(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Tag: l)

Lydia Mendoza - LA GLORIA DE TEXAS

  • テックス・メックス/テハノLP
 Lydia Mendoza- リディア・メンドーサ - "LA GLORIA DE TEXAS"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 3012 / Rec 1979 / Pub 1980
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■全曲弾き語りの80年のオリジナル・アルバム。
ちょっと聞くと単純に聞こえますが実際かなりのテクを要する豪快な12弦ギターと、太陽のようなまぶしい歌で、日常の生活の中のパーソネルな愛や絶望を歌ったテックス・メックス史上最高の女性シンガー、リディア・メンドーサ。これはアーフーリーのクリス・ストラフィッツがサン・アントニオに赴きナグラのテープレコーダー一台で録音した、全曲ギター弾き語りの80年のフル・アルバム。英訳の歌詞カード付き。ライナーでクリスも言っていますが、本当に嘘が無いというのか、歌が彼女の中で生きているのが感動的。ぜひ歌詞を見ながら聞いてください。【曲】「No Es Culpa Mia(試聴)」「Mi Problema」「Mujer Paseada」「Amor Bonita」「Collar De Perlas」「Luis Paulido」「Aunque Venga Muy Borracho」「Malaguena Salerosa」「Ojitos Verdes」「Besando La Cruz」「Hace Un Ano」「Tango Negro(試聴)」「Silverio Perez」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Little Brother Montgomrery, Will Ezell, Montana Taylor, etc. - BARRELHOUSE BLUES 1927-1936

  • ブルースLP
 Little Brother Montgomrery, Will Ezell, Montana Taylor, etc.- リトル・ブラザー・モンゴメリー、ウィル・イーゼル、モンタナ・テイラー、etc. - "BARRELHOUSE BLUES 1927-1936"
USA / LP / Mono / Yazoo L-1028 / Rec 1927 to 1936 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ピアノ弾き語りブルースを集めたヤズー・レーベルの編集盤。
※オリジナルはこの紫レーベル盤(←試聴は違う曲なのでぜひ聞いてください)、これはセカンド・レーベル。ピアノ・ブルースがいかにバラエティーに富み、音楽的にも独自のものを持っていたのかがよく分かるヤズー編集盤。ギター・ブルースのような地域性は薄いもののギターとはまた違った柔軟性を持っており個性的なプレイヤーが多く出現。これはその醍醐味を味わえる決定的な編集盤。スキップ・ジェイムスがピアノで深く影響を受けたリトル・ブラザー・モンゴメリー、ロックンロールの感覚を既に持っていたジョー・ディーンというブルースマン、悪な左手がたまらなくいいヘヴィなブルース・ピアノを弾くジョージ・ノーブル、戦前では恐らく唯一のピアノ演奏と思われるロニー・ジョンソンの貴重な一曲、ノイズ多くてちょっと聞きにくいですが(試聴二曲目)ペダルの残響がカオスな、エスケリータの先輩とも思ってしまうレイモンド・バロウなどなど収録。【曲】「Bob Call / Thirty-One Blues」「Barrelhouse Welsh / Dying Pickpocket Blues」「Joe Dean / I'm So Glad I'm Twenty-One Years Old Today」「George Noble / Seminole Blues(試聴)」「Lonnie Johnson / Sam, You're Just A Rat」「Louise Johnson / On The Wall」「Montana Taylor / Indiana Avenue Stomp」「Little Brother Montgomery / Vicksburg Blues No. 2」「Charley Taylor / Heavy Suitcase Blues」「Cow Cow Davenport / State Street Jive」「Jabo Williams / Polack Blues」「Jesse James / Ramrod」「Raymond Barrow / Walking Blues(試聴)」「Will Ezell / Barrelhouse Woman Take 2」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lee Wiley, Bunny Berigan - THE COMPLETE SESSION OF APRIL 10, 1940

  • ジャズ/女性ボーカルLP
 Lee Wiley, Bunny Berigan- リー・ワイリー、バニー・ベリガン - "THE COMPLETE SESSION OF APRIL 10, 1940"
USA / LP / Mono / Blu-Disc T1013 / Rec 1940 / Pub 1984
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■リー・ワイリーの戦前ラストのセッションを完全収録した一枚。
70年代後半から80年代にかけて、年に2枚ほどのマイペースでジャズ名演の貴重なものを出していたブルー・ディスク・レーベル。これは、いまだにカルトな人気を誇る、落ち着いた美声を聞かせたリー・ワイリーが、Vディスクをのぞいて、レコーディング・ストライキ以前に録音した最後の日のセッションを全てそのまま盤にしたという一枚。4曲、SP盤二枚が出されたセッションで、決まりの4曲に加え、お蔵入りになったテイク、それから途中でストップするリハーサル的なものまで全部入っています。歌にこんなに繊細な、詩的な情感が込められるのかという歌にただただ聞きほれます....トランペッター、バニー・ベリガンの気だるい演奏、ジョー・ブシュキンのゆるいブギウギ・ビート、まさに夢を見ているような良さ。【曲】「Lat's Fly Away(試聴)」「Let's Do It」「Hot House Rose(試聴)」「Find Me A Primitive Man」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lil Son Jackson - ROCKIN AN ROLLIN

  • ブルースLP
 Lil Son Jackson- リル・サン・ジャクソン - "ROCKIN AN ROLLIN"
Japan / Mono / LP / Liberty LLR8194 / Rec early50s / Pub 1974
ジャケット擦れわずか、しみ、色あせ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサートきれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■テキサス・ブルースマン、リル・サン・ジャクソンのファースト・アルバムに追加曲を入れて出された日本盤リイシュー。
ライトニン・ホプキンスと同世代ながら、ロニー・ジョンソン、テキサス・アレキサンダー、ブラインド・ブレイク等地域関係なく洗練されたブルースを好きで聞いて育ったという人で、その感じとテキサスの地が絶妙にブレンドされた無二のブルースを演奏したリル・サン・ジャクソン。メンフィス・ミニーを思わせる濁ったリズムとミシシッピ・ジョン・ハートのような瞑想的なムードが無理なく溶け合ったサウンドに引き込まれます。50年代初頭にインペリアルから出されたSP等をまとめた彼のファーストで、原盤に入っていない曲をAとBラストに一曲づつ加えリイシューされた日本盤。解説は鈴木啓志、歌詞・対訳付き。【曲】「Everybody's Blues」「Travelin' Woman(試聴)」「Aching Heart」「Mr. Blues」「Restless Blues」「Wondering Blues」「Thrill Me Baby」「Time Changes Things」「Rockin' And Rollin'(試聴)」「Two Timin' Women」「Rocky Road」「New Year's Resolution」「Young Woman Blues」「Rock And Rollin' #2」※今日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lloyd Glenn - AFTER HOURS

  • リズム&ブルースLP
Lloyd Glenn- ロイド・グレン - "AFTER HOURS"
France / LP / Mono / Aladdin 1546641 / Rec 1950s / Pub 1983
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■R&Bピアニスト、ロイド・グレンの粋が詰まった一枚。
テキサス生まれ、40年代後半からピアニスト、アレンジャー活躍したロイド・グレン。47年にはTボーン・ウォーカーからセッションに誘われ、そこからTボーン最大のヒット「Stormy Monday」も誕生。その後も初期ロウウェル・フルソン等を手がけながら自身の作も発表。自身の作品はピアノ・トリオにボンゴやギター等を加えた、地味ながら病みつきになるということの典型のような洒脱なクラブ・ブルースともカクテルR&Bともいえそうなスタイルで「Chica Boom」のヒットを出しました。これはその「Chica Boom」を筆頭に、全盛期の彼のナンバーをまとめた編集盤。タイトル曲「AFTER HOURS, PART ONE & TWO」は、大地のようなスロー・ブギのベース・ラインに低い位置でリフをふく淫靡なテナー、それにブルース・ギターのようなピアノのフレーズ、これを心地よいミドル・テンポでジャム・セッションのようなゆるさで奏でます。特に主張も無し、心地よいブルーズにヒタッてくれといわんばかりの演奏。こんな極渋のナンバーで占められた14曲。同じジャケットのインペリアル盤とは内容収録曲かなり違います。【曲】「Chick-A-Boo」「Tiddly-Winks」「Sunrise」「Still Waters」「Nite Flite」「Old Time Shuffle」「Southbound Special」「After Hours Part I(試聴)」「After Hours Part II」「Rompin Rhumba(試聴)」「Strollin'」「Blue Ivories」「Love For Sale」「Petite Fleur」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - THE EARLY YEARS

  • ブルースLP
Lightning Slim- ライトニン・スリム - "THE EARLY YEARS"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP524 / Rec 1954 / Pub 1976
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第一集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの最初の一枚で、エクセロ・レコード等を始めたジェイ・ミラーと初めて出会った54年のセッションを集めた内容。フィーチュアというミラーの幻のレーベルから出たファースト「Bad Luck」の別テイクを始め、ギター一本と足踏みを伴奏にした「Rock Me Mama」、ザディコのアコーディオンのようなハーモニカを入れたスキッフル・ブルース風の「Paper In My Shoe」などなど最も原初的で深い情念に満ちた生々しい曲の数々。【曲】「Rock Me Mama(試聴)」「Paper In My Shoe(試聴)」「You Did Me Wrong Baby」「Woke Up Feelin' Bad」「Bad Luck」「Those Neighbors Of Mine」「Lightnin' Blues」「Poor Lightnin' Blues」「I'm Him」「I Hate To Leave You」「I Beg You Little Woman」「The Blues And My Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Slim - TRIP TO CHICAGO

  • ブルースLP
 Lightning Slim- ライトニン・スリム - "TRIP TO CHICAGO"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP533 / Rec 1950s / Pub 1078
コーティング・ジャケット擦れほぼなし、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナのブルースマン、ライトニン・スリムのフライライト編集盤第二集。
フライライト・レコードのルイジアナ特集最大の呼び物の一つ、ライトニング・スリム。4枚あるうちの二枚目で、時期的に一枚目"THE EARLY YEARS"に続く内容。ブルース評論家でタコマ・レコードをフェイヒーと始めたエド・デンソンは、マディらと並んで50年代の最高のブルースマン5人に選出していますが、はげしく同意。シカゴとテキサスのエッセンスを吸収しつつ、掘っ立て小屋的ルイジアナ/ジェイ・ミラー色も強引に混ぜ込んだブルースを12曲収録。簡素なバンドものが多く、スリムはもちろんですが、鬱屈したムードを永遠に生み出すドラマーも最高。【曲】「Got Me A Little Woman」「Drifting Blues」「Mother-In-Law Trouble」「I Ain't Got No Money」「Tom Cat Blues(試聴)」「Nothin' But The Devil(試聴)」「Rollin' Stone」「Trip To Chicago」「Go Ahead On Babe」「I'm Grown」「What's Gon' Come Of Me」「Tired Little Fellow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lotte Lenya, Erika Helmke, Lewis Ruth Band, etc. - DIE DREIGROSCHENOPER

  • クラシックLP
Lotte Lenya, Erika Helmke, Lewis Ruth Band, etc.- ロッテ・レーニャ、エリカ・ヘルムケ、ルイス・ルース・バンドetc. - "DIE DREIGROSCHENOPER"
Germany / LP / Mono / Eterna 820440 / Rec 1930 / Pub 1970s
ジャケット色あせ少々、擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか、試聴のようなチリ音
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3~3.5  2980 yen
■『三文オペラ』の初録音を収録した一枚。
シェーンベルク等の前衛的なクラシックの手法をマスター、それにアメリカのジャズから影響受け出来上がったアヴァンギャルドな大衆娯楽音楽がクルト・ワイルの芝居音楽。そして、「Moritat(Mack The Knife)」等を含む『三文オペラ』は、ワイル、詩のブレヒトともに自身の生涯の代表作といえる傑作。これは、28年の舞台初演時のキャストそのまま、30年に録音された歴史的な作品で、『三文オペラ』の最も古い録音。ワイルの妻でもある、ワイル曲の最高の歌い手ロッテ・レーニャ、やはり本作の録音が代表作となったソプラノ歌手エリカ・ヘルムケ、そしてドイツ・ジャズ・バンド、ルイス・ルース楽団らによる演奏。他、その少し後に、三文オペラのフィルムのために録音された4曲、中では最も古い『マハゴニー』(「アラバマ・ソング」の最高のヴァージョン収録!)など貴重な音源を収録。独エテルナ盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc. - GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959

  • リズム&ブルースLP
 Lester Robertson, Billy Tate, Little Victor, etc.- レスター・ロバートソン、ビリー・テイト、リトル・ビクター、etc. - "GOING TO NEW ORLEANS - UNISSUED SIDES 1954-1959"
U.K. / LP / Mono / Flyright FLY601 / Rec 1950s / Pub 1984
ジャケット擦れ少々、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■フライライト・レコードのニューオーリンズR&B集。
全曲お蔵入りとなっていた音源集。同じイギリスのエイス・レコードの襟を正した編集盤とはまるで違う、ラテン・リズムのジャングルR&B、悲痛なスワンプ・ブルース、40年代ジャンプ・ブルース路線のホットなナンバーなどなどまさしくごった煮状態の濃すぎる一枚。アップセッターズがバックを付けた盤が特に人気のレスター・ロバートソンの「Iko Iko」系のナンバー、調子っぱずれなエレキが泣けるザディコ・シンガー&アコーディオン奏者ロッキン・シドニーのユルイナンバー、この盤のハイライトと思わせる、ヒューイ・スミスやエディ・ボーと活躍したシンガー、ビリー・テイトのシャウト炸裂の泣きのナンバーなどなど、もうニューオーリンズ全く関係なく楽しめる一枚。【曲】「Lester Robertson / Hoo Wee Pretty Baby」「Baby Give Me A Chance」「Billy Tate / Teasin' Around With Me」「Little Victor / Loc-A-Li」「Eddie Hudson / That Long Lost Baby」「Skinny Dynamo / So Long, So Long」「Tabby Thomas / Hmmm I Don't Care」「Ernie Holland / Gimme My Money Back」「Vince Monro / If I Had My Life To Live Over」「Billy Tate / Right Or Wrong」「Lester Robertson / Please Don't Go」「Little Victor / Theresa」「Rockin' Sidney / Augustine」「Tabby Thomas / Tomorrow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lazy Lester - POOR BOY BLUES

  • ブルースLP
 Lazy Lester- レイジー・レスター - "POOR BOY BLUES"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP544 / Rec 1950s / Pub 1978
ジャケット円状の擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ルイジアナのブルース・ハープ奏者/シンガー、レイジー・レスターの未発表集。
ルイジアナの伝説的プロデューサー、ジェイ・ミラーの仕事をまとめる英フライライトのシリーズから、ブルース・ハープ奏者/スワンプ・ブルース・シンガーのレイジー・レスターの音源集。現地ブルースマンからケイジャンのネイサン・アブシャイアなどなど、ジェイ・ミラーが仕切ったセッションで非常に多くのレコーディングを支えた、50年代ルイジアナのほんとの屋台骨的ミュージシャン。全て未発表、もしくは未発テイクの12曲で、全てナッシュビルのエクセロ・レコードのために録音されたナンバー。ジョニー・アランが好きな人にぜひ聞いてほしい絶品のスワンプ・ナンバー、豪快にエコーをかませた強烈なブギ・ブルース、ロックンロールをブラック・ルイジアナに染め上げたナンバーなどなどほんとにいい全12曲。【曲】「Poor Boy Blues」「A Woman」「The Same Thing Could Happen To You(試聴)」「I'm So Glad」「Sugar-Coated Love(試聴)」「Patrol Wagon」「Sad Sad City」「I Hear You Knockin'」「Now It's Time」「Ain't Nothin' In This World」「You Got Me Where You Want Me」「You Gonna Lose Your Head」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leroy Washington - WILD CHERRY

  • ブルースLP
 Leroy Washington- リロイ・ワシントン - "WILD CHERRY"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP574 / Rec late50s / Pub 1981
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ルイジアナの幻のブルース・ギタリスト、リロイ・ワシントンの音源集。
この盤が出た頃は生没年さえわからなかったという人で、生前に残した盤は数枚だけ、しかしローカルヒットした"Wild Cherry"や当時の忙しい活躍ぶりからも大変な腕前のギタリスト&シンガーだったことが今では知られるブルースマン。62年、30歳で亡くなったのだそう。これは、残したシングルと、写真のレーベルのプロデューサーだったジェイ・ミラーのもと録音されたものを収録した編集盤。アイク・ターナー系の突き刺すギターが楽しめるロッキン・ブルースからルイジアナの沼にずぶずぶはまり込むようなスワンプもの、仲間でサポートもしているギター・ゲイブルの「Congo Mombo」そっくりの土俗的なナンバーなど全12曲収録。【曲】「Sittin' Here Cryin'」「Don't Blame It On Me Mama(試聴)」「Women Are Trouble」「I Don't Want Your Money」「I've Been To This Prison」「Hello Stranger(試聴)」「Hello Operator」「You Can't Trust Nobody」「Baby Please Come Home」「Every Day」「Wild Cherry」「Long Hair Knock Knees & Bow Legs」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Leroy Dallas, Joe Williams, Peter Warfield, etc. - COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 4

  • ブルースLP
 Leroy Dallas, Joe Williams, Peter Warfield, etc.- リロイ・ダラス、ジョー・ウィリアムス、ピーター・ウォーフィールド、etc. - "COUNTRY BLUES CLASSICS VOLUME 4"
USA / LP / Mono / Blues Classics 14 / Rec 1930s to 50s / Pub late60s
ジャケット擦れわずか、しみ少々、右上縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■アーフーリーのブルース・クラシック集4枚目。
西海岸のアーフーリー・レコードがカントリー・ブルースを出すために作ったブルース・クラシックス・レーベルは、メンフィス・ミニーなどアーティスト別のものと、シカゴ、デトロイトなど地域別のものがありますが、何も隔てなく集められたものが4枚あります。それがどれもバラエティに富んだいい内容。これは第4集目。ガチャガチャとギターを掻き鳴らす掘っ立て小屋感満点のリロイ・ダラス、一曲しか残さなかったピーター・ウォーフィールド、SPからLP時代に移る頃に黄金期のカントリー・ブルースを蘇らせたデニス・マクミロン、サニー・ボーイの相棒ジョン・ヘンリー・バービー、ビッグ・ジョー・ウィリアムスの幻の45年作などなど全14曲。【曲】「Leroy Dallas / I'm Going Away(試聴)」「Good Morning Blues」「I'm Down Now」「Jump Little Children」「Joe Williams / His Spirit Lives On」「Peter Warfield / Morning Train Blues」「Dennis McMillon / Going Back Home(試聴)」「John Henry Barbee / Six Week Old Blues」「Carl Martin / Let's Have A New Deal」「Sonny Boy Johnson / Swimming Pool Blues」「Gabriel Brown / Black Jack Blues」「Lost John Hunter / Y.M. & V. Blues」「James McCain / Good Mr. Roosevelt」「Pete McKinley / Mean Black Snake」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.