」「Peetie Wheatstraw / Third Streets Going Down」「Alice Moore / Blue Black And Evil Blues」「Charlie McFadden / Times Are So Tight」「Leroy Henderson / Good Scuffler Blues」「Milton Sparks / Grinder Blues」「Lane Hardin / California Desert Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lynn Hope - MOROCCO

  • リズム&ブルースLP
 Lynn Hope- リン・ホープ - "MOROCCO"
Sweden / LP / Mono / Saxophonograph BP508 / Rec early50s / Pub 1985
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少々、極表層のスクラッチ
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 4  2680 yen
■「Tenderly」で知られるムスリム・ホンカー、リン・ホープの編集盤。
ターバンを巻いたテナー奏者、リン・ホープ(ホープもメンバーも全員イスラム教徒)。アール・ボスティックのテナー版と形容できる、メロディアスなスタンダード等をハード・ボイルドにブロウ、時にはムーディーに吹き、スタンダードの「Tenderly」を50年にヒットさせました。ドンブラコッコ~という粘っこいリズム、ニューオリンズ風のローリング・ピアノに、ゆるいリズム、まさしくアーリー・ジャマイカンR&Bの世界にそっくり。エグイけどロマンチック。他マラカスやボンゴをいれたエキゾR&B路線の「Poinciana」や無国籍感たっぷりの妖しい「Too Young」など、アラディンの音源を編集した黄金期の全16曲。【曲】「Song Of The Wanderer」「Tenderly(試聴)」「Poinciana」「She's Funny That Way」「More Bounce To The Ounce」「Star Dust」「Free And Easy」「Too Young」「Morocco(試聴)」「She's Funny That Way」「Please, Mr. Sun」「Sentimental Journey」「Girl Of My Dream」「Broken Hearted」「Blues In F」「Cherry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Los Chalchaleros - EL ARRIERO VA

  • アルゼンチンの音楽LP
 Los Chalchaleros- ロス・チャルチャレーロス - "EL ARRIERO VA"
Argentina / LP / Mono / RCA Victor AVL3155 / Rec 1959 / Pub 1959
ジャケット擦れ少々、上下縁裂け、レーベルひげほぼなし、盤浅い擦れわずか、極表層のスクラッチわずか
Jacket 2.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2680 yen
■アルゼンチンのフォルクローレ・コーラス・グループ、ロス・チャルチャレーロス。
スペイン、イタリアからの移民が多いアルゼンチンを反映したラテン系の明るいハーモニーで、哀愁ただようメロディを4人のハーモニーを加えながら歌うグループ。伴奏はギターと、肩からつり下げた大きめのマレットで叩くピッチの低い打楽器。サンバ(ブラジルのものとは違います)というスタイルの、バイヨンと三拍子を組み合わせたようなリズムの歌物、踊りの音楽チャカレーラ等収録。ユパンキのように一曲一曲彫りの深い曲が並ぶ全14曲。アルゼンチン・オリジナル盤。【曲】「Llorare」「Domingo De Chaya」「La Nochera」「El Cocherito」「Zamba De Vargas」「Asi Me Gusta」「Baguala Del Amblayo」「La Noche」「Anoranzas」「Alma Saltena」「El Arriero Va」「Tuitas Mis Condiciones」「El Canavera」「Baguala De Cachi」※今日のアップはこの一枚のみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leo Diamond - OFF SHORE

  • イージー・リスニングLP
Leo Diamond- レオ・ダイアモンド - "OFF SHORE"
USA / LP / Mono / Reprise R6024 / Rec 1961 / Pub 1961
ジャケット擦れわずか、下部中央縁裂け、上部テープ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、チリ音少々
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■大推薦。ハーモニカ奏者レオ・ダイアモンドのこれが名盤。
名ハーモニカ・バンド、ハーモニカ・ラスカルズ出身で、ソロとなった後は、ハーモニカ界のレス・ポールかフェランテ&タイシャか、どうやって出しているのか想像もつかない抜群のテクニック、そして多重録音を駆使してこの世にありえない音を作った音楽家レオ・ダイアモンド。さて、このアルバムは、そういう奇抜なサウンドに飽き飽きした、いいメロディと絶妙な伴奏が聞きたいという方に何がなんでもお薦めしたい、ホントの名盤。50年代初頭に作曲した代表作「Off Shore」はじめ、海や夜をテーマにした曲が選ばれひたすらいい演奏が続く12曲。【曲】「Off Shore(試聴)」「Harbor Lights」「Canadian Sunset(試聴)」「Beyond The Sea」「Misty Night」「In The Still Of The Night」「On Treasure Island」「My Romantic Love」「Ebb Tide」「Dreamy Melody」「By The Waters Of The Minnetonka」「Moon River」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.